Archive | 1月 11th, 2012

ごあいさつにかえて

Posted on 11 1月 2012 by

20120122-191315.jpg

1冊のノートブックがあります。まだだれも、なにも書きこんていない、真っ白なノートブックです。
私はそのまっさらなノートブックを見つめています。それぞれ、だれかの思い出や感情や文字で埋めつくされたノートブックを愛おしく思うのと同じくらいの強さで、私はまっさらなノートブックに惹かれているのです。

まっさらなノートブックを見つめつづけていると、自分が何者なのか、とか、今まで何をしてきたのか、とか、そんなことはどうでも良くなってしまいます。
このサイトは、私にとっては真っ白なノートブックです。

この白いノートブックのページに何を記していこうかと考えた時に、浮かんだのが日常の「記録」ではなく「感覚」のことでした。

一例をあげるとすれば、いつの頃からか、私は「食べること」が大好きなのだと気づきました。さらには、手に取った本や小説の中に「食べること」に関する文章が少しでも書いてあると、ことさらに嬉しく感じるということも。
では、その喜びの先に何があるのか、と考えると、途端にひどくあいまいな気持ちにとらわれて、途方に暮れてしまうことを歯がゆくも感じています。

このあいまいな気持ちを素直にあらわすとすれば、食べることにまつわる「感覚」をもっと知りたい!ということになりそうです。

本に載っている料理を再現してみたいわけではない。その料理のレシピを考えたいわけでもない。かと言って、グルメレポートをしたいかというとそれも違うらしいのです。
「りんご」ならこのひらがな3文字を。
「林檎」ならこの漢字2文字を。
じっくりと眺め、指先で触れ、香りをいっぱいに吸い込んで、どんな色なのかを思い描き、時には舌の上でそっと転がしながら、感触を味わいたい。
そして、その感覚をただ淡々と綴ってみたいと思ったのが、目の前のまっさらなノートブックだったというわけです。

「感覚」と「ノート(本)」と「ノートブック」がかすかな糸で結びついて何か模様を描いてくれればいいな、と思っています。

最後になりましたが、まっさらでない私の分身であり相棒でもあるモレスキンは時折Twitterに登場すると思います。もし見かけることがあればよろしくお願いいたします。

ちぃ
TwitterID : chii_nakanaka

Comments (2)

おばぁちゃんのモレスキン 家族とモレスキナーの絆

Posted on 11 1月 2012 by

みなさま、はじめまして、とむとむ(@tomohirogue)です。
自分のブログにUPする前に、ちょっとこちらでご紹介したいエピソードが
ノートブックを通した素敵な絆を実感したこんなお話です・・・・

年末も押し迫った2011年12月26日
前日は関西X’masモレスキンミーティングに参加、楽しい思い出をプレゼントに代えて
僕は熊本へと帰省した。

駅で迎える両親の笑顔にほっとしながら、家で待つ祖母に会えるのをわくわくしたのを思い出す。

今年96歳を迎える祖母は僕らと同じモレスキナー
僕の知る限りでは最高齢のモレスキナーだ。
実家に帰れば祖母とのモレスキンミーティングが待っている。

でも、そんな期待は信じたくない現実の前に泡と消えた。

祖母が両親の留守の間に風呂場で転倒し足を骨折してしまっていたのだ。
直ぐに救急搬送の後、入院となってしまった。

その日、病院を後にする僕に祖母が頼んだのは一つ
「おばあちゃんのノートを明日持ってきてね」 だった。

このノートブックは昨年の夏に僕がプレゼントした星の王子様 限定版 のラージサイズ ルールドのモレスキン。
祖母が日記代わりに使用しているものだ。

次の日、さっそく祖母のもとにモレスキンを届けた。
ほんのちょっとだけ手を加えて・・・

祖母へのお見舞いのメッセージを書いたうえで届けることにしたのだ。
関西モレミに参加したために、マスキングテープやスタンプ、ポラロイドtwoなど
ノートブックを彩る道具はたっぷり持って帰ってきていたことがここでも役に立った。

自分の写真を撮り、マスキングテープでデコレーションを施し、祖母への想い、愛情をしっかりこめて
見た目に明るい1ページを仕上げた。

その頃、twitter上ではモレスキナーの仲間から多くのお見舞いメッセージが祖母に寄せられていた。
このみんなの想いも届けたい。
ばぁちゃんも僕らの仲間だよ。
みんなが元気づけてくれているよって。
僕はみんなの名前とメッセージを祖母のモレスキンに記していった。

しばらくすると、妹夫婦が甥っ子を連れて帰省してきた。
祖母にとっては孫と曾孫が帰ってきたのに正月も満足に会えないのはつらいに違いない。

妹と甥っ子にもお見舞いメッセージを 書いてもらうことに。

僕が甥っ子らの写真を撮り、甥っ子は自分の好きな新幹線のイラストを描き、
妹がマスキングテープでデコという共同作業。

祖母にはこれらのことは内緒にしていた。
ちょっとしたサプライズにしておきたかったから。

幸か不幸か、祖母もノートは届けてしばらくしてから開いたらしく
おどろきつつも、とっても喜んでくれた様子。
ただでさえしわくちゃな顔を更にくしゃくしゃにして、素敵な笑顔をみせてくれた。

突然の災難に見舞われ、気持ちが落ち込んでも仕方ないようなところ、
祖母は持ち前の好奇心と負けん気の強さで、「リハビリが楽しみ」とまで言ってのけた。
「この年で足の骨折ったら治りにくいでしょ、でもあたしは治してからあの世に言って自慢話にしたいのよ」
いやはや頭が下がる。

好奇心が旺盛と言うのはこれまで出会ったモレスキナーにも共通する部分。
僕も相当好奇心は強い方だと思うが、祖母には敵わない。
95歳を過ぎてなお、新しい物事への興味が尽きないのだから。

今回の出来事は、家族に一瞬暗い影を落としたものの、
皆が祖母を想い心ひとつにしてサポートしようとまとまった。
僕も妹も帰省したタイミングだったのは不幸中の幸いだったのかもしれない。

そして、祖母がモレスキナーのみんなからのメッセージを見て繰り返し言っていたこと、
「こんな年寄りの為に温かい言葉をかけてくださってありがとう。 一人一人に直接お礼が言えなくて残念。
絵手紙を一枚一枚描きたいくらいよ。とも君から、くれぐれも皆さんによろしくね。」

本当に皆様ありがとうございました。
おかげさまで今はリハビリも順調のようです。

モレスキナーはノートブックを通して見える、その使い手の魅力にひきこまれ繋がっている。
まさにタカヤさんが言っている「ノートブックをつかう人が面白い」からだ。
お互いを認め合い、尊重しあう。
上も下もない、無限に広がる横のつながり、こんなにも心強いものはない。

僕ら家族と祖母も、このノートブックが生み出す絆でさらに強く結ばれた。

祖母とのやりとりから、想いは一層強くなった。
今を積み重ね、それが過去になるから未来が来る。
新しいことにチャレンジすることを恐れ、時を逃すより、楽しむ気持ちわくわくを大事にしたいと思う。

 

Comments (2)

はじめまして

Posted on 11 1月 2012 by

*早速テストさせていただきます*

はじめまして。 Twittrアカウント「@sachi_11kk 」のさっちんと申します。

モレスキンとトラベラーズノートを主に使っています。

(どちらも使用歴がまだ短いですが・・・)

「書く」ということで、救われている自分に気づく今日この頃です。

私のノートブックには様々なことが書かれています。

うれしいこと、嫌だったこと

作品のこと、忘れたくないこと・・・

特に、誰にも言えないことや日常の愚痴などなど

自分のブラックな部分をノートブックにだけ打ち明けているので

私のファーストモレスキンの中身は

まとまりがなく大変なことになっていますが

最後のページまでお付き合いいただこうと思っています。

ブログもやっています。 「日刊ドロップ」http://ameblo.jp/drop11kk/

こちらは、作ったアクセサリーのことや

ハンドメイドの販売イベントの出店のこと ノートブックのことなど綴っています。

ノートブックを通してたくさんの方と出会いたいです。

どうぞよろしくうお願いします。

Comments (0)

自己紹介 Fromみどり

Posted on 11 1月 2012 by

はじめまして!みどりです。

Twitter: midori9bin" href="https://twitter.com/#!/midori9bin" target="_blank">@midori9bin

 blog: http://ameblo.jp/tukurinbo/

まずは自己紹介から。

神奈川県の「いきものがかり」で有名な地域に住んでいます♪

「えかきすと・佐々木みどり」で

絵(イラスト)を描いたり

近所のギャラリーでスタッフしたり

ギャラリーのカルチャーで「絵てがみ」を教えたり

主婦したり、宅配業したり、

時々「油絵」を描いたりしています。

 

私は書く(描く)事が好きです!

始まりは幼稚園の頃に絵が好きで

「お絵描き教室」に通った事が始まりで

何と縁あって今「油絵」を習っているのはその時の先生の息子!

それから小学校では6年間で担任の3人が

それぞれ「作文を書く」「詩を書く」「日記を書く」という

3つの楽しみを教えてくれました。

手紙を書くのも好きで

多分それらが今の私の「書く(描く)事」の原点です!

 

 ノートは「ほぼ日手帳」(1日1ページにイラストと一言描き5年目)
「モレスキン」(何でも帳・スケッチブック・1日1ページ描き用など)

「トラベラーズノート」は手紙(ポストカード)を挟んだりして使っています。
iPhone/iPad2愛用中

 

今年から「デイリーダイアリー」で

明日のページに明日の希望などをイラストと一緒に

毎日書く事を始めました!

Comments (0)

集積 **test post 兼**

Posted on 11 1月 2012 by

はじめまして、りっか(riccasnow)こと榎雪子です。

 

「ノートの役割」について、ちかごろあらためて思い巡らせています。

Magic Moleskine

 

表紙デコレーションも何もない、ただ1箇所、付箋をたててあるだけの、それほど膨らみすらしていないモレスキン。

これは、2006年6月~2008年2月にかけて、スピリチュアルツール・・・フラワーエッセンス・オーラソーマ・パワーストーン・たまにアロマセラピーなど・・・を実践し習熟するために使ったもの。

そして、それを通して、変容するために使ったもの。

私の、初めて使いきったモレスキンです。

 

調べ考え実行し検証し、それらを全て記録したもの。

ツールについて理解を深めながら、自己(あるいは自我)の深部に手を入れていく様が全て書かれています。

 

今見返せば、ノートを使うハックなど何も施されていない、ページ数すら打たれていない、ただ日付の後にはすぐに内容がありそれが時系列で並んでいるだけのノート。

後から振り返らない私らしく、見返すことなど何も想定していない、ただ今ここで考え、未来にどうなりたいかだから今何をするのかだけに集中し続けたノート。

 

しかしここには「自分にとっての、ノートを使う裸の原点」が確かに全てあるのだなぁと、今だからこそ思うのです。

 

「紙」が好き。「ペン」が好き。「色」が好き。

書くことで耕したいのは、いつも自分の深部。

それが、ノートに向かう、すべての始まり。

 

私的な事情で生活すべてが変わりました。

そんな今、もう一度、書くということ、ノートを使うということをどう使いこなすのか、考えてみたいなぁと思っています。

自己紹介に代えて。

Comments (0)

テスト投稿

Posted on 11 1月 2012 by

はじめまして♪クラフト作家のサリアと申します。

紙が好きすぎて、たまらない私です。古本とかも好きです。

紙は新しいものと古いものをmixして、

2年程、「お料理のブログ」やってます(こちらは放置気味ですねー。)

造形という意味では、お料理とクラフト制作の活動は同類です♪

twitterは「@SARIA4」です。twitterの方が頻繁にいますね〜。blogよりも、、。

よかったらフォローおねがいします。私も皆さんのところへ訪問しますね♪

すいません。アナログ派です。ブログうまく投稿できるかしら??☆☆

マクロビオティックのお菓子作成と、ラッピングが私の原点でした。

わお。画像挿入できたっと。

すべて、なんとなーく。やってみよう!まずは、やってみて、軌道修正。

が私の人生でございます。みなさまよろしくぅ〜〜。。です。

では失礼します♪

サリア

Comments (0)

初めての投稿なのでいろいろ試す。

Posted on 11 1月 2012 by

さてさて。
初めての投稿なので、いろいろ試してみましょうか。

【その1】文字をカラフルにする
Redとか、Blueとか、Greenとか・・・。
うん、問題なさそうね!

Pinkは、アンカーテキストの色になってるみたいだから、本文で使うのはやめよう。

【その2】リンクを挿入する
notebookers.jpホームへのリンクを挿入してみる。
これも、大丈夫そう…って、本文3行目でテスト済だった(>_<;

【その3】画像を挿入する
よいこら…せっと。

やっほい!できた p(*≧▽≦*)q

今回の投稿に適しているであろうと思い、試し書きメモの写真を載せてみました。

この試し書きメモ。
なにがいいって、伸ばしに伸ばしすぎ。

「ナニヌネノーーーーート」って、なんなん???笑

勉強意欲をなくすノートブックだな。あまりにふにゃふにゃした名前。
(でも実物みてみたい…だれかつくってナニヌネノーーーーート!笑)

あっ、notebookers.jpへの投稿意欲はバリバリありますよ!!
投稿はいろいろ試して問題なさそうなのでひと安心。
よーし、次回の投稿ネタかんがえよーっと♪

Comments (2)

ノートブックは正直 notebook no taboo

Posted on 11 1月 2012 by

ノートブックとはなんでしょうか?
思うに、ノートブックとは見たことや聞いたこと、理解したことを忘れないために書き留めるものです。
多くの人のノートブックとの付き合いは小学校1年生くらいから始まったと思います。
毎日文章を書くようになるためです。
(落書きのキャリアはもっと前からだと思いますが。)
学校の勉強が社会で役に立たないと言う人がいます。
そんなことはありません。
授業で使うノートを忘れてヤバい!と思ったことがあるかと思います。
その気持ちが残っているだけで学校に行った意味は十分にあります。
自分の理解を書き留めたノートブックと教科書の関係が大事だと分かっているからです。

 

教科書でインプットして、理解をノートブックに記録する。

 

大人になっても本質的なことは変わりません。
教科書にあたるものは無限にあって人それぞれで、それを噛み砕いてくれる先生がいないだけです。
インプットするべきもの。法律なのか、専門分野の基準なのか、実務に係るスキーマなのかはそれぞれですが、
その目的はアウトプットです。ですから即時出力可能な状態にして、準備をしておく必要があります。
だからずっと「ノートをとる」のです。
そういう意味でのノートブックは人に見せることを意図しません。
自分の為に書き留めるのです。
自分の頭で考えたことを自分の為に書き留めるからノートブックは大事なのです。
だから、なんでも思ったことを書くべきです。
人に見せることを意識すると「なんでも書く」にあたりブレーキがかかりがちです。
人に見られてくない事を避けたり、キレイにまとめようとするからです。

 

でもそうするとペンが進みません。頭の中だけで考えると思考が堂々巡りしがちだからです。
脳のメモリーで処理できる情報はけっこう限られているためです。
それを全て、とりあえす書き出すと、頭の中がスッキリします。
ここで自分の気持ちに正直に書くといいです。
そうすると今まで頭を占めていたものが意外とシンプルだったことに気づいたりします。

 

ノートブックの中身は汚いけど、頭と心はスッキリするのです。

 

僕は学習ノートとは別に、日常的に頭の中のことを書き留める習慣がありました。
最初のきっかけは大学の課題のためのアイデアノートだったと思います。
ノートブックというかスケッチブックを使ってました。

さらにノープランな一人旅なんかしたときに、
心の動きを全部書き留めようと思ったことが今の習慣に繋がっていると思います。

また当時、大学生の間でSNSが流行り始めた時でした。
僕も後でその記録をまとめて公開するために細かく書き留めていたので、
ノートブックのそういった用途とSNSは親和性の高いものだったんだと思います。

ここで、どんなノートブックを使うかにはこだわりはありませんでした。
思えばメモ魔であったのに、持ち歩く習慣までは無かったと思います。

なので、衝動的にそのへんのコンビニで買ったものを使ってました。
時期によってノートブックのタイプはバラバラです。
それはそれでどのコンビニで買ったかまで覚えているので、ライフログと言えばライフログなのですが。

 

今はモレスキンを使ってます。使い始めてそろそろ1年に経とうかというところです。
現在4冊目でして、ポケットサイズのプレーンがお気に入りです。
シンプルでタフだからです。
また、使い終わったやつを本棚に並べて置いておくのも好きです。
先の見えない、刊行中の本のようだからです。

Comments (0)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2012年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ