Categorized | How to, Pen, ぺら部, テキトー

人生裏街道を行く我は万年筆も裏で行きます なかしぃ

Posted on 13 2月 2013 by

まいど(^-^)/ この前名古屋のモレスキンアトリエでミッキーモレスキンを前にして代理店の人に「ミッフィーモレスキン作ってください」と無茶振りしてみたり、ホビットモレ売り切れなのに私物のホビットモレ無理やり見せてもらった挙句何も買わなかったやりたい放題で不届き者のなかしぃですが、ご機嫌いかがでしょうか?

というわけで、万年筆との相性が悪く、裏抜けが酷いと2chで「高級わら半紙」呼ばわりされて叩かれまくっているモレスキンですが、そんなモレスキンでも裏抜けしない方法を伝授しましょう。

その画期的な方法とは「裏書き」です!

万年筆ユーザーの間では邪道ということになっていてメーカーも推奨しない、あの「裏書き」です。やり方は簡単で、いつも書いているペン先をひっくり返すだけ。構造上では問題なく書けるのです。しかも表で書いたときよりも細い字が書けます。まさにコペルニクス的転回、常識にとらわれない柔軟な発想の賜物です。さらに、禁じ手を破るときの背徳的な快感も味わえますよ。(ただし、実践するのは自己責任でお願いします)

筆者は万年筆を使い始めて1年半裏書きで使い続けていますが今のところ全然問題なく使えています。(ちなみに使っている万年筆はパイロットのカスタム74です)

DSCF3241

DSCF3242

上の写真は裏書きで書いたページ、下の写真はその裏のページです。ちなみに、ステッカーは桑名のゆるキャラ「ゆめはまちゃん」ですwww

万年筆愛好家で正統派を貫きたい人からは非難されそうですが、なにせ性根がぺらいので異端と言われても気にしません。道具に使われるより自分の使いやすいように使ったほうが道具の方も道具冥利に尽きますよね。(ぺら部お得意の開き直りですが、何か?)

 

Name:
Profile: ボールペン画家にしてぺら部の創設者、しかしてその実態は? Notebookersのwriterの中で一番内容が薄っぺらいですが何か?

  • やりますやります!!
    ちっこいスペースにメモ書き込むときなんかに便利っすよね。
    確かに、細字効果バツグンですし、インクフローも少なくなりますから、裏抜け対策ばっちりです。あとはちょっと万年筆を選ぶってとこですね〜
    異端だろうが道具は便利に使ってこその道具^^さすがぺら・・・ww

  • この柔軟な発想こそ、Notebookersだよね!

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ