Archive | 1月, 2009

マスキングテープのいろいろ可能性について考える

Posted on 20 1月 2009 by

masking tape

封筒に使うためのデザインを考え中。
最近、本屋でネタ収集をしていたときに出会った本で、その名も「マスキングテープの本」というのがあり、なかなか紙に対するデザインとして感銘を受けた。
そこで、前回エントリーした写真にも載っているマスキングテープを早速買ってきて、いろんな紙に貼り付けて研究している。たかがマスキングテープ、されどマスキングテープ、これがまた面白い。

マスキングテープというのは、本来塗装で使われるもので、たとえばペンキを塗ったときに、色をつけたくない部分をコーティングするときなどの用途で使われる。実に現場風味の道具なのだが、その貼ってもはがせるといった特性や、半透明で下が透けて見えること手でちぎって気軽に使える即効性に目をつけ、工夫次第ではいろいろ使い道がある。

Continue Reading

Comments (0)

Pen 2/1号 ぬくもりの○○○

Posted on 19 1月 2009 by

pen 2/1

ぬくもりの○○○と書いてみましたが、別にエロスな話ではありません。
好きな雑誌の一つ”pen“の特集のお話です。この雑誌は昔からファンでちょくちょく手に入れている。
 2/1号で文房具特集!Moleskine紹介ページも在り、Moleskine geekとしては外せない一冊だった。オフィスで使う仕事道具を探している方はぜひ参照してみてほしい。きっとよい発見があると思う。
※今気がつきましたが、Moleskineのアーティスト紹介ページが更新されてました

ステーショナリーの特集雑誌として非常にビジュアル重視のレイアウトが美しい。全体的な写真の見せ方が、文房具としての写真の撮り方ではなく、デザイン雑貨として魅せるといったところに視点が置かれており、かなりガツンときた。特集冒頭から数ページにわたり続くPLYWOOD調デスクにならぶステーショナリー群は、かなり息を呑むほど美しいカラーリング、素晴らしい。

Continue Reading

Comments (0)

「しろすし」&ドキュメントフォルダ

Posted on 14 1月 2009 by

ファイル1

当ブログ読者より、先日掲載した「黄色いファイル」が気になったとリクエストをお受けしたので記事をエントリーする。
愛用している書類や手紙などを収納するドキュメントフォルダー(ドキュメントエンベロープ?カールトン?)である。黄色のフォルダは手紙や領収書などの収納に利用し、白いのは仕事関連の資料や書類を収納している。

さて、今日の本題だが、前回に引き続き表面に書かれている文字の意味が不明。皆様のお知恵をお貸しください。

Continue Reading

Comments (0)

Minta érték nélkül

Posted on 10 1月 2009 by

Minta érték nélkül

今日のゲット品は写真のチェコ(?)の厚紙の封筒。
Minta érték nélkül“と書かれているんだけど、意味はよくわからない。下のサブタイトルみたいなところには、”Samples of no value”と書かれているのであまりたいしたものは入っていなかった様子。何が入っていたのかわかった方はぜひとも教えてください。
——– 1:35 追記 ↑この点、判明いたしました!ハンガリーの封筒のようです。コメント欄を参照してください

さて、本題。
この封筒を手に入れたお店は、札幌のとある雑貨と焼き菓子がメインのお店なんだが、ここの菓子の一つに「ショコラケーキ」がある。僕はここのショコラケーキが札幌での全ショコラケーキ中で一番うまいと信じている。ケーキの専門店ではないのに、ここのケーキを抜くショコラケーキに出会ったことがないからだ。ショコラ(そこら)のケーキ屋には出せない味を持っているのである。
どれくらい好きかって聞かれるならば、「春の熊くらい」好きである(下記注釈参照)。

Continue Reading

Comments (0)

Liar Dice

Posted on 05 1月 2009 by

poker dice

知っているかい?スミス&ウエッソンのワンペアはAのフォーカードより強いんだぜ

こんなセリフを聴くとしびれます。知っている方はご存知のとおり、タカヤはアナログなゲームを愛していまして、ダイスなどを見ているだけでハイな気分になります。
自分の本棚にはそういったアナログなゲーム関連の書籍類も多く所持しているのですが、最近就寝前に、世界の伝統的なダイスゲームのルールブックに目を通していたところ面白そうなものがあったので記載しておきます(読む人いるのかな・・・)。興味のある方はどうぞ

ポーカー並みに非常に高度なかけひきが展開されるので、エキサイティングなゲームとなりそうです。ウイスキーでも舐めながら大人なゲームなどいかがですか?

Continue Reading

Comments (0)

twenty q

Posted on 04 1月 2009 by

20Q

いまさらながら、2005年に発売された20Q“というおもちゃにハマっています。
ずいぶん前にノリで購入しまして、しばらく放置していたのですが、最近デスクトップの傍らに置いて、頭のリラックスといった感じで使ってます。

頭の中に思い浮かべた「何か」について、20問(ないし25問)の質問をしてくるのですが、質問に答えることにより、それが何であるかを推定してくるアイテムです。質問に対する回答に、「はい」「いいえ」「ときどき」「わからない」の4つのボタンを用いて回答します。

NETを通して100万件くらいのデータを投入した人工知能を搭載しているとか何とか。
感心するくらいなかなか当てられます。さすがに驚くのは、「仮面ライダー」とか「豆乳」とか「宇宙」とか「スケボー」とか「手帳」とか細かいものを当てられる時ですね。
コツは、液体なら液体そのものを連想してプレイ(コップに入っている状態で連想しない)、仮面ライダーなら「玩具」ではなく、その仮面ライダーそのものを連想しながらプレイすることです。

「裸のお姉さん」、「コテカ」、「冬虫夏草」、「サーミ族」、「鯵」、「ルサンチマン」、「テセウスの船」、「パコ・デ・ルシア」、「洗面器コレクター」、「ユビキタス・キャプチャー」、「鍾乳洞」、「オードムーゲ」、「自家用潜水艦」、「マクガフィン」、「中の人」、「ニーハイ」、「W浅野」、「スミスとウエッソンのワンペアはAのフォーカードより強い」というような具体的なモノはまだ試していません。

1/5追記—「裸のお姉さん」を連想してプレイしてみたところ、20Qの回答は「スモウトリ」でした。近いやら遠いやら。

Comments (0)

scribble

Posted on 02 1月 2009 by

scribble

本日は、最近タカヤが電話中に無意識に描いた落書き(scribble)の特集です。
ここで注目すべき点は、電話をしながら、その「話の内容をメモしているワケではない」ことです。よく電話で話しているときに、意味なくグルグルを描いていたりといったジャンルのモノです。
なぜこんなモノを描いたのか「そのときの思考」を考えながら見ると面白いかもしれません。デザインやアートをやっている方なら興味ある人もいると思いますのでアップしておきます。
※今気がつきましたが、MUSICのことMUGICって書いてる・・・まぁ音楽はMAGICというコトでよろしくお願いします。追記:あ、まだあった・・・sistem distruction = system Destruction(システム破壊)、いったいどういった意味で書いているのかさっぱりわかりません。

P.S あけましておめでとうございます

Continue Reading

Comments (0)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2009年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ