Categorized | Android, Event, iPhone, Moleskine, Notebook

MOLESKINEスマートノートブック

Posted on 03 9月 2012 by

デジタルVSアナログのコラボレーション

9月1日(土曜)有楽町Loftに、アジア最大(世界でも2番目)のMOLESKINE・アトリエショップがオープンした、前日にはプレイベントとして、日本を代表するモレスキナー(MOLESKINEユーザー)も集まり大盛況だったようだ。

それは、たかたくさんの記事を参照にしてほしい。

今回、Evernote CEOのPhil Libin氏の緊急来日講演が、有楽町LoftのMOLESKINEアトリエショップで開催された。フィル氏はEvernoteのCEOであり、かつ熱烈なMOLESKINEユーザーでもある。

ITにとってペンと紙は、敵対関係にあるとしながらも、人間が持つデバイスとして必要不可欠なものと認識されているようだった。

彼曰く、会議でラップトップを開いて、人の話を聞いていると、不快感を与えかねないがノートブックを開いて、メモを取る姿は話し手の事を真剣に聞き取ろうしている姿勢に映る、たとえメモの内容が今夜の食事のレシピであったとしてもと、ジョークを加えながら話を進める。スティーブ・ジョブズしかりCEOたる人は、プレゼンテーションのテクニックのコツをしっかり持っているものだと、別の次元で感心した。

今回、LoftにMOLESKINEアトリエショップがオープンする事だけでなく、10月1日発売のEvernoteスマートブックbyMOLESKINEのPRも兼ねて(いやこちらがメイン)いる。
Shotnoteに代表される、iPhoneやスマートフォンにメモをデジタル化するアイテムはすでに発売されているが、Evernoteの特性でもあるタグによる振り分け・共有といった、機能は付属のステッカーで認識され、「WORK」であれば、仕事上のデータとして社内の全員が共有できる、また「HOME」であれば家庭内の振り分けも可能になる。

また、メモをすぐに写真に撮ることで、タイムスタンプと連動する事で、検索も容易になる。これらの機能を正確に認識するために、MOLESKINEの技術でドット単位のページが施されている。

フィル氏は、VSと敵と戦う事ではなく、共にこの時代を戦い抜くパートナーシップを意味する考えている。

Evernoteの本社のある、California Red Wood Cityの社員の1/3はMACを、1/3はiPadを、そして残りの1/3はMOLESKINEを使って仕事をしているというのもユニークな話だ!

とにかく、10月1日の発売が待ち遠しい。フィル氏曰く、私はスクエアが好きとの事

発売は、ポケット・ラージの2サイズとルールドとスクエアの2種4タイプ。

いくつになっても、新しいテクノロジーにワクワクするものだと、実感した。

注:先日IOSでアップグレードされた、Evernoteはすでに、Evernoteスマートブックby moleskineに対応済、Android版は近日発表される。

With Phil Libin CEO

Name:
Profile:

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ