Archive | Illustration

何言うてまんねん!「ふでdeまんねん」買いました

Posted on 16 3月 2013 by

春は出会いと別れの季節、特に3月は卒業シーズンですね。ダメ人間からいつまでたっても卒業できないぺら部創設者なかしぃですf(^-^; 卒業は出来ませんが今月は新しい出会いがありました。それは「ふでdeまんねん」!!

ちょっと前にテレビでやってた映画で「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」を見て感動して、「よし!これからは書道や」と思って書道を初めたくなりました。でも、習字道具を揃えるのや書く前に墨を磨ったり最後に筆を洗うのが面倒くさいので筆ペンにしようかなと思ってググってたところ「ふでdeまんねん」というアイテムを発見しました。これは簡単に説明すると、筆で書いたような文字を書ける万年筆で、ペン先が反っていて紙に接する面積が多いので筆のようにかけるというのが売りでした。

それで週末に梅田で6軒まわりましたが6軒とも売ってませんでした(>_<) かといって店員さんに聞いてみるのも恥ずかしくて出来ませんでした。なんせ名前がベタすぎる! 「すみません、ふでdeまんねん置いてますか?」って言って店員さんがその商品について知らなかったら「はぁ?」みたいなリアクションされて説明するのが面倒くさいですよね。いまどき関西人で「~まんねん」って言うのは明石屋さんまくらいでしょ。(こういうネーミングが決定される商品会議を想像すると面白いですよw 大の大人が駄洒落大会みたいなことやってると思うと)ということで場所を移して心斎橋の東急ハンズに行ったらありました!実は¥1,050のと¥2,100のが2種類あり、高い方は見た目高級万年筆チックな感じだったので最後の1本をゲットしました。

家に帰って早速試してみると意外と筆さばきが難しく、毛筆で書いたように書けない(>_<) かなり練習が必要です。しかも筆者は書道の心得もないし字も下手なので使いこなすところまでいくのは程遠いことに気づきましたorz

DSCF3250 

とりあえずなんちゃって勘亭流で書いてみました。

この万年筆の特徴は、「筆のように書ける」、「一本で細い線から太い線まで書ける」なのでこのままではもったいないと思いつきで絵を描いてみました。するとどうでしょう、なかなかいい感じで描けるではありませんか。一言で言うなら「なんちゃって水墨画」!!本格的な水墨画には程遠いけど味がある絵が描けましたf(^-^; これぞぺら部的。 今までボールペン画をやってきましたが、これからはなんちゃって水墨画のジャンルの第一人者になります。ボールペン画とは違ってモノクロームの世界で勝負するということと、水墨画+ペン画+万年筆画÷3の作風にチャレンジするということに興味を惹かれました。ということで何点か描いてみました。

DSCF3252

まずはモンサンミッシェルを描いてみました。

DSCF3253

 

カテリーナ・ヴァレンテを描いてみました。

DSCF3254

 

調子に乗って蒸気機関車を描いてみました。

DSCF3255

 

エラ・フィッツジェラルドとジョー・パスのデュオのアルバム、Easy Livingのジャケットを描いてみました。

DSCF3256

 

通天閣を描いてみました。このあたりで水筆を使って描いた線を滲ませるという技を覚えました。いい感じでしょ?

DSCF3258

 

だんだん幽玄の世界に近づいてるでしょ?

 

DSCF3260

 

ちなみに、落款は香港のはんこストリート、上環の文華里でラピスをベースにして作ってもらいました。ひらがなもOKですよ。

閑話休題、なんちゃって水墨画でノッてきたところで、色々ググってみると廉価版のふでdeまんねんはペン先にイリジウムのチップが無く、ある意味消耗品であるということが分かり、さらに検索してみるとなんと、長刀研ぎの高価なのもあるではありませんか。¥30,000するスケルトンで金具が金色のと、¥21,000する一見黒に見えるブルーのがあり、万年筆で¥30,000出してハズレやったらショック大やなぁと思いつつ¥21,000の方に惹かれはじめました。2~3日迷った挙句、「いつ買うの?今でしょ!」ということでポチってしまいました。

プロフェッショナルギアスリム「長刀ふでdeまんねん趣味の文具箱限定ブルー」

買っちゃいましたよ、¥21,000の方。実は長刀研ぎを開発したあのペン先職人の長原宣義氏が日本語の美しさを表現できる万年筆を!と発明した画期的なペン先を持つ万年筆がふでdeまんねん!その長原氏が研いだ長刀研ぎのふでdeまんねんとあっては買わないわけにはいかないでしょう!(長刀研ぎも長原氏もこの件で初めて知りました、ぺらくてすみませんf^-^;)

やっぱり新しいことをはじめるときはいい道具を使わないと上達しないという法則に遵ってしまう、「形から入る派」の悲しい性ですね。これで背水の陣を敷いたのでこれからはなんちゃって水墨画に精進します(^-^)ゝ(書道やるんじゃなかったの?というツッコミは勘弁してくださいね、ぺらいので)

参考文献

  • 「ペンで描く スケッチから細密描写まで」 A.L.グプティル 著
  • 「ペン画ノート」 視覚デザイン研究所 編
  • 「増山修の筆ペン1本で描く風景スケッチ」 増山修 著
  • 「趣味の教科書 楽しい万年筆画入門」 古山浩一 著

 

Comments (3)

「ぺらり途中下車の旅」若しくは「なかしぃの微妙な冒険」

Posted on 05 3月 2013 by

2月はRun away, 3月はGo awayというくらい時が流れるのは早いですね。ぺらいので時に流されてどこへ行くのか迷走中ですが何か?というわけで今回は旅についてぺらく哲学を語ってみようかなと思います。

去年ぺら部トラベルとして企画した旅行としては、春に行われた「靱公園で花見をした後中崎町で雑貨屋巡り」と夏に行われた「ぺら部の聖地、十三をぺらぺら散歩」がありました。どちらも事前の段取りとか打ち合わせとか全くなしで行き当たりばったりでした。しかもぺら部員は迷子属性を持っているのでiPhoneの地図をもってしても道に迷うありさま。当初の予定(そんなのあったのか?)から脱線して足つぼマッサージに行ったり、途中で部長が論文を書くため離脱して自由行動になったり、一応旅の安全を祈願して神社にお参りしたりのゆるゆるぐだぐだな旅を繰り広げました。どちらも大阪の中心地「梅田」から電車で10分程度という、旅行と言えるかは微妙なロケーションですが、ぺら部だからこそ出来るツアーなのです。

ちなみに、ぺら部の聖地「十三(じゅうそう)」とは、松田優作の遺作「ブラックレイン」のロケ地にもなったセクシャル&バイオレンスな街です。下の画像は某ガイドブック風に描いてみました。

DSCF3247

 

ぺら部員の中には迷子属性を持った人が多いと思いますが、筆者はあまりにも道に迷いすぎるので何故かぺら部の会員ナンバー0を拝受しました。どうも名誉のある番号らしいです。

でも、ここで声を大にして言いたい!

「敷かれたレールに沿った人生より道に迷う方が面白い!」

かなり開き直りな感もありますが、人生寄り道回り道上等です。なんせ話のネタになるしね。予定調和のルートが決まった旅なんてつまらないとは思いませんか?思うよね、思う?筆者は迷子になるくせに道を外れたり路地に入ったりするのが好きです。座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」です。(相場格言です)

もちろん筆者も旅行に行くときはガイドブックを買いますよ、買いますとも。でも本来の使い方とはちょっと違うのです。本来の使い方は迷わずに目的地にたどり着くために見ると思いますが、ぺらいので道に迷った時に迷子状態から復帰するときに見ます。なので、しょっちゅうガイドブックを見ながら歩いてます。そういうときに便利なグッズが「ブックパッカー」!

ブックパッカーとは何ぞや?それは肩からかけられる紐がついたブックカバーです。

DSCF3248

 

これがあればいちいちかばんの中にしまったり取り出したりを繰り返さなくてもすみます。サイズは文庫サイズ、地球の歩き方サイズ、るるぶサイズの3種類があります。ちなみに筆者の持っているのは地球の歩き方サイズです。文庫サイズなら手帳なんか持ち歩いて好きなときに物書きが出来ますよ。(毎度のことながらステマではないのでリンクは載せません。興味のある方はググってください)でも、コンセプトは画期的な商品なのですが、個人的な感想をいえばちょっと使いにくい。なのでこの手のアイテムで他のがあれば教えてください。

最後に、今年から旅日記を書こうと筆を取り始めました。こういう類のことをノートに書いている人は多く、文章が上手だったりイラストが精緻だったりするのはよくあります。なので、同じように書いてもしょうがない。文章も適当、字も下手、スケッチにいたっては線も色塗りも適当で他人からは下手と思われても文句は言えませんが、

あえて言おう、「それも味である」と!

DSCF3249

写真は、「八重の桜」に便乗して学生のフリして同志社大学に潜入したときの旅行記です。

では、一路順風、Von Voyage (^-^)/

 

Comments (0)

改めまして、はじめまして。そして食べ物の話。

Posted on 20 2月 2013 by

改めまして、はじめまして。エハガキ華と申します。

2013年からNotebookersのライターに正式に採用されました。

正式採用の前もゲストとして投稿させていただいたことがあります。

その時の記事はこちら↓

交換ノートをしています。 (2012年5月8日)

モレスキンと虫 (2012年11月2日)

その他では2013モレポケカレンダーの11月の絵を担当させていただきました。

一番よく出没するのはTwitterです。エハガキ華の文化的日記というブログもやっています。

タカヤさんが新たにNotebookersライターを募集するのを今か今かと待ち構えていました。

ついに正式なライターになれて、とても嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

***

 

自己紹介だけでも寂しいので食べ物の話をしたいと思います。

私はその昔、かなりの偏食家・食わず嫌いでした。

今でもその傾向は少しだけ残っていますが、とにかく私から見た世の中は嫌いな食べ物と、身近にあるのにも関わらず食べたことがない食べ物で溢れていました。

それがちょっと変わったのは、「絵を描くために食べ物を買う」ようになってからだと思います。

絵のモチーフとして何かしらの食材を買う→描く→描くだけじゃ食べ物がもったいない→料理の仕方が分からない→調べる→料理する→意外に美味しかった→料理や食材にちょっと興味が湧く→また新しい食材に挑戦する

こんな感じで思いもしなかった良い循環が生まれて、その間克服した食わず嫌いの数はいざ知らず。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

例えばこれ、2009年に描いたカサゴ。真夏だったので腐りやしないかと大急ぎで描きました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これは普通のかぼちゃに見えますが、「佐倉かぼちゃ」という品種で、食感が普通のかぼちゃとはだいぶ違いました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これは京野菜の海老芋(京芋)。里芋の仲間ですけど虫みたいで気に入っています。この形を描くのがすごく難しくて苦戦しました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左がたらの芽。右に半分だけ見えているのがウルイ。春の山菜です。

私は食品についているシール類が大好きで、はがしてノートブックに貼っておいたりします。絵にも描けるし、シールも集められるし、新たな美味しい食材に出会えるかもしれないしで、もうむしろ食わず嫌いをする理由がありません。

もちろん料理に失敗することも度々あるのですが。

それはそれで。

もしこれを見ているあなたが食わず嫌いな日々を送っているのなら、楽しい食材の世界へあなたもようこそ。

 

 

Comments (4)

ChaiさんのMy Favorite A to Z in JAPAN

Posted on 19 2月 2013 by

旅好きイラストレーター、Chaiさんの個展が2月11日から17日まで

京都・二条「 Cotoha -Plants & Antiques-」で開催されました。

そんな、会場の雰囲気をちょっとだけお届けします。

Exif_JPEG_PICTURE

 

ご存じのとおり、Chaiさんは、このNotebookers.jpのライターとしてまた、

書籍「モレスキン 人生を入れる61の使い方」著:高谷さん他(ダイヤモンド社)

「旅鞄(トランク)いっぱいの京都・奈良」著:堤信子さん(枻出版・えいしゅっぱん)

でも、紹介されている、イラストレーターです。

そんな、旅好きな彼女が各地を巡り、その独特な視線で描かれた風景を26の作品にして展示したのが今回の個展でした。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

その作品の中から、何点かを紹介させていただきます。

 

Exif_JPEG_PICTURE

A to Z という事で、アルファベットのAからZまで、その頭文字を作品のタイトルにして、26作品を描いています。

Bということで、「BOOK246」旅をテーマにした書店様です。

Exif_JPEG_PICTURE

PはPark。北海道札幌のモエレ沼公園。

 

Exif_JPEG_PICTURE

S SHINKANSEN まるで車内にいるような錯覚に陥ります。

 

Exif_JPEG_PICTURE

J JIHANKI(自販機)、ほんらい見る事の出来ない視線なのに、自然に表現してしまう彼女のセンスがあふれている作品。

今回、会場となったのは、この2月11日にできたばかりの, Cotoha -Plants & Antiques のイベントスペース。

店のオーナーもChaiさんの作品を高く評価、オープン記念の展示に喜んでおられました。

 

これからのChaiさんの活躍に期待します。

 

 

 

 

Comments (8)

Tags: , , , ,

モレスキンを使った写真展第2弾「モレ写2」好評開催中

Posted on 11 1月 2013 by

ひと足先にげんさんが記事を書いてくださいましたが、ようやく僕もアップできました(遅い!)。今回も力作ぞろいですので、ぜひぜひご覧くださいませ。

 

(以下、個人ブログからの転載となります。不適切であれば削除いたします。)

8370275084_9473823a87

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年1月に開催され大好評を博したちょっと変わったグループ写真展「14 TRAVELS by 14 PEOPLE in 14 MOLESKINE」。「旅をテーマに自分なりの表現で制作してください」のお題のもと、蛇腹型のノートブック、モレスキン「プロジェクトプランナー」に各々の「旅」を詰め込むこの写真展、ただいま第2弾が好評開催中です。

 

写真展概要はコチラ
【イベント】旅する写真展α MOLESKINE写真展2|旅屋日誌

 

今回も、写真はもとより、文章、イラスト、マスキングテープや切り紙などをあわせたコラージュ、さらには旅のテーマや全体の構成に至るまで、全部ひっくるめての個性にあふれた作品が目白押しです。

それぞれの作品を見ていると、やっぱりこれは写真の、そして旅の新しい楽しみ方のひとつの形だなあと思わずニコニコしてしまいます。そして「うわ、これ、おもしれー!」と言いながら、ページをめくる手が止まらなくなってしまいます。

 

ではそれぞれの作品を、ほんの一部ずつですがご覧くださいませ。

20130105_12120020130105_11230220130105_11235220130105_11243420130105_11254620130105_112743
20130105_11285120130105_11294020130105_11305820130105_11321020130105_11332020130105_113422
20130105_11354220130105_11362020130105_11393220130105_11401920130105_11410320130105_114147
20130105_11424520130105_11441220130105_11450620130105_11464520130105_11500820130105_115104

他にもありますのでこちらでどうぞ。20130105_モレ写2_スタート, a set on Flickr.

 

前回と今回を通じて改めて感じたのは「旅の写真とその見せ方の変化」ということです。

ここ数年のデジタルカメラやスマートフォンなどの普及は写真を撮るという行為を日常的なものとしました。その結果、旅の最中に撮られる写真はそれまでに多かった記念写真、美しい自然や街並みといった観光的写真だけでなく、旅先で楽しんだ料理や街角で見かけたちょっと変わったものなど、まさに「旅の日々の記録=ログ」にまで広がりました。

さらに写真はこれまで、1枚の作品として見せることを意図したものがメインでした。でもこの展示ではむしろ、何枚もの写真を組み合わせ、1冊にまとめることで「自分が体感した旅のエッセンスを、観る人に楽しんでもらおう」という意図がありありと伝わってきます。

実は僕が撮る写真は「1枚写真として見せる」タイプのものがメインで、写真を切り抜いてコラージュしたり、マスキングテープなどでデコレートしたりするのが大の苦手。なので自分ではできない写真の表現として、みなさんの作品を見るのがなおのこと楽しいのかもしれません。1枚写真を得意とする方、けっこう目からウロコが落ちるかも? ですよ(笑)。

蛇腹形式という一風変わったフォーマットのうえに自由に作り上げられたいくつもの旅。ぜひ会場に足をお運びいただき、作品を実際に手に取ってご覧ください。写真のセレクトや順番、ページ上での配置、コラージュなどのデコレーションに至るまで、作品を制作しているメンバーの頭の中を想像しながらそれぞれの旅を楽しんでいただけたら、とても嬉しいです。

 

(1/31(木)まで、東京・中野の旅屋にて開催)

Comments (2)

Tags:

もしも歴代『相棒』3人が揃ったらシリーズ notebookersスペシャルエディション

Posted on 19 11月 2012 by

いつもはInstagramに上げている「相棒」落書きonモレスキンですが、せっかくのノートネタなのでここに。

歴代『相棒』の皆さんに持って欲しいノート、メモ編!

image

右京さんいればノート要らねえじゃん…

*この記事の筆者はただの一『相棒』ファンであり、このサイトも筆者も『相棒』とは一切無関係です。念のため。

Comments (0)

ラーメンノートができるまで

Posted on 10 11月 2012 by

今年の初夏に行われたNotebookersキャンプの夜、
モレスキンカウボーイことタカヤさんに
自分の愛用ノートを見ていただく機会がありました。

そもそも自分の愛用ノートを人様に見せるということ事態が初めてで、
むしろラーメン食べながらバンジージャンプした方が
マシなんじゃないかと思うくらいの恥ずかしさを
こらえて、↓のような状態で見ていただいたんですが‥

10分くらい経った後。

憧れのモレカウ(←ちょっとほろ酔い)にいただいた初めての感想が
「ラーメンなんですね」だったときの
わたしの気持ちはこんな感じ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自覚なかったんですが、わたしのノートはどうやらラーメンで埋め尽くされていたようです‥
ものすごく恥ずかしい‥

で、改めて今までの自分のノートを見返すとそこかしこに‥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラーメン‥

 

 

 

 
やっぱりラーメン‥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、最近のノートにも‥

 

 

 

 

 

 

 

 

あっそういえば昨日もモレスキンに‥!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっこんなに描いて(貼って)たっけ‥‥!!?と思うくらい多かったです。
私の場合、ラーメンを食べた日は嬉しくてノートに記録せずにはいられないため
それが積もりに積もって、今のラーメン(だらけの)ノートができあがっているようです。

ノートには、自然と自分が好きなものが集まってくる気がします。
日常でノートを使うといっても、何を書けばいいんだろう?と迷ってらっしゃる方は、
ぜひ、ノートにひたすら大好きなことだけをたくさん書いてみてください。

書きためてから誰かに見てもらうと、
自分が何が好きなのか、どんなことに気持ちが動かされているのか、
ポロッと言ってもらえるかもしれません。

Comments (5)

展示『猫旅~neko tabi~』@中野・旅屋

Posted on 08 11月 2012 by

 

 

お久しぶりです。keiです。

今回は告知です。

 

ただいま文房具ファンにはおなじみの、 東京・中野の~旅を感じる文具雑貨店~旅屋にて、初の絵の個展を開催しております。

展示のタイトルは『猫旅~neko tabi~』。

猫たちの絵を展示しております(まんまやw)。

 

水彩画に鉛筆やペンのドローイング、色鉛筆画…。

様々な技法であちこちで出会う猫たちを描いています。

ちょっとぶさかわだったり(笑)、だらけきってたりとただかわいい・きれいだけでない猫たちの姿を切り取って表現しています。

個人的にはおすましして絵になるポーズの猫よりも、気が抜けた時やリラックスしている表情の方がその子らしさが出ていて好きなのです( ´艸`)描きがいもあるし。

 

お店の壁面には主に大きなサイズの絵を、デスクの上にはノートブックのドローイング集を丸まる置いています。盛りだくさんヘ(゚∀゚*)ノ

展示してあるノートブックはMoleskineクラシック、Moleskineカイエ、Moleskine水彩画ノートブック、Rollbahn、月光荘などあれこれです。鉛筆のノリなんかを試したくて、色々使ってみてたんですね。

これからこれらのノートブックを使ってみたい方にも、参考になるかと思います。

 

 

展示期間は11/3~11/25です。すでに始まってます(^▽^;)エヘ

ぜひ文房具を探しに、そしてたくさんの猫さんたちに会いに中野の旅屋に遊びに来てください(^_^)/土日祝は会場にいる予定です。

猫のアイコンのバッジが目印です。見かけたら気軽に声をかけてやってくださいな。

 

すでに来場いただいた方から(ありがとうございました)、また来ますとの声を多くいただいています。

感謝です。

せっかくなのでリピートしていただいた方にも楽しめるよう、展示の内容や販売物など、(できれば)毎週末ごとくらいのタイミングで少しずつ変えようかなと思っています。

どうぞ、何度でも遊びに来てくださいヘ(゚∀゚*)ノ~♪

 

 

期間中、在廊時間やその他のアナウンスは自分のブログ、Twitter @kei0727にて順次流します。

よろしければそちらもチェックしてくださいませ。

 

そうそう、展示のDMをご希望があれば随時お送りしておりますので、『ほしい!』と思われた方はTwitterからでもご連絡ください。

 

では、また展示期間中にご報告いたします(^_^)/

 

 

Comments (0)

モレスキンと虫

Posted on 02 11月 2012 by

お久しぶりです。
ゲスト投稿者のエハガキ華です。
今日はモレスキンについて書かせてください。

私は虫が嫌いなのですが、虫の形が好きで、本棚には虫の本が並んでいます。
でも本物は触れません。虫が嫌いだからです。

虫が嫌いな人物は虫の形を愛したりしないだろう、というのは長年の私の思い込みでした。
その思い込みを解いたのは、モレスキンのスケッチブックです。

虫を描くのが楽しかったのです。
虫が嫌いな人物は虫の絵なんて描かないだろう、といのも長年の思い込みでした。
モレスキンが「思い込みなんて捨てなよ」と喋ったのです。

否、そういうメルヘンな話ではなく、モレスキンを使いだしてからモレスキンユーザーの自由な発想に刺激を受けたのだと思います。
私にとってものすごく大きな変化です。

虫もですが、動物も自然もあまり好きではないと思い込んでいたのです。

全く、頑固な思い込みでした。最近の私の新しい趣味は雨後のキノコ探しと野鳥の鳴き声を覚えることです。

ありがとう、モレスキン&モレスキンユーザー。

 

Comments (1)

Tags:

今週気になった記事まとめ 2012/10/22-2012/10/28

Posted on 28 10月 2012 by

皆様こんにちは~。
まとめ記事のお時間です。

文房具好きの机まわり

マステがきちんと並べてあって美しい…!
片付けられないなら片付けられないなりの散らかし方があるのかもしれない、と少し勇気をもらった投稿でした。

手帳選びのポイント♪

手帳選びで迷ったら、迷った分全部買ってしまいましょう。

恐ろしいキラーワード…
「一年間合わない手帳とすごす方がもったいない」という意見には説得力あり…

自信についての取材

ヨットのように生きる

なんかこのキーワードがいいなあ、と思って。意味はわからないんですけど;

Rollbahn®

ロルバーンもかなり使い勝手のいいノートですよね。何度か使ったことあります。
硬い表紙にポケット…とモレスキンと特徴は似ていますが、モレスキンより安価な分、落書きもざくざく気軽にかけてしまう。

最後に

今週は新たにスタートしたドラマ「相棒11」の妄想がとまらず、モレスキンにざくざくと描き出して一週間終わりました。
妄想絵、感想絵共にTwitter等でnotebookersの方からも少なからず反響を頂き、驚きです。 走る右京さんが結構…
なんか予想外の 反響だったので、今後も描いていこうかなあと、と思います。
相棒いいよ相棒。

Comments (0)

おひさしぶりです

Posted on 07 10月 2012 by

町田エムです。
(@sadgirlxxx

notebookers.jpが開設されてしばらくは
ちょこちょこ投稿させて頂いていましたが
生活がかわったりもにょもにょいろいろで
ずいぶんと、ごぶさたしておりました。

今年の4月から、大学生になりました。
社会人入学です。
10代のクラスメイトにかこまれて、楽しくも刺激的な毎日です。
美術科洋画コースで、ぺたぺた絵を描いたりしています。

さて、学生の必需品は、notebookですね( ´ ▽ ` )ノ

この歳になって、ノート広げて勉強するということが
新鮮でしかたなく、ここぞとばかりにうきうきかいています
実習系授業が多いので、ノートをとる機会は少なめですが…

20121007-224123.jpg

こちらは美術史のノートです。

板書はあまりなく、先生の話を聞いて自分なりにまとめています

自分にわかりやすいように、自由に、話の内容を記録することは
とてもたのしいです。

周りは寝てる子が多いですが( ´ ▽ ` )ノ

20121007-225029.jpg

文字をかくこともたのしいですが
絵をかくことはもっとすきです。

らくがき、下描き、アイデアストック用のクロッキー帳は
生活のパートナーです。

そして、大切な気持ちの交換にも。
さいきん、こんなわたしにも
恋人ができました。
彼も、描くことがすきなひとなので
クロッキー帳をおそろいで買って
絵を描いて一冊埋めたら、交換しよう。
という試みをしています。

自分のすきなことを、
大好きなひとのためにするのは
至上の幸福だと感じています。

ひさしぶりにサイトを覗いて
みなさんの記事を読ませていただいて
なんというか、ほっとして、元気が出ました。
お会いしたことないかたばかりなのに
古い知り合いのような、あたたかさを覚えます
居心地がいいというのでしょうか

また、機会をみつけて、こそりと投稿させていただきます( ´ ▽ ` )ノ

Comments (1)

てきとー旅にっきてん

Posted on 05 10月 2012 by

わたし、、パリにいく!

よくわからない思いつきで そう言い放った私に、、

お友達は彼(トラベラーズノート)をくれました。

これから旅にいくのだから、これを持ってたくさんイラスト描いてきてね。。

彼と初めての出会いです。とまどいながら、、

鞄に忍ばせてパリに行く事にしました。

真っ白な彼を汚すのは本当に怖かったけれど、

一人の時間を彼は相手をしてくれたり、

現地の人との通訳としてがんばってくれてたり。。

旅行中、、二人の間は縮まっていました。。。

いつもそばで支えてくれてたお返しとしてw

彼(トラベラーズノート)と私の時間wwwwを清書したものを、、

中野の旅屋さんで展示させていただくことになりました。

たのしいかよくわからないけど、、 こんなアホ人間います。という

ことを知っていただければ幸いです。

ぜひお越しください!!

無料チケットですよ↓

てきとー旅にっきてん~tomorrow is anotherday~

開催期間】
日程:2012年10月1日(月)-30日(火)
時間:11:00-20:00
※毎週水曜定休

【場所】
旅屋内
※入場無料

【在店日程】
10月1日(月)
7日(日)
8日(月)体育の日
14日(日)
28日(日)

13:00-18:00頃まで在店予定です。
※変更がありましたら随時お知らせ致します。

【イベント】「てきとー旅にっきてん~tomorrow is anotherday~」開催中!

写真は 旅屋さんからお借りしました♪

Comments (0)

みそじ展の報告

Posted on 01 10月 2012 by

9/18~9/30で、みそじ展を開催しました。

 

みそじ展とは、、、

高校の頃、美術大学を目指す予備校に通っていて、そこで、知り合ったみんなで、

なべ部という、ただ、集まってなべを囲んで、熱く語りダラダラするという、部を作りました。

あれから、十数年。

なんだかんだ夢を掲げていた私たちは、みそじになりました。

そこで、お祝いでもしない?どうせなら、作品飾らない?ってことでみそじ展、開催しちゃいました。

 

総勢9名のグループ展。

油絵、写真、イラスト、立体、本、9人が9人、みんな違う。それが、おもしろい。

予備校の頃のように、毎日みんなに会えて、すごく楽しい2週間でした。

 

パーティにはこんなに素敵な夢のようなケーキも。。。

下から、チーズケーキ、アールグレイケーキ、フルーツケーキ、シュークリーム。

 

 

わたしは、イラスト数点と、ノートを数冊置かせていただきました。

遠くからみてると、ノートをじーっと眺めてくれる方も、コメント残してくれてる方も、座り込んで全部のページをじっくりと読んでくれてる人も、イラストを見てくださる方も。。。

みんなみんなありがとう、の気持ちでいっぱいでした。

イラストも久々に、こんなに絵に向き合うことができるなんて、幸せって思うくらい、楽しかったです。

 

さらに、お話させていただいた方がみんな、

「わたし、今日ノート買って帰ります、こういうのやってみたいんです」って言って下さって、それがまた、うれしかったです。

 

ノートは無敵☆

 

そして、みんなを幸せにしますね。

 

次回は、オリンピックと同じ、4年後?

または、40歳、よそじ展?はたまた、厄年展?いろいろ案は出てきてますが、

また、何かやれたらいいなあと思っています。

 

ビバみそじ!楽しかった~~~!!

 

 

 

Comments (0)

今週気になった記事まとめ 2012/09/17-2012/09/24

Posted on 24 9月 2012 by

こんばんわ!毎度お馴染みまとめ記事のお時間ですよー!

食べ物スケッチ会

イラストとマンガが可愛すぎて…! 必見です。

来年の手帳を考える

日記をサボっちゃった日のページは、スクラップ帳にしてまえばええやんというナイスアイディア。

【ノートブックがない旅なんてvol.9】どうかしている大阪トラベラーズノート2009秋

旅先で集めた写真やパンフ、チケットなどを使った、大胆なコラージュ! 真似したい。

何でもかんでも帳

私は現在トラベラーズノートに何でも書いちゃってる派。 最近、分けたほうがいいんでね?と思うこともありまして…。
人それぞれで面白いですね。

最後に

ちょうど手帳の買い替えシーズンだからなのか?
今週は投稿された記事がいつもより少し多かった気がします。
突然気温が下がりましたが、皆様どうぞ体調に気をつけて!

Comments (0)

食べ物スケッチ会

Posted on 17 9月 2012 by

こんばんは、まおじぃです!

先月の夏休み、東京旅行をした際に

keiさんたかさんと食べ物スケッチ会(朝食編)を

ご一緒させていただきました〜!

当日はこんな流れでした↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は一番時間が長かったのは、絵を描く時間ではなく

朝食を食べている時や画材を広げている時の

文房具トーク時間だったりします‥‥(笑)

 

大好きな絵描きモレスキナーのたかさん、keiさんと

一緒に絵を描くことができて、ホントに素敵な時間を過ごすことができました!

こっそりお2人のスケッチ道具もチェックさせていただいたり‥

 

たか部長は、つくしペンケースとロールペンケースに画材を詰めて愛用!

 

 

 

 

 

 

 

 

keiさんは固形水彩絵の具と色鉛筆、ペンを愛用されてました〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは頂き物の水溶性色鉛筆と月光荘の鉛筆、水筆を持って参加!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、こんな感じで絵が完成しました。

使用したノートはMOLESKINEの水彩画用ノートブック(ポケット)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても美味しかったキッシュとオムレツ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてサーモンマリネ!

 

実は絵を描く時は、以前MOLESKINEのラージを使用していたんですが

どうやら私にはサイズが大きすぎたようで、なかなか筆が進んでいませんでした。

試しにポケットサイズにしてみたら、持ち運びも簡単で気軽に描けるサイズが

合っていたようで、ぐんぐん筆が進むようになりました。

ノートはサイズって重要なんだなあと、改めて実感‥。

 

このスケッチ会後、美味しいものを食べたあとは

時間を見つけてはスケッチをするようになりました。

写真を撮っておくだけでも素敵な思い出になりますが、「あ〜美味しかったなあ〜」って

料理を思い出しながら具材を描いていると、鮮明に思い出せて

より素敵な思い出を残せる気がします。

 

食欲の秋がそろそろ始まりますが、皆さんもぜひぜひ

美味しい思い出をノートに閉じ込めてみてください!

Comments (1)

【notebookな企画展vol.4】MY BOOK EXHIBITION

Posted on 05 9月 2012 by

知りあいの方が出品されていると聞き、外苑前のギャラリ―(gallery DAZZLE)を訪問してきました。

タイトルは

30 ILLUSTRATORS’ MY BOOK Exhibition

・・・もう、聞いただけでわくわくですね!これぞ、notebookな企画展!

タイトルの通り、30名のイラストレーターがそれぞれの発想で作ったノートブックを直接手にとって見られるのです。

会場で配布しているパンフレットに、すてきな導入文があったのでここに引用させていただきます。

 

2005年7月のパリ13区。バスを待ってる間に一服しようとベンチに座っていたら、端っこにいた青年が何やら一生懸命書いている。モレスキンに黒ペンで何処かの風景のよう。ちょっと覗いてみた。巧い。「巧すぎるぜ兄ちゃん」と声をかけようと思ったら、突然ハッと立ち上がり交差点で彼女と熱いキス。モレスキンに絵を描いてる人を直に見た最初の出来事でした。30名のイラストレーターが描くマイブックの中身は一体どんな風でしょう。

 

展示風景は、壁面にノートブックが立てかけてあるいたってシンプルなもの。

しかし、ずらっと並んだ表紙を見ているだけでも、そのボリューム感はしっかりと伝わってきます。手に取ってみると、新品のノートブックには無い厚みと重さがじわじわと感じられます。

展示されているノートブックも、モレスキン・スケッチブック・無印の白いノート・自分で製本して作ったと思われるもの・コラージュされていてもとが分からないもの…など様々。

全員分見るには、かなり時間がかかりそう!

30通りの使い方からたくさん刺激を受けたので、早速これからの使い方に色々取り入れていこうと思います。

 

Notebookersのメンバーのノートブックを集めて展示しても、かなり見ごたえのあるものになりそうですね!1日の みどりさんの記事 にもありましたが、私もノートブック展をやりたい気持ちがどんどん湧いてきました。

会期が9日(日)までと、ちょっと短いですが 近くに行かれる方は是非寄ってみてくださいね。

 

30 ILLUSTRATORS’ MY BOOK EXHIBITION

2012.9.4~9.9(12:00~19:00 最終日17:00迄)

@ gallery DAZZLE 

Comments (1)

Tags:

今週気になった記事まとめ 2012/06/25-2012/07/02

Posted on 01 7月 2012 by

こんばんわー。まとめ記事のお時間です。
Notebookersキャンプ楽しそうだなーいいなー。

では、今週のまとめ参りまーす。

インドアスケッチ@国立科学博物館

かはく!
特別展にはよくいきます(笑)。
数年前に平常店をリニューアルして、一気にモダンになったというか、綺麗な展示になりましたよね~。

何のコラージュ??

東急ハンズ侮れない!
コラージュブックおしゃれですねー。

旅をさせたから、可愛い子。

ジッパーケースとクラフトファイルは、トラベラーズノートの便利さを飛躍的にアップさせますよね!
私は定期入れにもしてます。

Notebookersキャンプ2012 in 札幌

気持ちよさそうですねー。
楽しそうですねー。
モレカウさんがアグレッシブですね。ラテアートといい、木登りといいw

最後に

今週一週間は本当にポケモン(ホワイト2)づくしで…。もうストーリーはクリアしてしまいました;
ポケモンたちとの旅の思い出は、ちょこちょことトラベラーズノートに書いてあります。 いらんところで律儀だと、よく言われます…。

トラベラーズノートを愛でる会に出て思ったのは、人のノートに関する話は聞いていて本当に面白いということ。同じトラベラーズノートなのに、一人ひとりに違うノートとの思い出やエピソードがあって、それを聞くのが大好きです。
でもって自分のエピソードを話すのも、当然大好きです。
他人のポケモンの話を聞く感覚は、それと似ています。

このサイトで語ろうかな…!いつか。

どんべでした。

Comments (1)

Tags: , ,

スケッチその2 国立科学博物館

Posted on 28 6月 2012 by

 

 

こんばんは。keiです。

 

スケッチ部(仮)の定例行事、スケッチの2回目です。

前回と同様、ノートブッカーズ・ライターのchaiさんと一緒に。

chaiさんの記事はコチラ★

 

 

今回の場所は上野の国立科学博物館です。

あまりに広大な博物館で、一日ではとても描ききれないので、今回は地球館3Fの哺乳類・鳥類を描きました。

例によってその時のスケッチの一部のご紹介φ(.. )

 

 

 

 

 

 

インコやスズメさん。

スズメさんはわざわざここで描かなくてもよかった(笑)

 

 

 

 

バッファロー。

 

 

 

 

 

 

小鳥たち。

 

 

 

 

 

 

 

なんか水鳥?

 

 

 

この博物館、観てるだけでも楽しいので、まだ行ったことがない方はぜひ一度行ってみることをおススメします。

(できれば、学校が夏休みに入って子供たちで溢れる前にw)

常設展だけで一日楽しめるくらいのボリュームがあります。

 

見学には問題ないのですが、剥製を保護するため光量が落としてあるので絵を描くにはけっこう暗い…(^▽^;)

全体的にスケッチの線がよれよれしているのは、決して使用したモレスキン クラシック・プレーンが重たいからだけではないでしょう…。

もともとそのつもりだったんですけど、体色や毛や羽の模様の細部を観察・描き込むのはあきらめて、動物たちの骨格やボリューム感を捉えることを主眼においてのスケッチとなりました。

ここに掲載したスケッチはまだ比較的まともな方で、もっとミミズがのたくったようなのは割愛しました(笑)

 

 

そして、大型の哺乳類を実際描いてみて気づいた事がありました。

それは、『大きいものを描くと、大きくなりがち』ということ。

何サイズかスケッチブック(今回は全部モレスキン)を持っていったのですが、小さい紙に描くととにかくはみ出すはみ出す(笑)

全身を入れるつもりが、頭部と角しか入らないとか。

 

書き出しはヴォランのXSサイズを使っていましたが、速攻で入らないのでカイエのポケットサイズに持ち替え。

それでも紙面に収めるのが一苦労で、せっかく偶蹄類の角を注意深く描いていたのに半分くらいしか入らなかったり。

最終兵器のクラシックのラージサイズでほとんどの時間スケッチしました。

この記事に載せたスケッチはすべてラージサイズに描いたものです。

小鳥なんかはいいのですが、バッファローははみだしまくってますね。。。

 

みなさんも、 大きなものをスケッチしたいときは、大きいサイズのスケッチブックを持って出かけるといいですよ〜。

 

 

スケッチはまだほかにもあります。

残りは自分のブログとflickrに載せましたので、よかったら観てみてくださいね。

 

国立科学博物館のスケッチその1

 

国立科学博物館のスケッチその2

 

flickr

 

 

 

それではまた!

 

あ、明日はいよいよタカヤさんプレゼンツ、ノートブッカーズキャンプが開催されます。

私も参加させていただきます。

参加されるみなさん、どうぞよろしくお願いします!

明日お会いしましょう(^_^)/

 

 

 

 

Comments (5)

インドアスケッチ@国立科学博物館

Posted on 25 6月 2012 by

こんにちは、chaiです。

先月、keiさんと始めた月一スケッチに今月も行ってきました(^^)/

梅雨のまっただ中、しかも台風一過の翌日ということで、今回はインドアでスケッチをすることになりました。

インドアでも動物や植物を存分にスケッチできるところ・・・と考えたところ、今回の場所は

国立科学博物館に決定!!

シロナガスクジラの大きな模型が目印のあそこです。

ここの常設展示はかなりのボリュームで、どこを描こうか迷ったのですが、今回はコチラに。

地球館の3F/大地を駆ける生命 のコーナーです。

さまざまな種類の哺乳類と鳥類のはく製が一挙に見られるこのフロアは迫力満点でした。

早速スケッチをご紹介。(一緒にスケッチをしたkeiさんのスケッチはコチラ

ヒグマ/チンパンジー/鹿的生き物

ヒグマ:大型の動物は全身を画面に収めるのが難しく苦戦…

チンパンジー:後ろ姿を見ると、なんだか我々と近しいものを感じます

鹿的生き物:角の付き方が気になり、斜め上からのアングルで

 

ジャイアントパンダ:上野のかわいい人気者…のハズがかなり獰猛な印象に(^^:)以外と爪が鋭かった!

 

イランド:頭と角のバランスを学ぶ

 

クーズー:場所によっては後ろ姿を描くこともできます

(あっパンダが写り込んでしまった・・・)

 

鳥たち:こうして見るとくちばしの形・目のつきかたの違いが一目瞭然!

 

今回使用したのは、marumanのスケッチブックと2Bの鉛筆でした。

静止しているとはいえ、スケッチの難易度は植物よりも高い!と実感した一日でした。

そして、動物たちのフォルムの美しさ!

まだまだ描きたい動物たちがいっぱいいたので、何回か通おうと思います。

できれば、小学生で溢れかえる夏休みが来る前に…

ゆくゆくは、動物園で動き回る動物をスケッチできるようになりたいですね~。

 

そういえば、以外にもぞうさんのはく製が居なかったなあ。

ビッグサイズの生き物だと、はく製にするのは難しいのでしょうか?

 

また、来月のスケッチ会もこちらで報告できればと思います(^^)

 

 

 

 

 

 

 

Comments (9)

Tags:

今週気になった記事まとめ2012/06/04-2012/06/10

Posted on 10 6月 2012 by

こんばんちわ!どんべです。
今日は珍しく健康的?な時間に更新です。
「まとめ記事、いつも助かってます~」とかいろいろお声がけ頂けるので、おかげさまで書くモチベーションが高めです。
では、参ります。

象部 ☆ 三頭のぞうのモビール

真ん中のゾウさんの色が素敵ですね。
紙と糸さえあれば作れる、素敵なインテリアグッズ!

空白も記録

私もトラベラーズノートにライフログを付けていますが、たまに何も書いてない日や、朝起きた時間しか記録されていない日とか、結構あります。
ただし、私の場合空白だとほんっとに何も思い出せないという…

絵を かく 蟲

ちょっと不気味なんですが、幻想的でノスタルジックで何度も見たくなってしまう不思議な世界観があります。
ちなみに、私も小さいとき「火垂るの墓」を見て夜眠れなくなったことが…。

最後に

AKB48の総選挙を見て、notebookers総選挙とかやったらどうなるんだろうとか勝手に妄想してました。
たぶん、センターに来るのは人じゃなくて、モレスキンかトラベラーズノートか、はたまた隠れた逸品ノートか…
ちなみに私の中のセンターは、間違いなくトラベラーズノートです。

では、また。

Comments (0)

絵を かく 蟲

Posted on 08 6月 2012 by

ある日のスケッチ。

 

子供たちがあつまって 虫をやいている

泣きながら  こわいと言って 虫をやく

 

虫は 逃げることもなく  じっとそこにいて

 

誰もその こころを  知ることもない

 

私は小さな虫だけど

この  そら を 愛している

 

おそろしい夜をすごした事もあるし

涙をながしたこともあるから

恐くてどうしようもない気持ちは わかるけど

 

だからって

 

からだを やかれて    だまってたまるか

 

人の体をてにいれたけど、

口の中には 土がたくさん詰まっていて

しんだ 虫もたくさん入っていて

 

どうやら わたしの言葉は      人には聞きとりにくいようです^^

 

だけど  あなたに  伝えたいから

私はひとりで 絵を  かいてる

遠くにいる 知らない あなたと

ただきょうも    

そらが  きれいだねって     それだけ

一緒に感じたいとおもって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日のスケッチ。

 

よるの電車

みんな疲れている

 

男性がひとり乗ってきて   空いている席につこうとして・・・

結局  はしっこに行って   立ったまま・・・

その時の 絵^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子は、男性の行動に気がついていて 

ママのお腹に手をあてていたのが とっても印象的でした。

 

その他にも、  こんな日や

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな日も・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは^^;  子供の頃の過剰な戦争教育をうけた影響で、

今でも、夏の夜がこわいのです^^

 

お見せできるものは、 少ないのですが・・・

多くの絵は、いつも自分に向かっています。

人にたどり着くのは  本当に  少しなんです^^

 

仕事の時は、このスイッチを全部切ります。

相手に喜んでもらうことだけ考えて、手を動かします。

 

これは、ある作家さんのロゴを頼まれたときのスケッチノート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度も話し合って 何度もなんども確認しながら

時間をかけて、イメージを形にしていきます。

そして、これができました^^

 

 

 

 

 

 

 

これを見て、彼女は   「 ゾクゾクした 」

と、おっしゃってくださいました。

彼女は、この絵を   自分らしい  と  感じてくれたんだと思い

私はとっても嬉しかったです^^

彼女の印象は、神秘的で、強そうに見えるのですが

実際はとても繊細で、  我慢強く、  優しく てかわいらしい方でした。

 

仕事をするときの絵は、 

人に褒めてもらおう  とか  おどろかせたいとか 少しでも思うと

必ずその仕事は、失敗するのです。

 

でも、  本当に絵を描く ということは、

人に評価されたり、褒めてもらうためのものじゃない

自分がそのことに、誠実に向き合った時間  と  思いがつながったとき

絵は、完成するんだと思います^^

 

上手く伝わらないんじゃないかと、 

  私いま、こわくて^^手が震えています

だいじょうぶでしょうか・・・・ 

 

タカヤさんには、いつも励ましてもらって  感謝しています^^

遠くにいても、いつも彼の言葉は、そばにあって

私はそれを ずっと信じていた気がします^^

カウボーイって^^陽の当たる場所にいて、とってもまぶしい。

今回は 声をかけてくださって^^ありがとうございました。

 

繭コ ( jovanny の 森 )

 

Comments (6)

Moleskineに綴る記憶。

Posted on 07 6月 2012 by

初めて投稿します、mist こと、みすとです!

以後、どうぞお見知りおきを。
twitterでは @mist0530 でつぶやいているので気軽にfollow me♪

notebookers立ち上げでライターを募集していたとき、
「私なんてまだまだ…」と、チキンだった私。
今となっては、なんで立候補しなかったのかと悔しく思っていました。
そんな私にチャンスを与えてくれたタカヤさん、ありがとう(*´ェ`*)

私が現在使っているのは、赤モレと黒モレとピーナツダイアリー。
今日は赤モレをご紹介します★
楽しかったこと、お腹痛くなるまで笑ったこと、ビックリしたこと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日とは言わずとも、日々増えていく素敵な記憶たち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、頭の中では少しずつ忘れていってしまう(ノд・。)
そんな小さくても幸せな日々を綴っておきたいという気持ちから、
私のモレスキンには、文字と絵だけでなく色んな手法で「記憶」を詰め込んでいます。
そのときに触ったもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べたもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行った足取り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出会った方々

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カフェのこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも増えていく記憶。

忘れたくない日々。

大好きな時間。

こぼれ落ちないように、大切にすくいとっていきたい。

大好きなnotebookを通じてもっと幸せな毎日を送れますように。
次は、ほかのモレスキンのことも紹介したいと思います。
読んでいただいて、ありがとうございましたm(._.*)m

Comments (8)

Tags:

【notebookな企画展vol.3】mount zine3

Posted on 22 4月 2012 by

珍しく連投です。再びchaiです。

この休日にもう一つ、お勧めのイベントが。

世田谷ものづくり学校で21日(土)から開催されている交流型ZINEイベント「mount zine3」です!

色々なジャンルのZINEを一度に見ることのできるこのイベントは今回で3回目。学校の校舎を生かしたこの会場では、一つの教室の壁面に出品者のZINEがずらりと展示されています。

 

 

 

一冊ずつ実際に手にとって読むことができます

 

約200冊に近いZINEがこのように展示されていて、全部見るにはかなりの時間と根気が必要・・・。どれも製作者の情熱がぎゅーっと込められているのが分かり何だか胸をあつくしつつ、お目当て作品とひとめぼれ作品をいくつか購入しました。

 

 

 

ちらっと見えた中身に惹かれることも・・・

 

 

 

 

これはまさしくノートブック!

 

そして今回、私も初めてZINEを出品させていただきました!

この日は自分の作品がどう展示されているのかが気になり見に来たのですが、次の製作のヒントもたくさん貰えました。他のZINEと一緒に展示されているので、客観的に自分の作品を見ることができて、良い体験でした。

出品したのはコチラ

「A to Z in travel 旅にまつわるA to Z」

旅を連想する26の小さなイラストとミニコラムが入っています。改めて見ると、他のZINEよりインパクト不足だったような・・・?

 

twitterのフォロワーさん達とも会うことができ、ほくほくで帰ろうとしたところ、なんとこのぶら下がっているZINEに製本ミスを発見し、慌てて在庫を確認させてもらいました(結果、一冊のミス本を回収・・・)。自分の製本ミスなのですが、本当に本当に、現地に行って良かったと痛感しました・・・。

納品前のチェックは二重三重に!!

を次回作成の合言葉に、またZINE作りにに挑戦したいと思います。

※22日に販売分については全て問題ありません。

なお、このイベントは22日で終了しますが、5月からmount zineの専用ショップがオープンします。また、それに合わせて代官山蔦屋でもZINEフェアを開催予定とのことです。この両方にも引き続きZINEを置かせてもらう予定です。どこかで、皆さんが私のZINEを手に取っていただけると嬉しいです(^^)

Comments (2)

【notebookな企画展vol.2】イザベル・ボワノ「すごい」展

Posted on 22 4月 2012 by

お久しぶりです。chaiです。

notebookersライターのたかさんにこの個展を教えていただき、これは行かねば!!と思い早速会場である代官山のかわいいセレクトショップHARCOZAへ。

ちょうどこの日は来日していたフランスのアーティスト イザベル・ボワノさん によるワークショップも開催され、たかさんと一緒に参加してきました(その時のお話はコチラへ)。

この個展の一番の見どころは、何といっても

ノートにぎっしりと埋め尽くされた文章とイラストの数々!

実際に使ったノートブックを見開き1ページずつ印刷して展示してあります。これだけの量の情報が入っているのか・・・と改めてノートブックのボリュームを実感しました。

内容は、日本を旅したときに書いた絵日記で、イラスト・コラージュがふんだんに使われています。イザベルさんの旅の興奮がそのまま閉じ込められたような素敵な旅日記。見ている私もわくわくが止まらず、早く自分も絵日記を描きたくなりうずうず・・・

日記をよく見ていると、お菓子の描写が多いのは、やはり女性の視点だからこそ?イザベルさんとの共通点を見つけたようで嬉しくなりました。

そして、さらに絵日記をよーく見てみると、本文用紙がちょっとクリームがかっているのが分かります。

そう、なんとイザベルさんもmoleskineユーザーだったのです!

またしても嬉しい共通点を発見しました。

事前に、たかさんよりこのことを教えて貰っていたので、2人ともコッソリ自分のmoleskineを鞄に入れて会場に行きました。

ワークショップの合間を狙い、2人でイザベルさんにmoleskineを見せると、「ちょっと待って!」と言い、今使っているmoleskineを持ってきてくれました。国境を越えての初モレミは、本当に感動の瞬間でした。

かなり緊張しながらノートブックを持っているのが私。奥に座っているのがイザベルさん。
因みにこのノートブックはイザベルさんのサイトで詳しく見ることができます。

ノートブックユーザーにとって、かなり刺激的なこの個展は、4月23日(月)まで。またしても終了間際の投稿でごめんなさい!

お買い物やお仕事帰りなど、代官山にお立ち寄りの際は、ぜひイザベラさんのノートブックに会いに行ってくださいね~

絶妙な「キモかわいい」作品も必見です。

※イザベルさん作の冊子も販売中です。人気で一度売り切れたのですが、再度入荷したとのこと。

会場のHARCOZA も、オリジナルの服やアクセサリーなど、かわいい+ユニークな商品がたくさんなのでこれから通いそうな予感です(^^)

Comments (3)

Tags: ,

美術部活動報告ギャラリー | 会員No.2 みお (4月19日更新)

Posted on 19 4月 2012 by

※最終更新 2012年4月19日

 

こんにちは、美術部会員No.2のみおです。

いつも美術部の皆さんの素敵な作品を見てはうっとりしてます!

わたしも!わたしも描く!!!と思いつつ、制作にかまけてなかなか投稿できずにいてすみません;

 

そこで、Twitterで美術部タグで投稿するだけでは流れてしまうので、ここにギャラリーを作ろうと思います。

今後はこのページに美術部用スケッチブックに描いたものを投稿していきます。

 

 

—————————-

投稿日:2012/04/19

 

「ほしのこ」(描いた日:2012/04/18)

 

 

「No title」(描いた日:たぶん4月上旬頃)

 

どちらも手が動くままに描いた物です。

透明水彩練習中ですー。

 

10年以上、画材というとコピックしか使っていなかったので、

自分の絵が水彩になるとこんな風になるんだーと、

新しい発見があって面白いです。

もっといっぱい描いて、大きな作品も仕上げていきたいです!

 

主線にはSigNoを使っているのですが、色によって滲み具合が違ってくるのが面白いです。

今のところ、紫はあまり滲まず、ベビーピンクは水によく溶けます。

あと手元にあるのはエメラルド。これはどうなるか楽しみです。他の色もほしいなあ!

 

せっかくの「Notebookersの美術部」だし、画材の使い方を研究していくのも楽しいかもなーとか思ってます。

 

水彩にはコレとか決めず、いろんな画材との組み合わせを試して、自分なりのカラーを模索できたらいいなあ。

みなさんどんな風に画材使ってるんでしょうか。

作品はもちろん、メイキングとかが見れたら楽しそうだなーとか、勝手に妄想してますw

 

昨日、お初のマスキングインクと、油性色鉛筆用ぼかし液を買ったので、

これらも使ってまた新しい絵を描いてみたいです。

 

 

::使用画材

ORION SIRIUSスケッチブック

ホルベイン ウォーターカラー /uni-ball SigNo  0.38mm ベビーピンク(1枚目)、紫(2枚目)

 

 

過去絵は「Continue Reading」から。

Continue Reading

Comments (2)

Tags:

額に入れて飾りたい程のノートブック☆

Posted on 10 4月 2012 by

今回は思わず大人買いしてしまったノートブックについてご紹介したいと思います♪

文房具屋に行くと無条件にテンションが上がる私ですが、そんな中出会ってしまったノートブックがこちら☆

20120410-201809.jpg

日本の画材メーカー Holbein と 私の大好きなイラストレーター ヒグチユウコさんがコラボレーションしたクロッキー帳です☆

上の写真は最近発売されたA4より少し小さめのサイズの3冊です☆

実はこのサイズが発売される前にハガキサイズも発売されており、私が出会ったのは新宿ルミネのToolsさんで☆

ひと目見てヒグチさんのイラストだぁ‼と思い、店頭にあった柄を全種購入(笑)
気になって調べたところ、全8種類との事で、その後探してコンプリートしました☆

そんなハガキサイズのデザインから人気の3種類が今回大きなサイズとなって発売されたらしいです♪

因みに、残りの5種のデザインはこんな感じ♡

今回大きめサイズにはなりませんでしたが私の1番のお気に入りのハシビロコウ♪
頭にインクを乗っけてクチバシにはペンを咥えています☆

20120410-204140.jpg

そして思わずキノコ好きの友人にプレゼントしてしまったものはコチラ↓↓↓

20120410-204538.jpg

薔薇とウツボ

20120410-204716.jpg

人参とウサギ…と思いきやネコ☆

20120410-204842.jpg

金魚と絵の具乗り文鳥

20120410-205444.jpg

どれも繊細で可愛くって本当に大好きな世界♡
そしてちゃ~んとホルベインの商品も描かれているのですよ☆

20120410-205720.jpg

20120410-205750.jpg

20120410-205813.jpg

これらの商品は企画物なので無くなり次第終了との事‼

気になる方はお早めに☆

実は私は勿体無くてなかなか使えずにいます…。
完全にコレクション状態で…この子達は保存用にして使う用も購入しようかしら…?

そしてヒグチユウコさんが気になる方はこちら☆
http://higuchiyuko.tumblr.com/
とっても素敵なイラストが満載です♡

Comments (8)

モレスキンカフェ案内

Posted on 25 3月 2012 by

こんにちは。ここおれんじです。

今日は、前にTwitterでご紹介しましたが、私が細々と書いている「モレスキンカフェ案内」をご紹介します。

これは、結構前につくったもので、実はちょっと飽きて放置していました。文章を書くのが難しくて。

なんでもやってみよう!と思うんですが、実は、結構飽きっぽいのです(笑)

ですが、最近ダンボールから引っ張り出してみると、意外にも結構面白いのではないかと思って、

また細々と書き始めることにしました。

札幌や東京などで行ってみたカフェのほか、文房具・雑貨やさんのことも書いています。

最後の部分に、そのお店で一番印象に残ったものを絵で残しています。

 

日曜日などにのんびり、お店で書くのが好きです。

モレスキンのスケッチブック ラージを使用しています。ショップカードも貼るので、大きいほうが好きです。

みなさんも、お気に入りの時間をスケッチブックとともに過ごすのはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments (12)

「春くらげ」モレ美術部001 ことり

Posted on 15 3月 2012 by

CA3C0912.jpg

ふわふわゆらゆら、恋するクラゲ。
海にももうすぐ春がやってきます。

Comments (12)

美術部テーマ・好きな唄☆

Posted on 14 3月 2012 by

みどりです。

美術部のテーマ「好きな唄」のイメージで
描いてみました!

モレスキンのジャパニーズアルバムのポケットサイズです。

唄は♪アメイジンググレイス♪

讃美歌ですが、故 本田美奈子さんが日本語の訳で唄ったりしていました。

私はこの唄が大好きで気持ちがモヤモヤしたり
ちょっと落ち込んでいる時に
良く聴いています。

日本語の訳はコチラ↓

やさしい愛の手のひらで
今日も私はうたおう
何も知らずに生きてきた
私はもう迷わない

20120314-110640.jpg

Comments (0)

美術部NO.0 みどりの3.11☆

Posted on 10 3月 2012 by

みどりです。

やっぱり今日は描いておかねば!という想いで

部活「美術部」用のジャパニーズアルバムを広げました。

 

明日で1年。

 

私自身は神奈川在住で特に被害というものはありませんでしたが

主人の実家が陸前高田市にあり、義兄や義姉やその家族たちも

多く岩手県内に住んでいます。

正直亡くなった身内も居ます。

 

何も出来なかった。

 

私に出来たのは自分の絵のポストカードなどを販売して

その売り上げを震災の支援金にしていただく事。

被災地の子供たちに送る絵本の絵を描かせていただく事。

 

そして直接何かにつながるわけではないけれど

やっぱり私は絵を描いていく事!

 

誰かが以前ツイッターでつぶやいていました!

「今年も3月11日は、やってくるけれど、3.11はもう来ない」と

私もそんな想いです。

今回描かせていただいた絵は

男の子が二人手を繋いで空を見上げている絵です。

空には雨が降り。虹がかかり。星がかがやき。太陽が照らしています。

そんな何でもない日常が一番素晴らしいのだ!と感じます。

 

Comments (0)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ