Categorized | Cafe, Event, Notebook, Stationery, ルポ

KING JIM 大人の対決 in 文具カフェ

Posted on 30 9月 2012 by

KING JIM 大人の対決!


先週、またもや東京往復夜行バスという、強行軍で「文具カフェ」のイベントに参加した。

「文具カフェ」は表参道にある、ちょっとユニークなカフェ。 すでに、文具ファンには有名で、遠くは札幌からも訪れる人もいる。すでに、たかたくさんやあかねさんが紹介済みですが。
Cafeなので、珈琲が飲めるのは、もちろんの事。ユニークなのは、会員になると合い鍵をもらい、テーブルの抽斗にある文具が自由に使う事ができて、珈琲を飲む店と言うより、クリエイティブなサードプレイスといった位置づけになるのだろうか?
この店では、定期的にいろんなイベントが行われ、今回は事務用品の最大手「KING JIM」さんの主催で、今話題の「Shot Note」の販売について、ユーザーである私たちがプレゼンテーションを行う企画となった。
「Shot Note」は発売以来すでに、200万冊を突破する人気商品。 スマートフォン用の無料アプリがあり、memoも写真に撮ることで、ファイルをデータ化できた魁け的アイテム。

ただメーカーでは、女性の購入率が低く、いかに女性ユーザーに販売を広げていくかをテーマに、激論が飛び交った。
私自身ユーザーとして、問題点を提示したのは、まずスマートフォンユーザーの過半数が男性であること、「Shot Note」が女性に眼を向けさせるには、「カワイイくない」、さらに今高級ノートブック(MOLESKINEを始めクオヴァディスなど)が、文具店ではなく大手書店で販売されているように、

商品としての販売チャネルが少ない事などをあげた。

では、どうすれば女性に売ることができるのか? 女性チームの中から、「子供が書いた落書きや作画を時系列でweb上にあげていけば、子供の成長記録として使える」との意見、これは実に良いアイデアだと思う。
今回、120名の応募の中から選ばれた24人の人達、上は私よりちょっと年配の方から、下は高校生まで、様々な意見交換ができた事は、「KING JIM」にはかなりの、マーケティング調査になったと思う。

ただ、販売戦略的には、まず女性ユーザーが楽しめるコンテンツであること、また実際に使っている人達にwebなどのメディアを通じて、女性にようr女性の為のコミュニティーが必要とおもわれる。

トラベラーズノートにおける、彩織さんのような存在が、ユーザーに与える影響は非常に大きいと云える。
携帯キャリアの話では、あと2年ほどで、ガラケーからスマートフォンへ市場は入れ替わると推測している、これからさらに、デジタルとアナログの融合が進んでいく事だろう。
前回の記事にもかいたが、MOLESKINE+EVERNOTEのコラボ「スマートノート」の発売で一気に加速される予感がする。

ただ、このノートの発売は、有楽町「LOFT MOLESKINE アトリエショップでのみ10月1日に発売されるが、全国発売は来春3月になる。
今回は「KING JIM」さんの話なので、余談は極力割愛するがデジタルとアナログとは、非常に相性がいい!と数年前に語ったのは、小学館アウトドア雑誌の老舗「BE-PAL」の加藤編集長だった。

さらなる「KING JIM」さんの新商品に期待いたい。

KING JIM Shot note

Name:
Profile:

Photos from our Flickr stream

See all photos

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ