Categorized | Think

ノートの終わりに思うこと

Posted on 12 2月 2013 by

嬉しいと思っていることについて。

先日、料理教室のとき、講師の先生から「あなたが笑顔で聞いていてくれるから、私はとても元気をもらえる」と私に伝えてくれました。気持ちを伝えてくれるのが、とても嬉しいです。それはそうと、笑顔でいるのには理由があります。その先生が大好きなのです。確かな技術に加え人間味あふれるレクチャーに、毎回魅了されているのです。

私が好きな人としか会わないよう努めるのは、いつも、できるかぎり上機嫌に笑顔でいるためです。私は常に相手にとって晴れ女でありたいです。だから、あなたが幸せだと、私も嬉しいです。

嬉しいと思って流す涙は、とても幸せです。涙は心を落ち着かせる効果があるように思っています。嬉しいと思っている上に安心している状態のリラックス感はとても良いものです。私は色々な人の様々なカタチでの助けに救われているんだ、と思うことができます。
それだけで、別に何かが変わるわけではないけれど、その心を得られた私は、よりよい方向に力を向けられる可能性が生まれるような気がします。

ノートの終わり

そんなことを、ノートの最後に書き、新しいノートに移ろうとしています。
良いことばかり書くのは、なにか不自然さを感じます。でも、今の正直な気持ちが、たまたま良さそうなことばであることについては、それでもいいかな、と思います。ことばは心を作ることがあるけれど、無理に自分の思うことを曲げてまで素敵なことばを作り出してはいけないと思うのです。思うことには、「正しい」も「正しくない」もなく、ただそこにある事実として引き受けていかないと、自分がかわいそうです。ときに、殆どの人にわかってもらえず、孤独になることもあるけれど、ずっと思い続けることで繋がる出会いが、きっとあると信じたいです。

今回使い終わったノートは、見返す度に幸せや苦い思いなど詰まった、しっかりと私の分身となりました。すっごい幸せ、ということではなく、ここで繋がり続けることができたことが、とても嬉しいです。

新しいノートでも、ささやかな出会いと、自分に正直なことばを紡げますように。

今度、お会いすることができたなら、ノートの中に書いてあることの話をしましょう。

Name:
Profile: 千葉県在住のピーナッツ娘です。 日々地味な仕事で色々なものを支えています。 今までの楽しいことも、これからの願い事も、ノートに詰め込みすぎて少しパンク気味。 若干浮遊する程度の幸せを意識したい。気持ちは帰宅部。 ライフワーク→声楽、趣味→写真撮影(NikonFが好き、iPhoneも好き) メインノートはモレスキン。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ