Archive | 8月, 2013

なかしぃの筆記本人的香港・澳門迷街

Posted on 30 8月 2013 by

大家好(^-^)/ 残暑が厳しい日本ですが、夏休みに香港・マカオに行ってきました。日本で35℃越えが連日続いている時にむこうは最高でも32℃くらいでどちらが熱帯か分からないくらいでしたが、やっぱり暑くてダウンしそうな3泊5日のバックパッカーもどきな旅をしてきました。一応NotebookersのライターなのでNotebookersらしい旅をしてきましたのでレポートします。(ちなみにタイトルの筆記本は「ノート」の意味で、それに「人」を付けてNotebookersの中国語を造語してみました)

さて、Notebookersのライターとしてどのノートを持っていくか?という根本的な命題に突き当たりまして、Traveler’s Noteではベタな気がするし、他のノートでもいいんだけどどうしよっかなーと思い巡らせているうちに、NotebookersのライターさんのC・Mさんが以前モレスキンのシティノート香港を酷評してたのを思い出して、よしっ!これでいこう!と決めました。さっそくC・Mさんに報告すると「やっちまったな・・・」みたいなリアクションをされましたのでこれはひとつ立派な旅ノートを作って見返してやろうと決心しました。何故そこまで酷評するかというと、地図の部分が陸地より海の面積が多いページが数ページあって、「それってどうなん?」みたいな微妙な空気が流れるような代物です。なんてったってページの半分~2/3が海!!!とりあえずそのページを何とかしてみました。

DSCF3499

 

海は広いな大きいな、ページの半分占めてます♪ ということでどうあがいてもお洒落にできないので、とりあえず記事のタイトルとスターフェリーの絵を描いてみました。余談ですが、欧米人向きのノートなので地図の地名・街路の表記が全てアルファベットです。漢字の地名で慣れた者にとっては非常に使い辛いです。アドミラルティーって言われるより金鐘、コーズウェイベイって言われるより銅鑼湾の方がぴんとくる。英語の地名で言うとイキってると思われるんじゃないかとひやひやします。

今回の旅はいろんな珍道中エピソードがありましたが、一応Notebookersの記事なのでNotebookersみたいなコンテンツに絞ってお届けします。

第1章 Notebookers的おすすめスポット

香港編

・天星小輪(スターフェリー) 言わずと知れたトラベラーズノート限定版でおなじみスターフェリーです。九龍半島と香港島を結ぶ数分間のプチクルーズが楽しめます。トラベラーズノート限定版についているただ券を使わなくても十数円の船賃なので気軽に乗れます。

IMG_20130811_082340

 

・摩羅上街(キャットストリート)

骨董品やレトロなポスター、昔の写真や手紙、毛沢東グッズ、レトロ雑貨やガラクタなどが露天で売られていて雑貨好きには見ているだけで楽しいストリートです。でも、見てるだけではなく掘り出し物を見つけて値段交渉するのも楽しいです。戦前の香港の風景の写真を買ってみたら印画紙の裏に「Digital Printed Paper」って書いてあったりするのもご愛嬌です。

DSCF3504

 

昔の明星(アイドル)のブロマイドと手塚治虫もびっくりな昔の漫画を購入。

・文華里

ボックス型の簡易店舗で手作りの名刺や印鑑をオーダーメイドできる、通称「ハンコ横丁」。ハンコを作るにはまず石を選び、その後彫ってもらいたい文字を書いて、字体を選んだら後は待つだけ。滞在中に受取れない場合は郵送もしてくれます(送料別途必要) 石を選ぶといっても色々あり、基本形の丸、四角、楕円があり、石の種類も水晶、ローズクォーツ、アメジスト、メノウ、翡翠、ラピスラズリ、ソーダライトなどのパワーストーンや象牙やプラスティック、ガラスまであります。また、干支などのモチーフの彫刻が施されてあったり漢詩が彫ってあるのはちょっとお高めです。文字数も2~4文字くらい(5文字以上も交渉次第)で漢字、ひらがな/カタカナ、アルファベットや、簡単なイラストも彫ってもらえます。漢字の字体も篆刻に使われる書体だけで数種類あり、文字に色をつけるか白抜きにするかの組み合わせで結構迷います。仮名を彫ってもらう場合は50音に対応した番号を指定します。日本で作ろうと思ったら数万円しそうなものもここでは0が一つ少ないお値段で作れます。

今回は人にあげるお土産用に作ってもらいました。何故かこちらは広東語、店のおばちゃんは日本語で交渉して粘った結果送料込みで納得のいく値段までまけさせました。前に自分用に作ってもらったときは「なかしぃ」と指定したはずなのに出来上がりを見ると「ぃ」の右側の棒が長すぎて「なかしり」になっていて、泣く泣く自分でカッターで削りました。

IMG_20130811_162316

 

ショーケースの中にこんな感じで石が並んでます。

・商務印書館

香港の大手書店で文具コーナーも充実とは言いがたいけどなかなか面白いものがあったりします。

DSCF3503

 

天津の弘靖紙品が作ったノートです。右のノートはモノクロームの写真に中国語でお洒落な(?)キャプションが付いたなかなかよさげな表紙です。真ん中のノートは亀の上に少女が座っているメルヘンチックなイラストですが、上で泳いでるのはなぜか河豚(笑)

・廟街

香港の2大屋台ストリートで別名「男人街」、男性向けの雑貨や服、天然石、ガラクタ、大人のおもちゃまでチープなアイテムが露天にひしめき合ってます。もうひとつの屋台ストリート「女人街」に比べると破天荒さが半端ないです。Notebookers的にはおちゃらけたデザインのパスポートケースがイチオシです。トラベラーズノートのパスポートサイズを収納するのにピッタリで受けを狙えると思います。昔デスノートが流行った頃、デスノートなノートを買ったことがありますが、なんちゃって日本人風な漢字の名前(日本人の名前ではない)が書いてあったり使用説明書きが中国語で書いてあったりなかなかファンキーな代物を買ったことがあります。怖くて実在の人物の名前を書いたことないですが。

・信和中心

旺角にある通称「おたくビル」と呼ばれるビルのテナントのほとんどがおたくが好きそうなアイテムで埋め尽くされていた商業ビルですが、最近ではiPhoneカバーの店が増殖中です。日本のアニメ・コミックやCD、フィギュア、ファンシー雑貨、タイの仏像の雑貨の店、パソコン関連の店、ゲームソフト専門店などがひしめき合ってます。

IMG_20130813_210526

 

日本のマンガの中国語版の店です。足球小将がキャプテン翼だということは分かります。進撃の巨人もありました。

マカオ編

・MOD Design Store

マカオ発のデザインの雑貨のお店で、意外とノートが充実しています。また、ノートを買った人だけ買ったノートにスタンプ押し放題のワークショップに参加できます。このスタンプのデザインもマカオの世界遺産やカルチャー、食べ物をモチーフとしたポップなデザインのものがあったりしてなかなかセンスが良いです。筆者はマカオのローカルのアイスクリーム屋のロゴ入りTシャツと、旅をテーマとしたマンガやエッセイが載っている同人誌を買いました。

場所は世界遺産でも一番有名な大三巴牌坊のふもとにあります。

IMG_20130812_165157 IMG_20130812_214232

 

・ニューヤオハンの文具売り場

昔は文具売り場でファンシーなキャラクター雑貨が人気のある売り場でしたが、新しく移転してからは売り場も日本の文具ブームを意識した売り場になってきました。文具売り場なのにポラロイドやトイカメラのコーナーをフィーチャーしていたり、文具もほぼ日本製(日本で買うより高い)が占めてたりしてましたがマステは少なかったです。万年筆などの舶来の高級筆記具のコーナーも押さえるところは押さえており、ラミーもイチオシでした。特筆すべきものとしてはフェラーリの万年筆がありました。Notebookerとしてはどんなノートが売っているのかと売り場をチェックしてみると、学習用の普通のノートばかりでしたが一応モレスキンコーナーがありました。定番だけではなく限定版のダイアリーも品揃えが良かったのですが、日本では見たことのないレア物を衝動買いしてしまいました。それは何かとたずねたら、それは、

マゼンタのデイリーダイアリー2014年版!!!!!しかも日本では売ってない。

ピンクの似合う漢としてはここで買っとかないと後悔すると思いまして、ためらいもなく買ってしまいました。何と言っても値段がMOP148ですよ!日本円に換算したら1,800円くらいです。限定版はMOP198で、日本円では2,400円くらいです。日本で買ったらいくらか知らないですが日本で買うより安いはず!今ちょっとモレスキンのサイトを見たらやっぱり安い!

IMG_20130814_122516IMG_20130814_115304

モレスキンアジアのダイアリーのパンフレットもらってきました。

第2章 旅ノート作りました

今回旅の相棒に選んだのは冒頭でも書きました悪名高いシティモレ香港です。完璧な旅ノートを作って見返してやると意気込んでみたもののやることといったらショップカードやレシートを貼り付けたり旅の記録を書き込んだり食べたものや買ったものをスケッチするくらいなんですけどね。そんなんみんなやってるっちゅうねん、って言われそうですがとりあえずこんなん書いて/描いてみました。

DSCF3500

 

屋台の雰囲気とコンビニで買ったお菓子やジュース、泊まったところの間取りを描いてみました。

DSCF3505

 

飲茶や屋台で食べたもの

DSCF3507

 

時計台とスターフェリー

DSCF3509

 

VCD買ったときのレシートとハンコ作った店のショップカード(2枚におろしてます)VCDで掘り出し物は城市猟人です。ジャッキー・チェンとゴクミの実写版シティーハンターです。

DSCF3502

 

香港人の朋友にメッセージ書いてもらいました。

DSCF3506

 

マカオの昔の遊郭街です。二階の赤い飾り窓から小姐が客引きをしてたそうです。

DSCF3508

 

マカオの郵便局の本局です。道端に座ってスケッチしてたら地元の母娘が通りがかりに絵をほめてくれました。また、炎天下で汗をかきながら描いてたのでティッシュもくれました。多謝。

DSCF3501

 

マカオで一番有名な世界遺産、壁だけの教会。これを描いてる最中に韓国人の団体旅行客が目の前に立ちはだかり延々とガイドさんが説明しだしたので、ちょっと気を遣えよと思いながら描いてました。

今回は道端に座ってスケッチすることが多かったですが、本来は水彩スケッチをやろうと思って水彩セットを持っていったのに暑さのおかげで1箇所につきあまり長い時間をかけられず断念しました。なので久しぶりにがっつりボールペンスケッチです。

とまぁこんな感じで旅をしてきたわけですけれども、漠然と観光スポットを巡ったり美味しいものを食べたりするだけでなく、ノートをお供にすることで楽しさが増したと思います。また、帰ってきてからも思い出に浸りながらレシートやショップカードを貼ったりするのもなかなかいいものです。

さぁ、次はどこに行こうかな?

Comments (0)

Tags:

Notebookers第2回 読書会レポート

Posted on 30 8月 2013 by

「ボクは、コンビニで働いています。だから、先生の描いている漫画雑誌は、どこの棚にあって、定価はいくらか、月に何冊出るのか、そんなことは、とても良く知っています。でも、内容は、正直、読んだことはありませんでした。読まなくても判ると思っていたのです。まぁ、大体、表紙を見れば、内容なんて、似たり寄ったりだと思っていたのです。そんなふうに、ボクは世の中の事を、すべてわかっているつもりでいたのです」
「ボクは、実は何もわかってなかったのです。今、ボクのやりたい事は、世の中の事を、ちゃんと知るということです。名前だけじゃなくて、値段だけじゃなくて、その中身を、ちゃんと知るという事」
「ひょっとしたら、そこには、思いもしない喜びがあるかもしれないという事。先生の漫画を読んで、その事を知りました」(『すいか』木皿泉)

Continue Reading

Comments (0)

1本の万年筆 ノートブックをめぐる冒険 #12

Posted on 28 8月 2013 by

 

残暑お見舞い申し上げます。

DSC02360w

 

今年はホントに暑い夏でした、ってまだ終わっていませんが、今週から空を見上げると、横に長い秋の雲が見え始めました。

暑いながらも季節は、確実に秋に向かっているようです。

さて、本日のお題「1本の万年筆」

今年6月に、ペンドクター仲谷佳澄先生に、私の万年筆を見ていただいた時、「人間は書く為の腕を1本しか持っていないのに、どうして万年筆を手の数以上に持つんだろうね?」と冗談半分で語っておられました。ほんとになぜでしょう?

先日、神戸・三ノ宮そうごで開催された「神戸セレクション」の会場に、元セーラー万年筆株式会社の川口明弘先生がペンドクターとして来られれていた時に、ぜひ私にと1本の万年筆を出してくれました。(実は前回、大阪でお会いした時に薦めていただいた万年筆でした)

それが「セーラープロフィット30周年モデル」当時限定1000本で発売されて、人気を博した万年筆でした。

セーラーPROFIT 30th

セーラーPROFIT 30th

 

ご覧のように、この万年筆のボディ(筆軸)は金属やプラスティックではなく、「ブライヤ」というツツジ科の植物の根に当たる部分で作られています。耐熱性が優れていて、喫煙具パイプなどにも使われる材質で、高級木材に位置します。

製品はわざと着色せず、オイル仕上げのままになっています。

これが、使っていくとどうなるか?

これだけ変わります。

これだけ変わります。

 

 

左)川口先生ご愛用のPROFIT

中)川口先生が、神戸へ来る度に(このお店の)ペン先調整と筆軸を磨きあげたPROFIT

右)未使用の新品

そして、今回私が購入したのが、中央のPROFIT。

川口先生が、長い時間をかけて調整し、磨き上げたペン先は美しい宝石のようでした。(専用ルーペで見せてもらいました)

実は前回、大阪で川口先生から誘われて、一緒に呑みに連れていってもらった時に、「万年筆」に関わるいくつかのエピソードを伺いました。楽しいお話から感動的なお話まで、「1本の万年筆」が人の人生まで変えてしまうという事を知りました。(えっ!あの作家の名作は、先生のペンから!とか・・・)

この時、作家・エッセイストの小日向京さん(趣味の文具箱Vol26 P60参照)もご一緒でしたので、彼女がいずれ本にしてくれるかもしれないので、詳細は割愛させていただきます。

そんな川口先生から、「これは君のための1本だ(書く事が好きな君にこそ使って欲しい)」って言われたら、そりゃ私じゃなくても買っちゃいますよね!(笑)

授与式

授与式

川口先生曰く、この万年筆は使っていくと、どんどん筆軸の色が変わっていく、供に人生を歩み

む万年筆だと。

人と人が出逢う事と同じように、人を通じて「1本の万年筆」と出逢う事もある。

川口先生が生み育てたこの万年筆を、今度は私が育んでいかなくてはいかない、その重みはあるけれど。残りの人生をこいつと一緒に歩いて行きたい、そんな想いを抱かせる「1本の万年筆」と出逢った旅でした。

 

☆楽屋裏☆

川口先生「しかし、君もあの娘(小日向さん)も文具オタクだな!」

私「先生に言われたくないですよ」

川口先生「これ(PROFITO30th)があれば、もう他に(万年筆なんか)欲しいなんて思わなくなるから」

私「そそ・・そうですね(汗」

以前、枻出版の清水編集長から、デルタのドルチェビータを薦められていて密かに狙っているだが・・・(笑)

これでお礼状を書きました。便箋は京都lleno謹製

これでお礼状を書きました。便箋は京都lleno謹製

今回、私にいろいろとご指導・お話をいただいた川口明弘先生。ならびに、小日向京様。

素晴らしい出逢いの機会を与えてくださいました、ナガサワ文具センター浜口様・那波様に心から感謝申し上げます。

 

前回の宿題・解答編

マジックインキ

マジックインキ

みなさん、誰もが知っている「マジックインキ」さてメーカーは?

たぶん、ほとんどの方がご存じないはず、それもそのはず!パッケージにもメーカー名が記載されていません。

こんなに、有名な日用品なのになぜ?

解答と理由

まずメーカーは、「寺西化学工業株式会社」、商標の「マジックインキ」は株式会社内田洋行。

話せば長くなるなのるですが(メーカーさんに理由を聞いたら「10分ください」って」言われた)

1951年内田洋行社長が、アメリカから持ち帰って筆記具を、寺西化学さん持ち込んで商品化した経緯があり、どちらの名前(寺西化学・内田洋行)も商品に記載しなかった!というのが、かなりはっしょた形ですが、その理由です。

さて次回の冒険は?

そろそろ、来年の手帳の準備を始めていらっしゃる方もいらしゃる事でしょう。東京で開催される「手帳勉強会(仮)」に出席予定です。そのへん所を記事にまとめる事ができればと思っています。

Comments (1)

ノートはどこへいった

Posted on 27 8月 2013 by

In case of loss…

モレスキン使いには、有名な上記フレーズ。皆さま何を書いていらっしゃいますか?
私も一応書いてはいたのですが、まさか自分はノートをなくさないだろう、という謎の自信があったので、結構ふざけ半分に書いたりしていまいした。

そんな風に過ごしていたある日、かばんを開けたら、何となく違和感。

物が少ない。

…何か、足りない…。

ノートがない!!!

大変です。家のどこを探しても、ノートがない。
気付いたらなかったので、いつからなくなったのかの記憶も曖昧で。。仕方がないから、家族総出で捜索を手伝ってもらいましたが、一向に見つからず、「これは、外のどこかへ置いて行ってしまったかな」と思い、途方に暮れている時、ふと思い出しました。以前行った、ビール屋さんに置いて行ったかも…と。

早速、ダメもとで電話したら、あっさり発見され、私はノートを取り戻すことができました。
ノートによって相性みたいなものもあるのかもしれませんが、ノートって不思議と手元に戻ってくるんだなあ、と良いように解釈したりして。

見つかってホッとしたところ。

見つかってホッとしたところ。

でも、そこで少し困ったのが、ノートが確実に私のものであるという説明です。外面の特徴(どういうシールが貼ってあって…など)を説明し、更に中身の説明もするとき、思い出せない、そして、店員さんに、確実に私のノートであるというには、名前が書いてある必要がありそうです(多分、その方が分かりやすい)。

ノートの説明などしていたときに、そんなことに気づき、手元に戻ってからすぐに手帳に名前などを書きました。しっかり、本名に携帯電話番号記載です。もう無くしたくないですが、いざというときに備えての対応です。

大事なことのまとめを。
☆ノートを無くすのは、本当にしんどい
☆ノートのIn case of lossを書いておくと、自分のノートである説明がしやすい

皆さまのノートが、常に主人とともにありますように。
…そして、紛失にはくれぐれも気をつけましょう。

<蛇足>
ノート置き忘れ対策として、一定以上の距離より離れると音などでお知らせしてくれるiPhoneと連携して使えるアイテムが気になっています。
これは凄いぞ!iPhoneで鍵を探す「Stick-N-Find(ステッカーファインド)」が届いたのでレビュー

Comments (0)

旅ノートつくりました

Posted on 22 8月 2013 by

先月、ミラノとミュンヘンを中心に旅をしてきまして、なんだかゴツい旅ノートができあがりました。

trepe

よかったらみてやってくださいませ♪

http://fotoauge.blog.so-net.ne.jp/2013-08-21

Comments (1)

【ノートブックがない旅なんてvol.20】やっぱりkatakanaさんが好き!

Posted on 21 8月 2013 by

今月発売になった「ケトルvol.14」を読んで、わたしはとても嬉しくなったのですよ!!

だから、先月このコラムで書こうと思ってたテーマなんてすっかり忘れて(ほんとにわすれたw)
この嬉しい想いを一気に書いてしまおうと思うのです。

夏だから 勢いまかせで いいじゃない。
575のコトバリズムっていいですね。リズムだいじ。

それはさておき、本題ほんだい。
なんで「ケトルvol.14」読んで嬉しくなったかというと、
わたしのだーい好きなお店がすてきに紹介されているからです♪

お店は、「日本のカッコイイを集めたお土産屋さん katakana」さんです。

自分が好きなものを他のトコロでも「好き!」って言ってるのを知ったら、
そりゃぁ誰しもテンション上がるじゃないですか、あがりますよね!!
もぉー記事よんでひとりできゃっきゃ喜んでおりましたよ!
全身表現で喜びたかったけれども、大人だから心の中だけに留めましたからね、念のためことわりいれときますよ。

さて、改めて紹介を。
katakanaさんは、東京・自由が丘にあります。
あかるい店内に、日本全国津々浦々からkatakanaセレクトで集められたあれこれが
きゅーっと、いいぐあいにならんでおります。
買うか買わないかはいったん置いといて、お店に入っては毎回ワクワクさせられます。
あと、20101010日オープンってのも、めでたくていいなぁと思います。

saori_130820-01

(写真右)2つめの記事に書いた、Sum miさんの扇子。
この夏は本当に大活躍。
柄、とても気に入ってます♪
ふつうの扇子より小さいんだけど、そういうところも含めて愛着湧きます~。

(写真左)今年買い換えた名刺入れ。
店員さんが色違いで使っていたのを見せて頂いたら、まぁ~すてきな革の味わい☆
さらにさらに、この名刺入れのことを話す店員さんの笑顔がまぁ~これなんとすてき☆☆☆

購入して数か月後、katakanaさんでのおかいものついでに
販売品と革の成長具合を比較鑑賞してまいりました。
むふふ、いい味わいでてました。知らぬうちに味わいって出てきているものですねぇ。
店員さんと並んで見比べて、無駄ににやにやしていたおもひで・・・笑。

店長カワノさんのブログは、更新を毎回楽しみにしているブログのひとつ。
「モノのひとつひとつに、ものがたりあり。」
あたりまえのことですが、改めて実感するのです。
katakanaさんにやってくるまでのおはなしとか、なぜかこっちまで感情移入してしまったりします。

あと。
ほんとうに細かいことを言わせて頂けるのなら、ロゴのフォントが好きです。
ステキ・フォントスキー(いま適当に思いついたw)としては、このロゴかなりツボです。
ここまでくると、若干おかしな方向に個人主観言っちゃってますね。そろそろ自粛をば。。。

乱筆乱文ごめんあそばせ。
ケトルには、もっとちゃんとkatakanaさんのこと書いていますから。
あしたはみなさま、本屋へGo!

そしてぜひぜひ、katakanaさんにもLet’s Go!
ステキセレクト文房具もあるから、Notebookersな皆様もきっと楽しめるお店だと思いますよ~♪

Comments (0)

トラベラーズノートユーザの必需品を発見!

Posted on 20 8月 2013 by

まったくの幽霊ライターと化しております…申し訳ありません。
久しぶりに、ブログにトラベラーズノートネタを投稿しました。
とてもいいものを発見したのですが、意外に知られていないようなので、ぜひご一読いただければ幸いです!

before

http://fotoauge.blog.so-net.ne.jp/2013-08-20

Comments (1)

初めての海外旅行(構想編)

Posted on 20 8月 2013 by

こんばんは、月曜夜が、またきましたね。

最近ネタ不足みたいな記事ばかり書いていて、失礼しました。
今回は、ネタ、頭の中にはたくさん蓄積しているところなのですが、まだ出せる状態にないものだらけです。まだ未確定なものばかり、といいましょうか。

お盆も静かに職場を守り続け、季節感を完璧に無視しておりましたが、もうそろそろ私にも夏休みシーズンというモノがやってくるので、地味にワクワクしています。方々お出かけをする予定があるので、通常ですとそわそわし出す時期です。

しかし。

今年はそれより大きなイベントが控えてしまったので、もうそちらの準備にかかりきり。
そう、海外旅行です。

生まれてこの方、外国へ行ったことがなかったので、もうマックスそわそわです。
行き先は、イタリア。
なんとなく私との気が合いそうなツアーを探し、観光は全てそちらにお任せ♪♪なんてラクチン。と、おっとり構えていたのです。でも、ふと思いました。歌を志す人間たるもの、ぜひとも行かないといけない場所があるだろう、と。私でも、頭からすっと出てくる名前、スカラ座です。

今まで、イタリアはじめ海外に行く機会に恵まれておらず、完璧にノーマークだったので、チケットの取り方はおろか、会場の具合もわからず悪戦苦闘。旅行者に丸投げ…したかったのですが、遠巻きにご自身で手に入れた方が確実ですよ、とのことばにバトンを渡すことも出来ず。しばらくネット上を彷徨いつつよりよいチケットの入手方法、値段とのバランスを考えての席のことを調べておりました。

まだ、入手できていないので詳細を書けないのですが、もし首尾よく進んだ暁には、notebookersにいらっしゃる(多分ごくわずかな)ミラノ・スカラ座へ行きたい初心者の方向けに、続き記事を書こうかと思います。

<今回の、今更知ったよのコーナー>

本
結構前に購入したのですが、この劇場こそミラノ・スカラ座じゃないか……。
調べつつイメージを膨らませてたら、ようやく気付いた。
表紙の裏を確認したら、ちゃんと書いてあったという(大汗)

<次はなにを聞けるのか>
ノートはどこにいった…という自己啓発系に見せかけて、単なるおドジなお話。かもしれません。

Comments (1)

Tags:

今週気になった記事まとめ2013/08/07-2013/08/18

Posted on 18 8月 2013 by

こんばんわ。まとめ記事のどんべです。
皆様、お盆休みはいかがお過ごしでしたか?思い切り遊べましたか?

では、まとめ記事参ります。

手帳病の恐れあり

でも、この手帳病の一番のポイントは
症状が悪化しても
どれだけ悩んでも‥‥

患者はとても楽しいことです‥(笑)

あと、治す意思がほとんど、いや全くない患者が多いのもポイントですね。
身に覚えのある方、多いのではないでしょうか。

MNB16(My NoteBookは16冊)のお話。 

16冊ものノートを目的別に使いこなす、なかむら真朱さん!
一つ一つのノートをどのように使っているのかを説明してくれています。
ノートは持っているんだけど、使い道が思い浮かばない…という方の参考になりそうです。

最後に

「風立ちぬ」を見てきました。
菜穂子さんが本当によくてよくて…!次郎さんとの仲むつまじいシーンが微笑ましくて、ニヤニヤしてしまいました。最強の癒し系カップルです。
お盆休みは終わってしまいますが、まだ見ていない方は、ぜひ映画館へ足を運んでみてください。

ではまたノシ

Comments (0)

今年のノートについて

Posted on 18 8月 2013 by

まだまだ暑い日が続きますね。。。。

春に仕事の部署が異動して以来、平日に自分の時間を持つ事が難しくなってしまい、休日はなるべく家でノートと向き合う時間を作っています。

カルピスと、ノート。夏の昼下がりです。

 

来年の手帳がちらほら出始めてますが、今年のノートの事を少し書きます。

毎年、必ずMOLESKINEを使っているのですが、

今年は、なんとなくトラベラーズノートを使いたくて、、、、

と言っても、今で通りレギュラーサイズのリフィル使いでした。

 

春に、クラフトカバーを買い、そろそろ革カバーも買おうかな。。。と悩んでいたところ、

パスポートサイズが気になりはじめ、そのままパスポートサイズを買う事に。

キャメルと、茶をどちらにするか悩む事、数週間。

7月の終わりに、我が家にトラベラーズノートのパスポートサイズ、キャメルさんがやってきました。
JPG1

 

使ってみて思った事は、

やっぱり、わたしは小さいサイズのノートが好きと言う事。

レギュラーサイズのトラベラーズノートはやっぱりなんとなく合わなくて、悩みつつ使っていたのですが、

パスポートサイズは、好きなように、のびのび使えてます。

すごく気にしていた、紙質もパスポートサイズではそんなに気にする事なく使え、ああ、自分に合ってるんだなあと感じました。

 

ノート

 

普段のスケジュール管理や日記は、ほぼ日weeksを使ってますが、ちょっとしたこと、日常の特別な事。

これからも、どんどん使って、良い色の、素敵なノートに育てていきたいです。

 

 

Comments (0)

これからの1年を展望する

Posted on 15 8月 2013 by

2014年版の手帳がちらほらとお目見えしはじめましたね。
Notebookersな皆様には、苦悩と葛藤と散財の季節が訪れることと思います。

そんな今日。私は○回目の誕生日を迎えました。(あえて回数は伏せてます/笑)
「1年の計は元旦にあり!」と言いますが、手帳が発売され、鬼に笑われようが来年のことを考えるようになるこの時期に誕生日を迎えることは、未来を見据える上でもちょうどいいのかもしれません。

実は昨日、2014年版の手帳を買ってきました。

130815

今年使っているものと同じ、RyuRyuの「見開き週間ブロックタイプ」というちょっと変わったレイアウトのものです。
2013年は普通のバーチカル手帳で始めたのですが、私の場合、仕事時間のToDoはなくて朝晩のToDoを書きたい。そうすると仕事時間の8時間分の幅が無駄のように思えていました。かといってレフト式だと24時間の時間の流れを把握しにくい。
その時に目についたのが、1ページを十字に四分割したブロックタイプでした。
このRyuRyuの手帳は1日分のスペースをうっすらと点線で3分割してあります。それが朝・昼・夜の区切りにできるので簡略バーチカル的に上から順に時間を追って流れを書き、かつ余ったスペースにメモも書き込める。
3月から使い始め、試行錯誤した跡がありありと残っています。

2013年版もそうなんですが、前年の9月分から利用可能なのです。
そう。2014年版は来月9月からもう使えるんです!
いつも行く雑貨屋さんが8月中であれば「お誕生日月」ということで10%オフになることもあって、そそくさと買ってしまいました。

9月分からある関係上、メモページは多くありません。
ですが、私は月間ページを使っていないので(別途、Moleskineのプロジェクトプランナーを使用)、そこにメモ紙を貼り付けてしまい、2013/9~2014/12の1年と4ヶ月の間に「やりたいこと100個」を書き出してみようと思っています。
毎年毎年、あれもこれもーと思っていて、中々手を出さずにきたこと。いつかと、夢に描いてきたこと。自分で「やるぞ!」と心に決めたこと、行きたい場所、読みたい本、見たい映画・・・などを、1つでも多く実現できるように。
わくわくした、楽しい1年になりますように!

Comments (0)

ノートの用途性

Posted on 13 8月 2013 by

以前、「何がノートをノートたらしめるのか。」という記事を書いたところです。ちょっと思い出して、ノートに関する本はなにかないかなあ、とあの…検索をしてしまいました…。(カーリルをちょっとだけなのでお許しを…)

すると、本として出て来たのは、いかにノートに書くといいのか(まとめなさい…とか、成績の良くなる書き方とか…)、記録するものそのものだったり、ノートに関する書籍でパッと検索できるものは、書かれるための道具をいかにつかうと、よりよい人生を過ごせるか…みたいなものが多い印象でした。

ここから思ったのは、ノートとは書かれるもので、読まれるものになった時点でそれはもうノートではないのかもしれません(ノートの読み方…というのが見えなかったので…という強引な決め方)。書き途中のものは、まだノートであるのでしょうが。
ノートは書き終わるとノートではなく、かつてノートであったもの(何か読み物)だとしたら、ノートの役割って書き付けた時点でもう終了しているのかもしれません。

…さっきから、ノートノートって連呼してしまった。

まとめると、ノートとは、それそのものが、書かれるための道具っていう意味をもっているのではないかっていうこと。

かつてノートだったものは、読み物以上本未満??

これはノートなのか

まったく無意識だったのですが、かつてノートだったものって、ノートだった頃と比べて、中身を開けて読んでみる機会が減ってしまう様な気がします。以前は、あんなに自分が集めたものを見返したいって思ってノートに貼付けたりして熱心に記録していたのに、ノートではなくなってしまった途端、読まなくなる不思議。

でも、ノートにおさまっているものって、そういう類のものなのかもしれません。
大事、でも、持っていることで満足してしまう、みたいな。

そんなこと考えつつ、あまりの日々の忙しさに、現役のノートの足取りがつかめない…など。。

さっさと眠って、起きたら捜索だ。
では、おやすみなさい。

Comments (0)

motokicksのちょっと京都講座〜2013.6.30

Posted on 12 8月 2013 by

(ちょっと)先日、6月30日(日)、モトキさん(@mtksnb)に京都講座をして頂きました。

えー、コトの起こりは。
以前、読書会やクラフト会の際に、モトキさんに「今、(京都の)○○のお寺で、こんな特別展示が」「もうすぐ、(京都の)○○美術館で、こんな企画が」と教えて頂くことが多く。
「あ、それじゃー、その話を主に講座をすれば楽しいんじゃないか、京都に興味があるひと、多いよね」と、ワタシがモトキさんにもちかけて、この開催となりました。
Continue Reading

Comments (0)

MNB16(My NoteBookは16冊)のお話。

Posted on 12 8月 2013 by

すっかり「あまちゃん」にハマってしまっています、なかむら真朱です。
近々、「朝まで“あま”テレビ」があるらしい、見てない人は絶対見たほうがいいってー。

て、あまちゃんはおいといてw
先日、質問を受けたんです。
「今、動いているノートは一体何冊あるの?」と。

えーと、5冊・・・、10冊はないと思うけど。
mashu_1306_a01
じぇじぇじぇ!!!!←あまちゃんネタ失礼w

こんなに同時に歩いているとは、本人一番ビックリ。
そんなつもりなかったんだけど、なー。

と言っても仕方ないので、説明していきますね。

じゃぁ、正規メンバーからw
ほぼ毎日触れ合うノートブックたち。

01 ほぼ日手帳
毎度(分厚いことで)お馴染みほぼ日手帳。
日々の写真を貼ることをメインとしたライフログ的ノートブック。
公開/お留守番
関連記事:2年目は初めから持ち歩くことは諦めていたほぼ日のお話。

02 トラベラーズノート パスポートサイズ
四六時中いつでも一緒、激烈ラブいスターエディション。
日々の計画や、覚書、ツールボックス的など使い方は多種多様のノートブック。
一部公開可/持ち歩き
関連記事:オススメします。トラベラーズスターエディション☆
mashu_1306_a02

03 ほぼ日WEEKS
あんまり言わないけど、実はかなり一緒にいるほぼ日WEEKS。
スケジュールとログいろいろなど、ボクの秘密を沢山知ってるノートブック。
非公開/持ち歩き

04 トラベラーズノート レギュラーサイズ
パスポートサイズにすっかり席を奪われちゃったね、トラベラーズノート。
A4の紙挟み&カード入れなどツールボックス的ノートブック。
公開可/書かない/持ち歩き

05 EDITデイリープランナー
EBIデザインにときめいて買いました、意外と使っているEDIT。
デジタルで言うとEvernote的にクリップ、そしてTwitterメモのノートブック。
非公開/お留守番

06 家計簿
一応入れておこう、「明るい貯金生活家計簿」を使っています。
明るい貯金生活メソッドは完全無視、枠が気に入っているので使っている家計簿。
非公開/お留守番

次に2軍メンバー。
時間がある時に書くまとめノートブックたち。

07 レシピノート
トラベラーズノートのパスポートサイズのリフィルに変更しました。
献立と共に材料を用意する順番でメモっておくノートブック。
公開可/お留守番
関連記事:もう食べられない料理と、日記的レシピノートのお話
mashu_1306_a07

08 東京ノート
トラベラーズノートパスポートサイズリフィル。新潟ノートの妹。
リピ前提おじゃましたカフェや文具雑貨店を記録するノートブック。
一部公開可/お留守番
mashu_1306_a08

09 新潟ノート
トラベラーズノートパスポートサイズリフィル。東京ノートの姉。
実家のある新潟の飲食店や遊び場を記録。行きたいも行ったも混ぜ混ぜノートブック。
一部公開可/新潟では持ち歩き
mashu_1306_a09

10 ちっちゃいハニーの体調記録ノート
カイエホリゾンタルダイアリー。
熱出したとかブツブツ出来たとか歯がぐらぐらしたとか医者に聞かれた時に答えられる用メモ。
公開可/お留守番

11 ほぼ日のアルバム
MDダイアリー。
Instagramにアップしているほぼ日の写真をペタリのノートブック。
公開可/お留守番
mashu_1306_a12b

12 読書ノート
MDダイアリー
読んだ本の気に入った部分の書き写し+感想(「読書は一冊のノートにまとめなさい」方式)を書くノートブック。
非公開/お留守番
mashu_1306_a11b

そして最後に、奈落メンバー。

13 思い出カンガルーノート
カンガルーノート
行ったところのリーフレットなど貰ってきたけど貼れなかったものを収納ノートブック。
公開可/お留守番

14 家事ノート
トラベラーズノートレギュラーサイズリフィル
レシピや家事のコツのような切り抜き等のスクラップノートブック。
非公開/お留守番

15 ピアノノート
トラベラーズノートパスポートサイズリフィル(予定)
ちっちゃいハニーの習い事についてまとめたいなぁと思っているノートブック。
まだ作っていません

16 覚えておきたいノートor愛用品ノート
モレスキンリポーター
10年、20年経っても覚えておきたいと思うことを記録しておきたいなぁと思っているノートブック。
or愛用品をまとめたノートブック。
まだ作っていません

と、記事を書いて写真を撮っているブランクの間に、
上記15、16も作っていないのに、さらにノートが1冊増えていたりね。
(トラベラーズノートレギュラーサイズリフィルで、入学準備ノートを作りましたの。)

これを読んで、この人はノートコレクターなんだろうな、と思うかもしれないけれど、
こう見えて、ブランドは絞られているのですよ。
ほぼ日とデザインフィル系、それからモレスキン少々。
むやみにいろいろと買ってしまうタイプではないのです。意外とね。
と言いつつ、来年のノートについてもそろそろ考えなきゃだしね、
ノートブッカーズライフは楽しくてたまんないねー♪皆さまも、レッツエンジョイ!

*–*–*–*–*–*–*–*–*
2013/8/21変更
11 ほぼ日のアルバムと12 読書ノートの写真が逆になっていたので、修正しました。

Comments (1)

手帳病の恐れあり

Posted on 10 8月 2013 by

夏から秋にかけて、そろそろ2014年の手帳情報が
解禁されるシーズンですね。
MOLESKINEからも60種類の来年の
ダイアリーが発売され、他社の手帳も徐々に
発売され始めました。
9月に入れば、一気にこの流れが加速しそうですね!

そんなウキウキする時期ですが、皆さま
手帳病にかかっていませんか?

手帳病とは、こんな症状ですので
「あ、わたしそうかも‥」と思われた方はご注意ください。
「来年の手帳何にしようかな!」と悩み出すと‥‥

寝ても覚めても手帳のことで頭がいっぱいになり‥

130810-001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手帳売り場に行けば、何時間もサンプルを見て悩み続け‥

130810-002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手帳特集の雑誌があれば読みあさり‥

そんな風に、悩み抜いて決めた1冊を買ったものの‥

130810-003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何だか他の手帳も気になって買ってしまい‥

130810-004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的には複数の手帳を使うことになる病のことです。

皆さんは自覚症状がありますか?
私は、ものすごく自覚があります。
一向に治りません…。

そんな症状に毎年悩んで、色々試しているおかげで
何となく自分の手帳の傾向はわかってきたものの、
各社から次々と新しい手帳が発売されたり
自分のライフスタイルが変わって
手帳の使い方が変わってきたり、
いたちごっこのように、手帳病は完治する気配が
ないのです。

でも、この手帳病の一番のポイントは
症状が悪化しても
どれだけ悩んでも‥‥

患者はとても楽しいことです‥(笑)

130810-005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で、2014年の手帳ラインナップも
今から手帳病にかかりつつ、
楽しみに待っています♫

それから今秋、「日本手帖の会」さんでは
手帖総選挙第2回を開催されるとのことです!
昨年の様子ははこちらで‥‥。

私もスタッフの一員として、お手伝いさせていただきます。

どれにしようか悩んでいる皆様、
ぜひ総選挙で試し書きをしたり、スタッフに相談して
症状を軽減してくださいませ!

Comments (2)

文紙MESSE2013レポート ノートブックをめぐる冒険#11

Posted on 09 8月 2013 by

大阪文紙MESSE2013・文具ワンダーランドⅣ

2013年8月8・9日マイドームおおさかにて、文紙メッセ2013が開催されました。

約80社にもおよぶメーカーが一同に揃い各ブースで、自慢の商品を紹介。

対象は小売り・卸し業者向けの商談会的イベントだったのですが、一般にも解放されて、夏休みという事もあり、大勢の家族連れでにぎわっていました。

気になったブースを簡単に紹介します。

KING JIMさんからはこちら

A5サイズのShotnoteホルダー?

A5サイズのShotnoteホルダー?

実は、2400mAhのモバイルバッテリーを内蔵した「BATERIO(バテリオ)」

MicroUSB+USBタイプAのメスコネクター

MicroUSB+USBタイプAのメスコネクター

 

Androidには直接MicroUSBを、iPhoneにはUSBのメスコネクターに専用コードを接続すればOK!

LIHITからは、今年2013年度ISOT文具・紙製品展デザイン部門最優秀賞に輝いた

SMART FIT キャリングポーチ

DSC02317w

 

このままポーチとしても使え、さらにバッグインバッグにもなる優れもの、シンプルなデザインですが、とても機能的。

今回のお気に入りはこちら!

黒板?

黒板?

 

こちらは、ターナー色彩株式会社の「チョークボードペイント」

紙・ガラス・木・発泡スチロールに塗れて、乾いてしまえば即黒板!

楽しいところは、一般的な「緑」に加え「黒」「茶」「エンジ」「ピンク」など全7色。

おしゃれなミニボトル

子供たちの夏休み自由研究に使えるのでは?

夏休みといえば「宿題」(ブーイングが聞こえてきそう)

マジックインキ

この商品「マジックインキ」のメーカーを、ぱっといえる方いらっしゃいますか?

誰でも知っているマジックインキ

誰でも知っているマジックインキ

?なぜか、箱にも記載されていません。

(表記規制の関係で、別商品にはメーカー名が入っている商品もあります)

この謎は次回に・・・。

また、今回から業者向けに講演会も開催され、おなじみ文具王こと高畑正幸さんと勝間和代さんの対談もありました、ただこちらはエンドユーザー向けではなく、小売店・業者向けの内容なので割愛しますが、営業・販売に関わる仕事をされている方にはとてもいい内容の講演でした。

知りたい方は、個人的に受け付けます(笑)

文具王・高畑正幸さんは、今回「文具王ノート」が発売されました。

2013年8月10日(土曜日)、大阪ナガサワ文具センター梅田茶屋町店で、13:00/16:00の2回、実演販売が行われます。楽しいお話と、「文具王ノート」の開発秘話が聞けるかも?

ライター:出雲義和

Comments (0)

職場用ノート

Posted on 08 8月 2013 by

久しぶりの投稿です。

投稿はできていないけど、ちゃんとNotebookersらしくノートに触れ合ってますよ!ということで職場で使ってるノートについて報告します。

職場でのノートは「アピカセミB5無罫」を使ってます。
100円くらいで手頃なノートのやつです。

本当は仕事とプライベート分けずにノート一冊でまとめたいのですが、
セキュリティ上職場のメモは外部に持ち出せないので、、、それはあきらめてます。

※ちなみにプライベート用ノートは相変わらずこの環境です。

その代り仕事の情報はスケジュールなど全てこのノートに記してあります。

以前はトラベラーズノートの無罫リフィルを使っていたのですが、
基本メモはマインドマップもどきの落書きを多用するようになったので、
よりキャンバスの広いB5サイズがちょうどよくなりました。

書いてる(描いてる?)のはこんなやつです。
仕事用MM

決まった使い方はしていないのですが、分類としては使ってるのは4つ。
「Task」
「Todo」
「Topic」
「Private」
日によって細分化したりしなかったりしてますが、独学なのでそこらは適当にやってます。

色々メモするようになってB5サイズって使いやすい大きさなんだなぁ、、、としみじみ感じております。

次は学生時代に戻る感じでB5サイズのCampusノート使おうかな。。。

Comments (0)

ことばにすることは

Posted on 06 8月 2013 by

夜更けにこんばんは。

何かをことばに出すときって、もう心の中でそのことは定まっているのだなあ、と思う。文だけ見ると、当たり前なことに見えるけれど。

多分太陽の方向をむいているひまわりたち。

多分太陽の方向をむいているひまわりたち。

進路って、自分が学生だった頃、漠然と悩んでいた。どうやったらやりたいことをやれるのか、そもそも自分のやりたいことは何なのか、ぼやーっとしていました。上手く説明できないけれど、音楽を勉強したい、そればかり考えていました。それって何なのか、勉強してどうなりたいのか、全くわからない。

そのときは、かくありたい、という目標に向かって行くのが進路なのかと思っていたけれど、最近はそうでもないなあ、と感じながら日々練習している。ただ、今、手がけたいテーマ・技術的な問題点の克服・知りたいことを知ること…そんなことを考えて、歌をうたい続けている。「進路」って大学出るくらいでゴールできるものなのかというイメージだったけれど、「生き方」って考えると果てがない。

そんなことを、「耳をすませば」の音だけ聴きながら、自分のこと思い出していました。

この映画は、原作に柊あおい先生の漫画があって、私は、ああいういかにも少女漫画っていう雰囲気が大好きです。当時、それを読んでから映画を見た…ような記憶があり、結構重いなあって感じたのが率直な感想です。映画は映画でいいなあ、と思いますが。(でも、漫画を見てからの映画版クライマックスのシーンは、私には刺激が強すぎました…)

…ネタばれしてしまいそうだから、感想などはこのへんで。

私の今定まっていることは、もし一歩進めたら、機会を見つけて書き出そうと思います。

そして、もし進路で悩んでいる人がいたならば、自分からは、「今やりたいってことが、現在の正解なんだよ」って伝えたいなあ、と思います。どうなるかは、やりたいことやってるうちに形になっていくものだから。…多分(←急激に自信がなくなってる)。

それでは、学生の方々は、引き続きよい夏休みを。
ワタクシは、明日もお仕事頑張りマッス。

Comments (0)

Tags:

今週気になった記事まとめ2013/07/22-2013/08/06

Posted on 05 8月 2013 by

皆様こんばんは。
遅れてしまいました。まとめ記事のどんべです。
職場が移転しまして、バタバタと落ち着きません。もう二度としたくない。←

では参ります。

mt factory tour vol.2 レポート ノートブックをめぐる冒険#10

かねてから、お気に入りのマスキングテープを携帯したい!というユーザーは多く、皆さんがそれぞれに工夫されていました。そのユーザーに期待に応えた商品がいよいよ登場しました。

maki makiは、平たいプレートにお気に入りのマスキングテープを巻いて持ち運べるようにするもの。マステフリークには便利になりそうですね。

モレスキン STAR WARS 限定版 2014年ダイアリーをゲット!

モレスキン公式オンラインショップとモレスキンアトリエでは、既に来年の手帳の取り扱いが始まりましたね。 とむとむさんは、早速入手なされたようで… 手帳病の季節がもうすぐ到来ですね〜。

ことばにすることは

そして、もし進路で悩んでいる人がいたならば、自分からは、「今やりたいってことが、現在の正解なんだよ」って伝えたいなあ、と思います。

進路で悩むのは、学生時代で終わるわけではなく就職してからも、例え主婦だったり定年退職したりしても考えなきゃいけないものなんですよね、きっと。

最後に

職場の引っ越しというものは、本当に面倒なものです。
新しく決めなきゃいけない事が多いし、カタログやら名刺も更新しなきゃだし…とかいいつつ、私は気を揉むばかりでほとんど活躍してないのですが…皆さん本当にありがとう。
まだ新しいオフィスの空気に慣れず、意味もなくソワソワしてしまいます。なんだかんだ前のオフィス、好きだったんだなあと今更実感です。
これからもいいお仕事できますよーに!

ボソボソと独り言、失礼しました。では。
まだ工事が続いており、何か落ち着きません。

Comments (0)

世界の果てでも、多分わたしはお茶をしながら本を読んでノートブックを書いている5@番外編

Posted on 04 8月 2013 by

回のブックレビューは、ちょっと変調の番外編であります。

『遁げろ家康』(池宮彰一郎)

Continue Reading

Comments (0)

【ノートブックがない旅なんてvol.19】再会を呼び寄せるポストカードの考察

Posted on 03 8月 2013 by

夏の気まぐれ的にコラムテーマを決めた8月3日、晴れ。
あれ、このコラムって20日更新では…。すみませんすみません、夏休みに免じてお許しを(汗

旅の時間に余裕があれば、何人かにさらりとポストカードを送っている。
旅におけるポストカードタイムは決して高い優先順位のものではないので、送り先はそこそこ絞る。

書いておきながら矛盾するようでアレなんだけど、ポストカードタイムは出来る限り短く済ませたい派。
旅のメインは旅先の空気を堪能することにあると思ってる身に対して、一定の場所でじっとなにかを書き続けるのは時間を変に消費している気がして、なんだか悔しくなってしまうのだ。

だいいち、ポストカードを書くことが目的化するのはどうなのかしら。
旅をポストカードに振り回されるのは、勘弁してほしい。

よって、「ひさしぶりー元気?近いうち会おうねー」ぐらいの味も素っ気もその他もろもろも何もかも欠けたような雑文がポストカードにのることになる。
ようやくここ数年、「風景印を押す」「ご当地記念切手を貼ってみる」といった郵便一工夫もできるようになったので、多少は雑文もごまかせるかな…という、言い訳。
ポストカードもそれなりの基準を設けて選んでるので、もらった人が喜んでくれると嬉しいなと思う。

いかにして1枚の紙を通して相手が良い気分になってもらえるか。
そういうところに頭を使うことは刺激的だし、苦にもならない。
送るまでですでに十分こちらは楽しんでいるので、届いたよとかの報告は不要。

今年もまた、旅先(と言っても、もっぱら出張ついで旅で泣けてくるが)から何通か投函している。
すると、驚いたことにこのことがきっかけで、高校時代の友人と5,6年ぶり?の再会が実現した。

年代的にいわゆる多岐にわたるライフイベントとやらで環境も住居もばらばらだった友人に、「ひさしぶりー元気?近いうち会おうねー」なんてあてのない約束もどきメッセージを書いて送ったら、本当に会えた。笑

年月が経っているから、話すコトはそれ相応になっていたけれども話のテンポとかキャラポジションなんかは相変わらずで、なんだかとても安心できた。
今呼ばれているニックネームと全然違う、当時の呼び方をされるのも新鮮。なにより、みんな元気そうでよかった。

なぜだかわからないけれども、ここ1ヶ月ちょっとの再会運がかなり上がっている気がする。
学生時代の友人や職場の元同僚などなど、ここにきて毎週なにかしら面白い“引き”がくるんだけど、そういう時期って、あるんだろうね。
昔からお世話になっていたりアホな付き合いしてきたりな方といろいろ話ができて、今年前半の消耗戦からすこしは充電・回復できた気がする。

何の気負いもなく書いたポストカードで友人との再会を呼び寄せることができるなら、これからも直観にしたがって、その時書きたいと思う人に書いていけばいいのかな。

タビサキに限らず、日々そういった直感が働いたら、人生がもっと、穏やかかつ刺激的になるのかも…なんて、思ってみたりみなかったり。

Comments (0)

モレスキン STAR WARS 限定版 2014年ダイアリーをゲット!

Posted on 02 8月 2013 by

半年ぶりの記事になり、緊張しています。
みなさまこんにちは、とむとむです。

これからの時期は各社より来年の手帳がリリースされてくるので、大変悩ましくなってきますよね。

昨日8/1(水)にモレスキンの公式オンラインショップと実店舗のモレスキンアトリエにて、
2014年版のダイアリーが販売となりました。

午後のメールで販売開始の旨を知り、胸が高鳴りました。
「欲しかったSTAR WARS限定版もついに出るのか!」
(18ヶ月のSW限定版はすでにリリースされていましたが、僕の選択肢からは外していました)
来年の手帳もモレスキンと決めていたので、迷うことなく仕事を終えたその足で有楽町へ。

LOFTに着くと脇目も振らずにモレスキンアトリエを目指します。
販売スペース正面にはピーナッツ限定版と星の王子様限定盤が陳列されていました。
しかし、それでもSTAR WARS限定版へまっしぐら!

IMG_7981
今年の1月のモレスキンの展示会で目にして以来、待ち焦がれたものが目の前に。
(当時の興奮具合はコチラ
今回販売開始になった、表紙を飾るキャラクターとフォーマットは次の通り

※ポケットサイズ
・オビ・ワン ○デイリーダイアリー
・ストームトルーパー ○スケジュール(ウィークリー)&ノート

IMG_7987-2

 

※ラージサイズ
・ヨーダ ○デイリーダイアリー(この重厚感はなかなかのもの)
・ダース・ベイダー ○スケジュール(ウィークリー)&ノート

IMG_7988-3
ダイアリーを3冊も買ってどうするんだよ・・・と言う声が聞こえてきそうですが、
使い道は一応考えてあるんですよw

まず、ポケットのスケジュール&ノートはこれまでと同じ健康記録用として
こんな感じで、追い込むため。

IMG_7956-2

デイリーダイアリーは日々の雑感、もしくは日付を無視して自由帖にしようかなとも。
ただこちらは、厚みがある分あまり切り貼りは出来ないんですよね・・・
ラージのスケジュール&ノートは職場に置いておいて業務記録に充てようかと考えています。

同時に発売された、LEGO限定版、ピーナッツ限定版、星の王子様限定版もそれぞれ素敵で
個人的には、星の王子様のブルーの表紙はぐぐっと心惹かれました。

IMG_7982

悩むのも楽しい来年の手帳&ノート選び、皆様もお気に入りの1冊と巡り合えますように。

ではでは、本日はこの辺で、とむとむでした。

Comments (1)

mt factory tour vol.2 レポート ノートブックをめぐる冒険#10

Posted on 01 8月 2013 by

mt factory tour vol.2が2013年7月12日〜28日まで、岡山県・倉敷市にあるカモ井加工紙本社・工場で開催されました。

DSC02197w

昨年2012年のtourも、このサイトで紹介させていただきました。

製造工程は、昨年の記事で紹介いたしましたので、今年は今回の新製品と限定マステを中心にお届けしたいと思います。

その前に、おさらいと歴史についてひとつだけ!

今や、海外にまでその人気を博しているマスキングテープ。

その代表ともいえる「カモ井加工紙工業」(以下カモ井)は「ハイトリ紙」からスタートし「粘着商品」を研究・製造・販売を続け、今年90周年を迎えました。

DSC02155w

「ハイトリ紙」?といっても今の若い世代には馴染みはありませんが、かつて台所の必需品、上から吊した粘着テープ「蝿(はえ)」を捕る家庭製品でした。

そして5年前に、現在のようなデザインマスキングテープが発売されて、文具人気の一翼を担っています。

さて、今回のtourでも発売された中でも注目の新製品「maki maki」

かねてから、お気に入りのマスキングテープを携帯したい!というユーザーは多く、皆さんがそれぞれに工夫されていました。そのユーザーに期待に応えた商品がいよいよ登場しました。

その名もスバリ「maki maki」

「maki maki」

「mt maki maki」

簡単な手順を紹介します。

中身の一覧

中身の一覧

本体1個 本体芯1本 ホルダー1本 ペタンコ芯2個 ミニマステ芯(5mm×3個・15mm×3個)makimaki限定マステ1本

本体芯にミニマステ芯15mmをセットした状態。

本体芯にミニマステ芯15mmをセットした状態。

 

これを本体上部のハンドルのついた溝にセットする。

巻き取り状態、クルクル!

巻き取り状態、クルクル!

本体芯に15mmのマスキングテープをセットして右側に寄せる、下のストッパーをスライドさせると、回している間にずれることはありません。

15mmミニマステ完成。

15mmミニマステ完成。

同様にペタンコ芯をセットして、makimakiしてみましょう。

makimaki中!

makimaki中!

ハンドルをクルクル、マステをマキマキ!!

数本セットして・・・

数本セットして・・・

なんとなく、らしくなってきましたね。

携帯マステ完成!

携帯マステ完成!

今回の商品のコンセプトのひとつに「シェアする」とうたわれています。

本体同様に、ペタンコ芯を持っていれば、お互いにお気に入りのマステをシェアする事ができます。

今回のtourで、台湾から来られていた女性にお会いしました。台湾でも文具が大人気、ところが日本と違いマスキングテープ1本が日本円で¥1,000-以上するそうです。

一部の輸入業者は、日本で10m巻きで売っている商品を手作業で、1m巻きにして販売しているケースもあるそうです。

それぞれ、お国柄もあるようです。

さて、今回の限定マスキングテープを紹介します。(一部です)

R0010032w

左から「トーン」「岡山名物」「化石」

R0010033w

左から「mtカラー」「映画」「写真コラージュ」

最期は今回のお土産です。

トートバッグ

トートバッグ

R0010040w

カモ井90周年記念マスキングテープ・mt5周年マスキングテープ

mtカッター

テープカッターデコール

こちらは市販されていますが、サイドプレートはmt5th記念限定版です。

今回で2回目となるmt factory tour、さすがに男性が独りで参加するケースは珍しく、受付の方が覚えていてくれました、また前回のこちらのサイトの記事も観てくれたそうです。

そんな訳で、いつもより緊張して記事をかいた次第ですが、誤字・事実誤認があればご指摘いただければ幸いです。

次回の記事は、大阪で開催される「文紙MESSE 2013」日本最大級の文具紙見本市に参加予定です。と自分にプレッシャーをかけて、記事がかけるようしっかり見てきたいとおもっています。

長々と最期までお付き合いいただきありがとうございました。

ライター:出雲義和

 

 

 

 

Comments (1)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2013年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ