Archive | 10月, 2014

ノートカバー使ってますか?

Posted on 30 10月 2014 by

みなさま、ハッピーハロウィン♪

たまたま記事を更新できたのが今日で、今回の記事はまったくハロウィン関係ないんですけれどね。

 

そろそろ2015年度の手帳も出揃って、年末にむけて文具店・書店が賑やかになってきましたね。

最近、なにか文房具買いましたか?

先日、東京に遊びに行った際にこんなものを買いました。

 

IMG_1986

右です。キングジムさんのノートカバー、PENeFITです。

ペンがノートにベネフィットしちゃうんです。とても…ダジャレですね!

取り外し可能なペンケース付きノートカバーってありそうでなかった商品ですよね。

自分はESノートA5サイズを入れて使ってます。

 

コクヨさんのシステミックも持ってたんですけど、なんか事務的で。

革のカバーもいいなぁとか思ってたんですけど、造りがシンプルなのが多いし。

ほんとはESノートのストックを買いに丸善さんに行ったんですけど品切れで

ふら~っとしてたらこれを見つけました。

なんというか、色展開は正直、とても地味だと思うのですが

青はジーンズカラーにベルトの茶色がカジュアルで気に入りました。(生地はポリエステルですよ)

 

IMG_1995

こんなかんじでペンケースをノートにつけたまま使うこともできるし、

(机が広い所でないと使いにくいかも!)

 

IMG_1999

こんなかんじにペンケースを独立させることもできます。

面白いですねー!スナップのぱちぱち感も嫌いじゃないですよ。

 

わたしはESノートを日記に使っていて、

・コクヨの0.9ミリシャーペン 下絵用

・singo RT1 0.5ミリ 黒 清書と文字用

・mono one 下絵消し用

これらをペンケースに入れてます。ポケットはたくさんあるので、まだまだ入りそうですよ。

あとはコラージュ用の切り抜きとかシールとかマステとかはさみとかノリとか色鉛筆も使うんですけど

そこは帰ってから仕上げをするので持ち歩けなくても問題なしです。

 

ノートカバーとペンケースが一緒なら忘れることもないし

書きたいなと思った時にすぐ書き始めることができるので、書く頻度も増えた気がします。

 

Notebookの服ともいえるノートカバー、みなさんはこだわりを持っていますか?

手帳はひとつの趣味として市場が拡大してる雰囲気がありますし

今後もこの手のノートカバーが出てきそうな気がします!

かかれるもの と かくもの はやっぱり一緒が便利ですね。

 

Comments (2)

D-BROSクリエーターズダイアリーにミニ(A6)サイズが!

Posted on 30 10月 2014 by

ガントチャート好きには有名な「D-BROS クリエーターズダイアリー」。
蛇腹式で上半分がバーチカル、下半分がガントチャートになっており、毎日の予定と長期の予定とを一目でチェックできるのが売りですね。
私も気になりつつ、うーん、どうしよう?と言ってる間に「完売」してしまい。
その後、MoleskineのProjectPlannerを使っていたのですが、ポケットサイズなので1日分の記入欄がちょっと狭いなぁと思い、今年から出たAPJのA5サイズのノートタイプのガントチャート手帳に切り替えておりました。

先週末、大阪に行ってきたのですが、最終日にグランフロントをぶらぶらしてました。
友人が地下にある文具店「Smith」に行きたいと言ったので、はーいとついていったら。
その手前で「D-BROS」の店名が見えました。
この名前って、あの蛇腹手帳のメーカー名じゃ・・・と、視線を投げつつ横まで来ると。
やっぱり!
店頭に蛇腹手帳が並んでおりました!
わーー!とふらふら惹かれて行きましたところ。
あれ?
小さいサイズあったっけ・・・?
「それ、来年版から初めて出た『ミニ』です!」と、店員さんのお声が。
おおっ!
レギュラーサイズは、スリムA5といったサイズ。実物を初めて拝見しましたが、ぺらっとしているので重さはないのですが、やっぱりちょっと大きいかな?
「女性の方からも小さいサイズの要望がありまして」と。
サイズが半分なのに、レギュラーサイズとの価格差が200円というところが痛いし。
カラーもレギュラーサイズが黒と赤のところ、ミニはグリーンとブラウンという微妙な色。
でも、記入欄は1ページ当たりに1週間・7日分なので、それなりに書けます。

どうしよう、欲しい!

でも、決心がつかず、一度はお店を離れましたが。
ランチ食べて、帰路につく段になって、「心残りはない?」と言われ。
「やっぱり、買う!」と再度、地下に参りました。

うん。これもある意味、運命の出会いだったのでしょう。
というのも、当初の予定通りだったなら、最終日にグランフロントをうろつくことはなかったんです。
色々あって、グランフロントに行くことになって。
しかも、友人が地下に行きたいと言わなければ、出会わなかったのです。

とはいえ、この手帳が使えるのは12月半ばから。
今しばらく、ワクワクソワソワと手帳を眺めて過ごします。

Comments (0)

文具ぴくにっくへのお誘い 追記

Posted on 30 10月 2014 by

image

ごはんや、お菓子をたべながら外でピクニックがてら、文具の話に花をさかせませんか?

 

11/2(日)

12:30

集合場所は中央公会堂

中之島公園でピクニックしましょう。

image

SNSはtwitterしかしてませんので、@mokiki_3 mikikoまで連絡くださいませ。

周辺の駅がけっこうちらばっているので、中央公会堂集合にさせてもらいます。

淀屋橋駅 北浜駅 なにわ橋駅などですね。

我こそは、方向音痴だ!という方がいましたら早めにいってくださいね。

迎えにいきまので…同じく方向音痴が…。

 

☆各自、食べ物、飲み物もってきてくださいね。

ちなみに、自分はがっつりお昼食べるつもりでいきます。

外でピクニックなんて大人になったら、そんな機会なかなかないのでね!

コンビニは周辺といっていいのか、中の島公園の川をこえてちょっと歩けばあるのですが、買いにいけないこともないのですが微妙な距離なんですよね。

ま、ゆるーい会なので途中で買いにいってもらって全然OKですので。

ちなみに、中之島公園の中にもカフェはございます。

 

 

さて、参加を迷われている方。

密かに、参加するぞと決意を固めている方。

行くねー!と、すでにいってくださっている方。

 

どうせ、参加するなら自分の話したいこと、興味のあることをはじめにいっておくとご自身が楽しめます。

私は金ペンの試筆がしたいので、試させてくださいな!

マステのシェア。これは各自持ってきたマステをストローなんかにまきとって人にゆずるのです。

インクシェア。インクっボトルだと多いですよね。小瓶にわけて好みのインクを増やせますよ。あまりの小瓶や、分け分け用のスポイトあるので持っていきます。

 

ほかにも、人のノートって楽しいですよね。

手帳の使い方も気になるし、来年の手帳を買った決め手も気になる。

トラベラーズノートやモレスキンの中身は、どうだ!!

どうやってつかって、どんなカスタマイズしているのか。

気になる、気になる。私は気になる。

ノートブッカーズをみている人なら気になるはず。

image

ま、そんな訳でして。

早めに持ってきてほしいものをいっていれば、誰かが持ってきてくれるかもしれないのでいったもん勝ちです。

Comments (2)

【ノートブックがない旅なんてVol.33】旅先のToday’s TRAVELER’S notebook/2014秋

Posted on 28 10月 2014 by

毎月20日にアップするこのコラム、今月はすっかり遅くなってしまいました。。。

saori_141028-07
先週、ちょっくら旅してました。
高松・直島・豊島。

様々な風景やアート作品などから感じることは確かにあるのですが、
それをコトバとして外部化するのは、なんか違う感覚。
コトバにしてしまうと、私の語彙力ではとても陳腐になってしまって
そういうコトを言いたいんじゃなくて…と、自分ごとなのにうまくカタチにできません。

なので、しばらくはその感覚を感覚のまま包み込んで
ココロのどこかにそっと置いておきます。
ノートには書けない感覚は、無理に書かないことにしました。

ノートに記録する手段は、書くことだけではない。
「旅先のToday’s TRAVELER’S notebook」として写真におさめる方法だって
私にとっては、旅の記録になるのです。

みなさまにも、少しばかり瀬戸内の空気をおすそわけ。

saori_141028-01

saori_141028-02

saori_141028-03

saori_141028-04

saori_141028-05

saori_141028-06

————————————————————————————————————
【ノートブックがない旅なんて】は毎月20日に更新。
今回の旅、ベストスポットを3つあげるなら…
1)李禹煥美術館:「沈黙の間」での静寂は贅沢なひととき。
2)豊島美術館:差し込む光が気持ちよかった。キラキラ。
3)木のカップル:ココ、実は日の出絶景スポットでした。
————————————————————————————————————

Comments (1)

何も変わりたいと思っていないのに

Posted on 28 10月 2014 by

いくら踏みとどまろうと思っても、いずれは全て変わってしまう。
そんなことは分かっているけれど、実際に変わってしまうと悲しいものです。

生物的な年齢がひとつカウントされました。

とは言え、誕生日というものは楽しいものです。いや、楽しいものにしたいなあという希望を持ちたいものです。一応大人になった今、能動的に楽しくするということを意識するようになりました。たとえ、それが夜、ほぼ残業で終ったとしても。更に、ふと見たらingressのガーディアンメダルで、次のメダルを目指していた矢先に一瞬にして破壊されたとしても(涙)。うう…10日守れただけでも運が良かったと思った方がいいのは分かっているさ〜…。

写真 28-10-14 03 16 59

気を取り直しまして。
楽しくする働きとして、周りに私の誕生日が近いことを吹聴したところ、何人か、ささやかにお祝いしてくれました。とてもとてもありがたいです。サプライズなどしていただけると、より一層嬉しいのかもしれないですが、たとえ宣伝した後の祝いのことばでも、充分に嬉しかったです。この嬉しさを享受するには、ちゃんと伝えないといけないということが、よくわかりました。まあ…気恥ずかしくもありますが。ですので、ことあるごとに機会を狙って、ちゃんと主張するのはとても大切なことだと思います。例えば始業時の朝礼とか、学校のスピーチの時間とか、はたまた、近しい友達へ直接お伝えするとか。偉そうに言ってみましたが、これって皆さまやられてるのかな。そんなのとっくにやっている、という方につきましては大変に失礼いたします。

とにかく、何でも、いいなあと思う方向へ足を踏み入れるのは勇気がいるけれども、よりよい生活に向けて避けては通れない道だと思います。なので、ほんの少しの勇気を持って進んで行けたらいいなと思います。

これからも、ひとつよろしくお願いします。

<蛇足>
2012年に書いた、東京タワーのお誕生日特典ですが、現在は展望台へのチケットは割引のみで無料ではないようです。これもまた、時代の流れか。

Comments (0)

Tags: , ,

ジブン手帳のガンチャート・年間スケジュールの活用

Posted on 27 10月 2014 by

今月2回目の更新です。
はい、、、、
よく体力持ってると本人もビックリです。

さてさて、表題の通りなんですが…
ジブン手帳のガンチャートについてです。

IMG_2564.JPG

昨年の2014年のは全く使ってません!!
そう、使い道がなかったからです。
私がジブン手帳を選んだ理由は、
「実録を記録する為!」
なんです。
それで、ガンチャートで何記録するの??と一年間考えましたが、思い付かず来年の2015年の手帳に移行してました。

そして、、、前振りになります…えっΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

夏過ぎに運動(歩いてない!)してないと思い込んで、UP24を購入したんです。

IMG_2595.PNG
それで、睡眠時間の管理と運動=歩数の管理は確実に出来る様になりました。

それは、バーチカルスケジュールに記録してたんですが、一ヶ月で見ようとしたら見れない(;´Д`A
一週間単位でしか目視出来ないと考えたら、これは手を加えた方がいいのでは??と思いました。
アプリでは見れるけど、アナログの記録も欲しい!とワガママが発生してしまい。
睡眠時間は、少ないと軽い症状が出て仕事や生活に影響を与えてしまってるので、睡眠時間の管理も大切なんです。

1.睡眠時間
2.歩数

私は難病持ちで、薬を飲んだ記録も必要なんです。
貧血が酷くなると、薬を一ヶ月で何日か止めたりとしてます。
その記録は、飲んでない日を書いてるだけで、後2錠飲んだ日は書いてますが。
体調の変動を考えると、やはり「見える化!」が一番なんですよね。
全部記録して⚪︎×で、その日の変動を見えるのもいいかも!!と思ってます。

3.お薬の時間

仕事をしてると、三六協定と残業時間に縛られます。
残業時間はマンスリーで記録してましたが、就業時間は記録してなかったんですよね。
就業時間が多いほど、他に時間を費やす事が少なくなると考えてます。
そうなると、私は睡眠時間が次の日が少なくなるというサイクルに嵌る訳です。

4.就業時間
5.残業時間

IMG_2591.JPG
の全部で5項目をやって行きたいです。

IMG_2598.JPG
年間予定のページは、毎日の家計簿として今は考えてます。どれだけ使ったのかは、年間でわかるとお金の流れもわかるかな??と考えての使用としてます。

Comments (0)

最近買った文具は何ですか?

Posted on 21 10月 2014 by

すっかり秋めいてきましたが、みなさま風邪など召されていないでしょうか?
私は、後半戦を迎えたオペラの研修所の授業について行くべく、それなりにハードな練習と、某ingressでの長時間歩行のお陰ですっかり肉体派です。

ツッコミは甘んじて受けましょう。

ところで、最近どんな文具を買っているかなあ、と思い返したら、若干マイナー路線なものもあるけれど、結構バランスの取れた買い物をしているのではないかなという内容で、ちょっと面白かったので書いてみます。

☆マスキングテープ

方眼紙っぽいのは従来品と思われる。

方眼紙っぽいのは従来品と思われる。

上述のとおりingressにすっかりはまり、新宿界隈を歩行していたついでに、吸い込まれて行った世界堂でうっかり出会ってしまった(多分)新柄を躊躇することなく購入。後悔はしていない。しかし、私のマステ箱はすっかりパンク気味です。とは言え、私のマステ箱なんて、本物の沼の重鎮のそれに比べれば飾りみたいなものであろう。ちなみに所有本数は多分まだ2桁です。

☆Vaimo11
ステープラー界隈では多分すっかり有名な存在となっている、軽くそして手持ちステープラーにしては大容量の最大40枚綴じられるという、MAXさんから出ている例のアレです。今まで、欲しいなあと思いつつ、身近な方へのちょっとした贈り物等で買い求めたことはあったけれど、自分で所有したことはなく、今回満を持しての購入です。毎回プレゼントする度に好評で、さすがVaimoさんだなあ〜って、私自身羨ましがっていたので、かなり満足な買い物です。ただ、すでにVaimo80を所有しているワタクシとしましては、どのように使い分けようか、それが悩みどころ。80さんは、卓上に常駐させて使用中ですが、厚い書類群に限らず、2枚から軽くスピーディーに綴じられるので、急な会議資料の準備などにも楽々対応可という、なんとも憎いヤツです。コレに慣れると、もう従来の大きいステープラーには戻れないです。

ちなみに、今回買ったVaimo11はVaimo11 STYLEのチェリーレッドで、先住のVaimo80は赤です。職場で使用していますが、写真撮影を忘れたので写真なし…。

☆キャッシュボックス

macと並べても違和感の無いこの色味

macと並べても違和感の無いこの色味。

自宅使いように購入しました。まあ、大人の事情ってやつです。
サイズ、価格帯も色も豊富なラインナップだったので、結構悩みました。今回はCARLさんのお手軽な方をチョイス。色について、散々悩んだあげく、多分オフィスじゃなくても馴染むだろうと、グレーを選択。思ったより使いやすい色かなあ、というファーストインプレッションです。ただ、この手のものをしっかり使ったことがないので、キャッシュボックスがある生活ってどんなものか想像できなくって、今からわくわくです。

——–
改めて、文具の買い物歴を思い出すと、自分の生活を振り返るようで興味深い。読む人にとって、何か持ち帰ってもらえるような情報が作れたかはイマイチ謎だけれども。。

皆さまにおかれましても、たまに文具買い物歴を書き留めておくのは楽しいので、ぜひお勧めしたいです。これで、自身の無駄使いがわかってしまう…かも!(おお恐ろしい)

Comments (0)

手帳に入れておきたいカードリッジ?ノートブックをめぐる冒険#32

Posted on 20 10月 2014 by

超薄型名刺入カードリッジ

ビジネス系ノートブッカーにおすすめの一品!

サラリーマンにとって「名刺」は会社の看板を背負った証であり、顔でもあるわけで、営業職に関わっている人間ならばなおの事、肌身離さず持っているのが常。

名刺ケースには常に20枚以上を入れて、会合に出るときなどは、予備に印刷所から届いたケースのまま鞄にいれて、第一種戦闘配備!で望んだもの。

とはいえ、朝から夜まで”第一種戦闘配備”を持続できる訳ではなく、ランチや休憩の時にまで、名刺ケースを持ち歩く事はないので、ちょっとした隙ができたりします。

ところが、この「隙」を狙ったように、人に会ったりする事があります。

「お前、いま俺が名刺持ってないのを知っていて来ただろう!」と勘ぐりたくなるタイミングで(笑)

マフィーの法則がごとく、このケースが発生するスチュエーションは、主に次のとおり

  • ランチのとき(会社の近くへ食事やお茶へ出たとき)
  • たまたま名刺入れに入れていた名刺が切れたとき
  • 休日の午後  ほか

そもそも、一般サラリーマンが休日に名刺ケースを持ち歩くことなんてほとんどないです。(管理職は別ですが)

そんな、時に慌てず使える画期的なツールが発売されました。

名付けて「カードリッジ」

カードリッジ

カードリッジ

 

ちょっと高級感漂う紙ケースに名刺を挟むだけのツールですが、いきなりばばったりのケースにぴったり。

薄い紙製なので、財布や手帳の間に挟んでおくだけOK。

財布

財布

 

モレスキン

モレスキン

 

ジブン手帳

ジブン手帳

トラベラーズノート(パスポート)

トラベラーズノート(パスポート)

MDノート革カバー

MDノート革カバー

最近はスマートフォンも大きなって、革製のケースやICカードを入れる事ができるケースなどであれば、カードリッジも一緒に携帯できます。

これさえあれば、もういつだって慌てることはありません。

ワタシ自身、モレスキンのポケットに、名刺を入れたいた経験がありますが、ビジネス目線でいくとあまりスマートとは言えませんし、長い間いれていると摩擦で痛んだりします。

いざという時に、スマートにエレガント?に名刺の出し入れができるのも、大人のたしなみのひとつかも。

ノートブッカー的活用法

名刺入れだから名刺を入れなきゃならない訳ではありません。

おしゃれなノートブッカーさんは、散歩の途中で見つけた素敵なカフェや雑貨屋さんのショップカードをもらってかえりますよね。

そんな時にも、このカードリッジに挟んでしまえば、カードを失くすことも痛めることもなく持って帰ることができます。

むしろなにも入れずに持ち歩くことも、立派な使い方になります。

ショップカードを入れちゃおう!

ショップカードを入れちゃおう!

 

作っているのは、関西の「ロンド工房」

タイプは2種類

  • カードリッジPRO
  • ガードリッジAIR

 

PROは高級感あるれる重厚な厚紙を使用1枚入り

AIRはビジネスにも使える佇まいの薄紙仕様2枚入り

それぞれ、名刺は3〜5枚程度収納可能。(3枚が一番しっくりきます)

カラーバリエーションもあるので、Amazonで一度ごらんあれ!

キーワードは「ロンド工房」「カードリッジ」で検索ください。

 

 

 

Comments (0)

Tags:

猫は、ノートブックを持たない。

Posted on 20 10月 2014 by

8月20日、ずっと住んでいた大阪から、高知へと移住した。
借りた家は、庭と縁側のある築60年の平屋。すぐ裏は山、近くに川が流れ、すこし歩けばおだやかな内海(湖のよう)に出る。
家の周りに外灯はなく、晴れた夜には星がたくさん見える。
人の気配もほとんどない、静かな、静かな暮らしを始めた。

9月に入ってすぐ、庭に、一匹の子ども猫がやって来た。白地に、縞のブチ模様。
細いからだ、きびしい表情から、野良暮らしだろうことが一目でわかった。
猫が大好きで、いつか一緒に暮したいと夢見てきた我が家みんなは色めき立った。
煮干しを、遠くからそーっと差し出してみる。
ほんとうに恐る恐る近づいてきて、パッとそれを奪い、離れたところで食べ始めた姿に、食べてくれたうれしさと、今までいろんなことに怯えて生きてきたんだろうな・・という哀しさ、両方の気持ちが心の中で渦巻いた。

その日から、猫は我が家にやってくるようになった。
最初は夕方だけだったけれど、そのうちに朝、そして昼にも顔を見せるようになった。
月のきれいな頃に初めて会ったから、つきみ と、私が名付けた。

あれから1か月半が過ぎた。
つきみは生まれた時から我が家にいるかのように、すっかり甘えんぼうの猫になった。
朝夕はかならずやってきて煮干しを食べ、日中は散歩がてら気の向いたときに姿を現し、庭で日向ぼっこをしたり、私のひざの上で昼寝をする。
やさしい人間のいるベースキャンプを得た彼女は、ますます猫らしく、すきなときにすきなように振舞って暮らしている(ふうに見える)。

で、観察と思考のすきなわたくし。つきみと毎日会っていて気づくことが数多ある。

その中でも一番感動したことが、
「猫は、必要なものをすべてを持って生きている。」ということ。

まず猫は服がいらない。夏には夏の、冬には冬の、ふさわしい毛に生え換わる。

暗い場所でライトがなくても平気な眼。車いらずの俊足。ひらりと昇降し、どんな場所も縦横無尽に進めるやわらかなからだ。出し入れ自由な爪。ブラシになる舌、全身を舐めて身支度が整う。包丁みたいに切れ味鋭い牙。いろんな音を集める耳。

食べ物は、基本、素材そのままを。虫も魚も肉も、生で食べる。

そして夜、丸まった場所が寝床になる。前足を枕に、暖かな毛を毛布に。帰る家を持たない。

生まれた時から、死ぬ時まで、猫は自分のからだだけを携え生きている。シンプルライフの極み。

つきみを見ていると、にんげん生活がなかなかに大変なものに思えてきた。洗濯したり、掃除したり、買い物したり、ふだんの暮らしのあたりまえは、にんげん独特のもの。学校とか、家を買うとか、流行りとか。生きることにくっついてくるいろいろの、なんとたくさんなことだろう。

でも、ノートブックで遊ぶ愉しみは猫にはないものだ!にんげんだけの、とくべつ。面倒なことが多くても、ノートブックを携えられるにんげんがやっぱりいいな。

わたしはにんげんで、そしてノートブックが好きでよかった。改めてそう思った。そういうおはなし。

 

 

Comments (2)

はじめました。

Posted on 18 10月 2014 by

はじめまして。くのいちです。

2013年度ライターになってから随分と月日が流れてしましましたが、初投稿になります。

ノートとの距離が遠ざかったり、縮まったりしながらも長くノートと付き合っております。

ノート熱が高まりつつある最近NOTEBOOKERS.JPを読みながら、やっぱりノートは楽しいと

思い……記事を書くことにしました。

 

簡単にですが自己紹介を。

神奈川県在住。趣味はノート、お菓子作り、写真。

好きなものはDisney。ディズニーランド、ディズニーシーに行くのも好きですが、映画なども含めて好きです。

IMG_2553

ノートを愛用するようになったのは5年ほど前から。

いま使っているノートは主に5冊。うち4冊がモレスキン(写真右)、1冊はMIDORIの10 YEARS DIARY(写真左)です。

 

使っているノートの紹介や、ノートの楽しさを記事にできればいいなと思っています。

よろしくお願いします。

Comments (0)

Tags: ,

生き残ろうぜ!映画に学ぼうPart4@吸血鬼のいる世界

Posted on 15 10月 2014 by

日、友達が「『トワイライトシリーズ』を読んでるのー」と話してくれまして。
トワイライトシリーズ、「吸血鬼の設定が細かい」「世界観が〜」と話が広がり。
その流れから、えー、つい、うっかり、
「ギリシャにもいるんですってー」
「ギリシャの吸血鬼は『歌がヘタ』なんですってー。
そんで、それがバレて『お前、歌下手だな! さては吸血鬼だな!』と退治されたっていう昔話があるんですー」
という、何とも(ワタシが話すと、吸血鬼伝説でさえ)ソレとなく牧歌的になってしまったとか、ありまして。
Continue Reading

Comments (0)

眠れぬ夜へのささやかな抗議

Posted on 14 10月 2014 by

午前2時、今日もこの時間だ。
作業は一段落。
私はノートに話しかける。
「あなたが安眠するために、眠れない者がいることをご存知ですか?」

写真 14-10-14 01 36 59

皮肉のような、反語のような。
自分のノートだから、別にいいよね、誰に迷惑かけるわけでもない。
ノートは私の本音と建前をギリギリの線でつないで、なお私を生きながらえさせるなあと、夜中に書いたダメな感じの文章を眺める。こんなノートを介してしかことばを紡げない自分と、本音(のようなもの)をバシバシ言った上で、他人から慕われている者の差が妬ましい。この差を生み出す装置は一体なんなのか。これは私にとって宇宙の秘密のような、深い深い(不快?)謎である。なんかもう、緻密な蜂蜜なのである。

どれだけ、聞かれなかったことばがあるだろう。
どれだけ、存在を気づかれなかっただろう。
他人の評価なんて気にするなと言うけれど、それはもう評価された人が言えることばなのではないだろうか、思っても詮無いことだけど。

他人と居ると孤独を感じるから、ひとりでいた方が気が楽だ。夜はそういう私にも少し優しい気がする。そうやって、話しかけるのはノートばかり。でも、ノートに書き連ねても何か返ってくるわけもなく、読み返す私は谺を聞くようだ。

そうやって、考えを一周りさせて、風呂から上がって、眠りにつく。
時間が経てば、どんな人も夜があける。
自分の存在価値とかそういう難しいことは判断保留にして、とりあえず次の日へ。

——–
今回は、物語っぽくしてみたかったのですが、読み返したら中二病発社畜の日常…っぽい仕上がりになっている…今気がついた。あぁ。。。

「俺だよ!オレオレ!」みたいに感じる人がいれば、私もちょっと救われますが、ちょっと満ち足りてないように思えますので、しっかり好きなものでも食べて、休日に厭になるほど眠って、仮想に過ぎないかもしれないリア充のことは忘れてしまいましょう。あ、オレオレ詐欺みたいな台詞になってた。。そういうのではないので、詐欺っぽいコメントは無しで、ひとつよろしくお願いします。

では、また来週〜♪

Comments (0)

もしや、これは噂のNOTEBOOKERS MEETING か!?

Posted on 13 10月 2014 by

11/2(日)に文具の集まりをします。

場所は中之島or大阪城公園の有料の庭。
時間はお昼あたり。途中参加、途中離脱OK

えーっと、このご時世にfacebookやってません。

image気になる方は@mokiki_3 までご連絡お願いします。

 

完全な見切り発車で、勢いでこれをかいています。
大丈夫かな?とは、若干心配な部分はありますが、言ったもん勝ちな気もするので、書かせてもらいます

コンセプト。
ゴロゴロ寝っ転がりながら、文具の話をしましょう。時間もちゃんと決めてないけど。
各自、てきとうに食べるものは持参してもらって、ピクニックがてら。

手帳を書くもよし。ライフログを書き出すもよし。切り貼りするのも、レザクラよし。万年筆の試筆は、私がしたいので持って来てもらえると喜びます。金ペンを買おうとしているので。。参考にしたい。
希望者がいればインクの交換会もします。小分けの瓶など道具は余っているから、使ってださい。

友人が外で手帳を書いているのをみて、すごく羨ましかったのです。

私も!!と、外でライフログを鳥が近くを、とっとっとっと、歩く横で書くのは、なかなかよいものでした。

場所も、時間もしっかり決めてないし、私が適当なので、ゆるーい集まりになるかとは思いますが、外でごろごろ寝っ転がりながら、文具の話をする機会なんてあまりないと思う。

一緒に太陽の下ごろごろしながら光合成しませんか。

Comments (0)

モレスキンの後ろのポケットに窓を開けよう

Posted on 13 10月 2014 by

カッター、
カッティングシートなどカッターを使うときの下敷き、
窓に使う透明なビニール素材(私はクリアポケットルーズリーフのうっすいのを使っています)、
両面テープ(5mm前後幅のがちょうどいいかと思います)・・を使いました。

まず、カッティングシートをポケットに突っ込んで
好きな大きさにくりぬきます。
上下にあるジャバラまで切ってしまわないよう、シートを入れる時気をつけてください
2014-10-07-12.40.28

くりぬいたのを台紙にして、両面テープでビニール素材を仮留めします
2014-10-07-12.45.39
こんなにちょびっとじゃなくてもいいですけど
あんまりしっかり留めてしまうと最後にはがしにくくなるので注意です。
ほんとはマステを丸めたりとかがいいのかな、
今回は材料最小限ってことで、この場にある両面テープを使っておきました。

 
台紙を四辺を囲うように両面テープを貼ります
剥離紙の端をすこしめくって内側に折り返しておくと、あとでめくりやすいです
2014-10-07-13.11.04

ビニール素材のいらない部分を切り落とします
2014-10-07-13.16.37

いよいよ、先程のポケットへ台紙をあてはめていきます
2014-10-07-13.22.15

よきところでしっかり押さえながら、両面テープをひっぱるようにゆっくりはがしていきます
2014-10-07-13.26.57

ここで完成・・としたいですが、

このポケットの厚紙部分は2枚重ねになっているため
このままだと枠のスキマにいろいろ入り込んでしまいます。
名刺やショップカードを差し込んでおく使い方もいいかと思いますが、
小さい切り抜きなど入り込んでしまったら取りにくいし、私は封じてしまう派です。

両面テープやノリでスキマを埋めてしまってもいいですし
上からこのようにがっつりマステを貼ってしまう手もあります。
2014-10-13-16.29.54

これでやっと、完成!!です☆

 
ちなみに角丸にするには最初のくりぬきの際に
角に1円玉などあててカーブを取るとよいかと。
 
ポケットの中身の視認性を高めることで、
内容物を簡単に把握できて使いやすさが倍増しました。
手際良くいければ30分ほどで作れると思います。ぜひおすすめです(σ´∀`)σ♪
 
 

Comments (1)

来年の手帳の話

Posted on 13 10月 2014 by

今年もこの時期がやってまいりました。

先日、手帳総選挙に行った際の戦利品たち
2014-10-07-01.55.12
2015年は、プレーンのモレスキンを使ってゆこうと思います。
これまではスケジュール+ノートを選んでいましたが
毎日の記録について、日付を修正液で消してまで好き勝手なレイアウトで書き込んでたから
もう日付いらんじゃろうってなったのです(笑)

プレーンとはいえ、私はオンもオフも手帳一冊の中で同居させているので
マンスリーのページは欠かせません。
なので、シールタイプのマンスリーをゲットしました。

モレスキンがバーチカルをブロックマンスリーに戻すまでッ 戦うのをやめないッ!!(`・ω・´)
 
 
後ろのポケットは例によって窓を開けました。
別記事で書きましたので、ご参考にしていただければと。
2014-10-13-16.29.54
毎年手帳コーナーで見かけていた(けど買った事なかった)オジサンが
今年20周年だそうですおめでとうございますおめでとうございます
というわけで、オジサンマステで窓枠を縁取りしましたー。
 
「CUSTOM DIARY STICKERS」は、サイドや下をちょっとカット。
2014-10-13-15.08.372014-10-13-16.03.44
左ページにマンスリー、右ページは月ごとのメモ。
そして残りのたくさんのページでいっぱいいろんな日々の記録を書いたり貼ったりしていきます。
 
 
 
最後に、マンスリーのカレンダー作る各会社さんにほんとお願いしたいのですよ。
こういうの。いやなの。
2014-10-13-15.20.21
5週目の2日間がきつきつ。それによってその前の週の2日間もきつきつ。
この4日間が、他の日より邪見に扱われている気がします。
5週目の事も考えて、ダイアリーの全体レイアウトを考えて欲しい。毎日の価値は同じなのです。
2014-10-13-16.01.50
なので私はこうしてずらして、それぞれの一日分のスペースを確保しました。
シールだからこれができてよかったけど。ほんとお願いします。
 
 
あとは好みのペンホルダーを探して、いよいよ準備万端ですね。
でも今年のぶんは今年のぶんで手帳があるので、お引越しはまだお楽しみにとっておきますv
 
 
 

Comments (2)

Tags:

横浜トリエンナーレに行ってきました〜No Showを踏まえて〜

Posted on 11 10月 2014 by

トリエンナーレ2014に行ってきました。

ツイッターで回ってきたRTで、トリエンナーレ2014、テーマが『華氏451度』だと知りまして。
これは行かなきゃー、ということで見に行きました。

ヨコハマトリエンナーレ2014 看板

右、鏡文字。


Continue Reading

Comments (0)

Tags: , , ,

ジブン手帳とポストイットの保管

Posted on 07 10月 2014 by

お久しぶりです。

最近は、ぶっ倒れる寸前で生きてました。

気分転換が、文房具の補給とかと…
考えられない生活を送ってました。

さてさて、、、、
ペンをとったのは、今回は来年の手帳への移行期間で試験的なマンスリーの活用とポストイットの活用を記事にしようと思いとりました。

私は、今年は手帳は複数使いで色々と困る事が多かったのです。

予定は、仕事とプライベートのを書いた手帳1冊。
職場で仕事記録、担当処理のメモにオピニ。
行動記録にジブン手帳。
思考回路の手帳としてモレスキン。
調べた物を書いたノート。

…(°_°)この手帳が、オピニとモレスキン以外は持ち歩きとなり、仕事上で荷物が多い時は、手帳を置いて出勤してました。
そうなると、記録が疎かになったり、予定が上手く立てられなかったりと…
不便で不便で、仕事ではうまく予定すら立てれなかったんです。
後、8月まででプライベートの予定と出勤日がかぶったりと、ダブルブッキングとかよくやってました。

IMG_2457.JPG

9月からジブン手帳のマンスリーは使ってなかったので、そこに予定を書き込んで、ウィークリーは実記録としてやってみました。

IMG_2456.JPG

あら??
そしたら、手帳が一冊荷物として減って、予定と行動記録が一冊なので、昼休みに書く時も二冊手帳を広げて予定と行動記録を書く必要ないので楽なんです。

手帳と向かい合う時間も、少なくて濃い内容で出来ます。

IMG_2196-0.JPG

来年の試験的な物でやってたんでが、ジブン手帳miniを使う事は決まってるんです。

でも、仕事上の確認等が日をまたいだり、他のメモ等をポストイットに書いて貼り付け用と考えたら、今度は外出時の持ち運びの問題が出てきました。
ポストイットって、持ち運びの保管が一番の問題だと思ってます。

私の筆箱はこれです。

IMG_2454.JPG

はっきり言って、ポストイットの保管とかには全く向いてないです。
そして、何処にあるのか捜すのに時間がかかり直ぐに取り出せないデメリットがあるんです。

そんな悩みを持って、先日出かけてた時に見つけたのがケースです。
作られた目的とは全く違うのですが、これがまた上手く入って保管出来ました。

IMG_2435.JPG

IMG_2446.JPG

取り出して、貼り付けて書き込めば何の問題もなくスムーズに作業できます。
職場でも活用して、会議でも持ち運びは楽なのでポケットに入れて持ち込んでたりしてます。

ジブン手帳のサイズが今年と来年のは違うので、また試行錯誤があるかもしれないですが、出来る限りで書き込みして終わらせたいです。
来年の目標として。

Comments (2)

マステの置き方

Posted on 07 10月 2014 by

文具屋に行くと、気づいたらマステを買っているようです。
在庫はマステタワー4本を作れる程度なので、量的には全く問題ないのです。なのに、なぜだかマステを増やしてしまっているようです。誰かに何か、言われているわけでもないのに。

たくさんのマステの中から柄を選びつつ使う機会が今までなかったので、あまり気づいていなかったのですが、マステタワーって、日常的なマステの収納として、非常に実用性が薄い。マステを使いたいとき、タワーだととても出しにくい、今更気づきました。(普段は、適当にその時の気分の柄をピックアップして、そればかり使う…とかでした)

そこで、手近にあった箱に入れてみることに。
ぎりぎりで全部入るんじゃないかな、とテキトーに当たりをつけつつ箱に放り込んでみましたが、こんなことに…。

少しでも揺らすと中身が落ちます。

少しでも揺らすと中身が落ちます。

この限界感。。

この限界感。。

箱がちょっと小さかったか?いや、適当に入れているから入らない可能性もある。と、方向など気をつけつつ、入れ直し…。

儀式?

儀式?

結局入らなかったので、写真を撮る時だけこんなフォーメーションに。マステがマステを呼んできそうです。
うーむ、収納としては非常に使いやすそうで(柄もよく見えるし)いいのですが。なにせ全部入りきっておらず、目的を果たしていないので、トータル的には0点です。箱を探すなり、別の収納方法を考えるなりしないといけない。

と、こんな具合に、今マステの収納方法について、新しい方法を閑雅ているところなので、マステ沼の住人におかれましては、簡便で低予算、なのに使いやすいというワガママをかなえる収め方を是非ご教示くださいませませ。

おおよそ55個くらいあるマステを目の前に据えつつお伝えしました。
おやすみなさい、皆さま良い夢見られますように。

Comments (0)

ギャラリースコープのあるとき、ないとき

Posted on 04 10月 2014 by

芸術の秋がやってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?仕事ではロジカルシンキングやクリティカルシンキングを駆使して出来るビジネスパーソンを演じていますが、絵も描きギターも弾き短歌を詠みフルマラソンのフィニッシャーでフットサルもする文武両道でアーティスティックでセンスで勝負するハイパーマルチクリエイターのなかしぃです、覚えておいででしょうか?最近ではnoteの方に作品をアップしてますのでこちらもよろしくお願いします(^-^)/ https://note.mu/lordnakasy あぁ、自分の才能が怖い(^_^;

DSC_0013

というわけで、去年の12月にNotebookers的ミュージアムの楽しみ方という記事を上梓しましたが、今回は新たなミュージアムの楽しみ方をご紹介します。結論から先に言うと「ギャラリースコープを美術鑑賞のお供に」ということです。ここポイントですよ、「結論から先に言う」これが出来ないと上司がイライラしますよ。「結局何が言いたいねん!」って怒られますよ。

ギャラリースコープとは何ぞや?と説明する前に、なかしぃとギャラリースコープの出会いについてお話します。あれはかれこれ1ヶ月前、和泉市の久保惣美術館に「広重の東海道-十二種類の東海道五十三次-」という展示を観に行ったときのことです。受付にギャラリースコープが無料で貸し出されてたので借りてみました。ギャラリースコープ、すなわち単眼鏡です。片目で見るミニ望遠鏡みたいなものです。ちなみに、筆者は去年の11月から毎月なにかしらの浮世絵の展示を観に行ってます。でも、早くこれに出会っていればよかったと今更ながら後悔してます。

そう、後悔するくらいスグレものなんです。美術館で絵を観るといっても間近で見れることなんて滅多になく、直接手が触れないように距離を取ってロープを張られてるかガラスケースの向こう側にあることが多いです。なので、ちょっと離れてマクロな視点で観ることが多くなりますが、どうしてもミクロな視点で観たくなるじゃないですか、遠ざけられると・・・それが人情ってものじゃないですか?と、そんな時、テッテレー「ギャラリースコープ!」と4次元ポケットから取り出します。これがあればなんと間近で観れるんですよ。

で、間近で観ることの出来るメリットって何?まずは、遠くから全体像を見渡して雰囲気を感じ取った後で画家が描いているときの距離で見る。これですよ、画家の視点、画家とキャンバスの距離。製作過程の臨場感が感じられます。特に棟方志功は版木に顔を極端に近づけて彫ってますから。油絵なら筆致、印象派や点描画なら色の構成やその置き方、浮世絵や版画なら彫りの細かさや勢い(浮世絵の美人画の髪の生え際なんてものすごく繊細で職人技です)、焼き物なら土肌、彫刻ならその彫り仕事の繊細さ(とくに、中国の一刀彫の細かい彫刻は山水画の風景や人物が細かく彫られてます)存分に技術の粋を堪能しましょう。

筆者は浮世絵が専門(といっても見るだけですが)なので、浮世絵を見るときの面白さをご紹介します。さて、今回見に行ったのは広重の東海道ですが、皆さんが知っているのは保永堂版ですね、これはその昔永谷園のお茶漬けやふりかけにカードが入ってたのを思い出す方もいると思います。その他にもいろんな東海道のシリーズがあり、広重だけじゃなく国芳やほかの人も描いてます。風景画は東海道だけじゃなく名所江戸百景や富嶽三十六景をはじめ、明治期を描いた開化絵まで色々あります。その中でも風景と同じくらい重要なファクターである登場人物です。風景に比べたら面積の比率では極わずかですが、茶屋で一服する旅人や店の人、宿場町や街道の人々が表情豊かに描かれています。それは遠めに見ると分かりにくいですが、拡大してみると一人ひとりの表情や動作がいきいきと描かれているのに驚かされます。また、スコープで覗くという行為に淫靡な背徳感があるということが発見でした。

あと、マニアックなところでは当時流行した白粉のブランド「仙女香」が絵のどこかに描かれているのを探すのが、ウォーリーを探せみたいで楽しいです。スポンサーなので、当時のマス媒体である浮世絵に描かれた影響力が大きいことが伺われます。

西洋絵画は余り詳しくありませんが、キリスト教の聖書の図像学に基づいて描かれたディテールを読み解くのも面白いと思います。天使が手に持っているアイテムとか、一つ一つに意味がありますからね。

ということで、帰ってきてからすぐにビックカメラに行ってギャラリースコープを買いに行きました。店員さんが言ってたポイントは焦点距離が6~8mのものが使いやすいということと、美術館は作品保護のために照明を落としているので明るいレンズのモノがいいとのことでした。

で、肝心の使い方なんですけど、ちゃんとした方法は知らないです。個人的に試行錯誤して最終的に落ち着いたのが、「利き目で見る」「接眼してない方の目はつぶらない」ということでした。片目をつぶったままずっと見続けるのはしんどいです。両目を開けてても利き目で見てたら利き目じゃない方の視野は見えないのと同じになります。ピント合わせは本体のリングでだいたい合わせたら、あとは立ち位置で微調整するといいと思います。倍率を高くするとブレ易くなるので気持ち悪くなりますので脇を締めたりしてなるべくぶれないように持ち手を固定しましょう。

普通に使う分には7,000~10,000円くらいのもので十分です。安物はレンズのコートが・・・(詳しくはよくわかりませんが)ということらしいです。筆者が買うときに話を聞いた店員は、最初はビックカメラの店員かと思ってたんですが、よく見たらA社の販売応援の人でした。そうと知らずに色々聞きまくった挙句、最終的にB社の製品を買いました。嫌な顔ひとつせず丁寧に対応してくれたのに申し訳ないです。だってA社のは保証が5年だけど高かったんだもん。同じスペックで保証が1年の安い方を買いましたよ。

さぁ、マクロ/ミクロの両方の視点から作品を観に行きましょう。一粒で二度美味しいアレのように楽しめること請け合いです。Viva!芸術の秋!

Comments (0)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2014年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

【再販】編みジッパーケース(トラベラーズノート用)

Buy Now!

あまざけZINE

Buy Now!

お宝非売品3点セット

Buy Now!

【完売しました】編みジッパーケース(トラベラーズノート用)

Buy Now!

【zine】ムッシュ・パクボーと助手マリアンヌの風景印博物館

Buy Now!

【zine】アマオオイ王国への旅

Buy Now!

【完売しました】編み封筒(濃い色はじめました)

Buy Now!

編みミニノートブック

Buy Now!

【完売しました】ハヤテノ日常画帳2

Buy Now!

North Lakeのポストカード

Buy Now!

【完売しました】トラベラーズノートカスタムリフィル(金魚)

Buy Now!

【完売しました】モレスキン ミュージアム(ゴッホ)とポストカードのセット

Buy Now!

【完売しました】寄り添うチャーム - オープン記念おまけつき –

Buy Now!

【完売しました】Blind Date with a Notebookers Book@Treasure_Table版 #04

Buy Now!

【完売しました】ハヤテノ日常画帳1

Buy Now!

アマオオイ王国への旅

Buy Now!

Blind Date with a Notebookers Book@Treasure_Table版#03

Buy Now!

侍ネコのポストカード

Buy Now!

ヤギと切手のポストカード

Buy Now!

印影蒐集匣(消印収集用ノートブック)

Buy Now!

【完売しました】編み洋封筒(カードサイズ)

Buy Now!

蔵書票:月に梅

Buy Now!

【完売しました】Blind Date with a Book @Treasure_Table版#01

Buy Now!

【完売しました】Blind Date with a Book @Treasure_Table版#02

Buy Now!