Archive | 5月 20th, 2012

Tags:

今週気になった記事まとめ 2012/5/14-2012/5/20

Posted on 20 5月 2012 by

こんばんわーどんべです。
大好きなポケモンの新作が6月23日発売なのですが、ブラック2、ホワイト2どちらにしようか迷っているうちに、Amazonはすでに予約締め切り状態でした。そんなあああぁぁぁ

てなわけで、今週もまとめ記事行っきまーす。

私のレシピノートブックのまとめかた

とりあえずのメモ書きをマステでとめておき、確定したら清書する。
レシピ以外にも応用が利きそうなノート術です。
あと、表紙がすてき。

センチメンタルなステープラーの「針」

チリも積もれば山となる。
針も積もれば花になる。

montage

モレスキンミーティングを通して、コミュ ニケーションツールとしての 人に見せるノートと言うのも、やはりアリ かなと思い始めた今日この頃。
ノートブックに記す内容に変化をつけて自分を魅せる、PRするというのも面白いかも しれません。
これは実際に自分の好きなものをノート ブックに表現し、 アート活動をされている他のライターの 方々の姿を見ても感じる部分です。 ノートブックに書いたものは不思議と花開 いていきますし、 そういうところから自分を変えていくと言うのも、ひとつやってみる価値はあると思います。

4月の最後に旅屋で彩織さんと会ったのをきっかけに、人に見せるためのノートを一冊作ってもいいかなあ…とちょうど私も思っていたところ。「コミュニケーションツールとしてのノート」というキーワードはまさに今の私の注目キーワードです。
今度トラベラーズノートを愛でる会にも出席するわけだし…

最後に

5月は友達の結婚式が2つありました。ええ、ご祝儀貧乏状態です。文房具も結構衝動買いしちゃ…げふんげふん
しかし、人の結婚式というのも、見てると不思議にこっちも幸せな気分になるもんですね。ポワポワしちゃいます。
二人に幸あれ!

どんべでした。

Comments (3)

マステのこと。

Posted on 20 5月 2012 by

初めまして、ゆつ姫(ゆつき/@doggyaholic)、と、申します。

タカヤさんのお言葉に甘えてゲスト投稿させていただくことになりました。タカヤさん、どうもありがとうございます。

 

今回チャンスを頂きましたが、何を書くか、本当!に迷いました。。

というのも、私は、そんなにノートを使うわけじゃない…笑 それなりに文具好きで、手帳はクオバディスエグゼクティブですが、スペシャルに何かを貼ったりして色分けを真面目にしたりしてるわけじゃぁない。他に何か日常的に使っているノートがあるわけでもない。

まぁ、つまり、Notebookerじゃない私が、Notebookers、の記事に投稿するという矛盾!あれどうしよう勢いで立候補したものの困った、と、うんうん迷っていると、ちょうど友人がマステを見て一言。

「これ、よく買うけど、こんなテープなにに使うの?」

というわけで、まぁ、とりあえず、私のマステ使用法、を書いてみようと思います。(やっとここまで来た…ふぅ。笑)

そんな大した使い方ではないですが、少し(長め記事ですが…ぁ)お付き合いいただけたら、と思います。

乱文ですが、どうぞよろしくお願いいたします(´・ω・`)

 

さて、マステです。

みなさん、ノートに貼ったりコラージュにしたり…、色んな使い方なさってると思います。

私は、実は、ノートにはあんまり貼らないんです。というのも、ノートに貼ると、次のページに書くとき、その境目?って言うんですかね?もともとの紙と、貼った紙とかマステとかの微妙な段差のところが、こう、がくんっ!ってなりません?すると、字が変になっちゃったり、更に、そこに微妙に液が溜まった感じになっちゃったりして、ちょっと、いやなんです…。

いや、もう、なんだかちっちゃいですね!すみません。そういうのもノートの味だよ、って言われちゃえば、それまでなんですが…笑 もっと、味、の分かる、オトナになりますです、はい。

じゃぁマステどうやって使うのか、って話です。

ノートに貼るときは使用しないけど、私も、なにかしらに使ってます。

でも、壁に絵葉書を貼ったり、無地の封筒をマステで縁取る、とかを、ここで書いてもあんまりかもなので、あんまり見ないやつを2つ書かせてもらいます。

 

まず一つ目。

これは、旅行の時に使います。

旅行の時、荷物に、化粧水とか何かしらキャップのものがあると思うんです。そのとき、もちろん、使い切りの小さいサイズを持っていけばいいんですが、それでも、スーツケースの中で、もしかして蓋が開いて中で散乱したら、困りますよね?その蓋を、マステで開かないように固定します。

こういう感じです。

気休めかもしれませんが、あるのとないのとでは大分違うような気がします。貼ってはがせる割には、粘着力は弱過ぎないし、剥がした後ボトルにあとが残らないのも高ポイント☆

 

あと、準備の時に、私は、とりあえず、紙に、必要なもの(Tシャツ3枚、化粧品、トランプ、充電器、とかそういうんです)を書きだして、それをカバンにいれると同時に棒線を引っ張って消す、という作業を行うのですが、その時に、部屋のドアにその紙を貼っておく、という使い方もできます。ドアは硬くて下敷き的な役割を果たしてくれるし、旅行前のバタバタの中で、紙がない!なんて自体に陥ることも防げます♪

ほかにも、翌朝の電車の時間とか、そういう、その場限りのものを貼っておくのにも、個人的には便利です♪

 

 

もうひとつは、マステをケイタイに貼る、です。

その日に必ずしなくてはいけないこと、手紙を出すとかTSUTAYAに返す、とか、そういうこと、です。

手帳も持ち歩きますが、手帳やメモの、そのページより、ケイタイのほうが、見る/触る、頻度は高いと思うのです。少なくとも私は高いです…。

ので、忘れる率がかなり低いことと、あと、手帳だとどうしても書きすぎてしまうのですが、ケイタイだとスペースが少なくて、本当に忘れたらまずいことだけを書くのも、個人的には気に入っています。

 

一枚のマステに、手紙・TSUTAYA、とかくのではなくて、バラバラに書いて貼って、手紙を出したときに、手紙マステはさよなら、します。

旅行準備しかりですが、その、一個ずつ何かを成し遂げていく、それは、本当に小さいことですが、このケイタイマステにしても、ケイタイのマステが減っていく、というのは、なんだか、とても達成感を覚えますー(・∀・)笑

 

私の主なマステ使用法はこんな感じです。

 

とか、こんな風な最後バタバタな記事でしたが、いかがでしたでしょうか??

ありきたりの内容でなかったか、とてつもなくドキドキしておりますが…

少しでも、みなさまに楽しんでいただけていれば、と、心より思っております…☆

また、みなさまのマステ使用法も良かったら教えていただけたらなー、と思います♪

 

最後に、ここまで読んで下さった皆様と、こんな機会を与えて下さったタカヤさんに心よりの感謝を(*^^*)

ゆつ姫、でした、お粗末さまでした。

 

Comments (13)

9冊目のモレスキン

Posted on 20 5月 2012 by

以前から欲しかった リポーターが買えました。
ポケットサイズです。
名前は最初は「アリス」と付けたのですがしっくりこない… ぱっと浮かんだのが「カナン」です。
なのでカナン=約束の地 で落ち着きました。
表紙のコラージュは名前とは 程遠いコラージュです。
とにかく使い込んでいこうと思います。

Comments (4)

【ノートブックがない旅なんて Vol.5】秋田・スピカ旅行社

Posted on 20 5月 2012 by

前回のNotebookers投稿記事にも書いた、
昼はカフェ、夜はバー(といっても明るい雰囲気)の 秋田オススメスポットの話を書こうとおもうのさ。

今月の【ノートブックがない旅なんて】、
秋田青森旅を書くと前から決めていたはいいけれど、タイトルは結構迷いまして。

「嗚呼…憧れの五能線」とか

「青池行くなら乗るべきたった一台の哀愁路線バス」とか

「羽田空港文具散財危機一髪」とか

いろんな案があったんですけどね。
そんなん一気に吹っ飛ばしてくれる素敵スポット、秋田で見つけてきましたのよ♪






お店の名前は、「スピカ旅行社」と言います。

はい、入口。

フォントがツボ!!!!
あぁすみません取り乱しましたワタシステキフォントニヨワイノデスヨ…(><;
くたっと懐かしい雰囲気で、かなーり好み。

いやでも、店名の響きはもちろん
ロゴとかフォントだって相性良し悪しあると思いません?
スピカ旅行社さんは、入口のこのフォントを見て早くもアタリの香りがしました。ふふふ…

で、中に入ると一輪のチューリップがちょこんと置かれているテーブルが並んでまして。
私は壁際2人掛け席に案内されたのですけど、
なぜかこの席のチューリップ、めっちゃパッキリ咲いてたのですよ!!

ほんっとに、ぱっきり!!
右の花びらが、特にぱっきり!!



あまりにぱっきりなのでドアップで撮るよ!



ついでにドアップ、もうひとつ!

そうカンタンに可愛くなんてなれないってハナシね!


このへんで、なにやら単純にカワイイだけのお店ではないアンテナが。
メニューをいただいて、確信。


手書きである。
しかも、やたらゆるいw

とりあえず皆様、ハットリくんの誕生日は覚えましたね。
何でもいいからノートブックにメモしたらいいよ。

あまりにぐだぐだでツボにはまったので、オーナーさんに頼んで
メニューのコピーを頂きました(笑)。
もちろんトラベラーズノートに貼りましたよ、写真をよく見ると三ツ折の跡が。


お店のイチ押し「アヒージョ」を頂きました。
あさり、お酒がすすむ美味でした♪
飲んだのノンアルコールカクテルですけど!

なんだかぐだぐだ書き連ねていますが、
私がココに一番惹かれたのは、お店のコンセプトだったり活動だったり。

「スピカ旅行社」は
50年後、100年後に「文化」として価値があるようなモノを
今から作っていくことを目指します

スピカ旅行社HP「スピカについて」より引用

昨年10月オープンのお店で、HPは正直そんなにたくさん情報発信していないのが残念なのだけど。
でもでもなんだか、これからが楽しみって直感で思えるお店なのです。
お店の空気感か、オーナーさんの雰囲気か、はたまたほかの何かか。
抽象的な理由でなんだかなぁとおもうのですが、こればかりは直感なので仕方ない。

そうそう。
偶然、ココのオーナーさんが編集長をつとめるフリーペーパー「pot」ラス1GET。

秋田の住宅街にある、一杯の珈琲に対する真摯な姿勢が伝わるお店や
何気なく気の利いたデザインの食器などについて、温かみある文章で綴られています。
ほふっと力の抜けた空気感で楽しめます。ほふっと。

あぁ、近くにあったら通いたくなるお店だ。
さすがに簡単にいける距離ではないからなぁ…ざんねん。

もしもまた秋田に行く機会があったら、是非行きたいお店。
Notebookerな皆様にもぜひ、おすすめしたいトコロです。


——————————————————————————————
【ノートブックがない旅なんて】次回予告
次回は6月20日(水)
5/27まで開催中の展示「旅するノートとエトセトラ展 another color」を、
Notebooker的に振り返ろうかしら。なんでしょ、Notebooker的って。

Comments (3)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2012年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ