Categorized | Moleskine

ノートの始め方

Posted on 21 1月 2014 by

素敵なノートを買って、所有欲が満たされて、もう満足してしまう、そういうことってないですか?私はあります。少し前も、黒くないモレスキンが出るってきいてつい買ってしまったりしたけれど、最近まで使っていないノートがありました(ここまで書くと、お詳しい方にとってはピンと来るものがあるのかもしれません)。そこで今回は、初めの一筆を簡単に始める提案をしたいと思います。

どんなテイストに?

簡単に言ったら、日記に分類できると思います。
でも、もともとノートの性格がダイアリーだと、日にちがどんどん過ぎるにつれて焦りしか生じず結局1年経ってしまった…ということもあろうかと思います。私もこんなふうに失敗しました…。

※去年のものです

※去年のものです

それを乗り越えられるようにしたのが今回のやり方です。

具体的な事例の紹介

材料一式

  • モレスキン白(ルールド)
    白い表紙というのも、なかなか美しいけれど、美しいだけに一層書き始めのハードルが高くなる逸品(あくまで個人的な感想)
  • 使用するもの
    • ブロック型の日めくりカレンダー
    • ペンのり
    • デコレーション用の何か←有無は大勢(たいせい)に影響なし
    • 筆記具はお気に入りのものを。

やり方はそんなに難しいことはなく、書きたい日付の紙を貼る。これは、日記的にその日あったことを書くために貼ってもいいし、今日書いたこと、貼ったことを記すために貼ってもいい。なんなら、今日は何の日?的記述のためでもいい。

実例

日付を貼った付近に、何でも書いたり貼ったりしてみる。もはや、「なんでもない」でも構わない。意味深に空白かと思いきや、日付の裏に何か書いてあった…というオチもあり。

裏に記載

何となくスタイルを決めるけれども、何にもルールを作らない。

マステホルダーについていたシールを貼ってみた。

マステホルダーについていたシールを貼ってみた。

本格的に書くことも貼ることもなければ、表紙をデコって遊ぶ。ただ、表表紙でやりすぎると持ち歩き難くなる可能性が高いので、そういうのは裏表紙で愉しむこと。

と、こんな雰囲気です。

私もこの方法を試してまだ少ししか経ってないので、これから始めてもスタートラインはほぼ一緒です。もし、この方法なら出来そう!とか面白そう!…なんて思ってくださったとしたら、ぜひぜひやってみてください。そして活用レベルについて、私を越えていただき、逆に更に進化(深化?)した使い方を教えてくださいませませ。

ではー。

Name:
Profile: 千葉県在住のピーナッツ娘です。 日々地味な仕事で色々なものを支えています。 今までの楽しいことも、これからの願い事も、ノートに詰め込みすぎて少しパンク気味。 若干浮遊する程度の幸せを意識したい。気持ちは帰宅部。 ライフワーク→声楽、趣味→写真撮影(NikonFが好き、iPhoneも好き) メインノートはモレスキン。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ