Categorized | Stationery

priceless moleskine in 2007 タカヤ・モレカウ

Posted on 25 10月 2007 by

mole daily mole pocket moleskine tower

コンバンワ、タカヤです。誕生日を迎え、タカヤ的に1周年が完了したので報告いたします。
今年に入ってから実行していたことの一つだったのですが、一日1ページをびっしりと、その日考えた面白いことや、デザインのアイディアや、生活などの何気ないことや、変なもののスケッチ(バウムクーヘン等)などを一冊のモールスキンに書き続けたことです。自分がどういうことを考えてどういうふうに生活していたのかを記録しようと思って始めたんです。

全てのモールスキンの手帳の最初のページには、
[ In case of  loss,Please return to:*****]
[ As a reward: ** $]
という表記があるのですが、つまり、「無くしたときはこちらの住所に届けてください」、「お礼に○$支払います」という表記なのです。2007年度のこの僕が書き続けたこの日誌については、はっきりいうと値段がつけられないほど貴重だと考えています。なので、まだ金額については書き込んでいません。
モールスキンの最後のページにはちょっと便利なポケットがついているのですが、そこには2007年にいろいろ撮影した写真を大量に挟んでいます。
2008年度からはやりたいことセレクションをモールスキンに書き留めていくつもりです。どんぐりを拾いにいくとか、透明人間の絵を描いて遊ぶとか、洗濯物がどのように乾くのかチェックして遊ぶとか、朝顔を2階まで伸ばしてみるとか、ドアの取っ手を使わないで一日生活してみるとか、そういったささやかだけれど楽しいことです。

みなさんは2008年の手帳は、もう決まりましたか?タカヤ的にはモールスキンの伝道師なので、本当に愛着を持てる手帳を探すのであれば、ぜひともモールスキンのスケジュール帳をオススメします。今は限定版で赤とか出ててめんこいですよ
http://www.moleskine.co.jp/shop/2008diary/top.htm

※タカヤが日誌を書き続けたモールスキンはこれです。

関係ないですが、写真真ん中は愛用しているモールスキンポケット(通称モレポケ)です。日々の生活でゲットしたレシートやショップカードや名刺などの紙関連などを収納するアイテムとして活用しています。これがまた便利なのです。

Name:
Profile: Notebookers.jpの管理人。Twitter: @blanq  狩猟者でヒッピー。通称: 「モレカウ」。240人ちょいのライターによるノートブックユーザーのサイト (link: http://Notebookers.jp) Notebookers.jp 管理人。モレスキンについてたぶん世界一つぶやいた男。著作:ダイヤモンド社『モレスキン 人生を入れる61の使い方』。世界の果てと地平線をこよなく愛してる。「俺も好きにするから君も好きにしなさい」という感じで生きています。愛読書はリチャード・バックの「イリュージョン」と「カモメのジョナサン」、ヴェルヌの「海底二万里」。永遠のヒーローはAndy Warhol

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ