Archive | 1月, 2016

雪の降る音

Posted on 30 1月 2016 by

空から大きな雪片が終わりを知らぬように降り注ぎ、人を、建物を、大地を覆い尽くす。
車のエンジン、子供のはしゃぐ声、遠くのサイレン、波音、そして人の生きてる気配までもが雪に閉じ込められて静寂に包まれる。
ふわふわと降り注ぐこの静寂こそがまさに雪の降る音…

「どうせ私はこの街に残るのだから」
今となってはあまり細かいことは覚えていないけれど、それは確か、雪がたくさん降るロマンチックな街の話だったか、あるいは雪の降る音の話をしていた時だったと思う。
僕が育った中でほんの数年ばかり住んでいた、少し遠くの街、しんしんと降る雪の音の話。
けれども僕は大きな失敗をしたらしい。
彼女はありったけの不機嫌な顔で立ち止まっていた。
「あなたは春には卒業してどこかへ行ってしまうけれど、私は一人で、この街に、雪の降らないこの街に残るのだから」
大げさだ、と僕は思った。あるいは声に出したかもしれない。
別に君はこの街にとらわれてはいない。
たった一年と少しの間、待つことが出来れば、同じ街に住む事だって、ロマンチックなその街に一緒に遊びに行く事だって出来るというのに。

冷え切った車のボンネットに黒い布を置く。
布の上に雪が乗ったらよく観察して、きれいな結晶をファインダーに入れる。
ピントは最近距離で固定し自分が前後に動いて調整。
鼻息があたるとレンズが曇り、結晶は溶けるので、息を止めてシャッターを押す。
時間がたつと結晶が崩れてくるので新しい雪を探す。
雪が積もったらいったん布を払い、同じ事を繰り返す。
氷点下の山中、単調な動作でシャッターの音だけを聞いていると心の騒がしい部分まで雪に閉ざされて、いつもは隠れている小さな部分がふと見える。
風が強くなってきて撮影を止める頃、僕は昔々の想い出とシャッター音と共に雪に封じ込まれる直前だった。

北の大地のロマンチックな街の、その近くに彼女が住んでいるらいしいと風の噂で聞いた。
結局その街に一緒に行くことは叶わなかったけれど、雪の降る音、彼女は聞いたかな。

snow

 

Comments (0)

黄色の選択;または黄色のペンの使いみち

Posted on 30 1月 2016 by

子供の時,色鉛筆セットが大好きだった.僕の色鉛筆セットは,12色.色は多くないけれど,平たい缶の中に一列に整然と並んでいて,黒から始まって,白で終わる.小さい青色の鉛筆削りと,大きめの消しゴムもついていた.

それぞれの色に居場所があった.使えば使うほど,”身長差”が出てくるのも楽しかった.一番背が高いのはもちろん白.逆に,青や赤,緑なんかは背が低い.

でもいつしか,筆記には黒のボールペンしか使わなくなって,色鉛筆は私のカバンから,デスクから,姿を消した.

黒と,赤と,青のボールペン.そして,黄色の蛍光ペン.これが,僕の暗い歴史を支えてきた限られた色だった.

 

そんな昨年,マインドマップを書こうと思い,FABER-CASTELL社の”GRIP Finepen 0.4mm”を10色セットで買い求めた.たぶん20年ぶりぐらいの色の洪水.こんなに沢山の色が一気に集うなんて…ノートに緑色や水色,茶色やオレンジ色でマップを書いていく.

ペン先は合成樹脂で,ゴシゴシ使っても毛先が広がらない感じが気に入っています.

その後,ブームが過ぎ去り(←熱しやすく冷めやすいタイプ),ペン立てが誠に混み合ってきていたので再考したところ,「あれれ」と思うことがありまして.

 

「黄色のペンってどうやって使うんだ?」

黄色がついてきた

セットで買うと,何かの策略なのか,居場所がないのか,雨の日の野良犬のように,不可避的についてきちゃうんですよね,黄色.

確かに,色鉛筆の黄色も,白色に負けず劣らず背が高かったような…?

「何のためってもちろん,黄色を塗るためだろうよ」と言われればその通り.でもそういうことじゃなくて,絵を描く以外でってことです.そこで,絵を描く以外のいろいろを,試してみました.

 

  1. 赤ペン先生のかわりに黄ペン先生→背景色と混同して点数を間違いそうだったのですぐに止めました.
  2. ハイライターのかわりに使用→いい感じ.でも,STEADTLER社のTextsurfer gelの方がいい…
  3. TO DOに使用→見えにくい
  4. メモに使用→見えにくい
  5. とりあえず鞄の中に入れて持ち歩いてみる→使わない
  6. これまでノートに書いた必要箇所を囲って,今後のために目立たせる(2の変型)→いい感じ.

 

ここまで来て,やっぱり「2.ハイライターがわり」と「6.囲って目立たせ」用が妥当だと思うようになってきました.ひとまず,お役御免にならずに済んだかも.

できるだけペン立てのなかでも前の方に配置し,存在感をアピールさせてみています.

パッケージをよく見たら,一番先頭に来てる…

黄色が先頭

こんな結論のない投稿.使用例をコメント欄で求めているのは,言うまでもありません.そして,これぜひ,Notebookersのお題にどうかなって思っています.

個人的にはPilotのJuiceシリーズが色(ボール)ペンの中ではお気に入りです.

Comments (1)

Tags: ,

ジブン手帳「IDEA」の使い道について考えた。

Posted on 30 1月 2016 by

去年の12月にひょんなことから買ってしまったジブン手帳。
DIARYだけでいいかなぁ、LIFEはう〜ん・・・と思ったのですが、ジブン手帳自体初めてなのでファーストキットを書いました。
ジブン手帳miniファーストキット
開封の儀? DIARY、LIFE、IDEAの三冊入っています。

DIARY、LIFEは目的が決まっているものですが、問題はIDEA。
これどうしよう・・・
しばらくLIFEと一緒にしまっちゃうおじさんにしまわれた存在でした。

そうこうしているうちに今回Notebookersのライターになったことだし、やっぱりネタ帳みたいなの
いるかなぁ?とぼんやり思うようになりました。
ジブン手帳のDIARYには書けないし、ほぼ日手帳も使い道が決まってる。
ほぼ日手帳のメモ帳セットもあるけれどちょっとページが少ないかなぁ。
かといってノートだと仰々しい気もするし・・・。

そうだ!IDEAを使おう!!

このままだと味気ないので手持ちのマスキングテープを貼りました。
マステを貼れば少しは違うかなーと思いまして。

ジブン手帳のIDEA
(ただ巻いて貼るだけという、この壊滅的なセンスのなさ・笑)

Notebookersに書きたいこと、その際の文章が浮かんだら書き留めておきましょう。
PCに向かって頭の中で考えながらやるよりも、一度書くことによって整理できそうだし。
ちなみに自己紹介の記事を書くのに3時間くらいかかりました(何をやってるんだか)。

いまはPCから書いていますがiPhoneからも書けるようにしたいなぁ。

それでは、れでぃけっとでした。

Comments (2)

Tags: ,

ご挨拶

Posted on 30 1月 2016 by

はじめまして!2016年度Notebookersライターに加えていただきました、ぴのゆかと申します。

何度も募集の告知を目にしながら、いや私なんかが…とうじうじすること3年、物は試しだ!と勢い余って応募をしてしまいました。タカヤさんはじめライターの皆様、どうぞよろしくお願いします!

 

簡単に自己紹介を…

ネットではパスポートがいるとか先住民がいるとかいないとか、何かと話題な某秘境にて、大学院生を目指す大学生をしています。

好きなものは、手帳…は大前提として、大学の専攻でもある美術、映画、旅行。

そしてアイドルです。この話は後で書きますね。

美術は主に現代アートが好きで、気になる展示があればそれを見に遠征旅行にひとり出かけたりとめっきりハートが強くなりました。行動力だけはよく褒められます。

その他こまごまとしたものだと、編み物・デジタルガジェット・ミッフィー・一眼レフ・メイクやコスメ・ファッション関連の様々……など、好きな人や物が多すぎて見放されてしまいそう(by椎名林檎)ですが頑張って生きています。

 

手帳に関しては、

①トラベラーズノートレギュラー

セクション信者です。とにかく何でも書きます。アナログの海と呼んでいます。思いついたこと、やらないといけないことなど…必要であればiphoneのリマインダーやスケジュールに書き写します。

②トラベラーズノートパスポート

外出中に必要になりそうな事柄をまとめておく用。買う物リストや、旅行に行く時の持ち物リストだったり。

③能率手帳

貧乏学生なのでゴールドには手が出せませんでした…毎日4行で日記を書くことにしています。あと半券とか貼り付けたい。

④MUJIのA4サイズスケジュール

まず予定が入るとiphoneのスケジュールアプリに打ち込み→それからMUJIのスケジュールに書きます→前日の夜にウィークリーページを開き→明日の予定を確認し1日の流れと細分化したTODOを書きます→また夜に開きその日の出来事を隙間にざっと書き込んで→寝ます

あと手帳ではありませんが、SIMなしの⑤BlackBerryをメモやTODOの代わりにしています。こっちはデジタルの海です。ノートが開けないようなところで使ってます。

単にちっちゃなガジェットが好きなので、完全におもちゃ状態ですが、いつも持ち歩いています。この子についても何か記事を書きたいな〜

———-

さて、

ライター募集の時も「アイドルオタクと記録の関係性について」というテーマで自己PR欄を(結構な文字数で)埋め尽くしました。我ながらよくライター登録通ったなと思います。

「アイドル」と「記録すること」に接点があるのか。

世の中に様々なアイドルがいるのと同じように、アイドルオタクにも様々なカテゴリーがあると私は思っています。

なぜ、その子なのか。何のためにアイドルを好きでいるのか。接触したい人もいれば、認知されたい人もいるし、見つけて育てたい人もいる。

私の場合は、どうしてその子を好きだと思うのか、その理由が知りたくてアイドルオタクをやっています。極限まで綺麗な言い方をしましたが…

前回のコンサートでは踊る時のこういう癖が目立っていたけど今回はそれが解消された。バラエティでうまく立ち回れるようになった。こんな表情を見せてくれるようになった。

好きだと思わせてくれた要素や出来事を一つ残らず覚えていたいし、忘れたくない。組み立てて、論にして、自分の疑問を解決したいんです。

極論を言えばその子が世界で一番かわいいって言いたいんですその根拠が欲しいんです(泣)

…これ個人の趣味嗜好に走りすぎアウトって登録解除されたりしたらどうしよう……

そんなドロ沼アイドルオタク生活を満喫しています…が幸か不幸か好きなのがアイドル一辺倒ではありませんので、これ以外の興味関心事についても、ゆるやかに書いていけたらいいな〜なんて。

 

お気付きの方も多いかもしれませんが、ぴのゆかは文章を書くのがめっぽう苦手です。それでは!

 

Comments (0)

2016年のノート選び

Posted on 30 1月 2016 by

ご無沙汰しております、ゆずる改めてらだ。です。
ゆるっとし過ぎて更新ペースはスローもスローですが、新たなライター様方もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、2016年も明けて1ヶ月近く過ぎてしまいましたが、今年の手帳・ノート事情について。
昨年は「2015年の手帳選び」で書かせていただきました通りこちらの手帳を10ヶ月程使っておりました。
そう、10ヶ月。
毎日開いて書く、書けない時でも何か残す、という目標は貼り物をして合間を埋めつつ達成していたのですが、結果たっぷり太ってしまい、10月にはすでに書きにくい状態に。
ぷくぷく

また、1日のスペースでは足りないぐらい書きたい事がある日(観劇した感想など)もあり、どうしたものかなと考えて思い出したのが「CUSTOM DIARY STICKERS」でした。
KIMG1567

10月始まりですし、ちょうどいいからそこから始めよう。
ただ以前挫折した形式だから、次はそうならないように! と書く項目を細かく設定したのですが、まぁ結果は1週間も持たず。
既存のライフログで残した方がいいもの、ではなく自分が何を残したら後々楽しいかと考えた時、楽しかった事、嬉しかった事、気になる事、気付いた事、そんな読み返して面白いものがたくさんつまっていればいいんだ、という結論に落ち着いたので今はフォーマットも決めず、書かない日があっても気にせずに書き続けております。

持ち歩き手帳としては、3年目に突入したほぼ日weeksを。
今まではスケジュール管理のみで持て余していた週間部分を、上記のログノートに書くための下書きや断片記録に使っています。
足りない時用にB6サイズのmarumanスパイラルノートも持ち歩いて、これで今年の手帳・ノート体制(基本)は固まったな、と思ったところでまだ問題事項が。

観劇が趣味、というのはプロフにも記載しております通り。
そのためチケットをほぼ日weeksに挟んで持ち歩いて、観劇日を指折り数えてによによしていたのですが。
昨年「ミュージカル テニスの王子様」のサポーターズクラブ(いわゆるファンクラブ)に加入したため、劇場で会員特典をもらうのにポストカード・会員証なんかが必要になりました。
しかしポストカードはほぼ日weeksに入らない。
一度ポストカード忘れをやらかしたので、できればチケット・会員証・ポストカードをセットにして持ち歩きたい。
というわけでこちらも追加しました。

チケット入れ

KIMG1550

トラベラーズノート買っちゃうとぜったい太らせるので、こちらの記事を参考に軽量性と薄さを重視。
以上4つを今年の母艦として共に歩んでいきたいと思っています……が、場合によっては微調整しつつ、今年もゆるりと楽しく、を信条に。

Comments (2)

ねこはおひざで丸くなる。

Posted on 30 1月 2016 by

新加入のライターのみなさま、初めまして。
ねこ大好きねこ部長こといぶし銀と申します。

そういえば僕が2015年度ライター募集に応募して
こうやってNotebookersで書かせていただいてもう1年になるのですね。
毎月書けたら良いなぁとか思いながら、
結局定期的には書けてないですね(苦笑)
でも1年間で10回は書いているので良しとします。

みなさまにとっての「繁忙期」というのが
果たしていつになるのかは存じ上げませんし
おそらく職種によっても異なると思うのですが、
僕にとっての繁忙期はまさしく今でございます。
1月20日前後から2月末までが一年で一番忙しい。
そんな中、明日はTOEICを受けに琉球大学まで行ってきます。
明日琉大に来ると僕に会えますよー(笑)

ただ、残念なことに
勉強してません(苦笑)
満を持して今日予想問題をやろう!と思っていたら、
全くやる気出ず。
ようやくやる気を捻りだしたら、この有様です。
2016-01-30 19.00.47

だめだ・・・これは
「俺はまだ本気出してないだけ」とかいいながら、本気出さずに終わるタイプだわー・・・

でも、我が愛猫をひざから下ろすという選択肢は存在しないのです。
トイレに行きたくなった時だけは、限界まで我慢して
泣く泣くおろしますけどね。

隣では妻が趣味のスペイン語を勉強しています。
使用ノートは無印良品のB5ノート。ペンはLAMY SafariのMです。
LAMYのネオンコーラルインクを使用中。LAMYの限定色はいい色が多いですよね。
インクはついつい買ってしまいます。

と言っている間にねこが目を覚ましました。
そろそろ勉強できるかな?

新規加入ライターのみなさま、
Notebookersの記事はこんなふうにノートがちょっとしか出ていなくても
全然大丈夫ですからね!
どしどし書いてくださいませ。拝見するのを楽しみに待っております。

今年は大きく人生が変わる一年になる予感がビンビンします。
楽しんでいこうと思います。

ねこがまた寝ました。僕が本気をだす日はまだまだ遠いようです。

Comments (0)

Tags:

どこにもない場所 ~エル・パパガヨ・リブレリ

Posted on 30 1月 2016 by

こんにちはkonamaです。

今日は物語の中にでてくる場所についてのお話です。

011e9da286300ae298ae9278123c371996a63d7f78

時折、本を読んでいて、その物語上さほど重要でもないのに、ものすごく頭の中に残ってしまう場所というのが私にはあります。

物語の舞台、というと何か劇的なことが起きたり、例えば歴史的にその場所であることが必然出会ったり、作家のふるさとであったり、その本を読んだ人がその物語といえば…と話せば必ず出てくる地名。いうなれば巌流島や関ケ原(たとえがなんですが)。

そんなすごいところではなくて、行数としても数行でてくるかどうか、物語における重要性は様々だけれど、なぜか頭にこびりついている地名。

それは不思議な語感であったり、その時浮かんだ鮮やかな連想であったり、よくわからない思いこみだったり色々なのですが、これが結構数十年単位で覚えているのです。

今日はそんな場所をひとつ勝手にご紹介しようかと思います。そしてあってるかどうかわからないけれど、Notebookers Mapにそっとマーカーを立てようかと思うのです。

Continue Reading

Comments (0)

Tags: ,

新しい発見

Posted on 30 1月 2016 by

私は今年からまたMoleskineのdaily pocket(ソフトカバー)に戻って使っている。

私のはスケジュールと日記がひとまとめにしている。

で、一昨日寝る前にdailyに日記を書いていてふと気づいたのだが、紙を束ねている留め糸の下4分の1がないのだ。

image

落丁ノートなのかな?
もしそうだとしても今さらなのでこのまま今年使うつもりだけど、ふとこの時に昔のdailyはどうなんだろう?(去年だけ能率手帳を使ってたけど、その前は5年間はdaily pocketを使ってた)ちょうど2012年のdailyがあったので見てみたら、縫い幅が違うのだ。

ロットによって違うのだろうか?
落丁ノートに当たるのは悲しい気もするけど、滅多にないようなことなので、面白がろうと思う。

大晦日までにバラバラにならないように願うばかりだ(笑)

追記
2015年に使ってたplain pocketと2014年と2013年のdaily pocketを見てみたら今と同じ縫い方だけど、今年のは上に寄っていた…苦笑

Comments (0)

贅沢は言わない四国地区カモン!

Posted on 29 1月 2016 by

このサイトをはじめmoleskineではモレミが開催されていますよね。

このサイトを見ている人なら1度は参加したいと思わせる魅力的な会合です(きっと)

東京、大阪…、ちくしょう、殆ど都会で開催だ…

瀬戸内海を越えないと参加できないじゃないか、

450px-Sicocu-miti

ちくしょう。

目標は香川、愛媛、高知、徳島それぞれで開催したい。

そんな期待を込めながら、このNotebookerに新たに参加された方々を歓迎するyasuです。

みなさんいらっしゃい。

 

四国の方はコメントしてね(他人任せ)

Comments (3)

Tags: , , ,

思い込みを和らげて自分を解放してみようと思った話。

Posted on 29 1月 2016 by

Notebookersな皆様、おはようございます(こんにちは、こんばんは)。
2度目の登場、れでぃけっとです。

自己紹介時記事の中で「2015年9月頃から手帳の使い方に変化がありました。」と書きました。
Instagramで手帳関係のハッシュタグを検索して、いいなと思えば通りすがりにいいねをつけたり、日付シートを使うようになったり。
今年に入ってから『手帳でもっと幸せな毎日に変えようプロジェクト』
(ほぼ日手帳公式ガイドブック2016に掲載されている「こぐまさん」主宰。)
『手帳ゆる友』
(Twitter、Instagramでよく見かけるハッシュダグ。「藍玉さん」に参加表明して返信があれば使える)
Google+の『ジブン手帳同好会』
に参加するようになりました。
競馬が好きだというと「えっ?」と思われるケースがありますし、避けられた、なんて話も聞きます。
そういうのを避ける為、極力手帳関係のものは眺めるだけで終わっていました。
元日にジブン手帳同好会に書き込みしてから少しずつ変化してきたのかもしれません。
いちばんのきっかけはこぐまさんのこのお題。

つらい思い込みは和らげてみてね。

これって思い込みじゃない?って自分に問いかけてみてね。

心を自由にしてみてね。

きっとやりたい事が見えてくるから。

望みを叶えた!という思い込みは大切です!

思い込みの力、良い方向に使おうね。

『思い込みを和らげよう!心を自由にしてあげよう!#手帳でもっと幸せな毎日に変えようプロジェクト』

競馬が好きなのも自分を作ってる要素のひとつ。だから、自分で自分を否定しちゃダメじゃん!
競馬好き=馬券にいっぱいお金つぎこんでるダメ人間みたいなことを思われて嫌われてもほっとけばいい。
はっきり言ってそれは偏見ですから!!
馬をカッコ良く撮る為に機材にお金かけたり、好きな馬や騎手を追っかけて遠征とか、一口馬主(草野仁さん、宮川一朗太さんが有名)とかいろいろですから。
中には馬券買わない人だっているんですよ。知り合いにそういう人がいます。

もともとマイナス思考で考えすぎる性格ゆえに、どこかで逃げ道作ってたかなって思うんです。
でも、それを言い訳にするのはやめよう。少しずつ解放していくチャンスが与えられた気がしています。

ここで私がほぼ日手帳に書いた競馬のことを少しですがご紹介します。
初めて競馬のことを手帳に書いたのがこれ。
初めて競馬のことを書いてみたページ
2015年度版ほぼ日手帳ガイドブックに競馬ファンのイラストレーターさんの使い方が載っていまして、その方は好きな種牡馬の産駒が引退を報じた
競馬サイトのページを縮小印刷して貼っていました。それを見て自分もやろうと思い、やってみたものです。
Instagramにアップした一番最初の競馬でほぼ日手帳です。

これを応援している厩舎の馬が勝ったらやってみようと思いました。
イッシンドウタイ
誕生日に目の前で勝ってくれたのが嬉しかった・・・(泣)
こうして写真付きの記事になるのは特別レースと新馬戦(競走馬がデビューする時)だけなので、それ以外は契約している競馬のスマートフォン
アプリのページをスクリーンショットで撮影・保存して印刷しています。

この時一部がはみ出てしまって閉じるときは下の紙を折っています。
ドーヴァー新馬勝ちのこと。

初めてほぼ日手帳に競馬のことを書いた馬は去年12月に牝馬で初めてJRAのダートGIレースを勝ちました。
書いた時点ではこの後もう一戦する話もありましたが引退が決定。今年からお母さんになります。
サンビスタがチャンピオンズカップを勝った

2016年初の競馬ネタは東海ステークスのこと。
応援している厩舎2頭出しだったんですけどダブルスター4着。イッシンドウタイ7着。
カズンに書いたもの
今年の目標は自分が撮った馬の写真を印刷して貼ることです。
そのために環境を整えたのであとは自分のやる気次第(え?)

ペンはスタイルフィットの0.38シグノ。
手帳セラピスト・さとうめぐみさんの著書に則って5色プラス応援している厩舎のことを書くときは紫色を使っています。
競走馬を管理する厩舎にはそれぞれチームカラーがあって、私が応援している厩舎は紫なので。
手帳をアップするにあたって自分の字の汚さが(^^;) 果たして年末には変化が訪れるのでしょうか。
そのときは画面の向こうで笑ってやってください。

自分自身の課題を早くもさらけ出してしまった感がありますが、今回はこれにておしまいです。

それでは、れでぃけっとでした。

2016年1月30日追記。
InstagramのURL埋め込み画像が表示されなかったため、画像が表示されるよう修正および一部記事を書き換えました。
ご迷惑をおかけいたしました。

Comments (1)

大人の鉛筆と世間一般の鉛筆。

Posted on 29 1月 2016 by

image

明日、試験なんですけどね

持ってくるものに、

 

筆記具(鉛筆、消しゴムなど) 

 

って書いてあるのよね。

鉛筆は…あるけど姪っ子が家に来た時に遊んでる

鉛筆だから芯が折れてやしないか心配よね。芯だけに。

 

ねぇ、大人の鉛筆は認められるのかしら。

世間一般の鉛筆と大人の鉛筆…

明日、両方机に置いて

「はじめ!」の声と共に大人の鉛筆を握ってみるわ。

 

途中で丸くなってたら専用の削り器で

研いでみるの。誰か止めるかしら。

全っ然、余裕がなかったら、潔く世間一般の鉛筆に飛びつくから。

 

大人の鉛筆は、市民権を得ているのか!

なんて下らないことを書く間があれば寝なさい。私。

これって「どっちかにしなさい部」?

Comments (0)

かみにこだわるNotebooker女子へ

Posted on 29 1月 2016 by

普段Notebooker女子は手帳やノートの紙にこだわってる人が多いと思われます。やっぱり手帳にはトモエリバーよね、いやいやMDもいいわよ。モレスキンの紙質には悩まされるわね。

といった話ではありません、今回は。

で、今日のテーマはNotebooker女子にとって紙より大切な髪のお話です。

去年の暮れから筆者は湯シャンを始めました。湯シャンとは何か?

解説しよう、湯シャンとはお湯だけでシャンプーすることである。

シャンプーを使うと髪や地肌を傷めるそうです。シャンプーの洗浄力は強力すぎて頭皮の皮脂を取り過ぎてしまったり髪の毛を痛め、髪のハリやコシがなくなるそうです。そして白髪や抜け毛が増えるんですって、奥さん。シャンプーの洗浄力は頭皮に洗濯用洗剤を付けて洗うようなものらしいです。なので、お湯だけでシャンプーすることによりハリとコシを取り戻し、抜け毛や白髪を予防しようではありませんか。

で、筆者が1ヶ月湯シャンを試した結果、白髪が目立たなくなったような気がします。そしてもうひとつの効果、シャンプー代の節約が出来ます。

話は変わりますが、Notebookers女子にはロングヘアー美女もいるかと思われます。それでたまたまイメチェンしてショートヘアーにしたいなと思うときがあるかもしれません。美容院で切ってもらったらそのまま廃棄されますね。そこで提案なのですが、ヘアドネーションをしてみませんか?

突然意味不明の横文字が出てきましたね。ヘアドネーション=髪の毛の寄付ですよ、お嬢さん。髪の毛を寄付?どゆこと??と訝しがる方もいらっしゃるかもしれません。髪の毛は寄付を通じて人毛ウィッグとして生まれ変わります。化繊の髪の毛よりも自然な見た目と仕上がりで傍から見てもウィッグとは思えないほどの出来だそうです。そりゃそうですよね、人毛だもの。ただ、世に流通する数が圧倒的に少ないです。

オシャレNotebooker女子の中でもウィッグで普段の自分とは違う自分になってみたいと思う方もいますよね。また、自毛を染めたりヘアスタイルを変えたりオシャレを楽しみたいですよね。でも、それが出来ない女子も世の中にはいます。例えば抗がん剤治療の副作用であったり原因不明の毛が抜ける病気だったり。女の子にとって髪は命でありアイデンティティであるので、そういう境遇だと外に出るのも億劫になったり自信がなくなったりして人生を楽しめません。そういう女子達に救いの手を差し伸べるのが人毛ウィッグです。人毛ウィッグをつけて気持ちまで明るくなって女子としての人生を前向きに歩けるようになるみたいです。また、人毛ウィッグ職人さんも自然に見えるように苦心して作っています。特に前髪の生え際は職人技の持てる技術を全てつぎ込んで一針一針心をこめて縫っているそうです。

といった内容をあるテレビ番組で見ました。

なので、思い切ってばっさり切るときはそれこそ思い切ってヘアドネーションを申し出てみてはいかがでしょうか。

IMG_20150414_173809

Comments (5)

はじめまして、こんにちは。

Posted on 29 1月 2016 by

皆さまこんにちは。はじめまして。
2016年よりNotebookersライターのお仲間に加わりました☆3105(satoko)と申します。

 

こちらを知ったのはほんの1年ほど前。
手帳の使い方の幅を広げたいと色々探していたところ、気付いたら辿り着いていました。
様々な記事を眺めるうちに、いつか自分も書いてみたいなぁ・・・と、思っておりまして。

 

いつかじゃなくて今でいいじゃん、と・・・・気付いたら応募ボタンを押していました。

 

無題

 

まずは自己紹介でも。

秋田県出身、秋田県在住。
1時間あれば海と山のどちらにも行ける場所に住んでいます。
365日のうち360日くらいを地元で過ごしている出不精です。

 

ひとりでできる事、ひとりで行ける場所へは大体おひとりさまで。
趣味は広く浅く・・・時々沼もありますが、ゆるくマイペースに楽しんでおります。

 

高校生の頃、ちょうどブログが流行り出した頃。
初めてHPを作り、ネット上で文章を綴った日からだいぶ年月が経ちました。
今度はこちらで楽しく書いていけたらと思っています。

 

ご覧いただいてる皆さま、先輩ライターさま、そして同期の皆さま。
改めてよろしくお願いします!

Comments (0)

Tags:

いま撮られるという必然性

Posted on 28 1月 2016 by

平日の夜、仕事の後に何か「非日常」を味わいたい。
そういう気持ちでしょっちゅうライヴを観に行ったり、レイトショーに駆け込んだりしてみる。
特に会社が我慢ならぬほどツライとかそういうことではないのだけれど、
明日のために今日をリセットするような、そんな気持ち。
特に学生の頃、思い返してみるとよく映画館に逃げ込んだ記憶がある。
本編の2時間あまりだけは世間からシャットアウトされたような安心感があった。

それはそれとして、やっぱり作り手の想いはスクリーンでないと感じられない気がしている。
CDとライブの違いみたいなもの。
部屋のテレビではストーリーは理解できても、やっぱり作品を理解したことにはならないように思う。

そんなに期待せず今日は”the Walk“を観てきた。
一言で言うと、すごく前向きな映画で清々しい気持ちになった。
目標をもって新しい場所に飛び込むたくなるような、背中を押してくれる作品だと思う。

いま、3Dだからこそ撮られるべき映像だったことも間違いない。
高所のシーンがリアルで怖い、とかそんな単純なことではなくて、
綱渡りの本質や、マンハッタンの美しさを体感するにはこの映画は3Dでなきゃならなかった気がする。

そしてまた、昨今テロの恐怖を身近に感じる中で、いま一度ワールドトレードセンターの美しさ、
9.11への想いを喚起しておかねば、という政治的な背景もそこにあるように感じてしまった。

高所の怖さ、というただのスリラー映画ではなかったので、ぜひおススメしたい。

こういう日々感じたことを帰宅してツラツラ手帳に書き留めておくのもまた楽しい。

Comments (1)

Tags: ,

今年お世話になる手帳たち。

Posted on 28 1月 2016 by

IMG_8513

こんにちは。寺島です。

早いもので、1月もあと数日で終わりですね。

今回は2016年の手帳についてお話ししたいと思います。

 

使っている手帳は、この2冊です。

  • ほぼ日手帳オリジナル
  • わたしの手帖

 

★わたしの手帖

まず、サイズ感が可愛い!そして、焦げ茶の革みたいな素材に、金の文字が押してあるのがツボ!即決でした。「今年の服部みれいさんの手帖はいいかな〜…。」って言っていたのは誰だ。リニューアルした商品を見たら買わずにはいられませんでした。

クルチアーニブレスレットを、しおりに。この手帳によく使う緑色のペンは、ペンギンのペンホルダーで一緒に持ち歩けるようにカスタム。

マンスリーは人の誕生日と、願い事日記を書いています。叶えなきゃ!!というものではなく、こんな風になったらいいな、とちょっとしたわくわくすることを書いています。

ウイークリーはさとうめぐみさんの手帳セラピーを参考に、緑のペンでもらったもの、良かったこと、シンクロした出来事を。ピンクのペンで、忘れられなかった夢を書いてみたり。

 

 

★ほぼ日手帳オリジナル

ほぼ日手帳、2年生です。これがメインの手帳です。

スケジュール、読んだ本、体調管理、TODOリスト、ライフログなどなど、全てこの1冊にまとめています。詳しくは別のページに分けて詳しく説明しようかと思います。

 

今回はなぜほぼ日オリジナルにしたのか、お話ししますね。

2年目はプランナーを使うか悩み、両方購入した結果、メインはオリジナルでいくことにしました。

決め手は、時間軸が細かく書かれていること、TODOリストがあること、日付が月・日表記なこと、日々の言葉が日本語なこと、真ん中に一本線が入っていること。

 

ほぼ日は、ライフログや振り返りに使っていらっしゃる方を多く見かけます。

しかし、わたしの場合は、「あくまで手帳」。自分の脳内の外付けHDDのような、秘書のような存在です。そのため、時間軸やTODO欄は必要なのです。日付が月・日表記なら、ばーっとめくった時、端のインデックスを見なくてもすぐに何月何日かわかるので、何かを思い出す時や予定をパパッと書く時に便利です。

日々の言葉は邪魔だし英語でもいいじゃん、と思っていました。しかし、何気に読んでいること、また、元気づけられていることに気付きました。

真ん中に一本線が入っていること、というのは、使い方についての記事でお話ししようかと思います。

個人的に、プランナーの色味のオリジナルや、いっそのこと日々の言葉がないオリジナルがあったら理想的だなあ、なんて。笑

 

4月から新生活がはじまるので、生活にあわせて手帳を使えるようにしていけたらいいな。

 

ひとまず、今日はこんなところで。

 

寺島郁(@320s_)

 

 

Comments (0)

バーチカルは時間軸無視でいいの

Posted on 28 1月 2016 by

昔の手帳を読み返して、手帳で家事などのタスク管理をするのをやめようと決意しました。
読み返しても面白くないからです。

しかし、幼い子供達に囲まれて慌ただしい日常生活を送っていると、やらなければいけないことが頭から抜け落ちたり、次は何しようとしたんだっけ?と考えてしまったり、それが結果的に時間ロスに繋がってしまいます。
そんなことから再びタスク管理の必要性を感じ、昨年から始めました。
使いかけのノートを使用しておりましたが、全て使い終えたので、今はこのノート(手帳?)を使用しております。

image

Campus Diary weeklyです。
書式はバーチカル。
6時〜22時の時間軸があります。

時間軸に沿って記入しようとしましたが、なかなか時間通りに進めることが出来ないのでやめました。
目的は『目の前のタスクを片付けること』なので、時間軸無視でいいではないか!というわけで・・・中身はこんな感じです。

image

家事のタスクなので、正直毎日が同じことの繰り返し、すなわち書く内容も同じ項目ばかり。
これこそ私が求めていない『読み返しても面白くないノート』です。
いいのです、だって目的は『目の前のタスクを片付けること』なのですから。

付箋に記入して、完了したら剥がすというあな吉さん方式も一部採用しておりますが、基本は全て書き出しております。
完了したタスクを横線で消すことによって達成感を得られるからです。

テーブルを拭くという重要性の低いものからトイレ掃除という重要性の高い(?)ものまで全て書き出します。
写真をご覧になって「大して重要なこと書いてないよな〜」「書くまでもないじゃないか!」と思われるかもしれません。
しかし、全て書き出すのは、重要性が低くても、抜け落ちた時のしっぺ返しが大きいからです。
例えば、私はダイニングテーブルで手帳やノートを書くので、食事が終わってから必ずテーブルを拭かないと・・・大切なノートが汚れてしまいます。
布団を起床後に整えないと、寝落ちした子供達を布団まで抱っこして運んで寝かせる時に一手間掛かります。(せっかく寝かし付けたのに布団を敷き直しているうちに起きてしまうことも。)

タスクだけでノートが埋まってしまうのはつまらないので・・・

■1日の中のわずかな自由時間の中で出来たこと
■体重
■起床時間・就寝時間

も書いています。

タスク管理の方法は人によって様々なので、この方法がベストとは限りません。
正直私も模索中です。
とりあえず、今はこの方法で。
「こんな感じでタスク管理している人がいるんだな〜」くらい、ゆる〜く捉えて頂けたらと思います。

最後までご覧頂きありがとうございます。

さや(@sugar38_

Comments (0)

幽霊メンバー現る。

Posted on 28 1月 2016 by


image

こんばんは。
幽霊メンバーも板についてきた、

くらこです。
今まで、ネックになっていたネット回線問題が解決したので
(田舎は携帯会社のキャリアによっては困ることあるよね)
これからはゆっくりと更新したいと思います。
InstagramでもNotebookers活動していますので
そちらも併せて宜しくお願いします♪

さて、ノートや手帳に縁遠い人が友人にいまして
私のことをとてもマメなやつだと思ってる。
マメじゃないんだよ、というと
「マメじゃないと日記やノートなんて書けないわ」と。
おぉぉ、そうきたか。
「じゃあ、忘れたくないこととか、やりたいこととか、どうしてるの」
「覚えておく」
「じゃ、忘れたらできないやんか」
「そんなの縁よ」
忘れたらそこまでの「忘れたくない」ことだと思うみたい。
儚い…!儚いな、そのやりたいこと!忘れたくないこと!寧ろ潔い?

後日。
「ほら、みてー♪ライブの時のテープ!」
とテーブルに出されたのは可愛いノート。
キラキラした紙テープが貼り付けてありましてね、
マジックみたいなもので何か書いてあった。
思わず、作戦成功♪と悪そうに笑ったのは私です(笑)

あんまりライブに行かない私にはピンと来なかったのですが、
あれですね、ライブに行くとぱぁぁぁぁん!と紙吹雪とか紙テープが
飛んでくるんですね?彼女の好きなアーティストは、
その紙テープにメッセージを書くらしい。

「それをどう保管するの?」
…とshopcardや、切れ端を貼ってページをみせたのが印象的だったようだ。
あんなに否定的だった彼女がここまでやってのけたのは、
凄いことだと思ってる。

「好きなこと」と「記録」を結びつけることができたら、
今年ももっとたくさんの手帳が仲間が増えるのではないかしら、と思うよね。
今年もそろそろ手帳がどうなったか、確認しようと思っています。

では今年も座長モレカウを筆頭に、Notebookersメンバーにとりまして
ステキな手帳ライフ、万年筆ライフ、文房具ライフを送れることを祈って今年の初投稿とさせて頂きます!

Comments (2)

ジッパーケースを毛糸で作ってみる。Part4「毛糸以外の盲点」

Posted on 27 1月 2016 by

〜前回までのあらすじ〜
ノートブッカーズ総長モレカウからの指令により、
トラベラーズのカバーにはさむジッパーケースを、毛糸で作ることになった編士(あみし)ぬいこ。
かずかずの敵を倒しなお立ちはだかる強大な敵を前に、それに見合う武器を手にいれるため、
前途多難な旅に出たのであった。

だいたいあってる。

詳しくは「ジッパーケースを毛糸で作ってみる。Part1「正反対の特徴」
ジッパーケースを毛糸で作ってみる。Part2「とりあえず編んでみる」
ジッパーケースを毛糸で作ってみる。Part3「三歩進んで二歩下がる」
をご覧ください。まあ要するに、トラベラーズにはさめるジッパーケースを毛糸で作ってみようとしているのだけれど、元来いきあたりばったりでものを作るので試行錯誤中ということです。で、いつもはその失敗だとかを隠して、できあがったきれいなものだけを公開しているのですが、ここではすべて記事にしてしまおうとしています。前回のPart3からすこし…ほんのすこし時間が経ってしまったので、初めてご覧になる方用にまとめてみました。なにもなかったようにPart4、続けようと思っていたのですが、怖じ気づきました。

さて、毛糸を探しに出ましたが、あんがい早くそれは見つかっていました。
これです。
1毛糸玉
一本で微妙なニュアンスが入ってるし、柔らかいから編んでカバーにはさんでもぎゅーと押さえれば厚みが軽減されそう。と選びました。
編んでみました。こんな感じになりました。
2編んでみた

トラベラーズカバーにはさんでみました。パスポートサイズです。
3挟んでみた

編んでいてわかったのですが、この毛糸、ほんとうに柔らかく手触りは言うことなしできもちよいのですが、柔らかすぎてコシがなく、編み上がっても「もの」としてしっかりしてくれないのです。アイロンをかけてもご覧の通りぐにゃぐにゃしてる。
そして、ジッパー。
4ジッパー付け失敗
上の写真を見ていただくとわかるのですが、ジッパーの取り付けを完全にまちがっております。
スライダーが口のギリギリまで来ているでしょう。これね、お手元のポーチなどファスナーのついたものを確認していただくとお分かりかと思うのですがね、こんなギリギリだとね、スライダーをひっぱりにくいったらありゃしないのですよ。
と、そう、ここまで読まなくてもお裁縫をすこしでもやってる方なら、すでにお気づきですね。いやはやお恥ずかしい。そう、わたし、ファスナー付け苦手だったのをここで思い出しました。で、この写真が恥ずかしくって、どうしよう記事書けない、でも失敗も公開していく趣旨だったじゃん、わーでもハズい〜〜〜!てなって、しばらく放置していました。
あと、良い毛糸3色も買っちゃったしなーとボツにするには惜しいきもちが優先し、次にいくのになかなか踏ん切りがつかなかったのも大きいです。予算てものがあるしね。予算や制限があるからこそ工夫が生まれるのも事実なのですが、そんな簡単に浮き上がれないです。

そんなこんなで年が明け、きもちも新たに毛糸屋さんへ行ったところ、またダルマ毛糸ですが、良さげな糸を見つけました。
5新たな挑戦
今度は柔らかでありながらコシもあり、微妙な色合い。また、トラベラーズカバーの色には主に黒と茶がありますが、それを意識した色の毛糸を選びました。
うん?上の写真、もう毛糸が少なくなっているって?そうです。すでに編んであります。てか、もうできあがっています。それは、えーと、一気に見せるのもったいない気がするので出し惜しみします。ふふふ。
では次回、「ついに完成…か?」お楽しみに。
(次、Part4.5はこちら

Comments (2)

「Notebookers、はじめました」~冷やし中華はじめました的なノリで~

Posted on 27 1月 2016 by

人は、一日に6万回もの思考を繰り返しているそうです。

言われてみれば、朝起きてから寝るまで色んなことを考えています。

重要なこと(転職するべきか今の会社に残るべきか…)とか、

とるにたらないこと(ぬるま湯の「ま」ってなんで「め」じゃないんだろう…)とか

当たり前ですけど、考えたそばからどんどん忘れていってしまうので。

浮かんでは消えていく泡みたいだなって思うんです。

書き留めることによって少しでも自分の思考、足跡を残せたらなと。

  Continue Reading

Comments (0)

自己紹介(詳細版)

Posted on 27 1月 2016 by

最近ブログのタイトルとラノベのタイトルは長いのが流行ってるのですかねぇ・・・やたら長いなぁと読みながら思います。
こんにちはこんばんはおはようございます!かのり(@quano_ri)です。

自己紹介があんまりにも簡単すぎたなぁと反省したので
今回はもうちょっと詳しく私のことを書いていきたいと思います。

名前 かのり
東京生まれ東京育ち 今は旦那氏と2015年11月10日に産まれたかわいいかわいいかわいいムスメと福岡県福岡市に住んでいます。

中途半端なオタクです。
アニメもゲームも好きです。ムスメが産まれる前は夫婦でコミケとかいってました。今でも行きたいですが遠いよビッグサイト・・・
オタクという文化が好きです。絵はあまり上手くないですが同人誌もいずれ旦那氏と出したいねえと話しています。
一番好きなアニメは新世紀エヴァンゲリオン。特技は碇シンジの声真似ですw
独身時代はエヴァにいくらかけたかなぁと思い出したくないほどグッズとか買ってました。一番のお気に入りはオーディオテクニカとのコラボで出たヘッドホン
使おうと思っているのですが若干重いのでなかなか出動機会がありません。

今は東方projectが大好きです。ほかのゲームではモンハン、スマブラとかのアクションと乙女ゲーが好き。
RPGは飽き性なのであまり得意ではないですw。

好きなこと:本屋に行くこと 文房具やに行くこと ドラッグストアを見ること 家電量販店を見ること 文章を書く 手帳を書く 歌をうたう 絵を描く
ビリヤードが大好きです、ソフトダーツも好きですが行く機会がないのと実家にマイダーツを置いてきてしまったのでどうしたもんかしらと。
一つのカテゴリのものがたくさんあるところに行くのが好きです。
loftやハンズ、丸善大好きです。伊東屋にいくのが夢
昔は物書きにあこがれていました。小説家やエッセイストになれたらいいなーなんて思ってちまちま書いてました。
今はこうやって新米でも「ライター」として人に自分のことを発信できることがとてもうれしいです。

好きな音楽:ジャンル的にはハードコア、オルタナティブ、メタルなどの激しいのが大好物。最近はもっぱらアニソンばっかり聞いています。
カラオケはジョイサウンドじゃないと輝けません。
アーティストをあげたらキリないですが一番好きなのは「人間椅子」

文房具のこと
ノートと筆記具が好きです。
お気に入りのノートはほぼ日手帳 トラベラーズノート MDノート モレスキン キャンパスノート 測量野帳
横罫ならB罫 方眼罫ばっかり買ってます。
筆記具は三菱シグノが好き。芯は0.28 色はブラック ブラウンブラック ブルーブラックばっかり
万年筆も大好きですが「万年筆沼」「インク沼」などハマったらもう浮き上がってこれなさそうなのであまり近づかないようにしています。沼コワイヨ
最近パイロットの「キャップレス」を楽天で買いました。届いたら喜びをここで書きますね♪
今はそれにつかうインク何にしようかなぁと頭をヒリつかせています。

手帳はもっぱらほぼ日手帳大好きです。が2016はジブン手帳だったりMDノートダイアリーなどとさんざん迷いに迷って何度も「脳内手帳会議」を開いて
2016はweeks2冊とオリジナル1冊に落ち着きました。まだ一月下旬なのに2017は何使おうかなとか考えています。早すぎ。
モレスキンダイアリーも2017は候補にいれます。IGみてると「能率ダイアリーゴールド」とかも気になります。
かのり、まだ2016は始まったばっかりだ。
IG(ID quano_ri)でたまーに「テチョラーあるある」という手描きのpicをうpしています。

最近は時間があったらnotebookers読んだり記事を書いたり、手帳を書いたりしています
でも一番ムスメとキャッキャウフフしているのが楽しいです。育児楽しい。

ものすごく長くなったけどこれで詳しい自己紹介になったのだろうか・・・
Twitter(@quano_ri) お気軽にフォローしてくださいませ。

今度は何書こうかなぁ・・・わくわく

Comments (0)

Tags: , ,

はじめまして…のご挨拶 by.夏月 さくら

Posted on 27 1月 2016 by

はじめまして(=゚ω゚)ノ
初期からいるライターの夏月さくらでーす。
、、、はじめましてではないやん!!

そうっすね。 

でも、まだまだ認知度低いかもしれないじゃないですか?!

ここは、「はじめましてのご挨拶」に紛れ込んで、たまに記事書いてるアピールをせねばならんでしょ!!!
  で、何書くか考えずに、iPhoneでボチボチ書いてます。
さて、ここはやはり、紅茶好きをアピールする?!!…と思いながら、、、、

紅茶好きになった経緯を語ります。
紅茶専門店には、会社の寮の先輩から

「紅茶好き??、、、」

といきなり仕事中に聞かれてうなづいたら、、、

「ポーラーティーって言うのがあるから飲みに行こう!!!」→週末拉致されて連行
マジ!!∑(゚Д゚)私、平日は帰宅月24時回ってるのよ!!週末ゆっくりしたいんよ!!、…

心の訴え伝わらず…
それ以降、月一で拉致されて一緒にお茶しに行くようになりました。

  
数年して、ケーキ教室に通いだし、、、

そんな中で、中国茶ブームがあり中国茶に興味がるけど、、、、

中国茶の作法わからんε-(´∀`; )

カフェや喫茶店に飲みに行けないやん…

→作法がわからんと飲みに行けないと勘違い。

それを、紅茶専門店の常連さんに相談したところ、中国茶のお店と教室を紹介される

→自分(相談した人)が教室に誘われてるけど、余り行く気ないから、紹介して逃げる手段…

( ゚д゚)えっ???

(*通いだして聞いた本音です。)

そんな事から、中国茶を習い出して、、、

お茶の楽しみ方は勉強になりました。

色々なサプライズの仕方やおもてなしも勉強しましたので。

それで、初級の茶藝師?!の免許とりました。

認定証が中国が発行してるので、自分の名前しかわからないのですε-(´∀`; )
その後、試験が本番中国まで行かなきゃいけなくなり、、、、

もう、そこまで中国茶LOVEやないからええかぁ〜と辞めて、、、
のんびりと紅茶に戻り、紅茶の教室も2回受けました。

同じ内容の講座ε-(´∀`; )

ほら、季節違うから出てくる紅茶も違ってくるのよ!!!→ただの言い訳ww

で、今に至り

好きな紅茶は??

と聞かれたら、

「ウダプッサワラのリッデスダレ!!

仲間内での通称はダレ茶です。」

と答えるくらいです。

紅茶とコーヒーはよく飲んでます。

ただ、日本の緑茶は苦手です。

ほうじ茶や、碁石茶は好きよ♪( ´▽`)!!
…( ゚д゚)???

えーと、紅茶は何処に絡めてあるんよ??

とか思ってるでしょ。

始めと終わりに絡んでるよ!

好きな事を長く続けるなら、それに関する事を一通りやってみるのもええなか??とか思うわけです。

気を張りつけても長く続かなくて途中でつまずいたりするので。

  
絶賛今は小さいふのレザーを育てるのを楽しんでます。
中国茶の茶壺育てるのも面白いんですよね♪( ´▽`)

香りとか考えながら淹れなきゃいけないんでね。

Comments (0)

Tags:

美味しい珈琲が飲みたくて

Posted on 27 1月 2016 by

image

気がつけば今年も新たなメンバーが増えて、おおお!となってます。幽霊部員のようなライター、motokicksです。

以前は家で飲むコーヒーはインスタントばかりだったのですが、去年の秋にふと“家でも美味しい珈琲が飲みたいね〜”と妹と話してて、たまたま出かけた先(といっても神戸三宮のLOFTだけど:笑)でコーヒードリッパーを買ったので豆を取り寄せて、家で珈琲を淹れて飲むようになりました。

コーヒードリッパーとペーパーを買っただけなので、他の道具などは家にあるもので代用しています。

注ぎ口が細いポットはないので、庶民的なヤカンで、コーヒー専用の計量スプーンはないので料理用の計量スプーンでやってます。

最初の頃はマニュアル通りの量で淹れてたりしていたのですが、自分たちが飲みたい濃さやカップの大きさを見て調整してようやく自分たちの量で飲めるようになりました。

そして豆。大手コーヒー店で買ってもいいのですが気になる焙煎屋さんもあるので通販してはるか調べては注文したりしています。

どこかいいところがあれば教えてくださいませ。

*コメントいただいても返すのが遅くなる恐れがあります。(なぜかコメントがうまく入らないもので…)予めご了承願いますm(_も_)m

Comments (2)

物欲と大蔵大臣との熱きバトル

Posted on 27 1月 2016 by

「わぁ自分の書いた記事がnotebookersに載ってるぅ」

今まで読む側でしかなかった私が今度は書く側で何かを発信しちゃう側なんだーと心の底から感動してしまいました。
こんにちはこんばんはおはようございます!かのり(@quano_ri)です。

notebookersのライターになったのだから何か記念にババーンと新しいノートでも買っちゃおうかな、そうしようかな♪
とか思ってたわけです。

久しぶりにモレスキンでも買っちゃおうかな、表紙をステッカーでカスタマイズとかいいないいなとか普通に思ってたわけです。

Amazonでモレスキン検索して

「やっぱり方眼罫ですかねぇ、ウヒヒ」

とかやってました。とその時

 

「ちょっと待ちなさいなかのりさん、それができるのはアンタ独身時代だけですぜ」

 

私の心の大蔵大臣が旦那氏という名の大蔵大臣がぬりかべのように立ちはだかるわけです。

自分の給料の何割かを毎月文房具代が占めていた独身時代
ましてや某店の文具売り場で働いてた頃は

「エンゲル係数が給料における食費の割合でほんとよかったわー文房具代だったら大変だわー」

って思える位文房具を買っていた私。

ン10万とかのブランドのバッグだったら一念発起とかしないと買えないですし買わないですけど
1本150円のシグノとか数百円のふせんとかこまごましたものを買うわ買うわ増えるわ増えるわで
部屋を片づけても片づけても本棚を机の上を整理整頓しても断捨離しても
なぜか文房具でノートで手帳でとっちらかってる私の部屋でした。

だって文具売り場担当とか毎日が宝の山過ぎて買うなっていうほうがムリな話ですよ(ブツブツ)

モレスキンだって買えました。初めて買ったときは

「スゲー高いけどなんかすごいことを書きまくれそうな気がする」

とか思ってましたwそしてたくさん書きました。
さぁ!今回も買うぞ!!と思ってもなかなか言い出せない。
万年筆欲しいのポチったばっかだし、ノートも去年の暮れに

「買ったノートは必ずこうやって使います!プレゼン」
してMDノートやっと買ったばっかりだしなぁ。
ほぼ日手帳2016プレゼンもやっちまったし言いづらいwううむ。

3月私の誕生日あるしそこで言ってみようかな。
でも前にプレゼントしたトラベラーズノートブルーエディションはどうなったの??とか言われたら何も言えないしなぁ
でも私の頭の中はモレスキンでいっぱいだ。

モレカウさんのように万年筆で縦横無尽にモレスキンに書きまくりたい。
あれ楽しそうよなぁ。私もやりたいなぁと妄想が広がるんだ参ったね。

地道に交渉していこうと思うのです。

大蔵大臣旦那氏との購入交渉というバトルはこれからも物欲がある限り続くし終わらないのでした。

(交渉途中経過)

私)「notebookersのライターにめでたくなれた記念にノート一冊買っちゃおうかなぁ、いいかなぁ」

旦那)「やめなされやめなされ、これ以上ものが増えていくのを見るのは嫌なのですよ、かのりさん」

私)「9x12センチくらいのノート一冊なんですけど…」

旦那)「ダメ!かんべんしてください!」

前 途 多 難

 

 

Comments (2)

神社に参拝した時は住所と名前を言った方が良い。

Posted on 27 1月 2016 by

4・5年前から年初めには近所の神社にお祓いに行ってます。

その中で、祝詞?的なものをやってる時に必ず自分の住所と名前を言われるので

あぁ、これが正しい作法なんだなぁと気づいたケージです。

notebookersライターとして最初の投稿をしてから約1週間が経とうとしてます。

よく見ると、「Notebooker’s」って書いちゃってて慌てて修正したり、他の方の記事を読んで意外とちゃんとノートについて語ってる人が多いなと戦々恐々してしまったので、今回まとめて自分が使ってるノートちゃん&筆記具氏の紹介をしておこうと思う。

①トラベラーズノート パスポートサイズ(キャメル)

パスポートキャメル

主に仕事用に使用してます。

去年までは専用リフィルを使ってましたが、今年からはイレコ手帳(サイズぴったりだと聞いていたのにちょと大きい・・・)を使用中。

少し大きいのは最初は気になったけどなんといっても他にないような中身が魅力。

しっかりしたメモ帳として専用リフィルの横罫

すぐ破って捨てれる用のメモ帳

ジッパーケースin付箋、下敷き、メモ付箋、万年筆

以上の7種類を装備した無敵使用です。これと衛星電話があれば無人島に行っても大丈夫。

②トラベラーズノート レギュラーサイズ(ブルーエディション)スクリーンショット 2016-01-26 23.06.49

こっちはくっだらない事とか殆どないプライベートな予定を書くために使用。

自作の月間リフィル

専用リフィル(無罫)

ペーパークロスジッパーケース(ペン入れとして)

この3つを装備。

最近、止めゴムのチャームを変更したけど、石を取り付けるのに試行錯誤しすぎて約3時間くらいかかったのは俺が不器用である事を示すいい例だったりする。

3 各種ノートIMG_0792

左からノーブルメモB7・BLOC RHODIA N12・MDノート無地

BLOC RHODIA N11(カバー付き)

MDノートは思い立ち日記用に、ノーブルとN12は試し書きとか落書きの時に気分によってコロコロ使用。

N11はカバンに入ってることが多いかな。

ブリッて破る時が気持ちいい・・・

4筆記具・・・っていうか万年筆!スクリーンショット 2016-01-26 23.30.40

上から

Pilot Elite 18金2種

pilotカスタム74(SFM)LAMY Fニブ・カクノMニブ2種・筆deまんねん

無印万年筆・付録万年筆・ダイソー万年筆

太字のペンはブルーエディションと一緒にしてて、他のはまとめてペンケースに入ってます。(こないだまでは全部まとめてブルーエディションのジッパーケースに入れてた笑)

特にお気に入りはカスタム74とラミーちゃん。

筆圧高いから固めのペン先の方がいいんだろうけどSFMっていう柔らかめのペン先であえて力抜いて書くのが好きだったりする。

LAMYは書き心地もだし最初に買った万年筆ってことで一番愛着があるかもしれない。

インクは色彩雫シリーズを主に使用。

主にこいつらを使ってるけど、新参者のイレコ手帳は裏抜けがひどいのでボールペンを使ってます(ごめん完全に撮るの忘れてた)。

選ぶ基準は書き心地優先でデザインとはあんまりってか殆ど気にしない。キラキラしたやつ、とか限定カラーとかよりも書き心地が用ものが正義です。

だって書き心地よくなかったらそのうち使わなくなっちゃいそうでしょ?

あとは買ったけど使ってないノートがいくつかあるけどそれを書いてたら本当にきりがなくなってくるのでまたの機会にする!別にめんどくさいとかネタのためにとかではない!断じてないとは言い切れないけどそうじゃない気がする。

 

ちなみに何か書くときは椅子に座ってテーブルで書きたいです。

なぜなら字がびっくりするくらい汚いから。

字が上手くなるよう神様に願っておけばよかったな・・・。

cage

Comments (0)

Tags: , , ,

しょーたノートの自己紹介

Posted on 26 1月 2016 by

今回の記事のテーマ

今回の記事のテーマは、私のノートの自己紹介です。

ノートとそれぞれの役割

shota_my_notes_20160126
母艦ノート:MOLESKINEノート スクエアード ラージ
ユビキタスキャプチャーノート(なんでもノート):MOLESKINEノート スクエアード ポケット
気づきメモ帳:ニモーシネ A8サイズ
スケジュール帳:美容室で貰ったマンスリー手帳
日記:モレスキン ピーナッツ 手帳 2016 デイリー 限定版 1月始まり ポケット

こんな感じで大量にしようしています。
ちなみに、母艦ノートと日記は持ち歩いてません。

母艦ノートの使用用途

Bullet Journalをアレンジ?しています。中身はDIYしています。
DIYの内容は次のエントリーで書こうと思っています。

ユビキタスキャプチャーノート(なんでもノート)の使用用途

そのままです。とにかくなんでも書いています。
読書マインドマップの元ネタ、打ち合わせの内容、気づいたこと、買い物リスト、母艦ノートに写すTodoやタスク、スケジュールなどなど。
とにかく思いついたら書いています。

気づきメモ帳の使用用途

これは移動中に思いついたことを、すぐに書き出す用ノートです。
コートやカバンのポケットなどに忍ばせてすぐに取り出せる様にして持ち歩いています。
GTDでいうと『inbox』の扱いになっています。

日記の使用用途

体調を崩してから付けるようにしています。これは普通に手帳です。寝る前に書いています。

母艦ノートを持ち歩かないワケ

理由は『通勤用バックに入れる余裕がないから』です(苦笑)
普通のビジネスバックなのですが、MBA、モバイルバッテリー、筆箱、メガネ、読書本が入っているので、ラージサイズを持ち歩くには厳しいです。

そのため、モレスキンノート スクエアードポケットサイズを持ち歩いています。
家に帰ってきたら母艦ノートび書き写す必要のある内容だけ書き写します。

今回はこんな感じでございます。ではまた次回。。。

Comments (0)

いつものコーヒーでしょうか?

Posted on 26 1月 2016 by

イタリアで暮らすこと、かれこれ合計すると6年くらいになるのだけれども、この国はともかく「飽きた」とか「慣れた」とは全く言わせてくれない。

2016年も始まって約1か月だけど、今年はしょっぱなからやらかしてくれました。

まさかの新年のカウントダウン、国営放送が1分以上「早く」やってしまった。
テレビ見てて、いきなりカウントダウン始まっちゃって、みんなお祝いのためのシャンパン出したりしてて「早くない?スマホにまだ23時58分って出てない?」「えー、お前のスマホの時計狂ってるんじゃないのか?」なんてわちゃわちゃやってるうちに、テレビの表示が「明けましておめでとう!」なんて出ちゃったからみんなでとりあえず、ハグしたりキスしたりしておめでとう!なんて言いながら、あれ?やっぱりスマホの表示はまだ0時じゃない。

ツイッターとかで「おかしくない?」なんていうのが山ほど書かれたようで、次の日の新聞に「早まっちゃいました」って悪ぶる様子もなく書いてあって、私は思った。

やっぱりこの常に気の抜けない、何が起こるかわからない緊張感にあふれたイタリアが好きだと。

 

さて、イタリアといえばおいしいコーヒーで有名ですが、
カフェに座ってのんびりコーヒーを飲みながら読書・・・・にはまったく向いていない、というか「なんだあの人?」くらいの雰囲気になっても耐えられる心臓を持ってないと無理な雰囲気を醸し出してます。
友達や恋人と一緒だとしても、滞在時間が30分を超えるというのも稀っぽい。
コーヒーは基本「立ち飲み」。

caffe

流れはこんな感じ。
バールと呼ばれるコーヒーや軽食なんかも出すお店に入り、とりあえずレジで注文します。
(料金後払いのお店もあります)
コーヒー=小さなカップにちょこっと入ったエスプレッソで、ここ数年は1ユーロのところが多いです。
朝だったら、カプチーノもいいですね。
あと、コーヒーと同じ値段で「マッキアート」と言えば、エスプレッソにちょこっとだけ泡だったミルクを入れてくれます。
お金を払ったら、レシートを持ってバリスタのいるカウンターに行きます。
朝や昼食後なんかはカウンターは人でごったがえしていることもありますが、ひるまず近づいていき、バリスタが気づいてくれるまで、レシートをひらひらさせてみたり。
バリスタと目があったら「コーヒー1つ!」と注文します。

するとバリスタは、カウンターにコーヒーカップを乗せるためのお皿とスプーンを置いてくれます。
これで、あなたの位置が決まりました。混んでいても、おしゃべりに夢中のイタリア人もさすがに場所を空けてくれます。
30秒以内にコーヒーが置かれるので、カウンターに山ほど置いてある砂糖の小袋を自由に取ります。
ダイエット甘味料が欲しいとか、ブラウンシュガーが欲しいとか要望があればバリスタにとりあえず聞いてみると出てきます。
たまにバリスタの気分で、チョコレートをおまけにつけてくれたりなんてこともあります。
ああ、いい香りだなあ・・・
とかなんとか思いながら、くいっと飲み干します。

ここまで、混んでいても入店から退店まで3分、かかっても5分未満。

バールだと朝、コーヒーとともにブリオッシュ(と北イタリアでは呼んでいますが、南に行くとコルネットと呼ばれていたりする)という見た目はクロワッサン、でもフランスのクロワッサンほどバターっぽくないものに、ジャムやらクリームやらが入ったパンを食べることがあって、「ともかく甘いもので、ぐぐっと血糖値上げて目を覚まそう」という気分になります。

このブリオッシュを食べるのも、立ったままの人が多いですが、ちゃんとテーブルに座って食べることもできます。

ただ、ひとつ注意なのが、いわゆる観光地のバールでよくあるのだけれども
立ってコーヒー飲むのと、座って同じコーヒー飲むのの値段が倍以上違うことがあります(地元のおっちゃんがいっぱいいるようなバールでは基本的に座っても同じ料金)。
一応ちゃんとカウンター料金と、席での料金と書かれた表がレジの近くに貼られていたりするけれど、イタリア語が話せなかったら、このことを知らなかったら、歩き疲れた観光客はとりあえず座っちゃいますよね。

去年の秋に仕事でよく行く学校が移転して、前より庶民的なバールとかパン屋さんとかがある地区に通っています。
さすがに毎日はバールに顔を出さないけれども、ちょっとでも常連さんになりたいなあと思っていつも同じバールに行きます。
今年の目標は、いつもレジにいるおばあちゃんに「おはよう、いつものコーヒー?」って言われ、カウンターで馴染みのバリスタに「おはようございます。コーヒーですか?」って言ってもらえる率を高めていくこと。
実は、たまに昼ごはんを食べに行くだけのバールが別にあって、そっちは学校付属のバールなので(学食感覚なのかな)さすがに東洋人が珍しいようで、「食後にコーヒーでしたよね?」なんて言われたりするようになってきました。いいぞいいぞ。
この前は、コーヒー飲みつつノートを出してちょこっと仕事のまとめをしたりしたけれど「食べ終わったなら出ていけ」みたいな雰囲気も出されず、のんびりノートを書けたのでびびらずこれからもやろうと思います。

さて、この話に何かオチをつけようと思い考えてみたところ、私はお茶もコーヒーも大好きなのですが、年々カフェインに弱くなっていっていて、お茶やコーヒーを午後2時くらいまでしか飲めないのです。

そんなわけで、午後はハーブティー(イタリア語だとティザーネと言います)を飲んでいます。
お茶を飲む人は少ないコーヒー大国イタリアですが、ハーブティーは薬草薬局とかがあるくらい身近なものなので、そのことをまたいつか書けたら、と思います。

Comments (9)

Tags: ,

鞄の中身は?? 

Posted on 25 1月 2016 by

色んな人の鞄の中身はを見たいので、自分の鞄の中身を発表します!!
img_5303.jpeg
メイン鞄は、モモンガバックです(=´∀`)

・小さいふ

・カードケース

・iPhoneの充電池

・iPhoneの充電コード

・会社のIDカード

・ポケットWi-Fi

・写真にはないですが、リップもあります。

↑リップが行方不明でなかった時にしますは撮りました。

・今年当てたガレットのフェーブ

サブでトートバッグに、

・ジブン手帳 mini

・筆箱

・歯ブラシセット

・万年筆
*たまに水筒2つ持って歩いてます。

トートバッグにクリップは絶対につけてます。

この上に書いてるモノを持ち歩いてます。

これに、本が入ったり会社の制服があるくらいなです。
基本、鞄の中身はあまり替えないです。

旅行とか実家に帰る時も、基本の荷物にガイドブックやノートが増えるくらいです。

後は、病院に行く時に書類が一式持ちはこばれるだけです。

鞄が小さくなる事によって、不要な物は直ぐに鞄から出すようになりました。

トートバッグも、サイズは小さいのから大きい物があるので、荷物によってトートバッグ2個とか持ってたりします。

Comments (1)

自己紹介にかえて

Posted on 25 1月 2016 by

胸のうちに生まれ、生まれたことすら誰にも知られずに
消えてゆく言葉があります。

どこまでも開かれた世界で、無限に広がり
薄められてゆく言葉があります。
 
そのどちらでもない、あるいはその両方を繋ぐ中間の言葉の住むところ
それが
ノートブックです
 
生まれ落ちた言葉たちの多くはそこで育ち
土地を耕したり布を織ったり手を繋いだり争ったり
歳を重ねて死んだりしています。
 
広い世界を夢見るものは心身を鍛え、身支度を整え
目的を果たすために長い旅に出ます。
時に収穫を携えて帰ってきたりもします。
 
 
 
こんにちわ、Dutchです。
2016年Notebookersライターになりました。
どうぞよしなに。
 
伝えたいことは実はそんなにありません。
言葉は伝えるためにあると、誰かが言ったような気がしますが
わたしはそれは嘘だと思っています。
 
伝わらない言葉の住むところ
ノートブックを愛する全てのNotebookersへ
 
伝わらない言葉を
愛を込めて
 
24.Jan.2016
Dutch

Comments (0)

Tomoyoです

Posted on 25 1月 2016 by

はじめまして! Tomoyoです。

念願のNotebookersに加わることができて嬉しいです。

 

私、Tomoyoは

気が強い方ではないと思うけど…

譲れないものは譲れない、好きなのもは好き。

マイペースな五黄の寅世代です。

 

Tomoyoはあの女優さんと同じ漢字です。

親の世代もバレますね。

 

東京生まれ東京育ち、青森県と沖縄県のミックスです。

「お兄ちゃんいるでしょ?」って言われるけど、いません。

 

手帳とかノートとか、紙の束が好きです。

文房具はだいたい好きです。

好きが強くて文房具に囲まれて働いてたこともありました。

 

でも本職は洋裁です。

今はロンドンのファクトリーでチクチク縫う日々を過ごしています。

 

ちょっと出遅れた感あるけど自己紹介です。

 

おわります。

Comments (0)

大寒と一軍

Posted on 25 1月 2016 by

1月21日は大寒ですね

大寒

 

そもそも字面からして寒そう。そして北国住民からしたら、いいよもう、ってなる感じです。

日本全国津々浦々、今日は寒い一日ですね。皆様風邪などをお召しになりませんように。

そして雪国の住民様、お互い日々の雪かきをがんばりましょう。春はすぐそこです。たぶん。

 

そんな日は手帳、文房具と戯れるのが一番おだやかですね。

ということで本日は会社のデスクからこんにちは。毎日持ち歩いている一軍文房具をじゃじゃじゃじゃーんです。

 

文房具①

手帳はほぼ日オリジナル。3年目になりました。

昨年アヴェックを使ったのだけど、どうしても年末になると今年の振り返りをする機会が増え、そうなると2冊に分けるのはアレだなって。上期の分は普段持ち歩かないし。ってことで今年は通年バージョンに戻しました。

カバーは初めて購入した時のもの。中身についてはいずれまた。

 

パイロット HI-TEC-C coleto は、ほぼ全色所有。最近のお気に入りは0.4ミリの芯。

会社鞄に入れているペンケースには、1軍として写真のものたちが。

似たような色味のものばかりあるな~。

zebra KIRARICHも全色保有。一軍入りは緑、青、ピンク。黄色と紫もあるのだけど、全色持ち歩くってどうなの、ってことで今回は所持せず。

シャーペンも大好きであれこれと試してはいるのだけど、一番しっくりきたのが1345img4Faber Castell GRIP1345

このラバーグリップがイイ!

なにより細さ。最高。ある程度の重さもイイ。製図用のアイテムだけど、一応図面とか見れる仕事だしいっか、って旅先で購入。自分にお土産。

 

ほんとはネイビーがほしかったのだけど、FaberCastellといったらグリーンでしょってことでグリーン。今のところVIP待遇です(なんだそれ)

 

今週末も大荒れらしい当地。週末は少し鞄を軽くしよう1軍選挙を行うってのもアリかな。

1軍昇格グッズ、待機組についてはまた今度。

それではまた。

 

 

 

 

 

Comments (0)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2016年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ