アンナのペン

Posted on 23 2月 2016 by

またやってしまった。

最近、ボールペンの衝動買いがやたらと多いDutchです。
世間には、性能が良く手頃で洒落たペンが溢れていますが、選択肢が多すぎるというのも困りものですね。「もっと良いものがあるのではないか」とついつい手に取ってしまう。

理想のペンの姿を思い描くにあたって、いつも思い出すのはゴダール「女と男のいる舗道」のワンシーン。美しくて愚かで身勝手な女性が堕落していくというストーリーは、観ていると心底イヤーな気分になってくるのですが、主演アンナ・カリーナの美しさは、数あるゴダール作品の中でも随一です。

劇中でアンナの演じる主人公がカフェで手紙を書くシーンがあり、手元をクローズアップした映像が数分間続きます。見ようによっては退屈なシーンですが、白い紙をバックにしなるペン先の動きとシルエットが映える、美しい場面です。

そこで使われているのは、おそらくボールペンでも万年筆でもなさそうで、くれ竹のようなごくごく細いフェルトペンの一種の様に見えます。
そこそこ太いペン軸はいかにも持ちやすそうで、60年代の映画ですから、ノック式ではなくキャップがあるのでしょう。
その日暮らしの娼婦の持ち物なら、それほど高級なものではないはずですが、ともすれば幼稚にも見えそうな丸みのある筆記体にシャープな描線が繊細さをもたらします。

あのペンが欲しい。
ジーン・セバーグのセシルカットでもカトリーヌ・ドヌーヴのトレンチコートでもなく、アンナ・カリーナのあの何の変哲もないペンが、わたしにとっての「フレンチ」の象徴なのです。

ゆっくりと時間をかけて、わたしの手元にはいくつかの「アンナのペン」が 揃いつつあります。
100円程度の安物から、ちょっと贅沢なものまで、色も形も様々ですが、それらは全て「アンナのペン」。映画で使われているそのものではないのですが、わたしにとってそれを思い出させるものをそう呼んでいます。

仕事の段取りやロジカルな思考をするためのものではなく、ただ好きな映画のことを思い出してうっとりする楽しみのためだけにある、大切なペンたちです。
stylo

Comments (1)

モレスキン・ディスクガイド

Posted on 06 2月 2016 by

2月になりました。
新年に新調したノートが、やっと馴染んできた頃合いですね。

わたしは今年から、モレスキンのデイリーダイアリーを使い始めました。
これまでの人生で日記が続いた試しがないのですが、今年はちゃんと続いています。

これからもずっと続いていくようにという願掛けのつもりで
大好きなレコードのジャケットをステッカーにして貼りました。

MOLESKINE_NEWORDER
カスタムした栞紐ともマッチして、なかなか良い感じになりました。

名デザイナー、ピーター・サヴィルの作品はどれも素敵ですが、中でも
ニュー・オーダーの2ndアルバム「権力の美学」は間違いなく
この世に存在する最も素晴らしいジャケットデザインのひとつだと思います。
あるフランスの画家の絵なのだそうですが、その辺りはよく知りません。

ニュー・オーダーはその前身ワルシャワ、ジョイ・ディヴィジョン時代から
実に40年近くもメンバーを替えずに活動を続けています。
貼ったあとで気がつきましたが、これは縁起が良い気がします。

彼らのように末永く、マンネリもせず、時には喧嘩もしつつ
新鮮で刺激的な関係が続きますように(柏手)

ノートの中ではなく、外に着させるというところが大事です。
モレスキンの重厚さに見合うだけの思い入れと存在感のある
レコードのジャケットを1枚ずつ大切に貼っていき
それを何年も繰り返したものをずらりと並べたら
ちょっとしたディスクガイドになっている、なんてのは
ちょっと素敵な想像ですよね。

実はもう既に「表紙待ち」のレコードを何枚かストックしてあり
早く来年にならないかなぁ、なんて思っているDutchでした。

それでは、また。

5.Feb.2016
Dutch

Comments (1)

自己紹介にかえて

Posted on 25 1月 2016 by

胸のうちに生まれ、生まれたことすら誰にも知られずに
消えてゆく言葉があります。

どこまでも開かれた世界で、無限に広がり
薄められてゆく言葉があります。
 
そのどちらでもない、あるいはその両方を繋ぐ中間の言葉の住むところ
それが
ノートブックです
 
生まれ落ちた言葉たちの多くはそこで育ち
土地を耕したり布を織ったり手を繋いだり争ったり
歳を重ねて死んだりしています。
 
広い世界を夢見るものは心身を鍛え、身支度を整え
目的を果たすために長い旅に出ます。
時に収穫を携えて帰ってきたりもします。
 
 
 
こんにちわ、Dutchです。
2016年Notebookersライターになりました。
どうぞよしなに。
 
伝えたいことは実はそんなにありません。
言葉は伝えるためにあると、誰かが言ったような気がしますが
わたしはそれは嘘だと思っています。
 
伝わらない言葉の住むところ
ノートブックを愛する全てのNotebookersへ
 
伝わらない言葉を
愛を込めて
 
24.Jan.2016
Dutch

Comments (0)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

アーカイブ