かみにこだわるNotebooker女子より

Posted on 30 1月 2017 by

「女子」という単語に年齢制限があるとかないとか聞いたことがあるのですが
(そしてその年齢をとっくにオーバーしているのですが)
気にせず進みます

一年前にこのNotebookersに加えていただき
その直後に拝見したなかしぃさんの投稿にて髪の寄付について知りました

2016年内に寄付しようと思っていたのですが
これがなかなか髪が伸びない

やっと寄付可能な長さ(切り口から31cm以上)に達し
美容院にて切ってもらったので寄付します!

くせ毛で毛先がくるんとしてますが寄付可能だそうです

こんな状態の自分の髪の毛を見るのは初めてなので不思議な気分

カラーやパーマをすることにこだわりがなく
ほっておけば伸びる髪を持つ私ができる寄付をみつけました

これからは寄付できるキレイなバージンヘアーを育てることに
こだわりをもって髪を伸ばしていこうと思います

寄付について教えていただいたなかしぃさんとNotebookersに感謝と報告でした

Comments (2)

お引越し!

Posted on 30 12月 2016 by

年末といえば

恒例行事といえば!!

手帳のお引越し!!

今年もよーく太った手帳から
来年の手帳へ必要な内容やシールを移行中…

なーんでこんなに太ったんだか…

それだけいろいろあったってことで
手帳が太るのは嬉しい

自分が太るのは阻止したい2017年

気になっていた星ダイアリーも
家族に協力してもらい入手!!

来年はこの2冊をうまいこと使っていきたい…!!

使っていけるようになりたい…な!!!←Notebookers的目標

みなさま よいお年を!!

Comments (0)

準備!準備!

Posted on 06 11月 2016 by

月の数字が二桁になったら
来年の手帳の準備!


自分の中で決めている

2017年はこれだー!

img_1679

Moleskine × Cath Kidston

イギリスっぽいでしょ

そして開封の儀

img_1680

私の「開封の儀」はここに名前を書く
まず名前!大事!

これで私のものになったように感じる
学校で自分のものには名前を書きましょうって言われたからかな

続いてしおりの追加

img_1678

やってみたかったCrucianiのしおり!!
赤いカバーに紺色のしおり!これでよりイギリス感出てきた

Crucianiは輪の部分にマスキングテープ使って最後のページに貼りました

最後に大事な「ダイエット」
チケットや雑誌の切り抜きなどを貼りまくる派なので
240ページそのまま使うとハードカバーも変形するほど厚くなっちゃって大変

なので各ページの束
一番内側のページを糸を切らないようにカッターで浅く切れ目を入れて取る
…を12回行い24枚のダイエット

Processed with MOLDIV

下段がダイエット後なんだけど…
わかりにくい…

手帳が厚くなっていくのが嫌なわけではなく
むしろとても愛おしいのだけども!!

今年の手帳をダイエットさせずに使っていたら
表紙がかわいそうなほど曲がってしまっているもんだから…

このダイエットの効果がわかるのは一年後!
どうなってるのかなー?

今日11月5日
ロンドンではガイ・フォークス・ナイトという
かがり火や花火のイベントが開催されている

ここにも三時間ほど前から途絶えずに打ち上げ花火の音が聴こえている

あと何時間くらい続くのかな…
去年は午前0時過ぎても聴こえていたような…

今晩は眠れそうにないので
月間カレンダーと週間のページを作っていこうかな

Comments (0)

意味のある偶然?

Posted on 25 9月 2016 by

実は私、予知能力があるんです!

…なんて言えたらカッコイイんですが
残念ながら凡人の私にはそんな特別な能力は備わってないようで。

でも昔からごくたまーに既視感というのかデジャヴュというのか
「あー、ずっと前に夢でみたな」という状況に出くわすことがありまして。

夢で見るのは
友達との何気ない会話だったり
ただ道を歩いている風景だったり

時間にすると数秒間

日常風景すぎて朝起きた時には覚えてないですし

実際にその状況にならないと気づかない

夢でみた数秒間が過ぎたあと
今の状況、デジャヴュだったなと思うだけ

なにか起こるわけでもないので気にせず生きてきたのに。

なのにまたデジャヴュが起こりまして。

あ、このシーン夢でみたなと思っていたところ
一緒にいた人から「あ!これデジャヴュ!」と言われたのです。

初対面の人とフラッと入ったお店で
そんなこと起こる?!?!

まず私の周りに「デジャヴュ!」と声に出して言う人がいなかったので
そこに驚き。

初めて会う人と同じ状況でデジャヴュしていたことが一番の驚き。

調べてみたら
シンクロニシティという体験に近いような。

“意味のある偶然の一致”

私が
その場所に行くことも
その人に会うことも
そのお店に入ることも

意味のある偶然…?

うーん…?

人と一致することなんて今までなかったのに

今までは私が言わなかっただけで
言っていたら「私も!」ってなっていたのかな?

image

無事にインクも手に入れ、お気に入り万年筆が復活したので
これで夢日記でもつけようかな

Comments (0)

インク?インキ?

Posted on 16 5月 2016 by

連れてきた万年筆のインク(カートリッジ)がなくなった

image

下の緑色の万年筆が私が初めて買ったもの

大学にて卒論を手書きで提出するゼミに入ってしまい
卒論を手首を傷めず規定枚数書きあげるため
教授にオススメされるままに買った万年筆

このメーカー
なんでカートリッジの互換性がないんだ…

なぜこの前の帰国でカートリッジを買わなかったのか…

なぜボトルを持ってこなかったのか…

なぜなぜ言っててもしょうがないし
万年筆は使えないのでインク探しを始める

幸いなことに文房具入れの中にコンバーターを入れて持ってきていたので
ボトルを買えば使える!!!

調べてみるとパーカーのものは割と手に入りやすい様子

黒よりブルーブラックがいいなぁ

早めに手に入りますように…!!!

Comments (0)

帰国の理由

Posted on 29 2月 2016 by

昨年
「ビザが切れるまで帰らない」とか言って出発したのに
結構あっけなく一時帰国

ホームシックとか金欠ではなく
ロンドンで仲良くなった友達の「日本…というか東京にはいい思い出がない」という一言。

過去二度、東京に来たことがある友達

最初は9年前
ロンドンで知り合った友達の家に泊まらせてもらったそうなのだが
その家族がとっっっても献身的で
滞在中の予定を朝から晩まできっちり決めてくれていたそう

すべてその友達の両親による送迎、そして引率付き

友達にその予定は全く知らされていなかったもんだから
行きたかった場所にはどこも行けず

最終日前日に自由時間が欲しいと伝えたところ
「もう予約してあってキャンセルできない」
とその家族に泣かれてしまい
最終日は予定通り、家族と一緒にブドウ狩りに行って東京滞在が終わったらしい

…どんな家族だ(笑)

初めての日本滞在がこれか…

二度目の東京は2年前

付き合っていた彼氏が急に別れを告げて日本へ

メールを送っても返信はない

直接会うために数か月後、東京へ

共通の友達に東京にいることと連絡先を伝えてもらい
Wi-fiが繋がるホテルでじっと待っていたそう

最終日にようやく連絡がきたけど会えたのは20分

数か月前と同じようにただ別れたいと言われたそう
渋谷の!路上で!!

そして泣く友達を残して消えたそう!!

最悪!!!!!

…ちょっとアツくなってしまった

女同士だとね、どうしてもこういう話は感情的になってしまう

そしてこれが三度目の東京

私とこの友達をロンドンで会わせてくれた友達が
昨年末、留学期間を終えて日本へ帰国

その友達に会いに横浜に滞在して東京にも足を伸ばすという

しかしその友達は横浜出身
東京はあまり詳しくないということで私が呼び出された

いい思い出はないが、長いこと東京には興味を持っているため
行きたいお店などの話をかなり前のめりで話してくれた

こんなに東京に興味持ってくれてるのに!!

いい思い出ないとか東京出身者としては悔しい!!

最初は東京滞在中の計画を立てるのに協力するということで話を聞き
調べて、交通手段を教えたりしていたのだが…

友達「Tomoyoも一緒に来てくれない?」
私「これ、私も一緒に行ったほうが楽だな」

早速、航空券を購入

とりあえず友達にリストを送ってもらう

そのリストをもとに東京滞在の日程を組む週末
(こうゆう作業、嫌いじゃない)

具体的に店名とか書いてあればいいのだけど
「ゆっくりできるコーヒーがおいしいカフェ」というリクエストもあって(汗)
あまりコーヒーに詳しくない私…

ライターのみなさんの投稿やマップを参考にさせていただきました!
ありがとうございます!!

先ほど(仮)日程を提出したところ
どうかなー?

過去の事例があるから(笑)
予定はざっくりだし
予約はしていないから予定変更も可能だし
予備日もある(笑)
リクエストがあったお店も渋谷にあるのは除いた(笑)

一緒に行動して欲しいって言われてるけど
一人でフラフラしたくなっても大丈夫なように
リクエストされた場所が全部のってるマップも作ったし
マップ見たり連絡取れるように空港でWi-fiは絶対借りろと言ってある

こんな視点で東京を見たことなかったからリサーチも結構楽しかった

三度目の東京
楽しんでくれるといいなー

Comments (0)

2016年の相棒

Posted on 01 2月 2016 by

自己紹介の次は相棒の紹介

 

2016年の相棒はMoleskine ANGLOMANIA

 

ベタですが、今年はロンドンにいますし。

これをダイアリー仕様にして使っています。

 

Moleskineデビューは18ヶ月ダイアリー

 

それからずーっとウィークリーダイアリーを使っていたのだけど

土日祝日関係なく働いていた私に、土日が半分なのは使いにくかった。

(修正テープで日付を消して、そのマスは土曜、翌週の最上段を日曜として使っていたけど、52週その手間をかけるのが億劫になりつつあった)

 

 

そして数年前

巻頭のマンスリーページがブロックからバーチカルに変更…。

その瞬間、私はもう決めた。

 

自分で作ろうと。

 

作るっていっても家で眠っているMoleskine限定版に線を引いて、日付スタンプを捺すだけなのですけど。

 

こうゆう作業、嫌いじゃない。

2016年

今までと一つだけ違うのは、ルールドということ!

縦幅は行をうまく利用できたので横幅を決めるだけでマンスリーページはすぐ完成。

見開きで1ヶ月。線を引くときは ハイテックC  うすずみ  0.3mm  を使用。

image

日付スタンプのセットを日本に置いてきたので今年は手書き。

 

 

問題はウィークリーページ

 

30行が7日で割れない(怒

 

行間に線を引くのは嫌(頑固

でも行が余るのはもっと嫌(超頑固

 

 

 

…7日、同じ幅でなくていいんじゃない?(B型

 

というわけで

4行×5日、5行×2日という割り振りを基本とし

上下の余白に線を追加して

最大4行× 3日、5行4日という割り方を週によって使いわける作戦を今年は実行。

 

5行を割り当てられる日は予定が多い日、多くなりそうな日か

デコラッシュでデコりたい日。

(なぜ日付スタンプセットは置いてきたのに大量のマステとデコラッシュは持ってきたのか)

 

 

なので

ウィークリーページはだいたい2ヶ月程先までしか作ってない。

 

完成しているマンスリーページで大体の予定は管理できているし

ウィークリーはその詳細やらを書き込むために使うのでだいたい2ヶ月先まであれば今の私には十分。

 

 

 

最後に相棒の相棒を紹介

image

 

基本はカランダッシュ 849

大好きなボルドーとゴールドの組み合わせは見つけた瞬間ときめき、即決。

 

たくさん書く時や大事なことを書く時はシェーファー アジオ ファッション

記念すべき私の最初の万年筆。

手書き提出という今時めずらしい卒論を共に戦い抜いた戦友でもあります。

 

 

 

日本にいたら…!ロンドンでもあれが買えたら…!と思う日々ですが

今持ってるもの、今の環境の中でどこまでやれるのか?!試されてる!試されてるぞ!と

他の方の投稿に刺激を受けながら週末の手帳タイムを楽しんでます。

 

おわり

 

Comments (0)

Tomoyoです

Posted on 25 1月 2016 by

はじめまして! Tomoyoです。

念願のNotebookersに加わることができて嬉しいです。

 

私、Tomoyoは

気が強い方ではないと思うけど…

譲れないものは譲れない、好きなのもは好き。

マイペースな五黄の寅世代です。

 

Tomoyoはあの女優さんと同じ漢字です。

親の世代もバレますね。

 

東京生まれ東京育ち、青森県と沖縄県のミックスです。

「お兄ちゃんいるでしょ?」って言われるけど、いません。

 

手帳とかノートとか、紙の束が好きです。

文房具はだいたい好きです。

好きが強くて文房具に囲まれて働いてたこともありました。

 

でも本職は洋裁です。

今はロンドンのファクトリーでチクチク縫う日々を過ごしています。

 

ちょっと出遅れた感あるけど自己紹介です。

 

おわります。

Comments (0)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ