Archive | 1月 30th, 2016

雪の降る音

Posted on 30 1月 2016 by

空から大きな雪片が終わりを知らぬように降り注ぎ、人を、建物を、大地を覆い尽くす。
車のエンジン、子供のはしゃぐ声、遠くのサイレン、波音、そして人の生きてる気配までもが雪に閉じ込められて静寂に包まれる。
ふわふわと降り注ぐこの静寂こそがまさに雪の降る音…

「どうせ私はこの街に残るのだから」
今となってはあまり細かいことは覚えていないけれど、それは確か、雪がたくさん降るロマンチックな街の話だったか、あるいは雪の降る音の話をしていた時だったと思う。
僕が育った中でほんの数年ばかり住んでいた、少し遠くの街、しんしんと降る雪の音の話。
けれども僕は大きな失敗をしたらしい。
彼女はありったけの不機嫌な顔で立ち止まっていた。
「あなたは春には卒業してどこかへ行ってしまうけれど、私は一人で、この街に、雪の降らないこの街に残るのだから」
大げさだ、と僕は思った。あるいは声に出したかもしれない。
別に君はこの街にとらわれてはいない。
たった一年と少しの間、待つことが出来れば、同じ街に住む事だって、ロマンチックなその街に一緒に遊びに行く事だって出来るというのに。

冷え切った車のボンネットに黒い布を置く。
布の上に雪が乗ったらよく観察して、きれいな結晶をファインダーに入れる。
ピントは最近距離で固定し自分が前後に動いて調整。
鼻息があたるとレンズが曇り、結晶は溶けるので、息を止めてシャッターを押す。
時間がたつと結晶が崩れてくるので新しい雪を探す。
雪が積もったらいったん布を払い、同じ事を繰り返す。
氷点下の山中、単調な動作でシャッターの音だけを聞いていると心の騒がしい部分まで雪に閉ざされて、いつもは隠れている小さな部分がふと見える。
風が強くなってきて撮影を止める頃、僕は昔々の想い出とシャッター音と共に雪に封じ込まれる直前だった。

北の大地のロマンチックな街の、その近くに彼女が住んでいるらいしいと風の噂で聞いた。
結局その街に一緒に行くことは叶わなかったけれど、雪の降る音、彼女は聞いたかな。

snow

 

Comments (0)

黄色の選択;または黄色のペンの使いみち

Posted on 30 1月 2016 by

子供の時,色鉛筆セットが大好きだった.僕の色鉛筆セットは,12色.色は多くないけれど,平たい缶の中に一列に整然と並んでいて,黒から始まって,白で終わる.小さい青色の鉛筆削りと,大きめの消しゴムもついていた.

それぞれの色に居場所があった.使えば使うほど,”身長差”が出てくるのも楽しかった.一番背が高いのはもちろん白.逆に,青や赤,緑なんかは背が低い.

でもいつしか,筆記には黒のボールペンしか使わなくなって,色鉛筆は私のカバンから,デスクから,姿を消した.

黒と,赤と,青のボールペン.そして,黄色の蛍光ペン.これが,僕の暗い歴史を支えてきた限られた色だった.

 

そんな昨年,マインドマップを書こうと思い,FABER-CASTELL社の”GRIP Finepen 0.4mm”を10色セットで買い求めた.たぶん20年ぶりぐらいの色の洪水.こんなに沢山の色が一気に集うなんて…ノートに緑色や水色,茶色やオレンジ色でマップを書いていく.

ペン先は合成樹脂で,ゴシゴシ使っても毛先が広がらない感じが気に入っています.

その後,ブームが過ぎ去り(←熱しやすく冷めやすいタイプ),ペン立てが誠に混み合ってきていたので再考したところ,「あれれ」と思うことがありまして.

 

「黄色のペンってどうやって使うんだ?」

黄色がついてきた

セットで買うと,何かの策略なのか,居場所がないのか,雨の日の野良犬のように,不可避的についてきちゃうんですよね,黄色.

確かに,色鉛筆の黄色も,白色に負けず劣らず背が高かったような…?

「何のためってもちろん,黄色を塗るためだろうよ」と言われればその通り.でもそういうことじゃなくて,絵を描く以外でってことです.そこで,絵を描く以外のいろいろを,試してみました.

 

  1. 赤ペン先生のかわりに黄ペン先生→背景色と混同して点数を間違いそうだったのですぐに止めました.
  2. ハイライターのかわりに使用→いい感じ.でも,STEADTLER社のTextsurfer gelの方がいい…
  3. TO DOに使用→見えにくい
  4. メモに使用→見えにくい
  5. とりあえず鞄の中に入れて持ち歩いてみる→使わない
  6. これまでノートに書いた必要箇所を囲って,今後のために目立たせる(2の変型)→いい感じ.

 

ここまで来て,やっぱり「2.ハイライターがわり」と「6.囲って目立たせ」用が妥当だと思うようになってきました.ひとまず,お役御免にならずに済んだかも.

できるだけペン立てのなかでも前の方に配置し,存在感をアピールさせてみています.

パッケージをよく見たら,一番先頭に来てる…

黄色が先頭

こんな結論のない投稿.使用例をコメント欄で求めているのは,言うまでもありません.そして,これぜひ,Notebookersのお題にどうかなって思っています.

個人的にはPilotのJuiceシリーズが色(ボール)ペンの中ではお気に入りです.

Comments (1)

Tags: ,

ジブン手帳「IDEA」の使い道について考えた。

Posted on 30 1月 2016 by

去年の12月にひょんなことから買ってしまったジブン手帳。
DIARYだけでいいかなぁ、LIFEはう〜ん・・・と思ったのですが、ジブン手帳自体初めてなのでファーストキットを書いました。
ジブン手帳miniファーストキット
開封の儀? DIARY、LIFE、IDEAの三冊入っています。

DIARY、LIFEは目的が決まっているものですが、問題はIDEA。
これどうしよう・・・
しばらくLIFEと一緒にしまっちゃうおじさんにしまわれた存在でした。

そうこうしているうちに今回Notebookersのライターになったことだし、やっぱりネタ帳みたいなの
いるかなぁ?とぼんやり思うようになりました。
ジブン手帳のDIARYには書けないし、ほぼ日手帳も使い道が決まってる。
ほぼ日手帳のメモ帳セットもあるけれどちょっとページが少ないかなぁ。
かといってノートだと仰々しい気もするし・・・。

そうだ!IDEAを使おう!!

このままだと味気ないので手持ちのマスキングテープを貼りました。
マステを貼れば少しは違うかなーと思いまして。

ジブン手帳のIDEA
(ただ巻いて貼るだけという、この壊滅的なセンスのなさ・笑)

Notebookersに書きたいこと、その際の文章が浮かんだら書き留めておきましょう。
PCに向かって頭の中で考えながらやるよりも、一度書くことによって整理できそうだし。
ちなみに自己紹介の記事を書くのに3時間くらいかかりました(何をやってるんだか)。

いまはPCから書いていますがiPhoneからも書けるようにしたいなぁ。

それでは、れでぃけっとでした。

Comments (2)

Tags: ,

ご挨拶

Posted on 30 1月 2016 by

はじめまして!2016年度Notebookersライターに加えていただきました、ぴのゆかと申します。

何度も募集の告知を目にしながら、いや私なんかが…とうじうじすること3年、物は試しだ!と勢い余って応募をしてしまいました。タカヤさんはじめライターの皆様、どうぞよろしくお願いします!

 

簡単に自己紹介を…

ネットではパスポートがいるとか先住民がいるとかいないとか、何かと話題な某秘境にて、大学院生を目指す大学生をしています。

好きなものは、手帳…は大前提として、大学の専攻でもある美術、映画、旅行。

そしてアイドルです。この話は後で書きますね。

美術は主に現代アートが好きで、気になる展示があればそれを見に遠征旅行にひとり出かけたりとめっきりハートが強くなりました。行動力だけはよく褒められます。

その他こまごまとしたものだと、編み物・デジタルガジェット・ミッフィー・一眼レフ・メイクやコスメ・ファッション関連の様々……など、好きな人や物が多すぎて見放されてしまいそう(by椎名林檎)ですが頑張って生きています。

 

手帳に関しては、

①トラベラーズノートレギュラー

セクション信者です。とにかく何でも書きます。アナログの海と呼んでいます。思いついたこと、やらないといけないことなど…必要であればiphoneのリマインダーやスケジュールに書き写します。

②トラベラーズノートパスポート

外出中に必要になりそうな事柄をまとめておく用。買う物リストや、旅行に行く時の持ち物リストだったり。

③能率手帳

貧乏学生なのでゴールドには手が出せませんでした…毎日4行で日記を書くことにしています。あと半券とか貼り付けたい。

④MUJIのA4サイズスケジュール

まず予定が入るとiphoneのスケジュールアプリに打ち込み→それからMUJIのスケジュールに書きます→前日の夜にウィークリーページを開き→明日の予定を確認し1日の流れと細分化したTODOを書きます→また夜に開きその日の出来事を隙間にざっと書き込んで→寝ます

あと手帳ではありませんが、SIMなしの⑤BlackBerryをメモやTODOの代わりにしています。こっちはデジタルの海です。ノートが開けないようなところで使ってます。

単にちっちゃなガジェットが好きなので、完全におもちゃ状態ですが、いつも持ち歩いています。この子についても何か記事を書きたいな〜

———-

さて、

ライター募集の時も「アイドルオタクと記録の関係性について」というテーマで自己PR欄を(結構な文字数で)埋め尽くしました。我ながらよくライター登録通ったなと思います。

「アイドル」と「記録すること」に接点があるのか。

世の中に様々なアイドルがいるのと同じように、アイドルオタクにも様々なカテゴリーがあると私は思っています。

なぜ、その子なのか。何のためにアイドルを好きでいるのか。接触したい人もいれば、認知されたい人もいるし、見つけて育てたい人もいる。

私の場合は、どうしてその子を好きだと思うのか、その理由が知りたくてアイドルオタクをやっています。極限まで綺麗な言い方をしましたが…

前回のコンサートでは踊る時のこういう癖が目立っていたけど今回はそれが解消された。バラエティでうまく立ち回れるようになった。こんな表情を見せてくれるようになった。

好きだと思わせてくれた要素や出来事を一つ残らず覚えていたいし、忘れたくない。組み立てて、論にして、自分の疑問を解決したいんです。

極論を言えばその子が世界で一番かわいいって言いたいんですその根拠が欲しいんです(泣)

…これ個人の趣味嗜好に走りすぎアウトって登録解除されたりしたらどうしよう……

そんなドロ沼アイドルオタク生活を満喫しています…が幸か不幸か好きなのがアイドル一辺倒ではありませんので、これ以外の興味関心事についても、ゆるやかに書いていけたらいいな〜なんて。

 

お気付きの方も多いかもしれませんが、ぴのゆかは文章を書くのがめっぽう苦手です。それでは!

 

Comments (0)

2016年のノート選び

Posted on 30 1月 2016 by

ご無沙汰しております、ゆずる改めてらだ。です。
ゆるっとし過ぎて更新ペースはスローもスローですが、新たなライター様方もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、2016年も明けて1ヶ月近く過ぎてしまいましたが、今年の手帳・ノート事情について。
昨年は「2015年の手帳選び」で書かせていただきました通りこちらの手帳を10ヶ月程使っておりました。
そう、10ヶ月。
毎日開いて書く、書けない時でも何か残す、という目標は貼り物をして合間を埋めつつ達成していたのですが、結果たっぷり太ってしまい、10月にはすでに書きにくい状態に。
ぷくぷく

また、1日のスペースでは足りないぐらい書きたい事がある日(観劇した感想など)もあり、どうしたものかなと考えて思い出したのが「CUSTOM DIARY STICKERS」でした。
KIMG1567

10月始まりですし、ちょうどいいからそこから始めよう。
ただ以前挫折した形式だから、次はそうならないように! と書く項目を細かく設定したのですが、まぁ結果は1週間も持たず。
既存のライフログで残した方がいいもの、ではなく自分が何を残したら後々楽しいかと考えた時、楽しかった事、嬉しかった事、気になる事、気付いた事、そんな読み返して面白いものがたくさんつまっていればいいんだ、という結論に落ち着いたので今はフォーマットも決めず、書かない日があっても気にせずに書き続けております。

持ち歩き手帳としては、3年目に突入したほぼ日weeksを。
今まではスケジュール管理のみで持て余していた週間部分を、上記のログノートに書くための下書きや断片記録に使っています。
足りない時用にB6サイズのmarumanスパイラルノートも持ち歩いて、これで今年の手帳・ノート体制(基本)は固まったな、と思ったところでまだ問題事項が。

観劇が趣味、というのはプロフにも記載しております通り。
そのためチケットをほぼ日weeksに挟んで持ち歩いて、観劇日を指折り数えてによによしていたのですが。
昨年「ミュージカル テニスの王子様」のサポーターズクラブ(いわゆるファンクラブ)に加入したため、劇場で会員特典をもらうのにポストカード・会員証なんかが必要になりました。
しかしポストカードはほぼ日weeksに入らない。
一度ポストカード忘れをやらかしたので、できればチケット・会員証・ポストカードをセットにして持ち歩きたい。
というわけでこちらも追加しました。

チケット入れ

KIMG1550

トラベラーズノート買っちゃうとぜったい太らせるので、こちらの記事を参考に軽量性と薄さを重視。
以上4つを今年の母艦として共に歩んでいきたいと思っています……が、場合によっては微調整しつつ、今年もゆるりと楽しく、を信条に。

Comments (2)

ねこはおひざで丸くなる。

Posted on 30 1月 2016 by

新加入のライターのみなさま、初めまして。
ねこ大好きねこ部長こといぶし銀と申します。

そういえば僕が2015年度ライター募集に応募して
こうやってNotebookersで書かせていただいてもう1年になるのですね。
毎月書けたら良いなぁとか思いながら、
結局定期的には書けてないですね(苦笑)
でも1年間で10回は書いているので良しとします。

みなさまにとっての「繁忙期」というのが
果たしていつになるのかは存じ上げませんし
おそらく職種によっても異なると思うのですが、
僕にとっての繁忙期はまさしく今でございます。
1月20日前後から2月末までが一年で一番忙しい。
そんな中、明日はTOEICを受けに琉球大学まで行ってきます。
明日琉大に来ると僕に会えますよー(笑)

ただ、残念なことに
勉強してません(苦笑)
満を持して今日予想問題をやろう!と思っていたら、
全くやる気出ず。
ようやくやる気を捻りだしたら、この有様です。
2016-01-30 19.00.47

だめだ・・・これは
「俺はまだ本気出してないだけ」とかいいながら、本気出さずに終わるタイプだわー・・・

でも、我が愛猫をひざから下ろすという選択肢は存在しないのです。
トイレに行きたくなった時だけは、限界まで我慢して
泣く泣くおろしますけどね。

隣では妻が趣味のスペイン語を勉強しています。
使用ノートは無印良品のB5ノート。ペンはLAMY SafariのMです。
LAMYのネオンコーラルインクを使用中。LAMYの限定色はいい色が多いですよね。
インクはついつい買ってしまいます。

と言っている間にねこが目を覚ましました。
そろそろ勉強できるかな?

新規加入ライターのみなさま、
Notebookersの記事はこんなふうにノートがちょっとしか出ていなくても
全然大丈夫ですからね!
どしどし書いてくださいませ。拝見するのを楽しみに待っております。

今年は大きく人生が変わる一年になる予感がビンビンします。
楽しんでいこうと思います。

ねこがまた寝ました。僕が本気をだす日はまだまだ遠いようです。

Comments (0)

Tags:

どこにもない場所 ~エル・パパガヨ・リブレリ

Posted on 30 1月 2016 by

こんにちはkonamaです。

今日は物語の中にでてくる場所についてのお話です。

011e9da286300ae298ae9278123c371996a63d7f78

時折、本を読んでいて、その物語上さほど重要でもないのに、ものすごく頭の中に残ってしまう場所というのが私にはあります。

物語の舞台、というと何か劇的なことが起きたり、例えば歴史的にその場所であることが必然出会ったり、作家のふるさとであったり、その本を読んだ人がその物語といえば…と話せば必ず出てくる地名。いうなれば巌流島や関ケ原(たとえがなんですが)。

そんなすごいところではなくて、行数としても数行でてくるかどうか、物語における重要性は様々だけれど、なぜか頭にこびりついている地名。

それは不思議な語感であったり、その時浮かんだ鮮やかな連想であったり、よくわからない思いこみだったり色々なのですが、これが結構数十年単位で覚えているのです。

今日はそんな場所をひとつ勝手にご紹介しようかと思います。そしてあってるかどうかわからないけれど、Notebookers Mapにそっとマーカーを立てようかと思うのです。

Continue Reading

Comments (0)

Tags: ,

新しい発見

Posted on 30 1月 2016 by

私は今年からまたMoleskineのdaily pocket(ソフトカバー)に戻って使っている。

私のはスケジュールと日記がひとまとめにしている。

で、一昨日寝る前にdailyに日記を書いていてふと気づいたのだが、紙を束ねている留め糸の下4分の1がないのだ。

image

落丁ノートなのかな?
もしそうだとしても今さらなのでこのまま今年使うつもりだけど、ふとこの時に昔のdailyはどうなんだろう?(去年だけ能率手帳を使ってたけど、その前は5年間はdaily pocketを使ってた)ちょうど2012年のdailyがあったので見てみたら、縫い幅が違うのだ。

ロットによって違うのだろうか?
落丁ノートに当たるのは悲しい気もするけど、滅多にないようなことなので、面白がろうと思う。

大晦日までにバラバラにならないように願うばかりだ(笑)

追記
2015年に使ってたplain pocketと2014年と2013年のdaily pocketを見てみたら今と同じ縫い方だけど、今年のは上に寄っていた…苦笑

Comments (0)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2016年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ