Archive | 1月 29th, 2016

贅沢は言わない四国地区カモン!

Posted on 29 1月 2016 by

このサイトをはじめmoleskineではモレミが開催されていますよね。

このサイトを見ている人なら1度は参加したいと思わせる魅力的な会合です(きっと)

東京、大阪…、ちくしょう、殆ど都会で開催だ…

瀬戸内海を越えないと参加できないじゃないか、

450px-Sicocu-miti

ちくしょう。

目標は香川、愛媛、高知、徳島それぞれで開催したい。

そんな期待を込めながら、このNotebookerに新たに参加された方々を歓迎するyasuです。

みなさんいらっしゃい。

 

四国の方はコメントしてね(他人任せ)

Comments (3)

Tags: , , ,

思い込みを和らげて自分を解放してみようと思った話。

Posted on 29 1月 2016 by

Notebookersな皆様、おはようございます(こんにちは、こんばんは)。
2度目の登場、れでぃけっとです。

自己紹介時記事の中で「2015年9月頃から手帳の使い方に変化がありました。」と書きました。
Instagramで手帳関係のハッシュタグを検索して、いいなと思えば通りすがりにいいねをつけたり、日付シートを使うようになったり。
今年に入ってから『手帳でもっと幸せな毎日に変えようプロジェクト』
(ほぼ日手帳公式ガイドブック2016に掲載されている「こぐまさん」主宰。)
『手帳ゆる友』
(Twitter、Instagramでよく見かけるハッシュダグ。「藍玉さん」に参加表明して返信があれば使える)
Google+の『ジブン手帳同好会』
に参加するようになりました。
競馬が好きだというと「えっ?」と思われるケースがありますし、避けられた、なんて話も聞きます。
そういうのを避ける為、極力手帳関係のものは眺めるだけで終わっていました。
元日にジブン手帳同好会に書き込みしてから少しずつ変化してきたのかもしれません。
いちばんのきっかけはこぐまさんのこのお題。

つらい思い込みは和らげてみてね。

これって思い込みじゃない?って自分に問いかけてみてね。

心を自由にしてみてね。

きっとやりたい事が見えてくるから。

望みを叶えた!という思い込みは大切です!

思い込みの力、良い方向に使おうね。

『思い込みを和らげよう!心を自由にしてあげよう!#手帳でもっと幸せな毎日に変えようプロジェクト』

競馬が好きなのも自分を作ってる要素のひとつ。だから、自分で自分を否定しちゃダメじゃん!
競馬好き=馬券にいっぱいお金つぎこんでるダメ人間みたいなことを思われて嫌われてもほっとけばいい。
はっきり言ってそれは偏見ですから!!
馬をカッコ良く撮る為に機材にお金かけたり、好きな馬や騎手を追っかけて遠征とか、一口馬主(草野仁さん、宮川一朗太さんが有名)とかいろいろですから。
中には馬券買わない人だっているんですよ。知り合いにそういう人がいます。

もともとマイナス思考で考えすぎる性格ゆえに、どこかで逃げ道作ってたかなって思うんです。
でも、それを言い訳にするのはやめよう。少しずつ解放していくチャンスが与えられた気がしています。

ここで私がほぼ日手帳に書いた競馬のことを少しですがご紹介します。
初めて競馬のことを手帳に書いたのがこれ。
初めて競馬のことを書いてみたページ
2015年度版ほぼ日手帳ガイドブックに競馬ファンのイラストレーターさんの使い方が載っていまして、その方は好きな種牡馬の産駒が引退を報じた
競馬サイトのページを縮小印刷して貼っていました。それを見て自分もやろうと思い、やってみたものです。
Instagramにアップした一番最初の競馬でほぼ日手帳です。

これを応援している厩舎の馬が勝ったらやってみようと思いました。
イッシンドウタイ
誕生日に目の前で勝ってくれたのが嬉しかった・・・(泣)
こうして写真付きの記事になるのは特別レースと新馬戦(競走馬がデビューする時)だけなので、それ以外は契約している競馬のスマートフォン
アプリのページをスクリーンショットで撮影・保存して印刷しています。

この時一部がはみ出てしまって閉じるときは下の紙を折っています。
ドーヴァー新馬勝ちのこと。

初めてほぼ日手帳に競馬のことを書いた馬は去年12月に牝馬で初めてJRAのダートGIレースを勝ちました。
書いた時点ではこの後もう一戦する話もありましたが引退が決定。今年からお母さんになります。
サンビスタがチャンピオンズカップを勝った

2016年初の競馬ネタは東海ステークスのこと。
応援している厩舎2頭出しだったんですけどダブルスター4着。イッシンドウタイ7着。
カズンに書いたもの
今年の目標は自分が撮った馬の写真を印刷して貼ることです。
そのために環境を整えたのであとは自分のやる気次第(え?)

ペンはスタイルフィットの0.38シグノ。
手帳セラピスト・さとうめぐみさんの著書に則って5色プラス応援している厩舎のことを書くときは紫色を使っています。
競走馬を管理する厩舎にはそれぞれチームカラーがあって、私が応援している厩舎は紫なので。
手帳をアップするにあたって自分の字の汚さが(^^;) 果たして年末には変化が訪れるのでしょうか。
そのときは画面の向こうで笑ってやってください。

自分自身の課題を早くもさらけ出してしまった感がありますが、今回はこれにておしまいです。

それでは、れでぃけっとでした。

2016年1月30日追記。
InstagramのURL埋め込み画像が表示されなかったため、画像が表示されるよう修正および一部記事を書き換えました。
ご迷惑をおかけいたしました。

Comments (1)

大人の鉛筆と世間一般の鉛筆。

Posted on 29 1月 2016 by

image

明日、試験なんですけどね

持ってくるものに、

 

筆記具(鉛筆、消しゴムなど) 

 

って書いてあるのよね。

鉛筆は…あるけど姪っ子が家に来た時に遊んでる

鉛筆だから芯が折れてやしないか心配よね。芯だけに。

 

ねぇ、大人の鉛筆は認められるのかしら。

世間一般の鉛筆と大人の鉛筆…

明日、両方机に置いて

「はじめ!」の声と共に大人の鉛筆を握ってみるわ。

 

途中で丸くなってたら専用の削り器で

研いでみるの。誰か止めるかしら。

全っ然、余裕がなかったら、潔く世間一般の鉛筆に飛びつくから。

 

大人の鉛筆は、市民権を得ているのか!

なんて下らないことを書く間があれば寝なさい。私。

これって「どっちかにしなさい部」?

Comments (0)

かみにこだわるNotebooker女子へ

Posted on 29 1月 2016 by

普段Notebooker女子は手帳やノートの紙にこだわってる人が多いと思われます。やっぱり手帳にはトモエリバーよね、いやいやMDもいいわよ。モレスキンの紙質には悩まされるわね。

といった話ではありません、今回は。

で、今日のテーマはNotebooker女子にとって紙より大切な髪のお話です。

去年の暮れから筆者は湯シャンを始めました。湯シャンとは何か?

解説しよう、湯シャンとはお湯だけでシャンプーすることである。

シャンプーを使うと髪や地肌を傷めるそうです。シャンプーの洗浄力は強力すぎて頭皮の皮脂を取り過ぎてしまったり髪の毛を痛め、髪のハリやコシがなくなるそうです。そして白髪や抜け毛が増えるんですって、奥さん。シャンプーの洗浄力は頭皮に洗濯用洗剤を付けて洗うようなものらしいです。なので、お湯だけでシャンプーすることによりハリとコシを取り戻し、抜け毛や白髪を予防しようではありませんか。

で、筆者が1ヶ月湯シャンを試した結果、白髪が目立たなくなったような気がします。そしてもうひとつの効果、シャンプー代の節約が出来ます。

話は変わりますが、Notebookers女子にはロングヘアー美女もいるかと思われます。それでたまたまイメチェンしてショートヘアーにしたいなと思うときがあるかもしれません。美容院で切ってもらったらそのまま廃棄されますね。そこで提案なのですが、ヘアドネーションをしてみませんか?

突然意味不明の横文字が出てきましたね。ヘアドネーション=髪の毛の寄付ですよ、お嬢さん。髪の毛を寄付?どゆこと??と訝しがる方もいらっしゃるかもしれません。髪の毛は寄付を通じて人毛ウィッグとして生まれ変わります。化繊の髪の毛よりも自然な見た目と仕上がりで傍から見てもウィッグとは思えないほどの出来だそうです。そりゃそうですよね、人毛だもの。ただ、世に流通する数が圧倒的に少ないです。

オシャレNotebooker女子の中でもウィッグで普段の自分とは違う自分になってみたいと思う方もいますよね。また、自毛を染めたりヘアスタイルを変えたりオシャレを楽しみたいですよね。でも、それが出来ない女子も世の中にはいます。例えば抗がん剤治療の副作用であったり原因不明の毛が抜ける病気だったり。女の子にとって髪は命でありアイデンティティであるので、そういう境遇だと外に出るのも億劫になったり自信がなくなったりして人生を楽しめません。そういう女子達に救いの手を差し伸べるのが人毛ウィッグです。人毛ウィッグをつけて気持ちまで明るくなって女子としての人生を前向きに歩けるようになるみたいです。また、人毛ウィッグ職人さんも自然に見えるように苦心して作っています。特に前髪の生え際は職人技の持てる技術を全てつぎ込んで一針一針心をこめて縫っているそうです。

といった内容をあるテレビ番組で見ました。

なので、思い切ってばっさり切るときはそれこそ思い切ってヘアドネーションを申し出てみてはいかがでしょうか。

IMG_20150414_173809

Comments (5)

はじめまして、こんにちは。

Posted on 29 1月 2016 by

皆さまこんにちは。はじめまして。
2016年よりNotebookersライターのお仲間に加わりました☆3105(satoko)と申します。

 

こちらを知ったのはほんの1年ほど前。
手帳の使い方の幅を広げたいと色々探していたところ、気付いたら辿り着いていました。
様々な記事を眺めるうちに、いつか自分も書いてみたいなぁ・・・と、思っておりまして。

 

いつかじゃなくて今でいいじゃん、と・・・・気付いたら応募ボタンを押していました。

 

無題

 

まずは自己紹介でも。

秋田県出身、秋田県在住。
1時間あれば海と山のどちらにも行ける場所に住んでいます。
365日のうち360日くらいを地元で過ごしている出不精です。

 

ひとりでできる事、ひとりで行ける場所へは大体おひとりさまで。
趣味は広く浅く・・・時々沼もありますが、ゆるくマイペースに楽しんでおります。

 

高校生の頃、ちょうどブログが流行り出した頃。
初めてHPを作り、ネット上で文章を綴った日からだいぶ年月が経ちました。
今度はこちらで楽しく書いていけたらと思っています。

 

ご覧いただいてる皆さま、先輩ライターさま、そして同期の皆さま。
改めてよろしくお願いします!

Comments (0)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2016年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ