Categorized | インク

ペン先から迸るインクの華#ノートブックをめぐる冒険7

Posted on 22 6月 2013 by

R0010196cw

万年筆を使い始めて20年、年々本数が・・・。
「腕は一本しかないのにねぇ」と語るのはペンドクター仲谷氏。

万年筆の購入は控えながらも、ついつい立ち寄る文具店。

最近は、PILOTのiroshizukuシリーズや、ナガサワ文具店の神戸インク物語と
インクのカラーヴァリエーションも実に豊かになりました。

きょうは、インクをめぐる冒険です。

まずは、J.HERBIN(エルバン)から2色。
J.HERBIN カーマイン

以前、限定で発売された「カーマイン」が再登場。
「カーマイン」直訳すると洋紅色(ようこうしょく)と呼ぶそうです。

オーシャン

こちらは「オーシャン」たびたび日本的表現で申し訳ないですが、「藍」という印象を
強く受けました。日常使いにもぜひ手元に欲しい1色です。
この2色はこれから定番として販売されます。

カーマイン

Pelikanから「アンバー」2013年の限定カラーで日本では500本のみの販売になります。
トップの写真は、カリグラフィーペンで書いた感触です。

R0010195w

パッケージもさることながら、瓶の高級感もなかなかです。

ペンを持つ腕は1本しかありませんが、持っている万年筆の数くらいのインクは持っていても
許されるのでは?と自分に言い訳。

さらに、インク好きの方へお知らせ。
昨年、ナガサワ文具店オリジナルインク「フェルメールブルー」が大ヒットした神戸インク物語に、今年も新色限定版が登場します。

プーシキン美術館展フランス絵画300年が、7月6日から横浜美術館で、9月28日からは神戸市立博物館で開催されます。
その中で、日本初公開となる、ピエール=オーギュスト・ルノワール≪ジャンヌ・サマリーの肖像≫ にちなんで、その名もズバリ「ルノワールピンク」が8月上旬発売になります。

こちらは、パッケージにも絵画のデザインを施したこだわりの一品になります。
今回は追加生産が難しいため、初回限定のみになる予定。
欲しいと思われた方はお早めにご予約を!!

Name:
Profile:

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ