Categorized | Pen, Recommend, Stationery

Kakunoが素敵な3つの理由。 ノートブックをめぐる冒険#23

Posted on 30 3月 2014 by

Kakunoが素敵な3つの理由。

Pilot万年筆 Kakuno(カクノ)に新しくパステルカラーが登場!

低価格万年筆の火付け役となり、未だ店頭で品薄が続いている、万年筆Kakuno。

なぜこれだけの人気があるのか?その理由にせまります。

wR0014297

 

1、女性ユーザーのハートをしっかりキャッチ!に留まらず、従来の万年筆ユーザーの購入、インクバリエーションを楽しむ為のまとめ買いなど、幅広い購入層がその人気の秘密。
私が最初に購入した1本目は、遊びに来た女の子に持って帰られちゃいました(笑)
現在3本目を所有してますが、2本目は家内にとられました・・・(泣!

 

2、驚きの低価格!大手文具店の万年筆担当者のお話を聞いたところ、購入しやすい本体価格¥1000−に目が移りがちですが、それ以上のコストパフォーマンスに優れた書き心地も、見逃せないポイントです。

 

3、書きやすさの秘密はそのプロポーション!すでにお持ちの方はお気づきでしょう、Kakunoのボディは丸ではなく六角形。私たちが小学校から慣れ親しんだ、鉛筆と同じ形が、初めて万年筆をつかう人にもすっとなじんでしまうのでしょう。

 

まとめ

海外ブランドの万年筆がここ最近価格改定で・・・、はい値上がりしてます。

LAMYも4月から改訂ということで、LAMYサファリもお手頃万年筆と云えなくなるのでしょうか?

年齢相応に、いい万年筆は1本持っておくべきと思いますが、自宅で気軽に使える万年筆なら数本あってもいいなと思います。

値上げ値上げと、いい話ではありませんが、低価格でもいい万年筆が店頭に並ぶのありがたいお話です。

 

おまけ

最強Kakunoはこれだ!

先日、*ペンドクター川口先生に、このKakunoの調整をお願いしたところ(なんと大胆な!w)こころよく引き受けていただきました。

その際、文具にまったく興味のない友人に、未調整と調整済みのKakunoの書き比べしてもらった所、川口先生が調整したKakunoを「書きたくなる書き心地」と云わしめました。

川口先生曰く、それがペンの魅力なんだとおっしゃっておられました。これぞ、まさにKAWAGUCHI MAGIC!

*ペンドクター川口明弘先生は、元セーラー万年筆で商品開発等に携わり、社員時代からペンドクターとして全国をめぐり、万年筆の普及・振興に努めていらっしゃいました。セーラー万年筆退職後も、各地でのイベントでペンドクターとして活躍されています。

wR0014381

 

Name:
Profile:

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ