Archive | 7月, 2008

お腹いっぱい食べました

Posted on 20 7月 2008 by

main

Continue Reading

Comments (0)

シュヴァンクマイエルの不味そうな食べ物ファン

Posted on 13 7月 2008 by

最近チェコの映画監督シュヴァンクマイエルの「アリス」に出てくるハートのクイーンとキングを見て、思い出したかのようにふと奥にしまいこんでいた愛用していたカードを引っ張り出してくる。
さて、前回書いたホドロフスキー(エル・トポホーリー・マウンテン)に引き続き、愛してる監督シリーズ第2弾。チェコの監督シュヴァンクマイエルを紹介します。シュヴァンクマイエルの映画は一本観ると、かなりハマります(youtubeとかでいろいろ観れますよ)。
シュヴァンクマイエルの映画で何が好きかというと、食べ物を不味そうに撮らせたら世界一の監督だと思う。しかも音の使い方が秀逸。この監督の作品を観たときにはいつも、不味そうな料理が出てくるのが楽しみでたまらない。
なので、どの作品を観ても食事のシーンでは、わけのわからないドロっとした具が何なのかわからないスープやらグニャグニャの変な料理がグチョーと耳にねばりつくような奇妙な音を立てる(笑。特に「オテサーネク」という作品の食事シーンも不味そう加減はけっこう見もの。
監督自身が小さなころからあまり食事が好きではないことが発端のようで、「食事とエロティシズムの関連性」を表現しているとのこと。

中でも好きな短編で、まさに食事をテーマにした”FOOD”という3部作がyoutubeにありましたので載せておきます。もしもこの感覚が好きでしたらぜひとも他の作品をお楽しみくださいませ。

ちなみに、シュヴァンクマイエルの「アリス」はかなりパンチとスパイスが効いています。小さな子に間違って見せるとたぶん泣きます(笑。このアリスもyoutubeで見れます

Comments (0)

久しぶりに写真でつづるレポート

Posted on 12 7月 2008 by

pasta

特売で安かったので、夕食にイカスミパスタでペスカトーレを作った。パスタが半額で、イカがなんと4ハイで100円。イカスミパスタは見かけはなんだか一瞬キワドイ感じがしますがたぶんうまいかも。

Continue Reading

Comments (0)

淘汰されないプロダクト LAMY社の話

Posted on 07 7月 2008 by

LAMY2000LAMY2000

さて、今日は6月初旬に購入したLAMY2000の万年筆なんだが、6/6にペン先調整に出したところ7/7に帰ってきた。
織姫と彦星かよとか、ドイツまで行ってたのかよ、とツッコミを入れたくなるような気分だったが、脳内からドーパミンとかその他の何かいろいろがでるほど心地よい調整にて帰ってきたのでよしとする。ということで本日もドイツのLAMY社の話。

Continue Reading

Comments (0)

マクガフィン的な話 2

Posted on 06 7月 2008 by

espagne

今日の写真は、実家の廊下に飾ってあるポスターだ。背景の青空のコントラストと手前の静物の冷ややかなギャップが美しいと思う。このポスターは小さいころからかなりの影響を与えられたアイテムのひとつだ。で、写真とはまったく関係なく先日に続き、マクガフィン的な話。
このブログで過去に何度か触れた話なのだが、ビルの上のクレーンについて。

このごろ、暑い日々で、とっても青空も濃くなってきてよい感じだ。
青空を見上げながら歩いていると、いつも建築中のビルの上に鎮座する赤いカッコいいものが目に入る。ビル建築用のクレーンというやつだ。
何年も前からこのクレーンというものはどのようなタイミングで作られ、撤去されるのか僕の中ではまるで「イチコロ」って何の略なんだろう?とか、シズル感って何?という疑問と同じくらいマクガフィン的なものであった。

Continue Reading

Comments (0)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2008年7月
« 6月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ