Tags: ,

ワイルドだなーって。

Posted on 07 2月 2015 by

新人ライターのみなさま よろしくです。おかげで新しい読者さんも増えたようで盛り上がってますねー。モレカウさんからのお題も注目されるなかマイペースでお送りいたします、まなびとです。

自分の性格がNotebookの使い方に影響してることって多いですよね。私はよく几帳面と言われる人ですが、場合によっては「神経質でめんどくさい」、「気持ち悪い」なんて言葉もいただきます(そこまで言わなくても…)。

そんな性格がNotebookの使い方にも…

例えばモレスキンの特徴の1つであるゴムバンド。

150207_manabito_01

これが使えないんです。びろーんって伸びきってしまったらどうしよう、って。

だから後ろにかけて伸びを最小限に抑えています。

150207_manabito_02

「それじゃあモレスキンの意味ないじゃん!」ってツッコミは当然あるでしょうが私はこの方が落ち着きます。

そんな私でも使い込まれたNotebookは大好きなんです。

150207_manabito_03

(思ったよりも使い込んだ感が無い私のNotebookたち…。)

新品のピシッとした整然さは失われたものの、使い込まれたNotebookにしかない味のあるタタズマイ…!たまらんです!

みなさんは自分の気持ちを受け止める存在としてNotebookを使っている方が多いと思います。いろんな人のいろんな想いを受け止める。だからこそ使い込まれたNotebookは……美しい!

使い込まれたNotebookにドキドキしちゃうのは、その人の想いが表に溢れてきた証からなのかもしれませんね。今年はもっと大胆にNotebookを使ってみようと思います。

Comments (0)

Tags: , ,

使ってみようかなーって。

Posted on 25 12月 2014 by

みなさん来年の手帳はもう買いましたか?それとも まだ買い足しますか?(笑)

10・11月に今年で3年目となる日本手帖の会さん主催『手帳100冊!書き比べ総選挙‼︎』へ行ってきました。詳しくはこちら

100冊以上ある手帳に試し書きができるので来年の手帳選びにモッテコイなイベントです。

私が手帳選びで重視するのは開きやすさ。パタンと開くかどうかなのですが 手帳総選挙に参加してみて、その基準を変えてみようかなーって思いました。

私は手帳やノートブックを選ぶとき、店頭でパラパラと軽くページを開いてみます。ここで気持ち良く開かなかったら まず買いません。

それが手帳総選挙では普段使うときと同じように、机に置いてグッと最後まで開いた状態で書き込めます。すると開きぐあいの悪さも許容範囲と言いますか、そこまでパタン!じゃなくてもいいかも!と思いました。

manabito_141221_03

 

そういえば私が愛用してる「エトランジェ ディ コスタリカ re-Collection」も パタンというレベルではありません。ただ何日か使ってると背表紙が馴染んできて開きもよくなります。

manabito_141221_02

 

ペンと紙質の相性だけではありませんでした。やはりペンを握った拳をノートブックの上に乗せて書いてみないとわからない事ってありますね。おかげで手帳やノートブック選びの幅が広がりました。

肝心の来年の手帳ですが、毎年使ってる自作マンスリーの他に「NOLTY能率手帳1」を購入しました。
能率手帳は10年以上前から気になってましたが ついに購入!おっちゃん手帳をプライベート用として楽しく使ってみようと計画中。

manabito_141221_01

今年の『手帳100冊!書き比べ総選挙‼︎』は全日程が終了しましたが、名古屋の有志で行う『手帳100冊!書き比べ‼︎の会 名古屋編』が年明け1月11・12日にあります。詳しくはこちら
まだ手帳を買い直す(買い足す?)ラストチャンス!会場で待ってます(^-^)/

Comments (0)

ここから始まったんだなーって。

Posted on 18 9月 2014 by

こんにちは、秋ですね、手帳シーズンですね。
って事で衣替えも兼ねて部屋を掃除していたら懐かしいノートが…。

manabito_140917_01

今回は、私が いつからノートと仲良くなったかというお話です。

前置きさせていただきますと、私は1冊のノートになんでも書いてます。
さすがに仕事で使うノートは会社に置いてますが、プライベートは1冊です。

1冊しか使わないスタイルはやはり奥野宣之氏著『情報は1冊のノートにまとめなさい』からきているのかなと思ってましたが、それよりも もっと前から私のノート1冊の原点がありました。

学生時代の4年間、私は学生寮で生活していました。
当時、尊敬していた先輩がいて、いつものように先輩の部屋に遊びに行った時の事です。
先輩はA6サイズのキャンパスノートに定規も使わず線を引き、マンスリースケジュールを作っていました。
黒ボールペン1色で書き、いくつか予定を記入すると
「俺はこれだけでいいんだ」
と言ってバッグに入れました。
なんだかその潔さに あこがれました。

それを真似て、私もノートにその月のマンスリーページを書いて持ち歩くようになりました。

それが先ほどのノートです。
コクヨキャンパスノートB7サイズB欄。クリアカバーに入れて使ってました。

manabito_140917_02

ToDoがメインだったので使い終わったページは切り取ってこんな感じに…。

途中、ほぼ日手帳を使ってた時期もありましたが、けっきょくノート1冊(+マンスリースケジュール)に戻りました。
このスタイルはもう10年以上でしょうか…。
その原点があの時の先輩にあこがれたからと言う理由だったとは…(笑)

みなさんのノートと仲良くなったきっかけはなんですか?

Comments (0)

Tags:

ライターになったんだなーって。

Posted on 20 4月 2014 by

 

はじめましてまなびとと申します。
Notebookers.jpは前々から拝見していました。
そして何度かNotebookers Meetingに参加しているうちに、
ライターとしても仲間になりたく、今回の募集に飛びつきました。

………すみません、自己紹介は苦手なので…
そろそろノート紹介させていただきます(。-_-。)

manabito_140420_01

愛用ノートは「エトランジェ ディ コスタリカ re-Collectionシリーズのポケットスリム方眼」。
これと自作マンスリー手帳を革カバーで1つにまとめて持ち歩いています。
革カバーは今月届いたばかりのオーダーメイド。
ノートに書く内容は、やることリスト、日記、考えた事、、、
いろんな事を1冊にまとめて書いてます。

これから 面白いノートと、それ以上に面白いライターの皆さんと同じステージで記事を書けるわけですから、私もノートを通じてたくさんの方々に笑いと感動を全力でお届けしていく次第で、、、
あらら、緊張してきました(-_-;)

さっき言ったのは取り消しで(^_^;)
やっぱり自分が楽しんで、それで誰かが面白いって思ってもらえるような、
そんな記事を書けたらいいなーって、思います。
よろしくお願いします。

 

Comments (0)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ