Archive | 11月, 2012

スターバックス

Posted on 30 11月 2012 by

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_43.JPG

で、奮発して500円の幸せを買った
貧乏人のちふちふです。

スタバで外国の方四人が何やらお話をされてました。

試飲の珈琲飲みながら眺めてたら、皆さんiPhone片手に

様々なノートか手帳を一冊…

かっこいい。

かっこいいと思ったのは、ノートの一元化してるのを、ウットリ見てました。

中身が凄く気になるノートブッカーズなちふちふですが、
書いてある中身もそうですが、色々仕切られてる感じのノートで何をどう分けてるのか、主にどんなのをノートにしているのか…

気になる気になる…

さてはて、とわいう私もノート二冊になりました。
業務メモのリングノート(セブンイレブンノート)

業務日誌用にKOKUYOのA6ノート

やはり、メモと日誌は別々にしたいと二冊に…

またノートの消費量も半端ないので、コストの安いノートになってます。(笑)

清書はモレスキンです。
なんせ保存目的ですので。
中々、清書が進みませんが…

皆さん普段のノートって見せれますか??

私は見せれないです。もはや閻魔帳な感じです。

日々の思想を書いたり業務のこと書いたり…

ただ、共有できる業務日誌は作ってみたい。
業務日誌もノートブッカーズの大切な課題なのかな?
そもそも、勉強や業務日誌からノートの需要が高まってきてるのかな?と
考えながら珈琲を、飲んでました。

しかし、不思議ですね。

喫茶店やスタバなど入ると集中力が高ま、モチベーションも高まる。
それは ちふちふ だけでしょうか?
朝、珈琲を飲みながらだとやる気がおきるのと同じなのかな?

ふと、全神経ノートに集中できる時間が私は好きです。

ノートというあの大きさに自分をぶつける…そこが好きです。

Mっぽいかしら?(笑)

先日、名古屋で、茶店に入ると隣で勉強会をしているおじさんと、若者。

15分でも空いたら喫茶店に入れ

なんて題名の本があったかな?
まさにそうだと思った。

茶店に入ると、リラックスも集中もできる。
そんなメリットがあると思いました。

茶店には自分の買った本やパソコン
、ノート以外に興味を持つものが無いからかもしれません。

来年は茶店族になり、業務の勉強をしようと思います。

皆さんの来年のノートの準備はいかがですか?

気になるので、また皆さんの記事を楽しみにしてます。

ちふちふ

Comments (2)

Tags: ,

My favorite Xmas movie #1

Posted on 29 11月 2012 by

『友達がいる人間は、敗残者ではないよ』

素晴らしき哉、人生!

1946年制作なので、モノクロであります。

Continue Reading

Comments (3)

旅するNotebooker・序

Posted on 29 11月 2012 by

自分はNotebookerなんて、カッコいいネーミングは似合わないと思いつつ毎回記事を書かせていただいています。(タカヤさんありがとうございます。またサイトに来て気まぐれでも読んでいただいている皆様へ感謝)

ただ、人よりちょっと旅好きで、その為にNotebookを使い始めた、ごくどこにでもいる様な人間です。

旅を始めた頃、今のようにNotebookが文具店・書店の店頭を賑わせている時代ではなく、ある意味バブルの前期。

「ディスカバージャパン」とか「いい旅立ち」なんか流行して、旅がひとつのステイタスだった時代です。

当時、旅人は「バックパッカー」なってハイカラな呼び名で呼ばれ、でかいリュックに荷物を詰めて、

明日はどこ吹く風の旅にでたもんです。

その頃、三種の神器と呼ばれたモノが、カメラ・時刻表・YH(ユースホステル)の会員証。

 

これと現金があれば、どこへでも行ける時代でした。

ただ、旅にもそれぞれスタイルが分かれて、鉄旅派(鉄道に乗ること・鉄道写真を撮ることを目的)アンノン族(anan・nonnoを抱えたおしゃれ派)なんて言葉もありました。

純粋に観光目的にした正当派?また今のようにネットで簡単に情報が得られなかった時代なので、現地で情報を集めて面白いモノを見つけに行こう派!?

Notebookerでいうなら、MOLESKINE派・ほぼ日派・トラベラーズノート派みたいな・・・

自分はどちらかというと、現地情報収集派で、宿はYHや民宿で情報を得ながら数週間旅をしていた人間でした。

その時、これと言ったNotebookがなかったので、レポート用紙で旅のしおり(修学旅行で学校から配られるやつ)を自作して、概ね予定や旅行雑誌から得た情報やイベントなど、とりあえず行きたい所を書き出して、オリジナルNotebookを作ったのが始まりでした。

 

当時を一部再現

この後は、白紙のページがあって、駅スタンプを押したり、宿で出逢った人と住所交換(メルアドじゃないよ!)したり、白紙というのがとっても自由で、修学旅行のようなスケジュールが一杯詰まった予定表は好きにはなれかった。

つづく

次回予告

時代は流れて14年後。バブル崩壊(ファーストインパクト)後の旅人Notebookとは?

次回「旅するNotebooker・破」

 

Comments (0)

本日の獲得品

Posted on 28 11月 2012 by

_1_15.JPG _2_15.JPG

今日は沢山買ってきた
ちふちふです。

まずはシール写真BOOKを作るのにデコシールをいくつか。
明日写真BOOKをつくるのが楽しみです。
パンダのシールは、手帳用。
最近パンダにハマりつつあります。

後は、リピートのボールペン。
0.38?を使ってましたが、0.5の太さも欲しくて追加購入。

カフェラテの写真は休憩で入って
始めてお絵描きのカフェラテだったので、おまけでのしました。

ごめんなさい。

写真は大人数いて取れなかったのですが、名古屋の東急ハンズにモレスキンやトラベラーズの手帳も沢山ありました。
東急ハンズは文房具の階は手帳や年賀状の季節もあり、大混雑でした。

その足で、モレスキンフェアを見にLOFTに。
うわぁぁ!って、なる感じで様々なモレスキンがありました。
星の王子様やカセット?の表紙のモレスキンなどなど…

さて、話は本題に変わり、2013年の手帳を探しに東急ハンズにいたのですが、月間、週間が欲しいと手帳見ていて、モレスキンを買おうと名古屋に行きましたが、今回は写真の手帳にしました。
色は白、赤、ピンク、黒、黄色と沢山あったのですが、始め会社でも出せるように黒…いや…明るく赤…

散々悩み黄色にしました。

何故かと、2013年は元気をモットーにいこうと黄色です。

月間も週間も大きく、線も薄く一目惚れです。
また表紙も硬くツヤがあり、多少撥水だなと…(笑)

よく鞄の中で珈琲ぶちまけるので…
あっ中のページがおじゃんになるかな…(笑)

ED!Tやクオバディス、ほぼ日手帳、様々な手帳が人気出ていますが、今回は見た目で一目惚れでした。
表紙のシンプルなのもツボですね。

そんなわけで、今月も文房具代がかさんだ

ちふちふでした。

ちゃんちゃん

Comments (4)

Tags:

ポケットのふくらみの謎に迫る。【いい加減ノート】

Posted on 27 11月 2012 by

続けるというのは、ひとつの愛情なのかもしれません。
こんばんは、こめです。

月曜日、北海道から千葉へ、戻って参りました。
毎回、企画する度に「今度こそゆっくり旅しよう」と思うのに、実際にお出かけすると、すっかり詰め込み旅になってしまう傾向があるみたいです。同行者に言われて気付きました。

出し惜しみはしたくないのだと思います。また行くつもりです、その努力もします。でも、それはいつまで続けることが出来るのかわからない。何らかの行けなくなる状況に陥るかもしれない。今後悔したくない、だから足りるようにするために詰め込んでしまうのかもしれないです。

加えて、私はとても恵まれているなあ、と思っています。行く理由がある、迎えてくれる人がいる。そこで、何文字詰め込んでも埋めることの出来ない気持ちを埋める。一つ一つは、しょうもないことなのかもしれない。でも、それを、一つ一つ積み重ねるのは、楽しい。一度気になってしまい、好きになってしまうと、実際に会いたくて旅に出るのですが、1知ると10の誘惑が私を次の旅に導きます。そんなループで同じ地域に何度も行きたくなってしまうし、対話したくなります。

こんな考え方が、ポケットがふくらんでしまう理由に繋がるのかも、と思いました。一つのことには、もっと多くのことが含まれています。以前、「ポケットの中にはあなたにとって大事だと思うものを入れるべきであって、それはそんなに多くないはずだ」…みたいなことを言われた記憶があるのですが、ある意味ではそうなのかもしれない。でも、正確にはそうではない。大事なものというのは、一つ一つの積み重ねで、より大事になるので、たとえ、AがBに変化したからといって、Aは捨てられるものではない。AがないとBたりえない。

とはいえ、全てをとっておけるほど、私にもポケットにも容量はないので、適度にポイってしてますよ。全てを愛するほど人間出来てないから、私は。

それも、これも、やはり…

いい加減は、良い加減。

ことはじめ→いい加減ノート所有者の会

Comments (2)

December 2012 Calendar

Posted on 26 11月 2012 by

12月のモレスキン専用のカレンダーです。

ポケットサイズ: http://bit.ly/U6zaSl

ラージサイズ:http://bit.ly/V7pCLw

Comments (1)

Tags:

今週気になった記事まとめ2012/11/19-2012/11/25

Posted on 25 11月 2012 by

皆さんこんばんわー。
今週のまとめ記事のお時間です!

【ノートブックがない旅なんてvol.11】奄美大島・島唄を歌い踊り書く。

書いていると、祖父母から昔話や島唄の別解釈を教えてくれたりもします。
書きながら、島唄が歌われていた頃の生活をぼんやりと考えてみたりします。
こういった風習を伝えることの難しさをについて考えてみては、無力であると痛感します。

ノートに残すことで、何らかの方法で誰かに伝わっていくかも知れませんし、その可能性を生み出せるだけでも十分なんじゃないかなと思います。
つーか単純にダイバーの私としてはそんなに頻繁に奄美にいけて…うらやましい限りです…。

マスキングテープデコレーションノートブックパソコンレシピ

マステをキーボードに貼るだけで、こんなにおしゃれなパソコンになってしまうなんて!
マステがあまって仕方ない、という方にはぜひお勧めしたいマステ活用方法です。

最後に

兼ねてより『悪の教典』を映画館で見ようか見まいか迷っていたのですが、テレビで放映されるのを待つことにしました。
そもそもポスターで見た悪人な伊藤英明がめっちゃかっこええ!海猿より全然イケメン!と思ったので見に行こうと思っていたのですが…
原作を呼んだ人に取材(笑)してみたところ、「けっこうグロい。」という感想をもらいました。
GANTSを映画館で見て一日食欲を失った私が見たら、たぶん伊藤英明のかっこよさをを堪能する前にグロッキーになるだろうと思い、スクリーンでの視聴はやめにしました。
でも…原作は読んでみようかな。

どんべでした。

Comments (1)

アニメーション監督のNotebook事情

Posted on 24 11月 2012 by

2度目のゲスト投稿、なかむら真朱です。おじゃましまーす♪

少し前のことになりますが、タカヤさんからのお題、
「身近な誰かを取材してみてください」
今回はこれについての記事を書かせて頂こうと思います。

話を伺ったのは、アニメーション監督の「中村健治」氏。
直近の作品は、「釣り×高校生×宇宙人=青春!?」という謎なコンセプトの『つり球』。
江の島を舞台に、4人の男子高校生?!が思いっきり青春しながら地球を救うという物語。
「今日はあのアニメがあるから、仕事がんばろー!」みたいな、
日常の中のちょっと幸せを作りたいと作品づくりをしている方です。

それでは、そろそろ本題に。
Notebookers的には、気になるのはノートブック事情。
まずは使っているノートブックを見せて頂きました。

じゃーん。
メインのノートブックは「ほぼ日手帳」のカズン。
あとは作品ごとに専用のノートを使うそうです。(細かくは後述)

まずは、メインのほぼ日手帳カズンから。
ほぼ日を使い始めたのは2年前、デジタルメインでいろいろとやってみたけれど
やっぱりアナログはアクセスが早いしランダムアクセスが出来て良い!?ことに薄々気づき始め・・・
ちょうどその頃にほぼ日さんからの取材を受け、それがキッカケでほぼ日ユーザーになったということ。
↓ほぼ日さんの記事。アニメ監督の仕事について書いてあります。
21世紀の「仕事!」論。
サザエさんの居間は傾いてるんですって!知ってました?面白いので是非。
ちなみに、2013年のほぼ日の中にこの記事から抜粋の今日の言葉が載っています。7/20です。

て、また話がソレました。
こちらが中村監督のある日のほぼ日。

上部、□がついているのは、数日中にやるべきToDo。
中~長期のToDoについてはアプリを使用。
とはいえ、気になることは中~長期のToDoも書くそうです。
あとはテレビで見たとか、本で読んだとか、話を聞いたことで
後で「何かになりそうなこと」を書いているということ。

とにかく見返す理由が欲しいので「見るのが楽しくないとダメじゃん」と。
なので、わざとごちゃごちゃ書いてほぼ日内をワンダーランド化しているとか。

「とにかく僕は運がいい。タイミングよくいい人・物・情報に巡りあえる。」

と言う中村監督。
わざとごちゃごちゃ書いた中に、
「今この情報欲しかったー!!!!」というのに巡りあうことも多々あるそう。

次に、作品ごとのノート。
こちらは無印良品の方眼ノートが3冊。
ノートカバーに挟んで使っていたそう。
(今は、次の作品に入っているのでそちらのノートに変わっています)
これには、取材をしたときの内容を書いたり、ロケに行ったときの資料になるものを貼り付けたり、
会議の内容、思いついたアイディアなど、作品に関わること全部を書くそうです。

放送開始の2年以上前から企画がスタートしていた『つり球』のノートは3冊。
写真は、メインキャストの4人がいつ出会って仲良くなるか、などが書かれている部分です。

そして、ノートカバーの片側には、何故かコーネルメソッドのノート。
絵コンテのラフを描くためのノートですが、この右と下の余白スペースがいいかんじなのだそうです。

1話で、宇宙人ハルが主人公ユキを見つけるシーン。

その本番の絵コンテがコチラ。

絵コンテを描いているとき、
キャラクターが勝手に動きだしたりするんですって!それに沿って描いたりするんですって。
というか、

「キャラが勝手に動いてくれないと困る!
ボクの考えだけで描いていたら、そのキャラらしさがなく不自然になる。」

とか。キャラクターもちゃんと生きているんですね。凄いですね。

で、絵コンテを描いている風景も頂きました。

左手前のコンテラフノートと、その奥のiPadでシナリオをチェックしつつ、
正面奥のMacでこれまで描いたものを確認しつつ、手前の液晶タブレットで描く。
集中しすぎると電池切れするのでMac上のiPodTouchでタイマーをかけて
適度に休憩を挟みながら描いてるとか。
・・・意味分かります?私はよくわかりませんw

て、コーネルメソッドとか言い出したり、なんだかビジネスぽいノート術に詳しいニオイがするなぁと思ったら、
中村監督、ビジネス書などもかなり読むそうです。
Notebookers繋がりだと、モレ本の堀正岳さんの本もよく読まれるそうです。
作品のこと以外にあまり労力を掛けたくないから、ライフハックは重要だとか。

最後に、中村監督とノートブックの関係はというと。

「ノートはボクの分身。記憶部門はノート、ボクは考え事担当。
時々ノートとふたりでミーティングをする。楽しいよ。」


なんて、最後にNotebookerなニオイを漂わせる中村監督でした。

10月頃に取材したものなので、ちょっと季節感がなくてスミマセン(汗
しかし、取材はとっても楽しかったです♪タカヤさん、お題ありがとうございます。

以上、なかむら真朱@aooooonでした。See you♪

Comments (2)

【ノートブックがない旅なんてvol.11】奄美大島・島唄を歌い踊り書く。

Posted on 21 11月 2012 by

先月末、およそ4年ぶりに帰っておりました。
鹿児島にありながら沖縄寄りに浮かぶ、奄美大島に。

“帰る”と言うのには理由があって、奄美に祖父母の家があるから。
私自身は奄美生まれ奄美育ちではないのですが、
小さいころは毎年のように夏休みに帰ってたから…と言って
また同じ表現を使っている訳ですから、これはもう変えられないのだと思います。


今回帰った一番の目的は、地域行事のお手伝い。
今年も新しい種をまけたことに感謝すると共に、翌年の豊作を祈るお祭り。
夕方頃から集会所や近所の家々をまわり、
島唄を歌い踊り、歌い踊る…といった、お祭り。

当日の昼は、来た人をもてなすための料理を大量にこしらえたりいろいろと。
そして夜は…踊りました踊りましたよ!!

皆で丸くなり、皆で同じ踊り。
かと思えば、
三線と太鼓が響く中、踊れおどれや皆おどれ!

老若男女、それぞれに楽しんでいる様子をみて楽しみました。
もちろん私も、わからないなりに踊りました!


さて、そんな奄美大島のノートブックはというと。
それは文字ばかり文字ばかり、そして文字ばかり文字ばかり。

何を書いたかと言うと、島唄です。
お祭りのときに歌い踊った(と思う。実際そうなんだけど)、島唄の数々。

トラベラーズノートを横に倒して、縦書き。
上が島唄の歌詞で、下が標準語訳って構成になっています。

島唄の歌詞、拡大。

ゼンブカタカナ!!!
標準語訳がないと意味がわからないし、
時に標準語訳があっても意味がわからないカタカナ集団の数々。


日常生活であっても、奄美の方言は
(祖父母世代になると特に)本当に何を言っているのかわかりません。
島唄の歌詞も、まったくわかりません。
踊りは見よう見まねで何とかなっても、島唄はつかみどころすらわかりません。

ノートに記録した元ネタは、15年くらい前につくられた島唄の歌集。
こうもわからない島唄を何とかして残しておきたいと思った勢いのまま、
家に居て時間を見つけては、ノートにずっと書き写していました。
(まわりからは「写経してるみたいよあんた」と呆れられましたが…)

結局、今回のノートの7割近くは島唄に充てられるという結果に。
我ながら、よくここまで無心に書けたと思います。
なぜだかわからないのですが、書かずにはいられなかったのだと思います。

書いていると、祖父母から昔話や島唄の別解釈を教えてくれたりもします。
書きながら、島唄が歌われていた頃の生活をぼんやりと考えてみたりします。
こういった風習を伝えることの難しさをについて考えてみては、無力であると痛感します。


思うことはいろいろあれど、私は奄美が大好きです。

★奄美大島で撮影した写真、Flickrに載せました。
 お祭りの様子のほか、10月の海や花など自然も楽しんでいただけると嬉しいです。
 Flickr:201210_Amamioshima

—————————————————————————
【ノートブックがない旅なんて】次回予告
次回は12月20日(木)
年末は振り返り記事とかいいかなぁ。
1年間でつくったトップ画像を並べてもいいかも。
—————————————————————————

Comments (2)

Tags:

切手チェーック!!【いい加減ノート】

Posted on 20 11月 2012 by

私の手帳モレスキンポケットには、いくつか切手が入っています。
中身を確認してみたら、80円切手ばかり15枚。多いか少ないか、よく分からない枚数…。

皆様は切手、持ち歩いていますか?
場所をあまりとらない割には、いざという時役立つのでオススメです。
今回、そんな手帳の中の切手について紹介します。

<どのようにしまっているか>

こんな雰囲気のビニール製入れ物に入れています。
バラけることもないし、中身が見えるので残数がわかりやすい。何よりスリムにしまえるのがいいです。

<どんなタイミングで増えているのか>

概ね、年賀状として購入したハガキの余りを切手に変えてもらっています。毎年上手く調節できない年賀状の枚数。ある年は買いすぎて、また別の年は足りなくて買い足したら余って…結局私の準備する年賀状は余る運命にあるようです。懸賞などで使用すれば良いのかもしれませんが、あまり興味がなく、切手…特に80円が使い勝手がいいのです、私は。

<何に使っているのか>

一番の目的は、遠くの誰かにお手紙を送ることです。
自分は筆不精な方かな、あまり頻繁にお手紙を書くことはないのですが、だからこそ、手紙を送りたいなあ、という気持ちを、単に切手が手元になかったという障壁で、なかったことにしたくないのです。
参考までに、私の今年のお手紙送付枚数は…年賀状を除くと5通は上回らないです。万が一これから1ヶ月ちょっと、すんごい勢いでお手紙を出し始めたらわかりませんが、今の自分の状況からは考えづらいかな。
一番の…と言ったということは…そう、その他の使い方もあります。それは、気が向いたときに 郵便局で風景印を押してもらうことです。
印の美しさ、局員さんとの会話ももちろん素敵ですが、ノートにかけがえのないその日が刻印される…というのが心ときめきます。
——–
もしかしたら、このシリーズで一番の真面目さで書いてしまったかもしれない…。
でも、それもこれも…

いい加減は、良い加減。

ことはじめ→いい加減ノート所有者の会

Comments (0)

Tags:

もしも歴代『相棒』3人が揃ったらシリーズ notebookersスペシャルエディション

Posted on 19 11月 2012 by

いつもはInstagramに上げている「相棒」落書きonモレスキンですが、せっかくのノートネタなのでここに。

歴代『相棒』の皆さんに持って欲しいノート、メモ編!

image

右京さんいればノート要らねえじゃん…

*この記事の筆者はただの一『相棒』ファンであり、このサイトも筆者も『相棒』とは一切無関係です。念のため。

Comments (0)

Notebookerはハイブリッド!

Posted on 19 11月 2012 by

ハイブリッドユーザー

多くの、Notebookユーザーは、Notebookだけでなく、カメラやPCなどのデバイスを活用しながら、Notebook Life を満喫されているはず。

今風の言葉で表現するなら「ハイブリッド」ですよね。

そこで、今日のテーマはすばりハイブリッド!しかも、Notebookers.jp初のハブリッド車の記事です

エコカー減税も終了して、消費税もいよいよ増税、購入して9年を迎える我が愛車。

今回の車検を機に、新車を購入する事にしました。プリウスのような高級車は手がでないので、手頃な価格帯のTOYOTA「AQUA」を選択。

 

さすがに人気車とあって、8月に申し込んだ所12月納車と云われました。

幸い、増産が間に合って先週納車の運びとなりました。

今までの違いは、車にキーをさしてエンジンをかける必要がなく、ブレーキを踏み込んで、スイッチを押すだけ。

走り出すと、今までの車と違いは感じません。ただしエコモードで始動するとややパワー不足を感じますが、現状ではなんら差し支えはありません。

モニターでは、ガソリン走行とバッテリー走行・充電状態が認識でき、ナビはiPodと連動、モニターでプレイリストまで表記選択可能です。

まだテスト段階ですが、20~30km/lくらいの燃費になりそうです。

さて、Notebookerの記事なので、辻褄をあわせなくては、今回車体のカラーを悩みました、カラーバリエーションが豊富で・・・

悩んだ結局この色に決定しました。

パパといえば、日本で一番の(当社比)ダークサイドモレスキナー?。ずばりカラーはダークサイドブラック!!

本音は、MOLESKINEにあわせて、このブラックにしました。(赤もいいなと思ったのですが、赤の車体コードが3PO!これでは、パパに似合いません)

つまり日本一MOLESKINEが似合う、ハイブリッドカー!というオチでいいですか?

さりげなく、MOLESKINE。

Comments (0)

Tags:

今週気になった記事まとめ 2012/11/13-2012/11/18

Posted on 18 11月 2012 by

こんにちわ。今週もまとめ記事のお時間です。

筆記具〜君はナニをつかっているんだい?【いい加減ノート】

筆者のこめさんはあまり筆記具にこだわりがないとのことですが…
自分が使ってるボールペンの種類をさらりといえるあたり、結構こだわってんじゃないかと思います、私の尺度では。
ちなみに私が一番こだわるのは書き心地。
それさえよければ裏抜けしようが持ちにくかろうが気にしません、というか気にならないのです。

筆記具を新調

心機一転するために筆記具を前面リニューアルって言うのも気持ちよさそうです。
あと、ペンの種類によっては字の汚さをカバーできるというのはすごく納得です。
上記にも書きましたが、私は書き心地がいいと自然と字が綺麗めに書けます。

見知らぬ紳士にジェットストリーム4&1を貸す、ささやかな勇気

すばらしい気配りだなあとwそして悩み方が文具好きを物語っていいなあと思いました。
よくダイビングに行くと筆記具を持ってくるのを忘れた人にペンを貸す私です。
最近の楽しみは思い切って万年筆を貸して、その人の反応を見ることです。
「うわー!万年筆だぁ!」ってテンション上がる人、「えっ…万年筆…(壊しちゃわないかな大丈夫かな)」っておどおどする人に分かれることがわかりました。

悪趣味。

マステ ★ クリスマスツリー

マステをクリスマスツリーに飾ってしまうと言うプチアイディア?
キャンドルが素敵!と思いました。

最後に

今週ペンネタ多いですね。
最近手帳漁りが少し落ち着き、ポケットサイズモレスキンのプレーンノートブックと、トラベラーズノートのレギュラーサイズでまわしています。
もうすぐめでたく2回目のトラベラーズノートを愛でる会参加も決定したので、そこで堂々と「見て見て~!」と開けるようなノートを一冊作ってみようかなー、と画策中です。

どんべでした。

Comments (0)

ルーズリーフにいろいろとびっくり!

Posted on 18 11月 2012 by

こんにちは。げんです。

平成24年11月14日(水)の仕事帰りに、ご縁がありMaruman/マルマン株式会社さんの展示会にお邪魔することができたので、その模様を共有できればと思います。

私が会場に到着した時にはマルマンさんのプレゼンが終了した後でした。Notebookersのライターさんも数名いらっしゃって、挨拶をしたりするなかで、ちょうど文具王こと高畑正幸さんのトークが始まりました。

まずは、その模様から。。。

1.文具王のトーク (私が勝手にタイトルをつけるなら「マルマンと共に歩んだ文具王の三品物語」)

 

トークショーをイメージ画像で。何だか申し訳ないです。

 

① ニーモシネ(最近の仕事用)

・A4の横で使えるのがいい。

・写真を撮るときのバックに使ったりもする。

・リングの方がパタンとなっていい。

・切り取れるから、片付いた案件は切り取り、残っている案件がノートに残っている。

・薄い罫線のグレーが好き。

② CROQUIS(大学時代)

大学時代は機械工学の勉強をされていたということで、その頃はグレーの表紙のCROQUIS(A4のスタンダード?)を使っていたとのこと。これは赤や青の表紙のタイプよりも紙が若干厚手でクリーム色がかっていたそうです。当時のノートの写真を見せていただきましたが、カッターナイフやシャーペンのスケッチが精巧で構造まで詳しく書かれていました。

旅行のチケット類も当時はこれに貼り付けていたそうです。

③ ルーズリーフ(少年時代)

今回のトークで興味深かったのが、少年時代の文具王のルーズリーフの使い方です。

今回のトークのために実家から少年時代に使っていたノートを送ってもらったそうです。

もう、それがすごいのなんの!

当時の小学校の先生がノートを書くことについて指導しており、理科の実験をまとめたレポートに関するノートにハンコを押しその内容を評価しており、高畑少年は先生から高評価を得たくて、ノートに工夫を凝らすようになったとのこと。この先生の存在があったからこそ、現在の文具王がある?

以下、当時(小学5年生)のルーズリーフノートを写真で見せてもらい、それを私がイメージ図化しましたが、ルーズリーフノートに工作するように円盤を割りピンで付け、これを回転させることでろうそくに火が灯る様子を再現したり、ノートに窓を作り、紙を差し込みこれを動かすことでアルコールランプの火の大きさ、ランプの燃料の量、砂時計の砂の量が時間と共に変化する様を動画的に再現するということをやっていました。もう、文具王の原点を見た!という感じです。

 

高畑少年の凝ったノートをイメージ再現

 

ルーズリーフのいいところとして、失敗しても外せる、加工してはめられるとい点だとおっしゃっていましたが、まさに紙のメリットですね。

 

2.製品の展示コーナー

文具王のトークショーのあとは、マルマン社の製品群を見て回りました。印象に残った製品は以下のとおりです。

① ルーズリーフ

はっきり言って、社会人になってからはルーズリーフを使っていませんでした。

学生時代は、ただの横罫線の取り外し自由なノートという程度の印象で使っていたこともあり、今回、何十年ぶりにあらためてルーズリーフの製品群を見て、これは進化したな~と感心しきり。

・ルーズリーフ ミニ

B7サイズの大きさで、付箋感覚でちょこっと書いたり、あえて目立つようなことを書いてB5やA4のファイルに挟めるし情報カード的に使えるなと感じました。またミニのサイズに合わせたファイルもあり携帯性もあります。

・アシストライン

横罫線が一般的なんですが、これにうっすらと縦の罫線が入っているタイプがあり、これによって、文字の出だしを揃えたり、文章の中に図を描きやすくなっています。この縦罫線はコピーをとったときに映らないような印刷上の工夫が施されているそうです。

このほか、女の子が短い定規を使用するというニーズに応じて、ノートの上下と中央の行の横罫線にドットを打ち、縦に線を引くときに短い定規でも対応できるようにしたり、最近の学生は小さい字を書いたり、1行飛ばしで書いたりするので5ミリ間隔のノートを発売したりと工夫が施されている製品がありました。

② ニーモシネ

これはおなじみの製品であり、また最近はライトが発売されましたがそのレポートもよくネット上で拝見するのでここでは割愛します。今回は、ニーモシネ全製品を見ることができたので参考になりました。私としては仕事用にライトとTODAY’S ACTというA6のToDoを書き出すメモを使ってみたいと思いました。

③ スクールスケッチブック ニューコース アソートペーパースケッチブック

これ欲しい!と思い、展示会に来ていた中野区の旅屋さんの店主・はなさんに「これ、入荷してくれたら買いますよ。」と宣言してしましました。(笑)

A4サイズで中の用紙がクリームクロッキー10枚、画用紙厚口10枚、方眼紙2枚、トレーシングペーパー2枚という構成です。様々な紙に合わせていろんな画材で絵を楽しんで描いてみたいなと思わせてくれる製品です。

④ てぬコレ

ファイルノートやリングノートの表紙がてぬぐい風の絵や印刷が施されたシリーズです。

見ていて落ち着きますし、楽しいですね。20人以上のデザイナーが参加しているそうです。

 

以上、長くなった感はありますが、馴染みのある1つのメーカーの製品をじっくりと見ることができ、定番に対する工夫や新たな製品への力の入れ方も感じ、通常だとなかなか聞けない話も聞く機会をいただき感謝です。

店頭にこれらの製品が並んでいるのをみると手に取っちゃうかも(笑)

Comments (0)

Tags: , , ,

名古屋Moleskine アトリエ ショップ 勝手にレポート

Posted on 17 11月 2012 by

名古屋モレスキンアトリエショップ

行って来ました♪( ´▽`)
オープンの日は雨で人が多いかな?とか思いながら。
朝からだと用事もありお昼から。

アトリエショップは、名古屋ハンズの10Fでした。
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
キラキラしながら見てました。

20121117-175106.jpg

そして、話し掛けられた人が、な…なんとモレスキンの代理店でもあるカファ有限会社の方が!!

( ̄◇ ̄;)!頭下げそうになりました。
「名古屋に作っていただいてありがとうございます(^^)」と…

このショップの手作りの話しとか色々と聞けました。
聞いていて再度見るとモレスキンのノートの中身がリアルに表現されてる感じを受けました。

20121117-175228.jpg
私のお目当てのフェリオノートブックA4サイズのスケッチブックも現物で見れて重さも確認出来て買いました。

使用例とかして展示もありました。

20121117-175410.jpg
この、ジャーナルブックはガン見してましたw
あまりにも素敵なイラストだったので。

そう、ショップにて1人でテンション上げてきゃっきゃっと見てたのは私です!
欲しいバックとか見ながら( ̄◇ ̄;)
雨じゃなかったら買った!
マジでオレンジの発色とかモロ好みだから…。

東京の第一店舗の広さとか知らないですが、こじんまりしていて私はこのスペースに閉じ込められてるモレスキンの商品の配置は好きです。

自分のモレスキンの中を覗いてるみたいで、ポカポカしてしまいます。
小さな個人のモレスキンの世界が、モレスキンの商品陳列で表されてる感じです。

そして今日の戦略品ww

20121117-175713.jpg
カイエはこの色が欲しかったので。
スケッチブックは、映画記録に使います。
楽しみです。この一冊が埋まる日が。

Comments (0)

見知らぬ紳士にジェットストリーム4&1を貸す、ささやかな勇気

Posted on 17 11月 2012 by

黒赤青緑、加えてシャープ。
仕事に勉強に、欲しいインク色とシャーペンが一気に揃う。
ストレス感じる暇も無いくらいの、信頼できる書き心地。

そう。
それが、ジェットストリーム4&1。
ジェットストリーム4&1、なのである。

仕事中、勉強中。
もしも右手から離れたら、戦闘能力急下降。
なのに、なのに。
ふとした理由で、目の前で見知らぬ紳士がペンを探していたら?

それは当然、ペンを貸す。
貸し出すペン、それは・・・。


ペンケースの中を、探す。
探したところで、紳士が使いそうな類のペンが無いことに気づく。
仮説を立てる。紳士はごく普通の色をしたごく普通のペンを使いたいのだろう。
きっとグリーンブラックとかボルドーブラックとか洒落込んだ色は必要ないし、
まして蛍光ペンで紳士のニーズを満たせる気がしない。(紳士はきっと文字を書く)

残るは、そう。
ジェットストリーム4&1。
戦闘能力はなんとかなるさ、勇気を出して貸し出しましょう。

「よろしければ、使ってください。」
「あぁ、ありがとうございます。」
紳士、ジェットストリーム4&1を手に取る。
(大丈夫だと思うけど、そのまま持って行かないで・・・)

ジェットストリーム4&1が手元から離れてから数分間、ふと考えたことリスト。
□ しまった、黒ボールペンってあれしかなかった…
  こういうときにロックなボールペン(プレフィールオールブラック)持ってれば良かったんだ!

□ あれ、待て待て単色ペンでも問題ないじゃないか。
  そしたら黒ペン何にしよう。スラリかG-KNOCKがいいかな。
  ノック式でワタシ好みの書き味。お値段もお手頃だから代打黒ペンにいいかも。

□ あーでもペン増えすぎても結局使わないんだよね。
  ペンケースには最低限入ってればいいと考えると、代打黒ペンはいらないよな。

□ ペンを貸した紳士がジェットストリームの書き心地に「おおっ!」って唸ってたら
  それってもしかして、わたし感動のおすそ分けとかできてるんじゃない?

□ って、紳士けっこう遠くにいっちゃってるから書いてるときの様子見れないんだけど

□ スラリもいいけどサラサもいいよなぁ、あぁだから代打黒ペンは買わないって!

□ 紳士、ペン返し忘れてそのまま持って帰ってしまうとかないよねぇ・・・。
  ちょっと不安になってきた。

□ キャップ式だけどシグノもよくない?あぁだから代打黒ペンは買わな・・・

「はい、ありがとう。」
現れた紳士は、右手にジェットストリーム4&1を持って私のところへ。
ごくごく普通に、ジェットストリーム4&1は私の元にかえってきた。

ペンを返して、おわり。
普通だ。普通である。

戦闘能力の増減は特になし。
なければないで、なんとかなるものだ。

それにしても。
愛用ペンであるとはいえ、
ジェットストリーム4&1が手元から離れていた数分間の思考ときたら。。

まぁとにかく、何事もなく戻ってきてほっとした。
なければないでなんとかなるけど、
やはりジェットストリーム4&1は、頼りになる。

Comments (5)

Tags:

新しいペンを買わなくちゃ。

Posted on 14 11月 2012 by

image

駅で私の手からモレスキンがスルッと落ち、差してあったジェットストリームが死亡しました。

クリップが取れただけだから、引き続き使えるだろうと思いきや…。
芯が出せない。
軸を回して芯を出すタイプなんですか、全く動かなくなってしまいました。
ペンとして終わりです。ちーん。

でも、新しいペンを探せるワクワクもあるのが正直なところ。

中のインクだけ取り出して、新しいペンに引き継ごうと思います。
やっぱりジェットストリームにするつもりですが、どんな色のやつにしようか、今からウキウキしてます。

Comments (1)

筆記具を新調

Posted on 14 11月 2012 by

_1_14.JPG _2_14.JPG

した
ちふちふです。

たいした記事を余り書けなくてごめんなさい。

小さめの筆箱で荷物の軽減を目指して
まずは筆箱を…600円くらいでした。
最近はまってる紫にしました。

紫のオススメの文具あれば教えてください。

ボールペンはジェットストリームの黒。
太さは0.5

何回か使って0.5/ 0.7 /1.0と使いましたが自分に会うのは0.5でした。
字が汚いのを少しカバーしてくれます。笑

次はSARASAの0.4の三色
赤、青、黒。
やはり仕事で使いnoteに書きものをする時はこの三色が使いやすいです。
SARASAも沢山の太さがありますが、細かい字や画数の多い漢字を書くのにこの微妙な0.4が一番自分には合います。

ふと、ボールペンを買う時書きやすさともう一つの基準は字が綺麗に書きやすい、もしくは見えるボールペンを良く選びます。
元々字が汚いのがコンプレックスでボールペン探しの日々なんですが、ボールペンとnoteの相性って大切なんです。
書いてて見た目が気に入るページを作れるようにしたいんです。

さて、話は戻り…
何故筆記具を新調したかと言うと
ここ数ヶ月、仕事でうまくいかないことがあり、心機一転で買いました。

新入社員の時に使ってた筆記具を使い初心に戻ろうかと…

昔は手帳を新調してましたが、手帳は自分のメモリーなのでそこは受け止めようと…

今回は筆記具なんです。

皆さんはどんな時に筆記具を新調しますか?

また筆箱を模様替えしますか?

今年も後わずかになりましたね。
クリスマスカードは準備できました?
年賀状の準備は始まりました?

…クリスマスカード…
出したことない…
作ったことない…やってみたい…
φ(・ェ・o)メモメモ

さて、新しい筆記具と一緒に明日からも頑張ります。

ちふちふ

Comments (1)

2013年ほぼ日手帳の表紙をカスタマイズ

Posted on 13 11月 2012 by

すでに来年の手帳がいろいろ販売されておりますが、もの書き写真堂は10月にほぼ日手帳を購入。いつものように表紙をカスタマイズして、新年の準備は着々と進んでおります。
今年のほぼ日手帳、見た目が変わりましたね。
  • 表紙のあのシルエットイラストが消えた。
  • 表紙の「年」の表記が右下から下寄り中央になり青色になった。
  • 背表紙にも「年」の記載が入った。
  • 表紙の材質がつるつるから少々ざらざらな紙になった。
  • ページが角丸になった。

あのシルエットイラストが苦手だったので、糸井さんには申し訳ないがこれはちょっと嬉しい。年の表記が大きくなって中央に寄ったことと、背表紙にも下部に年が記載されたのは分かりやすくてありがたし。

ページが角丸になったので、手にぶつかっても痛くない。という理由で角丸なったわけではないだろうが、今年の手帳は1年近く使い込んでいくうちに自然と角が落ちていっとります。角丸になった理由、どこかに書いてあるのかな?あまり気にしてないので探してないです。すまん。

さて、今年の表紙カスタマイズはどうしようかと悩み、先日、突っ張り棒で吊したマステを前にいろいろ考えてみた。
ちなみに、このマステの見える化、なかなか良いです。持っているものが一目瞭然だし、色味を合わせて吊せば選ぶときにわかりやすい。ある意味、すき間利用の収納方法でもあります。

ただ、突っ張り方向と垂直にマステを引き出すので、マステの粘着力がそれなりにあるため力加減によっては棒が外れてしまう危険性が。必ず片手でマステ本体を棒から浮かせて、もう片方の手で引き出さなければならないというのが唯一の欠点かな。写真は、撮影のため片手でマステを押さえてますが、このまま引っ張らないよーに。

ここのところの経緯は、こちらのブログに書きましたのでご覧くだされ。ちなみにちなみに、言い出しっぺはモレカウさんですっ。

さて、あとは新年を迎える前に、2013年版手帳の「2012年12月」の欄に目標やら予定やらを書き込む作業をする。これは今年の手帳でも実行してかなり効果があったので、今回もやろうと思ったもの。
元ネタはこの本です。アナログ・デジタルのハイブリッドな人、必見。
もの書き写真堂の「手帳術の師匠」(と勝手に呼んでおります)倉下忠憲さんの「クラウド時代のハイブリッド手帳術」。オススメです。

今年もあと1ヶ月半。
みなさん、ゆっくりじっくり、来年の手帳のカスタマイズをしましょう。

(申し訳ありませんが、当ブログ内でのまとめ記事への引用はご遠慮ください。)

【追記】

昨年、「ハイブリッド手帳術」について書感実践編を書いていたので、参考にしてください。もの書き写真堂自身も読み返したら参考になりました(汗)。

Amazon.co.jp: クラウド時代のハイブリッド手帳術: 倉下忠憲: 本
お世話になってます。

 

Comments (0)

Tags:

筆記具〜君はナニをつかっているんだい?【いい加減ノート】

Posted on 13 11月 2012 by

休日の贅沢はお昼寝です。家の布団って最高です。
これも寒さの所為なのでしょうか。ども、こめですこんばんは。

しっかり貼付けて、ノート部分を占領する…。下に何か書けるとかいう発想はない。はがきはkeiさんの猫旅♪

いい加減ノート所有者の会」多数のコメントいただき、ありがとうございます!!お陰で堂々と書くことができます〜♪(感涙)

——–

手帳に使う筆記具の条件とは。
すぐ書ける…細身で手帳に備え付けられるとか、よくインクが出るとか、手に入れやすいとか、あるいはこだわりの1本とか、裏抜けしないとか……いろいろな視点があるのかな。

いい加減ノートな自分は……あまりこだわりがありません。いや、無くなった、と言う方がニュアンスが近いかもしれません。

よく見ると予定変更が×で消されてるだけ…とか鉛筆で書いちゃってる…とか。

はじめは、ハイテックCコレトに入れているブルーブラック(仕事用)とブラウン(それ以外)2色使いでしたが…段々と、なんでもアリに。
以下、上述の筆記具も含め、手帳に登場する物を列挙します。

書く以外の物はまた別の回で。

ペン、鉛筆類ですが…そのとき持ってるもので書くって風です。8Bえんぴつは、以前バッグにそのまま入れていたので、よく使いました(しかも、するする書けて非常に気持ちがよいのです…にじみやすいけれど)。
あ、万年筆がない……ノートに文章など書くときには使用するのですが、手帳に使うことが無い模様。修正テープも消しゴムも使用頻度が少ないです。この辺に適当さが垣間見えます…。

ペンケースの中には、他にも筆記具があるのに、手帳には使わない…。

手帳のための文具…という小さな世界。
実用と趣味のワンダーランド。

奥が深いのか、どうなのか。

それもこれも…

いい加減は良い加減

(写真もいい加減でごめんなさい)

Comments (3)

Tags:

今週気になった記事まとめ 2012/11/06-2012/11/12

Posted on 12 11月 2012 by

こんばんわーまとめ記事のお時間です!
先週に引き続き月曜更新になってしまった…。昨晩は大学の頃の友人と久しぶりに飲んでてほっこりしてました。
うち一人はもうすぐパパなるとかならないとか…ヒャーパパー!

うだうだ言ってないで始めます。

ラーメンノートができるまで

イラストがぎゃわいいいいいいい
日々の出来事を無意識に書いていると、自然と自分の好きなものが浮き彫りになってくるんですね。

ipad miniはノートブック?

無駄にいろんなサイズ出すんじゃねえよケッとか思ってた私ですが、意外と好評なiPad mini…。
モレスキンと同じくらいのサイズだなんて…

ちなみに私は、デジタルデバイスは紙のノートへの入力装置(印刷すれば紙になりますから)であり、紙のノートもデジタルデバイスへの入力装置(スマホで撮影すれば電子データになりますから)と思ってます。
どっちで入力しても、好きな形で出力できるもんだしね、と。

最後に

ということで、友人がパパになります。
出産予定は来年3月。
これはもう出産祝いはモレスキンのベビージャーナルしかねーだろとか、もうソワソワしてます。気が早い。
文房具好きになってから、贈り物にあまり悩まなくなった気がする今日この頃です。

どんべでした。

Comments (0)

シール

Posted on 12 11月 2012 by

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_42.JPG

をGETした
ちふちふです。

やはりマイノートには
マイシールがいるかなと。
ノートブッカーズの皆さんもそうですか?

今お気に入りはセブンイレブンのリングノートです。

表紙が硬く、サラサラとかける紙質。
縦長のノート。

お気に入りです。

ふと…

年間どれくらいのノート買うのかな?とカウントをとりたくなる
ちふちふです。

皆さんは年間どれくらいのノート消費ですか?

年間に計算すると10冊?です。
基本、仕事の雑記ですが…

ただ、仕事柄ノートを使うこともあり
ノートや文具にはまれたのがうれしいですね。

ノート、ボールペン。このセットを日々模索してる自分が好きです。

ちふちふ

Comments (2)

ラーメンノートができるまで

Posted on 10 11月 2012 by

今年の初夏に行われたNotebookersキャンプの夜、
モレスキンカウボーイことタカヤさんに
自分の愛用ノートを見ていただく機会がありました。

そもそも自分の愛用ノートを人様に見せるということ事態が初めてで、
むしろラーメン食べながらバンジージャンプした方が
マシなんじゃないかと思うくらいの恥ずかしさを
こらえて、↓のような状態で見ていただいたんですが‥

10分くらい経った後。

憧れのモレカウ(←ちょっとほろ酔い)にいただいた初めての感想が
「ラーメンなんですね」だったときの
わたしの気持ちはこんな感じ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自覚なかったんですが、わたしのノートはどうやらラーメンで埋め尽くされていたようです‥
ものすごく恥ずかしい‥

で、改めて今までの自分のノートを見返すとそこかしこに‥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラーメン‥

 

 

 

 
やっぱりラーメン‥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、最近のノートにも‥

 

 

 

 

 

 

 

 

あっそういえば昨日もモレスキンに‥!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっこんなに描いて(貼って)たっけ‥‥!!?と思うくらい多かったです。
私の場合、ラーメンを食べた日は嬉しくてノートに記録せずにはいられないため
それが積もりに積もって、今のラーメン(だらけの)ノートができあがっているようです。

ノートには、自然と自分が好きなものが集まってくる気がします。
日常でノートを使うといっても、何を書けばいいんだろう?と迷ってらっしゃる方は、
ぜひ、ノートにひたすら大好きなことだけをたくさん書いてみてください。

書きためてから誰かに見てもらうと、
自分が何が好きなのか、どんなことに気持ちが動かされているのか、
ポロッと言ってもらえるかもしれません。

Comments (5)

小さなデコレーションnote

Posted on 09 11月 2012 by

_1_13.JPG _2_13.JPG _3_8.JPG _4_3.JPG

を、GETしたちふちふです。

ノートとボールペンセットで700円。
ページが泥で汚れてたりしますが、これもまたいいなと。
今までは綺麗なノート、綺麗なノートと新調してましたが、味のあるノート
自分だけのと最近は模索してて
リトルワールドで見つけました。

インドのところで見つけて
小さいし、開きにくそうだし…と懸念しましたが、ノートマニア?としては
買いました。

何でしょう、ノートって何か向き合おうとする魔法がある気がする。

ノート開くと、絵を書こう。
思いを書こう。
想いを書こう。
アイディアを書こう。
思い出を書こう。
写真を貼ろう。
思い出を貼ろう。
派手にしてみよう。
シンプルにしてみよう。

など、様々なその時の自分がわかる気がします。

皆さんはノートに何を書いてますか?

Comments (1)

ipad miniはノートブック?

Posted on 08 11月 2012 by

noteboook=紙

この方程式は、否か可なのか?

この、Notebookersというサイト自体デジタルな存在である以上、記録デバイスとして「紙」にこだわる必然性は無くなってくる。

(こうして、記事をweb上にあげる行為も、Notebookに記録する行為も、同意義だから)

ipad mini登場!!

(大きさ比較、左ipadmini、右iPhone5)

ipadクラスのサイズでは、取り出してちょっとメモを、というのは面倒だったが、今回のipad miniは、MOLESKINE(LARGE)より小さく、「ちょっとメモ」が可能になった。

 

後は、APPSTOREから山の様にある、アプリから自分にあったソフトを選び、自分のipadをカスタマイズすれば、理想のNotebookのできあがり!!(MOLESKINEアプリありますよ!)

メモどころか、写真も撮れる、音声も録れる、cloud上にあげてしまえば、端末がなんであれ共有も可能。

Notebookを定義したならばipad miniはすべてクリアーするだろう。

まぁ、強いていうならバッテリーの問題かな?

 

ところが、念願の(理想)デバイスを手に入れた今、やはり「紙」のNotebookを手放すに気にならないのは、なぜだろう?

Penという端子をとおして、Notebookというデバイスに、テキストやグラフィックをアウトプットする行為は、自分が紙が好きという事だけでなく、人間としての生理現象に近いのかもしれない。

カセットテープは50年、フロッピーディスクは30年くらい?

でも、紙の文化は古代メソポタミア文明紀元前3000年、桁が違いすぎますね。

紙に文字を刻む行為は、遠い歴史を経て私たちの遺伝子レベル、DNAの中に組み込まれているのかもしれません。

さて、あたななら「Notebook」をどう定義づけしますか?

やぱり、大好き「紙」Notebook!

 

 

 

 

 

Comments (3)

展示『猫旅~neko tabi~』@中野・旅屋

Posted on 08 11月 2012 by

 

 

お久しぶりです。keiです。

今回は告知です。

 

ただいま文房具ファンにはおなじみの、 東京・中野の~旅を感じる文具雑貨店~旅屋にて、初の絵の個展を開催しております。

展示のタイトルは『猫旅~neko tabi~』。

猫たちの絵を展示しております(まんまやw)。

 

水彩画に鉛筆やペンのドローイング、色鉛筆画…。

様々な技法であちこちで出会う猫たちを描いています。

ちょっとぶさかわだったり(笑)、だらけきってたりとただかわいい・きれいだけでない猫たちの姿を切り取って表現しています。

個人的にはおすましして絵になるポーズの猫よりも、気が抜けた時やリラックスしている表情の方がその子らしさが出ていて好きなのです( ´艸`)描きがいもあるし。

 

お店の壁面には主に大きなサイズの絵を、デスクの上にはノートブックのドローイング集を丸まる置いています。盛りだくさんヘ(゚∀゚*)ノ

展示してあるノートブックはMoleskineクラシック、Moleskineカイエ、Moleskine水彩画ノートブック、Rollbahn、月光荘などあれこれです。鉛筆のノリなんかを試したくて、色々使ってみてたんですね。

これからこれらのノートブックを使ってみたい方にも、参考になるかと思います。

 

 

展示期間は11/3~11/25です。すでに始まってます(^▽^;)エヘ

ぜひ文房具を探しに、そしてたくさんの猫さんたちに会いに中野の旅屋に遊びに来てください(^_^)/土日祝は会場にいる予定です。

猫のアイコンのバッジが目印です。見かけたら気軽に声をかけてやってくださいな。

 

すでに来場いただいた方から(ありがとうございました)、また来ますとの声を多くいただいています。

感謝です。

せっかくなのでリピートしていただいた方にも楽しめるよう、展示の内容や販売物など、(できれば)毎週末ごとくらいのタイミングで少しずつ変えようかなと思っています。

どうぞ、何度でも遊びに来てくださいヘ(゚∀゚*)ノ~♪

 

 

期間中、在廊時間やその他のアナウンスは自分のブログ、Twitter @kei0727にて順次流します。

よろしければそちらもチェックしてくださいませ。

 

そうそう、展示のDMをご希望があれば随時お送りしておりますので、『ほしい!』と思われた方はTwitterからでもご連絡ください。

 

では、また展示期間中にご報告いたします(^_^)/

 

 

Comments (0)

コンセプトはそのままに、スリムに軽くなった「ニーモシネ ライト」

Posted on 08 11月 2012 by

marumanさんから新製品のニーモシネライトを頂きましたのでレビューをさせていただきます。

このニーモシネライト、ユーザーさんの「良いんだけど、ちょっと重い。」という声から生まれたそうです。

実は私、もともとニーモシネのヘビーユーザーでした。
ニーモシネの書き心地・コンセプト・外観が非常に気に入り、主にビジネススクールで活用していました。
しかしながら、70枚というページ数・そしてしっかりした紙質のせいもあり、
持ち歩くには ”使い始めがちょっと重い” んです。
それでなくても教科書やケーススタディ、さらには参考書にノートパソコン・・・最近はスマホにその補助バッテリーと鞄は重くなる一方で少しでも荷物を減らしたいというときに知ったのがこのニーモシネライト。
ニーモシネのコンセプトはそのままに、薄く、スリムに、そして軽く作られました。
しかもさくっと計算してみると1ページあたりの値段が安いではないですか!(やりますね!marumanさん!)
 参考
  ニーモシネ(レギュラー)A4 70枚 945円 1ページあたり13.5円
  ニーモシネ(ライト)A4   40枚 472円 1ページあたり11.8円
 (価格はmaruman HPより(2012年11月8日現在))
 
ニーモシネから継承されたコシのあるこだわりの紙質(マルマンオリジナル)そして機能(切り取ったらA4・A5のぴったりサイズ)をスリムでコンパクト(そしてリーズナブルに)に実現した「ニーモシネ ライト」初めて使う方や女性にもオススメです。
ニーモシネであなたの無限大のアイデアを自由に広げてみませんか?
私も普段から持ち歩くようになりました。

Comments (2)

ニックネームが変わります。

Posted on 08 11月 2012 by

突然すいません。

諸般の事情でニックネームが たか★たく から 橋詰拓也 に変わります。

引き続きよろしくお願い致します。

橋詰拓也

Comments (0)

Tags: ,

いい加減ノート所有者の会

Posted on 06 11月 2012 by

関東地方も本格的な秋到来なこの頃、食欲の秋を通り越して引きこもりの秋化しております。
お家大好きです、寒いの嫌いです、こめですこんばんは。

ところで、最近気になっていることがあります。

そ れ は ………

お見かけするモレスキンなどのノート使いの方々…

ノートきれいっ!!

 

お家大好き、少人数大好きなワタクシですので、そもそもあまり会合に顔を出さないのですが、それでも少ない機会の中でノートを見ると……出るわ出るわ美しいノートの数々。そして、素敵な挿絵なんかも…!!!!!中には、これはもうこういう画集なのではないか、という方もいらっしゃいます。(見させていただきありがとうございます。見るのは大好きです。)

うすうす気付いていたのですが、自分のノートの取り方の雑さといったら…もう。
そして、良く言えば個性的、一般的には残念な絵たち。(いや、本人にとっては至って愛すべき絵なのですよ?)

……いっそのことネタ化できないかと、そう思いました。

………そう、思ってしまったのです。

<案>

…思いつく程度のメニューを並べてみました。

この記事に1件以上のコメントが1週間中につけば、早速それぞれについて書かせていただこうかと思います。……なければ……お蔵入りかもしれませんが、本人に心境の変化が訪れたら、関係なく書くかもしれません。

例えば…初めの筆記具の事については……ふふ、あんなモノやこんなモノ…こだわりがある……のか?はたまた、ない…のか??
もし、書けるような雰囲気になりましたら書かせていただきます。ただ…今年中でないと、ノートを切り替えてしまうので、ぴっかぴかのノートになってしまって私はネタ不足で大いに困ることになると思います…。

キャッチフレーズ:いい加減は、良い加減。

コメント、お願いします〜、なにとぞなにとぞ…。

Comments (17)

今週気になった記事まとめ 2012/10/29-2012/11/05

Posted on 05 11月 2012 by

こんばんは。まとめ記事のどんべです。
昨日は勝手にダイビング休暇もらってました。どおでもいいですね。
今週は、というか先週はなんと言っても

「notebookers NHKデビューおめでとう!」

ですが記事もちゃんとまとめます。

はじめまして。みりこです。(思い出したように)

タウンページのようなほぼ日の手帳w

ciakの手帳 言葉の魔法

初めて聞くブランドだったので、調べてみました。チアックと読むのか。
かわいらしいノートですね。
特に2種類のノートが一冊にまとまってるCIAK Duoってやつが気になりました。

Vertebrae

サムネイル見て女の子か男の子か一瞬わからなかったのは内緒。
私のVertebraeは、うーん、探し中かな。

最後に

10/31(水)のNHK「おはよう日本」で、このサイトが一瞬紹介されました。
取材のタイミング的にあれだったんですかね、先週のまとめ記事の画像が一瞬、本当に一瞬ですが映し出されて、部屋で一人で
「ぎゃああああああああんなのが全国ネットで流されたああああああああああorz」と発狂していました。一人で勝手に発狂している自分がこれまた恥ずかしくて…という妙な悪循環に見舞われた朝でしたw
手帳の特集で取り上げられていたのですが、このサイトは手帳って限定するより、もっと文房具とかノートとか、それを使っている人の雑多なことがいっぱい書いてあるおもちゃ箱みたいなとこだと思ってるんですけどね、個人的に。
ああもうとにかく恥ずかしかった。他にご覧になった方は、いかがでしょうか?

Comments (0)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2012年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ