Categorized | Movie

映画に学ぼ☆『生き残ろうぜ!ホラー映画@ハリウッド!』

Posted on 21 7月 2012 by

nophoto

記事内容はホラーだけど文章だけだから。ホラー苦手なひとにこそ読んでほしい。

ー。
ワタシは映画が好きで、アレコレ手を出して見ているのですが。
その中でもシンプルに好きなジャンルが、いわゆる『ホラーとかスプラッタ@B級』です。
カンタンにゆーと、ジェイソンやフレディが出て来て、被害者が「わー」「きゃあー」と叫んで、血とか肉とか、いろんなモノが飛び散る映画です。
で、このジャンルは、見ていると「わあー、キタキター!」という、どこか吉本新喜劇のような形式美と言いますか、お約束と言いますか、そゆことがほのぼんやり(や、割とくっきりかも知れません)浮かび上がってきます。
以前、そゆ形式美をつらつらとノートブックに書いていたことがありまして。
まとめて、追加して、その独特の形式美を見つめ直し、かつそこから生き残る術を学ぼう、と書き出してみました。
キャンプに行った際、ドライブに行った際、「アレ?何か変だな?」と思った時に、思い出して頂けると幸甚です。
(繰り返しますが。ワタシはノートブックにこーゆーことばっかり書いているの)

◎キャンプ編
・キャンプに行かない。最善の選択です。
・どうしても行かなければならない場合は、キャンプ場のことをよく調べましょう。
過去、殺人鬼が出て宿泊者全員皆殺しにした事件があったキャンプ場であるとか、近くの湖で溺死したひとがいるようなキャンプ場には行かないように。
・日が落ちたら、とっととテントもしくはロッジに戻って、無事翌朝を迎えるために早く寝てしまいましょう。
・間違っても、キャンプファイアーや怪談、肝試しは、してはいけません。
・皆から離れて、恋人同士いちゃつくのも控えましょう。2人とも間違いなく死にます。
・卑怯もダメ、ひとりで逃げない。逃げるなら皆で逃げましょう。
・かと言って、ひとりで殺人鬼に向かって行くのもやめましょう。
「俺が何とかするんだ!」などと思わないで下さい。
「大丈夫だ、すぐに戻る」も禁句です。コレを口にして生き残ったヤツは(ほぼ)いません。
・警察を呼んでも、あまり頼りになりません。最悪のバアイ、敵とグルだったりしたりしなかったり。

◎ドライブ編
・ドライブに行かない。最善の選択はやっぱりコレです。
・どうしても行かなければならない場合は、午前中に出かけてお昼過ぎには必ず戻りましょう。
・どんなに遅くなっても家に戻りましょう。おうちほどいいトコロはありません。カノジョや友達が、どんなに「疲れたー」と言っても安易に宿を求めないように。
・どこかに泊まる場合、どんなに窮屈でも車内にしましょう。ここなら生存率が(やや)高いような、高くないような。
(ただ、車内に籠もる場合、なんだか怖いセントバーナードがわんわんゆー場合もあります)

☆それでも! それでも、どこかに泊まらなければならなくなった場合☆

1.泊まる場所@モーテル編
まずフロントのおじさんをチェックしましょう。母親とふたり暮らしっぽいところなら、やっぱり帰った方がイイです。

2.泊まる場所@無人の小屋編
皆でくっついて早く眠って、無事翌朝を迎えましょう。
間違えても、地下室探検や、井戸や物置を覗いたりしてはいけません。
本があっても開いて音読しないこと、テープレコーダーなどがあっても再生しないこと、絶対に守って欲しいお約束です。

3.泊まる場所@親切なおじさん、おばんさんち編
おじさんがお医者さんだったり、おばさんは息子さんを亡くしていたり、身元が少しわかった時点でヤバイと思ったら、ともかく帰りましょう。多少、礼儀知らずでも構いません、挨拶も不要です。とっととその場を去りましょう。

◎卒業パーティ編
・まず入学する前に、その学校のことを良く調べましょう。
卒業パーティの夜に大量殺人事件などが起こったことのない学校を選びましょう。最善の選択はコレです。事前調査大事。
・もし、運悪く、卒業パーティの夜に大量殺人事件が起こった学校に入学してしまった場合でも、大丈夫です。
学業を順調に終えて、卒業できることになり、卒業式が終わったら、すぐ家に帰りましょう。残念ですが、パーティには出ないように。次善の選択ですが、次善でもものすごく生存率は高いと思われます。
・どうしても出席しなければならない場合、余興で肝試しをしてはいけません。
特にしてはいけない肝試しは、以前起こった殺人事件の検証等を絡めた肝試しです。
・恋人同士いちゃつかない、自分よりイイ成績だったアイツを陥れようとしてはいけない、かと言って「俺が犯人を捕まえてやる!」というのも、キャンプ編と同じく禁止事項です。
その中で特に最高レベルの禁止事項としては「大丈夫だ、すぐに戻る」と言って様子を見に行くこと。
「俺、これから死にに行くんだ」とほぼ同義ですので、絶対に禁止です。

◎ハロウィン編
・毎年、10月31日前後3日くらいは、アメリカを離れましょう。できれば、ハロウィンを祝わないアジア圏にいるのがベストです。
(ヨーロッパも場所によっては大丈夫かも知れない) 最善の選択はコレです。
・どうしてもアメリカにいなければならない場合は、31日、夜ご飯を食べてお風呂に入ったら、すぐ寝ましょう。
明日、学校でお友達とハロウィンの話で盛り上がれませんが、お友達、ほとんどいなくなってるかも知れません。
えー、早く寝て、無事、翌朝を迎えましょう。
・どうしても各お宅を回らなければならない場合は、日が落ちるまでにさくさく回りましょう。
回ったら、そっこーで、夜ご飯を食べてお風呂に入り、すぐ寝ましょう。
部屋からこっそり抜け出して、友達と合流して肝試しとか何とか〜〜というのは、ほぼ助かりません。
大人しくお部屋でノートブックでも書いてて、9時とか10時くらいには寝てしまいましょう。
・どうしても各お宅を回り、かつ、つきあいで遅くなる場合は、なる場合はーーーすみません、回避策を思いつきません。
「マイケル」という名前がヤバそげなので、気をつけて下さい。

◎スキー場編
・スキー場に行かないこと。抜本的解決です。最善の策がコレです。
・スキーに行くなら、まずそのスキー場をよく調べましょう。野生の狼が出るような地域のスキー場ならやめておきましょう。
・それでも行くなら、どこのスキー場へ行くか、いつ帰って来るか、家族、友人、学校の先生、社会人なら上司、先輩、同僚、SNSをしているならその関係者にも、ともかく、言いまくっておきましょう。
・メンバーは厳選しましょう。行くなら同姓同士の友達、もしくは男女カップル、のいずれかで行くこと。決してコレを組み合わせた男性2人、女性1人では行かない。もう絶対行かないこと。
・「後もう一回だけ!」と言わないでいいように、朝一番から並んで、たっぷり滑りましょう。も、めいっぱい滑る。とにかく滑る。うんざりするほど滑る。食事やナンパをしているバアイではありません。とにかく脇目もふらず、ひたすら滑りましょう。
・携帯、それに準じるガジェットは常に持っていること。スキー場で役に立たないなどと思ってはいけません。アプリも入れまくっておきましょう。何がどう役に立つか分かりません。
・「大丈夫だ、すぐに助けを呼んで来る」スキー場にあっても、この台詞は最高レベルの禁句です。言っても、実行してもいけません。繰り返しますが「僕、これから死んじゃうんだ」と同義語です。
・リフトに乗る際に「リフトから飛び降りないでください」というアナウンスがあるはずです。
なので、「飛び降りてはいけません」どんなに大した高さに見えなくても、飛び降りてはいけません。
・うっかり手袋を脱ぐのもダメです。
脱いでもいいけど落とさないこと。うたた寝をする時、バーを握るなら「手袋をしている手」で握りましょう。
・「大丈夫だ、すぐに助けを呼んで来る」
大切なことなので繰り返します。この台詞は最高レベルの禁句です。学習しろよ!一人目はどうなったんだよ!!

◎その他気をつけたいこと
・夢の中でも殺人鬼に出くわすことがあります。こゆケースは対処の仕様がないので、いっぱい運動していっぱいご飯を食べて、夢など見ないようにぐっすり眠りましょう。
・車の運転も要注意です。
道路で、前の車を追い抜いたり、からかうようなマネはしないこと。礼儀正しく運転しましょう。
・交通事故を起こしたら、誠意をもって謝罪しましょう。お友達がエラいひとでもうやむやにしない。痩せてエラいことになります。
・交通事故を起こしたら、誠意をもって謝罪しましょう。忘れた頃に何やらが書かれたがメモが回って来ます。
・安易にヒッチハイカーを拾わないこと。
『ヒッチハイクをしない』ではなく『ハイカーを拾わない』です。気をつけましょう。
・安易に墓場へ行かないこと。
うっかりお墓を倒したところ、何かを解き放ってしまったり、木の枝だと思った棒切れに指輪を嵌めたところ、偶然薬指の骨だったり、怪我をした血が地面に流れて何かの口に入って、何だかアヤシいモノが蘇ったり、裸の死霊のおねーちゃんが踊りまくるのを一晩つき合わせられたり、墓場は何かとデンジャーですので、コレは特に気をつけてほしい案件です。
・都市伝説は、丸ごと信じましょう。疑ってはいけません。対象人物は存在を疑われるのを嫌います。ほんっとーにシャレにならないくらい怖いですので、この件だけはよろしくお願いします。きゃー、怖ーいー。
・夜しか活動しないひとが隣に越してきても、安易に家に招待しないように。お母さんや、ご家族のひとにもよく言っておくこと。
・車を買う時は嫉妬深くない車を選びましょう。車との相性はとても大切です。自分の顔つきが変わるくらい影響されます。
・メイン州に住まないようにしましょう。(超抜本的解決)
・作家さんのバアイ、…熱狂的ファンには気をつけて下さい。
・宇宙人のバアイ。抜本的解決としては『地球への移住を許可しない』です。
えー、後、何がきっかけで宇宙人化するかわかりません。直接触れるなど言語道断、その宇宙人由来の機械、燃料等も素手で触らないように気をつけましょう。
・銀行にお勤めのひとは、ライバルと差をつけるために、おばあさんに冷たくするのは止めましょう。呪われます。コレはね!ホントにね!見事な形式美ですよ!
・対ぞんびの武器として、レコード、クリケットのバーなども有効です。それがホントに武器になるのか、と、突っ込みたくなりますが、コレだけキメキメのカメラワークを決めてくれている映画なので、そんな小さいことを気にしてはいけません。
・良くも悪くもヲタクの知識は膨大です。運が良ければ、すごく力強い助けになります。
・恩師にどんなに頼まれても、人手が足りないからと言って(自分は学生なのに)シリアルキラーにアンケートに答えてもらうよう依頼に行かないこと。トラウマを弄ばれます。
・大怪我をしているひとも意外と注意です。とんでもない大出血をしていて、痙攣も起こしている割に、血圧が上が130で下90くらいだったりすると、後ろに誰が立っているかわからないー。
・懸賞金がかかっている指名手配犯を売らない。奥さんを食べられるのもイヤですが、自分が吊るされるのはもっとイヤー。
・ヒヴィにならない。
(この最後の四つ、ホラーかなあ…)

『スキー場編』て、ピンポイントで1作だけじゃね?とか、こっそりハリウッド映画じゃないものも混じっていたり、それはイロイロあるとは思いますが。
そして「コレが抜けてるー!」というのもたくさんあると思いますので、その際はぜひ一言、コメントを残して頂ければ。
よろしくお願い致します。

Name:
Profile: あなたと一緒に歩く時は、ぼくはいつもボタンに花をつけているような感じがします。

  • ホラーとか苦手で知識に乏しい僕でも
    作家の場合とか、車の運転とか、夢の中とか、メジャーどころも盛り込まれていて 「あ、あの作品?」とか「うんうん、わかるわかる」ってパターンが多くて楽しい記事でした~。スクリームなどはあえてこれらのパターンをストーリーの柱にしていましたよねぇ。

  • 思い当たる映画多数!w
    エクセレントな記事!!

  • ハイ!本当にホラー映画苦手で苦手で全く見ません。が、それでもアルアルなかんじで凄く楽しませて頂きました。
    >最高レベルの禁止事項としては「大丈夫だ、すぐに戻る」
    特にコレ↑吉本新喜劇的というのにものすごく頷きました。

    ・・・と言いつつ、今、背後が怖いです。これ読んだだけなのに(泣

  • とむとむさん
    コメントありがとうございます。
    とむとむさん、そうかー、ホラー苦手なんですねー。
    や、そういう苦手な方にこそ、読んで笑ってほしい記事です♪
    楽しんで頂けて嬉しいです♪
    >スクリームなどはあえてこれらのパターンを
    >ストーリーの柱にして
    「スクリーム」の頃って、そういう楽屋オチ系というか、
    映画の中で「ホラー映画なら、こういう時は〜〜」みたいな展開の
    ホラー映画が多かったですよね。

    タカヤさん
    ダイジョブです、すぐ戻り…きゃああーーー(どたっ)

    なかむら真朱さん
    初めまして、でしょうか、せらと申します。
    コメントありがとうございます♪
    ホラー、苦手な方にこそ、「あるあるー、わかるー」と、読んで笑ってほしい記事です♪
    ちなみに、ワタシは、お風呂場でうつむいて髪を洗っている時、こーゆーホラー映画を ふと 思い出すのが、ビミョウに怖いです…
    コメント、ありがとうございました♪

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ