Categorized | Item, Pen, Stationery

仕事愛用筆記具十選

Posted on 11 7月 2013 by

ふと思い立ち、仕事で使う筆記具を職場ペンケースに並べてみました。



20130710-211456.jpg

日頃の感謝をこめて(という綺麗ごとな理由をいっておいて)、
仕事の時に愛用している筆記具を左から順に紹介しようと思います。
記事のタイトル、昨年の記事に引き続き今年7月も全漢字になってしまったわ…笑。

左に置いてあるものほど、「仕事パートナー度」が高いです。
※「仕事のパートナー度」って、仕事をするのになくてはならないと私がどれだけ感じているか、というふうに
 捉えて頂ければと思います。度合いはほんと僅差なのですが。



(1)ジェットストリーム4&1 0.7mm ブラック(三菱鉛筆)
所属:そとまわりバッグ(ファスナー付ポケットの中)
用途:客先訪問時の記録

仕事場で最も威力を発揮する筆記具…と、おもっています。
最悪これ1本あれば仕事を乗り切れるという安心感に加え、
ブラックボディで(この際嘘でもいいから)キリっとした印象を受けるのがありがたやありがたや。

ジェットストリーム4&1が手元から離れることの不安は、昨年の記事にも書いたとおり。

客先に入る前にジャケットのポケットに4&1ブラックを忍ばせることが、
訪問前に気持ちを切り替える一種の儀式になっていたりします。



(2)プレスマン 0.9mm(プラチナ万年筆)
所属:そとまわりノート(A5方眼)を入れているノートカバー
用途:客先訪問時の記録

0.9mmと太目のシャー芯なので、ラフにざくざく文字や図を書けるのが気に入っています。
またシャー芯が優秀でね、折れにくいうえに芯が長いので、
芯を替える頻度が他のシャーペンと比べて少ないのですよ。

たまにうっかり4&1ブラックを忘れてしまっても、ノートカバーに筆記具があれば何とかなります。
ノートカバーについてるペンホルダーにあう細身の軸なのも高ポイント。
無骨なデザインも、もちろん高ポイントです。

余談ですが、こちらを読み返すとこのプレスマンは次男のようです。消しゴムの色がオレンジ。
そして、長男はかなり前に壊れてしまいました…無念。



(3)ジェットストリーム4&1 0.7mm シルバー(三菱鉛筆)
所属:デスクに置いているペンたて
用途:社内業務(打ち合わせで使うことが多い)

誰ですか(1)と同じとか言っちゃってる人!!
軸の色がちがうでしょう、色がさぁぁぁ!!!

こちらは社内業務用ペンであると同時に、(1)を家にうっかり忘れたりしたとき用の補欠ペンでもあるのです。
※手元から離れて不安とか言いながら、(2)といい(3)といいどれだけ忘れる想定でいるんだ…

4&1ブラックを使う前に使っていたのが、4&1シルバー。
ただ、使いすぎてペンを持つところのゴムがなかなか残念なことになっておりまして…焦。
客先で使うにはアレなかんじなので、控えに回っていただいております。
まだまだ現役続行よって、ある種の意地が垣間見えますね。



(4)プレスマン 0.9mm(プラチナ万年筆)
所属:デスクに置いているペンたて
用途:社内業務(企画検討、電話メモなどなど)

補欠シリーズ第2弾。こいつは三男坊ですね。 ※だからどれだけ忘れるつもりやwww

企画を考える時に使う筆記具。
私はざくざくラフな書き心地のものを好むので、プレスマンは条件ぴったりなのです!
脳内ほどよく刺激してくれる感じ?

また、プレスマンは元々新聞社や雑誌社など取材記者向けの「速記用」として発売されたとのことなので、
言われたことを素早く書き留めなければいけない電話対応(打ち合わせ、取次など)でも大活躍!
ジェットストリームで速記をすると、滑らかすぎる書き心地であるがゆえに「字が泳ぐ」状態になってしまうんですよね…。
速記が求められる時は迷わずプレスマンを使います。



(5)ハイテックCコレト ルミオ シルバー(パイロット)
所属:手帳(アクションプランナー)を入れているA5ノートカバー+α
用途:予定とか予定とか考えごととかいろいろ

人生でいっちばんはじめに好きになった文房具「ハイテックC」の多色版。
単色キャップ式から多色ノック式への進化は、
大人になったハイテックCファンとしては大変喜ばしいことなのですよ!なんですってば!!

インクの減りが早いのは無念だけど、はっきりした色味が好みなので
ルミオ発売時からずっと、使い続けています。
芯の組み合わせは紆余曲折を経て、現在はこの4色が活躍中。
・ブルーブラック0.3mm:仕事の予定、ToDo
・バイオレット0.3mm:プライベートの予定、ToDo
・チェリーピンク0.3mm:文房具や、その時期特に取り組んでいることに関する予定、ToDo
・アップルグリーン0.3mm:考えごと、その日あったいいこと…など、振り返り系記録

A5ノートカバー+αへのリンクを開くとわかるのですが、
いつでも手帳に記録ができるよう、カバーに「替芯ポケット」をつけています。
なので、インクがなくなっても常時補充OK。
「この色がなくて今書けない…」そんなリスクを回避するすばらしいポケットなのです。
(あれ、ノートカバーの紹介になってるw)



(6)Pentelサインペン 桃色(ぺんてる)
所属:デスクに置いているペンたて
用途:資料の赤入れ

博報堂ケトルの嶋浩一郎さんが使っているっていうどこかの記事をみてヒトメボレ!
赤入れを赤ペンでやる必要はないんだーと気づき、当時目から鱗が落ちたんでした。
それに、サインペンって、黒とか赤とか事務色だけじゃないことも知ってビックリ。

職場で桃色ペンを使って赤入れする人は誰もいないので、複数名が1枚のドキュメントに赤入れをした時に
すぐに「これは私が書いた」って分かります。差別化ってやつですね。
あと、赤よりポップで明るく、いわゆる“事務感”が薄いからか、単純にこの色で書くのが楽しかったりしますw

ちなみに、桃色サインペンを初めて購入したのは
自由が丘にある日本のカッコイイを集めたお土産屋さん「katakana」さんというところ。
サインペン全12色を単品買いできるお店って、あまりないんじゃないかしら。
(筆touchサインペンは比較的買いやすいけど)
嬉しくて嬉しくて、使いにくそうな黄色とド定番黒赤青を除いた8色をがさっと購入したのもよき思い出。笑

そうそう、katakanaさんはお店のひとがとてーもすてきです。
商品ひとつひとつの物語をいきいきと語ってくださるところが特にすてき。
独特な柄のアフリカ布を使った扇子とか、異動して心機一転買い換えた名刺入れとか、
文具以外のお気に入りアイテムもkatakanaさんで出会ったものだったりします。

あぁ、また筆記具の話から逸れてしまってました。。。
余談ですが、職場デスクにしまっていた予備桃色サインペンを上司にあげたところ気に入ったようで、
最近レビューで桃色サインペンを使って返してきました。
あわわ…差別化メリットが消えているよぉ。汗



(7)ポリプロピレンノック式蛍光ペン 黄色(無印良品)
所属:デスクに置いているペンたて
用途:資料や本のポイントマーク

某メーカーで似たようなデザインの蛍光ペンが出ているのですが、
私は見た目が極限にシンプルな無印良品のノック式蛍光ペンを愛用しています。

基本的に、筆記具はノック式の方が素早く書き始められるので好き。
無駄にノックカチカチさせてアイデア降臨を待つ時間もわるくないなーって思います。
まぁ、これはさほどスピードを求められない用途で使うんですけどね。笑



(8)Pentelサインペン 黒(ぺんてる)
所属:デスクに置いているペンたて
用途:社内業務(企画検討、電話メモなどなど)

これは(4)プレスマンと同じ位置づけの用途ですね。

プレスマンの書き心地がしっくりこなくなったら、サインペンを使います。
サインペンの書き心地がしっくりこなくなったら、プレスマンを使います。

しっくりこなくなるのはどんな時って…?
それは、わたしにもわかりません(きっぱり)



(9)トラディオ・プラマン(ぺんてる)
所属:デスクに置いているペンたて
用途:社内業務(お客様に一筆…など、丁寧な字を書きたい時)

これまで紹介した8本の筆記具とは位置づけが異なって、「いかに綺麗な字を書くか」を意識して選んだもの。
丁寧に文字を書こうとしたって、どうしてもジェットストリームは「字が泳ぐ」し、
サインペンは線が太くなりすぎてしまう…。
こうした問題を解決してくれたのが、プラマンなのです。

角度によって線の太さが変わってくるので、文字にちょっとした抑揚がつきます。
とめ・はね・はらいなど、丁寧に書くとそれらしい筆跡になるのが嬉しいです。
お客様にすこしでも良い印象を持っていただけると、嬉しく思います。



20130710-211456.jpg
あれ、なにかあやしい横のしましまが見切れてる。。。



上から失礼。
20130710-211513.jpg
めめっ…目が合った!!!

(10)やたら目が合う鉛筆(メーカー不明)
所属:デスクに置いているペンたて
用途:守り神機能全般、各種癒し、周囲へのちょっかい
別名:ふくろう先生、ふくろうの神

私が文房具好きであることを知った方から頂いたもの。
鉛筆ですが、削ってないので書けません。
筆記具と呼んでいいやら悪いやら、境界線スレスレをいっております…笑。

これまで紹介した9本とは異なる異様な存在感を放つふくろう先生(鉛筆)を眺めては、
仕事がんばろうとかまぁ色々と思うわけですよ。
極端な話、ふくろう先生のお陰で日々の仕事を頑張れてるってことなのです!
きっとこれからも、文房具として彼が活躍することはないと思います。笑

ありがとう、ふくろう先生。
ありがとう、ふくろうの神。



そろそろわたしも、あしたのじゅんび。
朝になったら、4&1ブラックをジャケットに忍ばせて仕事モードに入るとしましょ。

それではみなさま、おやすみなさい。

Name:
Profile: 本職ライター。Instagram @saori_bbj 2012年度よりNotebookersライター。Notebookers.jpでコツコツ記事書いているうちに、なんやかんやで本職ライターになりました。文房具と国内旅行が得意ジャンル。IT企業のシステム導入事例や、企業の新卒採用HPに掲載する先輩社員インタビュー執筆などの実績あります。 【Notebook】トラベラーズノート、ジブン手帳Biz、RollbahnB6綴じノート、モレスキンクラシックハードドット方眼ラージ、キャンパスツインリングノート方眼罫セミB5、ムーンプランナーDL版、A7リングメモなんでも 【Pen】ハイテックCコレト、アクロドライブ単色、サラサクリップヴィンテージカラー、シグノボルドーブラック&グリーンブラック、フリクションボールノック0.5mmレッド、ぺんてるサインペンピンク 【Color】渋めゴールド派、こっくり秋色派  【Fashion】シンプルな服とズッコケ小物 【Travel】基本ひとり旅、海が好きカフェが好き寄り道も好き、交通手段は鉄道派 【Planning】中村文具店オリジナル「A5ノートカバー+α」

Photos from our Flickr stream

See all photos

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ