Archive | 5月, 2015

Tags: ,

紅茶とNoteをお供に…

Posted on 30 5月 2015 by

IMG_3551.JPG

お久しぶりです。

今日は、紅茶の話を記事へ…とお題?!?が来たので…

(´-`).。oO(来たのか??無茶振りとちゃうか?それ…

はじめに周りから紅茶好きと認定されてるらしく、私は普通に好きなだけですよら。
ミルクティーを好んで飲んでますが、牛乳は苦手です!!!

えっ…Σ(゚д゚lll)

牛乳臭いのがダメなんです。
ストレートで飲むのは、ダージリン位ですがそれも時期に寄って苦手なのがあります。

えっ…Σ(゚д゚lll)!!!

紅茶好きって、ダージリンが王道やん!!

私は違います。

ダージリンは、苦手なので新茶で一度飲んで満足してそれ以降で飲んでるのはブレンドだけです。
香りが強いのもダメです。

アールグレイは苦手です。

えっ…Σ(゚д゚lll)!!!

紅茶って言えば、アールグレイじゃないん???

香りだけで、味が伴ってないのが多いので飲んでません。

ラプサンスーチョンは、香り味と問題ないので好きです。

紅茶好きと言えるのは、自分が好きな好みの紅茶があって、それを楽しめる人が言えると思います。
紅茶を好んで飲んでますが、私はお茶にハマったきっかけは、中国茶教室の勉強で習い事をしてた時です。

その時に、自分で楽しむ方法、おもてなし、お茶会のやり方、 、、を教わりました。
その勉強を得て、紅茶教室に通いました。

紅茶教室に通う前には、ケーキ教室に通っていてケーキ主体の勉強してたので。

そこで、材料と紅茶が何が合うかがわかるようになったと思います。
紅茶の味を覚えていれば、ケーキを合わせるのは簡単かもしれないです。

他にも、何時も飲む紅茶の時間に合わせてお供を併を選ぶのもいいかもしれないです。
紅茶は、香りがあるので私はリフレッシュや癒されたい時に飲んでます。
紅茶は嗜好品なので、難しく考えて飲むよりも、

「今日はあの紅茶飲もう!」

とか

「紅茶貰ったんだよね!ケーキ買ってきて紅茶飲んでみようかな!」

でいいと思うんですよ。
気楽に美味しい紅茶を飲んだ方が楽しいですから。

後は、紅茶を淹れる時に自分の精神状態が反映されるのでご注意ください。

イライラしてたりすると味が、バサバサしてたりします。

落ち着いてると、優しい感じにお茶は味として出てきます。

これは、中国茶の試験練習で同じお茶を生徒で淹れた時に教わりました。

甘い感じになったお茶

香りが強いお茶

香りはあまりないのに、のど越しがいいお茶…

等と淹れる人に寄って違ってきます。

それは、自分が毎日淹れてるお茶でも同じです。

何気なく淹れて飲んでると気付きませんが、ふと味わって飲むと違いがわかるかもしれないです。

IMG_3426-0.JPG

IMG_3423.JPG

Comments (0)

Tags: , ,

スケッチイラストで盛り上がる[WEEKEND NOTEBOOK TIMES vol.2]

Posted on 30 5月 2015 by

[WEEKEND NOTEBOOK TIMES vol.1]
日常を絵日記に描くアナログブロガー、ハヤテノコウジです。
「WEEKEND NOTEBOOK TIMES」は、ノートブックやステーショナリーの話題を中心とした個人的なコラムでございます。皆様のノートブックライフの参考になればうれしいです。

5月ももうすぐ終わりますね〜。あっというまに過ぎた感じがしました。

今週のお話

楽しいスケッチイラスト本発売
新作ZINE(絵日記)が届いた
たまった日記は土日に書けばいい

楽しいスケッチイラスト本発売

5月26日、「手帳で楽しむスケッチイラスト」が発売されました。Chaiさんやゲンさんなどノートブッカーズライターもでていますよ〜!ハヤテノコウジも数ページ協力しました。イラストレーターや建築家など16人の手帳術が紹介されています。見本がいちはやく届いたので、じっくり読みました。濃厚に濃密にページに埋められているテクニックは、あなたの手帳術やスケッチ術に大いに役立つことと思います。手に取ってノート愛にあふれた誌面を見た方々の評判がよく、ノートや手帳を愛する皆様に全力でオススメいたします。そのあと書店をめぐってもう1冊を購入。美術コーナーや雑貨コーナーなど、書店によって置かれている棚が異なるようです。

いろんな人のノートや手帳を見るのって、なんて楽しいのでしょうか。そんなことを再発見できる本でございます。

本の情報はこちらから。

新作ZINE(絵日記)が届いた

さて作品をまとめてZINEとして発表していますが、新作が納品されました。こちらはNotebookers.jpで始まった「Notebookers.jp MARKET」でも販売予定しています。描き続けているとネタがたまってくるので、アナログブログである「公開する絵日記」を続けていてよかったと思います。今回は「A5サイズ、カラー28ページ、中綴じ冊子(横)、コート紙135kg」という条件で作りました。ハヤテノZINE史上、最大のボリュームとなっています。

私がZINEを作るプロセス:

  1. フォーマットを決める(サイズやページ数など)
  2. 原画を描く
  3. 整理する
  4. スキャンする
  5. パワーポイントに挿入する
  6. 原稿を書く
  7. 推敲する
  8. パワーポイントを画像保存する
  9. 画像をネット印刷サービスに入稿する
  10. PDF版を推敲する
  11. 注文
  12. 納品
  13. セットアップ

こんな感じで、画像データだけでできあがります。ご自分が描き続けている何かを冊子としてまとめたい。販売してみたい。そんなことに興味ある方はぜひチャレンジしてみてください!

ハヤテノコウジの新作ZINE「ハヤテノ日常画帳」が届きました!モレスキンのデイリーダイアリーに続けている絵日記からセレクトした見本集的な一冊となっています。

ハヤテノコウジの新作ZINE「ハヤテノ日常画帳」が届きました!モレスキンのデイリーダイアリーに続けている絵日記からセレクトした見本集的な一冊となっています。

たまった日記は土日に書けばいい

実は先週末から風邪をひいてしまいました。でも毎日のようにプレゼンとか移動とか会議とかありまして、のどはガラガラ。同僚には「日に日にわるくなっている」と言われる始末。もう帰宅すると風呂入って寝るだけの日々です。金曜日の午後には熱に耐えられず早退しました。ということで、今週は火曜日からの日記・絵日記を書いていません。焦ることはありません。土日があります。ここでフォローアップです。ということで「あとで、まとめて書く」ということにしてしまえば、日記は継続することができます。もう何年日記を書いているのか、絵日記をつけているのか、わからなくなっています。そのかわり、忘れてしまってどうしても書けない事もありますw。

左:絵日記を描いているモレスキンデイリーダイアリー、右:タイムシートと出来事と発見を書く、MARK'SのEDiT。

左:絵日記を描いているモレスキンデイリーダイアリー、右:タイムシートと出来事と発見を書く、MARK’SのEDiT。

それでは、素敵なノートブックライフをお過ごしください!

(文・写真:ハヤテノコウジ

Comments (0)

Tags: , , , ,

5月〜神戸@ナガサワ文具センター(ひとり)祭り

Posted on 27 5月 2015 by

月17日(日)、ナガサワ文具センター神戸煉瓦倉庫店でペンクリニックへ行ってきました。
そこから続く、ナガサワ文具センターひとり祭りレポートです。
Continue Reading

Comments (0)

Tags:

蔵書票をめぐる大人な関係

Posted on 27 5月 2015 by

こんにちはkonamaです。

先日始まったNotebookers Market、色々と面白そうなラインナップになりそうで、楽しみにしています(お財布のひもが…)。

かく云う私も蔵書票:月に梅を出品したわけですが、Notebookersお題18禁に絡めて、蔵書票についてお話したいと思います。

雲

どうも小さなサイズの印刷物というのはコレクター魂をくすぐるようで、切手しかり、マッチブックしかり、蔵書票にもたくさんのコレクターがいます。私自身は蔵書票を見るのは好きですが、特に個人的にコレクションしているわけではないので、もしこれをお読みになって「ちーがーうー」と思った方がいたらごめんなさい。

蔵書票はその名の通り、自分の本に自分の所有する本であるという印として貼る小さな紙です。その昔本が本当に貴重品だったことを考えれば、お金持ちの「大人の趣味」だったわけです。

絵と文字を組み合わせた版画が多く、本の表紙を開いた内側(表紙見返し)に貼るケースが多いようです。日本や中国では蔵書印の方が一般的でそれはおそらく紙の特性(硬い洋紙には印が押しにくい、和紙にはカードタイプのものを貼りにくい)によるもののようですが、それぞれ混じり合いヨーロッパでも蔵書印を使っているのを見たことがありますし、日本でも結構蔵書票を使っている方が昔からいらっしゃいます。古本屋さんが店の本に売り物ある証拠として蔵書票を貼っているケースもありますし、身近なところでは図書館の蔵書には蔵書印が押してあるでしょう(絵はついていないけど)?

実際どんなのがあるのか知りたいかたは、普通に蔵書票で画像検索していただければ色々楽しいものがみられます。(pinterestで検索したらこんな感じ

蔵書票の文字の部分は一応決まり文句があって、Ex Libris(えくすりぶりす)と入っているのが一般的です。これはラテン語の「~の蔵書からの一冊」の意味で、日本の物だと○○蔵書や○○書房などの形もみられます。いずれも~や○○の部分に本の持ち主の名前を入れます。この蔵書票のオーナーの事を票主と呼びます。この他に格言やお気に入りの一言なんかを入れたりするのもあるようです。

絵の部分は本当に様々で、シンプルなタイポグラフィみたいなのもあれば、風景画や宗教画みたいのもありますが、その中で大きなジャンルに、エロティックな図柄のものがあります。女性のヌードが多いように思いますが(少なくとも男性のヌードだけの柄はみたことない)、結構グロテスクなものから神秘的なものまで驚くほどたくさんあります。絵の記号論的な部分やメタファーとか(エロスが生で骸骨が死とか)きっと他にも色々あると思うんですがその辺は置いといて、自分の本の開けてみないと分からないところにそっとエロティックな柄の小さな紙を貼るっていうところに、ちょっと淫靡な悦びがある気がしません?

エロスというとなんだかじっくり見るのが憚られる気分になりますが、たとえば超有名どころのバイロス(Franz von Bayros)なんかはアールヌーボーの繊細な麗しい図版で、思わず見入ってしまいます。(18禁?)

蔵書票の基本としては画家さんに票主がテーマや入れたい文字だけをリクエストして、票主さんのイメージで作ってもらうというのがお作法らしいのですが、自分のためにアートをオーダーするっていうのがそもそも大人な感じじゃないですか?それなりに結構なお値段がかかるし、完成作品を確認して買うわけでもない。自分の中のなにかを他の人に感じとってもらってそれを表現する、このこと自身にむしろエロスを感じるなあと思うこのごろです。

とこんなことを書いてしまうと、すでに出来上がった蔵書票にお名前入れるっていう商品はどうなのと、より買ってくれなくなりそうだけど、とりあえずどんなものか楽しむという感じで使っていただければ幸いです。票主の方々は色々な種類を楽しむのと希少性の問題で数十枚のみ刷ってもらうそうで、蔵書すべてに同じ蔵書票を貼るわけではありません。気軽に自分の名前が入ったシールを色々貼ってみてください。私はノートも自分の蔵書の一つとして、モレスキンの見返しにちゃっかり貼ってみています(上に出したデザインもそのうち商品にするかも。落款もどきが実はダンボ―?)。

雲貼ってみたモレスキン

 

 

Comments (0)

アマオオイ王国への旅

Posted on 27 5月 2015 by

HAN004

「鯨の飛行機」

「猫の客室乗務員」

「王様ハシビロコウ」

「猫の郵便配達員」

エハガキ華作「アマオオイ王国への旅」の物語の中から4場面を選んでポストカードにしました。4枚セットでのお届けです。

紙はベルーガという、少しざらついた紙を使いました。白だけど、真っ白ではない、味わいのある紙です。

こちらのポストカードはサイズが通常のポストカードより大きめ。国内82円で送れるサイズです。
書きたい量がポストカード以上封書未満の時や、ちょっと特別な時、少しだけいつもより豪華にしたい時にぜひ使っていただければと思います。

 

 

サイズ:165 x 119mm

価格:800円(4枚1セット、送料無料)

配送方法:普通郵便

 

Comments (2)

鈴木春信 R-18

Posted on 26 5月 2015 by

鈴木春信の浮世絵が好きだ。
だからといって江戸時代の風俗だの文化的な背景に関する知識や芸術的観点があるわけではまったくなく、ただただシンプルに、鈴木春信の浮世絵が好き。

はじめに「わあ」と思ったのは、洒落たキモノを着た女性たちのふわふわした可愛い錦絵だった。浮世絵といえば歌麿や北斎あたりの有名な絵の、トラック野郎てきなあの感じしか知らなかった私に、目からウロコが落ちるように浮世絵というものを見直させてくれた軽さ。“浮世絵らしい”余白やなめらかな線も、鈴木春信の絵はまた格別に、軽く、美しい。

20060917_w600
(上:はじめて鈴木春信『夕立』『清水の舞台より飛ぶ美人』を見た時にインスパイアされて描いた絵。2006年。風でふわーっとする感じ、地下鉄の出口)

だけどもね、当世風の町の女の子たちの1シーン、ファッション誌のグラビアを思い浮かべるような絵もそれは素敵なんだけど、鈴木春信は、春画もとてもイイんです。

*-*-*-*-* ここから 【Notebookers お題】18禁 *-*-*-*-*

Continue Reading

Comments (0)

ヤギと切手のポストカード

Posted on 24 5月 2015 by

HAN003

ヤギと切手のポストカードです。原画はボールペン画です。

草切手に興味津々なヤギ。 “EAT ME!”

裏側はこんな感じです。

紙はレトロ印刷JAMさんのオリジナル紙「厚富士わら紙」。写真だと分かりにくいかと思いますが、素材に「藁(わら)」が使われている素朴な紙です。

 

サイズ:148 x 100mm

販売価格:1枚200円、3枚セット400円、5枚セット650円(すべて送料無料)

配送方法:普通郵便

Comments (0)

侍ネコのポストカード

Posted on 24 5月 2015 by

HAN002

侍ネコを描いてみたいなぁと思ってできあがったポストカード。原画は鉛筆画です。背負っている旗は「さより」です。

金インク使ってみました!外国宛てに使ったら面白いかなと思って作ったのですが、もちろん国内宛てにもどうぞ。

裏はこんな感じです。ベルーガという、少しざらついた紙を使いました。白だけど、真っ白ではない、味わいのある紙です。

 

サイズ:148 x 100mm

価格:1枚250円、3枚セット550円、5枚セット900円(すべて送料無料)

配送方法:普通郵便

Comments (0)

印影蒐集匣(消印収集用ノートブック)

Posted on 24 5月 2015 by

HAN001

印影蒐集匣(いんえいしゅうしゅうばこ)は、風景印などの「消印」をコレクションするためのノートブックです。

「え!消印を収集するって何!?」という方は私のブログにまとめた記事がありますので、良かったらこちらこちらをぜひご覧ください。

表紙。「机のひきだし」をイメージして描いてみました。紙は台紙などによく使われているあのねずみ色の紙です。

表紙は「バーコ印刷」という方法で印刷されています。インクの部分が少しだけ盛り上がっていて、触るとそれが分かります。

無線綴じ製本です。

裏表紙は左下の部分にワンポイントだけ。

中を開くと「ひきだし」も開きます。全ページ同じイラストで、向かって右側にしか印刷されていません。両側に切手を貼っていくとそのうち厚みが増して、上手く押印できなくなることがあるからです。
左側の無地のページには風景印を押印した日に手に入れた紙モノをコラージュするのも面白いかなと思います。自由に使ってみてください!

使用例です。「ひきだしの中にお気に入りの風景印や小型印をしまっておく」そんなイメージで作りました。押印ページは全部で25ページあり、1ページに2つの消印を押印した場合、全部で50個「しまっておく」ことができます。

消印、消印と何度も書いていますが、それ以外にももちろんお使いいただけます。面白い使い方を見つけたらぜひ私にも教えてください!

 

仕様:A5 (210mm x 148mm)、本文50ページ(25枚)

素材:チップボール紙(表紙)、わら半紙(本文)

価格:800円(送料無料)

配送方法:普通郵便

Comments (0)

Tags: , ,

昔の女子大生ってさ、

Posted on 24 5月 2015 by

こんにちは。おばちゃんライターのmoegiです。
モレカウさんからいただいたお題『文房具とファッション』ですが、これを拝見してすぐに、約20年前の、自分の女子大生時代を思い出したのであります。時は平成ヒトケタも後半戦に入り、バブルがはじけて、就職氷河期の初期の頃です。
私は見かけは女子大生とかいうようなのじゃなかったけどね。ハーフパンツかリーバイスのジーンズがデフォの服装で、ラゲッジレーベルのトートを肩にかけていたような大学生だったので。

 

おっと、閑話休題。

私の女子大生時代のはやりといえば、ブランドのショルダーバッグ(ポシェットタイプ)を肩にかけ、片手にちょっと厚みのあるクリアケースを持っていたのでしたねぇ。
ショルダーバッグはヴィトンとかエルメスとかグッチといった、いかにも超高級ブランド!!!!!というところではなく、バーバリーとか、キタムラとかMCMとかプリマ・グラッセあたりでした。ラルフ・ローレンの子もいたっけ。
肝心のクリアケースは無色が多かったかな。たまに薄いブルーのケースを持っていた子もいました。

さすがに、中、何入ってんの?と聞くことはできませんでしたが、ぱっと見たところ、クリアケースには教科書やノート(もしくはルーズリーフ)、筆箱を入れていたようです。そして私学の文系なので、国立大のように学生用のロッカーなんて用意されていないしさ。

そのため、全部自分で荷物を持って教室間移動をするわけですが、私の在籍していた学部は法学部法学科のように六法全書は毎時間必須!なんてところではなく、教養課程の語学の授業が終わってしまえば、原書講読の授業でもとっていない限り辞書もそんなに出る幕がなくなっちゃう。専門課程になれば荷物もぐぐっと減るのです。そうなると、ショルダーバッグとクリアケースでも大丈夫になっちゃうらしい。

ちなみに、就活ファッションはどうしていたかというと、やっぱりクリアケースは必須(笑)。さすがにバッグは黒一色になった記憶があるけれど、やっぱりポシェットを肩にかけていた子が大半でした。

で、お前はどうなんだ?と突っ込まれると。

学部時代のデフォは、と上で話しましたが、大学院に進学したので、1日あたりの授業コマ数は減ったんですが、授業や研究で使う用語集やら辞書やらを持って行く必要があったので、荷物はとてもとてもクリアケースでは間に合わない。そもそも授業用以外の本は文庫本1冊、なんて訳にもいかなかったし。

というわけで、帆布の頑丈なトートバッグとか、大きめのリュックサックにがさがさと荷物を入れて持ち運んでいました。

数年後、クリアケースも進化を遂げ、持ち手付きのものが売り出されるようになりました。もちろん、世の女子大生たちは片手で持ち手を握り、ブランドのショルダーバッグを肩にかけていたのは言うまでもありません(ブランドはコーチが主流になったけど)。

 

こういうわけで、ファッションと文房具がもろに蜜月の関係だった時代が過去にあったのですよ、という昔語りでした。

Comments (0)

そして積み上がっていくノートブック。

Posted on 24 5月 2015 by

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

月に1回は記事を書こうと思いつつ、何を書こうかなぁと思いつつ、

まぁ心にうつりゆくよしなしごとを

そこはかとなく書きつけようと思います。

 

さて、ノートブッカーなみなさまは

何冊ぐらいのノートをお持ちなのでしょうか。

えぇ、使用後のものではございません。

使用中・使用後のものを積み上げるとモレスキンタワーが出来てしまうのは

重々承知しております。

未使用のノートがどれくらいあるのか、というのが

非常に気になってしまうのです。

 

というのも、

なぜかワタクシ、気になるノートがあると買ってしまうのです。

もちろん消費もしているのですが。

その結果がこちら。

IMG_3608

使用中が14冊(写っているものが全てではございません)

IMG_3609

未使用品は・・・

IMG_3611

テーブルに乗り切らずに、最後はタワーになっておりますが・・・

38冊ありました。

IMG_3612

 

見よ!未使用ノートタワー!!

 

何しろ、旅行に行ってノートを買ってきてしまうほどですから。

IMG_0335

本当はACミランじゃなくてユベントスが欲しかったのですが、

残念ながらミランしか売っていなかったので・・・

 

やはり旅先では文具屋に行くべきですね。

海外の文具屋はとにかく楽しいです。

 

とはいえ、今は我が家にねこがおりますので、

愛猫を置いて旅に出るということはなかなかかなわず。

何しろ放っておけないですからね。かわいくて。

 

ということで、みなさまのノートの数が気になってしまうワタクシなのでした。

2015-05-22 22.43.59

 

 

Comments (0)

蔵書票:月に梅

Posted on 23 5月 2015 by

PET001

月に梅とモレスキン

月に梅とモレスキン
オリジナル蔵書票です。
ゼンタングル風の模様を和風にアレンジしたデザインです。
スタンダードに蔵書に貼るもよし、シールとしてノートやカードに貼るもよし、自由に楽しんでいただければと思います。
一番下の名前部分に入れる文字のリクエストがあれば、購入時備考欄にてお知らせください。
漢字で「○○文庫」かローマ字でご自身の名前を入れるのがそれっぽいかと思います。
出来上がりの画像の購入者様への確認はいたしませんので、おまかせでおまけっぽく楽しんでいただければ嬉しいです。
リクエストがなければ名前なしバージョンをお送りします。
【商品説明】
フォト光沢紙シールにインクジェットプリンタで印刷した、シール式の蔵書票です。
L版サイズ 2枚
29 mm x 39 mm サイズのシールが8片(角丸)入ったハガキサイズシートが4枚 (計32片)
をセットにしてお送りします。
上の写真のように、L版はほぼモレスキンポケットのサイズです。ミニシールの方も同じものに貼った状態ですので、
大体のサイズが想像できるかと思います。文庫本にも気楽に貼れるサイズです。
値段:1セット 600円
配送方法:普通郵便
在個数:5セットほど

月に梅シート見本
月に梅シート見本

Comments (3)

Tags: , ,

ノートとペンとワクワクと[WEEKEND NOTEBOOK TIMES vol.1]

Posted on 23 5月 2015 by

[WEEKEND NOTEBOOK TIMES vol.1]

日常を絵日記に描くアナログブロガー、ハヤテノコウジです。
今週から始まりました「WEEKEND NOTEBOOK TIMES」は、ノートブックやステーショナリーの話題を中心とした個人的なコラムでございます。皆様のノートブックライフの参考になればうれしいです。

今週のお話

アナログな絵をデジタルで着彩する
絵日記のイラストに文字にいい感じのペン
コーチャンフォー若葉台店

アナログな絵をデジタルで着彩する

ハヤテノコウジが注目し、その活動やテクニックを参考にしている人物が何人かいます。その中の1人、デザイナーでブロガーのタムカイさんは、最近「ラクガキノート術」という絵を描く楽しさと実践方法を紹介された本を出され、イベントなどを展開しています。今回は、タムカイさんがブログで紹介されていた「アナログ絵をデジタル絵にする方法」について実践してみて面白かったよ〜という記事を自分のブログでご紹介しています。

ラクガキノート術」という本を出された人気ブロガー、タムカイさんのブログで紹介されていた「procreate」にドローイングを読み込み、デジタル着彩してみた。これがしっとりとアナログな絵に溶け込む感じなのです〜!

ラクガキノート術」という本を出された人気ブロガー、タムカイさんのブログで紹介されていた「procreate」にドローイングを読み込み、デジタル着彩してみた。これがしっとりとアナログな絵に溶け込む感じなのです〜!

ぺんてるの「プラマン」でイタリアのスケッチブック「ファブリアーノ」に下絵を描きました。

アナログで描く→デジタルで着彩、という流れはいろんな可能性を秘めているので、とても楽しみ。どんどん実践していきたいと思っています。

ハヤテノコウジのブログでご紹介しています。
(ペン)「トラディオ プラマン」でドローイング、アプリで着彩が楽しい


絵日記のイラストに文字にいい感じのペン

どのペンやマーカーがどんなときに合うのか、自分のそのときに表現したいノートブックごとに相性が違うのでいろいろ試す毎日です。モレスキンのデイリーダイアリーに絵日記を続けていますが、こちらには「PITT ARTIST PEN PITTアーティストペン」Sサイズのブラックを使っています。裏写りが少なく細かい字から絵まで対応できてありがたい1本です。

2015年5月16日のモレスキン絵日記。  気がつけばたくさんのペンを使ってます。

2015年5月16日のモレスキン絵日記。 気がつけばたくさんのペンを使ってます。


コーチャンフォー若葉台店

数年前、Notebookers.jp運営者のモレカウくんに「コーチャンフォーミュンヘン大橋店(札幌市豊平区)」連れて行ってもらったのですが、文房具や画材たっぷりな物量に感動しました。昨年10月に東京都稲城市若葉台にもコーチャンフォーがオープンしていたので、やっと行ってきました。モレスキン、スタビロ、ロディア、クレール・フォンテーヌと海外メーカーごとにコーナーになっているのがとても良いです。文房具種類別の陳列ももちろん便利でいいのですが、このようにメーカーごとに広い棚を取っているのはなかなか見ないので、海外文具も大好きなハヤテノコウジは興奮したのでございました。

大型文房具店、コーチャンフォー若葉台店で買ったスタビログッズ。スタビロファンとしてはスタビロコーナーが大きいのは嬉しいです。  フードイラスト描いていると、黄色とか黄緑が減りやすいですね。

大型文房具店、コーチャンフォー若葉台店で買ったスタビログッズ。スタビロファンとしてはスタビロコーナーが大きいのは嬉しいです。
フードイラスト描いていると、黄色とか黄緑が減りやすいですね。


それでは、素敵でノートブックな週末をお過ごしください!

(文・写真:ハヤテノコウジ

Comments (0)

キャスとピンクとアルフォート

Posted on 22 5月 2015 by

Notebookersお題:カバンの中身大公開。赤裸々に。

2015-05-22-15.42.53-2

キャスキッドソンや花柄、ピンクの小物が好きなので、
見た目女子力は高いはずです。はずです。
これを撮ってるiPhoneと、iPhoneに刺さってる充電器もピンクです。

お化粧道具は基本ペンタイプのものしか持ち歩かないし
お直しのパウダーもコンパクトサイズを選ぶので、
小さなポーチに収まってしまいます。
化粧ポーチより文具ポーチの方が大きい・・(笑)

持ち歩くノートは、モレスキンプレーンラージ一冊。
仕事もプライベートも全部これ。

そしてのど飴、小腹用アルフォートも常備です。

Comments (0)

荷物はひとつの鞄にまとめなさい

Posted on 22 5月 2015 by

 

 

#Notebookersお題

「カバンの中身大公開。赤裸々に」

ということで、

 

 

だばぁ

 

 

IMG_2263

 

 

なんかいろいろ出てきた。

せっかくなので現在の記録として鞄の中身をノートに書いておきましょ。

 

IMG_2266

 

今は荷物少ない方です。変なもの入ってないもん。

昔イラストサイトで「かばんのなかみは」って流行ったねぇ。

いまは「In my bag」ってサイトもあるみたいよ。

変なものが入ってる人の鞄見たい!誰か!

 

たまに、鞄の中全部黒です。どやっ、って人見ると素直にいいなーかっこいいなーと思います。

でも赤も好きだし可愛い小物も使いたいし、全部黒は難しいかなぁ。

あ、赤のお財布はお金が貯まりにくいと聞いたので、次のお財布は黒レザーにしたいです。

ちなみにアクセサリーはシルバーよりゴールド派!

時計はシルバーとゴールド両方の色が入ってるものだとどちらのアクセサリーにも合わせやすいですよー。

 

Notebookersで文房具とファッションてテーマの投稿がもっと見たいなぁ。

わたしinstagramの #notebookers タグまめにチェックしてますので

もっともっと投稿して盛り上がりましょうよー。

 

で、ふと気が付いたのが、トラベラーズレギュラーの茶色が鞄の中で浮いてるかも?って事。

いっそ手持ちのパスポートサイズの黒にシフトできないかと考え中。(上の写真のノート)

そしたら軽量化にもなるし色の統一感もでるよねー。

ちなみに上のノートは台湾の誠品書店で買った、上半分に罫線の入った

縦長のノートを切ってパスポートにセットしたので

上から2/3が罫線という不思議な状態になっております。

 

なんてたまに鞄の中を見直してみるのもいいかもね。

みなさんもぜひ。

 

PS.荷物がひとつの鞄にまとまってない方の投稿もお待ちしております。

 

Comments (1)

コーヒー以外のひそかな楽しみ

Posted on 21 5月 2015 by

「本日は、店内でお過ごしでしょうか?」

「はい」

「ご注文のソイラテは店内用マグカップにお作りしてもよろしいですか?」

「いいですよ、お願いします。」

「ありがとうございます。では、この札を持ってあちらのランプのところでお待ちください。」

 

私はコーヒーショップでは主に、ドリップコーヒーかソイラテを注文します。
そしてよく、ソイラテを注文すると小さな後悔をします・・・。

 

 

「ソイラテご注文のお客様、マグカップでご用意しました。どうぞ。」

「!!(しまった、またソイラテでマグカップにしてしまった。
マグカップだと『豆乳使いましたよ』シールがないんだった。
あのシールをノートに貼るのが、楽しみの一つでもあったのに。)」

「お客様、どうかされましたか?」

「い、いや。ありがとう。」

 

 

「(これ、ノートに書くの何回目だよ・・・。)」

『ソイラテではマグカップにしない』

Comments (0)

全米が泣いた利き手ではない話

Posted on 21 5月 2015 by

二十四節季のひとつ、小満です。ヨモギ餅食べましたか?私は食べてません。なかしぃです。小満にヨモギ餅を食べるっていうのも今思いつきました。なかしぃです。

恒例のモレカウからのお題「利き手ではない・・・」ということで利き手についてのお話に少々お付き合いくださいませ。

IMG_20150128_0001

スケ番刑事2代目は左利きでマッポの手先でしたが、私、利き手は右手なんです。

ずっと前に「えっ、○○さんって右利きなんや!ボクも右利きやねん、奇遇やなぁ」と偶然の一致を装ったことがあります。そのときは軽くスルーされました(^_^;

ということで、私23歳の頃からパソコンのマウスは左手で使うようになりました。右手でマウスを使いながらメモする場合、いったんマウスから手を離し、それからペンに持ち替えてメモしないといけなくてかなりいらいらするし無駄な時間を浪費するのが嫌でした。なら、左手でマウスを操りながら右手でメモすれば同時に出来ることに気がつきました。最初は左手でマウスを動かすのはぎこちなかったですが、すぐに慣れました。そうなるともう仕事が早くなりストレスも減りました。仕事遅いのってすごくいらいらするんです。憧れは福屋工務店です。

で、右手と左手が同時に違うことが出来るなんて合理的じゃありませんか。合理的はいいことだ!利き手じゃない手でマウスを操れるようになるとネットサーフィンしながら気になったことをノートに書きまくれるし、手書きでアイデアを練りながらパソコンに落としこんでいけるし、何かと重宝するスキルです。真似してもいいですよ。

Comments (0)

Tags: ,

みぎのうがしげきされているやうだ

Posted on 20 5月 2015 by

こんにちは、konamaです。

そろそろ記事を書こうかなあと思っていたところにお題「利き手でない手で書いた文字や絵、鏡文字、暗号」というのが来たので、そのネタならばいくらでもかけるぞ!ということでまたまたペラく書いていきたいと思います。別名左利きの恨み言ともいう。

(よし、投稿するぞと思ったらmariocさんがちょうど同じようなお話書いてる!)

もともと左利きの私、ご飯を食べに出かけると箸をもつ手をみて「あれ左利きだったの?」とよく驚かれます。というのも普段文字を右で書いているので、一緒にご飯でもも食べに行かない限り、左を使っているというのに気が付かれないからです。物心つくころに字だけは右にとなおされたようで、学校上がってしばらくは鏡文字を卒業できなかったようです。

左でもある程度字はかけるので、両手がほぼ同じように使えると思われがちなのですが、そんなことはなく、「字は右」「絵は左」という謎の役割分担が出来上がっていて、右で書きながら左手にもった消しゴムで消せるけど、線を引くときは鉛筆を左に持ち替えて定規を右で押さえて引かないと書けない。こう書くと大した違いはないと思うでしょう?小学校の時もっとも苦痛だった授業は書き方の時間で、それは右手でお手本をなぞるということができなかったからなのです(線をなぞるのは左の方が得意)。その頃はそんなことに気が付かなかったし、ふつうの右で書いた字がさほどひどくなかったので、先生には「適当にかいた、乱暴にかいた」と思われたらしく、いつもなにやら評価が低かった記憶があります。

そんな解離のせいか、右手はどっちというような絶対的な感覚が薄く、右左で問われると反応が人より一拍遅いところがあります。そのせいもあるのでしょうが、授業で板書しているときに、正面をみて後ろでにチョークを手に取るからでしょうか、右手で書いていたのにひとしきり説明したあと左手で書いていることがあり(本人まったく気が付いていない)、学生さんに指摘されて愕然とするときがあります。

migihidari

左利きにとって文房具を含む道具類というのは意外とめんどくさいことが多くて、はさみに始まってお玉、包丁(自分で両側砥いでる)まで世の中すべからく右利き用にできていて、使えないわけじゃないが不便だなと思うことが良くあります。イギリスに暮らしていた時には左利きのためのお店Anything Lefthandedに行ったこともあるし(ちょっと面白いですよ)、 専用の道具があるのもわかっているのですが、右用のはさみで切る方法に慣れた目で左用はさみを使うとむしろうまく切れないのです。だから指の穴が当たってちょっと痛いのですが、まあいいかと今日もちょきちょきスクラップしてみたりしているわけです。

そんなわけで、器用とは言い難い自分としては絵よりは字を書く人生だったわけですが、最近ノートに落書きするのが楽しくなってきて、夜のんびりzentanngleを描いたりするようになってきました。絵を描いている間は重点的に左ばっかり(たまに入れている筆ペン字は右で書いてるけど)ずっと使っている と、お、なんかいつもと違う方の脳みそが刺激されている感じがすごくする。ずっと使っているとなんかいいことあったりして、と妄想しつつ今日も謎の渦巻を描いています。

uzumaki

 

Comments (3)

利き手はどっちだ。

Posted on 20 5月 2015 by

こんにちは、mariocです。

モレカウさんから出た、
【 #Notebookers お題】利き手ではない手で書いた文字や絵。
鏡文字。暗号。

というのにのっかってみます。
利き手がそもそもどっちなんだ、という話から。
生まれつきは、左利きなのですが。
問題はそこから。

小さい頃、親に矯正をされかけた…ことがあって…。
やることによって、利き手が違うと…。

箸…ほぼ左と右両方…。
字、マウス…右。
(これはあとで、もったいなかったなぁと。)

これを聞くと、右によっかかってると
思われるかもしれませんが…、
自動改札などで、
何かと言うと、自分的にすっと出るのは、
やはり左。(ボール投げは左…)

でもここでいう利き手は=右になるから、
利き手ではない手=左、かな。
というわけで遅くなりましたが、レッツトライ。

ということで、自分の名前から。
003
やっぱり左手で書かないからなぁと。
あ、ちなみに、紙はぷんぷく堂さんの…で、
万年筆は、パイロットコクーンです。

これは、左右で書くとこんな感じ。
006

で、こんなものも。カキカキ。
007 009

一応、木をそれなりに…ほんとに絵心ないなぁ(汗)
010

鏡文字もトライしてみました。
011

こんな感じ。
013

最後に、こんなことを暗号代わりに。
015

失礼いたしました…

Comments (2)

【ノートブックがない旅なんてvol.40】初夏のポストカード大放出祭

Posted on 20 5月 2015 by

この春は訳あって、慌ただしく過ぎていきました。
saori_150520-01.JPG

引っ越しました。
なにが大変って、モノの整理。

使う場面が案外少ないー
「マスキングテープ!」

ハンズのセールで買いだめまくったー
「ボールペンの替芯!」

いつの間にやら集まりすぎてたー
「ポストカードぉぉぉ!!!」

マステはしばらく買いません。
替芯は少し、捨てました。

ポストカードは……送っちゃえ!
引っ越しのお知らせという名目がありますもの。

そこで開催、ナイスタイミング!
「初夏のポストカード放出祭」

7,80枚くらいあった中から、
その人に合いそうな絵柄を選んで。
選択肢が多くて迷うかと思いきや、わりとあっさり決まるのですよ。ふしぎ。

お気に入りのポストカードをこちらに載せましょ。
私の手元から離れても、これでいつでも見返せる。

西淑さんが描く文房具。 余白から、文房具へのあたたかい眼差しを感じる。

西淑さんが描く文房具。
余白から、文房具へのあたたかい眼差しを感じる。

代官山蔦屋で購入。 カラフルでエネルギッシュな本棚に、ヒトメボレ。

代官山蔦屋で購入。
カラフルでエネルギッシュな本棚に、ヒトメボレ。

グローバル社会を渡り歩く猫型ロボット。がんばれ。

グローバル社会を渡り歩く猫型ロボット。がんばれ。

植田正治写真美術館で購入。 好きな写真家のひとり。

植田正治写真美術館で購入。
美術館を訪ねた記念に、ポストカードは最適(で、買いすぎる……)

犬島精錬所美術館。 曇り空の日に、また行きたい。

犬島精錬所美術館。
曇り空の日に、また行きたい。

アンディ・ウォーホルの作品、初期派。 踊るような線と、洒落た色彩。

アンディ・ウォーホルの作品、初期派。
踊るような線と、洒落た色彩。

宛名面も洒落ている、パリポストカード。

宛名面も洒落ている、パリポストカード。

過去にも紹介してるけど、やっぱりパスキューアイランドが好き。

過去にも紹介してるけど、やっぱりPasque islandが好き。
お店オリジナルでセンスの良いポストカードがあるトコロって、実は少ないと思う。

岡山・富士商店のポストカード。 送り主を選ぶイミシンな一節。

岡山・富士商店のポストカードには、送り主を選ぶイミシンな一節。
わたしが欲しいもの? さぁ、何かしら。

初夏のポストカード大放出祭は、もうすこし続きそうです。まだ書き終わらない……。

————————————————————————————————————
【ノートブックがない旅なんて】は毎月20日に更新。
人生は辻褄合わせ。
辻も、褄も、道理のお嫁さんなのね。
IMG_8227.JPG
————————————————————————————————————

Comments (0)

トマトの皮、わざわざ剥く必要ある?

Posted on 18 5月 2015 by

タイトルはさほど関係ございません。

 

強いて言うならば、夏はやっぱり冷やしトマト。

 

お茶の間にそろそろ扇風機がスタメン入りする季節になりました。

 

スーツも薄手仕様に新調し、そろそろ就活も佳境に入りそうなところ。

 

選考試験で形式ばった文章を書く機会が多いですが、たまにはこうやって徒然なるままに書くのもいとよろし。

20150518_000755_HDR~2

 

20150518_000603_HDR~2

徒然、とは申し上げましたが、やはりプロの書いた言葉を恐縮ながらお借りすることはあります。

最近は、知らない単語やセンテンスの書き留めにうちの子が活躍中です。

書き込むのが面倒なときはもう貼り付けたる勢いです。

それでもインプットの集約機能がありながら、アウトプットは未達成。まだまだ先は長いようです。

とりあえずインプットをベースに、小出ししていくように思ったことを紙の上に表現するのが当面の目標。

 

2015/05/18

Comments (0)

マスコミが絶対に書かないトラベラーズノートのお手入れの真実

Posted on 17 5月 2015 by

こんにちは、朝早くから田尻町黄たまねぎ祭に行ったらすでに黄たまねぎが売り切れてたけど全くショックを受けてない午前中でした。なかしぃです。

昨日の予告先発通りトラベラーズノートのお手入れについて実験しました。結局、東急ハンズで色々革クリーム見たけどどれが一番いいのか分からずじまいで失意のうちに帰宅の途についたのが先週の土曜日でした。馬には乗ってみよ、人には添うてみよ、分からんことは聞いてみよ、ということでついったーで質問してみたところ薔薇園さんからニベアを薦めてもらいました。ニベアってあのニベアですよ、奥さん。青くて丸い缶持ってるでしょ?

実はニベアは万能な優れものなんです。なんと、マドンナや世界中のセレブが愛用するクリーム、クレーム・ドゥ・ラ・メールとほぼ同じ成分なんですって、しかも

クレーム~ 60ml 33,600円

ニベア    56g     248円

1/100以下やん!いやー、奥さん。これは買っとかなあかんでしょ!で、買いに行きましたよ、○イコクドラッグに。異様にテンション高い店員で有名なアソコです、大特価大特価大特価でっす。お値段限定大特価で~す♪ 中には作業しながら適当に歌っている店員もご愛嬌です。

で、どんなに万能かといえばスキンケアだけでなくヘアケア、ネイルケア、マッサージクリーム、マスカラ落としから睫毛の育成までこれひとつでカバー出来ます。これでおいらも美肌を維持してセレブの仲間入りです。みんなも美肌を目指して日本を美しい国にしていきましょう(^-^)/

 

 

 

はいっ、連日の大阪都構想の住民投票の論争で論点すり替えの技を覚えたので見よう見真似で論点をすり替えてみました。分かりましたか?革のお手入れから美肌にスライドして美しい国日本!高度な3段階すり替えでした。気づかなかったでしょ?

閑話休題(この言葉使うと昭和のエッセイ風になりますね、似非エッセイ・・・なんちゃって)、では本題の革のお手入れですが、まずニベアの缶を開けます。ここ大切ですよ。このプロセスをすっとばすと先に進めないですからね。ふた開けましたか?開けたら白いクリームが顔を出します。そこでおもむろに適量をグワッと手にとってガーっと塗りたくります。そしてピャーっと一面に延ばします。そして柔らかい布(例えば捨ててもいいTシャツなど)でゴシゴシって刷り込みます。クリームの白さがなくなってきたら終わりです。オノマトペばっかりの説明で大阪のおばちゃんぽくなりましたが、そんな感じです。どんな感じかというと、ウルフルズの大阪ストラットの曲の途中の語りを参考にしてみてください。えっ、擬音の使い方ちゃうって?失礼しました(^-^ゞ そこは適当に流してください。あくまでも自己責任です。不安なら止めといてください。失敗しても自己責任ですからね。失敗のリカバリーに税金を投入すると国民からバッシングされますからね。

で、自己責任でやってみました。先ずは実施前です。

DSCF4348

昨日の記事の写真の使い回しだなんて口が裂けても言えない・・・

そして使用後です。

DSCF4356

傷も目立たなくなり、個人的にあまり好きじゃなかった緑がかった紺から深みのある紺になった気がしていい感じになってきました。すみません、写真ではいまいち分かりづらいですが、そうなんです。ちなみに隣のテディさんは南海ホークスの本拠地、大阪球場にあったハードロックカフェの閉店する日に行ったときにもらった地味なメモラビリアです。

とここまで書いてきて思ったんですけど、ニベアを革に塗るだけの話で、しかも他人から教えてもらった話でここまで長々と引っ張るこの薄っぺらさ、もう自画自賛の域を超えてますね。ちょっと脳みそに余ったニベア塗って栄養を補っておきます。今気づきましたが、塗ってる最中の写真撮ってなかったです。ゴメンちゃい。

Comments (0)

Traveler’s Notebookを持って旅に出るという試行錯誤

Posted on 16 5月 2015 by

五月病とは無縁のお気楽極楽な生活を送っております。ふなっしーの千社札自販機で名前入り千社札を作り、「ふなっしー × なかっしー」のコラボが実現!とのたまわった張本人です。なかしぃです。

先々月に使い道もないまま勢いで購入したトラベラーズノートのブルーエディションをその名の通り旅に特化して使ってみようという試行錯誤をレポートします。もしかしたら自分の使っているノートの仕様を解説する記事は初めてかもしれません。多分大多数の人にとっては役に立たないものになります。あらかじめ断っておきます。

そんなこんなでトラベラーズノートです。よく旅先でトラベラーズノートと風景を一緒に写してお洒落にトラベノライフを過ごしている写真をよく見ます。旅先に持ち出してちょっとした出来事を旅先のカフェで綴ったりホテルに帰ってから色々まとめたり、あぁ・・・なんておしゃんてぃなライフスタイルなんでしょう。でも、ちょっと待ってください。旅先に持って出て開いて書いてという時間はあまり多くなく、ほとんどがかばんの中にしまったままじゃないですか?せっかくなら旅先でとことん使い倒してみようということで試行錯誤して、最近ある程度スタイルが固まってきたのでちょっと披露してみようと。

といっても旅自体なかなか時間と予算が足りなくて頻繁に出ることが出来るものではないのが現実です。なので、頻繁に使い倒すにはどういう旅にすればよいかということを考えて出した結論が近場で日帰り旅、しかも歩き旅がいいのではないか、ということです。せっかくなので目標を持って大阪、玉造から伊勢神宮まで江戸のお伊勢参りブームでいにしえの人々が辿ったルートを後追いしてみようと思いたちました。ただ、距離が約170kmあるので、1日に10~15kmずつ分割して1年間で踏破するという目標を立てました。一気に歩くと1週間から10日かかるので、そんなに長い休みが取れないしがないサラリーマンなんです。

前回も紹介したような気がしますが、マップをA4サイズにコピーしてトラベラーズノートに貼って三つ折にするとピッタリ収まります。そうすることで歩きながら頻繁に地図を確認しつつ、発見したことや気になったことを地図やノートに書き留めることによってとことんトラベラーズノートと付き合っていこうと決意しました。

DSCF4351

こんな感じでノートに貼って書き込んでます。

歩きながら地図を確認したり書き込むに当たって、かばんからいちいち取り出してたらそれだけでいらいらします。見たいときにすぐ見たいのです。1秒の遅れが命取りになります。なので、常に見れるようにしておくにはかばんに入れない方がいい、しかし常に手に持っているのも鬱陶しい。そこで思い出したのがブックパッカーという商品で、ブックカバーに革紐をかけて袈裟懸けにして持ち歩くという物を買ったことを思い出してそれを応用しようと思いました。そこでたまたま立ち寄ったフリマで手芸用の紐を買って試してみたらいい感じで肩からかけることができ満足しています。

DSCF4348

2mの紐をカバーの折り目のところに通してちょうどいい長さのところで結ぶだけです。写真では手芸用の組紐ですが、革紐でもお洒落です。

また、頻繁にゴムを外したりするので、チャームも簡単に外しやすいような形状のものにしました。これはフォロワーさんからいただいたチベットの天珠で、つまみやすくてゴムを外しやすいです。見たいとき書きたいときにすぐに開けないといらいらします。特に何か書きたいときにすぐに書けないと思考が中断されて集中力が維持出来ません。そう、記憶の保持力が弱いのです。三歩歩くと忘れる鳥頭なんです。最近古本屋で鳥頭紀行買いました。影響受けやすいです。

というわけでスピードが大切です。ハリルホジッチ監督もJリーグにはスピードが必要であると仰っています。スピード感は大切なんです。大事なことなので二度言います。余談ですがコンビニでカード提示を求められる前にカードを出し、改札にたどり着く前にICカードを取り出す生粋のイラチです。寺山修司先生も亀より兎が好きと言ってますしね。(最近古本屋で「書を捨てよ、町へ出よう」を50円で買って読んでるので影響されやすい)西部の荒野ではガンマン勝負のときコンマ1秒でも遅かったら即死ですからね。そういう覚悟で旅に出ています(嘘)

歩き旅は基本歩きですから歩いている最中に旅とは関係ないアイデアが浮かんでくることもあります。そういうときには別のノートに書き留めます。そのときのノートはカクリエのA4の1/3サイズのノートです。トラベラーズノートの裏表紙にポケット小を上下に貼り付けてホルダー代わりにしています。

DSCF4350

そう、A4三つ折サイズと同じなんですね。ジャストフィットです。余談ですが、今日伊東屋でカクリエのA4 1/2サイズのノートを見ました。コピーには待望のA4 1/2サイズ登場!って「どや」感あふれる勢いでしたが、それってA5サイズやん、って思わずツッコミました。モノは言いようですね。こういうところは学ぶべきポイントですね。ありきたりの物をさも新しい物のように大げさに言ってみる、そう、ぺらいです。

話が逸れましたが、歩いていると思考が活性化されて色々思いつきます。西田幾多郎先生も哲学の道を歩くことによって「善の研究」など西田哲学を確立させましたから、歩くことはよいことです。歩くことによってセロトニンが分泌されて鬱病にも効果があるらしいです。トトロの歌でも言っているじゃありませんか、「歩こう、歩こう、私は元気。歩くの大好きどんどん行こう♪」

そして、歩き旅を楽しむために起こした次の一手はなにかというと、「近鉄あみま倶楽部」に入会するということでした。これは何かというと近鉄沿線のハイキングコースを踏破した数によってプレゼントがもらえる会員システムです。その会員証兼スタンプ帳がちょうどA4三つ折サイズだったので、これも裏表紙にセット!

DSCF4353

 

実は上の地図の写真も近鉄主要駅で無料でもらえるハイキングマップで、90コースくらいあります。モチベーションを維持するために色々試行錯誤してます。

そして最後の仕上げです!

DSCF4354

旅には危険が付き物です。道中の安全のために旅行守を買って透明ポケットにセットしてます。これで神のご加護で安全に旅をすることが出来ます。

他にも、旅とは関係ないですがこの位置にチャームを付けたのは自分が初めてではないかと。目指すゴールは伊勢神宮なので一足先に赤福のチャームを付けてみました。

DSCF4349

また、旅先から絵葉書を送ることが多いので切手はジッパーケースに常に入れてます。隣はチケットホルダーをセットしました。

DSCF4352

 

そろそろお開きの時間がやってきたようなのでここらで失礼します。次回は買って2ヶ月しか経ってないのにいつのまにか傷だらけなので革カバーのお手入れについて書きたいと思います。

 

Comments (0)

「問い」からはじまる学びの場 に参加してきました。

Posted on 14 5月 2015 by

月5日(日)なんですが。
「問い」からはじまる学びの場 に参加してきました。

ゲストは、東京、荻窪でブックカフェ『6次元』を運営されているナカムラクニオさん。
Notebookers.jpでも、文具女子の彩織さんが何度か記事にされています。
コチラとか、コチラとか。

今回のこのイベントは
『問い』からはじまる学びの場
でして。この『問い』がなんとも魅力的に感じられ。
参加を決めました。
Continue Reading

Comments (2)

橋を渡して解決

Posted on 10 5月 2015 by

IMG_3293

万年筆のメンテナンスしていますか?

万年筆は毎日使うのが一番のメンテナンスと言われますが、
数ヶ月に一回は洗浄したいところです。

で、その洗浄時。
カートリッジやコンバーター式であれば、
ペン先を水に浸け置きができます。

私の愛用万年筆は吸入式。
ピストンを上下させて水の出し入れを繰り返したあと、
やっぱりペン先を浸け置きしたい。

ペン先の浸け置きをしたいけど、
ペン先をグラスの底には接地させたくない。

濡らしたティッシュを底に敷き詰める方法もありますが、
それでもペン先に負担がかかりそうで・・・

そこで考えたのが↑の写真。
割り箸の両端に輪ゴムをゆるく巻いて、
万年筆を挟んでグラスに渡す。

これなら、高さの調整などもできて
いろんなグラスに対応できます。

万年筆は手がかかるけど憎めない子ですね。

では、よい万年筆ライフを。

Comments (1)

【業務連絡】Notebookers Market 販売者登録開始のお知らせ

Posted on 10 5月 2015 by

NEW_NM_LOGO

業務連絡(ライター向けの連絡)ですが、あえて、みんなに見えるように書いてます。

Notebookers Marketにご協力いただけるライターの方は
まずは、http://notebookers.jp/market_guide/
利用規約およびガイドについて隅々まで確認をお願いします。
そして了解いただけましたら、http://bit.ly/1Peb8jwで販売者登録をお願いします。

【新しい遊び場をつくります】

こんにちは、管理人モレカウです。
長らく、PC版のNotebookersの右側にストアが表示されていたので気づいている方も多数いると思いますが、Notebookers Market(ノートブッカーズ・マーケット 通称:ノトマケ?NM?Market?お好きな感じでどうぞ)を開始いたします。簡単に言うと、Notebookers (http://notebookers.jp) 内に小規模なショッピング機能が搭載されます。

特に別サイトを用意するわけではなくて、現在のNotebookersにショッピング的なコーナーを設けるだけです。Notebookers Marketを通じて、Notebookersライターがストアとなり、購入者へ商品を発送します。ある意味、Amazonマーケットプレイスに似てる感じかなと思います。あまり似た形式で販売しているサイトも無いことと、Notebookersでしか手に入らないものなども出ることと、アクセス数もそれなりにあることから、そこそこモノが流通するんじゃないかなと考えています。

Notebookers.jpは、2012年から「ノートブックそのものよりノートブックを使うその人が面白い」というコンセプトで運営し、ノートブックユーザーの遊び場として、たくさんの人たちに訪れてもらっていました。ライターたちが、何を見ているのか、何を好きでいるのか、ノートブックに何を書いてきたのか、それぞれがこれらを記事にしてきました。Notebookersを始めてからずっと思っていたのですが、封筒やZINEや手作りのノートリフィル等を相手に送りたいけど、お金のやりとりや個人情報の取り扱いが大変という声をよく聞いていました。さて、Notebookersをノートブックユーザーのための遊び場にしていきます。Notebookersのサイトが、やりとりや流通などの仲介役となります。あなたが積み上げてきたものを、形にして、販売してみませんか。

とりあえず、Notebookers Market 当初は小さなショッピングカートの機能としてスタートします。
これは大きな資金を稼ぐことを目的とするというよりは、最初はショッピング機能をつける程度で、ひじょーに小規模なスタートとなります。他の通販サイトのように、即日対応もできないし、販売者が自分でしてもらうことも多いです。それも併せて、楽しんで下さい。例えば、Notebookers Market には、他の通販サイトのようなおそろいのパッケージはありません。だからこそ、あなたが梱包から工夫をしてみて下さい。買った人が、受け取った荷物の包装紙を切り取って、ノートブックに貼り付けて残したくなるような、素敵な紙を選んで下さい。買った人へ、ミニカードや一筆箋に、お気に入りのインクで書いた一言を、添えてみて下さい。規模が小さいからこそ、できるやりとりを楽しんでもらえたら嬉しいです。

Notebookers Marketには遠く実現していくためのビジョンがあります。
目標としては、独自の流通の経路が欲しいのと、「自分たちでしか わからないこと」を見つけていくことにあります。自分たちだけが知っていることをたくさん積み上げていき、最終的に独自の経路を利用し、それを広めることができたなら良いなと思います。Notebookersという孤独なサイトにぜひご協力いただけたらうれしいです。Notebookers.jp は、このNotebookers Market が最終目標ではありません。
お楽しみは、まだまだこれからです。

Notebookers Marketにご協力いただけるライターの方は
まずは、http://notebookers.jp/market_guide/
利用規約およびガイドについて隅々まで確認をお願いします。
そして了解いただけましたら、http://bit.ly/1Peb8jwで販売者登録をお願いします。

Enjoy.

あ、そうだMarketについてライター同士で夜な夜な話をしている場所があります。
Google Hangoutご利用の方がいらっしゃいましたら、Molecow検索してお声かけください。招待します。

そして、今回のNotebookers Market運営開始に伴い、たくさんの方にご尽力いただきました。
この場を借りて、お礼申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【簡単FAQ】

Q.販売者登録は、誰でもできるのですか?
A.Notebookers.jpのライターに限ります。

Q.登録料は?
A.無料です。ただし、1点販売につき、10%の手数料を頂きます。

Q.販売できるものは?
A.基本、フリーマーケットで販売できるもの、と考えて下さい。
ただし、食品全般は、現時点では取り扱いできません。手作りのポストカードやZINE、ノートリフィル、古本や未使用の文房具など。

Q.発送はどうするのですか?
A.販売者から、直接、購入者へ送って頂きます。

Q.売り上げについて。売り上げの振込などは?
A.1点も売れなくても、リスクはありません。
売り上げは、販売者から依頼があった時、約10日後、指定の口座へ入金します。
(ただし、売り上げ合計から手数料を引いた額が501円に満たない場合は、振込できません)
※金融機関によって反映日時は異なります。

Q.送料の設定は?
A.全国一律で、それぞれの作品に合わせて配送会社のサービスを選んで下さい。
販売金額は、【送料込み】での設定をお願いします。

Q.販売金額の設定は?
A.200〜10,000円でお願いします。上記にもあるように、送料込みで設定して下さい。
現時点では、0円の商品は取り扱いません。

Q.品質的には(クオリティは)どんなものでも販売できますか?
A.マーケットに掲載する前に、簡単な審査をします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Comments (0)

Tags:

【・・・&Notebook Vol.1】フェリーボートと、いっしょに旅するノート。

Posted on 08 5月 2015 by

昼下がり。
旅先の高松築港で通りがかったのは、フェリー乗り場。

そこは乗り場から離れているせいか、人影もありません。

船で海を渡り、別の町へ行く、という行為は、
どこか、とてもとても、遠い所まで旅をするみたいで、
ちょっと憧れてしまいます。

cocoa20150427_25m

普段、海に囲まれた町で、自宅の窓からも海が見える場所に住んでいるけれど、
生活する上で、船に乗ることは全く無いので。

誰もいない閑散とした港で、このフェリーに飛び乗ったら、
いったい、海の向こうの、どんな町へ連れていってくれるんだろうと考えていました。

鉄道の場合は、目的地まで、ずっと線路が繋がっているからか、
何か、連続性があるように思うけれど、
船の場合は、海を越え波をこえて、まったく違う世界、違う風景へと
連れ出してくれるような気がします。

cocoa20150427_24m

それにしても、この前、船に乗ったのは、いつのことだっただろう、と
ふと思い返してみたり。

思い出せないほどに、遠い昔のこと?
観光船でもいいから、何か乗ってない?

記憶の底を辿って、ひとつ思い出したのは・・・

そういえば、北海道の然別湖でカヤック体験をしたっけ。

でも、それは、どこか遠くへ連れ出してくれる体験、というよりも
自ら湖へ漕ぎ出したはいいけれど、とにかく、どんなに疲れ果てていても、
自力で漕がないことには、どこへも帰ることすらできない、という教訓を
両腕の筋肉痛とともに、学んだだけでした。

やはり、自分では漕ぐ必要がない船に乗って、
海上のデッキに立ち、潮風に吹かれながら、どこまでも広がる海を眺めて
ノスタルジックに浸るのがいいですね。

そして、夕陽なんかが水平線の向こうに沈んでいく風景も見えれば、
尚更ステキなんだけどなあ・・・。
そんなロマンティックな幻想すら、フェリー乗り場で抱いてしまいます。

話は変わりますが、普段はインドア派なのに、
放浪癖もあるほうなのかな、と思います。

昔、イギリスを一人で旅したときも、ヒースローで飛行機を降りて
どこで泊まるかも、どこへ行くかも決めないまま、日本を出発して。

決めていたのは、とにかくバスだけを乗り継いで北へ行く、ということだけ。

毎晩、B&Bのベッドに寝転がって、ツーリスト・インフォメーションで
もらってきたバスのタイムテーブルを眺めながら、
翌日に乗るバスのことや、立ち寄る場所を決めてました。

今では、そんな自由すぎる旅は到底できそうにないけれど、
自分の中のどこかで、また、そんなあてもない旅をしたくて、
フェリー乗り場の看板を見ただけで、淡い旅愁が掻き立てられるのかも
しれません。

cocoa20150427_34m

このときも、旅のお供として、わたしと一緒に旅をしたのは、
トラベラーズノートのパスポートサイズ。

以前は、レギュラーサイズを持ち歩いていたのですが、
今は、もっぱら、お留守番。
家置き専用にしています。

荷物がすぐに多くなってしまうたちなので、
少しでも、カバンの中を軽くしたくて。
小さなパスポートサイズが、最近の旅の相棒です。

旅先でちょっとしたメモを書き込むほか、
もらったカフェカードや、電車のチケットなどをジッパーケースに収納して
折れないように持ち帰ります。

旅から帰ったら、今度は留守番組だった、レギュラーサイズの出番。

縦長サイズの方眼レフィルに、旅の思い出を万年筆で書きとめたり、
写真やチケットを貼り付けたり。

そうやって、旅の思い出を一枚一枚、自分の手で書き記していくのも、
また、旅の楽しみ。

これこそ、インドア派たる旅好きが、家にいながらにして旅気分を味わえる
最たるものかも知れませんね。
もちろん、文具好きであることも必須ですけどね。

cocoa_20150508_01m

(こんな風に、トラベラーズノートに書き綴った旅日記のページは
ブログにもアップしています。良ければ、そちらもどうぞ!)

Comments (0)

渡り鳥とブックカバー

Posted on 06 5月 2015 by

2015年5月6日
ゴールデンウィークはカレンダー通りのお休みを頂戴しているのに、どこにゆくでもなく家の周りをウロウロして過ごしています。明日、明後日と会社ですが、身体がついて行けるか心配です。
家の周りのウロウロの中に、今年はバードウォッチングが含まれています。今の時期はシギやチドリといった渡り鳥が、東南アジアやオーストラリアからシベリア東部へ移動する途中、チョット休憩に日本各地に立ち寄っているので、干潟の鳥を見る「ハイシーズン」です。干潟でカニやゴカイを啄んでいる鳥を見ながら、片道1万キロの旅を想像したりしています。大形の鳥は無着陸で、小形の鳥は島伝いに来るそうです。でも信じられますか?鳥の渡りを信じないほど、疑い深くもないのですが、我が家に”証拠”がありました。
IMG_4144_e

以前、インドネシアで作ってもらったバティックのブックカバー。いくつかのデザインの中に、鳥が船に留まっているものがありました。足が長く、前傾の姿勢はシギチそのもの。やっぱりインドネシアからあの子たちは飛んできているんだ、と納得です。
もうすぐ繁殖地の北に向かって飛び立ちますが、9月には戻ってくるので、案外気忙しい旅のような気もします。盛夏シーズンがオフになるのも、干潟バードウォッチングのいいところです。

Comments (0)

GWはGenkou Week(原稿週間)ノートブックをめぐる冒険#40

Posted on 06 5月 2015 by

ゴールデンウィークは原稿ウィーク

2015年ゴールデンウィーク
日本各地ともとてもよい天気で、まさに行楽のベストシーズン。
SNSの投稿をみても、様々な場所へ行楽に出かけた写真がアップされて実に羨ま・・・、実に微笑ましい。

とはいえ、このゴールデンウィークもお仕事で頑張っておられる方も多く、知り合いの作家さんやライターさんも家で執筆とのお話し。
SNSで「今年のGWはGenkou Week(原稿ウィーク)です!」って書き込みをみて、「ああご苦労様です!」なんて思っていたら、なんのことはない今は我が身。
4月末に6泊4日?の取材へ出て、帰ってきてから資料に囲まれ、取材メモやら写真に領収書の処理の大わらわ。
このGW中、嫁が白浜の別荘へ遊びに行っている間、原稿だけでなく掃除洗濯・ゴミ出しから食事の支度までby onesselfe.

取材

過去に単発原稿やら取材の依頼はあったものの、この春からは企業様と顧問エディター(ライター)契約を結んだので、企画から取材・撮影・原稿まで、当然自分ひとりで、こなさないといけないわけで、世のライターさんの苦労がようやく理解できました。

仕事(取材)効率化のためのオリジナルキットをつくれ!

今回の取材から得た経験からライターに必要なツールがわかりました。
サラリーマン時代から、自分の仕事に必要なツールをまとめること(キット化)が大好きだったので、ライターズキットを作ろうというのが今回の企画。
まだ、職業ライターという実感は気薄ですが、持ち物で気分を満喫するのは大好きなので、ライター気分を味わいたい方にオススメツールを紹介しましょう。

ライターズバッグ

鞄:トートバック

信三郎帆布のトート

信三郎帆布のトート

ノートやカメラがすぐに取り出せる。

かれこれ10年選手

かれこれ10年選手

手帳:MOLESKINEラージ(ハードカバー)

MOLESKINE

MOLESKINE


母艦になる総まとめノート、ハードなので鞄のなかでも痛みにくく、立ったまま書くこともできて便利。
ワタシは取材ノートと呼んでいます。

メモ:オリジナル

lihit1
LihitLabの単語ノートにA5サイズ1/3に切ったものを挟んでいます。
このサイズは取材時のメモをさっと取り出して書くのに便利というか必需品。

とっさに書き込めることが必須条件

とっさに書き込めることが必須条件

時としてジョッターを使用することも
作家奥野宣之さんはジョッター派

カメラ:SONY-RX-100

SONY RX-100 m3

SONY RX-100 m3


暗い場所でも信じられないほど明るく撮れる別名「ウソつきカメラ(笑)」24mmの広角レンズなので広い範囲を撮影できるので重宝してます。
マクロ撮影優先するとRICHO GR-4の選択もあり

ペンケース:コクヨのネオクリッツ

コクヨ ネオクリッツ

コクヨ ネオクリッツ


カフェで原稿を書くときにペンスタンドになるので省スペース化に活躍。

バインダー:伊東屋オリジナル

伊東屋オリジナルバインダー

伊東屋オリジナルバインダー


原稿用紙やA4サイズの用紙を挟めるだけでなく、トートバックの形を整形するという役目も
「趣味の文具箱」の小日向京さんからのオススメで購入、めっちゃいいです!

原稿用紙

横書き原稿用紙

横書き原稿用紙

愛用は東京神楽坂の山田紙店のA4サイズの原稿用紙。
最終的にはテキスト化するんだけど、書き出しや構成をまとめるのは手書きが一番しっくりくるので、仕事の時は原稿用紙をつかっています。
なにより作家気分を堪能できるじゃないですか!(笑)

ペン

フリクション3 改造型で1本だけ中身はジェットストリームの黒を装備
万年筆 パイロットカスタム74 20年以上愛用のペン、描きやすいだけでなく、このペンだけ純正カートリッジを使用。
これだと長期取材中にインクがきれてもカートリッジを持参していれば、使えなくなることがありません。
こちらはステーショナリーディレクター土橋正さんからの直伝ノウハウ。

パソコン:Apple MacBook Air

MacBookAir

MacBookAir


軽い新型MacBookが欲しいところ

MOLESKINEファイルケースだっけ?

MOLESKINEファイルケースだっけ?

とにかく軽くてテキストエディターとして、簡単な写真の現像(レッタチ)までできるのでライターの命。
Notebookersの記事も時々STARBUCKSでコーヒー飲みながら書いていることもあります。
金曜日の夜はSTARBUCKS京橋ダイエー店によく出没。

なにごとも、まずはじめはカッコから?
自分オリジナルのツールで武装して、仕事もプライベートも思いっきり楽しみましょう。
なかなか楽しい企画だったので、次のバージョンができたら自分のブログでまとめてみようっと!(笑)

そろそろ、次の原稿にかからなくては・・・

GWとは
Genkou Week (原稿ウィーク)
Guts Write (ガッツでライト・根性で書こう)
Ganbare Watashi (ガンバレ!ワタシ)

Comments (0)

365デイズノート

Posted on 05 5月 2015 by

こんにちは、ぱとです。
今日は文具対象にも選ばれた365デイズノートのレポートです。

こちらのノート
365ページあるノートでちょっとほぼ日っぽいですが
日付は入っておらず、右上に月、日、曜日を丸で囲んで選べるようになっています。

ページの左側には
24時間の時間軸が入っています。

 

この日付も時間軸もそしてページ全体に入っている方眼も
印字が薄いのがポイントです。

ほぼ日のように1日1ページ使ってもいいですが、
時間軸を全く無視しても罪悪感を感じにくいですし、
方眼をつかってデザインやガントチャートもつくれますし
逆に方眼を全く無視しても無視している感を感じにくい
ちょうどいい薄さなのです。

私は1ページをなるべく時間軸に沿って
起きた出来事を記録していますが
隣のページには思ったことや感じたことや
お買い物リストを書いたり
レシートを貼り付けたりで1日1ページで終わることがめったにありません。
なので1日の始まりにはマステを貼って
インデックス代わりにしています。

紙質も非常に優れていて
万年筆の裏写りはなく、
乾燥も早く、
ペンの滑りも良く、
近年使ったノート/手帳の中で
一番好きかもしれません。
さすが文具大賞。

難点はページ数が多いこと。
これは長所でもあるのですが、
毎日持ち歩くにはちょっと重いです。

私はA5サイズを使っているので
小さいサイズのノートなら
もう少し軽量化できますが
色々貼ったり書き込んだりするには
このサイズがちょうどいいです。

使い始めてまだ3週間ぐらいですが
もうこんなに太ってしまいました。
使ったページ数は
半分ぐらいです。
使い終わる頃にはどれだけ太るか
ちょっと心配です。
2015-05-05 13.48.32

2015-05-05 13.46.39

 

 

 

 

 

 

Comments (0)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ