Categorized | Stationery

LAMY swift タカヤ・モレカウ

Posted on 30 12月 2008 by

lamy swift

これまた取り掛かっていた仕事が完了した記念に、これまたLAMYのペンを買ってしまった・・・。pen geekな人なら誰もが陥る悪魔の現象「増殖」というワナにはまっています(汗。

 LAMY swiftという水性ボールペンです。
映画マトリックス リローテッドでマトリックスの設計者(architectというおっさん)が持っているペンと同じものです。いろんなところで語りつくされているので省略して説明しますが、ノックするとアレが引っ込みます(省略しすぎ)。その機構が非常に面白いです。
書き味は、恐ろしいほどに滑らか。インクフローはLAMY2000 万年筆と張るくらい思いっきり濃いです。水性ボールペンなのにキャップが無いことに単純に感心。つなぎ目が無い金属の円筒ボディのグリップ部分に均等に「穴」がゆがみ無く正確に開けられているところもデザイン精度の高さを感じます。

lamy swift

デザインは、Wolfgang Fabian(ヴォルフガング・ファビアン)。
LAMY safariと同一のデザイナーなのだが、こちらはとてもCOOLな印象。
ブラックにするかパラジュームコート(写真のモノ)にするか悩んでいたのだが、黒色の軸はScribbleと2000(BP,FP)を持っていたので、パラジュームコートにしました。

lamy swift

こちらの記事を読んでいる筆記具好きな方へ
「筆記具のある光景の写真」のトラックバック頂けると嬉しいです。個人的にいろいろ観たいっす。

Name:
Profile: Notebookers.jpの管理人。Twitter: @blanq  狩猟者でヒッピー。通称: 「モレカウ」。240人ちょいのライターによるノートブックユーザーのサイト (link: http://Notebookers.jp) Notebookers.jp 管理人。モレスキンについてたぶん世界一つぶやいた男。著作:ダイヤモンド社『モレスキン 人生を入れる61の使い方』。世界の果てと地平線をこよなく愛してる。「俺も好きにするから君も好きにしなさい」という感じで生きています。愛読書はリチャード・バックの「イリュージョン」と「カモメのジョナサン」、ヴェルヌの「海底二万里」。永遠のヒーローはAndy Warhol

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ