Categorized | Moleskine

Tags |

私たちの勉強ノート

Posted on 16 10月 2012 by

独りで勉強するのは、辛いものです。

いや、そもそも何かを習得するというのは、その過程においては必ずしも喜びだけではない…のかもしれません。

そんなところに、そっと背中を押す存在が居ると心強いです。

今回は、そんなノートの使い方。
moleskineのスマートノートブック活用事例です。

今、私はイタリア語の勉強をしています。
目的はイタリア歌曲をもっと上手く歌えるようになるため。

イタリア語の語学クラスに通い、イタリア語の語学ラジオを聴き、日々反復練習をする…
語学習得のためにはごく当たり前の勉強と言えますが、やってる本人は正直しんどい。

辞書を引いても引いても忘れゆくことば。
覚えたと思っても、伊語→日本語にチャレンジすると、途端に忘れている。
そして、イタリア語クラスでボコボコにされる…。
…と日々絶望の枚挙にいとまがありません。
(言い過ぎかな?いや、結構がっくりきます)

苦し紛れに、イタリア語ツイートをしてみました。

そうしたら……

ロータスさん(@lotuserise)からイタリア語メッセージが!!!
ロータスさんもイタリア語勉強中なのです。

やわやわと、少しずつ、イタリア語ツイートを重ねるごと、イタリア語表現の勉強を楽しく行っている…ということに気付きました。

そんなさなかの、evernoteモレ入手。今まで使ったことのなかったプレミアムアカウント。

これを機に、共有ノートでお互いの会話から復習する(思い出し笑いをする)ノートの作成を思いつきました。

内容はこんな感じ。

↑まず、当時のツイートを抜き出して、evernoteのノートにまとめます。

その会話の対訳や、関連することば、イタリア語クラスなどの勉強中に知ったマメ知識を入れ込んだevernoteモレノートの画像をevernoteのノートに貼付けます。

やりとりしたときの楽しい記憶の記録も忘れずに。
この過程の中で、お互い情報をevernoteのノートで共有します。

まだ無料アカウントだった頃はお互い一方通行でしたが、先日ようやくプレミアムアカウントの登録を行い、編集可能な共有に共有を直したら、編集作業などがグッと楽になりました。
気付いたら、何となく、テキスト風のノートに。
それも、見返したら楽しいテキスト…。

ふと思ったのです。

私は、少しでも速くイタリア語を習得したい…と思い、日々がむしゃらにやってきてはみたけれど、労力の割には実感する効果が薄い。そして、続かない→忘れる。
日々基礎的なことを継続するということを、諦めずに行うことが、一番大変な努力なのではないのだろうか。それが習得への近道。

イタリア語、ともに頑張りましょう、あと感謝の意をこめて。

piano piano…(ゆっくり、ゆっくり)でね!

(蛇足)
興味がある方がいれば、もう少し、ノートの成り立ちや写真撮影風景などについても今後書きたいなあ、なんて思います。コメント等お待ちしてます。

Name:
Profile: 千葉県在住のピーナッツ娘です。 日々地味な仕事で色々なものを支えています。 今までの楽しいことも、これからの願い事も、ノートに詰め込みすぎて少しパンク気味。 若干浮遊する程度の幸せを意識したい。気持ちは帰宅部。 ライフワーク→声楽、趣味→写真撮影(NikonFが好き、iPhoneも好き) メインノートはモレスキン。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ