Archive | 8月 7th, 2015

なかしぃの超私的Blue Noteおススメ盤

Posted on 07 8月 2015 by

8月は平和について考える月ですね。愛と平和をこよなく愛すぺら部です。Peace & Love、略してPe-Loveです。

というわけで、先日家の近所にオープンしたバーに行ってみたら成り行きでギターを弾かされる羽目になりました、しかもソロで。客の前で演奏するなんて何十年ぶりですかね。めっちゃ緊張しました。しかもしらふじゃなくほろ酔い気分で適当に。弾いた曲はチック・コリアのスペインとTM NetworkのGet wildをギターソロ用にジャジィにアレンジしたやつの2曲です。Get wildは以前自分で頑張ってアレンジしたんですよ。

実わたくし、ギタリストなのに坂本教授、小室先生、PSY・Sの松浦さんという日本屈指のキーボーディスト/作曲家にあこがれて音大を目指そうとしてました。オーケストラで演奏するような曲を作りたかったんですね。でも、その夢に向かって歩もうとした時点で高2でピアノなんて全く弾けません。後輩にピアノを手取り足取り教えてもらいましたが、結局弾けるようになったのはエリーゼのためにの速弾きに入る前までと、トルコ行進曲のサワリだけでした。こんなんじゃどこの音大も受かりっこない(>_<)

というわけで実技試験がなくても音楽が学べる大学を選んで受験しまして見事合格しました。親には全く相談なしにそんなぺらい学科を受けるなんて酔狂にもほどがありますね f(^-^;

そんなこんなで大学では初歩の和声学と対位法を学びつつヘヴィメタルにどっぷりつかり、4年のときにジャズに転向してプロのギタリストに弟子入りして修行してましたが、どうにも生活がやっていけなさそうやったので諦めてサラリーマンになりました。

前置きが長くなりましたが、わたくしジャズマン崩れのなかしぃがジャズを語ります。ことのいきさつはあの限定商法で有名なモレスキンがブルーノート75周年記念の限定版を出したんですね。取り上げたミュージシャンがケニー・バレル、フレディ・ハバート、セロニアス・モンクなどオーソドックスな人選なので、不肖なかしぃが独断と偏見でブルーノートといえばこの人っ!っていうミュージシャンを3人選んでみました。

先ずは何を差し置いてもこの人です。ブルーノートのギタリストといえば言わずと知れたファンキー職人、グラントグリーンです!

ダウンロード

このジャケットを見よ!なんとコテコテなことか!というわけでLive at the Lighthouseです。これは一発目からテンションの高いファンクで攻めてきます。セツ子、このアルバム、ジャズやない、ファンクや!

グラントグリーンはブルーノートにリーダー作を何枚も残していてちゃんとしたビバップも弾くんですが、他人のリーダー作のバックで弾いているのがナイスです。ブルーノートを代表するオルガニストとはほぼみんなやってます。そういう意味ではこのアルバムがおススメです。

have gui

Have Guiter, Will Travelというアルバムは訳すと「ギター無宿」という感じでギター1本さらしに巻いて他人のバックで弾きまくる客演集です。特におススメなのはサックス2本を同時に咥えて演奏する変態サクソフォニスト、ジョージ・ブレイスのBoop Bop Bing Bashです。かっこよすぎます、アニキ!この人は他人のバックでもコード弾きはほとんどなく自分のフレーズでぐいぐい責めてきます。よくこれでくびにならないもんだ。多分「自分、不器用ですから」って健さん気取りです。

では2人目いってみよう!この人もギタリストですが普通のギター弾きじゃなく、2本のギターでバッキングとソロを同時に弾く鬼才ギタリスト、スタンリー・ジョーダンです。

stan

普通はギターを弾くときは左手で指板を押さえて右手で弦をはじくのですが、彼は指でフレットを押さえるだけなんです。このアルバムStolen Momentsはライブ盤なんですが、1発目にツェッペリンの天国の階段でテクを見せつけてくれます。つかみはOKといったところで枯葉やOver the Rainbowなどジャズのスタンダードもやってます。この人、耳で聴くだけではなく動画で見た方がインパクトが伝わります。

最後はこの人、チャーリーハンターです。この人は8弦ギターでベースライン、コードでバッキング、アドリブソロを同時に弾きこなす奇才ギタリストです。それでも訳わからんのに、ギターでオルガンのような音を出す変態ギタリストです(変態というのはほめ言葉ですよ)。この人も基本ファンキー兄さんです。

cha

という感じでブルーノートはジャズの王道というイメージがありますが意外と異端な変態ミュージシャンの発掘も定評があります。

本当はもっと語りたいんですが、「ブルーノートはジャケで買え」とかね。昔は東芝EMIのブルーノート倶楽部にも入会してましたし、ほかのレーベルの個性派ミュージシャンについても語り倒したいんですが、そろそろ時間がきましたのでこの辺で。

Comments (0)

痩せたリングノート

Posted on 07 8月 2015 by

先日実家に一人帰省し、紙媒体の記録という記録を粗方処分した。学生時代のノート、知人と交換した手紙、それから賞状やスクラップしていた写真等を丁寧にシュレッタに通すと黄色い40Lの有料ゴミ袋が一杯になった。残った僕の記録は、折りたたみコンテナ一つ分の写真ネガ(写真部だったのだ)と数冊の稀覯本だけになった。

本棚にあった数十冊のそれほど高価ではない写真集は知人に譲り、後は古本屋に持ち込んだ。大した金額にはならなかった。ガラクタは全て粗大ごみの日に処分できるように手配し両親に任せた。丁寧に転売すれば結構な金額だったと思う。一泊二日帰省の大半をこうした作業に費やした。「まるで終活のようだ」と知人に指摘された。きっとそうなのだと思う。

深夜、@Blanqと会う。随分前に約束していた雑誌のバックナンバーと、これもまた随分前に渡すはずだったどこかの土産を渡し、市内を一時間ほどドライブした。彼が車に乗り込むと、相変わらず少し焚き火の匂いがして安心する。狩人だ。

IMG_1224

ドライブの途中、掘削中のトンネルを見つける。蛍光灯に照らされたその光景が畠山直哉のUndergroundのようだった。きっと僕の知らないところで、誰かが今もトンネルを掘っているのだと思うと少し不思議な気分になる。僕も誰かに必要とされるトンネルを掘っているのだろうかと帰り道で考える。

彼を家まで送ると、特に理由もなく少し遠回りして家まで帰る。途中郊外にあるセイコーマートの駐車場に車を止め、昼間処分した手紙を思い出す。6月中旬だというのに、外気は湿っていて少し肌寒い。

まだ学生の頃、僕には少し年下の好きな人がいて、その子と始終手紙のやり取りをした。インターネットが未だ普及する前、学生がPHSを持ちだした少し後の頃、BI(Before Internet)最後の世代だ。LINEもない、SMSも会社間での相互運用が始まっていない頃の話。

当時僕は好きなノートブックのメーカーが幾つかあり、新学期になると市内にあるソニープラザ(現PLAZA)に足を運び、板書用にと数冊買い求めた。meadのリングノートが特に好みで、少し広めのピンクと水色の罫線や、特有の匂いが10代の文具心をくすぐった。そのノートの頁を破り、好きだった人に手紙を書いた。何冊ものノートが春のキタキツネのように痩せるくらい沢山。

彼女は今年春、一人目を出産し立派に母親をしている。時々思い出したように彼女からSMSが届く。何でもない数行が丁度こんな感じに。

「◯◯はいつも何かに一生懸命だよね。」

そう、彼女はいつも僕を苗字で呼んだ。下の名前よりも呼びやすいらしい。

「別に一生懸命なわけじゃないよ、生きるために仕方なくやってる。」

と僕も返す。とりとめのない会話。
僕も結婚し、それなりの生活を仕方なく東京で送っている。幸せかと聞かれれば概ね幸せだろう。けれども時々思い出したように彼女かSMSが届くと、当時の彼女から、そして自分自身から手紙を受け取るような気分になる。当時の僕らから、あのmeadを破ったノートに青いボールペンで「こう」書き記された手紙を渡されている気分になる。

「34の僕はどうだい?」と。

僕はどう返信出来るだろうか。まだ答えは出ていない。

Comments (1)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ