Archive | 1月 25th, 2016

Tags: ,

鞄の中身は?? 

Posted on 25 1月 2016 by

色んな人の鞄の中身はを見たいので、自分の鞄の中身を発表します!!
img_5303.jpeg
メイン鞄は、モモンガバックです(=´∀`)

・小さいふ

・カードケース

・iPhoneの充電池

・iPhoneの充電コード

・会社のIDカード

・ポケットWi-Fi

・写真にはないですが、リップもあります。

↑リップが行方不明でなかった時にしますは撮りました。

・今年当てたガレットのフェーブ

サブでトートバッグに、

・ジブン手帳 mini

・筆箱

・歯ブラシセット

・万年筆
*たまに水筒2つ持って歩いてます。

トートバッグにクリップは絶対につけてます。

この上に書いてるモノを持ち歩いてます。

これに、本が入ったり会社の制服があるくらいなです。
基本、鞄の中身はあまり替えないです。

旅行とか実家に帰る時も、基本の荷物にガイドブックやノートが増えるくらいです。

後は、病院に行く時に書類が一式持ちはこばれるだけです。

鞄が小さくなる事によって、不要な物は直ぐに鞄から出すようになりました。

トートバッグも、サイズは小さいのから大きい物があるので、荷物によってトートバッグ2個とか持ってたりします。

Comments (1)

自己紹介にかえて

Posted on 25 1月 2016 by

胸のうちに生まれ、生まれたことすら誰にも知られずに
消えてゆく言葉があります。

どこまでも開かれた世界で、無限に広がり
薄められてゆく言葉があります。
 
そのどちらでもない、あるいはその両方を繋ぐ中間の言葉の住むところ
それが
ノートブックです
 
生まれ落ちた言葉たちの多くはそこで育ち
土地を耕したり布を織ったり手を繋いだり争ったり
歳を重ねて死んだりしています。
 
広い世界を夢見るものは心身を鍛え、身支度を整え
目的を果たすために長い旅に出ます。
時に収穫を携えて帰ってきたりもします。
 
 
 
こんにちわ、Dutchです。
2016年Notebookersライターになりました。
どうぞよしなに。
 
伝えたいことは実はそんなにありません。
言葉は伝えるためにあると、誰かが言ったような気がしますが
わたしはそれは嘘だと思っています。
 
伝わらない言葉の住むところ
ノートブックを愛する全てのNotebookersへ
 
伝わらない言葉を
愛を込めて
 
24.Jan.2016
Dutch

Comments (0)

Tomoyoです

Posted on 25 1月 2016 by

はじめまして! Tomoyoです。

念願のNotebookersに加わることができて嬉しいです。

 

私、Tomoyoは

気が強い方ではないと思うけど…

譲れないものは譲れない、好きなのもは好き。

マイペースな五黄の寅世代です。

 

Tomoyoはあの女優さんと同じ漢字です。

親の世代もバレますね。

 

東京生まれ東京育ち、青森県と沖縄県のミックスです。

「お兄ちゃんいるでしょ?」って言われるけど、いません。

 

手帳とかノートとか、紙の束が好きです。

文房具はだいたい好きです。

好きが強くて文房具に囲まれて働いてたこともありました。

 

でも本職は洋裁です。

今はロンドンのファクトリーでチクチク縫う日々を過ごしています。

 

ちょっと出遅れた感あるけど自己紹介です。

 

おわります。

Comments (0)

大寒と一軍

Posted on 25 1月 2016 by

1月21日は大寒ですね

大寒

 

そもそも字面からして寒そう。そして北国住民からしたら、いいよもう、ってなる感じです。

日本全国津々浦々、今日は寒い一日ですね。皆様風邪などをお召しになりませんように。

そして雪国の住民様、お互い日々の雪かきをがんばりましょう。春はすぐそこです。たぶん。

 

そんな日は手帳、文房具と戯れるのが一番おだやかですね。

ということで本日は会社のデスクからこんにちは。毎日持ち歩いている一軍文房具をじゃじゃじゃじゃーんです。

 

文房具①

手帳はほぼ日オリジナル。3年目になりました。

昨年アヴェックを使ったのだけど、どうしても年末になると今年の振り返りをする機会が増え、そうなると2冊に分けるのはアレだなって。上期の分は普段持ち歩かないし。ってことで今年は通年バージョンに戻しました。

カバーは初めて購入した時のもの。中身についてはいずれまた。

 

パイロット HI-TEC-C coleto は、ほぼ全色所有。最近のお気に入りは0.4ミリの芯。

会社鞄に入れているペンケースには、1軍として写真のものたちが。

似たような色味のものばかりあるな~。

zebra KIRARICHも全色保有。一軍入りは緑、青、ピンク。黄色と紫もあるのだけど、全色持ち歩くってどうなの、ってことで今回は所持せず。

シャーペンも大好きであれこれと試してはいるのだけど、一番しっくりきたのが1345img4Faber Castell GRIP1345

このラバーグリップがイイ!

なにより細さ。最高。ある程度の重さもイイ。製図用のアイテムだけど、一応図面とか見れる仕事だしいっか、って旅先で購入。自分にお土産。

 

ほんとはネイビーがほしかったのだけど、FaberCastellといったらグリーンでしょってことでグリーン。今のところVIP待遇です(なんだそれ)

 

今週末も大荒れらしい当地。週末は少し鞄を軽くしよう1軍選挙を行うってのもアリかな。

1軍昇格グッズ、待機組についてはまた今度。

それではまた。

 

 

 

 

 

Comments (0)

どうぞよろしくおねがいいたします。

Posted on 25 1月 2016 by

 

2016年度notebookersのライターになることができました。夢じゃないかしら?夢じゃないようです。
こんにちはこんばんはおはようございます!かのりと申します。

タイミングって時にすごいなぁ、あとから思って鳥肌立っちゃうって思うことってあるけれど
notebookersのライター募集ってそろそろかしらと思って久しぶりにnotebookers見たら
ライター募集の記事読んだのが締め切りの一時間半前だったという。

急いで応募フォーム書きました。
そうしたら登録していただくことができましてほんとうにうれしいです。

管理人のタカヤさんをはじめ先輩ライターのみなさま同期ライターのみなさまどうぞよろしくお願いいたします。

まずは私の自己紹介を少し

修羅の国に住む2014年に結婚したアラフォー主婦
生まれは東京育ちも東京。東京でも区ではなく山奥の市に住んでいました。
旦那氏と2015年11月に生まれたかわいいかわいいかわいいムスメと一緒に暮らしている
夫婦そろってコミケとか大好きなヲタ。

 

文房具も文房具好きがたたってとあるお店の文具担当になってしまうくらいの文房具好き
(今は結婚して退職しました)
特に筆記具とノート、手帳が大好きで店頭に陳列しているときが至福でした。

ノートはキャンパスノートをはじめいろいろ使ってみて一番好きなのはMDノート。
方眼罫好き。測量野帳も好き。モレスキンもまた使ってみたい一品。

手帳は高くても白くてもほぼ日手帳好き。全種類使ってみて2016はweeks2冊とオリジナル1冊に落ち着きました。
高くても白くても(しつこい)もう今年で使い始めて10年になりました。はやいなぁ・・・

DSCN0114

twitterinstagramもやっています。

まだまだ新米ですがどうぞよろしくお願いいたします!!

 

 

 

Comments (0)

日めくりカレンダーで、毎日がすこしだけ特別な日に。

Posted on 25 1月 2016 by

2度目の投稿、美春です。

 

1日1ページの手帳と楽しく過ごしたい。。。

そんな思いから、

昨年の秋頃、いくつか日めくりカレンダーを購入しました。

 

ですが、とある事情で、ほぼ日を使うのをやめてしまった、わたし。。

今は、まだ日めくりカレンダーを眺めているだけ。。

 

でも、とても可愛いもの、外国のもの、手作り感あふれるものなど。。

いくつかご紹介させてください。

image

左側  ドイツの日めくりカレンダー  ブルネン

毎年すごい人気ですぐ売り切れてしまいます。

大きさもいくつかあり、手帳サイズと相談して貼り付けると、可愛いです。

image

こんなかんじです。

英語じゃなくて、ドイツ語なのが、良いですね。

手帳がぐっとオシャレになります。

 

そして、1枚目の写真の右側  ハルカゼ舎さんの日めくりカレンダー

小さなコトバが添えられていて

ほっこりします。

image

退屈も愛しい日

ほんとうにそう思えたら、素敵だな、と思わせてくれるコトバです。

ほかにも、「星を育てる日」「青が散る日」など。。

歌詞のような言葉がちりばめられています。

こちらの日めくりカレンダーは、ハルカゼ舎さんのInstagramでも見ることができます。

 

そして、最後は私の完全な趣味ですが。。

image

リラックマの日めくりカレンダー。

絵があまり書けないので、これを切り貼りして、

ほぼ日に。。と考えていました。

 

1日1ページの手帳は、

MDノートダイアリー、EDIT、モレスキンと持っていますので、

これらの手帳になんらかのカタチで、活かしていきたいと思っています。

 

今は、手帳というより、

トラベラーズノートや、MDノート(白紙)に、

詩や、物語の断片、考えたこと、感じたことを書くことが多いです。

 

次回は、もう少し、ノートの話をしたいと思います。

それでは、今日はこの辺で。

 

美春

 

Comments (0)

ノートブックの速度

Posted on 25 1月 2016 by

書き留めた ノートブックの速度 という言葉 に フツフツと

20160123_speed1

まきこんで まきこまれて 砕けて 凝集して 砕かれて

20160123_speed_draft

変奏された もの

 

砕ける 世界の周りで  / ぶつかり あう 破片

丸く 尖って 粗に 密に / その間に ある

ノートブック / 時に

盾として 器として 網として 俎板として

20160125_visualization

世界を砕く 速度

(変奏)

Comments (0)

「初めまして」と「ただいま」

Posted on 25 1月 2016 by

ちいです。

初めてご覧いただいた方、初めまして。
もしもご存知の方がいらっしゃいましたら、ただいまです。

以前、Notebookersのライターをしていましたが、一度退会しまして、この度数年ぶりに復帰した次第です。

退会したのに、どうしてまた戻ってきたのか?
自問してみても、はっきりした答えは見つからないのだけど。

今回のライター募集告知を偶然見かけてからというもの、他の時だったらバラバラで、何の関連性もない点と点のような出来事が、この時はなんとなく線で繋がって、それを辿っていったら、ライターに応募してNotebookersに復帰していた、というわけです。

今振り返れば「いやいや、それ思い込みでしょーw」とか「ただのこじつけじゃーんww」とも思うけれど、それが「思い込み」だろうと「こじつけ」だろうと、そんなことはあまり重要なことではない。
物事と物事の間に、自分なりの繋がりが感じられたなら、それは自分が動くための立派な理由になる。動機になる。

「戻るぞー!」「復帰するぞー!」という意気込みで戻ってきた、というよりも、「気づいたら戻ってきてたわ(笑)」くらいの自然な流れだったりする。

でもね。
私の中で、こういう「自然な流れ」って、実は大切に扱うべきことなんじゃないかと思っています。
「自然な流れ」に乗って辿り着くと、本当に興味深いことがそこにはある、となんとなく確信しているのです。

2度目のNotebookersの世界が私にとっての新しい旅になる、という静かなワクワクと共に出発しましょう♪

img_0001.jpeg

Comments (3)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2016年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ