Categorized | Notebook, ほぼ日, マステ

2013年ほぼ日手帳の表紙をカスタマイズ

Posted on 13 11月 2012 by

すでに来年の手帳がいろいろ販売されておりますが、もの書き写真堂は10月にほぼ日手帳を購入。いつものように表紙をカスタマイズして、新年の準備は着々と進んでおります。
今年のほぼ日手帳、見た目が変わりましたね。
  • 表紙のあのシルエットイラストが消えた。
  • 表紙の「年」の表記が右下から下寄り中央になり青色になった。
  • 背表紙にも「年」の記載が入った。
  • 表紙の材質がつるつるから少々ざらざらな紙になった。
  • ページが角丸になった。

あのシルエットイラストが苦手だったので、糸井さんには申し訳ないがこれはちょっと嬉しい。年の表記が大きくなって中央に寄ったことと、背表紙にも下部に年が記載されたのは分かりやすくてありがたし。

ページが角丸になったので、手にぶつかっても痛くない。という理由で角丸なったわけではないだろうが、今年の手帳は1年近く使い込んでいくうちに自然と角が落ちていっとります。角丸になった理由、どこかに書いてあるのかな?あまり気にしてないので探してないです。すまん。

さて、今年の表紙カスタマイズはどうしようかと悩み、先日、突っ張り棒で吊したマステを前にいろいろ考えてみた。
ちなみに、このマステの見える化、なかなか良いです。持っているものが一目瞭然だし、色味を合わせて吊せば選ぶときにわかりやすい。ある意味、すき間利用の収納方法でもあります。

ただ、突っ張り方向と垂直にマステを引き出すので、マステの粘着力がそれなりにあるため力加減によっては棒が外れてしまう危険性が。必ず片手でマステ本体を棒から浮かせて、もう片方の手で引き出さなければならないというのが唯一の欠点かな。写真は、撮影のため片手でマステを押さえてますが、このまま引っ張らないよーに。

ここのところの経緯は、こちらのブログに書きましたのでご覧くだされ。ちなみにちなみに、言い出しっぺはモレカウさんですっ。

さて、あとは新年を迎える前に、2013年版手帳の「2012年12月」の欄に目標やら予定やらを書き込む作業をする。これは今年の手帳でも実行してかなり効果があったので、今回もやろうと思ったもの。
元ネタはこの本です。アナログ・デジタルのハイブリッドな人、必見。
もの書き写真堂の「手帳術の師匠」(と勝手に呼んでおります)倉下忠憲さんの「クラウド時代のハイブリッド手帳術」。オススメです。

今年もあと1ヶ月半。
みなさん、ゆっくりじっくり、来年の手帳のカスタマイズをしましょう。

(申し訳ありませんが、当ブログ内でのまとめ記事への引用はご遠慮ください。)

【追記】

昨年、「ハイブリッド手帳術」について書感実践編を書いていたので、参考にしてください。もの書き写真堂自身も読み返したら参考になりました(汗)。

Amazon.co.jp: クラウド時代のハイブリッド手帳術: 倉下忠憲: 本
お世話になってます。

 

Name:
Profile: 北のカメラマン/ライター。アナログノートを使いつつ、EvernoteやTaskChuteやiPhoneで人生を管理してます。自分のブログ「ねこまたり」では、そんなTipsや写真をふんだんに使った旅行記などを綴ってます。猫写真、いっぱいありますw。ぜひお越しください。 http://monokakishashindo.blogspot.jp/

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ