Categorized | How to, Inspiration, Life, Movie, Other note

LIFE!私的映画の楽しみ方 saki

Posted on 11 4月 2014 by

こんにちは、sakiです。
先日、映画を見てきました。
作品はLIFE!(原題:The Secret Life Of Walter Mitty)です。

最近、劇場に足を運んでいますか?
この映画は映像・音楽が素晴らしく、劇場で見ていると
自然や主人公の鼓動が伝わってくるようで、もう感動ものでした。
この映画がDVDやBDになるのを待って、テレビやパソコンで再生してるだけでは
この感覚は味わえなかったかなと思います。

映画については気になる方は公式サイトを見てもらうとして、
Notebookers的な楽しみ方としては、劇中に登場するノートでしょうか。

主人公がカメラマンを探しに険しい山を登る際、
道のりを冒険ノートに記しながら進んでいくという演出がありました。
ダイジェスト的に時間を短縮するために、手帳に記していくように場面場面の
カットを入れるという演出は面白いし、早回しになっても飲み込みやすいなと納得。

このときに出てくる冒険ノートが物販なんかであったりすると
Notebookersは飛びつくと思うんですけどね。残念ながらなかったようです。

口コミでは好みが分かれる映画だったようですが、私は好きです。
映像・音楽が心地いいし、こころがすっきりする映画でした。
ビジュアル的にも直線的な統一感のある画でセンスいいなーって思います。
映画を楽しんだ後はノート作りです。
といっても私の映画メモはノートでなくルーズリーフなのですが。
以前参加したNotebookersMeetingで、ルーズリーフにシネマノートを
自作されている方がいて、私もやってみようかな、と実験中。

サイズはちょっと小さめA5です。
感想をじっくりまとめる時間がなければ、とりあえずルーズリーフに
フライヤーを貼り付け折りこんでおきます。

とりあえずこの映画は見たぞ、という記録です。

時間ができたときに映画の情報、テーマ曲、
見たきっかけ(これ書いとくと見返したとき結構楽しいです)
印象的なところ、他の人の口コミで参考になったことなんかを書きます。

無題7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしはよく、出てきた食べ物や衣装に注目しちゃいます。
その後に、「劇中のシナモンロールが美味しそうだったなぁ」と感じたら
シナモンロールを売ってる店舗や似たレシピを検索したり、
「あの作品と展開が似てるなぁ」と思ったらその映画との共通点を書き出してみたり、
「あのワンピース可愛い」と思ったら、イラストで残したり。

ひとつ映画を見るだけでも、そこから派生する興味の数は計り知れません。
むしろそういった楽しみのために、私は映画を見たり小説を読んだりしてるのかも。

それでなにになるの?といわれたら、なんにもなりません。

でもふとしたときに、
「あ、このカフェで流れてる曲、映画のテーマソングだったやつだ。」とか
「このスカートはあのヒロインみたいなコーディネートで着てみよう。」とか
「このパイ、あの人と食べてみたいから作ってみようかな。」とか
思えることってわたしはいいなーって思います。

Name:
Profile:

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ