Categorized | Book, Recommend

「言葉」 ノートブックをめぐる冒険#21

Posted on 05 2月 2014 by

ノートブックに描くのは「言葉」

学生時代から、手帳に描き・綴ってきたのは「言葉」でした。

絵心があれば気の利いた挿絵も加えて楽しいノートブックになったかも?思いつつも、今なお「言葉」を紡いでいます。

先日出逢った一冊の本

「未来は言葉でつくられる」細田高広著(ダイヤモンド社刊)

wR0013771

言葉が未来を発明する?という大胆な表現のこの本は、示すとおり過去革命的なヒット商品(appleやGoogle、Amazon)を生み出したコピーについても語られています。

言葉の組み合わせや、表現を変えることでイメージが一変する事など、世界は言葉で動いていると、改めて実感させられました。

奇しくも、現在発売中の「クーリエジャポン」3月号も「言葉」の特集をしています。

ここでも、言葉」こそあなたの武器であるとまで、うたっています。

クーリエジャポン2014年3月号

クーリエジャポン2014年3月号

「言葉」とは薬とよく似ています、この本のように未来を生み出すイノベーションの力にもなれば、他人を害する毒ともなりうる。

その両方をそなえもつ持つ「言葉」の力、あなたのノートブックは「核兵器」でしょうか?それとも処方箋のつまった「救命箱」でしょうか?

 

あとがき

私は営業職を25年努めてきて、この「言葉」という奴には苦労してきました。

仕事ともなれば、甘い言葉だけじゃなく厳しい事も言わなくてはならず、その結果疎まれたり、恨まれたり。

いまでも「言葉」のつかいどころは難しいと感じます。

でも、生きている限り、これからものこ「言葉」ってやつとは、付き合っていかなくてはいけないので、きょうもノートブックにあたらしい言葉を紡いでいきます。

Name:
Profile:

Photos from our Flickr stream

See all photos

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ