Archive | 12月, 2008

LAMY swift

Posted on 30 12月 2008 by

lamy swift

これまた取り掛かっていた仕事が完了した記念に、これまたLAMYのペンを買ってしまった・・・。pen geekな人なら誰もが陥る悪魔の現象「増殖」というワナにはまっています(汗。

 LAMY swiftという水性ボールペンです。
映画マトリックス リローテッドでマトリックスの設計者(architectというおっさん)が持っているペンと同じものです。いろんなところで語りつくされているので省略して説明しますが、ノックするとアレが引っ込みます(省略しすぎ)。その機構が非常に面白いです。
書き味は、恐ろしいほどに滑らか。インクフローはLAMY2000 万年筆と張るくらい思いっきり濃いです。水性ボールペンなのにキャップが無いことに単純に感心。つなぎ目が無い金属の円筒ボディのグリップ部分に均等に「穴」がゆがみ無く正確に開けられているところもデザイン精度の高さを感じます。

Continue Reading

Comments (0)

2008 best gadget

Posted on 30 12月 2008 by

さて、2008年度のタカヤ的ベストガジェット(道具)の紹介です。
まぁいつもこのブログで紹介しているようなものを含んでいるのですが、道具に対する労いもこめて改めて写真付きにて紹介いたします。興味のある方はリンク先の詳細説明を参照願います。
2008年度もっともタカヤが活用した道具について記載致します(LAMY,Moleskineネタを楽しみに来ている方お待たせしました)。

lamy2000

1.LAMY2000
今年はほんと大活躍してくれました万年筆と4色ボールペンのセット。
ずっと一緒に過ごした仕事の相棒みたいな感じです。個人的に好きなのは、手に持った感触です。表面がまるで木できているようなサラっとしたマットな感触があり、使わなくとも手に取りたくなる魅力があります。2008年度にかなりの量を「描いたり」、「書いたり」しました。
このLAMY2000はプロダクトデザインについて深く考えさせられたアイテムでもあります。「LAMY2000」というネーミングですが、デザインされたのは1966年というのがミソです(理由はリンク先で確認どうぞ)。黒いボディにヘアラインの入った銀色のアルミ部分のアクセントがクールで、まるで飛行する鳥のように見えるときがあります。シンプルな印象が飽きない理由かもしれません。

Continue Reading

Comments (0)

2009年度カレンダー配布中

Posted on 15 12月 2008 by

mole_poke_calendar

Moleskineで使うことを想定した小さなブックレット型のカレンダーを配布しています。

昔なつかしの山折、谷折を繰り返すことにより、小さなパンフレットみたいな小冊子風なカレンダーになります。A4用紙を8つ折りして、ちょうどMoleskineの背後のポケットに収めることを想定した小さな2009年度カレンダーとなっています。Moleskineを使っている人もそうでない人もご利用くださいませ。

表面が1月から6月、裏面が7月から12月となっています。
ひっくり返して印刷してリバーシブルでお使いください。
ノリは不要ですが、ノリノリで作成してください。

表面
http://www.blanq.org/briefcase/mole_poke_calendar.pdf

裏面
http://www.blanq.org/briefcase/mole_poke_calendar2.pdf

作り方は以下を参照してください。

Continue Reading

Comments (0)

モニター×2

Posted on 10 12月 2008 by

display

クリスマスプレゼントにカコつけて、22インチの液晶モニタを購入し、念願のデュアルディスプレイ環境を築きました!いやーしかし画面がでかい!

今までは、FLASHやイラレなどで作業していた際もフローティングウィンドウをいちいちどけつつ、ズームにて拡大縮小をしながらの作業だったのですが、今度は作業しているときも画面の全体像がよく見えて、とてつもなく楽です!
グラフィック等の作業をする人だったら3面のモニターがあっても困らないと思います・・・ほんと早く買っておけばよかった・・・

Continue Reading

Comments (0)

Advent !

Posted on 07 12月 2008 by

Advent calendar1

クリスマス楽しみですねー!
すでに11/30から待降節(アドベント/クリスマスイヴまでの約四週間)に入っているのですが最近になってクリスマスの飾りをいろいろ購入してきました。やっぱりアドベントカレンダーがあるとなかなか盛り上がります。

うちの場合は絵本型のものを使っており、毎日夜に開いていく形式をとっております。12/24までの間、日にちに照らし合わせた窓が開くのですが何が出てくるのかひじょうに楽しみです。

小箱を開いていくタイプのカレンダーもあるのですが、松ぼっくりが出てきたり、ビー玉が出てきたり、コットンの塊が出てきたり、子ども時代でなくともなかなかドキドキものなのではないでしょうか。
一週間ごとに夕方の時間帯から4本の蜜蝋のロウソクに一本ずつ火をつけていって、部屋の中に良い香りが立ち込めるのもなかなかリラックスできます。

Continue Reading

Comments (0)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2008年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ