Archive | 2月 16th, 2013

結果報告:スポーツとNotebook② シクロクロス東京2013

Posted on 16 2月 2013 by

みなさん、こんにちは
とむとむです。

ご報告が遅くなり申し訳ありません。
前回のエントリーにて企画した、「頂いたエールをノートに記し、それを携え自転車レースに出る」
の結果報告です。

Notebookersのライターさんを含む、16名の方からメッセージを頂きました。
皆さん温かいご声援を有難うございました!

あんずははさん
加納おりえさん
げんさん
Keiさん
さっちんさん
MOTOさん
sigelさん
じゅん子さん
シロ色おおかみさん
タビウサギさん
Tomomiさん
ハルナうたうさぎさん
のんまむし三太夫さん
のん蜜さん
ミキさん
らくのさん

大変恥ずかしながら、レースは完走となりませんでした。
20分でコースを3周の規定だったのですが、トップに周回遅れとなった時点でレース終了。
中学生にぶっちぎられてしまいました・・・。

 

さて、今回使用したノートは防水仕様の測量野帳です。

IMG_4727

レースの公式ロゴをザイロンでシール化して貼ったら、まるで元々あったかのような感じに。
皆さんからのメッセージだけでなく、コースマップや作戦、注意点なども書いておきました。

IMG_4729 IMG_4730

レース前に転記出来たメッセージは、マステに書いてノートに貼って会場入りしました。
そして試走を終え、スタート召集がかかるまでの間にこのマステをノートから剥がし、
愛車にスポンサーステッカーの如く、ただし自分に必ず見えるようにと、ぺたぺた。

IMG_4736

思わずクスっとしてしまう面白いものから、気持ちを奮い立たせてもらえるようなもの、
冷静に心落ち着けられるメッセージと数々の温かいエールに支えられスタートラインに立つことができました。

 

僕の出場したビギナークラスのレースを振り返るとこんな具合でした。

スタート30分前 召集開始。
事前にノートに書いておいた注意点を思い返します。

・ゼッケン順でスタート位置に並ぶらしい、恐らく3~5列目でのスタートだろう。

・ビギナークラスはリマウント・ディスマウント(乗り、降り)の差が大きく出ると思う。
 スムースな動作を心掛け、脚力をカバーしたい。

・ヤバイと思ったらすぐに降りて押す。その判断がレースを左右する。

・難易度の高いコーナーは素早い乗り降りでクリアする。

course11

 

10分前 いよいよスタートラインへ。
スタートは3列目、予想通りでした。

スタートから第1コーナーに飛び込んですぐの砂浜は、このクラスだと乗れる人は少ない。
また、降りるかどうかの判断に迷う人も多いだろう。
砂に入る瞬間に迷わず降りて押しに押せば、前に出られる。と言うのが僕の判断。

人気DJサッシャさんの実況で気分も盛り上がります。

1 minute to go ! パイレーツオブカリビアンのテーマが流れます。

デンデンデデ、デンデンデデ、デンデンデデデン♪

第1コーナーを見つめ、スタートギアを確認、クランクの位置も微調整してダッシュに備えます。

 

号砲。

DSC_3276-2
エリートクラスのスタート 真ん中の白いジャージは全日本チャンプ 竹之内選手)

狙い通り、前に飛び出し砂浜に入りスムースに降車、第2コーナーを抜けた時には2位の位置でした。
砂浜を押しまくり、今度は林道に入る階段を自転車を担ぎ駆け上がります。

林道の中は抜くのが難しい一本道、細かいコーナーもあり、テクニカルです。
まだ2位キープしてる!

下りながら入るヘアピンコーナーを抜けると、今度は上り勾配に設けられた障害物の洗礼が。

DSC_3331-2
(これもエリートクラスの方たちの走りです、こうして障害を越えます)

DSC_3781-2
(テクニックのある人はバニーホップで飛び越えていきます・・・)

乗り降りはスムーズだったものの、この時点で、何人かに抜かれ、もう一つの砂浜でごぼう抜きに・・・
なんてことないコーナーで転倒し頭を打つは、ヘルメットはダメになるわでずるずると後退してしまいました。

IMG_5394

IMG_4747

IMG_4737

2周目は苦しい!でも楽しい!くらいで、ほとんど覚えていません・・・
とにかく砂地獄が進まなかったです・・・

それでも、最後まで心折れずに走ることが出来たのは皆さんからのエールがあったからこそです。

思えば、事前のノートブック上でのスタートシュミレーションはバッチリ予想通りでした。
脳内のイメージをしっかりアウトプットして、さらにそれを身体でトレースする。
この効果を感じ取ったレースでもあったように思います。

これまであまり自転車やランニングの事をノートに記すという事がなかったのですが、
(タイムや心拍数のような数値データばかり)実際の身体の動きやイメージと言ったものを
しっかり残しておくのは大きな財産になりますね。

自分の走りが画像としてないのが残念ですが、写真との組み合わせで言葉を補い、
さらに良い記録として使えるようにしていきたいと思いました。

今回の皆さんからのエールとレース記録を糧に、来年は完走できるようにしたいと、
早くもリベンジ魂に火がついています。
今年はこの「スポーツとNotebook」の関係をさらに深めていくことが出来ればと思います。

皆様、改めまして温かいご声援ありがとうございました。
まだまだ、走り続けて行きたいと思います。
ではでは、本日はこの辺で、とむとむでした。

IMG_4733

Comments (0)

初めまして。

Posted on 16 2月 2013 by

jayjaysaiです。
2013年からnotebookersの仲間入りをしました。よろしくお願いします。
私の本業はnewspaper reporterです。お堅い職業なので、notebookersでは柔らかいコラム、レビューなどに挑戦できればと考えております。
書く職業に就いていますが、これまで文房具には無頓着でした。
ライターはメモを素早く取ることが重要で、ノートとペンさえあれば、取材できます。記者として恥ずかしいことですが、たまにノートやペンを忘れてしまうことがあります。記者会見場がホテルなどであれば備え付けのメモ帳を拝借し、メモを取ることもありました。要は書くものがあれば何とかなる仕事なのです。

ただ、スケジュール帳にはこだわりがありました。月の満ち欠けに関心がありますので、月齢が細かく表示されている手帳を毎年購入。スケジュール+ノートダイアリータイプ(見開きで左側に週間スケジュール、右側は横罫ノート)がお気に入りで、たくさんの予定を書き込みながら、右側にはその日あったこと、インタビューで聞き漏らしてはいけないことなどを自由に記入できるので、便利です。

13年からはモレスキンを使ってみたいと一念発起し、スターウォーズのスケジュール+ダイアリーのハードカバー(Large)、また日記をつけようとウィークリーダイアリー(XS)を購入し、これまでフル活用しています。

ペンはインクの乾き具合、書き味、ペン先の細さなどを考慮し、PILOTのHI-TEC-C(maica)を選びました。

文房具にこだわると、文豪、一流のライターになった気分になるので不思議です。また、1つ1つの文字も丁寧に書いている気がします。

notebookersへの参加を機に、“文房具”という私にとって新しい世界を探検してみたいと思います。

20130216_090208a

Comments (0)

【教えてください】読書ノート、どうしてますか?

Posted on 16 2月 2013 by

みなさん、読書ノートってどうしてますか?
本を読んだら、読みっぱなしでもいいんですけど、簡単でもいいから印象とか感想とか書き留めておくと、「この本、たしか読んだけど何かいてあったかよく思い出せない…」てなことがなくていいですよね。今年読んだ本のベストを選びたいと思っても、「あれ読んだのは今年だったか去年だったか…」てなこともない。
いい本を読んでいると、覚えておきたい情報が書いてあったり、あとで調べたい人名が出てきたり、自分でも使ってみたいような表現が出てきたりするけれど、ほっとくとどんどん忘れてしまう。
ノートに抜書きしたり、メモで残しておいたりすると、あとで見返すかどうかは別として、その作業を通じてなんとなく自分のなかに定着するような気がしませんか?いずれにしても、せっかく読んだのだから、少しでも自分の血肉にしたいですよね。

2013-02-15 07.48.59 _s
しかし、本を読むのって、圧倒的に移動中が多い。
「あ、ここ!」と思っても、ノートを広げられる状態にないというのが普通です。
なんとか付箋だけ貼ったり、自分の本だったら書き込みをしたり、いろいろやってみていますが、どれもしっくりきてません。
検索すると、iPhoneで写真とってEvernoteに保存して読書SNSと連携したりとかしてる人もいるみたいですが、電車の中じゃそれもけっこう難しくないですか?

というわけで、こんなふうに読書メモつけてるよ!というのを、ぜひ教えていただければうれしいです!

Comments (1)

Evernote スマートノートブックを買ってみました。

Posted on 16 2月 2013 by

次のノートブックとして買いました。

71701_481672401895499_98614578_n

 

横罫線タイプのハードカバーで、特徴としてはこのサイトで紹介してますが、ざっくりと言うと、

①スマートフォンアプリのカメラでノートを撮ると自動で歪み・コントラスト・枠組みを補正して、Evernoteに放り込んでくれる。

②付属の6種類ステッカーを貼ることで、自動的にタグの分類をしてくれる。

ということです。
おまけとして、Evernote有料版の3カ月お試しが付いてきます。

別に普通のノートでも、アプリのカメラで撮って、後からPCかスマホでタグを振っても、歪みとかが気にならなければ、特に違いはありません。
僕は今までそうしてました。
Evernote スマートノートブック

スナップショット_1

 

 

普通の横罫モレスキン

スナップショット_1 (1)

 

試しに、普通のモレスキンにシールを貼って、アプリで撮ってみましたが、タグ付けもされなければ、補正もされてません。

 

 

 

さて、ノートブック愛好家はこれまで、デジタルとアナログのいい面を使い分けてきました。

Evernoteスマートノートブックはアナログからデジタルへの同期をスマートに行うものとして、それらの中庸としての役割となるのでしょうか。

 

今までは確かに、手帳の内容をカメラで撮って、タグ付けしてEvernoteで管理してたこともありましたが、

単なるメモの類をなんでもかんでもテキストデータでなく画像データで保存したいとは思いませんでしたし、
まとめるつもりの文章なら、手帳を元にテキストで書き起こしてました。

しかし、こいつのストレスの少ないアナログからデジタルへの同期によって僕の中の取捨選択の基準がこれから変わるかもしれません。

 

とりあえず使ってみようと思います!

 

 

Comments (0)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2013年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

アーカイブ