Categorized | Recommend, Stationery

進撃の替芯! ノートブックをめぐる冒険 #16

Posted on 21 11月 2013 by

その日人類は思い出した。

メーカーの都合に支配されていた恐怖を・・・

鳥かごの中(替芯は純正品を)に囚われていた屈辱を・・・   ウソです(笑)

                    進撃の替芯! ノートブックをめぐる冒険 #16

 

さて(汗)、日常使いの筆記用具ってなんでしょう。

学生さんは鉛筆(シャープペンシル)、社会人の方はボールペンでしょうか?

日常使いのペンケースには、やっぱりボールペン!

日常使いのペンケースには、やっぱりボールペン!

先日、関東・関西・Web等で実施された、「第3回OKB48選抜総選挙」で、3年連続第1位「筆箱のセンター」をとったのが、三菱「ジェットストリーム」でした。

*OKB48(お気に入りボールペン48:エントリーされた48のボールペンの中から、筆箱のセンターを選ぶ国民的総選挙)

OKB48選抜総選挙(写真は、東京表参道「文具カフェ」にて)

OKB48選抜総選挙(写真は、東京表参道「文具カフェ」)

詳しくは、11月14日発売のムック「グッとくる文房具」(徳間書店)参照ください。

徳間タウンムック「グッっとくる文房具」

徳間タウンムック「グッっとくる文房具」

 

その三菱から、新しいモデル「ジェットストリームプレミア」が発売になりました。

ビジネルを意識した、高級感あふれる金属ボディに、”3色+シャープ”と”3色”モデルの2タイプ。

ジェットストリームプレミア3色モデル

ジェットストリームプレミア3色モデル

ここで気になったのが、「ジェットストリームプレミア」のリフィル(替芯)は、”4C”と呼ばれれているタイプ。

この4C規格のリフィルだと、異なるメーカーのボールペンでも互換性がある訳です(ただしメーカー非公認)。

この4Cタイプで代表的なのが「LAMY2000」4色モデルですが、国産のボールペンインクに比べ、掠れやダマになるといったケースがあり、一部ユーザーは、この4Cタイプのリフィルを使っていた方もいるようです。

 

そこで、LAMY2000に、新型「ジェットストリーム」C4タイプのリフィルを実装実験!

左(上)ジェットストリームプレミア 右(下)LAMY2000

左(上)ジェットストリームプレミア 右(下)LAMY2000

リフィル 4Cタイプ

リフィル 4Cタイプ

 

装着の違和感も気なりません、さらに書き比べてみると・・・

R0010283w

やはり、ジェットストリームインクの方が、なめらかではっきりした感じです!

これなら、インク交換時にジェットストリーム用リフィルに替えてみたくなります。(個人的感想)

*写真では、少し分かりにくいかもしれません、一度店頭での試し書きをおすすめします。

 

今回「ジェットストリームプレミア」が発売になったので、わざわざ入れ替えて使う必要性はないのですが、現在LAMY2000をお使いの方で、ジェットストリームのインクを使ってみたいという方には、朗報といえますよね!?

 

よし、そうと決まれば今のインク使い切るぞ!

「俺が駆逐してやる!残りのインク一滴・・・残らず!」

「でも、グリーンインクのリフィルは発売されていないんだ」

「えっ、どうして?どうしてなんだ!!」

「そう、この世界はイリーガルなユーザーに・・・、残酷なんだ」

*注:本文と某人気コミックとは一切関連はありません。

 

その日人類は思い出した。

今年が、あと一ヶ月ほどで終わってしまう現実を・・・

2014年度の手帳が、そろそろ使える幸福を・・・

 

Name:
Profile:

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ