Tags:

New! 【ノートブックがない旅なんてVol.61】私とパイロットコーポレーション

Posted on 20 8月 2019 by

この記事の目次

  1. パイロットコーポレーションとは
  2. 私がいま愛用しているパイロット筆記具3選
  3. いったん休憩中のパイロット筆記具2選
  4. 若き日を共に過ごしたパイロット筆記具2選
  5. 「 書く、って楽しい」の原点となったパイロット筆記具
  6. 未来を切り開くパイロット筆記具2本
  7. 終わりに

1. パイロットコーポレーションとは

2. 私がいま愛用しているパイロット筆記具3選

(左の2本)ゲルインキボールペン ジュースアップ03と04
写真掲載記事:【ノートブックがない旅なんてVol.59】トラベラーズノートと旅した文房具/2019上半期|Notebookers.jp

ゲルインキボールペン ジュース アップ 03

手帳に予定やメモを書き込むのに最適な激細ボールペン。先月までは04(超極細)ブラックも併用していたが、荷物を少なくしたくなって03のみに絞り込んだ。うっかりなくしたらその時なりの風が吹くだろう。大丈夫、なんとかなる。

フリクションボールノック 0.5mm

ライターとか編集者とかいった職業柄、原稿の校正で頻繁に使う。書いた赤入れを消せるって、革命。仕事がはかどる筆記具に恵まれた時代に生きていてほんとうによかった。

アクロ ドライブ

これまた職業柄ありがたい系筆記具。回転繰り出し式でペン先を出し入れできることが最大の推しポイント。キャップ式にない筆記初速を手に入れるとともに、ノック式で発せられてしまうカチッと音を制御できるので、場の空気を邪魔せずに粛々と文字を書き出せる。

安物すぎず、かといってお高くとまってもいないボディデザイン&カラーもまた良し。茶系ボディのボールペンって探すとあまりないので、そういった点でも特別感を味わえる。ジャケット着用でもお気軽Tシャツでも難なくキリッと馴染んでくれるので、オールTPO対応型筆記具ともいえよう。

3. いったん休憩中のパイロット筆記具2選

カクノ(ペン種F)

カクノ(ペン種M)

2選と言いながら両方カクノ。まずKobe INK物語No.28インク欲しさを言い訳にして、ノンカラー軸発売から少し時が経った頃にペン種Fを購入。続いて明るくも奥深い色彩と物語を凝縮したNo.25インクをきちんと使ってみたくなってペン種Mを購入した。

いま文章を書く手が思いっきりKobe INK物語のインク紹介モードになっていて驚いた。今回の記事テーマはパイロットコーポレーションなので、Kobe INK物語を語る展開はまたおいおい。本題に戻る。

4. 若き日を共に過ごしたパイロット筆記具2選

(左から5本目)ハイテックCコレト ルミオ
写真掲載記事:仕事愛用筆記具十選|Notebookers.jp

ハイテックCコレト ルミオ

  • 発売年:2010年
  • ボディカラー:シャンパンゴールド(だと思う)
  • 主な使用レフィル:◎ブルーブラック0.3mm、◎チェリーピンク0.3mm、◯アップルグリーン0.3mm、◯バイオレット0.3mm、◯クリアブルー0.3mm、◯シャープユニット0.5mm、◯消しゴムユニット
  • 現在の製品名は:ハイテックCコレト 1000・500
  • リンク:https://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/multi_func/hitecc_coleto_1000_500/

先述のジュースアップ以前の手帳相棒筆記具。2011年には既に使っていたと記憶している。そこから今年6月までか。ボディカラー違いのコレト1000数本も含めて、長い付き合いだったなぁ。お疲れさま、しばらくゆっくり休んでおくれ。

ドクターグリップ(シャープペンシル)

  • 発売年:1991年(のはず)
  • ボディカラー:使用当時何色を使ってたかって?記憶にございません。
  • シンの太さ:たぶん0.5mmシャープだったと思います。
  • 方式:フレフレ&ノック式……でしょうか、当時も。
  • グリップ:シリコンラバーだと思う!
  • リンク:https://www.pilot.co.jp/products/pen/sharp_pen/sharp_pen/drgrip/

人間工学に基づいて開発された画期的な筆記具!学生時代の学習全般を支えてくれたシャープペンとして、私を静かに支えてくれた。勉強がはかどらなくてフレフレ気分転換した数分間も、使い込みすぎて汚れたシリコンラバーを残念がった日々も、今となっては懐かしい思い出……とかなんとか言ってちょいと感傷に浸ってみたり。さてこの記事は後半へ。

5. 「 書く、って楽しい」の原点となったパイロット筆記具

ハイテックC(03)

元祖極細ボールペン。学生時代の学習全般ならびに暇つぶしで書く4コママンガ制作、つまらない授業を楽しくするメモや手紙の交換などなど、当時思いつく限りのあらゆる「書く」環境で多彩にお世話になった筆記具である。

ハイテックCを初めて手にした当時の私は小学6年生。通っていた珠算塾の年末恒例行事「珠算大会」の上位入賞者に贈られる賞品として、ハイテックC(たしか03)の5色セットを獲得した。いま記憶を辿る限りでは、人生で初めて自分の実力でモノを獲得した手応えを得た出来事であった。

鉛筆やロケット鉛筆が主要筆記具であった小学校文化にすっかり染まっていた自分にとって、激細ボールペンの存在そのものがまぁまぁ衝撃的であった。実際に手にとって文字を書いてみると、これがなかなか書きやすい。細かい字だってラクラク書ける。当時やたらに授業中ノートに文字や図を書きまくっていた当時の自分にとって、ハイテックCはあっという間に心強い友となった。

月日は流れて高校時代。一生かかっても使い切れない勢いで何本も何本も購入しては使ったり飽きたりしていたある日の出来事だった。次の授業がある教室に移動する際、どこかにペンケースをまるごと置き忘れた。そのペンケースは見つからなかったし、絶対に見つけ出そうとする気合も湧いてこなかった。手持ちの全ハイテックCの半数以上を紛失したあの日は、私にとって「ハイテックC時代終幕の始まり」の象徴として今も残像に在る。具体的な日にちも学期も季節でさえも思い出せないのだけど。

6. 未来を切り開くパイロット筆記具2本

2020(フレフレ)

PILOT 2020 is 最高で最強!ドクターグリップ世代の私が行き着くシャープペン is 2020(フレフレ)ですね!文具店で見つけてブラック即決買い!

数ヶ月前から始めている「その日の終わりに3行前後のライフログ」記入用のメイン筆記具として只今絶賛活躍中。日中ボールペンメイン派の身にとって、0.5mmシャープペンの2020(フレフレ)は重要な気分転換ツールでもある。

コクーン(万年筆)

今使っている手帳&メモ帳と一緒に持ち歩く万年筆として購入。えぇと買ったの何日前?わりと最近。2020より新しい。

コクーンもカクノと同様、「このインクを使ってみたい」を起点にして購入に至った。万年筆インク〔ランドスケープ〕は、ボトルの佇まいがまずいい感じ。加えて色味と景色の奥深さがまた何とも言えなくてですね……、とか語るとまたしても記事テーマから逸脱するからいったん区切りをつけましょうか。そういえば肝心のコクーン情報一切書いてなかったので、詳細気になる人は上記リンクをクリックして確認してみてくださいね。

7. 終わりに

本記事を目次から順に読み進めてくださった方も、途中すっ飛ばしてここまで辿り着いた方も、いきなりココから読み始めている方も、全員まとめて「読んでいただきありがとうございます!」この記事が、みなさまにとってちょっとした暇つぶし程度であっても何らかのお役に立ちましたら幸いです。

記事を書き進めれば書き進めるほど、パイロットコーポレーションの凄まじさを実感しました。今年5月に移転した本社の方角を向いて、ひたすら「いつもありがとうございます!」と御礼申し上げるのみです。まだまだいろいろお世話になりそうなので、今後ともよろしくお願いいたします。

なお、本記事に記載した各種情報は、主にパイロットコーポレーションのホームページを参考にして掲載しています。できるだけ正確な情報収集に努めましたが、私の見間違いや見落としがゼロとは言い切れません。あらかじめご了承ください。そして読者のみなさまが各々のやり方で知りたい情報を確認していただければと思います。

8. Bonus Paragraph

「フリクション」は、アメリカのリアリティーショー形式のファッションデザイナーズバトル番組「project RUNWAY 16」のオフィシャルペンです。

  • 「project RUNWAY 16」は、日本でもWOWOWで放送されていた。数千人もの応募者から審査を経て選ばれた出場デザイナーは16人。バトル最下位になれば即脱落するシビアな展開を乗り越えて見事優勝を決めるデザイナーは誰?
  • 「人気リアリティ・ショー」×「こすると消えるボールペン」ブランディングのケーススタディ

「project RUNWAY 16」出場者のKentaro Kameyamaがフリクションを語っている。その内容はmarie claireに掲載されている。

最終決戦の舞台はニューヨークファッションウィーク。ここまで勝ち残ったKentaroを含む4人のデザイナーがコレクションを披露する。

ランウェイを歩くモデルがさまざまである理由は、シーズン16の特徴的なルールにある。そのルールとは、デザイナーが毎回サイズ2から22までのモデルとランダムに組むことである。

以上の情報を踏まえたうえで、次の動画を再生しよう。Kentaroがファイナル・ランウェイに送り込んだコレクションは、音も含めて訴えかける作品だと思う。観客のリアクションも込みで楽しんで。

Comments (0)

Tags: , ,

【ノートブックがない旅なんてVol.60】デジタルとアナログを融合させて日々いい感じに過ごす方法/2019夏

Posted on 20 7月 2019 by

このお話は、ダイヤモンド社のビジネス情報サイト「ダイヤモンド・オンライン」で『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』刊行記念として寄稿した記事「デジタルとアナログを融合させてスケジュールを上手に管理する方法」の続きのようなそうでないような……、です。

上記記事をさらっとでもご覧になってから戻ってきてくださると、今回のコラム記事はもっと楽しいんじゃないかな。そうだといいな。

2019/04/10時点のマイ・バレットジャーナル構成

寄稿記事が世に公開されてから3ヶ月少々が過ぎた。日々の変化を程よく受け入れ程よく流して過ごすうちに、マイ・バレットジャーナル構成も変わった。これを私は進化と呼びたい。

今回のコラムでは、2019年7月20日時点のマイ・バレットジャーナル構成を紹介する。このコラムが、前回コラムで紹介したTwitterアンケート第3位に投票してくださった皆様、ならびにダイヤモンド・オンライン読者の超超超超超ニッチ層であろう「あの話の続きを知りたい」と思う方々に対するちょっとしたアンサーになったら嬉しいな。想定読者層めっちゃ狭いけど、まぁどうでもいいですかね。

それはさておき、本題へ。

2019年夏のマイ・バレットジャーナル構成

2019/07/20時点のマイ・バレットジャーナル構成

デジタルツール 素早く、抜け漏れなくスケジュールを調整する

  • Googleカレンダー:予定管理
  • Todoist:ToDo管理

アナログツール 書き出して、整理する

アナログツールの詳細

A5サイズノートブック(PAPIER TIGRE)

A5サイズノートブック(PAPIER TIGRE)
今年の冬か春かに購入し、5月から本格的に使い始めている。通算2冊目。

彩り豊かで独創性抜群な表紙がとてもステキなメイド・イン・フランスのノートブック。半年ごとに新柄が発売される。日本の店舗で十数種類の表紙が並ぶ中から、直感でこのノートブック「CITÉ」を手にとって購入した。

3,4ヶ月前まではメイン自由帳として大活躍していたのだけど、最近あまり使えていない。そうはいっても表紙がとてもステキなので、デスクの片隅に置いている。いずれまたノートブックとして使う日が来るまでは、なんとなくそのままにしておきそう。

トラベラーズノート リフィル 2019週間バーチカル 後半

トラベラーズノート リフィル 2019週間バーチカル 後半
TRAVELER’S FACTORY NAKAMEGUROにて購入

うちの茶トラ大改革!トラベラーズノートユーザーになって初めて、ダイアリーリフィルを購入した。

週間バーチカルタイプの手帳は2001年からメーカー変えつつなんだかんだで毎年使い続けているので、早くも「馴染む」手応えアリ。トラベラーズノートの週間バーチカルを1ヶ月近く使って実感した良いところをざっと書き出しておくので、手帳比較検討のご参考にぜひ。

  • 1冊あたりの週間ページは、1年分ではなく6ヶ月分
  • 月曜から日曜まで均等なスペース
  • 7時から23時までの時間軸
  • オリジナルの筆記用紙(MD用紙)の書き心地がよい
  • 週間ページ右端で、前月・当月・翌4ヶ月を俯瞰できる

トラベラーズノートリフィル 2019週間バーチカル 後半
背表紙の裏もカスタマイズ範囲

トラベラーズノートの楽しみはカスタマイズにあり、ですよね!

私は背表紙の裏に、今春に携わった仕事を通して知ったSDGs(SustainableDevelopment Goals:持続可能な開発のための2030アジェンダ)をざっくり咀嚼するための紙を貼っている……と見せかけて、先月書いたコラムで紹介したフォトアルバム用ビニールコーナーに挟み込んでいるのはココだけの話。次の手帳への引き継ぎもラク。

あとココフセンも貼っている。一時期やたらにココフセンを買い込んでいたので、手帳以外にも本とかノートとかいろんなところに貼って活用機会を増やすようにしている。

トラベラーズノート リフィル 無地

トラベラーズノート リフィル 無地
旅記録目的で使っていた頃。今後は日常でも使うつもり

いまさらNotebookers.jpで説明する必要……ない、ですよね?ですよね!(そろそろ記事書く手を休めたいので説明割愛)

ミニ TO DO リスト / モノトーン(A FLOATING LIFE)

ミニ TO DO リスト / モノトーン(A FLOATING LIFE)
レギュラーサイズのジッパーケースにすっきり収まるA6変形サイズ

旅記録目的でトラベラーズノートを使っていた頃は「持ち物リスト」「1日で行きたい場所リスト」「1日でやりたいことリスト」……などなど、旅におけるさまざまな情報の整理整頓に役立った。詳細は前回コラム参照。

3,4ヶ月前にも使っていたのだけど、当時はなぜか面白くも難しい仕事が謎に集中していた時期だったので「何とかしてこの困難を乗り越えねば」と焦っていたのだろう。この時期は、直近2週間で特に実現したいことを凝縮して書き出す用途で使っていた。今振り返ると、だいぶ神経を尖らせて日々なんとかして乗り越えていたのだと思う。

今後はどう使っていくのだろう。とりあえずトラベラーズノートレギュラーサイズのジッパーケースに入れといて、いつでもどこでも使えるようにはしている。

いかがでしたか?

2019前半の過ごし方をざっと振り返ったうえで2019後半の過ごし方を改善する第一歩として、手持ちのノートブックと手帳の使い方の見直しは案外有効です。夏休みにやることリストの1項目に「ノートブックと手帳の使い方を見直す」を含めてみるのもよいでしょう。

また、夏のうちにノートブックと手帳の使い方を見直すことは、来たる手帳2020一斉発売1stシーズン(9月くらいだと思っているけど、もしやもっと早い??)におけるノートブックや手帳の衝動買い予防にも有効です。Notebookers.jp愛読者の方々は日々十分に予防しているかとは思いますが、自戒を込めて念のため書いておきますね。

ノートブックと手帳を購入する際には、それなりに計画を練ったうえで程よく直感で決める感じが良いのではないでしょうか。個人的見解で。

Comments (0)

Tags: , ,

【ノートブックがない旅なんてVol.59】トラベラーズノートと旅した文房具/2019上半期

Posted on 20 6月 2019 by

2019年5月30日から6月1日まで、人生初のTwitterアンケートを開催していた。

Notebookers.jp記事テーマはこれまですべて、私ひとりのノリと勢いと思いつきで決めてきた。でもその方法もさすがに飽きてきたので「いっそのこと、読者さんのお力を借りてテーマを決めてはどうだろう?」と閃いた次第。

で。
アンケートの内容と回答結果がこちら。回答にご協力いただいた40名の皆さん、ありがとうございます!

「カバンの中に入れてるアイテムのお気に入りTOP5」「トラベラーズノートの使い方(最新版)」の2強であった。回答者40名のうち30名ちょいの方々は、上位2テーマのいずれかに投票してくださった計算になる。

さて。
この結果を反映して、私は今回「トラベラーズノートと旅した文房具/2019上半期」をテーマに記事を書く。

誰ですか?「そんなテーマ、アンケート回答項目にありませんよ」なんぞ石頭お問い合わせ。Tweetで最初から言ってます『「多いからそのテーマを書く」ってワケではないけれど』って。

むしろ2強テーマをミックスした新しいテーマって超オトク展開ではありませんこと!?少なくとも、わたしはとてもラッキーだと思っているんですけどね。では本題へ。

トラベラーズノートと旅した文房具を入れていたケース

傷跡が眩しいうちの茶トラです。11年目もよろしくお願いします。

この写真では全く見えないのだが、トラベラーズノートと旅する文房具を入れていたケースは「TF トラベラーズノート ペーパークロスジッパー オリーブ」である。薄いコットン生地に特殊なのりで加工したペーパークロス素材でつくられている。

レギュラーサイズのジッパーケースの表紙側には「ファスナー付きケース」、裏側の内側には「3段ポケット」、裏側の外側には「エンベロップ型のケース」が付いている。公式サイトの使用例と表裏逆の使い方をしているようではあるが、気にしないキニシナイ……

ファスナー付きケースに入れていた文房具

それでは、ジッパーケースを開いて文房具たちを取り出してみよう。まずは表紙側「ファスナー付きケース」から。

  • ジュース アップ 04 (超極細)ブラック
    「三者鼎立」、「憂喜和精神」、「難関突破」、「一日一進」、「至誠真剣」の5つの行動基準を社是として掲げるパイロットコーポレーションが2016年に発売した水性顔料ゲルインキボールペン。1本200円(税抜)なので、うっかりなくしても心理的ダメージが少なくて済む。

    インキ10色展開ではあるが、旅先では結局ブラックがいちばん使える。ノートブックへの記録だけでなく、とっさになにかの書類に書く場面にも余裕で対応OK(出入国カードとか代表例ですよね)

  • ジュース アップ 03 (激細)ブラック
    04より細い筆跡を書けるボールペン。04は超極細で、03は激細。もはやどっちが細いかわからない超精密展開……。

    04、03ともに、ワンノックですぐ書き出せるスタートダッシュ力と、商品名やメーカー名を仰々しく主張しないボディデザインと、筆記中常になめらかに走るインクが気に入っている。

    同じインキ色の04と03両方を持っていると、下手な絵を書かなくても文字だけで見栄えのするページを作れる。見出し行を04で、本文を03で書き分けるとか。同じシリーズで同じインキ色のボールペンを2本持っているので、うっかりなくしても心理的ダメージは少なくて済む。

  • ぺんてるサインペン グレー
    1963年に発売されて以来、世界中で愛されているロングセラー筆記具。チェックリスト消し込みとか、ボールペンの書き心地やインキ黒々しさに飽きた場合に備えた気分転換ツールである。色は黒でなくグレーがいい。

    ところで、ぺんてるWebサイトを見たら、サインペンのグレーが見当たらなかったのだけど、まさか無くなってたりしないよね……(筆touchサインペンのグレーはある)

  • PENCO Brush Writer イエロー
    海外ブランドの筆記具っぽい見た目をしておいて、実は国内の老舗筆メーカーと作り上げたブラシライター。色味はマイルドライナー(ゼブラ)のマイルドゴールドに近い。

    もうちょい具体的なイメージは、オンラインストアでご確認を。いっそ1本買って試していただく方が早いかと思いますが(1本270円(税込))

  • フォトアルバム用ビニールコーナー
    紙が厚いショップカードをノートブックに貼るのに、スティックのりでは若干心もとない。マステ活用もナイス選択肢だが、長さに限りがあるので慎重に使いたい。

    こうした些細な悩みをあっさり解決してくれるツールが、コクヨのフォトアルバム用ビニールコーナーである。400片入りって量も十分。ケースに入れてもかさばらない薄さで、メーカー希望小売価格240円(税抜)

    使うか使わないかはさておき、トラベラーズノートを携える旅人なら次の旅にひとつ備えておいていいツールだと思う。

  • XS コンパクトハサミ 白
    トラベラーズノートと旅する筆記具以外の文房具に求められる最大要件は「小ささ」である。ジッパーケースに入るサイズは必須だし、できることなら小さく薄く。そして見た目の存在感も小さくあってほしい。

    これらの要件を満たすハサミを模索した結果、2019年上半期時点ではデザインフィルのXS コンパクトハサミ 白がマイベスト。片手スライドで刃を出し入れできるのが特徴。すぐさま切る所作を始められるし、使い終わったらきちんと仕舞えばうっかり刃が飛び出す心配なし。

    あえて使用上の注意を述べるなら、飛行機に乗るときは必ず手荷物に預けること。うっかり手荷物検査に引っかかって厄介な展開になったら、旅のはじまり(または終わり)が若干残念になってしまう。

3段ポケットに入れていた文房具

  • 選抜マステ巻き巻きカード
    名刺サイズの無地カード(エトランジェ ディ コスタリカ)に、この旅で使いたいマステをぐるぐる巻いただけ。15mmマステなら5種類巻ける。今回巻いたマステは全てヨハク

    撮影時は旅の終盤だったため、かなりマステを消費している。空白地帯はその証。途中ファスナーケースに入れていたスティックのりを使い切ってしまうハプニングもあり、とても素敵な柄のマステなのにまるで両面テープのごとくくるり一巻きして紙の裏面に貼っていた。次回の旅ではスティックのりの残量をよく確認し、マステをきもち多めに巻いておこうと思う。

  • ほぼ日のひとことふせん サーカス(レッド)
    1日1ページ手帳といえばのほぼ日手帳さんと、イラストレータユニットのBob Foundationさんとのコラボふせん。最新ページをすぐ開けるようにインデックスとして貼り付けたり、ちょっとしたメモを関連ページに加えるために使ったり。旅ノートのおともとして汎用性が非常に高いアイテムだった。
「ほぼ日のひとことふせん サーカス(レッド)」なかみ

エンベロップ型のケースに入れていた文房具

  • ミニ TO DO リスト モノトーン(A FLOATING LIFE)
    もともとは、直近2週間で特に注力すべきことを書き出すために使っていたアイテムだった。

    しかしこのフォーマット、トラベラーズノートレギュラーサイズとの相性抜群!旅の出発前にはジャンル別持ち物リスト&チェック表として、旅の道中では明日の行きたい場所リスト&優先度確認表として、とっさに何かを書きたくなったら取り急ぎのメモ帳として、とにもかくにも縦横無尽の大活躍っぷり!モノトーンかつ最小限の機能に、ほんの少しだけブランドのおしゃれさを漂わせてくるこのフォーマットが、私にとっては最高なことこのうえなかった。トラベラーズノート使用歴11年目でも、まだまだ新しい発見はある。
ミニ TO DO リスト モノトーンを使って、旅のおとも文房具をチェック
  • CARDRIDGE dünn イエロー(ロンド工房)
    かろやかに暮らしを彩るレザークラフトの超薄型名刺入れ。「カードリッジ デュン」と読む。今回の旅で名刺交換をする場面はないと思っていたけれど、念のためCARDRIDGE dünnに名刺を数枚入れていた。

    結局1枚も名刺を渡さずに旅は終わったのだが、話の流れの都合上、うっかり1枚名刺をいただいた。その方、ニュージーランド出身とか言ってたかな。小学生レベル英語7割と相手にわかりやすく伝わりそうな簡単日本語3割、時折少々のジェスチャー程度の割合で、なんやかんやな話をした。私が文房具好きだと言ったら「私は北星鉛筆を使って絵を描いてますよ(in English)」って返しがきてびっくりした。「鉛筆」ではなく「北星鉛筆」……メーカー指定かーい!ほいで絵がまぁ緻密すぎ!!!

  • 型染柄ぽち袋 ふくら雀(榛原)
    もしものときのお金を入れていた。三つ折りお札がちょうどよく入る。見た目にめでたいデザインだし、CARDRIDGE dünn イエローとの色相性もよい。

2019年上半期を旅したトラベラーズノート写真を振り返ると、陸海空をざっくり攻略していたようす。下半期もよい旅ができるよう、日々淡々とがんばろう。

Comments (0)

Tags:

【ノートブックがない旅なんてVol.58】時代越えをトランジションに利用する

Posted on 20 5月 2019 by

浅草/令和元年五月一日

元号が令和になってから、もうすぐ三週間が経とうとしています。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。元気で楽しく暮らしていますか。
わたしは相変わらず、ノートブックを武器にあちこち駆け回り取っ散らかっております。

本日のコラムタイトルにある「トランジション(transition)」という言葉。
ご存知の方は、心の中で挙手。
わたしはこの言葉、つい数ヶ月前に知ったばかり。

取り急ぎtransitionを調べると「遷移」「変化」「変わり目」あたりの翻訳が出てくる。
しかし私が見聞きしたところでいう「トランジション」は以下の通りだ。

  • トランジションとは、一連の擬死再生プロセスである
  • 外的/内的要因を問わず、何かが終わるところから始まる
  • 終わりからしばらくは、喪失・無力・失望・諦め・苦悶の日々が続く
  • 底辺中の底辺まで沈みきったある日ある時あるタイミングで、風向きがいい感じに上向く
  • うまいこと風に乗っかってしまえば、終わりを終わりきって新しい始まりを迎えられる

プチ・トランジション(ex. 会社員からフリーランスへの転身)経験者は思う。
トランジションって、わりとタフ。
気力体力、時の運。知識や知恵も必要かしら。
あらゆる要素を総動員しなければ、終わりを終わりきれないし、吹いてる風にも乗っかれない。

生きるうえで何度かはトランジっておく必要はあると感じる一方で、
テキトーなノリと勢いだけでトランジりきるなんて限りなく不可能だとも推察する。

そんな超小心者の私でも、わりと簡単にトランジれるタイミングがやってきた。
そう、それが「時代越え」

平成から令和へと元号が変わる。
日本特有の時代変化を言い訳にして
平成の残課題を終わらせるとともに、令和を新しい始まりにするための布石を打ってしまおう。

渋谷/令和元年五月三日

平成末期から令和の始まりにかけて、わたしはプチ・トランジションで忙しかったというのに!
なんならまだまだ現在進行形だというのに!
日本を代表するロックユニットB’zさんは、とんでもなく豪快にあっさりやってのける!!!
(しかも稲葉さん、5月1日(推察)に渋谷自撮りしてるしwww)

いやぁぁ〜B’zほんとかっこいい。平成時代にはLIVE-GYM参戦できなかったので、令和のできるだけ早いタイミングでLIVE-GYM行きたい。ちなみにわたしが好きなB’zの曲は『孤独のRunaway』『ギリギリchop』『ねがい』『Real Thing Shakes』『HOME』『RUN』『ultra soul』『……あっもういいですか、すみませんすみません。

飯能/平成三十一年三月三十日

ムーミンバレーパークも、令和のできるだけ早いタイミングで行きたい場所である。
朝から晩まで、一日の移ろいをのんびり感じられる超ざっくり計画を立てて行きたい。
(無計画ではなく、あくまで超ざっくり計画)

【補足】
飯能郵便局の小型印「ムーミンバレーパーク開業記念」
使用期間は2019年3月16日(土)〜2019年6月16日(日)


Comments (0)

おかげさまで10周年

Posted on 09 5月 2019 by

2019年5月9日、よる。
Notebookersライターのsaoriです、こんばんは。

うちの茶トラこと「トラベラーズノート レギュラーサイズ 茶」
本日無事に、10周年を迎えることができまし……

って投稿するつもりだったのに、
きょう撮影のために1冊目のノートを開いたら、使用開始日2009年5月2日じゃないですか!!

こんな信じがたい展開、アリ?
あるんですよーそれが今!

ほんとにほんとに、我ながら心底びっくりしました。
人の記憶は時として豪快に曖昧なのだと、自らの体験をもって痛感しました。

「わたし今年の5月9日にTN愛用10周年迎えるのー♪」とかなんとか、
浮かれた話を聞いてくださった方々、ごめんなさいあれ嘘でした!!

2009年5月2日に1冊目のリフィル(003 無罫)を使い始めて以来、
なんだかんだの紆余曲折はあったものの、
いつの間にやらトラベラーズノートは、時代を越えた旅の連れ?友達?ただの必須文具?
うーんなんだろう。とりあえず生活におけるなんかいい感じのポジションになりました。

出張ついでも含む旅で使ったリフィルは、40冊くらい。
20冊目あたり表紙ナンバリングが面倒になって書いてなかったり、
数冊どっかになくしたりしたせいで、正確な冊数が分からないのです。

10年間、その時にあうペースでトラベラーズノートユーザーを続けていると、
トラベラーズノートとの向き合い方とか、選ぶ基準とか、
ほんの些細なことでも変化していることを実感します。

多くの人たちになにかしらを発信する職業を生業の一つとする身でありながら、
誰よりも、私自身が私の発信に新鮮さを感じられるのかもしれません。

トラベラーズノートユーザーになったことがきっかけで
さまざまな出合いや機会に恵まれたことにも、改めて感謝します。
使い始めた当初にはこの展開、全然考えもしていませんでした。トラベラーズノートすごい。

トラベラーズノートユーザー、10年続けて良かったです。
良かったなぁと、思います。

11年目からは、旅以外でもトラベラーズノートを使ってみようと画策中。
もうすこし、生活に根付かせた使い方をしてみたくなっています。
用途を絞ってときどき使うだけでは、もったいないノートなのではないかと。

筆記具や表現手法などに制限を設けず、
少なくとも使用歴11年目に入った令和元年のうちは、茶トラを使い倒してみます。
(飽きて使わなくなったらごめんね)

今後とも、うちの茶トラをよろしくお願いいたします。

Comments (0)

【ダイヤモンド・オンライン寄稿】デジタルとアナログを融合させてスケジュールを上手に管理する方法

Posted on 11 4月 2019 by

上手かどうかはさておいて、概ねタイトルの通りです。
ダイヤモンド社のビジネス情報サイト「ダイヤモンド・オンライン」に寄稿しました。読んでね!

【記事はこちら】
デジタルとアナログを融合させてスケジュールを上手に管理する方法

View this post on Instagram

April 10, 2019 My schedule management technique & THE BULLET JOURNAL METHOD / Ryder Carroll ⇒ https://diamond.jp/articles/-/198057 * ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト「ダイヤモンド・オンライン」に寄稿した。自らのバレットジャーナル実践法と、自分と正しく向き合うためのスケジュール管理術を紹介している。 * ところでNotebookerのみなさま。ダイヤモンド社さんといえば『モレスキン 人生を入れる61の使い方』(通称:モレ本2)でおなじみの出版社さんですよね!あの本、2011年9月に発売されたんですって。ひゃー懐かしい。 * モレ本2発売時は会社員兼ブロガー兼ノート好きだったそのへんの文房具女子が、まさか平成末期にダイヤモンド・オンラインでノートの話を寄稿できるだなんて……!誰よりも、自分自身がいちばんびっくりしています!!!素晴らしい機会をくださったダイヤモンド社さん、本当にありがとうございました! * 『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』 ライダー・キャロル 著/ 栗木さつき 訳 出版社: ダイヤモンド社 言語: 日本語 発売日: 2019/4/18 単行本(ソフトカバー): 408ページ https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4478102678/booksonlinea-22/ * #bulletjournal #bujo #bulletjournals #thebulletjournalmethod #thebulletjournalmethodbookclub #bulletjournaljapan #stationery #japanesestationery #japanstationery #notebook #notebookers #notebookaddict #notebookaddicts #hinge #hingea4 #zebra #mackee #mildliner #mildgold #diamondonline #手帳会議 #手帳会議2019 #手帳好朋友 #20190410

A post shared by Saori Matsumoto (@saori_bbj) on

記事内唯一の図版を引きで撮る

4月18日に発売される日本初の公式ガイド『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』刊行記念の寄稿記事なので、書籍に書かれた要素もちょいちょい盛り込んだ記事になっています。

そんなわけで、寄稿にあたり一足早く本書を読んだ。

読後のひとこと感想は「類書との比較自体がナンセンス」。ノートノウハウ教えてあげます系とか憧れのきらきらバレジャ集とか、そういう雰囲気の本ではない。文具系ノート系の本やムックをそれなりに網羅した方にとっても、新しい発見がある一冊なのではないかと、個人的には思っております。あとふつうに、いちNotebookerとして早く書籍の現物がほしい。

『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』
ライダー・キャロル 著/ 栗木さつき 訳
発売日: 2019/4/18
単行本(ソフトカバー): 408ページ

寄稿記事では、私自身のバレットジャーナル実践法と、自分と正しく向き合うためのスケジュール管理術を紹介しています。2019年春のマイリアルノートブックシステムが、どこかのだれかのお役に立てたら嬉しいです。


Instagramでは「書店でぜひ」とか言うとりますけど、いちおうAmazonのリンクも貼っておきますね。

『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』(ライダー・キャロル 著/ 栗木さつき 訳)

Comments (0)

Tags:

【ノートブックがない旅なんてVol.57】出張先のToday’s TRAVELER’S notebook/2019冬・ 福岡編

Posted on 20 3月 2019 by

ちょっくら旅して…ではなく、出張に行ってきた。
翔んで福岡。とあるITサービスの導入事例取材&執筆案件。
※ 文房具以外の記事も書いてるんですよ!いちおう10年以上前はシステムエンジニアでした。

https://www.instagram.com/p/BuH9Q91ATah/?utm_source=ig_web_copy_link

福岡市は、内閣府地方創生事務局が指定する国家戦略特区のうち「グローバル創業・雇用創出特区」として創業の支援と雇用の創出に取り組んでいる場所である。
そんな理由もあってか「コワーキングスペース」があちこちに点在していた。特に天神、あと博多。
「地理的に天神≠博多」という学びは、今回の出張で得られた収穫のひとつ。えっ常識!?

取材は無事終了。そのまま福岡観光したい気持ちは山々であったが、この時期はいろいろ抱えており、とても軽やかに動ける状態ではなかった。原稿の締切とか、さまざまなスケジュール調整とか、原稿の締切とか校正とか、あと原稿の(以下略)

いやいや、こんなところで負けてはならぬ。
仕事で遠くに行く機会をいかにしておもしろい旅にするか、ここらで企ててみようではないか。

そしたら福岡、いい街ですね!あの辺りって、コワーキングスペースめっちゃ充実してるじゃないですか!!だから、いいかんじのコワーキングスペースさえ探せれば旅気分満喫できる気がするし、仕事するにも環境変えてリフレッシュって大事だと思うんです!!!なのでわたし、コワーキングスペースに引きこもりますね。多少の周辺散策は許容範囲で、何卒。

海を目の前にして執筆がはかどる(と見せかけて、実際は寒すぎて終日室内で仕事をした)

今回お世話になったコワーキングスペースは、福岡市西区の海沿いに建つSALTさん。「目の前すぐ海!」って立地が既に100点超え。内装やスタッフさんも素敵だし、ココまで行くのに乗車したJR九州の車両もまた素敵。

立地の強み一点張りじゃなくて、総じていい感じにゆるくてちゃんとした空気感。新鮮な環境で仕事をしっかり進めたい身としては本当に最高な場所だった。


仕事の合間に砂浜散策リフレッシュ(とても寒かったので短時間で終了)

もちろん寄り道は必須。多少どころかまぁまぁ周辺散策した。

SALTの最寄駅はJR筑肥線の今宿駅(福岡市西区今宿駅前一丁目1-1)
ヒッポー製パン所(SALTから徒歩約1分)

ノートに記録する手段は、書くことだけではない。
「出張先のToday’s TRAVELER’S notebook」の撮影だって、立派な記録方法なのである。

旅目的100%でもなく、仕事目的100%でもない。
旅のついでに仕事するとか、仕事のついでに旅をするとか。
ひとつの時間にあれこれ雑多に織り込んだ結果、とても充実した出張になった。



Comments (0)

Tags:

【ノートブックがない旅なんてVol.56】うぐいすぱんと7曲のトラックリスト

Posted on 20 2月 2019 by

2019年初登校……じゃなくて、初投稿。
Notebookersライターのsaoriです。ココの開設初期からライターを始めて、今年で7年目に入りました。

2019年も手帳はジブン手帳Biz。ウィークリー月初のページにチラットINDEXを貼っている。

自分自身でさえもすっかり忘れていたから世の中規模で見たらなかった出来事になっているとは思うのだけど、Notebookersライターを始めてから4年半くらい、月イチペースでコラム的な何かしらを書いていた。

Notebookers.jp開設当時といったら、改めていま思い返しても(とてもいい意味で)人生で最もノートブックに翻弄されていた時代。モレスキンユーザーの集いにトラベラーズノートをまぁまぁ大量に携えて挑んだおかげで冗談抜きで世界がパキッと開けた頃だった。それからさらにノートブックが好きな人(「文具好き」と言っていないところは地味に重要)が集まるサイトができると聞いたらライターとして参加しないわけにはいかないわけですよ。せっかくだから定期的に書ける仕組みを自分でつくろうと考えた策が「月イチコラム」という展開で、当時はひとり旅でトラベラーズノートをフル活用するのにドハマリしていたからコラムタイトルは「ノートブックがない旅なんて」で即決だった。いまこの記事を読んでくださっている方でコラムタイトルを思い出していただいた方がもし万が一にも居たとしたら、わたしは全力で感謝の意を伝えたいと思っています。

月イチコラムを始めてから3年目くらいかな……、なんだかいろいろばたばたしていて良い記事を書ける気がぜんぜん起きなくなったのは。コトバを満足に扱えない状態ではステキで気の利いた写真など撮れるはずもなく、無味乾燥な心身から話題を編み出して記事を作るのはどうにもこうにも難しく、だんだん適当ペースの更新になって、それからコラムもぱたりとやめた。

最近のトラベラーズノートは、もっぱら被写体扱い。インスタ映えするページは簡単に作れない。

Notebookers.jpという場所がいいなと思うのは、自分から記事なりなんなりを発信できない状態でも、他のだれかがこの場所に、各々のペースでなんとなく薪をくべているところ。個人でブログやnoteを運営していると自分の発信が止まることは致命傷にもなるから無理矢理にでもへんてこな記事を世に晒さなければならないリスクがあるのだけれど、そういったことがココにはないからほんとうに気楽である。だからきっと「前回の記事から2年以上経ってることはさておき、今回のテーマは〜」ってノリでゆるふわにコラムを再開したって無問題。

……長い前振りになってしまった。ここからvol.56のコラム本題。
コラムを毎月書いてた数年前と今とを比べると、旅を目的に遠くに行く機会はすっかり減った。その代わり今は、仕事で遠くに行く機会をいかにしておもしろい旅にするかを想像して実行するといった一連のプロセスがおもしろい。

およそ600gのコンパクトサイズBluetoothスピーカー Beoplay A1は、「遠くに行く」に対する捉え方の変化を象徴するアイテムである。全10色展開のなかから選んだ色は、グリーン。そろそろユーザー歴10年を迎えるレギュラー茶革トラベラーズノートをはじめとする秋色アイテムと好相性だ。グリーンのBeoplay A1は、私の脳内会話では常に「うぐいすぱん」と呼ばれている。

先日はじめて出張先にうぐいすぱんを持って行ったのだけど、これがすこぶる良かった。知らない土地でも耳馴染みの良い音楽があれば、その場を少しは自分のテリトリーに寄せられる。知らない土地だし適当な検索でヒットした知らない音楽を聞いてもそれはそれで、遠くに行っている実感を聴覚で愉しめる。

上の写真ではうぐいすぱんがハンガーフックに吊るされているが、もちろん机上にうぐいすぱんを直置きしてもかまわない。なおうぐいすぱんは、USB-Cケーブル接続なので、macbook電源アダプタでも充電可。

劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>を観に行ってきた話。観るならぜひとも、新宿で。

四半世紀くらい前にテレビで見ていた光景が、まさか2019年の新宿を舞台に繰り広げられられるだなんて!小学校低学年を夕方5時台のアニメで過ごした世代としては、エンタテイメントとしてめっちゃ楽しめた。当面の間は、Get Wildが脳内BGM占有率ナンバー1になりそうである。

本日最後にお届けするのは、いまうぐいすぱんで聴きたいマイベストトラック7。
それではみなさま、ごきげんよう。おやすみなさい。

TRACK1: Get Wild
TRACK2: 孤独のRunaway
TRACK3: RALLY
TRACK4: リライト
TRACK5: travelling
TRACK6: GRAPEFRUITS
TRACK7: 月凪

Comments (0)

手帳布陣/2018AW

Posted on 12 9月 2018 by

A6用紙1枚に、2018AW手帳布陣をまとめた。

  • 2018AW シーズンテーマ
  • [かるく賢く、おもしろく]

  • 今シーズンに解決したい手帳課題と対策案
  • 1.外出時に持ち歩く手帳を軽くする
    ⇒用途面:すべてを1冊に詰め込まない。手帳・ノートの分冊
    ⇒物理面:手帳カバーに挟むアイテムの見直し

    2.日々のできごとやアイデアを読み返しやすく記録する
    ⇒「スケジュール用」と「ログ用」それぞれの手帳を用意する
    ⇒連用手帳を追加する(予定)

    3.手帳をもっとおもしろく使いたい(スケジューリング9割の手帳は窮屈)
    ⇒記録道具と手法を制限しない手帳を追加する
    ⇒ウィッシュリストを書き留める手帳を追加する
    ⇒ジブン手帳Bizの各種リストを活用する

  • 今シーズンの手帳布陣
  • 1.MP18AW:ムーンプランナー2018年秋冬版 B6サイズ ※昨シーズンはPDF版使用。冊子に変える
    [用途]
    ◎ 約2週間単位のプランニング(新月〜満月/満月〜新月)
    ◎ 約半年単位のウィッシュリスト(やりたいこと、手に入れたいこと、行きたい場所、手放したいこと、やめたいこと など)
    ○ 半年以上先のざっくり作戦会議と妄想
    ○ 心身メンテナンスのざっくりログ

    [筆記具]
    ○ ジュースアップ04(グリーン、オレンジ、ブルー)
    ○ フリクションボールスリム038(グリーン、オレンジ、ブルー)

    2.JTBiz18 → JTBiz19:ジブン手帳Biz ※2018年使用中。2019年も継続
    [用途]
    ◎ スケジュール管理
    ◎ 自分への予約
    ○ 睡眠の記録(時間と質)
    ○ 仕事と勉強の実績時間ログ
    ○ ToDoリストの一時退避スペース(実行できそうな週のページに書き込み→実行する時間帯に転記)
    ○ リスト各種(0円でできるひまつぶし、ワンコインリフレッシュなど)

    [筆記具]
    ◎ ハイテックCコレト(ブルーブラック0.3、チェリーピンク0.3、クリアブルー0.3、シャープユニット0.5)

    [その他文具]
    ◎ 地球の歩き方 with モレスキンノートカバー(チョコ)
    ◎ CARDRIDGE dünn(イエロー):予備名刺入れ。ノートカバーに挟む
    ◎ ふせん各種:手帳の裏表紙に数種類貼っておく
    ○ クリックイレーザー〈フォープロ〉:カバー裏のポケットでスタンバイ
    ○ コレト替芯各色:カバー裏のポケットでスタンバイ
    ○ 物流定規:意味はないけれどノートカバーに挟む
    ○ ほぼ日のクリアファイル 坂本奈緒 オリジナル用(しろもふもふ):切手を入れてノートカバーに挟む
    ○ もしものときのぽち袋:お札を入れてノートカバーに挟む

    プフレーゲライヒトさんのアルコールランプはんこ:睡眠時間ブロック用として
    ○ バーサファイン・クレア(トワイライト)

    地球の歩き方 with モレスキンノートカバー(チョコ)使用歴2年

    3−1.HBP17:ほぼ日Planner2017 ※リンク先の手帳は2017年版
    [用途]
    ◎ 本日の記録(トピック、ニュース、ラッキーなできごと など):1日ページに残す
    ◎ 服装ログ:月間カレンダーにイラストを描く
    ◎ コラージュの遊び場
    ※ ETA19(後述)の使い方検証も兼ねて、かつて挫折した手帳を復活させた。日付曜日のズレは無視。

    [筆記具]
    ◎ ジュースアップ04(ブラック、グリーン)
    ◎ ジュースアップ03(ブラック)
    ○ 色鉛筆

    [その他文具]
    ○ メモして貼るだけでちょいと洒落た風になるふせん各種
    ○ はさみ
    ○ のり
    ○ マステ
    ○ シール

    3−2.ETA19:EDiT B6 Daily
    [用途]
    ※ ほぼ日Planner2017の継続・改善
    ※ 服装ログのみ、10/1からEDiTマンスリーページに移行する予定

    ○ 今月のレコーディングメモ(読んだ本、行って良かった場所など)
    ○ ざっくり支出予定メモ

    [筆記具]
    ※ ほぼ日Planner2017の継続・改善

    [その他文具]
    ※ ほぼ日Planner2017の継続・改善

    4.HB5-A5:ほぼ日5年手帳 A5サイズ
    [用途]
    ◎ 本日の天気
    ◎ 本日の記録(トピック、ニュース、ラッキーなできごと など)
    ○ ?年後の自分に申し送るToDoリスト
    ○ コラージュの遊び場

    [筆記具]
    未定

    [その他文具]
    未定

    ほぼ日5年手帳の実物は「ほぼ日手帳2019 LINEUP PREVIEW」でチェック済

    Comments (0)

    トラベラーズノートのある風景 2018改訂版

    Posted on 17 3月 2018 by

    ※ 本記事は個人ブログ「ノートブックがない日々なんて」2016/09/23投稿記事を転載・加筆しています。

    旅するときはいつだって、トラベラーズノートを持って行く。

    オリジナルガイドブック代わりとして、道中の暇つぶし落書き帳として、
    旅先で見つけた紙モノアイテムのスクラップブックとして……。
    トラベラーズノートは、その名の通り旅先で大活躍してくれる。

    でも、旅先でトラベラーズノートが最も活躍する場面は、風景写真を撮るときかも。

    トラベラーズノートを風景に入れ込んで写真を撮る行為は、いわゆる“自撮り”の一種といえる。
    自分がその場にいたことを、トラベラーズノートを身代わりにして証明するのだ。

    いや、そこまでの強い想い入れは、実際のところ、ない。
    ただ知らぬ間に、旅の習慣になっているだけ。

    トラベラーズノートのある風景写真撮影歴は、もう7年くらいかしら。
    飽きっぽい性格なのに続いている、数少ないトラベルライフワークになっている。

    山にも、海にも、トラベラーズノート。



    ローカル線にも、トラベラーズノート。



    駅のホームで、トラベラーズノート。



    スタンド・バイ・ミー・トラベラーズノート。



    ご当地置き物 with トラベラーズノート。

    不格好なフォルムも傷だらけの革も、味。
    トラベラーズノートがない旅なんて、やっぱりどうしても考えられない。

    Comments (0)

    中井精也流「おもひでかめらの撮り方セミナー」

    Posted on 09 3月 2018 by

    ※ 本記事は個人ブログ「ノートブックがない日々なんて」2016/10/10投稿記事を転載・加筆しています。

    中井精也流・デジタルピンホール「おもひでかめらの撮り方セミナー」に行ってきた。
    ※イベント詳細はこちら

    鉄道写真家の中井精也さんが最近ハマッているという、
    デジタルカメラを使ったピンホール写真「おもひでかめら」の撮り方を学ぶ。

    いやぁ……中井さん、講義が漫談みたいに面白い。
    撮影ポイント講義も、参加者が撮影した写真に対するイジリ(という名の講評)も、
    とにもかくにもよく笑った。

    講評会で出てきた写真は、まさに十人十色だった。
    中井さんが撮る「おもひでかめら」とは違う雰囲気の写真が、次々と映し出される。

    デジカメで撮ったのに写真から懐かしさがにじみ出るし、
    ピンホール写真なのに癖のある色合いも出せる。
    1枚の写真をとるために参加者が施す “ひと工夫” に驚くばかり。

    特に、ホワイトバランスの使い方は大いに勉強になる。
    カメラ基礎知識をろくに勉強せず、構図やアートモード頼りで撮影していたことを大いに反省した。

    「おもひでかめら」ならではの懐かしさを醸し出す撮影地と被写体を選ぶことも、大事。
    平成の大都会東京にも、昭和の風景はまだ残っている。
    よく見つけ出すよなぁ。撮影地と被写体選びにもセンスが必要だ。

    さて、私の写真はというと。
    「あの世感キタ」 「手前の人たちに冷たい視線www」 と講評された。
    観た人の心に、世にも奇妙なミュージックを流してしまったよ……申し訳ない。



    中井さんの「おもひでかめら」のように、
    ふんわり・あたたかい・浪漫漂う写真を撮りたかった。。。

    というか、そういう写真が撮れるものだと思っていたのに、
    冷め切っていて空虚感漂う写真が撮れてしまうなんて、これはこれで驚いた。

    カメラって、本当に奥が深い。
    初のデジタルピンホールカメラ撮影記録として、当日に撮った写真を載せておく。



    本日発見した写真公式
    [くもり空 × 都会 × デジタルピンホールカメラ = 冷めたあの世感]

    次のデジタルピンホールカメラスナップは、“おもひでかめら” になりますように。
    この世の写真が、撮れますように。

    Comments (0)

    旅先のToday’s TRAVELER’S Notebook/2017春の陣

    Posted on 02 3月 2018 by

    ※ 本記事は個人ブログ「ノートブックがない日々なんて」2017/03/31投稿記事を転載・加筆しています。

    旅先で自撮りはしない派。
    自撮りではなく、マイトラ撮りをする。

    マイトラ = マイ・トラベラーズノート。
    2009年から愛用しているトラベラーズノートは、旅先ではいわば自分の分身。

    今年もちょっくら、(仕事も兼ねて)旅をしていた。
    高速バスで奈良6:30着。はやっ。

    まだ本気観光モードになる時間でもないので、鹿と戯れていた@飛火野
    といっても、飛火野で活動してた鹿は1,2頭だけ。街にはわんさかいたのに。。。



    さて、マイトラ撮り。
    この風景の枠内に、トラベラーズノートを置いてみるだけの簡単な撮影。

    地面の色がパックリ分かれていて、ごちゃついてしまった。
    場所を移動しよう。

    地面問題は解決できた。
    けれども、トラベラーズノートと鹿の距離がなぁ……もっと近づきたい!

    鹿に近づいて、トラベラーズノートを置く。
    構図どうしよう。鹿、いい場所に来ないかな。

    きたきた、鹿。
    一歩…………、二歩……、三歩…、四歩、五歩六歩以下略

    みるみるうちに、近づく鹿。
    こちらが求めていないレベルのスピードで迫り来る……。
    (もう来なくて、いいんだよ。いいんだってば)

    これ、2秒後危険な予感しかない。
    トラベラーズノート、ピーーーンチ!!!

    おそらく、貴方の予想通りである。

    鹿、トラベラーズノートを噛んだ。
    噛んだトラベラーズノート、ぶんぶん振り回してた。

    ……ごめん、鹿。
    それ、食べられないんだよ。

    トラベラーズノートを取り戻すのに必死で、その瞬間の写真は1枚もない。
    動物を入れたToday’s TRAVELER’S notebook写真撮影修行は、まだまだ続く。

    Comments (0)

    2017年の手帳考察:アクションプランナー原点回帰

    Posted on 23 2月 2018 by

    ※ 本記事は個人ブログ「ノートブックがない日々なんて」2016/12/30投稿記事を転載・加筆しています。

    2016年も残りわずかではないか!はは、はやい……。
    気を取り直して、本日は2017年メインの手帳について記事を書く。

    2017年メインの手帳は、コレに決めた。
    アクションプランナー(イー・ウーマン)

    アクションプランナーが気に入っている理由は、
    「時間配分が見えやすい週間バーチカル」 かつ 「1週間すべて同じ大きさの時間枠」

    アクションプランナー以前に使っていた手帳はバーチカルだったものの、
    日曜日の枠だけ小さくなっていた。
    日曜日のスペースが小さい=休みの日曜日って価値が小さいんじゃないの心理が働き、
    仕事が忙しくなるほど、手帳を開く時間がすこし悲しくなる問題が発生。

    アクションプランナーは3年前から使い始めている。
    職種が変わった影響で途中何度か手帳チェンジを試みたが、
    結局のところ、アクションプランナーに戻るものだ。

    しかし、アクションプランナーに戻っても時間管理がうまく行っている気がしない……。
    様々な手帳術を自分流に取り込みたがる、ノート好きの悪い癖が出てしまうのだ。
    結果として変にオリジナリティーを出しすぎて、手帳内は混沌としていた。

    【手帳内混沌現象の一例】
    ・4色ボールペンで書き分けた結果、ページ全体がごちゃついて見づらい
    ・予定変更があったとき、変更前の記述を修正テープで消すのが面倒
    ・修正テープで消した上に極細ボールペンで書くと、テープが削れてスムーズに書けない
    ・付箋やメモなどの紙モノを貼りすぎて手帳が膨らむ&重くなる

    1冊の手帳でなんでもまかなおうとした結果、なんにもうまく使えない事態になっていた。
    アクションプランナーのフォーマットはすっかり目に馴染んできたので
    2017年も継続して使いたいのだけど……

    とまぁ、たかだかメイン手帳を決める(というか、結局継続になる)だけなのに
    甚だ面倒な考察を重ね、ある結論に至った。

    「2017年、アクションプランナー原点回帰」

    あれこれ凝った使い方が結局機能しなくなったのだから、
    ここは一旦、「自分なりの工夫(どや顔キラリ)」なるものをすべて捨てて
    アクションプランナーが推奨する使い方に忠実になってみよう、と決めたのである。

    そうと決まれば、原点を知る必要がある。
    アクションプランナーを使った時間管理術を学ぶべく、
    佐々木かをりさんの「自分を予約する “実践” 時間管理術 in表参道」に行ってきた。

    一応、アクションプランナーの使い方の基本はこれまでも守っていたつもり。
    でも佐々木さんのお話を聴くと、時間管理の考え方を修正したうえで
    手帳の使い方も変えるべき(っていうより、すぐに変えるわ!)と感じた。


    お話を聴いて再確認した時間管理の考え方&具体的な使い方は、次の3つ。
    1.手帳は人生の脚本である。自分の人生の主役は自分。
     →なので、アクションプランナーには「自分の行動」を書く。
     他の人の行動は、自分の行動に本当に関係ある場合にだけ書く。
     自分のライフログや思いつきメモは、アクションプランナー外に書く。

    2.自分の時間は自分で予約する
     →なので、希望的予定(○月頃に××に行きたい、など)もシャープペンで先に仮記入しておく。
     日程が具体的に決まっていなくても、大まかにやりたい時期を書くことで
     その実現に向けて考える機会が増える。実現に向けて細かい予定も考えられる。

    3.時間を大切に。時間は守る。
     →なので、アクションプランナーに書く文字は丁寧に。
     きれいな文字で手帳に書けば、視覚で感じる時間の流れが少しは穏やかになる。
     せめてアクションプランナーの中だけでも、時間のせわしなさから解放されたい。

    上記3点を受けて、私はアクションプランナーの使い方を一気にシンプルに戻した。
    11月28日から始まる2017年版から実践しているが、今のところ無理なく使えている。
    そりゃそうだ。ルールや手帳周りのアイテムが減った分、使い方がシンプルになったのだから。

    【時間管理術セミナーを受けて変更した、2017アクションプランナーの使い方】
    1.HI-TEC C Coleto Lumio(カスタム多色ボールペン)のリフィルを替える
    ブルーブラック0.3、グリーン0.3、チェリーピンク0.3、オレンジ0.3
     → ブルーブラック0.3、オレンジ0.3、シャープユニット0.5、消しゴムユニット
    日程が決まっていない予定や先々にやっておきたい仮の予定は、シャープペンで記入する。
    消しゴムユニットも入れているので、すぐ消して常に手帳をすっきり使える。
    確定した予定はブルーブラックで、業務時間実績はオレンジ記入。

    2.振り返り、日記的メモは“書かない”
    アクションプランナーには予定と実績のみ書く。振り返りや日記的メモは別の手帳に書く。
    これだけで手帳の文字量がググッと減り、結果としてシンプルで読みやすい手帳ページになった。

    3.文字を丁寧に書く
    急いで書いたところで、結果として差がつくのは数秒に過ぎない。
    数秒急いで雑な文字を手帳に残すくらいなら、
    丁寧な文字を書く数秒間を積み重ねて、いつ見ても読みやすい手帳に整えておきたいものだ。
    まだ急いだ文字を書いてしまうことがあるので、まだまだ丁寧さを意識して書かないとなぁ。



    2017年のメイン手帳は、原点回帰ベースで使うアクションプランナーになった。
    もしまだ手帳の使い方に悩んでいる方がいたら、
    いったん自己流を捨てて、その手帳が推奨する使い方を試してみてはどうだろう。

    余計なお飾りがなくなり、手帳と一緒に使う文具の使い方の不満も消えて、
    手帳も心もすっきりシンプルに、時間管理ができるようになる……はず。

    ※2018/02/23現在、ジブン手帳Bizに変えました。
     でも手帳との付き合い方は、アクションプランナーを使って学んだことが基礎となって活きています。

    Comments (0)

    夢を実らせる万年筆『récolte レコルト』先行お披露目イベントを写真で振り返る

    Posted on 19 2月 2018 by

    ※ 本記事は個人ブログ「ノートブックがない日々なんて」2016/11/22投稿記事を転載・加筆しています。

    文房具関連の著書を数多く執筆しているフリーアナウンサー・堤信子さんが、
    万年筆『récolte レコルト』をプロデュース。
    運良く、先行お披露目イベントに行くことができた。(2016年11月)

    『récolte レコルト』とは、フランス語で「実り」という意味。
    夢を綴り、夢を実らせるという意味を込めて、この名前がつけられたそう。

    細部にまで堤さんのこだわりが詰まった『récolte レコルト』は、
    いつまでも眺めていたくなる美しさだった。

    全3種類の字幅(細字、中字、特太)の試筆もできると言われていて、もちろん試筆もしたけれど、
    きれいに写真に収めたい衝動のほうが強くて、試筆より撮影に熱心になっていた。。。

    以下、写真で振り返る『récolte レコルト』先行お披露目イベント。

    木箱の中に入ったレコルトを開封する。
    レコルトと一緒に、インク瓶と「~ザ・プレミアム・モルト~ マスターズドリーム」2本。
    えっ、ビールも!?

    堤さん、曰く。
    「他にないまろやかな味わいのマスターズドリームと、手紙に想いをのせるときに使う万年筆は、
    『贈りもの』というキーワードで結びつくのではと感じた」とのこと。

    このアイデアが元になって、
    三越伊勢丹「百年百貨」 × サントリー「~ザ・プレミアム・モルト~ マスターズドリーム」の
    コラボ万年筆が実現した、という経緯。

    コラボレートした三越伊勢丹もサントリーも、
    「ビールと万年筆」を組み合わせた販売は初の試みだったとか。
    (この2社以外でも、ビールと万年筆を組み合わせた販売はしていないのでは……)

    「ビールと万年筆」という斬新な組み合わせをひとつにまとめ上げる木箱は、オーダーメイド品。
    木箱には、レコルトの絵とロゴのみが直接印字されている。

    一番下が万年筆と筆記線の組み合わせになっているのは、
    筆記線上に名前を書いて、自分だけの大切な箱として使えるようにするため。
    マスターズドリームを飲み終えたら、空いたスペースに文具や大切な小物を入れる宝箱として
    いつまでもいつまでも、手元に置いておける。

    堤さんの書籍『旅鞄いっぱいの〜』シリーズに、
    コラージュ素材に使えるくらいお洒落なページが潜んでいることをふと思い出した。
    素敵なデザインのパッケージを見つけるのも好きだという堤さんならではの、洗練された木箱である。

    さて、ようやく万年筆を手に取ってみる(木箱にテンションがあがりすぎた……想定外)
    レコルトは、プラチナ万年筆の「#3776 センチュリー」をベースにしてつくられている。

    軸色は、マスターズドリームをイメージした琥珀色のグラデーション。
    きめ細やかなラメが、会場のほのかな明かりに照らされて上品にきらめく。

    まるで宝飾品のような、華のある万年筆。
    遠目から見てもきらめきを放っていたのには、本当に驚いた。

    クリップ部分の回り止め(机上で万年筆が転がるのを防ぐ飾り)は、
    トップを目指す、新しい挑戦、1世紀続くモノづくりの想いを込めた「1」に、
    実りや豊穣を象徴する「麦の穂とホップ」が絡む特注デザイン。

    夢を綴り、夢を実らせる。
    レコルトという言葉を集約させた回り止めになっている。

    インクは「実り」をイメージした琥珀色。
    開封前のボトルは蓋の上部までラベルが伸びているが、こちらは試筆用に開封したもの。
    ラベルは、堤さんがヨーロッパのインクをイメージしてつくったのだとか。

    ラベルに描かれているペン先は、14金でできたレコルトのペン先と同じ。
    麦とホップがここにも、ひっそり。

    細字(F)と、特太(C)の試筆比較。
    筆記時の力の入り具合がインクの濃淡にはっきり現れる特太は、参加者人気が高いようだった。
    細字と中字(M)は、特太に比べるとインクの濃淡が一定に保たれている。


    レコルトに入っているカード。
    パリのカフェをイメージしたというフォントそれ自体が、万年筆を引き立てる額のように並ぶ。

    レコルトは、2016/11/23(水祝)から伊勢丹新宿店と三越伊勢丹オンラインストアにて先行販売。
    現在は完売しています。

    【参考】
    三越伊勢丹ホールディングス プレスリリース
    三越伊勢丹「百年百貨」×サントリー「~ザ・プレミアム・モルツ~ マスターズドリーム」
    初のコラボ万年筆『récolte レコルト』伊勢丹新宿店、三越伊勢丹オンラインストアにて先行販売
    http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000328.000008372.html

    Comments (0)

    モレスキンの表紙コラージュ

    Posted on 10 2月 2018 by

    ※ 本記事は個人ブログ「ノートブックがない日々なんて」2016/10/08投稿記事を転載・加筆しています。

    表紙コラージュは、ノートを自分のモノにする儀式。
    限られた表紙のスペースでいかに遊ぶか。
    えいっと創造力をエンジンを吹かせて、その時の気分に合うノートブックをつくるのが楽しい。

    コラージュしてもノートの使い勝手は良くならない。
    でも、コラージュしたいからする。
    それでいいじゃない。便利とか成果出すとかパフォーマンス向上とか、うるさいうるさい。

    表紙コラージュを楽しむノートブックとして、黒ハードカバーのモレスキンは最適だと思う。
    コラージュ素材が黒の背景に映える。
    ポケットサイズ(9×14cm)を選べば、素材が少なくてもそれなりにまとまるので尚良し。

    モレスキンコラージュのコツをまとめてみた。
    どこかのだれかの参考になれば、これ幸い。

    【大きな素材を堂々と】
    お気に入りのステッカーや雑誌の切り抜きがひとつあれば、それを主役に潔く貼ってしまおう。
    レイアウトで悩まなくて済むので、あっという間にマイノートブックができあがる。

    映画『世界一美しい本を作る男〜シュタイデルとの旅〜』で知った、
    シュナイデルさんの仕事ぶりに触発された頃につくったモレスキン表紙。
    基本徹底・有言実行の仕事姿勢が最高に格好良かった。

    STEIDL社の一角には、ドイツの現代美術家ヨーゼフ・ボイス(1921〜1986)の
    マニュフェストが掲げられている。
    「キャンパスとその木枠を勝った時点で 間違いは始まっている。」

    【同系色で揃える】
    様々な素材をまとまり良く見せるには、色で揃えるが手っ取り早い。
    コラージュの主役を決めたあと、周囲を同系色で飾る。この流れだとスムーズに作業が進む。

    右下に、誕生石マステを貼っている。
    通算9冊目のモレスキンに、9月誕生石のサファイアを貼ってみた。
    自分だけが分かる小さな偶然を仕込めるのも、コラージュの面白いところではないかしら。

    【パズルのように四角形を配置する】
    一部分の辺を揃えると、異なる大きさの四角形がひとつの絵のようにまとまる。
    パーツの間隔もできる限り揃えると、よりすっきり。

    大小様々なコラージュ素材の組み合わせを考える過程は、答えのないパズルを解くようでもある。
    カチッとパーツの配置が決まったときの爽快感はたまらない!

    【テーマを決めて貼ってみる】
    この表紙のテーマは「旅」
    ……と表向きに言ってみたが、実際は「トラベラーズノート」をテーマに作った。

    モレスキンの表紙にトラベラーズノートのシールを貼る。
    異なるノートブランドをコラボできるのは、コラージュの自由さがあってこそ。
    モレスキンもステッカーを出してくれたらいいのにな、限定シリーズで構わないから。

    【いったん、やり過ぎてみる】
    貼りたいコラージュ素材を、表紙に乗せられるだけ乗せてみる。
    行こうぜ、限界の向こう側へ。

    持ち運びに不便だから、さすがにこんなコラージュはしないけど。

    Comments (0)

    麗しのジェットストリームプライム ノーブルブラウン

    Posted on 09 2月 2018 by

    ※ 本記事は個人ブログ「ノートブックがない日々なんて」2016/10/19投稿記事を転載・加筆しています。

    ついに、遂に……!
    待ちに待ったジェットストリームがやって来た!!

    ジェットストリームが世に出てから、はや10年。
    私がジェットストリームを愛用して、だいたい7年。
    ようやく、私好みのブラウン軸がやって来た!!

    シュッとした佇まい……麗しい。

    2016年10月14日に発売された「ジェットストリームプライム 3色ボールペン」限定カラー。
    ボール径0.5mmのノーブルブラウンと、ボール系0.7mmのノーブルネイビーの2種類が発売された。
    私は迷うことなく、ノーブルブラウンを選ぶ。


    ボールペンの軸色を気にし始めたきっかけは、2年前に受けたパーソナルカラー診断だった。

    診断の冒頭で、ゴールドのペンとシルバーのペンを選んで持つ場面があった。
    一緒に受けた人に気を遣い、私はシルバーのペンを手にした。
    すると悲しくなるくらい、手の血の気がひいていった。

    気を遣う必要なんて、全くなかったなぁ。なにやってんだろ。
    妥協したシルバーペン1本を原因に、とにかく気分が優れなくなった瞬間を、いまでも覚えている。

    いや、もちろん本当に血の気がひいたわけではない。
    肌の色とペンの色との相性で、そう見えただけ。
    あとでゴールドのペンを持ったら手が生き返ったのを見て、
    「もう二度と、シルバー軸のペンを私物で選ばない」と心に決めた。

    パーソナルカラー診断の結果は「オータム」。
    ゴールドベース、深みのある色、濃い色、秋の紅葉を思わせる色あたりが、私には似合うらしい。
    診断結果を聞いた日以来、私物で選ぶものの秋色化が一気に加速した。

    2016年3月撮影。手袋、どこいっちゃったんだろう……泣

    服や小物は秋色を見つけやすいのに、ボールペンで理想の秋色を見つけるのは、想像以上に難しい。
    軸が秋色でも、ペン先やクリップ部分などが憎きシルバーというパターンに、幾度も遭遇した。

    軸はいい秋色なんだけどなぁ……。
    私が妥協すればいいのだけど、どうもあと一歩が惜しいので購入まで至らず。

    ジェットストリームプライム限定カラーが発売されると知ったときは、本当に嬉しかった。
    ブラウンの軸に、プライムシリーズ初というブロンズカラーのメッキを合わせてくれるなんて!
    秋色ボールペン探しの路頭に迷っていた身としては、この上ない組み合わせだ。

    発売日当日に文具店に駆け込んで、無事手に入れた。



    書き心地は、ジェットストリーム(当然)。
    キャッチフレーズそのままの、「クセになる、なめらかな書き味。」である。
    使い慣れたボールペンの書き心地を、ようやく好みの軸で楽しめるようになった。

    プライムシリーズの独自開発ノックもまた、クセになる。
    プレスリリースの言葉を借りると「ノック棒が落ち込まず、流れるようなノック」なのだ。

    店頭に試し書き用ペンが出ていたら、試し書く前にぜひ試しノックしてみてほしい。
    プライム以外のジェットストリームを使っていても、思わず買い替えたくなるノック感だと思う。

    あえて頑張ってコトバで説明するならば……。
    一般的なボールペンのノックが「膝カックン」ならぬ「ノックカックン」と表現するとして、
    プライムシリーズのノックは「ノック、スス〜ン」といったイメージ。
    (みんなに伝わっておくれ、この右脳的語彙力)


    ジェットストリームプライムには、クリップ部分に謎の宝石的アクセントがある。
    発売中のプライムだと、宝石的アクセントが青かったりピンクだったりで主張が過ぎたのだけど、
    限定カラーの宝石的アクセントは、黒くて主張が少ない。
    ノックの黒と馴染むので、宝石的アクセントの存在が気にならないのが良い。

    秋色軸にこだわって2年あまり、ようやく理想の多色ボールペンを見つけることができた。
    限定発売のボールペンだから、大事に使っていかなくては。

    2018年2月9日現在、大事に使い続けている。

    【参考】
    三菱鉛筆株式会社 プレスリリース
    『ジェットストリーム プライム』から、限定カラー新発売!~風格を感じさせるブロンズカラーのメッキを採用した3色ボールペン~

    Comments (0)

    これがNotebookersの生きる道 〜Notebookを味方にするための守破離×5〜

    Posted on 03 2月 2018 by

    ソウル・Notebookers道!

    こんばんは、サオリです。
    今宵も Good Notebooks にココロ踊らせる時間がやって来ました。
    ゲストはマイg……おぉっと、いなーい。

    お届けするのはこの曲。
    セ・ラ・ヴィ 〜女はNotebooksに忙しい〜

    そんなわけで(どんなわけだよ)、みなさまNotebookers.jpへようこそ!
    何かしらの流れでココまでやって来たはじめましてさんから、
    むしろココで何年も記事書いてるぜっていうベテランさんまで。
    この記事に辿り着いたみんなにとって、何らかの役に立つ記事を書ければいいなって思っているよ。
    ぜひこのサイトを、楽しんでいってね!

    さて、今宵の話題。
    「これがNotebookersの生きる道 〜Notebookを味方にするための守破離×5〜」ですって。

    2017/12/29 Notebookers Global Communication(以下、NGC)が発生してからというもの、
    ノートブックで何かとミラクル起こしがちな、このワタシ。

    そんなワタシから、みなさまへ。
    ノートブックを自分の味方にして人生楽しもうぜって思い立ったときに
    ちょっと実践してみるといいかもしれないねレベルの、ささやかなアイデアをお届けするよ!

    少しでも分かりやすくしたくって、
    「守×5」「破×5」「離×5」の、計15個のアイデアにまとめました。
    よかったら、ぜひなにかひとつ、今日からTRYしてみてね!

    【守−1】Googleで “Notebookers” の画像検索をしてみよう
    検索が面倒だっていう人は、こちらをクリックしてみてね。

    【守−2】ちょっと頑張れば行ける距離の、おおきな文房具屋さんまで散歩しよう
    いま話題の文房具から、昔から使っていた超定番文房具まで、大抵の文房具は揃っているわ!
    目で見るのはもちろん、試し書きしたりページめくったり、五感フル動員で文房具を体感してみて。

    【守−3】逆に、あなたのおうちから一番近くにある文房具屋さんに行くのもまた、ステキよね
    何十年もお店の奥底に眠っていた、思いがけない文房具に出合えるかも?
    文房具でタイムトラベリングまでできちゃうなんて、アメイジング!

    (守−2、守−3を実践したなら、きっと手元にステキなノートブックがあるはずよね)
    (そう信じて、以降続けるよ)

    【守−4】そのへんのペンを片手に持って、目の前にあるノートブックを開こう
    ノートブックを、開こう。
    気分が乗らなければ、開いてすぐ閉じちゃっても無問題。
    ペンを片手に持っていれば、文字でも絵でも図でも表でも、すぐにノートブックに叩き付けられるわ。

    【守−5】「1日1回ノートブックを開く」を、根気よく毎日続けてみて
    気分が乗らなければ、開いてすぐ閉じちゃっても無問題。
    手段はどうあれ、【守】フェーズのうちにノートブックに慣れることが、肝要。


    【破−1】身の回りの荷物を、いったん整えよう
    そろそろ、ノートブックや筆記具、マステやらふせんやらで、しっちゃかめっちゃかになってない?
    とりあえず机の端に、バラバラになった文房具をきれいにまとめよう。気持ちがすこし、落ち着く。

    【破−2】ついでにカバンやポーチの中身も、いったん整えよう
    カバンもポーチも整ったら、足取りはより軽く、距離はより遠く。
    一気にモノゴト、動くはず。

    【破−3】そろそろ、いつものノートブックに“違和感スパイス”をかけてみない?
    いつもより雑な字で書いてみるとか、手でちぎってたマステをカルカット使って切って貼るとか。
    でも客観性は忘れないで。あまりに羽目を外し過ぎると、それはそれでただおかしいだけ。
    周りからもおかしく見えるし、もう一人の自分からでだって、おかしく見えてしょうがない。
    「いま自分は、違和感スパイスをかけている」冷徹なもう一人の自分から、そう問いかけてもらおう。

    【破−4】好きな歌手の好きな曲の好きなワンフレーズを、しばらく自らの行動指針にしてみない?
    ワタシの行動指針フレーズは、「理論武装に笑顔は不可欠」

    【破−5】あなたが住む国の一般的生活リズムからちょっと外れた時間帯、Instagramに写真ひとつアップ
    あなたが住む国でない誰かが、きっと「いいね!」を押してくれる。
    Instagram友達が、また一人増えたみたいね。

    【離−1】InstagramレベルのEnglishの読み書きなら、ローライングリッシュ本がおすすめだよ!
    ローライングリッシュ本=SPEAK ENGLISH WITH ME!
    世界のInstagram友達とのコミュニケーションが、もっと楽しくなるはず。
    そう思わせるきっかけをくれたNGCのお相手aina(aina.kristina)には、感謝してもしきれない!!

    【離−2】ノートブックタイムだけでも、額全開ヘアアレンジ
    ノートブックと集中して向き合うための、一種のルーティンワーク。
    どうせ家でしかつけないヘアバンドを、先月3本購入した。
    3本ともベーシックカラーなんだけど、いずれも適度にアホ要素があるのが極私的高ポイント。

    【離−3】「フシがある選手権」開催
    ルールや空気感は、漫画または映画『セトウツミ』参照。超がさつ客観視のキレ味増強に役立ちます。
    ドラマ版セトウツミは、瀬戸と内海だけでなく脇役陣までキレッキレ。
    田中君とハツ美ちゃんが程よくイラつ……、ってゴリラ先生www

    【離−4】お気に入りのハンドクリームを、いつもポーチに入れておく
    松浦弥太郎さんの本で読んだ手法、いただきました。
    執筆仕事の前に、ハンドクリーム。ついでに手のひらマッサージもすると、血行よくなる気がします。

    【離−5】「行こうぜ Noteookの向こうへ」スピリットで、ノートブックとたのしくあそぶ


    閑話休題、の、逆バージョン(本線から堂々と脇道に逸れる)
    2018年に入ってからというもの、資生堂さんの文房具モードが本気な件。
    ものすっごく、わくわくする。
    あれもこれも、発売が待ち遠しい。年甲斐もなく。

    【PR 2018/01/16】
    資生堂、女子高校生と共創するオープンイノベーション型プロジェクト「POSME」を開始~社内組織「イノベーションデザインLab.」による新たな価値創造~

    【PR 2018/01/25】
    資生堂PLAYLISTがカラー&メイクを自由に楽しむマルチカラーアイテムを発売。

    いまワタシが注目する文房具ブランド総合ランキング第1位は、資生堂さんです。って、あれれ……?

    それでも前に行くしかないんだし、角度変えればまたイイ感じ。
    になる、はず。

    それでは、さようなら〜

    Comments (2)

    旅先のToday’s TRAVELER’S notebook/2018冬・ 魔境小田原真鶴編

    Posted on 27 1月 2018 by

    ちょっくら、旅してきました。
    あの、あの大雪の日でした。
    あえて、旅、決行しました。

    旅の計画動機は「小田原らへんの郵便局で風景印収集したいな〜♪」程度だったのに、
    いざ当日になるやいなやの、寒風大雪サバイバルモード。
    えっ。風景印って、こんなに過酷な思いして収集するモノだっけ……?

    小田原も真鶴も、気候のせいでひどく魔境感が漂っていた。
    ただ、「魔境感」の制限のなかで、精一杯、馬鹿馬鹿しく旅できたと思う。

    撮影にいちいち迷ってると凍えるので、脳内は常に高速回転。
    結果、街をスクラップしながら、小田原と真鶴を疾走できた。
    (あくまで気持ちの面で疾走。ほんとに走ったら、すってんころりんハイリスク)

    ノートに記録する手段は、書くことだけではない。
    「旅先のToday’s TRAVELER’S notebook」として写真におさめる方法だって
    私にとっては、旅の記録になるのです。

    みなさまにも、少しばかり魔境小田原真鶴の空気をおすそわけ。

    郷土の偉人、二宮尊徳(金次郎) 代表的教訓「譲って損なく奪って益なし」

    ニノはどこを見てるのか

    真鶴駅近くの屋根付き歩道橋。雪がトラベラーズノートに着地した。

    16:46 真鶴駅(JR東海道本線)



    ……えぇと、言っていいですか。
    雪降り積もる日にトラベラーズノートのある風景写真なんて、北の血筋なしの私にはムリ!
    寒すぎて寒すぎて、トラベラーズノートの配置がぜんぜん決まらなかった。早々に、断念。

    トラベラーズノートのある風景写真が撮れない場合の緊急対応として、
    持ち物、ならびに身につけている物と一緒に、風景写真を撮ってみた。
    寒さに追い込まれながらも、極めて雑にシャッターを切った……と、記憶している。

    小田原の足元には北条氏。この日はトレッキングシューズ装備で、大正解。

    14:20 真鶴駅。強風びゅーびゅー吹いてきて、リボンが大変よくなびいた。

    ぜんぜん景色が開けない。

    真鶴の人々のホスピタリティが身に染みた。郵便局員さんもタクシーの運転手さんもあたたかい。バス停代わりに、長いこと郵便局で休息をとっていた。

    なんだかんだで無事に帰れた。終わり良ければすべて良し。



    小田原と、真鶴。
    次はぜひとも、よく晴れた日に行きたい。

    Comments (4)

    2018/01/01 11:11確定 #NHK紅白 #NHK紅白2017 ※追加受賞あり

    Posted on 01 1月 2018 by

    あけましておめでとうございます。Notebookers.jpライターの彩織です。
    本年もよろしくお願いいたします。

    第68回NHK紅白歌合戦、途中からの視聴でしたが、すごかったですね。
    今まで観てきた中で、いちばん神懸かっていた紅白だと思いました。

    さて、ここで第68回NHK紅白歌合戦の各賞が決定しました。
    審査基準は明確です。私がそう思ったか、そう思ったか。

    それでは、以下暇つぶしがてらお楽しみくださいませ。どうぞ。

    【第68回NHK紅白歌合戦 受賞あれこれ一覧】
    平成の殿堂→安室奈美恵
    昭和彷彿殿堂→桑田佳祐

    総合優勝→三浦大知

    紅組優勝→Perfume
    白組優勝→X JAPAN

    往路優勝→AI x 渡辺直美
    復路優勝→エレファントカシマシ

    圧倒的鮮烈爆裂不協和音→欅坂46
    ベストコラボレーション賞→欅坂46 × 内村光良
    もうひとつベストコラボレーション賞→椎名林檎とトータス松本

    紅白HALFTIME SHOW→渡辺直美 ブルゾンちえみwithB オースティン・マホーン ※感想野暮次元

    朝ドラチームワーク特賞→ひよっこ関係者のみなさま
    不意打ちの語りwww→増田明美

    マスコットオブザイヤー2017 グランプリ→イチコ
    マスコットオブザイヤー2017 第2位→くまモン
    マスコットオブザイヤー2017 第3位→イカ大王

    上手に唄えて良かったで賞→竹原ピストル ※2018/01/01 11:11追加受賞
    最優秀箸休めやで→関ジャニ∞と出演芸人のみなさま

    紅組清涼部門賞→松たか子
    白組清涼部門賞→星野源

    プロフェッショナル復活の定義→Superfly

    みんなでズンドコグランプリ→氷川きよし
    ナイスカメラ目線グランプリ「き・よ・し!」部門賞→鈴木亮平
    肩寄せ合い声合わせて希望に燃えるアナウンサーお疲れさまでした→有働由美子アナウンサー

    紅組トリ→石川さゆり ※感想野暮次元
    白組トリ(2017大トリ)→ゆず ※感想野暮次元

    審査員名言特別賞ただしうろ覚え→感動上書きで追いつかない by村田諒太
    司会のうしろで常時癒しスマイル心より御礼申し上げます→髙橋一生

    若手実力派紅組司会女優→有村架純
    臨時対応のキレ味抜群白組司会嵐→二宮和也
    主演NHK総合力→内村光良(三津谷GEPD、木暮井総理大臣含む)
    助演NHK総合力→桑子真帆アナウンサー

    日本テレビ史の象徴→黒柳徹子 ※2018/01/01 11:11追加受賞

    【ゆく年くる年特別枠】
    ベストダッフルコーティスト賞→高瀬耕造アナウンサー
    2018年第一声の爽やかボイス→和久田麻由子アナウンサー
    ブラタモリで培われた現場力を称賛→近江友里恵アナウンサー

    【エンディングテーマ】
    涙/ケツメイシ ※絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時ver.

    Comments (0)

    Notebookers Global Communication in TFA 2017/12/29-31

    Posted on 31 12月 2017 by

    2017年12月29日、TFA(トラベラーズファクトリー@中目黒)にて、フィリピンのほぼ日&トラベラーズノートアーティストさんとちょー意気投合してInstagram即相互フォローって要約を取り急ぎ。

    羽田空港にて

    みんな意味わかんないよね、わたしもだよ!!!文房具好き、ノート好きやっててこんなに嬉しいことはないんだってば!!!あと文房具ライティングやってて超絶良かったよそのへんの関係者さんありがとうほんとありがとう!!!

    そうそう、わたくし、ココで報告してませんでしたね。突然“文房具ライティング”ってなんだよと。
    えぇと、わたくし、マジでライターになりました!!!
    Notebookersライターでコツコツ書いてるうちに、なんやかんやで本職ライターになりました!!!

    文具女子博の取材にも行きました。元文房具女子の名に賭けて!

    きたきたーNotebookersドリーム!!!
    いや、各々のNotebookersドリーム定義が違うとは認識しているけれども、私にとってはThis is a Notebookersドリームです。

    会社員経験を活かしたIT企業のシステム導入事例から、文房具大好きフルスロットル記事まで。
    ライティングに関するご相談、お待ちしています [しれっと差し込むPR]

    【主な仕事実績】
    ことりっぷWEB/この冬限定公開のお寺から、色とりどりの漬物ランチまで。知られざる魅力いっぱいの「京の冬の旅」へ
    https://co-trip.jp/article/222977/

    @DIME/ISOT(国際文具・紙製品展)で見つけた、手帳と一緒に使いたい文具4選
    https://dime.jp/genre/423373/

    『ジブン手帳公式ガイドブック2018』 執筆協力
    http://amzn.to/2Bqsefy

    Notebookers Global Communication 発生前のジブン手帳Biz。都内のカフェにて


    さて本題。
    冒頭の謎要約を、ざっくれてないけど臨場感あふれる 2017/12/29-31 ハイライトとして以下に記す。

    【Notebookers Global Communication in TFA 2017/12/29】
    トラベラーズファクトリー@中目黒(以下、TFA)は、年内最終営業日を迎えていた。

    ノートブック以外1万円超え会計で、今年の文房具購入納め
    → ギフト包装を待つ
    → ジブン手帳BIz2018の表紙裏右側(クリーム色ゾーン)にTFAスタンプを押して遊ぶ

    → “Is this JibunーTecho?” と誰かが言っている
    → わたしに声かけてんじゃんこの娘……ってだれだよ

    →“Is this JibunーTecho?” 再び
    彼女は、マジで私に問うている。だから何者だってば。

    → 「イエース!イッツ ジブンテチョー♪♪♪」
    →“Wow!! I use HoboーNichi Techo♪♪♪”
    ココTFAなのにノートブック合わせられなくて、トラベラーズノートの話一切ナシでがっかりさせて、初対面2人ハイテンションでごめんねなんてね。

    →「ワーオ!つーかあんたのトラベラーズノートレギュラーとパスポートのカスタマイズすごいやん」的な英語
    →「うれしい!これは2冊とも和紙なのよ♪」「まってこいつのジブン手帳ちょーすごいんですけどまじみて(テレビ電話?の相手に伝えているらしい)」
    →わーぉ!えーまって!私はちなみにトラベラーズノートのある風景写真を取るのが好きだよInstagram見ておくれ、例えばこんな写真とか……
    →OKおまえのInstagram即フォローするわアカウントそれねはいはい……フォローしたよ!
    →OKフォロバ……って、ちょーかっこいいほぼ日ジャン!!へぇ〜フィリピンから来たん!?

    http://instagram.com/aina.kristina
    彼女のほぼ日モノクロアート、ちょうかっこいい。ノン加工の即撮りノートブックがこのセンスって超絶ハイクオリティでもう言い回しとか語彙力とかほんとどーでもよくなりますよね!!!

    →あそうだ、うちジブン手帳公式ガイドブック書いてるでー。まぁこれ日本語だけっぽいんだけど

    『ジブン手帳公式ガイドブック2018』(佐久間英彰 著/実務教育出版)2017/8/26発売

    →まじかよおまえちょーすげぇじゃん!えーさおりーしゃしんとろうぜー
    →いいよーパシャリ
    →サンキュー♪♪♪

    →じゃあわたしTFAスタンプ試し押し用紙もらうからKITTAひとケースあげるー中古だけど。あっ試し押し用紙にメッセージちょうだい
    →しらんKITTAってなによでもなんか嬉しいよ、ってかペンないよ
    →I have a pen. (Biz常備のコレトルミオのブルーブラック0.3を出した状態で渡す)


    まさか人生で急を要して使うフレーズになるとは。

    →オーサンキューサンキュー書くわ〜ってかお主わたしのTNレギュラーサイズのウィークリーになんかかいてよ
    →もちろん!光栄だよ!!!
    →(おたがい書く)

    →(KITTAプレゼンin English) うちにかえれば a lot of KITTA だし、いーよいーよまるごとあげるー♪
    →やったーあざーす!!!

    (スタンプタイム 終始無言)

    →ふぅ、押し終わったわ。ほな、Have a nice trip(^^)/
    →Thank you♪♪♪
    →わかれる

    すごいよね!コクヨすごいよ佐久間さんすごいよ!
    Biz使ってたらフィリピンのフォロワー4万4千人いるNotebookerなInstagramerさんとリアルに会って適当英語でちょー楽しいひとときだよ!アウェイのTFAでジブン手帳国際化を肌身で感じるとはおもいませんでした!!!

    【Notebookers Global Communication in TFA 2017/12/30】
    Notebookers系でグローバル数万人規模の方にフォローしてもらうと、芋づる式に私好みの海外Notebookerさんがフォローしてくれました、数人。
    私がその方々をフォローバックすれば、あら不思議。わたしのInstaTLがまぁ潤う潤う♪
    好みの系統が似ている人が近づく。万国共通、類は友を呼ぶ、ですね。

    【Notebookers Global Communication in TFA 2017/12/31】
    aina、ほぼ日手帳公式ガイドブック2018のP75に載ってましたwww
    Youこそちょーすげーやつじゃんよ!!! ainaめっちゃおもろい。超クール。かっこいい!!!

    『ほぼ日手帳公式ガイドブック2018 LIFEのBOOK』(ほぼ日刊イトイ新聞 著・編集/マガジンハウス)



    なんだったんでしょうね2017年ラスト3日間って!元文房具女子ドリームだし、Notebookersドリームだし、文房具ライタードリームだし、なんかこの瞬間にぜんぜん呼んでもないのにまとめてドリームやってくる歳末感ハンパなかったです!!!いままでいろいろがんばってきてよかった!!!



    職業ライターとして、右も左も現在地でさえよく分からないまま駆け抜けた1年でした。特に師走。
    会社員時代、「職業ライターは一匹狼」なんぞ思っていたのは大間違い。同業のライターさんに編集さん、カメラマンさんにインタビュー相手の方……等々、目の前に見えている方々だけでも、実にさまざまな立場の方が関わって、ようやく1記事なり1冊なりができるんですね。その辺、仕事をすればするほど、グサッと痛感した次第です。

    文房具女子とか名乗っていた時代でさえ、2017/12/29-31の壮大な前フリだったかのように濃密でした。
    何の前触れもなく突如訪れた Notebookers Global Communication の一場面、熱量含めて読者のみなさまに伝わったのなら、私は思い残すことなく2017年の年を越せます。そうであったら、さいわい。

    2017年もちゃっかり投げトラ

    余談ですがこの記事。私にとって101本目のNotebookers記事のようです。
    Notebookersライター、続けてきてよかった!!!

    Notebookerなみなさんは、今頃2017年の振り返りや2018年の抱負を、愛用の手帳やノートブックに記している頃でしょうか。ゆっくり、あたたかくして、お過ごしくださいませ。

    Comments (0)

    STAMP HERE

    Posted on 29 3月 2017 by

    今日のできごとメモ的に使っているサブ手帳を久々に開いたら真っ白すぎて唖然。
    わたし手帳冬眠してたのかなと思った。

    けれども、なによ。手帳冬眠って。
    安易に文房具と単語をくっつけて新しい単語をつくるのも、考えものですね。

    3月28日が新月だったのをいいことに、
    その日のページにでかでかと「RESET」と書いておいた。

    最近ちいさく嬉しかったこと。
    ポストカードのスタンプ欄に手持ちの切手がキレイにはまった。
    イーゼルボードに描かれた絵のように、切手が佇んでくれた。

    ポストカードの中には、「STAMP HERE」スペースも凝っているものがある。
    せっかくデザインされた「STAMP HERE」を隠したくなくて、
    あえて白いスペースに切手を貼ることも。。。

    このポストカードは、月光荘さんでもう4、5年くらい前に買っていたものだったかと。
    切手を囲める余裕がある「STAMP HERE」欄は、私が集めているポストカードの中ではこれだけ。

    凝った形状の記念切手もあるから、オールマイティーな「STAMP HERE」欄をつくるのは難しいかも。
    それでも、こういう遊び心がある「STAMP HERE」欄入りポストカードに、また出会いたいものだと思う。

    Comments (0)

    旅先のToday’s TRAVELER’S notebook/2016冬・台湾進出編

    Posted on 16 12月 2016 by

    ちょっくら、旅してきました。

    文具好き・トラベラーズノート好きが高じて
    遂に遂に、台湾の手帳イベントにお呼ばれする事態に!!!
    saori_20161210-01

    「金石堂手帳大展-手寫年代,筆尖的思念-」
    金石堂書店さんで開催された手帳100冊総選挙イベントに、日本から参加。
    メーカーさんやら店主さんやらいるなかで、ワタクシNotebooker代表(自称)で行ってまいりました!

    短い時間だったけど、台湾のNotebookerさんとお互いのトラベラーズノートを見せ合って
    英語とジェスチャーとNotebookerの念を駆使してわいわい話せたのが本当に楽しかった。
    大阪城スタンプを捺したページを見せたら「私も大阪城行ったわ」って教えてくれたり、
    台湾のトラベラーズノートイベント限定スタンプ(のはず)を見せてくれたり。

    台湾Notebookersさんのノートに大いに刺激を受けたので、現地のノート本を2冊ほど購入した。
    情報が詰まっていてもレイアウトがすっきりしているところが、台湾センスなのかな。
    日本のNotebookerさんのとは何かちがうなとは、思う。何かがまだ言語化できていないけれど。

    台湾の文具スポットもいくつか行ってきた。
    個人的に好きだったのは、次の3店。

    VVG Thinking
    世界中のアンティーク雑貨や書籍を船旅で集めてきたかのような内装。
    普通の単語で括るのは難しい、台湾ならではのミックスセンスが冴えたお店だと思った。
    saori_20161210-02

    店内ベストアングルは、2階の店舗から1階のカフェスペースを見下ろしたところ。
    saori_20161210-03

    禮拜文房具(Tools to Liveby)
    この旅で一番、文具みやげを購入した場所。トラベラーズノートもずらっと置いてある。
    旅用途でトラベラーズノートを使っている人は大抵、禮拜文房具さん好きなんじゃないかな。
    店内入口近くに5種類くらいスタンプがあったので、当然のようにトラベラーズノートに捺しといた。
    saori_20161210-04

    旅人書房Zeelandia Travel & Books
    旅に関する書籍やZINE、ポストカードが小さなスペースに品よく並ぶお店。
    レジ横には、世界中から届いたと思われるポストカードが暖簾のようにずら〜っと垂れ下がっていた。
    私が現地の人だったら、毎月通いそうだな。旅好き・地図好き・散歩好きさんは行ってみてほしい。
    saori_20161210-05

    「東方芸術の殿堂」とも呼ばれる三峡祖師廟をバックにトラベラーズノート。
    この旅で最も、台湾らしいトラベラーズノートを撮れた場所だと思う。
    もともと17世紀に作られたものの、2度の損壊を乗り越えて、1947年から修復兼再建中とのこと。
    ……えぇ、修復兼再建中。まだ完成していないそうで。。。
    saori_20161210-06

    古めかしい建物に妙に魅かれながら、台湾の街を歩いていた。
    1つの建物に窓がぎゅっと詰まっていたり、柵で建物の個性をさらに加えていたり。
    現地の方にとっては、取るに足らない普通の風景なのかな。なぜだか印象に残っている。
    saori_20161210-07

    旅の〆は台湾ビール!
    すっきり飲みやすくて、歩き回った身体に染みわたりますな。
    saori_20161210-08

    【おまけ:台湾ビビッド写真選】
    ポップアートトリミング三峡祖師廟

    九份撮ったら時空が歪んだ。

    台湾鉄旅もおもしろそうね。いつの日か。

    Comments (0)

    【ノートブックがない旅なんてVol.55】コラムタイトルどうするの会議

    Posted on 20 10月 2016 by

    先月始めたブログを「ノートブックがない日々なんて」と名付けたので、
    月1ペースで続けていたコラムのタイトルも変えようと思い立ちました。

    55回。
    ゾロ目だし、ちょうどいい。

    ……と、書いている途中でアレなんですが、
    「毎月20日にコラムを書く」と自分に設けていたNotebookers.jpの制限を
    そろそろ、取っ払いたくなりました。

    新しいコラムタイトル案はあるにはあるけど、
    コラム、今日で、ひと区切りします。

    これからは、書きたいときに書きたいことを好きなだけ。
    「ノートブック未満の走り書き」 を、Notebookers.jpに置いていきたいと思います。

    saori_161020-01
    コラムひと区切り。
    でも、まだNotebookers.jpにいますからー!

    Comments (0)

    再び、ブログはじめました。【ノートブックがない日々なんて】

    Posted on 09 10月 2016 by

    2016年9月23日、ブログ始めました。
    (Notebookers.jpでの告知を今の今までなぜ忘れてたんだ……汗)

    ノートブックがない日々なんて
    http://saorinote.com/

    saori_161009-01

    Notebookers.jpで記事を執筆して4年半が経ったところで、「ノートブックについて書くのが好きだなぁ」と心底思うようになりました。ココでノートブックについて書き続けるのも悪くないけれど、書きたいことを追究するにはそろそろ個人の場所をつくろうかなと考えて、決めました。

    むかし、個人でブログ「文房具女子の彩り日和」を運営していました。その当時書いていたことと今書くことは変わってくると思います。変わってないほうがおかしいか。

    文房具も好きだけれど、その中でもノートブックは断然好き。1冊だけでなく、トラベラーズノートもモレスキンもEDiTもあれもそれもこれも好き。ノートブックそのものだけでなく、そこに書いていることも好き。今はうまく言い表せないのですが、ノートブックを起点にして物事がよりおもしろくなるような記事を書いていきたいと思っております。おやつ時間のお供にちょうどよい塩梅で、みなさまにも楽しんでいただければ。

    月1コラム「ノートブックがない旅なんて」は、タイトルをどうしましょうかねぇ。気に入っているけれど、ブログ名と被り気味なので変えようと思っています。

    新しいブログ「ノートブックがない日々なんて」、どうぞよろしくお願いします。
    Notebookers.jpでも、引き続きよろしくお願いします。

    Comments (0)

    【ノートブックがない旅なんてVol.54】脳内の風通しをよくする数独とフリクション

    Posted on 20 9月 2016 by

    2016年も残り100日あまり。
    気が早いとは分かっているが、2016年マイブーム大賞はもう決まっている。

    数独。
    SUDOKU。
    今更なぜと思われようと、「数独」なのである。

    珍しく買った雑誌の読者プレゼントクイズに載っていた数独を、これまた珍しく解いてみたのが、運の尽きだった。ご親切に解法のヒントが書いてあったとはいえ、思いのほかあっさりと解けてしまった。

    「もっと解きたい」魔の誘惑がやってきた。
    抗うこともなく、誘惑に負けた。
    数独問題を初めてクリアしてすぐさま、問題集を買ってしまった。

    手持ちのプレスマンとクリックイレーザーとともに、初級から上級まで全132問。
    2ヶ月後、全問クリアした。さすがに途中で飽きるだろうと思いながら始めたのに、全問クリアした。

    saori_160920-01



    再び、誘惑に負けた。
    さらに数独問題集を買った。
    初級編をすっとばして、中級編と上級編やってやろうじゃないの!!

    saori_160920-02

    レベルアップした問題に立ち向かう筆記具として、シャープペンと消しゴムはもう役不足になっていた。新たな筆記具は、フリクションボールスリム038 スカイブルーにした。3年振りにフリクションを手にした理由が数独になるとは、どの私が予想していたことだろう。

    私の場合、中級以上になるとマス目に入れる数字を一発で決められない。マス目に数字を仮置きして解き進めるので、「書いては消し、消しては書く」ことを繰り返してしまう。シャープペンと消しゴムを持ち替える時間も、消しカスを払う時間も、惜しい。フリクションに替えれば、数独をはやく解くためには無駄になる時間を減らせる。今更なに言ってるのかと思われようと、フリクションのありがたさをしみじみ感じるのであった。

    予想外なくらいに数独にのめりこんでいるのは、数字がカチッとはまる瞬間がものすごく爽快だからだと思う。
    中級以上になると、解き始めて3分くらいで解く手が止まってしまう。そこからマス目全体を見渡したり、消去法で数字を絞り込んだりするうちに、あるマスの数字が決まる。1箇所の数字が決まると、次から次へと他のマス目に入る数字が決まることがある。一気に数字が決まると、マス目に数字を書き込む手がリズミカルに動きだし、集中力がもう1段階あがって無心状態になるのだ。

    脳内の風通しが、すうっとよくなる。この感覚を一度味わったら、もう数独はやめられない。騙されたと思って、この秋から数独はじめてみては?筆記具はフリクションスリム038推奨。

    ————————————————————————————————————
    【ノートブックがない旅なんて】は毎月20日に更新。
    いま使っているフリクションのインクがなくなるまでは、数独にのめり込むはず。
    ————————————————————————————————————

    Comments (0)

    【ノートブックがない旅なんてVol.53】トラベラーズノートと旅する文具 2016夏版

    Posted on 20 8月 2016 by

    トラベラーズノートと一緒に使う文具に、何を選ぶか。
    血迷っておどうぐばこレベルで大量に持って行ってた時期を経て、ようやく「コンパクトで、使いやすくて、旅の記録が楽しくなる文具」を基準に絞り込まれてきました。

    2016年夏現在、レギュラー旅文具の座についている5つはこちら。
    装飾点(トラベラーズノートの見栄えを良くする)、機能点(トラベラーズノートが使いやすくなる)、応用点(複数の場面・用途で使える)の3基準評価付きで紹介します。

    saori_160820-01

    ユニボールシグノ 極細 0.38mm
    (ブルーブラック、ブラウンブラック、グリーンブラック、レッドブラック)

    装飾点:★★★★  機能点:★★★  応用点:★★★

    渋色好みの私には嬉しい4種のインク色、かつカリッとなめらかな書き心地が好みで、5,6年くらい旅筆記具レギュラーとなっています。違う筆記具を使ってみても、道中で書き慣れたシグノが懐かしくなって、結局シグノに帰ってきてしまうんですよね。

    全4色まとめて持って行く場合もあれば、旅のテーマや行き先のイメージにあう色に絞る場合もあり。山に行くときはグリーンブラック、とか。私の傷まみれブラウン革トラベラーズノート&リフィルの色味とシグノ渋色4色の相性が、なかなか良いんだなこれが。

    手でまっすぐ切れる両面テープ 10mm幅
    装飾点:★★★  機能点:★★★★  応用点:★★★

    厚めの紙でできたショップカードをトラベラーズノートに貼るのに普通のスティックのりを使うと、後からはがれてしまうことも。貼れそうで貼れない地味なイライラを解消してくれたのは、しっかり貼りつく両面テープでした。

    手でまっすぐ切れる両面テープは、もう名前のとおり。まっすぐ切れるので、カードやパンフレットなど長方形紙モノの頂点近くまでしっかり貼れます。わがままを言うと、旅文具として携帯しやすいように、「手でまっすぐ切れる両面テープ(シートタイプ)」ができるとさらにありがたいのですが……。

    KITTA(プレーン)
    装飾点:★★★★★  機能点:★★★★  応用点:★★★★

    4種類のマステをカードサイズにまとめて持ち歩けるなんて!旅先でコンパクトに持っていけるよう、不要なカードに使いたいマステをぐるぐる巻きにしていた地味時間とはこれでオサラバです。旅マステの準備簡素化&持ち運びコンパクト化が実現しました。まだ8月だけど、2016年最優秀新人旅文具賞はKITTAプレーンに決定でいいでしょう!決定です!!

    ナツタビ2016に持っていったプレーンには、よく見ると水彩画のような濃淡があるんですよね。なんともニクイ。
    テープサイズ15mm×50mmは、旅ノートとも好相性でした。カードを貼るのにちょうどよいのはもちろん、ノートの1ページを挟み込むように貼ればインデックスにしたり、写真の背景枠代わりにしたり、様々な用途で使えます。
    saori_160820-02

    MD付せん紙(A7無罫)
    装飾点:★★★  機能点:★★★★  応用点:★★★★★

    様々な紙モノを貼付けて凸凹になったノートには、スタンプを捺しにくい……。ずっと悩んでいたこの問題を遂に解決してくれたのが、MD付せん紙でした。

    当然ながら、紙が平らな状態でスタンプを捺せます。捺したあとの付せん紙はノートの空いているページに避けておいて、あとから好きな配置で旅ノートに貼ればOK。スタンプを直接ノートに捺さず、別の紙に捺すようにしたことで、格段にノート編集をしやすくなりました。

    このページ右ページ下の風景印は、MD付せん紙に捺したスタンプを切り取ってはりつけたもの。
    saori_160820-03

    A7無罫は、風景印を捺すのに最適。ポケットにも入れておけるサイズなので、すぐに取り出して書けるメモ帳がわりにも使ってました。バッグに入ったトラベラーズノートより、ポケットに入ったメモ帳のほうが早く書き始められるんですもの、トラベラーズノートとメモ帳の併用派です。

    fourruof×トラベラーズファクトリー ペーパークロスジッパーケース(オリーブ)
    装飾点:★★★★  機能点:★★★★★  応用点:★★★★

    ここまで紹介してきた文具に加えて、チケットや切手、カードなどをひとまとめに収納してくれます。昨年まで使っていた透明のジッパーケースにはない「カード差し込みポケット×3」があるおかげで、カード類の収納がすっきり収まるようになりました。前述のKITTAもカードサイズなので、ぴったり収まります。
    saori_160820-04

    トラベラーズノートのある風景写真を撮る身としては、横からの見た目がジッパーケースより良くなっているのも嬉しいポイントでございます!
    saori160608-06

    今までもトラベラーズノート周りの文具はあれこれ変わってきたから、これから先も文具の入れ替えが起こるのは間違いない。でも、このペーパークロスジッパーケースならば私が選ぶどんな旅文具もすっきりまとめてくれるはずです!

    ————————————————————————————————————
    【ノートブックがない旅なんて】は毎月20日に更新。
    シグノ渋色は4種類しかないのに、なぜ家に10本もあるのか……。
    ————————————————————————————————————

    Comments (0)

    旅先のToday’s TRAVELER’S notebook/2016夏・群馬新潟福島編

    Posted on 18 8月 2016 by

    ちょっくら、旅してきました。
    バックパックを背負い、高低差に翻弄されながらも群馬・新潟・福島へ。

    初めて青春18きっぷを使って、
    高崎〜沼田〜土合〜塩沢・六日町〜只見〜会津若松〜郡山の周遊旅。
    saori_160818-08

    ポケット時刻表が示す時間指定と、行きたい場所リストとのささやかな葛藤に
    この旅イチバンの盛り上がりが旅計画タイムになるのでは……という懸念もなんのその。
    現実は軽々と、計画を乗り越えてくれました。
    鉄旅は、好奇心の間口をググッと拡げてくれますね。

    降り立つ場所で、ことごとく高低差洗礼を受けたのは何故かしら。
    猛暑と高低差の掛け合わせは、現在進行形では酷としか言いようがありません。
    写真で振り返ると、酷がキレイさっぱり昇華されてしまうのですが。

    ノートに記録する手段は、書くことだけではない。
    「旅先のToday’s TRAVELER’S notebook」として写真におさめる方法だって
    私にとっては、旅の記録になるのです。

    みなさまにも、少しばかり群馬新潟福島の空気をおすそわけ。

    上越線の始発・高崎駅。
    saori_160818-01

    大河ドラマ『真田丸』で話題の沼田に行ってきました。おしどり夫婦への割り込み御免。
    沼田城址公園近くの喫茶店「針葉樹」で流れる音楽が心地よく、時間が穏やかに進んでいた。
    saori_160818-02

    河岸段丘の街・沼田の高低差洗礼は想像以上だった。
    沼田駅から市街地まで徒歩約15分、高低差70mはなかなか応える。
    沼田女子高校製作の沼田MAPには、「片道歩くだけでバナナ1本分くらいのカロリーを消費できます。ぜひ1度歩いてみてください」と書いてあったので、ご参考までに。
    saori_160818-03

    続けざまの高低差洗礼は、日本一のモグラ駅といわれる土合(どあい)駅。
    電車を降りていざ改札へと思いきや、この階段が待ち受けるわけですよ。
    真夏のAM8:45だというのに暗く、冷やり。ここから出るには、階段を登るしかない。
    saori_160818-04

    登ること486段、地上の光がなんと眩しいことか。
    saori_160818-05

    17:10発 只見行き最終電車。
    saori_160818-06

    会津川口駅のホームは、只見川ほとりにある。
    六日町でお話しした酒屋の奥さんが「只見線いいよ〜。修学旅行の時に乗って本当景色がよくて」と言っていたけれど、まさに。
    トンネルを抜けて一面に広がる只見川は、この旅のベスト車窓だった。見とれて写真撮れてないけど。
    saori_160818-07

    追伸:
    投げトラ、おかげさまで1周年。
    ナツタビ2016でも、いい投げトラ撮れました(自己満足)
    saori_160818-09

    Comments (0)

    Tags:

    【ノートブックがない旅なんてVol.52】ナゾ組み合わせのトラベラーズノートチャーム

    Posted on 20 7月 2016 by

    トラベラーズノートを使い始めて7年目の夏は、青春18きっぷ旅をする予定です。
    鉄道旅初心者の、はじめての青春18きっぷ旅とは。どうなることやら……。

    初めてのことをする旅ならば、トラベラーズノートのチャームも替えてしまえばいいじゃない。
    5年間つけていた鍵チャームは、ガサツに扱われたトラベラーズノートとともに味が出過ぎました。
    ありがとう、ありがとう、鍵チャーム。
    そしてよろしく、新チャーム。
    saori_160720-01

    本と、タツノオトシゴ。
    新世代トラベラーズノートチャームは、我ながら謎の組み合わせとなりました。

    このチャームは、春に旅した金沢の音楽と雑貨のお店 リュケリさんで見つけました。
    様々な作家さんの紙モノ文具がひしめいていて、Notebookerさんの金沢旅で時間のゆとりがあったら立ち寄るといいのでは?と思います。
    (金沢観光の中心地から若干はずれるので、旅計画時に考慮すべし)

    新チャームの正体は、チェコの『Kolos』という会社でつくられているブックマークです。
    紐の両側に異なるチャームがついているのですが、どれも実に細やかな作りで惚れ惚れ。
    「なぜそうなる!?」と思う、一筋縄ではいかないチャームの組み合わせがまた、面白いんだな。

    店頭に10種類くらいあったブックマークから、悩みに悩んで私が選んだのは……
    ・象とクローバー
    ・本と眼鏡
    ・馬とタツノオトシゴ
    saori_160720-02

    いや、ひとつに選べないって(笑)
    気になったチャームがついているブックマークを、ひとまずすべて購入しました。

    トラベラーズノートにチャームを置き並べて、どれがよいかと思案思案。
    単体のほうがチャームが映えるかとも思ったのですが、
    5年共にしたチャームは「鍵」と「プレート」を組み合わせていたので、今回もまた組み合わせチャームしようと決心しました。

    すると今度は、組み合わせをどうするかが悩ましくなります。
    今や旅先で投げてしまうくらい、ひどい扱いに耐えられそうなチャームであることも重要だし……。
    saori160608-06
    長い付き合いのトラベラーズノートも、チャームを変えるとまた新しい雰囲気を見せてくれます。
    本&タツノオトシゴチャームのトラベラーズノートと行く旅、どんな旅になるのでしょうか。

    saori_160720-03

    恐竜の手に渡っても涼しい顔するくらいなら、どこに行っても楽しめそうです。

    ————————————————————————————————————
    【ノートブックがない旅なんて】は毎月20日に更新。
    18きっぷ旅企画、路線図見るとわくわくする。
    時刻表見ると……む、むつかしい(まだまだ鉄旅初心者)
    ————————————————————————————————————

    Comments (0)

    Tags:

    【ノートブックがない旅なんてVol.51】人はなぜ、旅に出ると

    Posted on 20 6月 2016 by

    人はなぜ、旅に出るとフルーツサンドを食べたくなるのでしょう。

    saori_160620

    旅の朝食、フルーツパーラーむらはた(金沢)にて。
    一口ほおばると笑みがこぼれる、しあわせな味でした。

    熱にうなされながら、旅の余韻に浸るのであります。

    ————————————————————————————————————
    【ノートブックがない旅なんて】は毎月20日に更新。
    札幌「さえら」のフルーツサンドも、美味しかったなぁ。
    ————————————————————————————————————

    Comments (0)

    旅先のToday’s TRAVELER’S notebook/2016春・金沢福井編

    Posted on 08 6月 2016 by

    ちょっくら、旅してきました。
    まだ行ったことのない、金沢と福井へ。

    十分な計画を立てたとしても、現地での感覚を信じてみましょう。
    計画を遂行することは、旅の目的ではありません。

    「初めて行く土地だから」と、旅前に調べすぎてしまったけれど
    そこまで張り切る必要って、あったのかしら。

    その場で決めて行ったところに“当たり”が多いのは嬉しい予想外。
    土地のありがたみを感じながらの旅になりました。

    ノートに記録する手段は、書くことだけではない。
    「旅先のToday’s TRAVELER’S notebook」として写真におさめる方法だって
    私にとっては、旅の記録になるのです。

    みなさまにも、少しばかり金沢福井の空気をおすそわけ。

    金沢21世紀美術館
    saori160608-01

    saori160608-02

    saori160608-03

    【この旅イチバンの当たりスポット】
    金沢城公園内の玉泉院丸庭園を眺めながら抹茶(器は九谷焼)と生菓子をいただける玉泉庵。
    国内外の観光客で賑わう金沢にありながら、静かでゆっくりくつろげる場所でした。
    saori160608-04

    福井駅を発ち市街地を抜けたあとの福井鉄道の走りは、思いのほか攻めモードだった。
    懐かしい佇まいの1両編成車や、新型車両FUKURAM(フクラム)とのすれ違いにテンションが上がる。
    電車の揺れを感じながら景色の変化を眺めていたら、あっという間に目的地に到着。
    saori160608-05

    鯖江で開催していた「めがねフェス」に行ってきた。めがね推しがすごい。
    めがねとトラベラーズノートが、真夏日の空を背景にさわやかに舞いました。
    saori160608-06

    Comments (0)

    Photos from our Flickr stream

    See all photos

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    アーカイブ