Categorized | Art, Custom, Notebook, Shop, ルポ

旅鞄(バックパック)いっぱいの京都(izupapa版)

Posted on 19 6月 2012 by

京都のすてきなnotebook屋さん「lleno」(リエノ)

 

 

今回紹介するのは、オーダーnotebookの専門店こだわりのお店「lleno」です。

すでに、堤信子さん著「旅鞄いっぱいの京都・奈良」をお持ちの方は、テキスト?P40を開いてください。

 

 

お店は、京都市営地下鉄鞍馬口下車徒歩3分のところ。(詳しく一番下のHPを参照ください)

お店にはいると、所狭しとさまざまなデザインのnoetbookが並んでいます。

が、こちらのお店はお持ち帰り用ではなく(もちろん在庫があるものはお持ち帰りできます)

お客様からの、オーダーで作ります。

サイズはラージ(左)とポケット(右)・・・ポケットは無地とラインの種類、ラージには無地・ライン・ドットの3種類のページが選べます。

オーダーは大きく分けて、レディメイドと完全オーダーメイドの2種類。

レディメイドは店頭の商品からお好きなデザインに、名前やメッセージを入れてくれます。

(レディメイドデザインの一例)

完全オーダーメイドは、表紙・裏表紙・ノート(無地・ドット・ライン)・栞に至るまで、選ぶ事ができ、その組みあわせは、ほぼ無限大!

 

 

( アルファベットのカラーデザイン見本)

同じロゴデザインでも、表紙の紙質が3種類あり、これは写真では表現できません(ごめんなさい)

さらに希望があれば、相談にも応じてくれます。

 

(栞の見本)

まさに、世界でたった1冊のMy NoteBookをすべて手作りで1冊から作ってくれます。

すべてが手作りのため、オーダーから約4週刊ほど時間がかかりますが、自分で使うもよし

たいせつな方への、プレゼントにも最適です。

(こちらは私がオーダーした、完全オーダーメイドの世界でたった1冊のnotebook)

 

NoteBookの他にも、スケジュール手帳(季節商品)やオリジナル便箋+ケースもオーダーできます。

 

(こちらも、myオリジナル便箋・万年筆がよく合います)

lleno社長の神田樹希さんは、書く事の楽しさと、父や祖父の書いたnotebookをお孫さんが手にする事をイメージされるそうです。

また、こちらのお店ではリペアサービスも行っていて、表紙がボロボロになったら、notebookの修理までしてくれるます。

このこだわりが、プロの仕事だと実感させられました。

notebookerならずとも、ぜひ1冊手元に置いておきたいnotebookです。

(今回無理をお願いして、「notebookers」と裏表紙に入れていただきました)

この素敵なnotebookとの出会い、社長の神田樹希様・すてきな奥様、面倒な注文を快く聞いてくださったスタッフの方、

そして、このお店を書籍を通じて教えてくださった、堤信子さんに心から感謝いたします。

現在、鞍馬口工房本店は土日のみ営業、Cafeもやっているので、京都へお越しの際はぜひ一度足を運んでみてください。

また今年2012年にオープンした室町店は販売も行っています、本店に無い商品もありますので、こちらも必見のお店です。

lleno HP  http://lleno.jp/

 

Name:
Profile:

Photos from our Flickr stream

See all photos

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ