Archive | 6月, 2015

万年筆好き養成プレゼント計画

Posted on 30 6月 2015 by

IMG_3522

■概要

甥っ子、姪っ子に対して3年に1度程度の間隔で万年筆を
プレゼントして、万年筆好きへのレールを引いていく。

■目的

甥っ子、姪っ子に早い時期から万年筆と触れ合うようにさせて、
将来的に文房具トーク、万年筆トークが一緒にできるようにする。

■スケジュールプラン

小学校1年生 LAMY abc ペンシル
小学校4年生 LAMY abc 万年筆
中学校1年生 LAMY safari 万年筆
高校1年生  LAMY studio 万年筆
大学1年生  LAMY 2000 万年筆

※小学校は誕生日、中高大学は入学祝いを想定。
※来年から小学生に上がる甥っ子から計画をスタートする。
※高校、大学への進学がなかった場合にはその時点で終了とする。

■必要費用 (税抜き)

LAMY abc ペンシル   2,000円
LAMY abc 万年筆    2,500円
LAMY safari 万年筆   4,000円
LAMY studio 万年筆   12,000円
LAMY 2000 万年筆  30,000円

合計          50,500円

 

というのを考えています。

LAMY製品ばかりなのは、
私がLAMY好きだからです。

世間では万年筆を使ってみたい20代の若者が5割もいるらしいので、
この計画は先取り要素もありそうです。

インクの種類が豊富なところが万年筆に興味を持つきっかけになる
こともあるそうなので、それねらいでインクもセットにするのも
ありかなと考えています。

Comments (0)

ノートブックなイベント続々☆ [WEEKEND NOTEBOOK TIMES vol.5]

Posted on 27 6月 2015 by

banner_weekendnotebooktimes

モレスキンアトリエが福岡にオープン!手帳スケッチイラスト本トークショーやEDiT新製品トークショーなどノートブックなイベント情報をお送りします。

日常を絵日記に描くアナログブロガー、ハヤテノコウジです。
「WEEKEND NOTEBOOK TIMES」は、ノートブックやステーショナリーの話題を中心とした個人的なコラムでございます。皆様のノートブックライフの参考になればうれしいです。

今週のお話

モレスキンアトリエが福岡にオープン!
下北沢B&Bで『手帳で楽しむスケッチイラスト』トークショー開催!
マークスのクリエイティブなイベント開催!

モレスキンアトリエが福岡にオープン!

モレスキン製品がたっぷりつまったショップ「モレスキンアトリエ」がついに九州に上陸です!モレスキンファンサイト「モレスキナリー」運営者のYOKOさんの地元、福岡は天神にあります雑貨館「インキューブ天神店4F」に6月26日(金)にオープンしました。福岡は親戚がいるので毎年訪問していますが、インキューブは雑貨好き文具好きにはとても楽しい館です。

購入者の先着100名には特製ステッカー!

インキューブ天神店でお買い上げいただいたお客様、先着100名様には特製ステッカーをプレゼント。ロゴやモノグラムを使ったステッカーは、モレスキンのノートブックやダイアリーにステッカーを貼ってカスタマイズができるアイテム。モレスキンのDIYスピリッツを、お手軽にお楽しみいただけます。なくなり次第終了のプレゼント、是非ゲットしてくださいね。(モレスキン公式サイト

そしてそして、こちらに7月10日までハヤテノコウジのモレスキンアート3冊が展示されています!フレーミングスケッチで描いた福岡グルメ、福岡スポットをぜひチェックしてみてください。

インキューブ天神店
http://www.incubenews.com/tenjin/4f/

福岡にオープンするMOLESKINEアトリエにて、作品展示中!

福岡にオープンするMOLESKINEアトリエにて、作品展示中!

 

下北沢B&Bで『手帳で楽しむスケッチイラスト』トークショー開催!

Notebookers.jpライターも登場している本『手帳で楽しむスケッチイラスト』のイベントが下北沢B&Bという素敵な書店にて開催されます!森井ユカ様、たかしまてつを様という著名なクリエイターと私ハヤテノコウジが楽しいスケッチ手帳ライフをトークします。ノートブッカーズな人々が集まりそうなので、ぜひ遊びにきてください。お申し込みはB&Bのサイトにてお願いいたします。
http://bookandbeer.com/blog/event/20150725_bt/

ハヤテノコウジ×森井ユカ×たかしまてつを
「イラストを使って手帳をもっと楽しく!」
『手帳で楽しむスケッチイラスト』 刊行記念

『手帳で楽しむスケッチイラスト』に登場している達人3名(ハヤテノコウジ氏、森井ユカ氏、たかしまてつを氏)をお招きしてそれぞれの方に楽しいスケッチ手帳Lifeをお話しいただきます。

「イラストを使って手帳をもっと楽しく!」をテーマに手帳Lifeをどのように楽しんでいるのか、ブログ(デジタル)と手帳(アナログ)をどのように使い分けているのか、どのようにネタを集め、イラストを描いていくのか……などを実例とともにお話しいただきます。また、実際に手帳に絵を描いているところをライブでお届けするなど、手帳Lifeがより楽しくなる内容でお届けします!(B&Bウェブサイト

B&Bウェブサイト
http://bookandbeer.com/blog/event/20150725_bt/

 

マークスのクリエイティブなセミナー開催!

おしゃれな手帳「EDiT」や「maste」でノートブッカーズにもおなじみの「MARK’S」が、7月に先行発売スタートする「アイデアノート・エディット」。EDiTシリーズのデザインの良い雰囲気はそのままに、B5サイズ横型ドット面のノートが登場です。発売前の先行サンプリングに参加して試しています。ふせんボードが付いていて、アイデアを考えたり思考を整理したり、インスピレーションを記録するのに使いやすいノートだと実感しています!「アイデアノート・エディット」発売を記念したイベント(銀座・伊東屋)の一環で、7月14日は「IDEO Tokyo」のリードデザイナーの方によるクリエイティブ思考の考え方についてセミナーがあるようです!IDEOといえばふせんを使ったアイデア思考で超有名。クリエイティブ思考を勉強したい方はぜひ。

詳しくはマークスのウェブサイトで。
http://edit-marks.jp/news01.html

MARK'Sから発売される「アイデアノート・エディット」、B5サイズで見た目もオシャレ。バックに入れておくのにちょうどいい。

MARK’Sから発売される「アイデアノート・エディット」、B5サイズで見た目もオシャレ。バックに入れておくのにちょうどいい。

ということで、ノートブックなイベント情報をお送りしました。
それでは、素敵なノートブックライフをお過ごしください!

(文・写真:ハヤテノコウジ

Comments (0)

Tags: , ,

【・・・&Notebook Vol.2】アナログな旅の作法と迷いびと

Posted on 27 6月 2015 by

旅に出るときは、たとえ、それが京都までの日帰り旅行でも、
地図をプリントアウトして持ち歩いてしまいます。

見知らぬ土地なら路線図や時刻表なども印刷して。

昔ならいざしらず、今は、スマートフォンに
グーグルマップが入っているのですけれどね。

グーグルマップは、スマホで見るより、下調べのためにPCで見ることが多いし、
あまり使い慣れてないということと、予備バッテリーを持ってないので、
旅先では出来れば、バッテリーを消費する画像表示やルート案内は避けたい、
ということもあるかも知れません。
要は、アナログ人間なんですよね。

cocoa_20150625_01m

たいてい、いつも持ち歩く「旅セット」はこんなメンバーです。

ジップケースには、自宅のプリンターで印刷した地図や時刻表など、
情報収集したものを四つ折りにして入れておいて。
道中では、その都度、必要なものだけ取り出します。

乗る予定の電車やバス、その他の細かい旅行スケジュールや、
行きたいお店の情報(住所や開店・閉店の時間)などは、
事前に、小さなリング式手帳に書きとめておきます。
これには、ニーモシネの変形メモを使用しています。

リング式手帳だと、予定が済めば、どんどん紙をめくっていって、
次に向かう場所について書いたページを一番上にしておけば、
移動中も、ジップケース越しに、さっと確認することができますから。

ボールペンはメモ用のノック式ボールペンと、旅先でハガキを書くときに使う
シグノのブラウンブラックを。
シグノは耐水性なので、宛名を書くときも重宝します。

トラベラーズノート・パスポートサイズには、落ち着いて書き込みたいので、
カフェで一服しているときや、ホテルに戻ったときに開くことが多いでしょうか。
移動中に見るのは、ニーモシネのほうだけです。

そして、地図の話。

cocoa_20150625_03m

事前に、グーグルマップであらかじめ調べておいたルートや、
道中の目ぼしい建物(銀行や郵便局、コンビニなど)を
印刷した地図に書き込んだり、マーカーで目立たせておいて。

それほど方向音痴というわけでもないのですが
初めて行く場所だと、進む方向が分からなくなりがちなので
いつも、プリントアウトした地図には、道路の一方通行の表示を
目立つように赤で書き込むようにしてます。

細い道の場合、通りの名前が分からなくても、地図の←とか→とかを見れば
この道で合ってるのか、進む方向は正しいのか、だいたい分かるので。
(私が好きな隠れ家カフェなどは、大通りじゃなく、細い路地に入り込む
ことが多いですから・・・)

スマートフォンのグーグルマップはとても便利で、それこそ
目的地までスムーズに誘導してくれますが、やはり、それでは少し物足りない。

地図を片手に、自分がいる位置を把握して、どちらの方向に進むか判断しながら
歩き続けて、やっと目的地に辿りついたときの小さな達成感。
これが旅の醍醐味にもなっていて。

逆に、道に迷うことも、旅の楽しみのひとつじゃないかと。
そういうときは、ドキドキと焦りながらも、心のどこかで、わくわくもしたりして。
(もちろん、車に乗っているときに迷うと大変なので、
ナビのお世話になったり、友達といるときに迷うと申し訳ないので
あくまで一人旅のときに限りますが・・・)

もしくは、単に、紙の地図を見ながら、知らない街を
うろうろするのが好きなだけなのかも。
もしくは、ただ、見知らぬ土地で迷いながら歩いてみたいのかも。

旅先で何度も見返して、くしゃくしゃになった地図もまた、
旅の思い出の一つでもありますよね。

グーグルマップという便利なツールがなかった頃は、
日本にいながら海外の地図を入手するのは難しかったので、
イギリスを旅したときも、列車やバスを乗り継いで、新しい町に着いたら
まずはツーリスト・インフォメーションセンターを探して、
無料の観光者向け地図をもらう。

そこから、旅が始まる、という感じでしたから。

cocoa_20150625_02m

その頃に身体に染み付いてしまった、アナログ派な旅行の作法が、
いまだ抜けきってないのかも知れませんね。

 

Comments (0)

象さんポーチとフリクションスタンプの活用法

Posted on 24 6月 2015 by

先日、名古屋でタイフェスティバルが開かれていまして

Apple Storeの修理待ち時間にふらっと寄って

タイの食事や文化、民芸品なんかに触れてきました。

 

会場入り口にて、スタッフさんが

「Facebookでいいね!していただいた方には粗品をプレゼントしています。」

とのことだったので、その場でいいね!して象さんの模様が入ったポーチをいただきました。
IMG_2308

 

かっかわいい…!

名刺がすっぽり入るサイズ、内側にはクッションもあり丈夫そうです。

なにをいれようかな?と少し考えて、フリクションスタンプを入れてみることにしました。

IMG_2314

ぴったり!しかもまだ2個くらいは入りそう…

フリクションスタンプはマンスリーページにその日あったことのスタンプを押しています。

上の内容で押してるんですけど、意外に便利なのがプレゼントのスタンプなんです。

おみやげをいただいたとか、差し入れしたとかちょっとしたことでも残しておくと

嬉しい記録になって見返すのが楽しいですし、お返しの参考になります。

 

あと、私はESノートに絵日記を書いてるのですが、毎日書けてるわけではないので

書けた日にはノートマークのスタンプを押して、ごほうびマーク(?)のようにしてます。

あと写真を多く撮った日には添付ファイルマークのスタンプで

パソコンの中にその日のフォルダがありますよーって目印。

 

ちなみにフリクションスタンプを押すコツは力を入れないこと。

触る程度でOK。押し付けると柄がつぶれてしまいます。

うまくいかなくても消せるから問題ないですけどね!

IMG_2315

この日はクリエイターズマーケットにも行き、パーツ屋さんでチャームを購入。

象さん、てんとうむし、魔法のランプ(と思って買ったけど、ポットかもしれない!)というなんとも幸運を呼んでくれそうな3つをゲット!

どのノートにつけようかわくわく。

みなさんはノートにつけるチャーム、こだわってますか?

お気にいりの小物でnotebookを楽しみましょう♪

Comments (2)

【スケジュール帳】ミッションステートメント・リフィルをどうぞ。

Posted on 24 6月 2015 by

おひさしぶりです。りっかです。
過去何冊か、糸綴じスケジュール帳を自作していましたが、2015年はシステム手帳に回帰しています。10年以上ぶりじゃないかしら!

cover

バインダー製作も検討しましたが、結局ETROのバイブルサイズを購入…日和りました。やっぱり好きですブランド物。
「30mmのリング径」「リフィルはすべて自作」あたりに自分らしさを残してる、つもりです(笑)。

多種多様なリフィルを入れて、うまく使えてたり使えてなかったりしていますが、「これは入れて、書いておいてよかった!」と思ったリフィルがあったので、ご紹介します。

 

****

 

当家では昨年末、家庭内合宿を行いました。
そのときに、自分、そして家族のミッションステートメントの第一弾を策定し、リフィル化してあります。

mission
これは自分のミッションステートメントの下書きですね。
恥ずかしいので、内容はぼかしてあります。後にちょこっと手を入れてあったりもします。

1年かけてブラッシュアップすればいい、と考えていたので、下書き・手書きのまま挟んであります。

 

lifec
これは、そのミッションステートメントを作るために使用した、「ライフサークル」というフォーマット。
「心の目標」「ライフワーク」「仕事」「プライベート」の4つのテーマを更に2つずつに分けてある同心円を、ワクワクリストから埋めていく、というものです。
(詳しくは、藤沢優月さんの著書をご参照ください。私は大変気に入ってます。)

 

ここのところどうにも気持ちの巡りが悪く、クサクサしたりモヤモヤしたりといった気分が続いています。
一生懸命歩いてきたら、そこはドン突きだった、みたいな感じ。
ずいぶん弱り、困り果てているのですが、今日何気なくこの2枚のシートを見ていたら、すうっと答えが見えてきた、気がしました。

普段、どうしても日常の些事に心奪われ迷い悩み怒ったりしがちになりませんか?私はそうなりがちです(苦笑)。
そういうときに、「戻るべき原点」として、ミッションステートメント(でも夢でも何でも、自分の本質を表すような遠い理想)を明確に言葉にしてあると、それが「心の錨、心の灯台」になってくれるんだなぁ、と、しみじみ実感した次第です。

 

そして、これ。
fammis
気恥ずかしすぎて、これもほとんど消しちゃったので、何が何やらやもですが…「家族のミッションステートメント」シートです。

左「家族の目的」は、家人と2人で作成したミッションステートメント。
中央「相手に期待していること」は、話し合いで決めた役割分担。
右「理想の家族のイメージ」は、上の2つを支える意図について、さらに具体的に箇条書きしたものです。

自分のミッションステートメント(下書き)とライフサークルを見た後にこれを見ると、なんというか…「ああ、しっかりちゃんと生きていかないとな」と励まされた気持ちになりました。

 

ちゃんと歩めているのかな。
何ができてなくて、何はできているのかな。
自分はものすごくふらふらしている人間だと思うのですが、こうやって見てみると、意外に道を逸れずに来られてるものなんだなぁ、とか。
これを書いたときのあの気持ち、あのやる気はすっかり忘れていたなぁ、とか。
でも、やっぱり、根っこのところでは、そうそう、そうなんだよな!とか。

2015年も、早くも折り返し地点を過ぎましたが、毎年ここからが長いんですよね(笑)。
このような時期に、こういう風に、今いるところを確かめられるのって、いいものだなぁと思いました。

自分のミッションステートメント、そして家族のミッションステートメントの策定と、その持ち歩き、おすすめです。

 

****

 

おまけ。
写真 (7)
ネットにあった「ジブリ飲み会」の神イラストもリフィル化。
見てると愉快な気持ちになれます(笑)。手が込んでて楽しいイラストですよー!ジブリ好きさんにはぜひ♪

Comments (0)

夏至といえば

Posted on 23 6月 2015 by

DarkCamesRising

こんにちはkonamaです。

本日は夏至(って間に合ってないですが)。世界の仕切りが薄くなる日。ケルトのお伽噺では妖精が人をさらいに来る日でもあります(正しくは前夜のようですが、シェークスピアの『真夏の夜の夢』みたいな感じ)。

ファンタジーにおいても夏至は特別な日として登場することが多く、ゲド戦記、指輪物語なんかでも重要なイベントの日だったりします。比較的最近読んだ作品だとマギー・スティーフベーター の 「ラメント (妖精の騎士に捧げる哀歌) 」なんかも最後が夏至祭のシーンだったはず(ロマンス小説っぽいが、がっつり妖精が取り込みに来てる話)。

そんな中で、夏至と聞くと私がすっと思いつくのが「樹上の銀」という本です(というかこの本はスーザン・クーパー「闇の戦い」シリーズの完結編)。ケルト、ファンタジーと来ると、私なんぞより語る方がNotebookersにはいっぱいいらっしゃるのは重々承知ですが、割と有名な本だけどたぶんこの本が一番最初に来る人はいないんじゃないかな、と思うので、ちょっと紹介してみたいと思います。あらかじめ言っておきますが、子供向けです。

「イングランドのチルターン丘陵にある夏至の木だ」メリマンは言った。
「生命の木、世界の柱だ……。この国に七百年に一度出現し、その上に、その日一日だけ銀の花をつけるヤドリギが寄生している。つぼみが開ききった瞬間に花を切り取る者は形勢を逆転し、いにしえの魔術と荒魔術とを操って、あらゆる競争相手をこの世から、そして〈時〉の中から追放することができるのだ」

700年に一度の夏至の日、樹そのものですらなくてヤドリギですよ!(気分はFF10に出てくる”語ってもよろしいですかな”爺さん)

Continue Reading

Comments (4)

【11/1追記あり】【おしらせ】ビジネス総合誌『プレジデント』2015年7.13号に掲載されました

Posted on 22 6月 2015 by

【11/1追記】
本記事でご紹介したプレジデント2015年7.13号掲載記事が、PRESIDENT Onlineでも掲載されました。
美文字が書けるペンを厳選「最強の1本はこれだ!」:PRESIDENT Online

saori_150622-01

本日発売のビジネス総合誌『プレジデント』2015年7.13号
「きれいな字が書けるペン」最強の1本はこれだ!で、
「書きやすく」「手になじむ」「達筆に見える」ペンを推薦しています。

この記事では、ペンの推薦者として、
文具ウェブマガジン「文具で楽しいひととき」でおなじみの
ステーショナリーディレクター・土橋正さんも登場。
それぞれの推薦ペンの違いも、お楽しみいただけるかと思います♪

このサイトによく訪問される読者さんとは、テイストが異なる雑誌かも……。
でも、「書く」ことが好きだったり、興味関心を高く持っていたりする方でしたら
参考になる記事はいくつかあると思います。
まずは本屋さんで、お手にとってみてください!

そして。
『プレジデント』を読んでNotebookers.jpにアクセスしてくださった方。
もしいらっしゃったら、これも何かのご縁だと思って
いろいろな記事を楽しんでいただると嬉しいです♪

以下、勝手に私の推薦記事
↓↓↓
★ まずはこちら、Notebookers.jpってどんなサイトなの?
about

★ いろいろな方のノートの中身が見れるのは、このサイト面白いところ。最近の記事だとコレが好き。
荷物はひとつの鞄にまとめなさい

★ 映画から生き方を学ぶビジネスパーソンのご参考に……ならないか。なったら逆に困るw
生き残ろうぜ!映画に学ぼうPart3@ぞんびのいる世界

★ ビジネスパーソンたるもの、挑戦する姿勢はいつまでも忘れずにいたいですね。
今日の世界の果て Vol.2 “モレスキンの殺傷能力”

★ 私の過去記事一覧もご紹介。ビジネス文具に旅文具、ひとりごとなどなど書いてます。
私のNotebookers.jp記事はこちら。

Comments (0)

Notebookers 向けな展覧会

Posted on 22 6月 2015 by

大変ご無沙汰しております。
本日、まことに Notebookers 向けな展覧会に行って参りました。
世田谷文学館で7/5(日)まで開催の「開館20周年記念 植草甚一スクラップ・ブック」です。

IMG_3451

 
 
 

 

植草甚一については、リンク先に詳しく書かれています。
1908年の生まれで1979年にこの世を去りました。
Wikipediaには「欧米文学、ジャズ、映画の評論家」と紹介されています。
個人的な出会いは、「海外ミステリーについて書く人」としての植草甚一と、でした。
「欧米文学、ジャズ、映画」はもちろんそのとおりですが、膨大な知識量の雑学の人でもありました。

題名に「スクラッププック」とあるとおり、植草甚一の残したスクラッププックが大量に展示されています。
展示されているのはスクラッププックばかりではありません。
植草甚一が使用していたノートも大小取り混ぜ何十冊も展示されているのです。
まるでノートの展覧会のようです。
ほかには晩年よく作っていたというコラージュ作品もたくさん展示されています。

スクラッププックにはスクラップブック用紙以外にはスケッチブックやクロッキーブックに近いものを使っていたようです。
スクラップブックには、洋雑誌や海外の新聞からの切り抜きが多く、雑誌ごとに作ったものもありました。
芝居好きとしては、二代目市川猿之助が松竹から追放されたときの記事をいくつもいくつもスクラップしたものに興味を惹かれました。

ノートとして使われているものはA5やB5の大学ノートが多く、試写会でのメモにはステノグラファーが使われてていました。このステノグラファーは現在のものより細いのです。こんなサイズのノートもあったのですね。
生原稿も展示されていて、中には「Wonderland」誌特製原稿用紙を使ったものもありました。

コラージュ作品はハガキに描いたものがたくさん展示されています。コラージュを本格的にはじめたのは晩年入院をしてからだそうで、つらい内容のものもありました。つらいのに、楽しげに作っているのも印象的でした。

展示室を入るとまず、植草甚一が「洋書をできるだけ読んでそれについて書いていこう」と決意を記したノートを見ることができます。
昭和17年のものだそうです。
このノートが、現在の大学ノートのような罫線のノートで、保存状態が実にすばらしいのです。
このあと、20年のノートになりますと、わら半紙をただ綴じただけといったものに変わります。紙焼けもかなりひどいものです。
これが35年くらいになりますと、格段に上質の紙に変わります。ひょっとすると今のノートよりもいいかもしれません。
別の展示になりますが、いま世田谷文学館では山田風太郎の戦中戦後の日記も展示されていて、こちらもやはり17年くらいの日記はよいノートに書かれています。20年のノートはわら半紙のようなものをただ綴っただけです。
ノートの質のうつりかわりだけでも相当楽しめます。

ノートには読んだ洋書の内容や批評を記したもの、一ページごとに作家について記したもの、買った本の記録や領収書をはりつけたもの、試写会でのメモ、ジャズのレコードについての記録などなどいろんなものがありました。
領収書の中にイエナ書店のものがあって、なつかしくしみじみと眺めてしまいました。
イエナ書店は銀座五丁目にあった洋書店でした。いまはディオールがある場所にありました。
イエナ書店は群よう子のあみものの本にも出てきて、こどものころは憧れの店だったのです。

展示会の最後に、植草甚一が晩年開店することを構想していた「三歩屋」という古書店があります。
三歩屋は実現はしなかったのですが、構想メモなどから再現したとのことです。

文学館のショップには、スクラップブック用に月光荘のスケッチブックなどが販売されています。
ほかにもLIFEのノートや便箋と封筒といった文房具、植草甚一の着ていたものをもとに作ったTシャツもありました。
もちろん、著書もたくさんならんでいました。

植草甚一は、「雨降りだからミステリーでも勉強しよう」ではじめて知って、その後何冊か読んで、あるときまったく受け付けられない本に出会い、それ以降読んだことはありません。
今回行くことにしたのは、「自分のノートに使い方の参考になりそうだ」と思ったからでした。
ノートの使い分け方とか、そもそもの文字の書き方など、参考にしたいことはたくさんあります。
それ以上に、「これだけ膨大な量を書き綴るなんて」ということが、とても刺激的でした。

展示場に来ているのは植草甚一を知る人がほとんどのようでしたが、知らなくてもノート好きにはとても楽しい展覧会だと思います。
他人のノートをたくさん見る機会でもありますし、是非おいでくださいまし。

Comments (0)

ルーペっていいですよ

Posted on 22 6月 2015 by

突然ですが、ルーペっていいですよ。
と言って、ここで「いいね」というのは倍率がチョット高めで10倍のルーペ。
今のお気に入りは東海工業という会社のPEAK / シュタインハイルの10倍を使っています。

R0013982_e

お値段は少し高めなのに、ボディーはプラスチック製で見た目はチープです。でもお気に入りの理由はそのチープさにあります。よくあるルーペのボディーは金属製で、重さが50gを超えてきますが、これはプラスチックなのでたったの19g。外に持ち出すときには紐で首からぶら下げるのですが、揺れて身体にぶつかっても気になりません。首からぶら下げたルーペがデジカメにぶつかっても、プラスチック製で軽いので問題ありません。たぶん金属製のルーペならカメラにぶつかる度に気になると思います。

そして使い方。この種のルーペは、ルーペを思いっきり目に近づけて使います。まつげをエクステしている人はどうするのだろうと、おじさんがいらぬ心配するぐらい目に近づけて使います。そうすると気持ちいいコケフィールドが広がります。コケの他にも、ベランダに咲いた多肉の花を見たり(時に害虫の正体を確認したり)、万年筆のペン先の確認にも使っています。

ところで、レンズものは増殖するってご存じでしょうか。よく聞くのがカメラのレンズ沼ですが、ルーペにもあるようで、先日意味もなく10倍ルーペを買い増しました。

R0013984_e

重さは一転して77gという重量級で、鉄板でがっちりとレンズをガードしています。2つ目が必要な理由は全くないのですが、買っちゃいました。

次はベラルーシ製が欲しくなって、e-bayを使って個人輸入中。さすがになかなか届きませんが、楽しみです。
(またまたノートと関係ない話題ですみません。)

Comments (2)

【ノートブックがない旅なんてVol.41】反対色純喫茶

Posted on 20 6月 2015 by

ドタキャンくらって

やけっぱちな気持ちのままで

えいやと入った純喫茶

粋な色彩で、ココロが晴れる

ドタキャンもまぁ、よしとする

一生足を踏み入れなかった

はずだから

 
うまくいかないときは、待つ

進まず戻らず、どっちつかず

それでももすこし、待つとしましょ

————————————————————————————————————
【ノートブックがない旅なんて】は毎月20日に更新。
来月20日は海の日か……。旅先実況レポとか、いいですね(未定)
————————————————————————————————————

Comments (0)

文房具充な日々☆ [WEEKEND NOTEBOOK TIMES vol.4]

Posted on 20 6月 2015 by

Notebookers.jp寄稿記事:

日常を絵日記に描くアナログブロガー、ハヤテノコウジです。
「WEEKEND NOTEBOOK TIMES」は、ノートブックやステーショナリーの話題を中心とした個人的なコラムでございます。皆様のノートブックライフの参考になればうれしいです。

(この記事はノート愛好家が集まるNotebookers.jpで投稿しました)

今週のお話

文房具朝食会に行ってきた
文具祭りに行ってきた
銀座・伊東屋に行ってきた

文房具朝食会に行ってきた

2008年から続く文房具をテーマにした朝活「文房具朝食会」で紹介された素敵文具の数々。ユーザーだけでなくメーカーやメディアの方も参加されることがあるので、とても勉強になります。

2008年から続く文房具をテーマにした朝活「文房具朝食会」で紹介された素敵文具の数々。ユーザーだけでなくメーカーやメディアの方も参加されることがあるので、とても勉強になります。

文房具朝食会
https://www.facebook.com/buncho2008

文具祭りに行ってきた

お台場の東京カルチャーカルチャーというイベントスペースで行われる文具祭り、に初参加してきました。日頃、いろいろな文房具イベントで知り合った友人・知人の皆さんが多数いたので、初参加でも楽しむことができました。そして文房具の奥深さを知ったのでした。お酒のみながら文房具好きと語らう、まさに文房具のお祭り!

お台場の東京カルチャーカルチャーというイベントスペースで行われる文具祭り、に初参加してきました。日頃、いろいろな文房具イベントで知り合った友人・知人の皆さんが多数いたので、初参加でも楽しむことができました。そして文房具の奥深さを知ったのでした。お酒のみながら文房具好きと語らう、まさに文房具のお祭り!

文具祭りとは
http://www.boo3.net/bungumatsuri/

銀座・伊東屋に行ってきた

新装開店した銀座・伊東屋に行ってきました。改装前の階段を上って商品がたくさん陳列された店内をめぐる「あの」感じはなく、すっきりとして歩きやすい店内に、厳選された商品が並ぶ感じになっています。裏にあるK.ITOYAには画材を買いによく行きますが、そのスタイルが大きくなってる感じです。外国人観光客を意識されているのでしょうね。最上階のカフェでパンケーキも食べてみました。地下にはイベントスペースもあります。これからの展開が楽しみですね。

新装開店した銀座・伊東屋に行ってきました。改装前の階段を上って商品がたくさん陳列された店内をめぐる「あの」感じはなく、すっきりとして歩きやすい店内に、厳選された商品が並ぶ感じになっています。裏にあるK.ITOYAには画材を買いによく行きますが、そのスタイルが大きくなってる感じです。外国人観光客を意識されているのでしょうね。最上階のカフェでパンケーキも食べてみました。地下にはイベントスペースもあります。これからの展開が楽しみですね。

銀座・伊東屋
http://www.ito-ya.co.jp/ginza/

それでは、素敵なノートブックライフをお過ごしください!

(文・写真:ハヤテノコウジ

告知:
トークショーに出演します。
ZINE販売中。

Comments (0)

どーやったらあんなにモノが入るのか?に正解はない

Posted on 19 6月 2015 by

 

投稿テーマ

『鞄の中身を赤裸々に』

20150619_191329-1~2

財布やスマホなどの必需品はやむを得ず省略。全然赤裸々じゃないやん。

Notebookは、ほぼ日とモレスキン、クイックメモにロディア(dotタイプ)

本は文庫本を一冊(この日は能町みね子さんのご著書でした)と雑誌です。だいたいAERAかダ・ヴィンチ。

最近のお気に入りはこれ↓

20150619_191435-1~2~2

 

本読んでて分からない言葉が出たときはGoogle先生に頼っていたんですが、やっぱりちゃんとした意味を知りたいので。

ポイントはスピンの色です。写真では分かりにくいのですが、本当に綺麗な色なんです。しばらくの間は見ててニヤニヤできます。

2015/06/19

 

Comments (0)

お仕事におけるNotebook

Posted on 19 6月 2015 by

こんにちはkonamaです。

最近仕事が忙しくなって、家についてさてノートを書くぞと思ってもちっともその気にならないことがあります。ノートはいい気分転換になるので、特に忙しいときやしんどい時には楽しいひと時なのですが、なんでだろう?…と考えて、気が付いたのは「今日はもう沢山書いてきたから」。今日は少々真面目に?お仕事におけるノートの話です。

社会人の方、あるいは学生さんでも日報というのを書かれるかたがいるかと思いますが、私の場合仕事柄日々「ラボノート」というのを書いています。そう、例のS○AP細胞事件で有名になった例のあれです。実験をした、注文をした、溶液を作った、撮影条件、データファイルのありか、論文用の解析、ディスカッションのポイント、ふと思いついたアイディア等、なんでも書き留めておくのが基本です(すぐ忘れちゃいますからね)。日本では以前はそれほどうるさくありませんでしたが、特許や発明の優先権などお金の絡む話でもあり、アメリカのラボ(研究室)だと帰国の際には原本はラボの所有物としてラボが管理し、全頁複製したものを持ち帰るというルールというのも割とよくあるようです。そして今、日本でも色々とうるさくなってきたわけです。

Continue Reading

Comments (0)

【完売しました】モレスキン ミュージアム(ゴッホ)とポストカードのセット

Posted on 18 6月 2015 by

TRE005

ゴッホというと、文具界隈では、ナガサワ文具センターのKobe INK 物語ゴッホ コバルトが発売されて、その青に魅せられた方も多いようで。
ですが、ワタシは『ファン ゴッホの寝室』のオレンジ、黄色が好きなので、この色と絵について書こうと思います。

ゴッホについてです。
19世紀のひとです。1853年3月30日生まれ。牡羊座です、炎のひと、ですね。
フルネームは、フィンセント ファン ゴッホ。
フィンセントとは『勝利者』の意味だそうで。
現在は、ほんとうに芸術の勝利者ですが、生前、まったく絵が売れなくて、1枚だけ売れたのも、友人のお姉さんが買ってくれたもののみ、というのが何とも切ない話であります。
ゴッホの本を読み返したんですが、ちょっと(かなり)ひっかかったのが、フィンセントというのは、ゴッホのお兄さんの名前なんだそうでして。お兄さんといっても、ゴッホが生まれる1年前に死産で亡くなっていて、その名前をそのままつけたんだそうです。物語だと、この時点で、なんか、その…。

ゴッホは、アマデウスのように、いわゆる子供の頃から、絵筆を握っていた天才少年ではなくーー
画商、教師、伝道師などの職業を転々とし、27歳で画家を目指します。
そして37歳で自殺するのですが、最期の3年ほどで、代表作の大半を描いています。
(さらに、その三年のうち、アルルにいた14か月半で、代表作の約200点が描かれました)
(さらにゆーと、そのアルル滞在期間も、耳を切って入院した2週間、発作による警察命令での入院が10日、アルル市民の要請で強制隔離された2か月を含むので、実質、活動期間は、まる1年くらい?)

ゴッホは、パリから移り住んだアルルをとても気に入り、ここに芸術家のコミュニティを作ろうとして、その一歩として、画家ゴーギャンとの共同生活を計画します。
(この共同生活がうまく行かず、ゴッホは自分で耳を切ることになるのですが…)
ゴッホはゴーギャンとの生活をとても楽しみにしていて、ゴーギャンがアルルに来る、と知らせを受ける直前に描かれたのが、この『寝室』です。
この絵は、同じモチーフで3枚描かれています。
1枚目がコレ。

ゴッホの寝室(1枚目)

ゴッホの寝室(1枚目)

ポール オースターの『孤独の発明』でも、この『寝室』が取り上げられていまして。

この男はあまりに長いこと一人でいすぎたのだ。世界はその遮られたドアのところで終わっている。その部屋は孤独の象徴ではない。孤独の実体そのものだ。

オースターによると、この絵は、左のドアの前には椅子があり、右のドアにはベッドの端が邪魔をして、自分が外へ出ることも、また誰かが入ってくることもできない空間だと書かれています。
(この左の扉は、ゴーギャンの部屋に続いているんだそうです)

ゴッホは、弟のテオとずっと文通をしていたそうで、その手紙がたくさん残っています。
この寝室の絵については、このような手紙を送っています。

僕は自分の寝室を描いた。この作品では色彩が全ての要であり、単純化した物体(構成要素)は様々な色彩によってひとつの様式となり、観る者の頭を休息させる。僕はこの作品で絶対的な創造力の休息を表現したかった。

オースターが見た孤独の空間と、ゴッホが表現したかった創造力の休息とは、かなりかけ離れているようで、どうだろう、ひょっとしてとても近いものなのかも知れない。
何もかも(誰も)拒絶した空間だからこそできる、絶対的な休息。

さらに。
手紙によると、ゴッホは、テオに絵の具を送ってくれるように頼んでいるのですが、一番多く頼んでいるのが白(特大チューブで30本とか)、黄色、オレンジ系を30本とか。ゴッホ、白ってどこに使っているんだと思うのですが、いろんなトコロに白を混ぜて使っていたんだそうです。
絵の具が届くと、ゴッホはとても喜んで、テオにお礼の手紙を書いています。
その絵の具で、アルルの風景、花や果樹園、跳ね橋などを描いたワケです。
そして、代表作のひとつ、『ひまわり』も、この時代に描いています。
ひまわりは、生命の象徴とされていますが、ゴッホのひまわりは、同時代の芸術家たちを象徴したものだとも言われているそうで。
このオレンジと黄色って、アルル滞在時代そのもの、だなあ。
そして、何度かぽろっと書かれているのですが、「青はダメだ」と、あって。

ゴッホの時代より少しさかのぼって、フェルメールの時代くらいは、青という色は非常に貴重で、ラピスラズリを砕いて、青い顔料を作っていたそうです。なので、青を使うとすると聖母のローヴくらい、という、貴重、そして尊い、という位置づけだったようですが。

(たしか、ゴッホ好きの友だちに聞いたのですが)ゴッホの時代まで下ると、青の絵の具は、一番安いものだったそうです。晩年、精神病院に入院して、それでも絵を描きたかったゴッホは、その一番安い、「ダメだ」と言っていた青い絵の具で描いていて、その時代、その作品が『ゴッホの青の時代』と呼ばれているらしい(のですが、これもまた見失ったシーンのようで、どこ探しても、ソースが見つかりません…)。

アルル時代の寝室は、色が厚い、というか、これまた後世の研究者が言っているのですが、ゴッホは絵の具をたっぷりモリモリと、盛るように塗るんだそうです(お金ないのに)(生活費は弟頼みなのに)。
その通り、ものすごく厚みを感じるオレンジ、そして黄色だなあ、と。
ひとが入ってくることも、自分が出て行くこともできない閉じられた空間で、それでもあたたかさを感じるのは、このオレンジだろうなあ。
青は薄い。印象も色も。

2枚目がコレ。

ゴッホの寝室(2枚目)

ゴッホの寝室(2枚目)

同じモチーフで描く、って、ワタシが好きな定点観測のようだな。
2枚目は、床の色が明らかに違います。1枚目は褪せた赤で、2枚目は緑と茶色とベージュ?
(そして、壁にかけられている絵も、ビミョウに違います)
なんだか、全体的に、いびつさ、歪みを感じるのは、気のせいかなあ。
例えば、床にえんぴつを置いたら、どちらかに転がりそうな気がする。
間違い探しもいいのですが、同じトコロでいうと、やっぱりドアの前に椅子があり、ベッドの端がドアにかかっていて、ひとが出ることも入ることも、拒絶した部屋であります。

3枚目。
ゴッホの寝室(3枚目)
壁の青が薄いので寒々しい。そして全体的に、色が、何て言うんだろう、色が軽い。
平面的、薄い、というか、1枚目の色の重厚さがない。
2枚目と3枚目は、サンレミの精神病院で描かれたそうです。
理想郷のように思っていたアルルでの、この寝室は、ゴッホにとって世界と繋がるよすがだったのかも知れない。

上述していますが、アルルでの生活でゴッホは、弟テオに絵の具などを買って送ってくれるように手紙を書いていまして。画布なども、事細かに「こういうのを送って」と頼んでいるのですが。
モレスキンのことは書いてなかったなあ。素描をたくさん描いていたようなので、これはスケッチに使っていたのかな、と思います。

というワケで。
ゴッホのミュージアムモレスキンです。

ゴッホセット

モレスキンとポストカードと、ゴッホの手紙について

■商品単価:1500円(送料無料)
■配送方法:レターパック
■在庫数:1
■商品説明:
ゴッホのミュージアムモレスキンです。ルールドです。
シュリンク、破いていません。新品です。
表紙に山東織りのシルクが使用されています。オレンジ一色です。
(表紙が『ゴッホの寝室』ではありません)
これと、ポストカード1枚、ゴッホがゴーギャンに宛てた手紙について、せらが書いたテキスト(というか手紙)付き。
ゴッホが、どんなことを考えて、何を顕そうとして、この寝室を描いたのか。
思いを馳せながら、このモレスキンにこしょこしょっと書いてみませんか。

Comments (3)

それはコラボレーションですか?いいえ、ぺら部レーションです。

Posted on 15 6月 2015 by

なかしぃです・・・ 先週使う予定もないのに新しいノート買ってしまったとです。なかしぃです・・・ 今日になっても新しいノート持て余してます。(脳内BGMはもちろんあの曲です、なかしぃです・・・)

というわけで買うつもりもなかったノート買ってしまいました。しかもモレスキン。約2年ぶりくらいです。正確には買ったのではなく作ったという方が正しいです。

実は、ぺら部 × ナガサワ × モレスキンの夢のコラボが実現しました。セツ子、それコラボレーションやない、ぺら部レーションや。ということで恒例の限定モレ、今回はぺら部versionのモレスキンです。限定商法で味を占めたモレスキンと薄っぺらいけど味があるぺら部が関西有力文具店のナガサワさんを媒介としてついに夢のマリアージュです。で、モノはこんな感じです。

DSCF4461

写真では分かりにくいですけど白モレにゴールドの気品あるノートに仕上がってます。ちょっと斜めに歪んでいるのはぺら部創設者の性格が歪んでるからです。ノートも持ち主に似ます。歪んでてもいいじゃないですか。バロックの本来の意味は「歪んだ真珠」ですから。

DSCF4462

そう、ぺら部のアルファベット表記はPE-LOVEです。ぺら部には愛があるんですっ!かっこいいでしょ。ナガサワの店員さんに「どういう意味ですか?」って聞かれて軽くスルーしてしまいました。まじめに答えると理解してもらえないですからね。

ていうことで、本当はナガサワさんの茶屋町店でモレスキンに活版印刷で名入れしよう、という企画があっていずパパさんが名入れチケットを持っていて誘われたので行ってきました。

ところで、活版印刷って知ってますか?AUの桃太郎が生まれたときのあれですよ、かっぱーん!かっぱーん繋がりでかぐや姫と家族になったあれです。

というのは嘘です。まんまと騙された方、すみません。騙される方が悪いのです。活版印刷について知りたい方はググって診てください。そーっとググってみてごらん、そーっとググってみてごらん♪

で、この中から活字を拾ってセンテンスを組んでいきます。

DSC_0046

ここではアルファベットと記号数種類だけでしたが、日本語対応だとこれが膨大な数になります。阪神大震災でこの棚が倒れてめちゃくちゃになって、一つ一つ元に戻せなくて廃業した活版印刷の業者もあるくらい膨大な量です。

で、この機械で印刷します。

DSC_0053

モレスキンをセットして左側のレバーを手前に引くだけで出来上がりです。

DSCF4463

これは試し刷りで普通の紙に刷ったものです。活版印刷は味があるとよく言われますが、いい味出してます。多分昆布だしが隠し味です。

さぁ、いい味出してるぺらスキン、これからどう料理しよっかな?

(ちなみに、このイベントは6/13オンリーでした)

Comments (2)

【完売しました】寄り添うチャーム - オープン記念おまけつき –

Posted on 15 6月 2015 by

AKA001

all

押し花や四つ葉・・。可愛らしく揺れながら、バッグやノートに寄り添えるチャームを作りました。
レジンをたっぷり使用して、ぷっくりと仕上がっています。

紫・黄色

★紫 ★黄色 …マステのデザインに合わせた押し花をあしらいました。

6月7月

★6月 ★7月 …お誕生日の方へ、プレゼントにも。幸せの四つ葉のクローバーをお守りに・・

大きいふたつ

★小鳥 ★ゴールド …他より少し大きめのチャーム。ワンポイントにいかがでしょうか。
ノートのしおり紐に・・、パスケースやポーチに・・、スマホやケータイのストラップに・・。
留め具はカニカンを使っているので、どこでも簡単につけられます♪

使用例

使用例

大きさ比較

大きさ比較はこちらです

左から・・(下記は本体のみの大きさです。つなぎの金具部分はそれぞれ約15mm)
★小鳥 :約25mmx28mm
★ゴールド :約20mmx20mm
★7月・6月 :それぞれ約15mmx20mm
★紫・黄色 :それぞれ約16mmx16mm

モレスキンをモチーフにした台紙でお届けします

パッケージ

素材 :
金メッキ・レジン・樹脂パール・天然草花 等

価格 :
寄り添うチャーム・小鳥 …650円(送料込)
寄り添うチャーム・ゴールド…650円(送料込)
寄り添うチャーム・6月 …600円(送料込)
寄り添うチャーム・7月 …600円(送料込)
寄り添うチャーム・紫 …600円(送料込)
寄り添うチャーム・黄色 …600円(送料込)

配送方法 :
普通郵便(定形外)

ご購入の際の注意点 :
・ハンドメイド品であることをご理解いただいた上でご注文ください。
・製作には丁寧さを心がけておりますが、
パーツなどの表面に傷や埃などが付着していることがあります。
・画像と現物の色合いなどが若干異なる場合がありますがご了承下さい。
・レジン(エポキシ樹脂)の特性上、時間経過や紫外線に当たると
透明部分が飴色に変化する場合がございます。なるべく直射日光を避けての保管をお願い致します。
・強い衝撃などによりパーツが外れてしまうことがあります。
また、体や衣類への引掛けによる事故や
小さなお子様やペットによる誤飲など、充分ご注意ください。
上記を含め、商品のお取り扱いにおけるすべての事故については一切責任を負いかねます。
くれぐれもお取り扱いにはご注意ください。

*.゜゜.*.。.:*.゜゜ Notebookers Market オープン記念 *:。. .。:*.゜゜.*

チャームお買い上げ1点につきひとつ、
マスキングテープのおすそわけをおまけとして添えさせていただきます☆

おすそわけマステセット例

お届けセット例です。
デザインはこちらにおまかせください。何が届くかはお楽しみ・・♪

*.゜゜.*.。.:*.゜゜.*:。. .。:*.゜゜.*

 

Comments (0)

Notebookers語辞典より抜粋

Posted on 13 6月 2015 by

IMG_3461

『モレる』
モレスキンに書き込む、メモをすること。
「ひらめいたアイデアをー・る」

モレスキナーでも滅多に声に出して使う事はないかと。
Twitterでは何度か見かけた事はありますが、耳にしたことはないですね。
一般の方には全く通じないので、ご利用は計画的に。

 

『おろす』
厚手の紙、カード等を薄く2枚、3枚に割くこと。魚をおろす様に似ていることから。
薄くしてノートブックに貼ることでノートブックの膨らみを抑えることができる。
「ショップカードをー・す」

ショップカードをノートブックに貼る時はやりますね。
薄くなるだけでなく、表と裏の両方を貼る事ができるメリットもあります。
ショップカードであれば、失敗する事を見越して2、3枚もらっておくのもあり。
普通のコピー用紙をおろす強者がいらっしゃるという話を聞いた事があります。

 

『⚪︎⚪︎ジプシー』
移動生活、放浪生活をする人々を表す言葉から転じて、
特定の文房具・アイテムについて一つに執着せずにいろいろ購入し使っている様。
「ノートジプシー」、「手帳ジプシー」等。

9月、10月あたりになると来年の手帳が発売されるため、東急ハンズやロフトなどの
店舗やTwitter、FacebookなどのSNS上でも手帳ジプシーの方々を見かけるようになります。
風物詩のように見ている人もいるとかいないとか。

 

『⚪︎⚪︎沼』
特定の文房具・アイテムに夢中になること。
次から次へと所有数を増やしていく様を、底なし沼にズブズブとはまっていく様子に例えて。
「マステ沼」、「インク沼」等使用例は多数。

沼にはまった方々のコレクションの写真をSNSで見る事ができますが、まさに圧巻です。
お話を聞くと、コレクションの数だけでなく知識も豊富な方々で勉強になります。
その文房具・アイテムにかける情熱も熱々です。

Comments (0)

月と緑と [WEEKEND NOTEBOOK TIMES vol.3]

Posted on 13 6月 2015 by

[WEEKEND NOTEBOOK TIMES vol.1]

日常を絵日記に描くアナログブロガー、ハヤテノコウジです。
「WEEKEND NOTEBOOK TIMES」は、ノートブックやステーショナリーの話題を中心とした個人的なコラムでございます。皆様のノートブックライフの参考になればうれしいです。

今週のお話:
北海道でキャンプしてきた(写真編)
北海道でキャンプしてきた(絵日記編)
「手帳で楽しむスケッチイラスト」電子書籍版登場!

北海道でキャンプしてきた(写真編)

ちょっと思い立って久しぶりに北海道行こうかな、とノートブッカーズな友人にメッセージを送ったら、キャンプに連れて行ってくれました。体調不良なのに仕事の関係で休むことができず、前日も数時間だけの仮眠といった忙しさでしたが、北海道についた瞬間にとてもワクワクしてきて、キャンプで元気を取り戻すことができました。モレスキンのデイリーダイアリーも持参し、たき火を前にノートブックについて大いに語りました。

北海道は月形町という場所にある、緑たっぷりのキャンプ場。友人は準備万端で、いろいろ用意してくれました。池もおだやかで気持ちよい風を運んでいました

北海道は月形町という場所にある、緑たっぷりのキャンプ場。友人は準備万端で、いろいろ用意してくれました。池もおだやかで気持ちよい風を運んでいました


 6月はまだまだ寒い北海道。一晩中、たき火の達人が激しい炎をキープしてくれたおかげで、とても暖かく過ごすことができました。

6月はまだまだ寒い北海道。一晩中、たき火の達人が激しい炎をキープしてくれたおかげで、とても暖かく過ごすことができました。


自然の中で、イタリア製の珈琲マシンで入れてくれた最高の珈琲を楽しみました。朝はワイルドなフレンチトーストにコンビーフを乗せたモーニング。これまたうまし。

自然の中で、イタリア製の珈琲マシンで入れてくれた最高の珈琲を楽しみました。朝はワイルドなフレンチトーストにコンビーフを乗せたモーニング。これまたうまし。

北海道でキャンプしてきた(絵日記編)

2015年6月の北海道キャンプ1日目です。とてもきれいなキャンプ場で、木々のざわめきや鳥たちの会話、そしてたき火がたてる音に耳を傾けながら、アウトドア料理を楽しんだ夜です。

2015年6月の北海道キャンプ1日目です。とてもきれいなキャンプ場で、木々のざわめきや鳥たちの会話、そしてたき火がたてる音に耳を傾けながら、アウトドア料理を楽しんだ夜です。


美唄市にあるアルテピアッツァ美唄は最高の屋外アートスポット。しかも無料。園内をのんびりと散策し、カフェで珈琲を飲んだりベンチに腰掛けたりと、自然との会話を楽しみました。また美味しいスープカレーやボリュームたっぷりのドーナツも大満足なグルメでした。

美唄市にあるアルテピアッツァ美唄は最高の屋外アートスポット。しかも無料。園内をのんびりと散策し、カフェで珈琲を飲んだりベンチに腰掛けたりと、自然との会話を楽しみました。また美味しいスープカレーやボリュームたっぷりのドーナツも大満足なグルメでした。

「手帳で楽しむスケッチイラスト」電子書籍版登場!

ついにkindle版登場!

手帳ユーザー、ノートユーザーなどの愛好家の間で大きな反響を呼び、ノートブッカーズライターも何人か登場している「手帳で楽しむスケッチイラスト」にkindle版が出ましたよ!書店でなかなか見つからない、という皆様、kindleやkindleアプリでチェックされてみてはいかがでしょうか?ハヤテノコウジも掲載されていますが、この本を読んだという方からのZINE注文が相次いでいます。ありがたいことです。


http://amzn.to/1SaJFmm

それでは、素敵なノートブックライフをお過ごしください!

(文・写真:ハヤテノコウジ

Comments (0)

June 2015 Calendar

Posted on 10 6月 2015 by

calendar2015_06-1

10日も過ぎてリリースされるカレンダーですんません!

2015年6月のカレンダーです。

ポケット用
http://bit.ly/1Tai5XB

ラージ用
http://bit.ly/1L0Afso

Comments (1)

Tags: , , , ,

ポストカード交換&封筒作りの会 しました。

Posted on 10 6月 2015 by

5月23日(土)、封筒作り&ポストカード交換会をしました。

読書会やクラフト会などで、ちょっとお出かけされた方が、お土産に、と、ポストカードを下さることがあり。
そのやりとりの時に「持っているポストカードの交換とか、じまんとか、そういう集まりって楽しそうですよねー」と話が出て。
「じゃあ、やりましょう」と、えー、開きました。
Continue Reading

Comments (0)

嘘でもいいから知的に見せるノート術

Posted on 07 6月 2015 by

Dedicated to BBJ Ms. Saori

 

 

 

海外小説の最初のページによくある献辞で始めてみました。なんか英語にすると雰囲気かっこよくなりません?形から入って中身が全然ないなかしぃです。

というわけで、今回は文房具女子彩織さんのリクエストで、嘘でもいいから知的に見せるノート術という記事を書きました。このお題はなかなか難しくて、本当に知的な筆者にとって”嘘でも”という視点がなかなかね。

ということで、たまたま本屋に行ったらビジネス書のコーナーでイチ押しだったのが方眼ノートを使う頭がよくなるノート術(タイトルはなんとなくうろ覚え)でした。とりあえず買ってみようかなと思いましたが、あまりにも胡散臭そうだったので某書籍ネット通販サイトでブックレビューを見たら、高い割には内容が薄っぺらいし、散々叩かれてました。一番笑ったのが目線は横を追うのが自然なのでノートは横書きって言っておきながら本は縦書きだったというレビューでした。この一言で買うの止めました。某T大の合格者とか世界をまたにかけるコンサルが方眼を使っていて同じ使い方をしたら頭がよくなるそうです。そういう著者はどやねん!ってツッコミは無し子さんでお願いします。

で、ネットでキーワードをググって見たら本を買わなくても使い方が理解できました。ほんとに薄っぺらい使い方でした。

要点は、

  • 方眼の桝目の中に字を収める
  • フレームを最初に決める

というのがほとんどです。方眼の桝目に字を収めるというのは、少々字が下手でも1つの枠に1文字書いていくだけで字の上下が揃って見やすくなって、見やすいノートは頭がよさそうに見えます。ワープロ打ちした文書は中身が少し間違ってても信用してしまうという心理の応用です。

また、フレームを決めるというのは、雑然と書き出すよりある程度各項目が決まっているフォーマットに書いていく方が考えて書く手間が半減します。そうすると見た目が整理されて思考を整理できる人に見られます。

で、フレームの中身についてですが、某コンサルの手法で、「空・雨・傘」というのがあります。簡単に言うと空を見たら黒い雲が広がっているので雨振りそうやな、傘持って行こか、っていうことです。何のこっちゃねん?さぁ?

さぁ、ってそんな無責任な!そうさ、責任を負いたくないモラトリアムな人間なのさ。というわけで解説しよう、空・雨・傘理論とは

「空」 空を見上げてどんな様子か観察する→現状認識、問題解決の第一歩は現状を正しく認識することです。

「雨」 空を見上げて雨雲が沢山あって空が暗い、ということはもうすぐ雨が降りそうだな、と今の状況を解釈して次に起こることを予想します。

「傘」 雨が降りそうだなと思ったら念のために傘を持って行こう。そうです、次に起こることを想定して対策を立てるのです。

ということです。事実認識→状況判断→解決のための行動、提案の3ステップをノートに書き出していくのです。

さて、それをどうやってノートに書き出していくかというと、ノート上部に数行分を取って横線を引きます。そのスペースには見出しを付けます。

次に、下のスペースを縦に3等分します。其々に空、雨、傘の要素を書き出していきます。文章だけではいまいち分かりにくいので作例を載せておきます。

IMG_20150607_0003

 

ノートはカクリエを使っています。A4の1/3サイズを横に使っています。ノートの大きさは思考の能力に比例するそうなので、筆者にはこれくらいの能力しかないということです。デキル人間はA3を使いこなすそうです。

この思考のフレームさえ使えば多少論理的に矛盾してても中身が薄っぺらくてもばっちり知的に見えます。ポイントは人に中身を精査させないということです。ぱっと見せて凄いなと思わせるだけです。そうです、タイトルは「嘘でも知的に見せる」ですから。もひとつおまけにハックを紹介すると、因果関係がなくても矢印でつなぐだけで論理的に見えます。

彩織さま、こんな感じでよろしかったでしょうか?

Comments (2)

ノートブックとコーディネート

Posted on 06 6月 2015 by

お題】文房具とファッション

タカヤさんが出してくれたお題に地道に答えていくシリーズ

 

ファッション!きましたよー

文房具をファッションにというと色々ありますが、そうですね

えんぴつをかんざし代わりにしたり、マスキングテープでネイルアートをしたり

音符や花のクリップをブローチみたいに胸ポケットに挟んでみたり…

え、文房具を身に着けるってことじゃないの?

 

えーと、ではnotebookersなのでノートブックをファッションに活用する方法を。

書いておくと後々便利なのが、コーディネートの記録です。

 

日常だけでなくて、フォーマルな場の装いをした時も是非書いておきましょう。

 

Evernote Camera Roll 20150606 222835

 

(ちなみにトラベラーズノート、レギュラーサイズです。)

(うまく180度開かないので大きめのクリップで真ん中を押さえつけています…)

 

 

友人の結婚式に出席した際のメモです。服小物化粧なんかも書いておきます。

わたしはこのようなことをノートに書くのがとても好きなので文章を書くよりやる気がでます。

 

なんとなーくで組み合わせを決めて出席してから忘れると、メンツが過去の式と被った際に

「この前とまったく同じコーディネートの人」になる可能性があります。

もちろん、気に入ったならば同じドレスもボレロも着まわしますが

その時は髪型や小物を変えて楽しみたいなんて思うのが女ゴコロでございます。

 

どんな恰好だったっけと思って過去の写真を見返しても

写真は顔回り中心に撮ることが多いので靴やアクセサリー、鞄なんかは写らなかったりして

自分から記録を残しておかないと、思いだしにくいです。

なので、コーディネートの記録をつけておくと後々重宝します。

 

ちなみに、コーディネートの構想段階でもノートを書きます。

その日のイベント、主役、出席者、場所、時間に合わせて考えるのはとても楽しいです。

かの女優、萬田久子さんはこのような事を考慮して装いを決めることを超TPOとおっしゃっていました。

みなさんもその日の出来事と一緒に自分のコーディネートの記録をつけてみてはいかがでしょうか?

 

Comments (0)

Tags:

ゾウのウンチと古紙でつくったぞうさんペーパー

Posted on 06 6月 2015 by

DSC_9965

 

Notebookersの目印はゾウさん。

部活に「象部」があるくらい。

 

私もゾウさんは割と好き。
動物の中で一番好きかと聞かれると、ちょっと返答に困るけど。

 

今年の黄金週間に素敵なハガキを見つけた。

ゾウさんのウンチと古紙でつくられた「ぞうさんペーパー」。

文字だけ見てるとなかなか強烈だけど、おっとりした様子の紙で、
なにかの繊維が見え隠れする。

「ぞうさんペーパーが作られるまで」の図解もかわいらしい。

スリランカで作られ、売り上げの一部はゾウの保護活動などに使われるらしい。

 

ウキウキして買ったけど、ちょっと困ったことが。

何も言わずに誰かにこのハガキを送っても、まさかゾウさんのウンチからつくられているとはわからないだろう。

でも、ちょっと知ってほしい。

だけど、知ると嫌がる人もいるかもしれない。
そういう方には送るのを控えたい。

 

「ああ、誰に送ればいいの?」

と迷ったまま、買って1カ月くらい経つのにまだ1枚も使っていない。

おいやじゃなければ、我らが笛吹き男のモレカウに送ってみたいけど、
生憎、住所を知らない。

多分、「北海道 モレエ沼公園の硝子のピラミッド内 モレカウさま」と書けば、
今年中には届くと思う。

 

 

 

 

Comments (3)

だけども問題は今日の雨

Posted on 05 6月 2015 by

image傘がない みあこです。

お久しぶりですこんばんは。

NOTE BOOK 書いてますか?

 

部屋にいくつかある時計の

秒針がずれているのと

窓を叩く激しい雨音とで

すごく急かされた気分になります。

 

わたし、冷たい水では顔が洗えません。

溺れそうになるのです。

そのくせ

水の音にはとても安らぎを感じます。

水に触れると頭も冴える。

不思議なくらいに。

 

雨音を聞きながら

色々なことを考えます。

今夜はよく眠れそうです。

 

 

 

 

 

Comments (0)

Tags: ,

捨てられないカタログ

Posted on 05 6月 2015 by

image

image

image

image

真夜中にこんばんは。

なかなか投稿しない幽霊ライターのmotokicksです(笑)

ところでみなさんは、捨てられない本や雑誌はありますか?

私も捨てられない本や雑誌、あります。

が、今日お話ししたいのは捨てられない通販カタログのこと。

もちろん通販カタログなので、カタログ有効期限なんてとうの昔に過ぎてるので注文するわけでもないのですが、カタログが辞書仕立てになっていて、またデザインも好きなのでなぜか捨てれないという。

商品だけが並んでいるのではなくて、コラムが載ってたり、写真がパーンっと見開きに載ってたりしているのです。

1999年のもの。
フェリシモさんのカタログです。

余談。
今はどうか分かりませんが、私が大学生で就活の頃(90年代初め頃)のフェリシモさんの入社試験は真っ白いノートを1冊渡されて、これにコラージュや書き込みなどして、自分カタログを作って提出するそうでした。私も知らなくて大学卒業してから受けた友だちから聞いたのでした。知っていれば…!笑

Comments (4)

マックシェイク ヨーグルト味

Posted on 04 6月 2015 by

 

ついにとうとう
『親不知を大学病院で抜いてもらってね』
と言われたちんじゅうです。
お久しぶりです。

さて、今年もやってきました!
マックシェイクのヨーグルト味発売中!!
唯一飲める甘さのシェイクです。
Sサイズが限界ですけどね。

甘いものが苦手です。
フルーツも苦手です。
しょっぱいものが好きで
辛すぎても食べれません。

世の中に
甘いものと辛いものはいっぱいありますが
しょっぱいものって意外と少ない気がします。
しょっぱさは、塩でしか出せないからでしょうか?
しょっぱいを極めて行くと辛くなってしまうからでしょうか?

これから梅雨に入って
本格的に夏がやってきます!
塩分やミネラル分の摂取が大切になってきますので
みなさんお気をつけて!

ちなみにポカリよりアクエリアス派ですが
コカコーラより大塚製薬を応援したい。
複雑な気分の夏が今年もやってきます。

Comments (0)

Tags:

【完売しました】Blind Date with a Notebookers Book@Treasure_Table版 #04

Posted on 03 6月 2015 by

TRE004

■商品単価:500円(送料無料)
■配送方法:レターパック
■商品説明:
Blind Date with a Notebookers Book@Treasure_Table版#04です。
タイトルはナイショです(コレが “Blind Date with a Book”)。
中古本ですが、状態は『とても良い』です。

271ページ。文庫本です(角川文庫)。
アメリカ人女流作家の幻想短篇集です。
例えるなら、淋しい夜に、誰かが淹れてくれたココア、だと思っていたら、スパイスの効いた苦いコーヒーだった、でも、心を込めて淹れてくれたような、にっがーーーいコーヒーだった、というような。
以下、(解説から)ちょこっと引用(解説なので、著者の書いたものではないです)。

待っていたものとは異なるなにかがいきなり手許にやってきても、それを不可解だと思わずに受け止め、あって当然のものがいきなりどこかへ消えてしまっても、それをさびしさと呼ばずに黙って呑み込んでいる。ある意味で、彼ら、彼女らは、孤独とは言えない。家族であれ恋人であれ友人であれ、まわりにひとがいてそのなかに自分がいることのあたりまえさを、自然さを、ありがたさを、またそれゆえの残酷さをも理解している。にもかかわらず、彼らは触れ合いの持続よりも、その静かな崩壊の持続の方に、より大きな価値を置いているのだ。

えー。この作品集、とても好きなので、も一回引用。本文より。

いま、町にはそんな痕のある人々の一群が歩きまわっていた。私はかれらに訊いた。痛いの? すると傷痕のある人々はうなずいた。うん。でもね、それは何かすてきな気持ちだったんだ、とかれらはいった。長く感じられる一瞬のあいだだけ、世界がかれらを抱きしめてくれるような気がしたのだった。

(その好きな作品をなぜ出品するかとゆーと。一度、なくしたと思ってもう一冊買ったら、後から見つかったので、二冊あるのです)
一冊のみです。
本を読む前に読んで欲しい手紙と、読んだ後に読んで欲しい手紙を同封。
よろしくドウゾ。
(タイトルのお問い合わせはこっそり伺います)

Blind Date with a Notebookers Book@Treasure_Table版#04

どんな本でしょう。

Comments (2)

大学文具で満喫する学生気分?ノートブックをめぐる冒険#41

Posted on 02 6月 2015 by

大学文具で満喫する学生気分!

文字どおり大学ノート

文字どおり大学ノート

大学文具をご存じだろうか?
全国の大学では学生のための(たぶん)ノートや筆記具などの文具をオリジナルブランドとして生協などで販売している。
一部文具ファンのあいだでは、大学文具グッズと称して人気を博している。

とうぜん、買おうと思えばそれぞれの大学まで行くか、あるいはネット販売している大学であれば通販という選択肢もある。
とはいえ、やはり一度はこの目で見て確かめてみたいもの。

大阪梅田紀伊國屋書店本店

IMG_3336

「学市学座」

IMG_3330

全国各地から人気の大学ブランドグッズが集合。
「大学発オリジナルグッズ大集合!!」-キャラクターグッズ・食品から雑貨まで、大学発「美味しい」「かわいい」「珍しい」が全国から勢ぞろい!
という催しが、大阪梅田紀伊國屋書店で開催中である。(サイトから引用)

学市学座ってなんぞい?
学市学座とは、学術・教育研究機関の大学と、情報や文化の発信を行う書店とがコラボレーションして、新たらしい情報空間を作り出していこうとする活動のこと。

大学のノート・ノートパッド

京都大学

京都大学 大学ノート

京都大学 大学ノート

うっすらと京都大学の校章がエンボス処理されているのが見えるでしょうか?↓
ライターの方からご指摘いただきました。
校章ではなく「OKフールス紙のマーク」でした。私の思い込みで大変失礼いたしました。

京都大学ノート2

京都大学ノートパッド

京都大学ノートパッド


サイズはA4

早稲田大学

早稲田大学 大学ノート

早稲田大学 大学ノート

ノートには特に校章などの処理はされていませんが、ツバメノートを採用。

北海道大学

北海道大学ノート

北海道大学ノート

ノートには北海道大学のすかしが1枚1枚に印刷されていいます。
写真は見やすくするために色を濃くしています。
北海道大学ノート2

九州大学

九州大学ノートパッド

九州大学ノートパッド

罫線はかなら細かめ サイズA4
九州大学ノートパッド2

クリアファイル

関西学院大学

関西学院CF
オーソドックスな透明クリアファイル

京都女子大学

京都女子CF
こちらもオーソドックスな透明クリアファイル

神戸女学院大学

神戸大学CF
レンガ模様をあしらった神戸らしいデザイン。

同志社大学

同志社大学CF
クラーク記念館をデザインした、こちらも同志社大学らしいデザイン。

この他にも、筆記具・消しゴム・校章?・一筆箋・手ぬぐい・カレーやTシャツなど、各大学でしか買えないオリジナルグッズが一堂に集まる機会。
会期もあとわずか、ぜひ一度足を運んでみてはい・か・が?

売り場会場情報

会場:大阪梅田紀伊國屋書店本店・西カウンターまえ
期間:2015年5月30日から6月5日まで
時間:09:30〜22:00 最終日5日金曜日は18:00まで

Comments (8)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

【再販】編みジッパーケース(トラベラーズノート用)

Buy Now!

あまざけZINE

Buy Now!

お宝非売品3点セット

Buy Now!

【完売しました】編みジッパーケース(トラベラーズノート用)

Buy Now!

【zine】ムッシュ・パクボーと助手マリアンヌの風景印博物館

Buy Now!

【zine】アマオオイ王国への旅

Buy Now!

【完売しました】編み封筒(濃い色はじめました)

Buy Now!

編みミニノートブック

Buy Now!

【完売しました】ハヤテノ日常画帳2

Buy Now!

North Lakeのポストカード

Buy Now!

【完売しました】トラベラーズノートカスタムリフィル(金魚)

Buy Now!

【完売しました】モレスキン ミュージアム(ゴッホ)とポストカードのセット

Buy Now!

【完売しました】寄り添うチャーム - オープン記念おまけつき –

Buy Now!

【完売しました】Blind Date with a Notebookers Book@Treasure_Table版 #04

Buy Now!

【完売しました】ハヤテノ日常画帳1

Buy Now!

アマオオイ王国への旅

Buy Now!

Blind Date with a Notebookers Book@Treasure_Table版#03

Buy Now!

侍ネコのポストカード

Buy Now!

ヤギと切手のポストカード

Buy Now!

印影蒐集匣(消印収集用ノートブック)

Buy Now!

【完売しました】編み洋封筒(カードサイズ)

Buy Now!

蔵書票:月に梅

Buy Now!

【完売しました】Blind Date with a Book @Treasure_Table版#01

Buy Now!

【完売しました】Blind Date with a Book @Treasure_Table版#02

Buy Now!