Categorized | Moleskine, Notebook, Recommend

無失す-Nakusu- ノートブックをめぐる冒険#8

Posted on 29 6月 2013 by

「無失す-Nakusu-」

R0010212w

今回の物語には、何人かのモレスキナー・文具ファンが登場しましたが、そこを描くと「前・後編」さらに後編は30分延長でお届けしなければならないくらい、長ーーくなるので割愛させていただきました。

MOLESKINEを開いたページに「In case of lose,Please return to:と書かれてあるのはご存じですよね?

真のMOLESKINEユーザーは、新しい手帳を購入すると、まずこのページを埋めてから、ページナンバーをノートに書き込むのだとか・・・。

そもそも、命の次に大切な手帳をわすれるなんて(言葉のあやです)ありえない!

「ありえない、誰がいったいそんなことを・・・」とT大学Y准教授に叱られそうな・・・。

ところが、ぎっちょん!?恥ずかしいやら、情けないやら、その「ありえない」をやってしまった!。

事件現場は東京・雑司ヶ谷、その時には気づかず、上野で「ダヴィンチ展」を観ていた所へ、私の手帳を拾った、とある親切な御仁が、携帯電話に連絡をくれました。

たまたま、その場に一緒にいた人物が「その御仁」をよく知っている方だったので、夕方に改めて、お会して手帳を受け取る事で話がまとまり、ほっと胸をなで下ろした次第。

その親切な御仁こそ、だれあろう「文具王」その方でした。

しかし、拾得してくれたのが「文具王」でよかった!民間人なら「なんだ、これ?」ってポイされていたかも?

まだ、お礼が出来ていないので、とりあえずこの場をお借りして「感謝」!後日ちゃんとお礼をいたします。

何事も「転ばぬ先の杖」ちゃんと書いておく事ですね。

さあ、これで事件は解決!一件落着を見た訳で・・・。

 

後日、私は自分のMOLESKINEの「In case of lose,Please return to:」を見た、確かに住所・氏名・電話番号を書いてあったが、その電話番号は自宅!?

 

「すべての事象にはかならず理由がある!」

「ふふふ・・・、実におもしろい!」

 

 

この物語は、ノンフィクションです。

 

 

 

 

Name:
Profile:

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ