新しい相棒と縮まらない距離

Posted on 16 9月 2015 by

ご挨拶以来になります。2015年新人ライターのやひろです。

仲間に加えていただいた直後から仕事が忙しくなったりとすっかり走り出すタイミングを逃してしまいました。もう来年の手帳の話題が出る季節になってしまいましたが少しずつ記事を投稿できればと思います。よろしくお願いいたします。今回はモレスキンの代替わり記念に私のモレスキンタワーをさらしてみようと思います。

yahiros_moleskine_tower_2015

一番上の緑が当代、紫が先代のモレスキン

社会人になってからモレスキンに触れ始めた私ですが、早いもので丸3年の付き合いになり、冊数も13冊を数えるまでになりました。やっと自立させるのが難しい冊数になってきました。私は筆まめではないので1冊あたりが大体3~4ヶ月の付き合いです。ですが今回は仕事の忙しさにかまけてあんまりモレスキンに触れられなかったこともあり、先代のモレスキンとは6ヶ月と長い付き合いになりました。

そのせいでしょうか。先代のモレスキンが随分と名残惜しく、当代のモレスキンに少しばかりの距離を感じてしまうのは。なんというか、まだしっくりこない感じがあってどうしても違和感を感じてしまうのです。一度長く書き出してみればそうした距離感も縮まっていくのでしょうけど、久しぶりの代替わりに距離の縮め方を忘れてしまったような気分です。

人それぞれ、個性の出るモレスキン代替わりの儀式についてはまた折に触れて話題にできれば、ということで今回はこのあたりで。

Comments (0)

はじめましてのご挨拶

Posted on 24 1月 2015 by

はじめまして。2015年からNotebookersライターに参加させていただいた、やひろと申します。

拙い文章ですが、よろしくお付き合いいただき、そして少しでも共感を得られたならこれ以上のことはありません。

 

さて、自己紹介の代わりに今のノート環境をご紹介すると、メインノートはモレスキンスクエアードのポケットサイズ、日記帳としてEDiT B6サイズ(今年は未年なので白をチョイス)、ライフログとしてジブン手帳をトラベラーズノートレギュラーサイズのカバーに挟んで使っています。簡易家計簿として使っているシロクマノートA6スリムも自分のノート環境に加えられるでしょうか。こうして改めて書き連ねてみるだけで自分の印象よりもノートに囲まれて暮らしていることがわかって驚いています。

筆記は主にセイラーのプロフェッショナルギアを使っています。そろそろ2本目の万年筆が欲しくてちょっとうずうずしながら筆の感覚を楽しんでいます。

 

今はまだ使い方が決まりきっていないノートもあったりしてふらふらしているところがありますが、いいなぁと思うことをたくさん見つけてお伝えしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

Comments (0)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ