Archive | Eat & Drink

一箱でいろんな味チーズ

Posted on 04 5月 2017 by

 

 

西日本は穏やかに、というか厳しい日差しがさんさんと降り注ぎ、日焼けして痛いくらいです。

ピクニック気分も盛り上がりますね。

おむすびに卵焼き、という定番メニューもいいですが、パンとオリーブ、ワインとお茶かコーヒー、そして素敵なチーズを持っていくのはどうでしょう?

 

私が出会ったチーズで「ああ、これは素敵!」と思ったのは、写真の8個入りチーズです。

味はナチュラル、ハムみたいなのが入っているもの、パプリカなどの野菜が入っているもの、そしてバジルの4種類。

これに粉の味がしっかりうまい焼き立てパンをナイフで切って一緒に食べると楽しいです。

味が4種類、というのがいいですね。

それもどれもちょっとしたカナッペ気分になれそうなものばかり。

これにオリーブもつまみ、ワインを飲んでいい気持ちになり、そうだ、果物もほしいなぁ。

それもナイフで切り分けましょうか。

りんごならそう、オレンジなら手で皮がむけますね。

そして食後のコーヒーか紅茶。

私は紅茶が好きですが、あのコーヒー豆をごりごり挽いたり、ぷんと立つ香りが独特だったり、すっごい真剣な顔で口の細いポットからお湯を注ぎ入れるのを見るのは好きです。

 

こんな素敵なチーズですが、探し方がよくないのか、こういったものをスーパーで見かけません。

残念ですが、缶ビールを片手にふらついても、川べりのベンチに座ってごくごく飲むのだって、素敵なピクニックです。

チー鱈をお供にするのもいいかなぁ。

 

では、よいピクニックを。

 

 

 

Comments (0)

Tags: ,

酒は人間を映し出す鏡である(アルカイオス)〜真夜中のNotebookers的トライアンドエラー〜

Posted on 19 4月 2017 by

年の前半中には、一度、読書会、したいなあと思っています。
あと、トラベラーズノートブックミーティング。
また開催する際は、こちらでも告知いたします。
皆様、よしなに。

==以上、前振り終わり==
Continue Reading

Comments (0)

もくもくの会

Posted on 08 3月 2017 by

ライフログをとるのが、ここ数年の趣味でありました。今年はやってないし、去年のライフログも終わらせられていなかったりしますが・・・

だいぶと未消化のライフログ製作をかかえているときに突発的に行うのが、「もくもくの会」です。

黙々とノートや手帳をかく会。
略して、黙々の会。

結局、喋るけど。
各々が、なにかしらの作業をもちよって適当に作業を進めるきっかけのような集まりを、たまーにしていました。

最近はしてないなー。あまり余裕がなくて。またやりたいな。

ツイッターでは、他のハッシュタグとかぶらない都合上「もくもくの会」としています。

ツイッターで #もくもくの会 で検索したら、どんな風だったのかでてきます。

自分がなにか企画をしたら「行きたかったな」という人や、行かなくても人が集まるといいねという意味あいで拡散協力してくれる人とかへの報告もかねて、なるべくツイートをするようにしていますが、この名前に決まったのは最後にもくもくをした時だけだから、ヒットするのは少なめです。

この最後の、もくもくの会が一番フリーダム且つ、一番もくもくの会っぽかった。

だって、これですよ。

着物をきて、旅ノートをかく友人。

私は、本来の目的であった写真を貼るライフログをちまちまと作成。

下を向いての作業なので、とっても首が痛くなったよ。

私のライフログの作成方法は、けっこう地道でトラベラーズノートのマンスリー枠にあてはまるように調節してプリントアウトしてある。

友人は、グーグルフォトで自動的にばーんと写真をピックアップしてくれているのをざくざく切っていくスタイル。

真逆なのよね。

無駄にブレる手。

旅先で買ったインクで書きたいと、つけペンで頑張ってかいていたけれど、途中でもうやだといいだしていた。

写真でみると、いい感じの秩序のたもたれぐあいにみえますね。

実際は、なんかひどかった。おもに私が写真と日付の紐付け作業にいやぁぁぁってなってきている頃。

着物をきて、ノートをかくって実際、あんまり意味がわからない。

わからなさ具合が、とても自由な感じがした。それなりに作業にも没頭できたこともあって、この時がもくもくの会っぽいなと、とてもおもった。

ちなみに、着物でPCもある。

パソコン上のお悩み相談をしていたのです。

ライフログや旅ノート作成だけでなく、たべた晩御飯はたいへん美味しゅうございましたが、紅茶の飲み過ぎでおなかがちゃぽちゃぽでした。

もくもくの会は、いつも私がライフログに追われて「いい加減、手をつけたい!んじゃ、この日!!」という衝動的に決行するのがお決まりのパターンなので、参加人数はいつも少なめで普段から仲良くしている人があつまるので、企画者としては楽。

ちなみに、私も着物をきます。もくもくの会にきた友人と一緒に着物ピクニックした時の写真。

Comments (0)

一番たちの悪いコンテンツは「野良レシピ」!?

Posted on 25 7月 2016 by

誰でもネットに情報を上げられるようになったのはblogが登場してからだと思うんです。個人向けのツールがパソコン通信やホームページからblogに変わって、一気に敷居が低くなった気がします。でもそれだけに情報は玉石混淆。中でも一番たちの悪い情報は「野良レシピ」。なにせ食べ物の恨みを買うのですから。

台所に立たなくなって久しいのですが、久しぶりに台所に立ちました。めざすは「グラノーラ」。これは絶対に失敗しない鉄板メニューだと思いました。お気楽に「明日の朝食用だよ」と家族に宣言し、ネットでレシピを確認してカルディで材料を買い込みましたが、既にこの時には選んだ「野良レシピ」により運命は決まっていたというのは、後の話。
更に、この買い出しの時に、家人が食パンを買い忘れていたということが帰宅後に分かり、ますます自家製グラノーラに期待が高まったのです。

レシピ通りに進めるも「おかしい」。乾煎りしたオーツとナッツを、煮立ったカラメルに入れて混ぜ合わせるも、いつまでたっても木べらが軽くならない。「ある時、突然軽くなる」というコメントを頼りに木べらを回すも、色はどんどん黒くなり、チョット焦げ臭いも。こんな筈じゃない。やはり「おかしい」。
少し前に見た情報番組をヒントに、急遽方針変更。出来上がったのはシリアルバー。

IMG_2476e

本当の原因は「野良レシピ」が悪かったのか、作り手の腕の問題なのか。もちろん前者の筈。食べ物の恨みは怖い。

 

追伸
別のレシピでしっかりリベンジ。何ら難しいものでもないのに、なぜにあれほど酷いことになったのか。レシピ以外に理由が思いつかない。

IMG_2492e

Comments (0)

あまざけZINE

Posted on 01 7月 2016 by

MOE001

巷でなにやら売れている飲み物、甘酒の魅力に取り憑かれてしまった私、moegiのあまざけZINEです。
なぜ取り憑かれてしまったのか、地方の甘酒飲み比べ、昔々の甘酒売りの話など、甘酒にまつわる諸々の話をしています。何か甘いドリンクを飲みながら、ハンモックの上で寝っ転がってのーんびりした気分になってもらえたらうれしいです☆

2016-06-29 16.37.11

サムネイル用写真はこのZINE表紙写真です↑

サイズ:横約10.6cm×縦約7.5cm(A7横長サイズ)
手製本のため、縦・横に1mm未満のかすかな個体差があります。この点ご了承ください。

ページ数:12ページ+本文中に折りたたみ図1枚あり

商品価格:1冊430円

お一人様2冊まで購入可能です。

2016-06-29 16.37.49

なぜ取り憑かれてしまったのか

moe001--03

飲み比べマップ

moe001--04

夏の甘酒売り

Comments (0)

Tags: ,

『カップ焼きそばの作り方』せら @Treasure_Table版

Posted on 01 6月 2016 by

今、『シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々』という本を読んでいるのですが。
この書店がなんとも魅力的で、えー、この書店名だとイギリスっぽいのですが、フランス、パリにありまして。
今のお店は二代目なんですが、『書店に見せかけた社会主義者のユートピア』だそうです。
本棚の間にベッドがあり、その辺でごはんの準備をしたりできる、いわゆる懐具合のさびしい作家たち、ツーリストの無料宿泊所を兼業していた本屋さんだそうです。
二代目店主ジョージ ホイットマンは『見知らぬ人に冷たくするな、変装した天使かもしれないから』をモットーに、そういったひとたちを受けれいていたんだそうです。
そこへ、カナダの新聞記者が訪れて(トラブルから逃げてきて)…という、ドキュメンタリーです。面白いー♪

毎度、こういう書き出しですが、この本のレビューではなく。
えー、今、流行りの『カップ焼きそばの作り方』をわたし風に説明しようか、と。
Continue Reading

Comments (2)

チーズとはちみつ

Posted on 30 5月 2016 by

ちょっと前から気になりながら、手を挙げる勇気が持てなかったけれど・・・
この前あまりにおいしいものを食べて、誰かに伝えたいと思ったので、ここで勇気をだしてチーズ部、入部したいです!

けそ

スペインのアンダルシア地方で食べたヤギのしょっぱいチーズ。
軽く温めてあってとろーんとしています。
そして、チーズは甘いはちみつの上に乗っかっています。

チーズがかなりしょっぱくてクセがあるのだけど、はちみつと食べることで口に入れると2つの味が主張しまくりながら混ざって、脳天と舌がしびれるような、ついついもう一口と食べてしまう一品でした。
私は残念ながらお酒はほとんど飲めないのですが、多分きっと赤ワインとこれ食べたら本当はもっとおいしいんだろうなあ。

 

イタリアもチーズが有名ですが、今まで食べて印象深かったのは、水牛のミルクのモッツァレッラ。(ブッファラと呼ばれます)
このチーズで有名なナポリの近くの町に親戚がいる人が、会う前日に親戚のところで調達し、木のバケツのようなものに入った水に浮かんだチーズをもってきてくれて、「1日経った今が食べごろだから早く食べてー!」と。
結構なんだかんだブッファラはスーパーでも売っているので食べたことがあったけれど、この時のブッファラのおいしさと言ったら・・・!

今晩は、シチリアから届いた唐辛子入りの辛いチーズを夕飯に食べました。
見た目結構赤かったのだけど、味は見たまんまかなり辛かった。
一緒に、シチリアで肉屋を営む親戚から届いたフェンネル入りのソーセージも食べました。
こってりした豚肉にフェンネルの清々しい香りがするのは最初変な感じがしたけれど、慣れるとこれまた癖になる。

また、おいしいチーズと出会ったら報告します!

Comments (4)

アンダルシアで朝ごはん

Posted on 29 5月 2016 by

以前、イタリアのバールでのコーヒーの話を書いたのですが、その後嬉しいことに週2くらいで行くバールで、バリスタから「マッキアートだね」って注文する前から言ってもらえるようになりました。
やったー!常連認定だー!
こうなってくると、嬉しくてこの店にいつも行こうってなりますね。

さて、今回もノート全然関係ないのですが、先日スペインのアンダルシア地方に行きました。(一応旅日記はつけるのですが、みなさんの記事を読んでいると私のはただのメモというか殴り書きに近くて・・・食べ物のことばっかりだし)

泊まったホテルが全部朝食付きではなかったので、毎日外に食べに行ったのですが、スペインの朝ご飯はイタリアより日本人好みだなと思いました。
イタリア人は朝はともかく甘いもの。
私が日本は朝から、ごはんとお味噌汁と納豆に焼き魚なんて食べちゃうよというと、信じられない、どういう胃袋だ、ましてや納豆なんて恐ろしいもの・・・と言われてます。朝ちゃんと食べたほうがいいよって言っても誰も聞いてくれません。

一方スペインは、イタリア同様コーヒーを飲みますが、初日周りを見回してみると多くの人が「コーヒーミルク(カフェ・コン・レチェ)」を注文。
そして、トーストされたパンにマーガリンを塗りたくり、さらに何かを塗っている。
ジャムだなって思っていたのですが、途中何か赤いものを塗っている人を指さして「あれは何?」と聞くと
「トマトの細かく切ったものとかハムとか肉のパテとか」という予想外の答えが。
トーストされたパニーノ用パンに生ハムを挟んでくれたりもしました。
砂糖をいれたコーヒーミルクと、しょっぱいパンの組み合わせのおいしいこと!
最初は拒否感を表していたイタリア人も「あ、意外といける」と。(ほらね)

cafe con leche

写真はちょっと変ですが、ガラスのコップに入ったミルクコーヒーと、イベリコ豚のパテを挟んだパニーノ。(トマトは1個丸ごとナイフと渡されて自分で切れと言われた)

そして、甘いもの派のイタリア人をも驚かせた、スペインの甘甘な朝食。

ちゅろす

チュロスをどっぷりとホットチョコレートに浸して食べてね。

チュロスって日本で何回か食べたことがあって、結構固い生地だったと思うのだけど、このチュロスは中空洞みたいな軽い感じで、実は思ったほどチュロスは甘くない。どちらかというとほんのり塩味。ただしこのチョコレートがかなり甘い。
1回食べて、もうこれでいいかなと思ったのだけれども旅を続けていくうちにやっぱりもう一回食べてみるかなと思い、同じお店でチュロスと今度はいつものミルクコーヒーを注文。
チュロスもコーヒーミルクもどっちも好きだけど、一緒になったら意外と「食べきるの辛いけど、ホットチョコとの組み合わせがベストなんだな。」と納得。

 

アンダルシアは何食べてもおいしかったし、見るものすべてが素敵だったけど、
この旅で一番印象的な風景がこれ。

mucche al mare

海辺にたたずむ牛の群れ。

ちょうど雨が降りそうな空の色とかもあって、こんなに楽しい旅をしているのにどこにいっても「外国人」である自分の、どっかにいつもトゲみたいに寂しいような変な気持ちがある、それを改めて突き付けられたみたいな感じがぶわあああっと襲ってきてちょっと泣きたくなってみたり。
でも、そのちょっとした寂しさが、ピアノへの芸のこやしなのさと思ってみたり。

旅から帰ってきて、仕事前にバールで「マッキアートですか?」というバリスタの問いに「はい!」と毎回答えるそんな日常が戻って、こんな風にコーヒー飲むために3分くらい滞在する場所でのちょっとした会話や動きで気持ちが切り替わったり、いつも通りの安心感を味わったり、ますますバールって面白いなあと思う今日この頃。

Comments (0)

なんちゃって特保、なかしぃ茶

Posted on 25 5月 2016 by

バトンドールを並ばずに買えてちょっぴり嬉しかったなかしぃです。メイプルシュガーおいしー!

さて、先日さくらさんのステマ記事を読み、まんまと術中に嵌ってしまいナルゲンボトルを買ってしまいました。ナルゲンボトルとは江戸時代から続く老舗の水筒屋、成源が丹精込めて作り上げた高品質の水筒です。機密性が高く水漏れしなくて、-20℃~100℃まで耐えられる仕様になっています。

DSCF4739

さぁ、これで水筒男子に変身だー!というわけでお茶を作って職場に持っていってます。お茶の葉は血糖値を下げる効果があるらしいグァバ茶のティーバッグを入れてます。さらに、難消化性デキストリンを溶かしています。

難消化性なんとかって何?って思われる方もいるでしょう。そう、これこそが特保の飲料に入っている特保の素です。からだすこやか茶とかメッツコーラとかそんな感じです。特保飲料は普通の飲料より高い値段設定がされています。毎日飲み続ければ糖質や血中脂肪の吸収を抑えて何とかなる感じですよね、その前に破産してしまいます。

そこで、特保飲料の本質を見抜き、難消化性デキストリンが特保たる所以であることを突き止めました。そこで難消化性デキストリンだけを入手しました。これでお茶やスープ、味噌汁など液体にまぜればなんちゃって特保飲料の出来上がりです。名づけて「なんちゃって特保、なかしぃ茶」

これで血糖値コントロールがお手軽に出来ます。今回は全くノートとは関係のないお話でしたが、なかしぃ茶を欲しいというリクエストがあればNotebookers Marketで出品してもいいかなと思います。

Comments (0)

よっぱらったチーズ ~ベイクドカマンベールカルバドス風味

Posted on 13 5月 2016 by

こんにちはkonamaです。

チーズとかサラミとか

この間から、少しづつ「食べる世界地図」という本を読んでいて、いろんなところに垣間見える変な話にニヤニヤしながら読み進めています。とりあえず、

冷蔵庫がからっぽのとき、パスタをバターとマーマイトで和えて黒胡椒をかけたものが、今でも私のお助けメニューだ…それに二日酔いのときも。

高い+脂っこい+鴨はかわいい=個人的に鴨料理は気が進まない

とか書いてある本です(グルメ本とはちょいと違う方向性?)。

まだ読み途中なのですが、最初のフランス、ノルマンディ地方のセクションに「ベイクド・カマンベール」というレシピを見つけました。

なになに、カマンベールのあたまにフォークで穴をあけて、カルバドス(リンゴのお酒)をかけて、ローズマリーと塩コショウ。そのまま8時間おいて、オーブンで20分!美味しそうではないですか。そして簡単じゃないですか。
というわけで、電車にのって少し良いチーズを買いに輸入食材系スーパーに出かけたのでした。最近マイブームのつるすヒモがついてるスペインのサラミもちょうどなくなったのでしっかり買いこみました。ちなみにマーマイトも売ってたよ。

やってきましたチーズ売り場。そんなにたくさん食べられないし、小さいやつがいいかなあと見て回ると、こんなチーズを発見。

カマンベールカルバドス

左にあるの、リンゴのマークがついてる。よく見ると、CAMAEMBERT AU CARLBADOS って書いてあるじゃないですか。裏を見るとリンゴのお酒を入れたチーズとあります。なんだ、出来合いのものがあるんじゃない。でも焼いて食べろとは書いていない…。風味をお楽しみください的な説明のみ。うーむ、しかしなんかこれをこのまんま焼くのもなんだかチガウ気がする。そこで小さいひとくちカマンベール(写真右)をかって、こっちはレシピ通りに作ってみることに。カルバドスも高くないほどほどの奴を購入。さて、どうなりますことやら。

カルバドス

しかし、このリンゴのブランデー…ちょっと臭いんですよ。好みは色々だと思うんですが、シードルの類って辛口系は意外と呑みにくい印象があります(私の好みですが、イギリスで初めて飲んだサイダー(と呼ばれるリンゴ微炭酸アルコール)はちょっとびっくりするくらい美味しくなかった。今は好きな銘柄を見つけましたけどしばらくは手をだせませんでした)。

というわけでさっそく、穴開けてマリネ。こんなに小さいので、ローズマリーはベランダの苔玉から拝借w。夕飯までしばらく放置です。

01fb629c2ff9422ed7bc16e757bbc89cc0b57ddd54

で、一番上の写真が、カルバドス入りチーズを食べるぞというところなわけなのですが、まずは生でぱっくり。うーん、ちょっと臭い。ちょっとたくあん系。まずくはないが、なんか漬物系の匂いだよー。カマンベールなのに白カビじゃないようなちょっとしたくどさがあって、お酒飲むのにはいいかな。気を取り直して、自作の方をオーブンから取り出して実食。

自作カマンベールカルバドス

うん、こっちの方が良かったです。ちょっと癖のある香りがぷーんとするのはその通りなのですが、焼いてある分まろやかで良い感じ。
って、アルコール分の苦みがもんだいなのかも…という気がして、おもむろに出来合いの方のチーズも焼いてみた。

こちらは出来合いの方を切ったのを焼いた

味は…やっぱり臭いよ。そして味が温まった分強烈に(笑)。そんなわけで、ウィスキーをお供にチーズ、サラミ等々いただいた晩でした。
本当はこうやるというのがあるのかもしれませんが、これだけでも大冒険。とても楽しかったです。こんどは普通サイズのカマンベールで、バケットを準備して臨みたいと思います。

01b1bf6556bac92d1691ee3bdf2e31b506cb69ef87 今日の抜書き

Comments (2)

Tags:

忘れないうちに旅の記録を~チーズ部編

Posted on 02 4月 2016 by

010cbe875d16d2912b2918efd43d3876a87202d515_00001

またまたkonamaです。

さて、わりと綺麗にまとめたNotebookers Map編に続いて、忘れないうちに、食べる事大好きチーズ部の皆様に捧げる、チーズ部編をお届けします。

素敵カフェ、ノートライフからは少々逸脱したものになりそう…そして北海道美食旅にもならなさそうなので、あしからず。また、味についての感想などは個人の物ですので、さらりと流していただけると幸いです。

@lemonade_airさんがカムリマスで想像してたようなNotebooker風旅人じゃなくてすいません。むしろカムリマス派です。

Continue Reading

Comments (1)

料理してる間にやることが書いてあるレシピ

Posted on 27 2月 2016 by

こんにちはkonamaです。

先日のKyrieさんのチーズ部の記事で紹介してくれた長田弘の詩集「食卓一期一会」がとっても素敵で、毎日ニコニコして少しずつ読んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

食べ物のことばっかりの詩たち。なにやらそのままレシピのような、でもちょっと人生のスパイスがピリリと。

その中に「キャラメルクリームのつくりかた」という詩があります。

「用意するもの、

コンデンスミルク一缶と

アガサ・クリスティ一冊。」

で始まるこの詩は、要は缶ごと鍋で煮はじめて、本を読んで事件が解決したら出来上がりというレシピでもあります。

これを読んで、はっと

「ああ、私はこの手の料理してる間にやることがかいてあるレシピって、いつもぴぴっときちゃうんだよなあ」

と思ったのでした。

まあ大体こんな感じのレシピだからラフなものが多いし、出典もよくわからないけれど、

  • スムースジャズ系のCDをかけてからエプロンをかけろとかいてあるシチューとか、
  • サルサを2回踊り切るまで煮込む豆料理とか、
  • ある曲を2番まで歌ってからふたを開けるハンバーグとか、

なぜか妙に頭に残っているし、実際作ってみることも多い(サルサは踊ってないけど)。

おしゃれな料理本、カフェ本だと食べるときにこんな音楽をっていう本はたまにあるけど、そうじゃなくて火にかけてる間にかける音楽が書いてあるレシピはそんなにない。

まあある程度時間を指定してる意味もあるわけだけど、歌とか踊りとかそんなの選ぶものによるし、人によってテンポも違う。ましてや本を1冊読むなんてそれはやっぱり、単位じゃなくて空気なんだろう。

料理の間にやることで、なにか物理的に味が変わるようなことはないのだけれど(踊るとうまくなるのか?)、料理する人に「こんな感じ」というのがするっと伝わるのかな。

村上春樹がスパゲティをゆでる間に読むのにちょうどよい小説の意味で  「スパゲティ小説」という言葉を使っていますが、料理の間に料理の味とは関係のない作業が入るのって、ちょっと色っぽいなとおもうのです。

プロではなくて、自分のキッチンで誰かのためにちょっと腕まくりして、鼻歌を歌うような感じでする料理。できれば適当なコップに入れた料理用も兼ねた赤ワインでも飲みながら。

ちょっといいでしょう?

Comments (0)

美味しいおしゃべりレシピ

Posted on 18 2月 2016 by

P2040244

いつも美味しそうなやりとりをしている二人がいる。

本当に参る。
美味しい写真を見せびらかしているわけではないのに、この二人のやりとりを読んでいると、中学だか高校だかの英語の授業で習った、「お口の中はよだれでいっぱいだ」という直訳を思い出す。

Continue Reading

Comments (4)

Tags:

美味しい珈琲が飲みたくて

Posted on 27 1月 2016 by

image

気がつけば今年も新たなメンバーが増えて、おおお!となってます。幽霊部員のようなライター、motokicksです。

以前は家で飲むコーヒーはインスタントばかりだったのですが、去年の秋にふと“家でも美味しい珈琲が飲みたいね〜”と妹と話してて、たまたま出かけた先(といっても神戸三宮のLOFTだけど:笑)でコーヒードリッパーを買ったので豆を取り寄せて、家で珈琲を淹れて飲むようになりました。

コーヒードリッパーとペーパーを買っただけなので、他の道具などは家にあるもので代用しています。

注ぎ口が細いポットはないので、庶民的なヤカンで、コーヒー専用の計量スプーンはないので料理用の計量スプーンでやってます。

最初の頃はマニュアル通りの量で淹れてたりしていたのですが、自分たちが飲みたい濃さやカップの大きさを見て調整してようやく自分たちの量で飲めるようになりました。

そして豆。大手コーヒー店で買ってもいいのですが気になる焙煎屋さんもあるので通販してはるか調べては注文したりしています。

どこかいいところがあれば教えてくださいませ。

*コメントいただいても返すのが遅くなる恐れがあります。(なぜかコメントがうまく入らないもので…)予めご了承願いますm(_も_)m

Comments (2)

いつものコーヒーでしょうか?

Posted on 26 1月 2016 by

イタリアで暮らすこと、かれこれ合計すると6年くらいになるのだけれども、この国はともかく「飽きた」とか「慣れた」とは全く言わせてくれない。

2016年も始まって約1か月だけど、今年はしょっぱなからやらかしてくれました。

まさかの新年のカウントダウン、国営放送が1分以上「早く」やってしまった。
テレビ見てて、いきなりカウントダウン始まっちゃって、みんなお祝いのためのシャンパン出したりしてて「早くない?スマホにまだ23時58分って出てない?」「えー、お前のスマホの時計狂ってるんじゃないのか?」なんてわちゃわちゃやってるうちに、テレビの表示が「明けましておめでとう!」なんて出ちゃったからみんなでとりあえず、ハグしたりキスしたりしておめでとう!なんて言いながら、あれ?やっぱりスマホの表示はまだ0時じゃない。

ツイッターとかで「おかしくない?」なんていうのが山ほど書かれたようで、次の日の新聞に「早まっちゃいました」って悪ぶる様子もなく書いてあって、私は思った。

やっぱりこの常に気の抜けない、何が起こるかわからない緊張感にあふれたイタリアが好きだと。

 

さて、イタリアといえばおいしいコーヒーで有名ですが、
カフェに座ってのんびりコーヒーを飲みながら読書・・・・にはまったく向いていない、というか「なんだあの人?」くらいの雰囲気になっても耐えられる心臓を持ってないと無理な雰囲気を醸し出してます。
友達や恋人と一緒だとしても、滞在時間が30分を超えるというのも稀っぽい。
コーヒーは基本「立ち飲み」。

caffe

流れはこんな感じ。
バールと呼ばれるコーヒーや軽食なんかも出すお店に入り、とりあえずレジで注文します。
(料金後払いのお店もあります)
コーヒー=小さなカップにちょこっと入ったエスプレッソで、ここ数年は1ユーロのところが多いです。
朝だったら、カプチーノもいいですね。
あと、コーヒーと同じ値段で「マッキアート」と言えば、エスプレッソにちょこっとだけ泡だったミルクを入れてくれます。
お金を払ったら、レシートを持ってバリスタのいるカウンターに行きます。
朝や昼食後なんかはカウンターは人でごったがえしていることもありますが、ひるまず近づいていき、バリスタが気づいてくれるまで、レシートをひらひらさせてみたり。
バリスタと目があったら「コーヒー1つ!」と注文します。

するとバリスタは、カウンターにコーヒーカップを乗せるためのお皿とスプーンを置いてくれます。
これで、あなたの位置が決まりました。混んでいても、おしゃべりに夢中のイタリア人もさすがに場所を空けてくれます。
30秒以内にコーヒーが置かれるので、カウンターに山ほど置いてある砂糖の小袋を自由に取ります。
ダイエット甘味料が欲しいとか、ブラウンシュガーが欲しいとか要望があればバリスタにとりあえず聞いてみると出てきます。
たまにバリスタの気分で、チョコレートをおまけにつけてくれたりなんてこともあります。
ああ、いい香りだなあ・・・
とかなんとか思いながら、くいっと飲み干します。

ここまで、混んでいても入店から退店まで3分、かかっても5分未満。

バールだと朝、コーヒーとともにブリオッシュ(と北イタリアでは呼んでいますが、南に行くとコルネットと呼ばれていたりする)という見た目はクロワッサン、でもフランスのクロワッサンほどバターっぽくないものに、ジャムやらクリームやらが入ったパンを食べることがあって、「ともかく甘いもので、ぐぐっと血糖値上げて目を覚まそう」という気分になります。

このブリオッシュを食べるのも、立ったままの人が多いですが、ちゃんとテーブルに座って食べることもできます。

ただ、ひとつ注意なのが、いわゆる観光地のバールでよくあるのだけれども
立ってコーヒー飲むのと、座って同じコーヒー飲むのの値段が倍以上違うことがあります(地元のおっちゃんがいっぱいいるようなバールでは基本的に座っても同じ料金)。
一応ちゃんとカウンター料金と、席での料金と書かれた表がレジの近くに貼られていたりするけれど、イタリア語が話せなかったら、このことを知らなかったら、歩き疲れた観光客はとりあえず座っちゃいますよね。

去年の秋に仕事でよく行く学校が移転して、前より庶民的なバールとかパン屋さんとかがある地区に通っています。
さすがに毎日はバールに顔を出さないけれども、ちょっとでも常連さんになりたいなあと思っていつも同じバールに行きます。
今年の目標は、いつもレジにいるおばあちゃんに「おはよう、いつものコーヒー?」って言われ、カウンターで馴染みのバリスタに「おはようございます。コーヒーですか?」って言ってもらえる率を高めていくこと。
実は、たまに昼ごはんを食べに行くだけのバールが別にあって、そっちは学校付属のバールなので(学食感覚なのかな)さすがに東洋人が珍しいようで、「食後にコーヒーでしたよね?」なんて言われたりするようになってきました。いいぞいいぞ。
この前は、コーヒー飲みつつノートを出してちょこっと仕事のまとめをしたりしたけれど「食べ終わったなら出ていけ」みたいな雰囲気も出されず、のんびりノートを書けたのでびびらずこれからもやろうと思います。

さて、この話に何かオチをつけようと思い考えてみたところ、私はお茶もコーヒーも大好きなのですが、年々カフェインに弱くなっていっていて、お茶やコーヒーを午後2時くらいまでしか飲めないのです。

そんなわけで、午後はハーブティー(イタリア語だとティザーネと言います)を飲んでいます。
お茶を飲む人は少ないコーヒー大国イタリアですが、ハーブティーは薬草薬局とかがあるくらい身近なものなので、そのことをまたいつか書けたら、と思います。

Comments (9)

お菓子ノート

Posted on 21 1月 2016 by

甘い物大好きです。
特にチョコレートやクッキーが大好きです。

よくコンビニのレジの側にチロルチョコの新作が置いてありませんか?
あれを見ると買わずにはいられません。
美味しいのはもちろんですが、パッケージのデザインに惹かれるんですよね。
そして、食べた後にゴミ箱に投げるのは勿体無いと思い、始めたのが『お菓子ノート』です。

別称、『デブノート』。
そう、食べた本人もノートも太ってしまうという、困ったノートです。

使用しているノートは、モレスキンデイリーダイアリーXSです。

image

最初、チロルチョコのパッケージのみをコレクションするつもりでしたが、美味しい&パッケージが素敵なお菓子に出会うとどうしても貼っておきたくなり、今ではカントリーマアム・ミルキー・東京ばな奈などの地域の銘菓など、ジャンル問わず貼っております。
食べた感想も簡単に記載。

読み返すと幸せな気持ちになります。
もし、皆さんのお勧めの地元の銘菓がありましたら是非教えて下さいね。

さや(@sugar38_

Comments (0)

世界の徴は戸棚の奥にそっとしまわれていたりするらしい

Posted on 10 1月 2016 by

小学6年生の時の担任の先生は、わたしたちが最後の生徒になる大ベテランの先生だった。大ベテランだからかそれとも元々の性格がそうなのか、とても風変わりで我が道をゆく自由な人で、先生が担任だった一年間、学年全体で決めらていた夏休みの宿題以外、わたしたちのクラスだけは日々の宿題を出されることがなかった。
先生の専門は社会科で、課外授業として近くの古墳に連れて行ってくれ、音楽の授業では教科書には載っていない各地の民謡を歌った。星が好きで夏には星の観察会をし、旅が好きで昔の教え子達と一緒に旅をしたり、旅から帰ってきた元教え子達が先生を訪れて一晩中語り合ったりしていたようだった。

わたしたちのクラスには宿題は無かったけれど、授業から遅れてしまった生徒や、授業に退屈してどうも勉強に身の入らない生徒が、自由参加で勉強を教え合う放課後の時間があった。
学校という場が性に合わず、勉強も好きではなかったわたしがその放課後の補習にちょいちょい顔を出していたのは、先生の話してくれる見知らぬ世界の色々な事柄を1つでも多く聞きたかったから。息が詰まりそうに窮屈な子どもの世界から、もっとずっと広くて大きな世界をちらと覗き見るような、素敵なちょっとしたお話を1つでも多く聞きたかったからだった。

放課後の常連にトオルという男子生徒がいた。小柄な優しい男の子でクラスの皆から好かれマスコットのように可愛がられていたのだけど、勉強が得意でなく、それから注射とチーズが大の苦手で、学校生活で必ず行われる色々と闘っては跳ね返されて泣いているような男の子だった。

ある時の放課後、トオルとわたしと、あとクラスメイトの誰か1人か2人、いつものように先生と教室に居て、補習の時間を過ごしていた。
どういう流れでそうなったのか、先生がふと席を立ち、教卓の後ろにある木の戸棚の一番高い物入れの奥をごそごそと探って丸いクッキー缶のような容れものを出してきて、勉強のために寄せ合っていた私達の机の上に置いた。
二重か三重かに包まれた紙をそうっと開くと、中から現れたのは黄色っぽい乳白色の、元は円かったと思われる塊。もう大分削られていて、円は半月のようになっていた。何?と皆で興味津々覗き込んでいると、
「本物のチーズ、食べてみるか?」と、先生が言った。

5年生から6年生になる時クラス替えがなかったので、トオルのチーズ嫌いは皆が知っている。6年生になって担任が先生に変わる前は、給食の時間が終わっても目をうるませながらチーズを前にじっと座っているトオルの姿を見るようなことが頻繁にあった。もしかしたらその時、(よくは覚えていないけど)給食のチーズの話をしていたのかもしれない。先生の言葉はトオルに向けられたもので、私達は彼の表情を見た。

「無理はしなくていい。でもいつものチーズとは違うぞ」

そう言いながら先生は、半月の丸い塊を毛玉のついたセーターの腕に抱え、ナイフをたてた。
いつもの給食のあの白くて柔らかいチーズではなくて、レストランのグラタンに乗ってくる匂いのすごいチーズでもなくて、ハイジで見たストーブの熱でとけるチーズでも、トムとジェリーの穴の開いたアパートみたいなチーズでもない。とてもとても硬そうで、頑丈なナイフでぐりっと削るようにして取る見知らぬ外国の食べ物。

「食べてみる」
「トオル、大丈夫?無理してない?」
「無理してない。食べてみたい」

“本物のチーズ” は、チーズが苦手なトオルだけじゃない、そこにいた誰もにとって生まれて初めて見、口にする食べものだった。ナイフで削りとられた薄くて硬い一片を先生からもらって、お互い他の子達の様子を伺いながらおそるおそる囓った。

「……あ、美味しい!」
「美味しいねえ」
「うわー、美味しい」
「これだったらチーズ好き!」

硬い硬いハードタイプで、旨味のぎっしり詰まったチーズだった。よく熟成したコンテの皮の近くの硬いところとか、じゃりっとした旨味の塊のあるパルミジャーノ・レッジャーノみたいな感じ。何処の国のチーズなのかたぶん先生は教えてくれたと思うけど、今も当時もまったく覚えていない。とにかく “本物のチーズ” なるものがこの世にはあって、世界の何処かでそれは作られていて、それは同じ “チーズ” という名前が付いたものであっても普段泣くほどチーズが苦手なトオルですら食べてみたい、美味しいと思うくらい魔法に満ちた素敵な食べもので、先生の戸棚の奥はその “本物のチーズ” を作る世界の何処かに繋がっている。

紙に包まれた戸棚の奥の硬いチーズと、抱えこんだチーズの塊を削り取るナイフとたくましい腕と、星を眺めながら旅の話をする年の離れた友人達。
先生のまわりのあれこれは、見たことも食べたこともないものだらけの、自分の知らない広い広いおとなの世界。想像しただけで目の前の壁が取り払われてゆくような気持ちになったし、おとなになったらそんな広い世界のひとりになりたいと心から思った。

Roquefort Papillion

 
きらきら光る小さなショーウインドウの輸入雑貨屋にあった変てこなイラストのキャンディやカエルのグミや、
アメリカから遊びにきた親戚がくれた茶色いクラフト紙の袋にざばっと入った歯が折れそうなくらいかたくて旨みの濃いビーフジャーキーや、
フランスかぶれで有名な、10代の終わりに通っていた画学校の校長先生のフレンチローストのコーヒー豆の香りと、砂糖をたっぷり入れてお汁粉のように甘くするコーヒーの飲み方。
同じ画学校のキッチンで「あなたも食べる?」と一切れもらったこうばしいフランスパンに甘くて濃いジャムをのせた一切れに、
スーパーで売ってるヨーロッパから来たカカオの香りのしっかりするチョコレートや、洞窟で作られたブルーチーズ、塩っぱくて歴史のある羊の乳のチーズ。
わたしにとって食べものは、自分のまわりの狭くて窮屈な世界から、自由で広々とした世界の存在を教えてくれる小さな目印で、地図とコンパスにもなるものなのだと思う。

すごい方向音痴だからはじめに思った目的地に着くことはなかなか無いし、旅だって実際はそんなに行けるわけでもないけれど、今暮らしてる毎日の中にもある小さな世界の覗き穴、迷子になりながら行き当たりばったりで見つけた美味しいものを、今度はわたしが誰かに教えてあげたいと思っている。

世界はずっとずっと広い。
大丈夫だよ。
 

Comments (0)

Tags:

Notebookers Map プロジェクト

Posted on 23 12月 2015 by

こんにちはkonamaです。

今日はちょっと大がかりなプロジェクト(その割に思いつきですが)のお知らせです。

Notebookers Map プロジェクト、始動いたしました。

NotebookersMap

Notebookers MapはNotebookersの愛する文具店、雑貨屋、書店、カフェ、バルなどをマップ上にまとめる試みです。日常・旅先でふと時間が出来たとき、あ、近くにこんなお店があるから足を延ばしてみようかなと、毎日にちょっとした特別を付け加えるための宝さがし地図をつくろうという企画。

みんなで作っていく地図ですし、完成しない地図でもあります。ちょっとしたエピソードを添えて登録されたNotebookersの愛するお店や場所をのぞいてみませんか?

Continue Reading

Comments (5)

Notebookers チーズ部

Posted on 11 12月 2015 by

こんにちはkonamaです。

先週末の日曜日、東京でのNotebookers Meetingで沢山の方(その実、私は全員初対面でした)にお会いして、色々お話して、そしてお話したりずに興奮冷めやらぬ今週です。

ノートブックタワーを作ったり、Loftでモレスキンのワークショップに出たり、色々こうメインイベント的なものが色々あったわけですが、

そちらの方はAkaneさんの記事やたぶんこれから書かれるであろうたくさんの記事とタカヤさんのまとめなどにお任せして、なぜあの日の朝モレカウインザハウスTOKYO(ハヤテノコウジ師匠命名?)にチーズが出現するに至ったかをお話しようと思います。

でもって、意外とみんなチーズ好きなんじゃないの?ってことでここにノートブッカーズ、チーズ部を設立したいのであります。エヘン。

ちなみにこの傑作はエハガキ華さんが飲み会の席でナプキンに描いてくださったスティルトン!華さん、ありがとうございます。

01ab991a83d1a9285d55efaf5bcaa8eeb068cb350c Continue Reading

Comments (5)

みんぱくへ行こう

Posted on 29 11月 2015 by

みんぱくへ行こう。

異国の香りなんかに惹かれる人がNOTE BOOKERSにはおおそうと、この前、みんぱくへ行ったときにツイートしたらビンゴでしたので、どんなところか紹介します。

正式名所は、国立民俗学博物館

太陽の塔がある、万博公園の一画にその建物はあります。

撮影OK
記録をとるために、えんぴつならOK
その他、筆記具NG

一部、工事中ですべてを見てまわるのはムリでしたが、もうね。ただ、ひたすら濃かった。
IMG_5738

写真ぶれてますね。

地域別の展示をされていて、その国々のカラーは変わる。

これは、かわいい。

IMG_5794

どこの国だったかな。

みんぱくに詳しい友人に「このテントを匂ってみ、匂ってみ」と、しきりに薦められたのを拒否した。絶対、なんかあるやろ。

一緒にいった別の友人が匂って、微妙に苦い顔をしていた。

「今は、だいぶと匂いが落ちてきたけど、その展示のテントが来た当初はもっとフレッシュな香りで、洗わずに匂いもそのまま展示していたんだよ」

えーっと、ラクダの鳴き声がスピーカーから流れる前のテントに来られた方、是非。せっかくなんでね、是非是非かいでみてください。

私は匂わないけど。

子供の頃、こういう博物館ってのは退屈でした。

大人になってからは、そこそこに興味深いとおもう。

いった時、遠足のお子様団体もおりまして。

体験できる展示もあるので、そういう遊び要素があるものは群がっていました。

それでも、騒ぐばっかりではなかった。金ピカで、でかい大仏様の展示もありまして、こういうとアレですが……そういう信仰対象のものって、こっちにこうべを垂れさせる空間の力って、ほんとうにちっちゃな赤ちゃんを除いて有効なんですね。

それにしても、個人的にとっても気になったのは、にこにことした夫婦のお顔が彫られている石像。用途は、道祖神。

道祖神って、村や町、集落で、外からの厄がはいらないように見張る役目のもの。あれ、それ持ってきちゃった?と、見知らぬ土地におもい馳せる。なんらかの事情で、移動してもいいものをもってきているはず。大丈夫とはおもうけど、大丈夫?

 

中国のエリアは、ひたすら赤かった。

赤というより朱ですね。黒がベースで、そこに朱をどんっと重ねる。

龍のモチーフが多かった。中国は風水盛んですが、モチーフとしては4つあるんですよね。玄武(蛇つきの亀)、白虎、青龍、朱雀(鳳凰)。他のものがあってもよさそうなのに、なんで龍ばっかりなのかな。縁起物っぽいかんじかもしれません。

龍を掲げたりして遊んでました。

IMG_5788 (1)

この日はたまたまなのですが、お祭りが行われておりました。

また、マニアックな食べ物ばかり。

IMG_5730 2 IMG_5758 2

ひとつ残らず美味しかったです。

あとね……やっぱりこの写真を載せないと気が済まないのです。記念撮影してきたよっ

IMG_5779

右が私で、左が友人って、あ、どうでもいいですよね。笑

 

さて、みんぱくのお土産やさんも、とても楽しい場所でした。

世界の「ありがとう」をハンコにしたものに釘付けとなりました。ダンニャワードハンコをゲットし、こんなものを作ったのです。

これは、かっちょいい!

IMG_5828

トラベラーズノートのタグにしようかと目論んでいますが、以前にモレカウさんがツイートしていたのがとっても気になっていました。

Notebookersのマーケットの支払いの記載がNotebookersになるんだぜ、ベイビーだとかいっていましたよね?通帳記入するとNotebookersって印字されると!!まじか!!!

別に売るようなものなんてないからなあ、と思っていたのですが、この「ありがとうタグ」とかどうかな。そのうち、チャレンジしてみます。

 

Comments (0)

Tags:

Notebookerのはずなのに、最近ノートでなくなっちゃったレシピブックの話

Posted on 19 11月 2015 by

こんにちはkonamaです。今日はレシピブックのお話。

スクラップブックに夕刊の料理のコラムを貼ってた時代から今のカードボックスに至るまでのお話です。

歴代レシピブック Continue Reading

Comments (2)

趣味は料理です、携えるノートブックは冒険の書

Posted on 13 11月 2015 by

食べものへの執着がやたらと強いせいか、それとも何かの縁なのか、いつも周りには誰かしら料理の上手な人がいました。そのおかげで、作るよりは作ってもらう方が好き、自分で食べる分くらいは作るけど人にふるまうほどの自信なんてまったくない、特に包丁はとても苦手でトントンと手際よくみじん切りなんてできないし、指を切ったり火傷したりも数知れず、手軽で楽しい料理の代名詞みたいな鍋といえば過去…当時の恋人と作り方を巡って喧嘩した過去の苦い思い出…etc. で、どちらかというと料理は苦手、積極的に手を出したくないという気持ちばかりが強かったのですが、今年に入ってちょっと思うところがあり(※注)料理を趣味として楽しんでみることにしました。

注: ”ちょっと思うところ”
理由の一つ目は、自己紹介のために。人から「趣味は?」と訊かれた時にいつも「えーと、特にこれといっては……」と、とても残念な答えしかできないのが以前からとても残念でw、何か社交的なちょっとした話題、会話のきっかけになるような趣味を作りたかったのです。
二つ目。じゃあ何に取り組むべきかと思った時に、以前konamaさんのリトルプレス( ※『リトルプレスが出来上がるまで』 )で紹介されてた本「聡明な女は料理がうまい」(桐島洋子・著)を読んで、とても印象的な一文があったのを思い出しました。

「あなたみたいな食いしんぼうが自分で料理できないなんて、あんまり不便で不経済で見てられないわ。

何だか色気のない部分の抜き書きになってしまいましたがw、他にも素敵なことがたっぷり書いてある本、私の中の、ずっと手元に持っておきたい一冊になった本です。(konamaさん素敵な本を教えてくれてありがとう!……読んだのは随分前で今更云うのもなんだけどw

この本を読んで、苦手宣言をしながら逃げ腰でいるよりも、ちゃんと料理と向き合って上手になれば、自分の食事だけでなく誰か別の人のためにも美味しいものを作ることが出来る、そうすればこれからの人生もどんどん素敵で楽しいものになるし、食文化に興味があり、食べるのが好きな自分にとって、料理が趣味って何よりもお得だ!と心から思ったからなんです。

ところで、
今わたしは3冊のモレスキンノートブックを使っています。
1冊目は、諸々のスケジュールとそれらに関する覚書用。
2冊目は、食事記録やあれやこれやの体調管理用。
そして3冊目は雑記帳。なのですが、これ、元々は英語の勉強のために使っていたノートブックで、自分の頭の中をうまく整理する方法がないかと試行錯誤するうち、絵日記のような絵本のようなものになってきたものです。

描いてる内容はその日に考えたことや思ったこと、忘れゆくままにするのではなく覚えておきたいこと。それを、XLサイズのモレスキンノートブックに思いつくまま描いています。元は英語の勉強用のノート、自分としては英語の勉強ノートのつもりもあるので、キャプションは出来るだけ英語で、それから、描いた“モノ”の名前も辞書で調べて書き込みます。

日記とはいっても思いついた時に描いてるだけなので、描くのは覚えておきたいことがあった時だけだし、特にテーマも決めてないし、ルールらしきものは“出来るだけ英語にする”だけなんだけど、見返してみると、どうもその自分にとっての「覚えておきたいこと」が、料理や食べ物のことばかりみたいなんです。

一番最近の、今日描いたばかりのノートは「ホットチョコレート紅茶」のレシピ作り。
ふと、ミルクティーとココアを足した飲み物ってどうだろう?と思いついたのが始まりで、“ふわっとした紅茶の香りにチョコレートでアクセントの効いた秋の温かい飲みもの”というイメージで色々と試してみた過程を描いています。

ホットチョコレート紅茶のノート
(※英語部分に関してはあくまで『勉強ノート』なので、間違いがあってもスルーしていただければと……特に文法とか文法とか文法とか…!)

いつもこんなにしっかりレシピを書いてるわけじゃなくてたいていは使った材料と調理法のノートだけだったりするんだけど、改めて見てみると毎ページ必ず何か食べものに関することを描いてるw レストランで食べたものの絵だったり、思いついた料理のアイディア、YouTubeで見たチーズの作り方や果物の切り方、キッチンの改造計画に、果ては、ベッドに寝転がった時のベッドパッドの感触がカリカリベーコンみたいだったとか……
これ別にね、趣味を料理としたからこうなったわけじゃないんです。元から頭の配分はこんなもんです、本能の赴くまま。それを思うとやっぱり、趣味を料理とするのはまったく無駄がない、お得だ!と思うんです。(技術が伴えばもっとあれだけど、そこらへんはまあその)

前出の本「聡明な女は料理がうまい」に、わくわくするようなノートブックのアイディアがあります。

(略)このノートブックはケチケチしないで、一生使えるような立派なものを買う。これは孫子の代まで伝える財産になるかもしれないものなのだ。

気に入った料理のレシピを書き込み、レストランや友人の家で食べた料理のメモを作り、新聞雑誌で興味をそそられた料理記事を切り抜きにして入れておく、書き込んだ料理録にはたっぷりの余白を残しておいて、新しい工夫をしてみた記録を書き加えたりもする、自分用の料理の虎の巻ノートブック、何だかとても楽しそうです。

 読む、作る、味わう、気に入る、そして書くの五段階を経てノート入りした料理がしだいに数を増すにつれ、そのノートの主は料理人としての貫禄を増していくだろう。

何年か前、伯母の遺品整理をしている時に、様々なものから切り抜いた料理記事と、それらを貼り付けてスクラップブックにした家庭雑誌が出てきたことがありました。
「伯母さん料理上手だったものね。でも(スクラップブックやノートブックじゃなくて)雑誌に貼り付けてるの、昔の人だからね」と皆で笑ったりしたのですが、半世紀前の家庭料理のレシピ、作り手がいなくなって作り方もわからず、二度と味わうことも出来ないだろうと思っていた料理のレシピが綴られたノートブックなんて、形式はどうであれとてもロマンチックなものだなあと思ったのです。

そうだ、やっぱりこれからも、趣味と実益を兼ねて料理をし、できるだけ腕を磨こう。
思い付くまま(そしてこれからはもうちょっと意識的に)ノートブックに美味しいものを遺してゆこう。

自分のために、それから誰かのために。
 
 

Comments (1)

遅ればせながら

Posted on 07 10月 2015 by

ネットペーパーやってみました。
(時代についていくのが遅いのがおばちゃんのおばちゃんたる由縁ですね)

しかも内容は「ひとり暮らしのお料理」の話。ひとり暮らし歴が期せずして長くなってしまったワタクシですが、お料理は苦手、でも食べることは大好き故に試行錯誤してきました。
しかも昨今は大学でも秋入学なんてのがあって、この秋からひとり暮らしを始める人もいるのではないか、と。
ということで、タイムリーかなーと思ってこのネタにしてみました。

プリントアウト情報です。原稿はA4カラー片面で作ってます。

セブンイレブン:予約番号 X6PSSCA9、暗証番号 0513、 有効期限は来週の10月14日23:59までです。

ローソン/ファミマ/サンクス:ユーザー番号 7NJGRNDY3U、登録名 LL001.compressed.pdf、有効期限は10月15日20:00までです。

どうぞよろしく♬

(追記 ユーザー番号忘れてました。すいませんm(__)mこれがないとプリントアウトできないですよね)

Comments (1)

Tags: , ,

「お茶でもいかがとコニーの誘い。まあ結構よ、毒入りなのね、とメリキャット」〜物語の中のお茶

Posted on 06 9月 2015 by

「お茶でもいかがとコニーの誘い。まあ結構よ、毒入りなのね、とメリキャット」

関西は、まだ、日中が暑いです。いかがおスゴシでしょうか。
先日、ハングアウトのやりとりで「物語の中のお茶」について記事を書く〜云々、という話をしていまして。
(それで、最初に思い出したのが、今回のこのタイトルというのも物騒な話ですが)
コレは、シャーリィジャクソンの『ずっとお城で暮らしてる』から。
作中、殺人の容疑をかけられたコニーへの囃し歌です。
今回は、こういう、物語の中でのお茶の時間、お茶を淹れること、などを書こうと思います。
Continue Reading

Comments (1)

オシドリみたいにホッとするドリンクがあるのさ

Posted on 02 9月 2015 by

夏も終わりにむけてラストスパートですがまだまだ暑いですね。こんな日は井上陽水&安全地帯の「夏の終わりのハーモニー」が聴きたくなりませんか?えっ、わたしだけですか?そうですかそうですか・・・

というわけで今回は、せっかくKyrieさんがモレカウお題シリーズをまとめてくださったので、そのなかからNo.85「世界のホットドリンク」について書いてみます。

Notebookersの方々でカフェでコーヒーを飲みながらノートタイムしたり、優雅に紅茶を飲みながらアフタヌーンティーしたりするの好きな方もいらっしゃいますよね。君は紅茶派?それともコーヒー派?どちらも魅力があって決められない? そんなあなたも一度は粉末コーヒーがカップに入っているのに誤ってティーバッグを入れてお湯を入れたことありますよね。えっ、わたしだけですか?そうですかそうですか・・・

で、失敗してしまったコーヒー紅茶を飲んでみると「意外といけるやん!」って新発見した気分になります。そんな失敗飲料もポジティブに捉える事が大事です。何事も心の持ちようです。

で、そんな失敗飲料でも香港では市民権を得ていて香港式喫茶軽食のカフェとは言い切れない下町感溢れる通称「茶餐廳(ちゃーちゃんてん)」の定番メニューなんです。その名も「鴛鴦茶(ゆんよんちゃ)」!または茶を省略してゆんよんって言います。

鴛鴦って難しい漢字ですけどオシドリのことです。あのオシドリ夫婦のオシドリです。実際の鳥のオシドリは冬ごとに毎年パートナーを変えるそうですがうらやましいですね。

作り方はwikipediaから引用すると

  1. 液体混合法:コーヒーと紅茶を別々に淹れてから混ぜる方法
  2. 原料混合法:レギュラーコーヒーの粉と紅茶の茶葉を混ぜておいてから、湯を加える方法
  3. 二段法:先に紅茶を淹れてから、コーヒーの粉に紅茶液を加える方法

の三種類があります。しかもデフォルトでエバミルクと砂糖がたっぷり加えられています。

筆者も香港にいたときはたまに飲んでましたが、お味の方は紅茶の味もするしコーヒーの味もして2者の個性が打ち消し合わずキャラ立ちしているって感じです。そういうものだと思って飲むと違和感がないです。香港を訪れた際は先入観を捨てて飲んでみてください。注文するときは、「んごーい、ゆんよん」と勢いよく言ってみましょう。

ちなみに筆者が茶餐廳でよく飲むのはアイスの凍檸水、阿華田、好立克ですね。凍檸水は水にガムシロップを入れて輪切りにした檸檬をスプーンでつぶしながら飲みます。残り二つは言葉で説明しづらい味ですが阿華田はミロみたいな味で、好立克は黄金糖を溶かしたような味ですかね?

香港また行きたいなぁ・・・(夏休み行ったばかり)

DSCF4657

写真はトラベラーズノートファンにはおなじみのスターフェリーです。

Comments (0)

Tags: ,

思えば結構長いお付き合いのChemex

Posted on 06 8月 2015 by

こんにちは暑い日が続いていますね。konamaです。

今日はなんとなくコーヒーのお話。

暑いですからね

ノートをもって腰かける時には、いつもコーヒーをまず淹れます。といってもインスタントのこともしばしばな、軟なコーヒー飲みな私。

コーヒーフリークの皆様からすれば、いい加減なコーヒーライフであります。

憧れだけはいっぱしにあって、ネルドリップだサイフォンだコーヒープレスだと色々嗅ぎまわったわけですが、自分が気に入って美味しいと思えて、気軽に続けられるという点で、実家暮らしの学生時代から使っているChemexで落ち着いて大分たちました。20年以上前に買った実家のChemexも未だ現役です。

Continue Reading

Comments (6)

スパイスとマサラ

Posted on 16 7月 2015 by

DSC_9276

 

以前、スパイスに関心が高まり、職場の友達とスパイスを集めたことがあった。

しかしなじみのないスパイスをしょっちゅう料理や生活の中で使うわけでもなく、少し持て余し気味だった。

 

スパイスに関する本を友達と読み漁り、ガラムマサラを作ろう、ということになった。

ガラムマサラとは、スパイスを数種類、一つの容器に入れて熟成させたものだ。

スパイスの効能や各家庭の味などで入れるスパイスの種類や量が違うらしい。

 

私たちはお互いに持っていないスパイスを持ち寄って、一つの容器に適当にスパイスを入れた。

 

あとは、1日に1回程度、その容器を振って中のスパイスを混ぜるだけでいい。

 

ただ粉になったスパイスをブレンドしただけ。

なのに、最初はそれぞれのスパイスが自己主張をしているのに、数日経つとこれがマイルドになっていく。

これには二人でびっくりした。

次第になじんで、熟成していく。

ツンツンした感じがなくなって、「うまみ」を含んだ香りになる。

 

日々の変化に二人はきゃあきゃあ言い、
参考にした本に書いてあった日数が経つと、それを二つに分けてそれぞれ持ち帰った。

 

結局、スパイスといえばコレ!のカレーを作ったのだかが、なんだか特別な感じがした。

 

今は手持ちのスパイスはシナモンしかない。

けれど、ときどき無性にチャイマサラの効いた熱々のチャイが飲みたくなる。

 

世界の涯てで焚き火をし、ミルクと黒糖をたっぷり入れた熱々のチャイをふらりと訪れた人に振る舞えたら、どんなに素敵だろう。

チャイ用のマサラのレシピを探して、スパイスを集めてみようか。

 

 

 

Comments (6)

レシピノート その2

Posted on 17 4月 2015 by

レシピノートをつける意味は、再現性にあります。レシピをみながら、いらん事やアレンジを加えなければ、だれが作っても同じ味ができる。

それでも、食材を繊維にそった切り方をしているとか、火力の調整、盛りつけ方、本人も気づいていないような無意識の癖だったり。そういったことで、ほんのすこしの個性が滲むものですが。
ま、調子にのってこんなん作ったりしてました。
 IMG_1296
美味しかったよ!ブリック!!チュニジアの餃子です。「ブリック レシピ」で検索してみてください。噛むと、半熟卵がとろっとでてくる庶民的な味わいです。
なにを作るかは冷蔵庫をあけて、賞味期限を確認しながら使っていくものの優先順位を決めて、ぐぐります。ぐーぐるせんせー様々。
だれでもそうだと思いますが、何使っても自由にしてもいいんだよ。とか言われると嫌になる。もう決めてくれ。なんでもいいよとか言わないで、だれか家にある食材について真剣に考えて!
何度、思ったか。
自分ひとりならなんとでもなるのに。なんなら外で食べてくるのに!!
最悪のコースとして頭によぎったのは、カレー→シチュー→ハヤシライス→肉じゃがコース。いいよね。ルーとか味付けが違うだけで、間違いなく美味しいし。失敗しようもないし。
ま、こんなところからのスタートでしたが、なんとかやっていました。
どんどんラフになるレシピノート。
IMG_2126
自分が理解しやすいのは、ぱっと見てわかる図形のほうが好きなので簡潔に書いたほうが楽でした。
ここで唐突に手帳の話をします。
しばらくの間フィールドパッドダイアリーという変わった手帳を使っていました。この手帳をみた友人からは散々「それは手帳じゃない」といわれた特殊な手帳。
IMG_2111
これの右がメモスペースですが、線を引いてタスク管理。矢印で進捗とメモ書きをしていて、これなら何度も同じことを書かずにすむうえ、図としてとてもみやすかった。
IMG_2128
レシピノートを書きていると、ニンジンの皮むいて、ニンジンを乱切りにして、ニンジンと大根とゴボウを鍋にいれてって……「何回、同じ名称かかせんの?!」と、短気なものでしてね。
このタスク管理とおなじ方法でレシピを書きこむと、すごく楽でした。材料を箇条書きして、そこに赤ペンで工程を書き込むだけ。
IMG_2127
最終的に、レシピノートはつけずに作ることが多くなってきました。
ところで、私はクックパッドを信用していません。仮に料理を失敗した時に、あの時クックパッドでなく別のレシピをみていれば……!となるのが悔しいので食材と一緒に「キッコーマン」と入力します。
材料名に、やたらと長い調味料の正式名称が赤字でかかれてあるくらいで、重宝しています。なんだけど、洋風のレシピにもキッコーマン特製丸大豆醤油をぐいぐいおしてくるので、もしかしたらキッコーマンのレシピに染まっているかもしれないことは、薄々気づいてはいる。
 IMG_1759
そうこうしていたら、料理係から解放されることとなりました。ああ、冷蔵庫の中身が減ってきたことに気を揉まなくていい。晩ごはんを作るために時間調節して早く帰らなくてもいい。なんて、素晴らしい。

Comments (2)

レシピノート

Posted on 16 3月 2015 by

レシピサイトや、料理本が巷に溢れかえる中、最近はじめたのがマイレシピノートです。
自分の味が記されたレシピノートはいつか作る予定でしたが、作るはめになるとは……。テンション上げるためにノートブッカーズのラベルを貼っています。
IMG_1429

諸事情あって、一時的に家事をバトンタッチしてひきうけています。といっても、料理と片付けくらい。掃除は……あそこは誰もする人がいないよねぇ。っていう場所が何個もあることに気づいてはいるものの、目をつぶっています。あまりやる気はないぞ。だけど、掃除しだすとやるなら徹底的にしなきゃ気がすまないので数年は手をつけていなかった領域なんかが突如として美しく生まれかわります。

料理の作り方の作法みたいなものが嫌いです。
というのもですね、まともに料理を作れなかったり料理を作る作法をしらない女は、たまにものすごく馬鹿にされます。
誰かの家にあつまって、ちょっとしたパーティーみたいなことしませんか?
今の季節なら、断然、鍋パ。鍋パが通じない人ってどのくらいいるんだろうか。家でみんなで鍋の材料ひたすら切ってカセットコンロの設置にもたつきながら、おっしゃそろそろ煮えてきた食べようって頃に「仕事が長びいてごめ〜ん」とかいいながらみんなの苦労を食べるだけの人がでてきたりするのが、鍋パーティー。略して鍋パ。
ほかには、寿司パもある。大阪は、たこパ率たかいです。というか、他府県ではたこ焼き機自体が家にないので作れないよね。大阪にくるまでは我が家もたこ焼き機はなかったけど、もしかしたら引越しの時に捨てたかな。友達の家にいってする、たこパは楽しく、腹が苦しいものです。ほら、たこ焼きって一口サイズだから「まだいける」気がして。あと、たこ焼きのタネが中途半場にのこってタコがなくなってからのカオスは、けっこうなものです。タコの代わりにチーズはうまい。あんまり覚えてないけど、無難なものは無難においしい。だけど……だれだ、梅の味付けされたニンニク入れた奴。すんごいまずかったのだけど、たこ焼きだから焼いてしまえば丸くて中身がみえない。ちょっとしたロシアンルーレットのはじまりです。
アルコールが入れば宅飲みですね。
なんちゃらパーティや、宅飲みや、適当に料理を作ろう!という流れになった時。これは危険ゾーンとの警告の鐘がなります。たまにいるのですよ。料理ができる女としての自尊心を、たっぷりもったお方が。ふふふふ。もちろん、人によるけどね。
普段、料理をしない私なんかに非難が降り注ぐことがある。料理の腕でなく料理の作法を知らないことを、けっこうな上から目線でいわれます。うぅ。料理ができるできないは、その人の人間力とでも呼べばいいのか。そんなものには比例しない。なので、料理力が高くて、人間力が低い女が厄介でした。プライドとか、その人の常識とかあるもんね。そして、仲が良かった友人も料理でのダメ出しをする友人とは、いろいろあって縁を切ることとなった。IMG_1430

適当に野菜や肉切って炒めりゃ、料理なんてできるじゃん。塩と醤油さえあれば、味付けなんて万能じゃん。料理の作法なんざしらなくてもさ。と、どんどんひねくれて、また私は自分が食べる分しか作らなくていい環境だったので作法を知らないままで過ごすことになる。なもんで「味噌汁の作り方しらない」といったら、ちょっと引かれました。

さて、私の嫌いな料理の作法ですが。
しっている作法はこれくらい。
「さしすせそ」この順に味付けしようねってことくらいです。もね、料理とは化学なのです。作法なんて呪縛は捨てていい。

「さしすせそ」これは粒子の大きさの順で並んでいます。
砂糖の次に大きい粒子をしているのが塩。だから、塩で味付けした後に砂糖を入れても食材に粒子が入りずらくなるから、いれた量のわりに味に反映されなかったりする。また塩は、時間が経てば浸透圧で水分を追いだすから塩の味が時間とともに強くなる。包丁で食材を切るのは、力技でなく摩擦熱を利用するために、引くもしくは押してスライドさせながら切る。このことにより、切ったところの断面図は力技だとギザギザになり、スライドさせるとすっと、線になるためおいしくなるとかなんとか。これは「なんだか、打楽器と似ているなぁ」という印象でした。
ドラムの腕の良し悪しは、リズムキープだけでなくて叩き込んだ人は、手首のスナップを効かせているので最小の動きで、最大のいい音を引きだせる。初心者のスネアの音は「ドンッ」と、とにかく重い。叩き込んでいくうちに、また方々の先輩方からも手首を使えという、さんざん同じアドバイスを頂きながら「かーんっ」という空気に一筋とおすような真っ直ぐな音がでるように日々練習あるのみです。ちなみにですね、叩くときに、スネアのへりのとこと当時に叩く技法があるのですが、ガツンと殴られたようなインパクトの音がでるのとか、ベースのチョッパーっていって弦を打ち付けることで、これまたでかい、かっちょいい音がでるのですが、その音を出すことと、その音を出す行為が好きなあたり、派手好き大阪っ子だなという気がしました。

まあ、そんな料理に苦手意識をもっているワタクシなのですが。
それでも、食は大切だという認識は今も昔も変わっていません(私事ですが、ストレスがかかると食べる気力がなくなるので、美味しいものをちゃんと食べられることはありがたいことです)。

長い間、食べ物は人というものを動かすガソリンのようなものと考えられていました。
人の体は車本体で、食べ物はガソリンということ。消費すれば継ぎ足せばいいもの。それを証明するために、食べ物に発光する遺伝子をまぜて(?)まあ、食べて分解された栄養素がどんな流れをしているのかを実験した人がいました。そうすると、栄養素は予想と反して身体中を巡っていることを発見しました。それには、なんちゃらという名前がつけられて……これを書くにあたって、これを読んだ本を探そうとしたのですが、どうしても見つからなくて。でも、ちゃんと実験データから証明されていることなんですけどね。。うーん。記憶を頼りではなんとも説得力がないな。
これで証明されたことは、生きていたものから、そのものの力を取り込んでいるのです。自らの身に。

生きることは、食べること。
命を「いただいて」いるから、戴きます。

Comments (1)

Tags:

ぺらいチーズダイアリー

Posted on 18 2月 2015 by

こんにちはkonamaです。

お題「チーズについて知りたい。世界の食文化について知りたい」にお答えして、書いてみました。

世界の食文化!と言うには、私が最も長く滞在していた外国は、かの悪名高いイギリスでしたので、そこんとこどーよ?とは思うのですが、ま、ぺらりと書いてみたのでよろしくお付き合いください。

チーズは結構、好きです。でも細かい産地とか覚えられないんだよねー、ということで、実は私、こんなものをモレスキンポケットに書いてました。じゃーん。

EAB1986E-EA94-46A6-BC76-71CB88682DBD

そのまんま捻りもなくチーズダイアリー。

中身を見てみると

1D7431B6-1622-4EE6-B709-B08AB0C88D4A

一番好きなヤールスバーグ!例のネズミのイラストについてくる穴あきチーズの元祖みたいなやつ。食べ合わせまで書いてあるし、気合入ってるなあ。

58EFED45-37F5-483C-A515-CA0FFCAC64E3

イギリス料理についてはイギリス人は自信を持っていないけど、チーズにはウルサイ人が多い。スーパーでもハード、セミハード、ソフトにそれぞれマイルドとマチュア、産地の違いや、スペシャルグレードと、基本長い一列の冷蔵ケース丸々一台チーズが占めていることも珍しくないし、近所のスーパーでは量り売りの売り場も別にあったくらい。

じゃどうやって食べるか?っていうと、そのまま食べる。職場に学生が実習に来て、こちらでランチを用意するというのでいくと、たくさんのバッケットにバターの塊みたいなサイズのチェダー、ゴーダ、何種類かのディップソース、ティーバッグとポットのお湯が置いてあって、パンとチーズ用のナイフが置いてあった。以上、勝手にやれということらしい。なんちゅうか学生用はシンプルだなと思ってたら、午後実習に関係ない教授らがわらわらとやってきて、「おお、マチュアチェダー丸ごと残ってる〜♪」と満足げにバケットを頬張っていた。

そんなにチーズ好きならチーズ料理は美味しいかと思うのだが、思い出す限り美味しくなかった思い出満載だ。エゴいチーズフォンデュに紐っぽいチーズパスタ、そしてあの悪夢のようなカリフラワーチーズ!一応イギリス人の名誉の為に言っておくが、カリフラワーチーズは普通のイギリス料理で、日本人の留学生も自炊の供の冷凍食品の定番として挙げる人もいたくらいだ、もともと不味いようなものではない。しかし大学や研究所のカフェテリアで出てくるベジタリアン料理としてのそれは大抵筆舌に尽くしがたい味がする。想像して欲しい、カリフラワーを長時間グッズグズに茹でたものをゆる〜く水切りした上に粉をはたいて、それに冷蔵庫で見つけた干からびたピザ用チーズを乗っけて焼いたものを。もちろん塩胡椒はされていない。このバリエーションとしてマカロニチーズというのもあるので油断ならない。味の説明は割愛。

もう少しスマートな食事の時はどうかというと、ディナーのラストにチーズボードがあるときがある。これはまんま、チーズボードにいろんな種類のチーズとセロリ、マスカット、干しぶどう、クラッカーなんかが乗ったものが回ってきて、各自好きなものを好きなだけナイフで切って食べる。給仕さんが入れば、こんなに食べちゃいけないんだけどね、とかなんとか言いながらガバッととるのがおじさまたちのお作法だ。旅行先で気軽に食べたいなら、伝統的なパブでランチを出すようなところでプラウマンと呼ばれる冷たいもののランチが簡単だ。好きなキッシュやサラダ、チーズ数種を切ってもらい、バケットがついてくる。ただし、コレで昼からビールを飲むと、雨模様のうすら寒い日などトイレが近くて大変なことになるので、そのつもりで。

ボードに乗ってくるのはブリーやカマンベールみたいなマイルドなソフトチーズ、ブルーチーズ、チェダーなんかのハードチーズ。マイルドとは言っても、好きな人は買ってきてからトロトロになるまで寝かせてから食べるので、チーズの臭みが苦手な人はダメかもしれない。友人で学生寮の本棚に寝かしてた奴もいた。ブルーチーズはイギリス人が誇るスティルトン。ソフトな感じのスティルトンは大好物だが、少し硬くて時間が経った奴なんて、ロウソクを齧ってるみたいな味がする。このスティルトンは土地の名前で、割と近い村だったので行ってみたことがある。

89FC1036-7A0A-4337-BB3A-54F2E89728EE

写真は村の標識で、いかにもチーズ作ってます感がでてるけど、この村は交易の要所でだっただけで作ってはなかったというウンチクをおじさまたちからチーズボードが出るたびに聞かされたのも懐かしいところ。

話が長くなったけど、肝心のチーズダイアリーはどうなったかというと、

6C2F92E5-8D26-482C-BCA8-A17F8B0766F3

ヤールスバーグの3ページ後。

まさにペラいダイアリーで終わってた!

多分ねえ、敗因は一人で美味しいうちに食べ切ろうとすると確実に高血圧になるってことと、はりつけたチーズの包みが芳しくなっちゃうってこと。

元は日本に戻っても好きなチーズを食べられるようにと始めたこのノート、残念ながらそんなに役立ってはくれていない。あんなにチーズを並べたチーズ専門店がある東京でも、フレッシュタイプのスティルトンはそうそう見つからないし、ヤールスバーグは通販以外見たことがない。チーズ◯国のお兄さんによれば、今北欧のチーズは生産量が追いつかないのでヨーロッパの外にはあんまり出回らないんだそうな。それでも、未だに結構チーズは冷蔵庫に常備するくせがついているし、ヤールスバーグの親戚みたいなエメンタールチーズは常連だ。いつかまたチーズダイアリーの続きを書くこともあるだろうか?それまでにページにネズミの齧り跡がつかないといいけどね。

Comments (4)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ