Categorized | Think

カッコよい弁当とは? タカヤ・モレカウ

Posted on 10 9月 2004 by

さて、連日の更新でちょっとずつファンも出てきたタカヤのブログですが(ウソ)皆さんいかがお過ごしでしょうか?寂しいのでコメント書いてくれるとやりがいが出ます。
最近ちょっとお気に入りの言葉で、「毎日やることは質素でも構わない」という言葉を聞いた。たとえばこれはぶっちゃけ弁当の話をしていたんだけど、弁当って毎日作るものだし、もともとは日々の食費を多少は削るために作られるものなので、どちらかというと質素な方が弁当としてカッコいいということ。
言い換えれば、「毎日表現をするのであればそれはミニマルで構わない(なんか煙草のコピーライトみたい)」というハードボイルドな真理が導ける。必要最小限に目的が達成されていればそれはシンプルでいいのだ。
さて、弁当なんだが僕は高校生時代親につくってもらった弁当で一番ショックだったのは、リンゴとゴハンの盛り合わせ弁当だ。弁当箱を開けると四つ切のリンゴとしょうゆさしと白飯。以上。
今大人になった僕は上記のことを踏まえ、総合的にかつ全ての知性を総動員して考えるのだが、「ほほうミニマルだね」なんてやっぱり言えない。ごめんよ母さん。
多分、母さんの弁当はミニマルではなく何かが足りなかったのかも知れない。
P.S
最近ちらっと見た雑誌に書いていた言葉。
「ずっと待ってるからね、と言われたならずっと待たされることになる」
深いなぁ。

Name:
Profile: Notebookers.jpの管理人。Twitter: @blanq  狩猟者でヒッピー。通称: 「モレカウ」。240人ちょいのライターによるノートブックユーザーのサイト (link: http://Notebookers.jp) Notebookers.jp 管理人。モレスキンについてたぶん世界一つぶやいた男。著作:ダイヤモンド社『モレスキン 人生を入れる61の使い方』。世界の果てと地平線をこよなく愛してる。「俺も好きにするから君も好きにしなさい」という感じで生きています。愛読書はリチャード・バックの「イリュージョン」と「カモメのジョナサン」、ヴェルヌの「海底二万里」。永遠のヒーローはAndy Warhol

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ