Categorized | Moleskine

ノートはどこへいった

Posted on 27 8月 2013 by

In case of loss…

モレスキン使いには、有名な上記フレーズ。皆さま何を書いていらっしゃいますか?
私も一応書いてはいたのですが、まさか自分はノートをなくさないだろう、という謎の自信があったので、結構ふざけ半分に書いたりしていまいした。

そんな風に過ごしていたある日、かばんを開けたら、何となく違和感。

物が少ない。

…何か、足りない…。

ノートがない!!!

大変です。家のどこを探しても、ノートがない。
気付いたらなかったので、いつからなくなったのかの記憶も曖昧で。。仕方がないから、家族総出で捜索を手伝ってもらいましたが、一向に見つからず、「これは、外のどこかへ置いて行ってしまったかな」と思い、途方に暮れている時、ふと思い出しました。以前行った、ビール屋さんに置いて行ったかも…と。

早速、ダメもとで電話したら、あっさり発見され、私はノートを取り戻すことができました。
ノートによって相性みたいなものもあるのかもしれませんが、ノートって不思議と手元に戻ってくるんだなあ、と良いように解釈したりして。

見つかってホッとしたところ。

見つかってホッとしたところ。

でも、そこで少し困ったのが、ノートが確実に私のものであるという説明です。外面の特徴(どういうシールが貼ってあって…など)を説明し、更に中身の説明もするとき、思い出せない、そして、店員さんに、確実に私のノートであるというには、名前が書いてある必要がありそうです(多分、その方が分かりやすい)。

ノートの説明などしていたときに、そんなことに気づき、手元に戻ってからすぐに手帳に名前などを書きました。しっかり、本名に携帯電話番号記載です。もう無くしたくないですが、いざというときに備えての対応です。

大事なことのまとめを。
☆ノートを無くすのは、本当にしんどい
☆ノートのIn case of lossを書いておくと、自分のノートである説明がしやすい

皆さまのノートが、常に主人とともにありますように。
…そして、紛失にはくれぐれも気をつけましょう。

<蛇足>
ノート置き忘れ対策として、一定以上の距離より離れると音などでお知らせしてくれるiPhoneと連携して使えるアイテムが気になっています。
これは凄いぞ!iPhoneで鍵を探す「Stick-N-Find(ステッカーファインド)」が届いたのでレビュー

Name:
Profile: 千葉県在住のピーナッツ娘です。 日々地味な仕事で色々なものを支えています。 今までの楽しいことも、これからの願い事も、ノートに詰め込みすぎて少しパンク気味。 若干浮遊する程度の幸せを意識したい。気持ちは帰宅部。 ライフワーク→声楽、趣味→写真撮影(NikonFが好き、iPhoneも好き) メインノートはモレスキン。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ