Categorized | Moleskine, Notebook

ミニノートブックの使い方

Posted on 09 9月 2012 by

文庫本より小さなノートブック、モレスキンのヴォランというもののミニサイズを愛用しています。

ミニと書きましたが、正しいサイズ表記はXスモール(XS)。3サイズ展開のうちのこれは一番小さいもので、他にポケットサイズ・ラージサイズが、同系色の明度違い、2冊セットで売られています。(メーカーでは廃盤のようなので、気になる方は、小売店の在庫をチェックしてみてください)
今回は、私のこのXスモールサイズ2冊の使い方を紹介いたします。


1冊目、これは買物メモです。おもに近所のスーパーでの買い出し用。
スーパーでの買物は、大きな買物カゴで片手はふさがります。だから、そのおともになる買物メモは、小さいほうがよい。そして、紙の切れっぱしだとすぐにしわくちゃになってしまうので、しっかりした作りのものがよい。2つの理由からまさに、この小さい赤い子は完璧!おまけに見た目も高級感があり、バッグから堂々と出すことができます。


2冊目、これは一筆せんのような使い方、とでも言いましょうか。このXSサイズのヴォランには、全ページにミシン目が入っています。(ポケットサイズとラージサイズは、最後の16枚のみ)
これはぜひ、切りはなして使いたい。切りはなして使うには…と考えた結果、名刺の代わりとしました。私は名刺を持っていないので、自分の連絡先やメモを渡したい時、これにささっと書いて手渡したりなんかしたらもしかしたら格好いいんじゃなかろうか、なんて思いまして。

ただし、未だ使ったことはないのです。新しい人と直に知りあうような機会はまず無い(ヒトミシリ)ので、我ながらいつ使うつもりなのやら…ですが、ただ、いつかこんなふうに使えたらいいなぁ、というものを持ちあるいてると楽しいでしょ。
以上、私のミニノートブックの使い方でした。

おまけ。
雑誌で見かけて、やってみたらとても具合よいのでおまけで紹介。
モレスキンの拡張ポケットの有効活用方法です。
拡張ポケットはその懐の深さからなんでも入れてしまいがちですが、小さい紙片などを一度入れてしまうと、逆さにしたり覗きこんだり掘り出さないと出てこなかったりします。私はします。そこで、すてきな封筒をひとつ用意。(写真のモレスキンはラージサイズです)

あとは写真の通りです。
名刺サイズのメモ紙など、角が折れずきれいなまま入れておけますよ。

Name:
Profile: ぬいこのぬいはボンヌイのぬい。編みものと生きものと手帖が好きです。 使ってるノートブックは、ほぼ日手帳のweeksとオリジナルと、トラベラーズノート。 ぬい工房にて編んだものや作ってみたものを公開、NotebookersMarketで販売しています。 Twitter account @nuit_co mail: nuiko⭐︎notebookers.jp 上記の⭐︎を@に変えて設定してください。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ