Categorized | Life

集団という大自然

Posted on 30 7月 2013 by

多くの方にとって、どうでもいいの地平で生きております、こめですこんばんは。

私の存在て、なんてちっぽけなのだろう、とよく感じます。集団という大自然の中で。
集団の力という圧って大自然の理不尽さに似ているのかもしれません。なので、正直チームをまとめるとか…もっと極論を言うと、集団の中にとけ込むことが、とても苦手で苦痛です。やれやれ、と受け流すのは、自然だけで充分、と言いましょうか。

本日私の地元は朝から雨、もう大雨でした。朝食を準備している頃に空が文字通り黒くなって、雨がザバーです、一瞬で休みたくなる勢いでした。ここで休暇がとれてしまえば、気持ちが楽なのですが、そういうわけにもいかず雨の通勤路に挑み、そして散ります(←あれっ?!)。こういう日に外に出るのって、ちょっと冒険みたいです。荷物をなるべく少なくして、タオルや靴下を多めに持って行き、場合によっては長靴をはいたりして装備を固めるのも、殆どは嫌々なのですが、ちょっぴりワクワクです。事前準備を万端にしても、作戦が上手く行く時もあれば、ダメなときもあり、上手く行った時のしてやったり感は、なかなか良いものです。表情は、もうかなりドヤ顔かと思われます。

上手く行くことと、上手く行かないことがあるから、首尾よく運んだときは、嬉しいのだろうなあ、と思うようになりました。そう思ったところで、上手く行かないことが快いものになるはずもないのですが、やれやれ、仕方ない…くらいの心持ちにはなれそうです。

話はもどって、自分はつくづく1対1で話すのが好きなのだなあ、と感じております。複数人で過ごすと、それなりに気付くところもあるのですが、その人そのものに集中したいときは、残念ながら第三者は横やりでしかなくなってしまいます。また、自分以外の方が話しているときは、先に書いた気持ちからか、自分が黙ってしまう、もしくは相づちを打つのみとなるので、孤独感が半端ないです。そういう孤独は好みません。

だからこその、気持ちは帰宅部。
これなら、孤独というより自由。

とか書いてるうちに、全くノートのことを書いていないことに、今更気付きました。
最後に、地元のデパートでやってたミッフィーちゃん展?のスタンプ写真など載せて閉めたいと思います。

ミッフィーちゃん

Name:
Profile: 千葉県在住のピーナッツ娘です。 日々地味な仕事で色々なものを支えています。 今までの楽しいことも、これからの願い事も、ノートに詰め込みすぎて少しパンク気味。 若干浮遊する程度の幸せを意識したい。気持ちは帰宅部。 ライフワーク→声楽、趣味→写真撮影(NikonFが好き、iPhoneも好き) メインノートはモレスキン。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ