Archive | 5月 31st, 2012

矢筒を身に纏う

Posted on 31 5月 2012 by

ノートブックとペンって切っても切れない関係ですよね。

どちらが欠けてもダメ、というか、役に立たないというか、なんというか…。

どうやって持ち歩こうかなって、いろいろ考えたり、試したりすることも、

ノートブックを使う楽しみの一つなんじゃないかなって思います。

Moleskineを使っているのなら、ゴムバンドに挟んだり、背表紙などにペンホルダーをつけたり…。

あるいはノートブックはノートブック、ペンはペンと、潔く一緒に持ち歩かないというのも手ですよね。

 

先日、 Notebookers.jp 管理人のタカヤさんが「誰か、Quiver社ペンホルダーのレビュー書かないー?」というtweetを読んで、思わず「はい!」と手を挙げ、試す機会に恵まれました。

ちなみに普段の私は、ノートブックはノートブック、ペンはペンケースで、という持ち運び方をしています。なので、実はペンホルダー初心者。装着するとどんな感じをMoleskineから受けるのかな?とドキドキわくわくしていました。

 

まず、私が興味を持ったのはQuiverっていう単語。

初めて聞いた単語、はてさて、どういう意味なんだろう?会社を起こした人の姓かな?と思い、

まずは辞書をひきました。

quiver:[名]箙(えびら), 靭(うつぼ), 矢筒;矢筒の矢.

なるほどね!

Moleskineなどノートブックにペンという矢を装着するための筒かぁ。獲物は自分が書き留めなくちゃって思ったこと?ふむふむ、妙に納得です。

 

ちなみに、私ところにやってきたペンホルダーは、Moleskine Large用の2本ペンが入るタイプ

まずは開封、開封!とわくわくしながらはさみをいれたら、

部屋中に広がるナイロンの匂い…。

なかなか強烈な匂いでしたが、2、3日袋から出しておくいたらすっかり飛びました。

なので匂いが妙に気になる方がこのペンホルダーを使う場合は、

届いたらすぐに開封の儀を行うことをオススメします。

 

で、早速Moleskineに装着!

先日紹介した、言葉を集めるためのMoleskineです。

入れたペンは、最近のお気に入り、Signo0.38mmのグリーンブラックとブラウンブラック。

ゆるくもなく、きつくもなく、いい感じでFITしています。

また、ペンホルダーが上に膨らむように出来ているため、ペンの出し入れもとってもスムーズ!

 

矢筒(ペンホルダー)は輪状になっていて、ゴムをのばしながら、表紙に装着します。

そうなると気になるのは表紙の裏に段差が出来てしまうこと。

段差があると文字が書きにくくなっちゃうかな?、と一瞬気になったけど、

実際文字を書いてみたら、ふぅ〜ん、こんなもんかぁとそんなに気になりませんでした。

また、ペンを1本さしたまま文字を書くことも、特になにも感じず…。

こういう感覚って個人差があるのでなんとも言えないのですが(汗。

気になる方はペンホルダーを外してからノートブックに文字を綴るというのもありではないかと。

 

そうそう、ナイロンタイプの色は黒のみ。

黒のペンホルダーに黒のMleskine…。

とっても渋くて素敵なんだけど、もう少しカラフルにしてもいいかなと思い、

某大型手芸店でチロリアンテープを購入、手芸用ボンドで貼ってデコってみました☆

使ったチロリアンテープは10mm幅、所用時間30分程度。

もう少し太い幅のチロリアンテープを真ん中に1本貼る、っていうのもあり?

 

で、もう一度Moleskineに装着!

おぉ、なかなかいい感じなんじゃない?

王子様は見えなくなってしまったけれども(爆、ペンホルダーがはっきり主張してきました!

ナイロンタイプならではの遊び心、ですね♬

 

ノートブックとペンを一緒に持ち歩いてみたいと思っていらっしゃっている方?

選択肢のひとつにどうでしょうか?

 

最後に、このようなペンホルダーのレビューの機会を下さったQuiver社様、管理人タカヤさん、ありがとうございました。

Comments (3)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2012年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ