Archive | 11月, 2004

2人以上で既にグループです

Posted on 13 11月 2004 by

多分僕がそうなんだけど、初めて出会う人はそれまで会ったことのある人たちのファイリングの中から同じタイプの人を探すといった感じで探してしまい自然とカテゴリ分けしてしまう。基本的に、ある程度歳を重ねると、まぁ簡単に言うとおじさんになっていくと、知っている人間の割り当てカテゴリから漏れるのがけっこう許せない人もいるんではないだろうか?
こういった考え方をしていると、カテゴリから漏れるとなかなか混乱する。人間づきあいで、皆やってしまうのかもしれないけど、相手を理解している気分になってしまうのはなぜなんだろう?
「この人は私の理解の範疇である」といった気分は人を安心させるし、みなのやりたいことのひとつかも知れない。

こういった人たちもいる。
たとえば、友人や家族といった日本で古くからあるグループ分けを行わずに人間づきあいをしている人たちもいる。と、書いてもあまりピンとこない。
携帯電話のグループ分けも普通に機能的にあるくらいだから、一般的にはやはり人間関係はグループ分けするようにできているかもしれない。たとえば、学生時代だとしたらクラスには「おしゃれなトレンディグループ」、「ちょいとワルなグループ」、「アニメ大好きグループ」といったところかな。皆どこかに所属して安心しちゃう。特にこういった環境は子供時代シビアだ。お互いが理解の範疇である、といった安心感を確認する、といったところ。まぁタチが悪いのは、自分の理解の範疇を超える人に対して説教するおじさんに要注意。

世の中はもちろん広いので、「友情」や「愛情」が一切いらない人たちももちろんいるし、「家族」の定義が一つ屋根でたまたま育った関係さとクールに割り切っている人たちもいる。
僕らは2人以上集まった時点ですでにグループになっている。2人以上集まった時点で自分の価値観を測るようになる。
小学校2年生くらいだったと思うんだけど、僕が学校から帰ろうとすると二人の友達が「いっしょにかえろう」と話かけてきた。僕的には誰と帰ろうが一緒なんだけど、その二人は僕と二人きりで帰りたかったらしくって、「俺とかえるんだーい」とお互いにののしりあって殴り合いのケンカが始まってしまった。それで僕はなんだかアホらしくなって一人で帰った記憶がある。このことは今でも忘れられないくらい僕にとって重要なエピソードで、僕の人間づきあいのテーマだと思う。
けっきょく何が言いたいのか自分でもわからなくなってきたけど、お互いの価値観を測るというのは凶器にもなるのでご注意を。

Comments (0)

世界のゲーム

Posted on 09 11月 2004 by

—- BACKGAMMON
バックギャモン
をとある人とちょっとやってから、再熱中。昔からこのゲームが大好きなのだ。札幌市内で誘ってくれれば喜んで会いに行きます。のんびりビールでも飲みながら煙草を吹かしつつゲームしよう。大人な雰囲気をかもし出すゲームを秋の夜長に楽しむのも良し。写真みたいなおしゃれなものもある。
もともと、バックギャモンは日本で古くから遊ばれていて、結婚調度品にもなっている(徳川マーク入りも現存)、もともと双六(すごろく)は二つのダイスを振るという意味がありバックギャモンのこと。これだけ世界共通のルールで遊ばれてるゲームも珍しい。
エルメスのバックギャモンボードもあります・・・おそらくン十万円・・・。世界中の有名なブランドがバックギャモンボードを作成してる、他にもPRADA,GUCCI,Tiffany,Dunhill,ETC…

—- DOMINO
とまぁこのように、世界にはいろんなお洒落なゲームが古くからあって、昔からいろいろ興味を持って調べてた。たとえばドミノなんて日本では一般的には「ドミノ倒し」くらいしか普及してないんだけど、現在ではヨーロッパやラテン・アメリカのカフェなどを中心に広く遊ばれ、社交にかかせないゲームとなっている(バックギャモンもそうなんだけどこういったものは背後に博打が絡んでる☆=社交)。映画”ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ”のなかでドミノを庭のテーブルでプレイするシーンが出てくるのでなんとなく知っている人もいるかも。世界共通で唯一というゲームルールがなく、各地にオリジナルルールが存在している。一般的ルールにはブロックゲームとかドローゲームとかクアンテットが有名。

Comments (0)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2004年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ