Archive | 6月, 2007

Monstera

Posted on 27 6月 2007 by

monstera1monstera2


度々僕のブログに登場する植物モンステラなんですが、だんだんとアマゾン化してきたため誰かにおすそ分けしたいのですが、札幌市内で欲しい方いらっしゃいませんかね。鉢と土を用意した上、取りに来てくれれば、株分けします。育て方は簡単、はっきりいってめちゃ強い植物なので水あげれば伸びます。ミッドセンチュリーなモダンインテリアでは欠かせない植物です。椅子で有名なイームズハウスにもモンステラが置いてあるそうです。おしゃれインテリアに興味のある方どうぞ。monstera3育て始めた当初はこんな感じでした。最初は可愛い感じでおとなしかったが今では隣のバジルに侵入する勢い(笑。なかなかたくましいです。

Comments (0)

International school event

Posted on 24 6月 2007 by

school
ticket
tortilla
Lebanon
paella
kebabs
mocha beer
syuji


札幌澄川のInternational Schoolのお祭りに行ってきた。むちゃくちゃ楽しいお祭りでした。メキシカンの超明るい美形姉さんのホウレンソウのトルティーヤ包みのチョリソーやら、レバノンの兄ちゃんの作る無添加ピタやらイタリアンおじさんが作るパエリヤやら、トルキッシュの人が作るケバブやら、アメリカのチョコレート味のモカビールやらを飲みながら、飛び交う英語やら何語やらわからない言葉の嵐の中で味わうゴハンはとっても楽しかったです。ていうか、みんな超明るい!ラストはクリスティの習字です。

Comments (0)

Mona Lisa Drawing

Posted on 22 6月 2007 by

lisamona


色鉛筆で描いたモナリザです。ゴリゴリとノートみたいな紙に描いています。

Comments (0)

6/19 morning

Posted on 19 6月 2007 by

islandStarbucks


実を言うと札幌でスタバの冷たいアイスラテを早朝に、こういったのんびりとした場所で飲むのはなかなか努力が必要です。
お気に入りのアイスラテは、エスプレッソ1ショット追加で入れてもらうのが好き。しばし読書中。

Comments (0)

Lamy Safari yellow

Posted on 15 6月 2007 by

Lamy Safari yellowLamy Safari yellow 2

Comments (0)

icecream -> shop -> espresso -> bread & jam

Posted on 15 6月 2007 by

icecreamshop


days endbread

Comments (0)

Lamy Scribble 3.15mm

Posted on 11 6月 2007 by

scribble1scribble2

Comments (0)

Power Slide !!

Posted on 10 6月 2007 by

Slide1Slide2

Comments (0)

sora,espresso

Posted on 09 6月 2007 by

sora1espresso 

Comments (0)

blank blanq bianco

Posted on 07 6月 2007 by

arman最近荒地に放置された埃まみれのガラスのショーケースを見た。


札幌オーロラタウンから一本それた地下街の通りに、広告のオブジェをいれる大きなガラスに包まれた箱状のアドスペースがあるんだけど、小さいころにを母親に連れられて歩くたびに、あれを見るのがイヤだった。なぜかというと、ガラスの中の物体が時間から取り残されているような感覚に陥るから。
大人になってからは、クリストのパッケージとか、アルマンのアキュミュレーションとか、ジョージ・シーガルの彫刻を見ては同じような気分に陥いった。冷蔵庫の中に取り残された賞味期限切れのチューブワサビを見てもあまり同じような感覚にはならない。ジョージ・シーガルの彫刻が人間であることをやめてしまった様に見えるのと同じで、アドスペースの中の空虚なトルソー達は、トルソーであることをやめてしまったように見えた。


最近荒地に放置された埃まみれのガラスのショーケースを見て突然その感覚を思い出した。しばらく、呆然と眺め、その中に本来あるはずだったケーキのことを考えて立ち尽くした。ショーケースはなにか空白を詰め込んで「ただそこにあった」。空白について思いをめぐらすのはドーナツの空白のこと程度だと思っていた。ドーナツの内径がドーナツの直径と重なる時ドーナツは消失する。


遠くに響く笛や太鼓。お祭りを遠くから見る感じは、どこか自分が取り残されたような感じがする。時間から取り残された荒地のショーケースのような空白の部分が自分の中にあるのだと思う。だからこそ怖いのだ。


「あなたを思う。
それは子供の頃、窓の外に見ていた風景で
額縁の中の絵で、陰鬱でない青で。
ただ私は、その何処か片隅に潜って
眠り込みたいだけなのです。」


数年前に行方のわからなくなった友人の女の子から、海辺で拾ったと思われる穴が開いた石と共に僕宛にある日一通の手紙が届いた。
石の穴を覗くたびに、僕はそのたった5行の文章を何度も反芻して自分の空白について考えた。


「あなたは多分、空洞のようなもので出来ているのだと思う。だからシャベルで土を積み上げて山を作った結果、積みあがった山よりもぽっかりとあいた空白に興味を持つのでしょうね。」
果てしなく続く雨のようにペーパーカップの中へ空白が満たされていった。

Comments (0)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2007年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ