風の強い日を選ぶ

Posted on 28 3月 2013 by

がぉがぉ、1ヶ月ぶりのおおかみです
前回、神さまにお願いお願いしていた件は無事に叶いました。やったね!

 

新生活に際しドラクエの如く職業ランクが変わりましたので、手帳を新しくしたいなぁと思い
twitterで「いい手帳ないですかー」と募集したところ、
文具好きなフォロワーさんが手帳診断をして下さり、ぼくにぴったりと思われる手帳を教えて頂きました
それがこちら!
Rollbahn 2013/2014

iphone130328 003

東急ハンズで手にとってみて、あ、合ってそうと思ったポイント
・オススメされていたリングノートである点(見返しやすい!)
・キリトリ線付き
・自由ノート部分が方眼仕様(これにキリトリがあるのでとてもありがたい)
・ポケット付(チケットとか入れられそうな透明ポケットが10枚くらい…)
・年間スケジュールを広げられること

それから、今まで使っていたノートにあった、「その日分のページ」がありません(あれ何ていうの…)
ぼくは日記を書くのが苦手で、今までの「その日分のページ」はほぼ空白のままでした
その分が自由ノートに変わっている、という感じ
今までも自由ノート部分は落書きやメモで埋まっておりましたので、これは有効活用できそう…!
(日記は苦手ですが、今は新生活に向けて頑張って習慣づけているところ、、)

 

もう一つ、今読んでいる本のこと
『ハーモニー/伊藤計劃』

伊藤さんのデビュー作『虐殺器官』がとても好きで今作も気にはなっていたのですが、
伊藤さんは既に亡くなられており、刊行されている作品が少なく、、
ハーモニーを読んでしまうと残りは…と考えてなかなか踏み切れなかったのです
が、読んでみて、まぁ、楽しい。とてもとても楽しい

前作『虐殺器官』を思わせつつ、『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?/P.K.ディック』をぼくは思い出しました
P.K.ディックは「共感」することに人間としてのアイデンティティを見出し、
上手く言えないけれど、
伊藤計劃は行き過ぎた「共感」「公共」に対する皮肉を、そしてパブリック・コレクトネスに抗う女の子たちを描いている
と思っていたら、この本P.K.ディック賞を受賞してるやん…そりゃ電気羊を思い出すで…。。

なかなか過激で、キュートで、勢いのある『ハーモニー』
たまには違った刺激が欲しい方にオススメします
常に死への意識を読者にまとわせてくる(ようにぼくは感じる)ので、引っ張られないようにご注意を

 

 

おまけの話

引越しのため整理をしていたら見つけました

totem pole?

totem pole?

ちょうどタカヤさんのトーテムポール考を拝見している頃に見つけたので載せてみます
wolf は Leadership、raven は Creative、だったかな
それぞれステッカーとコインを発掘しました。いつぞやに東京であった展覧会のものですね
自分でもよく分からないけれど、トーテムポールを見ていて思ったことは、
『何を手に入れるにしても何かと引換えで、だから覚悟さえあれば、何処へだって行ける』
ということ

留まるのにだって覚悟がいる。さて、ぼくは何処へ行こうかな。出発するなら風の強い日がいい

Comments (2)

あの子の爪先と同じ色で

Posted on 21 2月 2013 by

制限のある生活から解放されました、おおかみです
果報は寝て待て。こんな時だけ頼ってごめんね神さま、どうか宜しく

 

実験をしました

片付けをしているときに出てきたマニキュアを見ていて、これ狼の目の色やん、って思ったのが始まり
筆になってるし、乾きやすいし、絵に使えたら手軽なのになー、と思ったのでやってみました

image

まずは Signo 0.28 で線を適当に入れて、いざマニキュアの出番!

<分かったこと>
WATSON water color paper(水彩用ポストカード) との相性の良さ!
・楽しい
・色がのりやすいし、筆もすいすい動きます
・重ね塗りしても問題ない
・深く考えずに適当に塗っても乾くといい感じ

Moleskine Sketchbook との相性の悪さ…
・思った以上に乾くのに時間がかかる…
WATSONの時と同じぐらいでノートブックを閉じたら、危うく開かずのページを生み出しそうに。。
でもそれも面白かったかも。描いた本人しか知らないページ
・色がのりにくくて、筆が引っかかる感じ
・重ねて塗るとムラになっちゃう

どちらともに言えること。マニキュアの後で線を描き足す場合、完全に乾くまで待ちましょう
よしよし、だいぶ乾いたな、くらいの時に線を足したら、見事にペン先が固まりました…

好みもあるかと思いますが、表面がつるつるの Moleskine には向いていなかった感じ
逆に、表面がでこぼしているポストカードの方が合っていると思いました
爪はわざわざヤスリをかけてつるつるにするのに…ネイルアーティストの方はさすがですね
紙は選ばなくてはいけないかもしれませんが、
もう使わないな、ってマニキュアで遊ぶの、手軽な上にキラキラして楽しいのでオススメ

以上で今回の実験まとめは終了です!

 

<おまけの全く因まない話>
、好きですか?
モチーフとして愛らしく牛乳の美味しい白黒のホルスタイン、乳製品ならニュージャージー、
でもぼくは食べるのが好きだから肉牛が好き。黒毛和牛だとなお好き
そんな牛さんは草食動物であり、また、ぼくたち単胃動物と違って胃を4つ持ち(複胃)、
その内の一番大きく発達した第一胃では、主食の草をより効率よく栄養分とするために細菌や原生動物を飼っています

ここです、ここ。この細菌の話

ぼくたちが買う牛乳は、もちろん牛が妊娠をして、分娩をして、そうして搾乳されたものです
分娩。そうです、出産です
生まれてきた仔牛の栄養源は乳ですので、この時はぼくたちの胃と同じ働きをする第四胃がメインで働いています
また、子宮内は無菌ですので、仔牛はほぼ無菌状態で生まれてくる筈です。無菌


あれ?第一胃の細菌どっから来るの?


母牛とキスをすることで第一胃の細菌を獲得するんですよーーーーーー!
(表現としては「母牛との接触など」が妥当だとは思います)

やばい、神秘。愛だね、と思った話

 

<おまけのおまけ>
、好きですか?
Notebookとは関係ないかな…とも思いましたが、最近眺めていて楽しいサイト
http://boxandneedle.shop-pro.jp/
壁紙のページとか紙のページとか、ワクワクドキドキしながら眺めています
だいぶマスキングテープが増えてきたので、ここの箱で整理しようかな、とかとか

Comments (6)

猫と女とトトロと君と

Posted on 04 2月 2013 by

インフルエンザウイルスが猛威を奮っていますが、いかがお過ごしでしょうか

モレスキンや文具関係のイベントに参加された皆様の記事を拝見しつつ、
ぼくは呪文という名の語呂を口ずさみながら、全力で家に引きこもっています

膵臓壊死症サケ科魚類~卵の消毒効かないよ~(「ぽにょ」のメロディーで)

…そろそろ真面目に勉強しないとやばいよなぁ、と思い立って、
「2月2日 にゃんにゃんの日」を最後に、暫くついったーと落描きは自粛することにしました
その決意表明をここに
(「にゃんにゃん」で思い浮かんだのが女性だった時点でちょっと宜しくない気がしています)

EMI

やっぱりモレスキンのSketchは描きやすくて好き

※にゃんにゃんに因んで、あんまり因んでない話
歯式は上顎/下顎で表記し、中心から半分の歯の数を示します。順番に、切歯 犬歯 前臼歯 後臼歯の数です
猫の歯式は3131/3121(みーみーみーにー)。……可愛い!まるで子猫の鳴き声のようだ!!

牛は0033/3(4)033。同じ反芻獣であるところのヤギも牛と同様、上顎の切歯と犬歯、いわゆる前歯がない(代わりに歯床板が存在します)ので、メイちゃんに向かって『めぇ~』と鳴いていたあのヤギはヤギではないことになります。むしろ人の歯でしたね。でもトトロがいるんだから何でもあり。うん。ぼくはネコバスに乗りたい

そして犬は3142/3143が基本形。犬種によって違いますけども
犬猫と暮らしてらっしゃる方、ちょこっと口を覗いてみてはいかがでしょう。その際、噛まれたり引っ掻かれたりしないようお気を付けくださいませ。「(Bartonella henselaeの感染による)猫ひっかき病」があるくらいですから

 

にゃー

 

Comments (2)

こんにちはこんにちは!

Posted on 27 1月 2013 by

Notebookers第二期生のおおかみです。がぉー
呼ばれると喜んで出てきます
呼ばれなくても出てきます、どうぞよしなに

好きな異性のタイプは包容力のある人
好きな同性のタイプは綺麗に笑う人

まだまだ見習いの好きなものコレクター
お財布の中に忍ばせたタロットカードはNo.18のThe Moon
愛読書は『船を建てる 上・下/鈴木志保』
努力ができない、たぶん理系

自己紹介ここまで!
—————-キリトリセン—————-

持ち運びノートは主にMoleskineです

手帳はRaymay

手帳はエメラルド色と革の触感で選んだRaymay(右端)

帯のついたままのSketchbookは2冊目の落描き帳
XSのプレーンはルールなし。適当に開いたページに好きなことを書くノート
下にあるのはlargeのプレーン。ラフ用。扱いが一番酷いノート…

Notebookersの皆様からヒントを得て自分らしいノートになればいいなー、と思うと同時に、
今は色々と詰んでいるので手が出せないけれど、やってみたいことはいくつもあって、
感性を刺激しあえるような記事が書けるといいなー、なんて思っています
一応、ぼくはちょっと変わった理系の出なので、ちょっと面白い小噺みたいなものも、
こそっと
こそこそっとお話してみたいので、若輩者ですが皆様どうぞ宜しくお願い致します

Comments (1)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ