Categorized | How to, Notebook

ノートの達人になるただひとつの方法

Posted on 19 8月 2014 by

みなさま、最近、ノート、やってますか?

「ノートやってる」って日本語として大分におかしいような気がしますが、ここはNotebookers、細かいことは気にせず話を続けたいと思います。

ノートに関する色々な記事が集うところが、ここ、Notebookersで、様々なHow toを見ることができて、それを求めて(あるいはノートの世界を知るために)ここにやってくる方が多いのではないかな、と認識しております。が、ここまで当たり前のようでいてぶっ飛んだHow toはなかったような気がして(あるいはあったかもしれませんが)、私なりにひとつ書かせていただきます。

ノートの達人、その到着地点はなんでしょうか。

「こめさんって、なんか、ノートすごいよね」

そう!
だれかに言われたら!!
多分ノートの達人…だと名乗ってもいいかと思います。

言われたことがあるか?
…実は、私は言われたことがあります。

  • モレスキンの厚みが尋常じゃなくて
  • モレスキンの縦積み記録を樹立して
  • ショップカード等を2枚(ないしは3枚)下ろしをしてノートに貼付けたときのページとの一体感の気持ちよさを暑苦しく語りだして

この共通点はなんだろう、と考えていると、私なりに、ただひたすらに「ノートやってる」ことに集中した結果だと思っています。ただひたすらにアピールし続けると、すごくなる可能性はグッと高まります。

「ノートやってる」

「ノートやってる」

結局は、「ノートやってる」ことが、ノートの達人になるただひとつの方法なのです。「やってる」ということに、どんな意味合いがあろうと、自他共に認める「ノートやってる」状態を保ち続ければ、きっと、もう、ノートの達人です。それは、ノートに書いていようと、読んでいようと、貼っていようと、バラしていようと、方法は関係ありません。ましてや、その出来栄えも関係ありません。出来栄えは、作品としていいか悪いか、という判断であって、決して「ノートやってる」ということではない。

というわけで、これからも、ぜひノートしましょう。
あ、まだの方は、この機会に、ぜひノートしましょう。
「ノートやってる」が良いか悪いか、楽しいかそうでないかは、ノートやってみないとわかりません。

寝て起きて、文具屋さんが開いたら、是非ノートを購入してみてください。
そして、ノートやりましょう。
そのときは、ぜひ高らかに宣言してください。
「ノートやってる!」と。

Name:
Profile: 千葉県在住のピーナッツ娘です。 日々地味な仕事で色々なものを支えています。 今までの楽しいことも、これからの願い事も、ノートに詰め込みすぎて少しパンク気味。 若干浮遊する程度の幸せを意識したい。気持ちは帰宅部。 ライフワーク→声楽、趣味→写真撮影(NikonFが好き、iPhoneも好き) メインノートはモレスキン。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ